創薬におけるAIの世界市場:提供別(ソフトウェア・サービス)、用途別(オンコロジー、感染症、神経疾患、希少疾患、代謝疾患、心血管疾患、その他)技術別(機械学習、その他)、薬剤タイプ別、エンドユーザー別(製薬・バイオテクノロジー企業、契約研究機関、学術・研究機関、その他)-産業分析、サイズ、シェア、成長、トレンド、予測、2021-2031年

LINEで送る

創薬におけるAI市場 – レポートの範囲

TMRのレポート「創薬におけるAIの世界市場」は、2021年から2031年までの予測期間における市場の指標について貴重な洞察を得るために、過去だけでなく現在の成長傾向や機会についても調査しています。当レポートでは、2020年を基準年、2031年を予測年として、2017年から2031年までの世界のAI in drug discovery市場の収益を提供しています。また、2021年から2031年までの世界のAIによる創薬市場の複合年間成長率(CAGR %)を提供しています。

本レポートは、広範な調査を経て作成されています。一次調査では、主要なオピニオンリーダー、業界リーダー、オピニオンメーカーへのインタビューを実施しました。二次調査では、主要企業の製品資料、年次報告書、プレスリリース、および関連文書を参照し、創薬におけるAI市場を把握しました。

二次調査には、インターネットソース、政府機関、ウェブサイト、業界団体の統計データも含まれています。アナリストは、トップダウンアプローチとボトムアップアプローチを組み合わせて、世界の創薬におけるAI市場のさまざまな属性を調査しました。

本レポートでは、詳細なエグゼクティブサマリーと、調査対象となった様々なセグメントの成長挙動のスナップショットを掲載しています。さらに、このレポートでは、世界のAI創薬市場における競争力の変化についても明らかにしています。これらは、既存の市場関係者だけでなく、世界のAI創薬市場への参入に関心のある企業にとっても貴重なツールとなります。

本レポートでは、世界のAIによる創薬市場の競合状況を掘り下げています。世界のAI創薬市場で活動している主要プレイヤーを特定し、それぞれのプレイヤーを様々な属性の観点からプロファイリングしています。会社概要、財務状況、最近の開発状況、SWOTなど、世界のAI創薬市場のプレーヤーの属性を紹介しています。

薬物探索におけるAI市場レポートで回答された重要な質問

予測期間中のすべての地域におけるAI in drug discovery市場の売上/収益はどのくらいですか?
世界のAI in drug discovery市場における機会は何か?
市場の主要なドライバー、拘束力、脅威は何ですか?
予測期間中に最も速いCAGRで拡大するのはどの地域の市場ですか?
2031年に世界で最も高い収益を上げると予測される薬剤タイプのセグメントは?
予測期間中に最も高いCAGRで拡大するのはどのセグメントですか?
世界市場で活動しているさまざまな企業の市場での地位はどうなっていますか?

創薬におけるAI市場 – 調査目的と調査アプローチ

創薬におけるAIの世界市場に関する包括的なレポートは、概要から始まり、調査の範囲と目的を説明しています。本レポートでは、この調査の目的と、市場で活動している主要なベンダーや流通業者、製品の承認に関する規制のシナリオについて詳しく説明しています。

本レポートは、読みやすさを考慮して、各セクションをより細かく分割し、章立てでまとめられています。本レポートは、適切に散りばめられた包括的なグラフと表で構成されています。主要セグメントの実績値と予測値を絵で表現することで、読者に視覚的に訴えかけています。また、過去と予測期間終了時の主要セグメントの市場シェアを比較することができます。

レポートでは、世界の創薬におけるAI市場を、提供方法、技術、薬剤の種類、用途、エンドユーザー、地域の観点から分析しています。各基準での主要セグメントをじっくりと調査し、2031年末時点での各セグメントの市場シェアを示しています。このような貴重な洞察により、市場関係者は、世界のAI創薬市場への投資に向けて、十分な情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うことができます。

https://www.marketresearchcenter.net/mrc2111a050-ai-drug-discovery-market-offering/

1. はじめに
1.1. 市場の定義と範囲
1.2. 市場のセグメント化
1.3. 主要な研究目的
1.4. リサーチハイライト
2. 前提条件と調査方法
3. エグゼクティブサマリー:創薬におけるAIの世界市場
4. 市場の概要
4.1. イントロダクション
4.1.1. 市場の紹介
4.1.2. 業界の進化・発展
4.2. 概要
4.3. 市場力学
4.3.1. ドライバー
4.3.2. 阻害要因
4.3.3. 機会
4.4. 世界の創薬におけるAI市場の分析と予測、2017-2031年
4.4.1. 市場収益予測(US$ Mn)
5. キーインサイト
5.1. 主要な業界イベント(合併、買収、パートナーシップなど)
5.2. 技術的進歩
5.3. COVID-19パンデミックの業界への影響(バリューチェーン、短期・中期・長期の影響)
6. 創薬におけるAIの世界市場分析・予測、提供別
6.1. 導入と定義
6.2. 主な調査結果/開発状況
6.3. 市場価値予測(提供物別)、2017-2031年
6.3.1. ソフトウェア
6.3.2. サービス
6.4. オファリング別の市場魅力度分析
7. 創薬におけるAIの世界市場分析・予測、技術別
7.1. 導入と定義
7.2. 主な調査結果/開発状況
7.3. 市場価値予測、テクノロジー別、2017-2031年
7.3.1. 機械学習
7.3.2. その他のテクノロジー
7.4. 市場魅力度分析(技術別
8. 創薬におけるAIの世界市場分析・予測:薬剤タイプ別
8.1. 導入と定義
8.2. 主な調査結果/開発状況
8.3. 市場価値予測、薬剤タイプ別、2017-2031年
8.3.1. 低分子化合物
8.3.2. 大分子
8.4. 市場魅力度分析(薬剤タイプ別
9. 世界の創薬AI市場分析・予測:アプリケーション別
9.1. 導入と定義
9.2. 主な調査結果/開発状況
9.3. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
9.3.1. オンコロジー
9.3.2. 伝染病分野
9.3.3. 神経系疾患
9.3.4. 希少疾病
9.3.5. 代謝性疾患
9.3.6. 心血管疾患
9.3.7. その他
9.4. 市場魅力度分析、アプリケーション別
10. エンドユーザー別の創薬におけるAIの世界市場分析・予測
10.1. 導入と定義
10.2. 主な調査結果/開発状況
10.3. 市場価値予測、エンドユーザー別、2017-2031年
10.3.1. 製薬・バイオテクノロジー企業
10.3.2. 契約研究機関
10.3.3. 学者・研究者
10.3.4. その他
10.4. エンドユーザー別の市場魅力度分析
11. 世界の創薬AI市場分析・予測(地域別
11.1. 主な調査結果
11.2. 市場価値予測、地域別
11.2.1. 北アメリカ
11.2.2. 欧州
11.2.3. アジアパシフィック
11.2.4. ラテンアメリカ
11.2.5. 中近東・アフリカ
11.3. 市場魅力度分析(国/地域別
12. 北米の創薬におけるAI市場の分析と予測
12.1. はじめに
12.1.1. 主な調査結果
12.2. 市場価値予測、オファリング別、2017-2031年
12.2.1. ソフトウェア
12.2.2. サービス
12.3. 市場価値予測(技術別、2017-2031年
12.3.1. 機械学習
12.3.2. その他のテクノロジー
12.4. 市場価値予測、薬剤タイプ別、2017-2031年
12.4.1. 低分子化合物
12.4.2. 大分子
12.5. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
12.5.1. オンコロジー
12.5.2. 伝染病分野
12.5.3. 神経学的疾患
12.5.4. 希少疾病
12.5.5. 代謝性疾患
12.5.6. 心血管疾患
12.5.7. その他
12.6. 市場価値予測、エンドユーザー別、2017-2031年
12.6.1. 製薬・バイオテクノロジー企業
12.6.2. 契約研究機関
12.6.3. 学者・研究者
12.6.4. その他
12.7. 市場価値予測、国別、2017-2031年
12.7.1. 米国(U.S.
12.7.2. カナダ
12.8. 市場魅力度分析
12.8.1. オファリング別
12.8.2. 技術別
12.8.3. 薬剤タイプ別
12.8.4. アプリケーション別
12.8.5. エンドユーザー別
12.8.6. 国別
13. 欧州の創薬におけるAI市場の分析と予測
13.1. はじめに
13.1.1. 主な調査結果
13.2. 市場価値予測(提供物別、2017-2031年
13.2.1. ソフトウェア
13.2.2. サービス
13.3. 市場価値予測(技術別、2017-2031年
13.3.1. 機械学習
13.3.2. その他のテクノロジー
13.4. 市場価値予測、薬剤タイプ別、2017-2031年
13.4.1. 低分子化合物
13.4.2. 大分子
13.5. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
13.5.1. オンコロジー
13.5.2. 伝染病分野
13.5.3. 神経学的疾患
13.5.4. 希少疾病
13.5.5. 代謝性疾患
13.5.6. 心血管疾患
13.5.7. その他
13.6. 市場価値予測(エンドユーザー別、2017-2031年
13.6.1. 製薬・バイオテクノロジー企業
13.6.2. 契約研究機関
13.6.3. 学者・研究者
13.6.4. その他
13.7. 市場価値予測、国・サブリージョン別、2017-2031年
13.7.1. ドイツ
13.7.2. イギリス
13.7.3. フランス
13.7.4. イタリア
13.7.5. スペイン
13.7.6. その他のヨーロッパ諸国
13.8. 市場魅力度分析
13.8.1. オファリング別
13.8.2. 技術別
13.8.3. 薬剤タイプ別
13.8.4. アプリケーション別
13.8.5. エンドユーザー別
13.8.6. 国・地域別
14. アジア太平洋地域の創薬におけるAI市場の分析と予測
14.1. はじめに
14.1.1. 主な調査結果
14.2. 市場価値予測、オファリング別、2017-2031年
14.2.1. ソフトウェア
14.2.2. サービス
14.3. 市場価値予測(技術別、2017-2031年
14.3.1. 機械学習
14.3.2. その他のテクノロジー
14.4. 市場価値予測、薬剤タイプ別、2017-2031年
14.4.1. 低分子化合物
14.4.2. 大分子化合物
14.5. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
14.5.1. オンコロジー
14.5.2. 伝染病領域
14.5.3. 神経系疾患
14.5.4. 希少疾病
14.5.5. 代謝性疾患
14.5.6. 心血管疾患
14.5.7. その他
14.6. 市場価値予測、エンドユーザー別、2017-2031年
14.6.1. 製薬・バイオテクノロジー企業
14.6.2. 契約研究機関
14.6.3. 学者・研究者
14.6.4. その他
14.7. 市場価値予測、国・サブリージョン別、2017-2031年
14.7.1. 日本
14.7.2. 中国
14.7.3. インド
14.7.4. オーストラリア、ニュージーランド
14.7.5. その他のアジア太平洋地域
14.8. 市場魅力度分析
14.8.1. オファリング別
14.8.2. 技術別
14.8.3. 薬剤タイプ別
14.8.4. アプリケーション別
14.8.5. エンドユーザー別
14.8.6. 国・地域別
15. ラテンアメリカの創薬におけるAI市場の分析と予測
15.1. はじめに
15.1.1. 主な調査結果
15.2. オファリング別の市場価値予測、2017-2031年
15.2.1. ソフトウェア
15.2.2. サービス
15.3. 市場価値予測(技術別、2017-2031年
15.3.1. 機械学習
15.3.2. その他のテクノロジー
15.4. 市場価値予測、薬剤タイプ別、2017-2031年
15.4.1. 低分子化合物
15.4.2. 大分子
15.5. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
15.5.1. オンコロジー
15.5.2. 伝染病分野
15.5.3. 神経学的疾患
15.5.4. 希少疾病
15.5.5. 代謝性疾患
15.5.6. 心血管疾患
15.5.7. その他
15.6. 市場価値予測、エンドユーザー別、2017-2031年
15.6.1. 製薬・バイオテクノロジー企業
15.6.2. 契約研究機関
15.6.3. 学者・研究者
15.6.4. その他
15.7. 市場価値予測、国・サブリージョン別、2017-2031年
15.7.1. ブラジル
15.7.2. メキシコ
15.7.3. その他のラテンアメリカ
15.8. 市場魅力度分析
15.8.1. オファリング別
15.8.2. 技術別
15.8.3. 薬剤タイプ別
15.8.4. アプリケーション別
15.8.5. エンドユーザー別
15.8.6. 国・地域別
16. 中東・アフリカの創薬におけるAI市場の分析と予測
16.1. はじめに
16.1.1. 主な調査結果
16.2. 市場価値予測、オファリング別、2017-2031年
16.2.1. ソフトウェア
16.2.2. サービス
16.3. 市場価値予測、テクノロジー別、2017-2031年
16.3.1. 機械学習
16.3.2. その他のテクノロジー
16.4. 市場価値予測、薬剤タイプ別、2017-2031年
16.4.1. 低分子化合物
16.4.2. 大分子
16.5. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
16.5.1. オンコロジー
16.5.2. 伝染病分野
16.5.3. 神経学的疾患
16.5.4. 希少疾病
16.5.5. 代謝性疾患
16.5.6. 心血管疾患
16.5.7. その他
16.6. 市場価値予測、エンドユーザー別、2017-2031年
16.6.1. 製薬・バイオテクノロジー企業
16.6.2. 契約研究機関
16.6.3. 学者・研究者
16.6.4. その他
16.7. 市場価値予測、国・サブリージョン別、2017-2031年
16.7.1. GCC諸国
16.7.2. 南アフリカ共和国
16.7.3. その他の中近東・アフリカ地域
16.8. 市場魅力度分析
16.8.1. オファリング別
16.8.2. 技術別
16.8.3. 薬剤タイプ別
16.8.4. アプリケーション別
16.8.5. エンドユーザー別
16.8.6. 国・地域別
17. 競争状況
17.1. 市場プレーヤー – 競合マトリックス(企業の階層別、規模別)
17.2. 市場シェア分析/ランキング(企業別、2020年
17.3. 企業プロファイル
17.3.1. Exscientia
17.3.1.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
17.3.1.2. 会社の財務状況
17.3.1.3. 成長戦略
17.3.1.4. SWOT分析
17.3.2. GNSヘルスケア
17.3.2.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
17.3.2.2. 会社の財務状況
17.3.2.3. 成長戦略
17.3.2.4. SWOT分析
17.3.3. クラウド・ファーマシューティカルズ社
17.3.3.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強さ)
17.3.3.2. 会社の財務状況
17.3.3.3. 成長戦略
17.3.3.4. SWOT分析
17.3.4. Benevolent AI
17.3.4.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
17.3.4.2. 会社の財務状況
17.3.4.3. 成長戦略
17.3.4.4. SWOT分析
17.3.5. パスエーアイ社
17.3.5.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
17.3.5.2. 会社の財務状況
17.3.5.3. 成長戦略
17.3.5.4. SWOT分析
17.3.6. ベルク・ヘルス
17.3.6.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強さ)
17.3.6.2. 会社の財務状況
17.3.6.3. 成長戦略
17.3.6.4. SWOT分析
17.3.7. アトムワイズ
17.3.7.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
17.3.7.2. 会社の財務状況
17.3.7.3. 成長戦略
17.3.7.4. SWOT分析
17.3.8. インシトロ
17.3.8.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
17.3.8.2. 会社の財務状況
17.3.8.3. 成長戦略
17.3.8.4. SWOT分析
17.3.9. サイクリカ
17.3.9.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強さ)
17.3.9.2. 会社の財務状況
17.3.9.3. 成長戦略
17.3.9.4. SWOT分析
17.3.10. BlackThorn Therapeutics
17.3.10.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み) 17.3.10.2.
17.3.10.2. 会社の財務状況
17.3.10.3. 成長戦略
17.3.10.4. SWOT分析
17.3.11. インシリコメディスン
17.3.11.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
17.3.11.2. 会社の財務状況
17.3.11.3. 成長戦略
17.3.11.4. SWOT分析
17.3.12. 注目すべきラボ
17.3.12.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
17.3.12.2. 会社の財務状況
17.3.12.3. 成長戦略
17.3.12.4. SWOT分析
17.3.13. スタンディグム
17.3.13.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強さ)
17.3.13.2. 会社の財務状況
17.3.13.3. 成長戦略
17.3.13.4. SWOT分析
17.3.14. リカージョン・ファーマシューティカルズ
17.3.14.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強さ)
17.3.14.2. 会社の財務状況
17.3.14.3. 成長戦略
17.3.14.4. SWOT分析
17.3.15. バイオサイメトリックス(BioSymetrics
17.3.15.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強さ)
17.3.15.2. 会社の財務状況
17.3.15.3. 成長戦略
17.3.15.4. SWOT分析

表の一覧

表01:創薬におけるAIの世界市場価値(US$ Mn)予測、オファリング別、2017-2031年

表02: 創薬におけるAIの世界市場価値(US$ Mn)予測、技術別、2017-2031年

表03:創薬におけるAIの世界市場価値(US$ Mn)予測、薬剤タイプ別、2017-2031年

表04:創薬におけるAIの世界市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年

表05:創薬におけるAIの世界市場価値(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2017-2031年

表06:世界の創薬AI市場価値(米ドル・マン)予測、地域別、2017-2031年

表07:北米の創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、国別、2017-2031年

表08:北米の創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、オファリング別、2017-2031年

表09:北米の創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、技術別、2017年~2031年

表10:北米の創薬におけるAI市場の売上高(US$ Mn)予測、薬剤タイプ別、2017-2031年

表11:北米の創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017年~2031年

表12:北米の創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2017-2031年

表13:欧州の創薬におけるAI市場の売上高(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2017-2031年

表14:欧州の創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、提供別、2017年~2031年

表15:ヨーロッパの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、技術別、2017年~2031年

表16:欧州の創薬におけるAI市場の売上高(US$ Mn)予測、薬剤タイプ別、2017-2031年

表17:ヨーロッパの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年

表18:ヨーロッパの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2017-2031年

表19:アジア太平洋地域の創薬AI市場売上高(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2017-2031年

表20:アジア太平洋地域の創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、提供別、2017年~2031年

表21:アジア太平洋地域の創薬におけるAI市場の売上高(US$ Mn)予測、技術別、2017-2031年

表22:アジア太平洋地域の創薬におけるAI市場の売上高(US$ Mn)予測、薬剤タイプ別、2017-2031年

表23:アジア太平洋地域の創薬AI市場売上高(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年

表24:アジア太平洋地域の創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2017-2031年

表25: ラテンアメリカの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2017-2031年

表26: ラテンアメリカの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、提供別、2017-2031年

表27: ラテンアメリカの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、技術別、2017年~2031年

表28: ラテンアメリカの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、薬剤タイプ別、2017-2031年

表29: ラテンアメリカの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年

表30: ラテンアメリカの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2017-2031年

表31: 中東・アフリカの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、国・地域別、2017-2031年

表32: 中東・アフリカの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、提供別、2017年~2031年

表33: 中東・アフリカの創薬におけるAI市場の売上高(US$ Mn)予測、技術別、2017-2031年

表34: 中東・アフリカの創薬におけるAI市場の売上高(US$ Mn)予測、薬剤タイプ別、2017-2031年

表35: 中東・アフリカの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年

表36: 中東・アフリカの創薬におけるAI市場の収益(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2017-2031年

https://www.marketresearchcenter.net/mrc2111a050-ai-drug-discovery-market-offering/



  • PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場予測:PEK、PEEK、PEKK
    当調査レポートでは、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(PEK、PEEK、PEKK)分析、フィラー別(ガラス充填、カーボン充填、未充填)分析、用途別(オイル&ガス、電気&エレクトロニクス、自動車、医療、航空宇宙)分析、PAEK(ポリアリールエ …
  • Wi-Fi6・Wi-Fi6Eチップセットの世界市場規模:チップセットタイプ別(Wi-Fi 6、Wi-Fi 6E)、装置種類別、用途別、地域別、地域別、予測のシェア、トレンド分析レポート、2021年~2028年
  • 出会い系サービスの世界市場2019-2026:機会分析・産業予測
    本調査レポートでは、出会い系サービスの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(オンライン、従来型)分析、サービス別(マッチメイキング、ソーシャルデート、アダルトデート、ニッチデート)分析、人口統計別(アダルト&ジェネレーションX)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクショ …
  • 赤外線検出器の世界市場2019-2026:タイプ別、技術別、波長別、用途別
    本調査レポートでは、赤外線検出器の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、タイプ別(MCT、InGaAs、焦電、サーモパイル、マイクロボロメーター、その他)分析、技術別(冷却&非冷却)分析、波長別(NIR&SWIR、MWIR、LWIR)分析、用途別(人&モーション検知、温度測定、セキュリティ&監視、ガス&火災検知、 …
  • Kビューティー製品の世界市場:製品タイプ別、エンドユーザー別、流通経路別
    当調査レポートでは、Kビューティー製品の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、製品タイプ別分析、エンドユーザー別分析、流通チチャンネル別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・Kビューティー製品の世界市場:製品タイプ別 …
  • 有効成分の世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、有効成分の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、製造タイプ別(キャプティブAPI、コントラクトAPI)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・ …
  • BFSIにおける人工知能の世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートではBFSIにおける人工知能について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、ソリューション別(チャットボット、不正検出および防止、マネーロンダリング防止、顧客関係管理、データ分析および予測)分析、テクノロジー別(ディープラーニング、クエリ方法、自然言語処理、 コンテキスト認 …
  • 木材ベースパネルの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、木材ベースパネルの世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(中密度ファイバーボード(MDF)、高密度ファイバーボード(HDF)、パーティクルボード、配向性ストランドボード(OSB)、ソフトボード、ハードボード、合板)分析、用途別(家具、建設、包装)分析、地域別分析、競合動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・ …
  • 世界の高級美容ツール市場展望、予測2021-2027
  • スマート製造プラットフォームの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、スマート製造プラットフォームの世界市場規模が2017年27.6億ドルから2026年159.3億ドルまで年平均21.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、スマート製造プラットフォームの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、スマート製造プラットフォーム市場規模、種類別(接続管理、アプリケーション実現プラ …
  • 世界の実験用ミキサー市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは実験用ミキサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(製薬及びバイオテクノロジー企業、学術研究機関、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エ …
  • 世界の生物医学温度センサー市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の生物医学温度センサー市場が2017年56憶ドルから2026年101憶ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。当資料では生物医学温度センサーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(光ファイバーセンサー、赤外線センサー、液晶温度センサー、測温抵抗体(RTD)、 …
  • 植物ベースタンパク質サプリメントの世界市場:機会分析及び産業予測2019-2026
    本市場調査レポートでは植物ベースタンパク質サプリメントについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、性質別(有機、従来)分析、製品タイプ別(大豆、スピルリナ、カボチャの種、エンドウ、その他)分析、形態別(プロテインパウダー、プロテインバー、即席飲料)分析、用途別(スポーツ栄養、栄養補助食品)分析、流通経路別(ハイパーマーケット/スーパーマー …
  • ペリメータセキュリティの世界市場:システム別(アラーム・通知、ビデオ監視)、サービス別、エンドユーズ別(政府、輸送)
    Grand View Research社は、ペリメータセキュリティの世界市場規模が年平均7.7%成長して2025年まで296億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、ペリメータセキュリティの世界市場について調査・分析し、ペリメータセキュリティの世界市場動向、ペリメータセキュリティの世界市場規模、市場予測、システム別(アラーム・通知、ビデオ監視)分析 …
  • 世界の通気性フィルム市場予測2024年:種類別、技術別、エンドユーズ産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、通気性フィルムの世界市場規模が2019年22億ドルから2024年33億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。本書は、世界の通気性フィルム市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリウレタン、その他)分析、技術別(微孔性通気性フィルム、モノリシック通気性フィルム)分析、用途別( …
  • 世界の非熱殺菌市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の非熱殺菌市場が2018年11.2憶ドルから2027年64.4憶ドルまで年平均21.5%成長すると予測しています。当資料では非熱殺菌について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、食品形態別(液体、固体)分析、技術別(パルス電界(PEF)、高圧処理(HPP)、超音波、マイクロ波容積 …
  • 世界の3D磁気センサー市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の3D磁気センサー市場は予測期間中に年平均19.7%成長すると予測しています。当資料では3D磁気センサーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、センサータイプ別(リニア3D磁気センサー、回転式3D磁気センサー)分析、技術別(異方性磁気抵抗(AMR)センサー、巨大磁気 …
  • リキッドバイオプシーの世界市場規模・シェア・動向分析レポート:バイオマーカー別(エキソソーム, CTC)、技術別(NGS, PCR マイクロアレイ)、サンプルタイプ別、地域別(APAC, 北米)、セグメント別予測、2021年~2028年
  • 自動車用ステアリングシステムのインド市場2019-2026
  • FOUPキャリアの世界市場、洞察と2027年までの予測
  • はんだフラックスの世界市場、洞察2021年、分析、2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界の使い捨て式アセンブリ市場予測2024年:製品別、用途別、ソリューション別、エンドユーザー別
    MarketsandMarkets社は、使い捨て式アセンブリの世界市場規模が2019年805百万ドルから2024年1825百万ドルまで年平均16.5%成長すると予測しています。本書は、世界の使い捨て式アセンブリ市場について調査・分析し、市場概要、製品別(バッグアセンブリ、ろ過アセンブリ、ボトルアセンブリ、混合システムアセンブリ、その他の製品)分析、ソリューシ …
  • 世界のロール紙市場2014-2028及びきかいぶんせき2019-2029
  • プラスチックコンパウンの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、プラスチックコンパウンの世界市場について調べ、プラスチックコンパウンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、プラスチックコンパウンの市場規模をセグメンテーション別(用途別(パッケージング、建設、自動車、電気および電子機器、その他)、)と地域別(グローバル)に …
  • インテリジェント輸送の世界市場:輸送モード別、種類別、展開モード別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではインテリジェント輸送について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、輸送モード別(道路、航空路、鉄道)分析、種類別(ATMS、ATPS、ATIS、APTS、その他)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリー ・ …
  • 世界のプラズマフィード市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のプラズマフィード市場が2018年19.9憶ドルから2027年35.9憶ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。当資料では、プラズマフィードについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、ソース別(ブタ、ウシ、その他)分析、用途別(豚の餌、ペットフード、アクアフィード、その …
  • 世界の極低温燃料市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の極低温燃料市場は予測期間中に年平均7.6%成長すると予測しています。当資料では極低温燃料について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(酸素、可燃性ガス)分析、用途別(発電、燃料、自動車、その他)分析、エンドユーザー別(製造業、ヘルスケア、エネルギー、化学、生物医 …
  • フリクションパッドの世界市場:製品タイプ別(メタリック、シンターメタリック、ローメタリック、ノンアスベストオーガニック(NAO)、セラミック、その他)、ビジネスタイプ別(オリジナル、アフターセールス)、用途別、ブレーキ別(ディスクブレーキ、ドラムブレーキ、その他)、クラッチ別、その他、エンドユース別(自動車、鉄道、建設、鉱業、航空宇宙、農業、その他)-工業分析、サイズ、シェア、成長、トレンド、予測、2021-2031年
  • 内視鏡クリップの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、内視鏡クリップの世界市場について調べ、内視鏡クリップの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、内視鏡クリップの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(病院・クリニック・診療所、ASC)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出 …
  • ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)の世界市場について調べ、ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(サービスプロバイダー、企業顧 …
  • 航空機改修の世界市場2019-2029
    本調査は航空機改修の現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、航空機別(ワイドボディ航空機、狭胴機、大型機)分析、改装別(VIPキャビンの改装、商業用キャビンの改装)分析、フィッティング別(レトロフィット、IFECと照明、助手席)分析、地域別分析、競争状況、調査手法に区分して掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 …
  • モーターコントロールセンターのの世界市場予測:インテリジェントおよび従来型
    当調査レポートでは、モーターコントロールセンターのの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(インテリジェントおよび従来型)分析、電圧別(低および中)分析、エンドユーザー別(産業および商用)分析、標準別(IECおよびNEMA)分析、モーターコントロールセンターのの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況 …
  • マイクロ電池の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、マイクロ電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(薄膜、印刷済み、固体チップ電池)分析、容量別分析、再充電性別分析、用途別(スマートカード、スマートパッケージ、医療機器、ウェアラブルデバイス)分析、マイクロ電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報を …
  • 世界のデカルトロボット市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のデカルトロボット市場が2017年75.4065憶ドルから2026年212.4929憶まで年平均12.2%成長すると予測しています。当資料ではデカルトロボットについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(2X-2Y-Zシリーズ、2X-Y-Zシリーズ、XY-Xシリーズ)分析 …
  • 性具の世界市場2019 – 2026:タイプ別、流通経路別、セグメント予測
    本レポートでは、性具の世界市場について、調査手法・範囲、エグゼクティブサマリ-、市場変数・傾向、タイプ別(女性、男性)分析、流通経路別(Eコマース、専門店、量販店)分析、地域別分析、競合分析などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・調査手法・範囲 ・エグゼクティブサマリ- ・市場変数・傾向 ・性具の世界市場:タイプ別(女性、男性) ・性具の世界市場:流通 …
  • テーブルトップキッチン用品の世界市場2019-2026:タイプ別、用途別
    本調査レポートでは、テーブルトップキッチン用品の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、タイプ別(ドリンクウェア、食器類、白物家電、食器、その他)分析、用途別(住宅、商業)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 ・市場動向 ・産業分析 ・テーブルトップキッチ …
  • 自動車ADASの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、自動車ADASの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術別(パッシブパークアシスト、FCWSおよびLDWS、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 …
  • 世界のおむつかぶれクリーム市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • バケーションレンタルの世界市場予測・分析:管理別
    Technavio社の本調査レポートでは、バケーションレンタルの世界市場について調べ、バケーションレンタルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、バケーションレンタルの市場規模をセグメンテーション別(管理別(所有者管理、専門的管理)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社 …
  • 弾性床材の世界市場:製品別(LVT、ビニールシート、VCT、グラスファイバー、リノリウム)、用途別(住宅、商業、産業)
    Grand View Research社は、 弾性床材の世界市場規模が年平均5.0%成長して2025年まで104億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、弾性床材の世界市場について調査・分析し、弾性床材の世界市場動向、弾性床材の世界市場規模、市場予測、製品別(LVT、ビニールシート、VCT、グラスファイバー、リノリウム)分析、主要地域別市場規模、競 …
  • 自動ラストマイルデリバリーの世界市場2019-2026:機会分析・産業予測
    本調査レポートでは、自動ラストマイルデリバリーの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(ロジスティクス、ヘルスケア&医薬品、食品&飲料小売、その他)分析、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、範囲別(短距離(20km))分析、車両タイプ別(空中配達ドローン、地上配達車両、自動運転トラック&バ …
  • 世界の帯鋸機市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCによると、世界の帯鋸機市場は予測期間中に年平均6%に達すると予想されています。当資料では、帯鋸機について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、機械別(横型、縦型)分析、技術別(全自動、ハイテクバンドソー、手動、半自動)分析、切断タイプ別(円形切断、マイターカット、リング切断、ストレート …
  • 自動宅配用端末の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動宅配用端末の世界市場について調べ、自動宅配用端末の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動宅配用端末の市場規模をセグメンテーション別(展開別(インドア、アウトドア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自動宅配用端末の世 …
  • 繊維用化学薬品市場:繊維別(天然、合成)、製品タイプ別(コーティング・サイジング、着色剤・助剤、仕上げ剤、脱糊剤、界面活性剤)、用途別(アパレル、家庭用繊維、技術用繊維)、地域別 – 2026年までの世界予測
  • 電子式商品監視(EAS)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、電子式商品監視(EAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(タグ、アンテナ、デタッチャ)分析、技術別分析、エンドユーザー別(アパレル&ファッションアクセサリー店、スーパーマーケット&マス商品店、ドラッグ&ヘルス製品店)分析、電子式商品監視(EAS)の …
  • スマートカードICの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スマートカードICの世界市場について調べ、スマートカードICの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スマートカードICの市場規模をセグメンテーション別(用途別(テレコミュニケーション、財務、政府、交通手段、その他)、マイクロプロセッサアーキテクチャ別(16ビ …
  • 世界の空気清浄器市場2020-2024
    「空気清浄器の世界市場2020-2024」は、空気清浄器について市場概要、市場規模、技術別(HEPA、静電集塵機、イオナイザーおよびオゾン発生器、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォー …
  • 腫瘍アブレーションの世界市場2019 – 2026:技術別、治療別、用途別、セグメント予測
    本レポートでは、腫瘍アブレーションの世界市場について、調査手法・範囲、エグゼクティブサマリ-、市場変数・傾向、競合分析、治療別(外科、腹腔鏡)分析、技術別(ラジオ波、マイクロ波)分析、用途別(腎臓がん、肝臓がん、肺癌、乳がん、前立腺がん、その他)分析、地域別分析、競合状況などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・調査手法・範囲 ・エグゼクティブサマリ- …
  • ギャンブルの世界市場予測・分析:宝くじ、ベッティング、カジノ
    Technavio社の本調査レポートでは、ギャンブルの世界市場について調べ、ギャンブルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ギャンブルの市場規模をセグメンテーション別(種類別(宝くじ、ベッティング、カジノ)、プラットフォーム別(オフラインギャンブル、オンラインギャンブル)、)と地域別(グローバル) …
  • 医療用クラウドコンピューティングの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、医療用クラウドコンピューティングの世界市場について調査・分析し、市場動向、用途別(臨床情報システム、非臨床情報システム)分析、展開方法別(プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド)分析、価格モデル別(従量課金、スポット価格)分析、サービスモデル別(ソフトウェアとしてのサービス、インフラストラクチャとしてのサービス、プ …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様