鍼灸用針の市場:用途別(関節炎、腰痛、首痛、筋肉痛、頭痛・偏頭痛、膝痛、月経痛、スポーツ障害、その他)、素材別(銀、銅、錫メッキ鉄、ステンレススチール、その他)、タイプ別(使い捨て、再利用)、エンドユーザー別(病院、診療所、その他) -産業分析、サイズ、シェア、成長、トレンド、予測、2021-2031年

LINEで送る

鍼灸用針の市場 – レポートの範囲

TMRのレポート「世界の鍼灸針市場」は、2021年から2031年までの予測期間における市場の指標について貴重な洞察を得るために、過去だけでなく現在の成長トレンドや機会についても調査しています。本レポートでは、2020年を基準年、2031年を予測年として、2017年から2031年までの世界の鍼灸市場の収益を提供しています。また、2021年から2031年までの世界の鍼灸用針市場の複合年間成長率(CAGR %)を提供しています。

本レポートは、広範な調査を経て作成されています。一次調査では、主要なオピニオンリーダー、業界リーダー、オピニオンメーカーへのインタビューを実施しました。二次調査では、鍼灸市場を理解するために、主要企業の製品資料、年次報告書、プレスリリース、関連文書などを参照しました。

二次調査には、インターネットソース、政府機関の統計データ、ウェブサイト、業界団体なども含まれます。アナリストは、トップダウンとボトムアップのアプローチを組み合わせて、世界の鍼灸市場のさまざまな属性を調査しました。

本レポートには、詳細なエグゼクティブサマリーと、調査対象に含まれる様々なセグメントの成長挙動のスナップショットが含まれています。さらに、世界の鍼灸市場における競争力の変化にも光を当てています。これらは、既存の市場プレーヤーだけでなく、世界の鍼灸市場への参加に関心のある企業にとっても貴重なツールとなります。

本レポートでは、世界の鍼灸用針市場の競争状況を掘り下げています。世界の鍼灸市場で活動している主要プレイヤーを特定し、それぞれのプレイヤーを様々な属性の観点からプロファイリングしています。会社概要、財務状況、最近の開発状況、SWOTなど、世界の鍼灸市場で活躍するプレイヤーの属性が紹介されています。

Acupuncture Needles Market Reportで答えられた重要な質問

予測期間中のすべての地域における鍼の売上/収益は?
鍼灸用針の世界市場におけるビジネスチャンスは?
市場の主要なドライバー、拘束力、機会、脅威は何か?
予測期間中に最も速いCAGRで拡大するのはどの地域の市場か?
2031年に世界で最も高い収益を上げると予想されるタイプ別セグメントは?
予測期間中に最も高いCAGRで拡大するのはどのセグメントですか?
世界市場で活動するさまざまな企業の市場での地位は?

鍼灸用針の市場 – 調査目的とリサーチアプローチ

鍼灸用針の世界市場に関する包括的なレポートは、概要から始まり、研究の範囲と目的を説明しています。本レポートでは、この調査の目的と、市場で活動する主要なベンダーや流通業者、製品の承認に関する規制のシナリオについて詳しく説明しています。

本レポートは、読みやすさを考慮して、各セクションをより細かく分割し、章立てでまとめられています。本レポートは、適切に散りばめられた包括的なグラフと表で構成されています。主要セグメントの実績値と予測値を絵で表現することで、読者に視覚的に訴えかけています。また、過去と予測期間終了時の主要セグメントの市場シェアを比較することができます。

本レポートでは、世界の鍼灸用針市場を、用途、素材、タイプ、エンドユーザー、地域の観点から分析しています。各基準での主要セグメントを詳しく調査し、2031年末時点での各セグメントの市場シェアを掲載しています。このような貴重な洞察により、市場のステークホルダーは、世界の鍼灸針市場への投資のために、情報に基づいたビジネス上の意思決定を行うことができます。

https://www.marketresearchcenter.net/mrc2111a046-acupuncture-needles-market-application-arthritis/

1. はじめに
1.1. 市場の定義と範囲
1.2. 市場のセグメント化
1.3. 主要な研究目的
1.4. リサーチハイライト
2. 前提条件と調査方法
3. エグゼクティブサマリー:鍼灸用針の世界市場
4. 市場の概要
4.1. イントロダクション
4.1.1. タイプの定義
4.1.2. 業界の進化・発展
4.2. 概要
4.3. 市場力学
4.3.1. ドライバー
4.3.2. 阻害要因
4.3.3. 機会
4.4. 鍼灸用針の世界市場分析と予測、2017-2031年
5. キーインサイト
5.1. 技術的進歩
5.2. 鍼灸技術
5.3. 鍼灸技術のメリット
5.4. 鍼灸師の販売店・サプライヤー一覧
5.5. 鍼の価格設定分析
5.6. COVID-19パンデミックの産業界への影響(バリューチェーンと短期/中期/長期の影響)
6. 鍼灸用針の世界市場分析と予測、タイプ別
6.1. はじめに・定義
6.2. 主な調査結果/開発状況
6.3. 市場価値予測、タイプ別、2017-2031年
6.3.1. 使い捨て
6.3.2. リユーザブル
6.4. 市場魅力度分析、タイプ別
7. 鍼灸用針の世界市場分析・予測:素材別
7.1. 導入と定義
7.2. 主な調査結果/開発状況
7.3. 市場価値予測、素材別、2017-2031年
7.3.1. シルバー
7.3.2. 銅
7.3.3. 錫メッキ亜鉛メッキ鉄
7.3.4. ステンレススチール
7.3.5. その他
7.4. 市場魅力度分析(素材別
8. 鍼灸用針の世界市場分析・予測:アプリケーション別
8.1. 導入と定義
8.2. 主な調査結果/開発状況
8.3. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
8.3.1. 関節炎
8.3.2. 腰痛、首痛、筋肉痛
8.3.3. 頭痛、偏頭痛
8.3.4. 膝の痛み
8.3.5. 月経時の痛み
8.3.6. スポーツ外傷
8.3.7. その他
8.4. 市場魅力度分析(アプリケーション別
9. 鍼灸用針の世界市場分析・予測:エンドユーザー別
9.1. 導入と定義
9.2. 主な調査結果/開発状況
9.3. 市場価値予測、エンドユーザー別、2017-2031年
9.3.1. 病院
9.3.2. クリニック
9.3.3. その他
9.4. エンドユーザー別の市場魅力度分析
10. 鍼灸用針の世界市場分析・予測(地域別
10.1. 主な調査結果
10.2. 市場価値予測、地域別
10.2.1. 北アメリカ
10.2.2. 欧州
10.2.3. アジアパシフィック
10.2.4. ラテンアメリカ
10.2.5. 中近東・アフリカ
10.3. 市場魅力度分析(国/地域別
11. 北米の鍼灸用針の市場分析と予測
11.1. はじめに
11.1.1. 主な調査結果
11.2. 市場価値予測、タイプ別、2017-2031年
11.2.1. 使い捨て
11.2.2. リユーザブル
11.3. 市場価値予測、素材別、2017-2031年
11.3.1. シルバー
11.3.2. 銅
11.3.3. 錫メッキ亜鉛メッキ鉄
11.3.4. ステンレススチール
11.3.5. その他
11.4. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
11.4.1. 関節炎
11.4.2. 腰痛、首痛、筋肉痛
11.4.3. 頭痛、偏頭痛
11.4.4. 膝の痛み
11.4.5. 月経時の痛み
11.4.6. スポーツ傷害
11.4.7. その他
11.5. エンドユーザー別の市場価値予測、2017-2031年
11.5.1. 病院
11.5.2. クリニック
11.5.3. その他
11.6. 市場価値予測、国別、2017-2031年
11.6.1. 米国(U.S.
11.6.2. カナダ
11.7. 市場魅力度分析
11.7.1. タイプ別
11.7.2. 材料別
11.7.3. アプリケーション別
11.7.4. エンドユーザー別
11.7.5. 国別
12. 欧州の鍼灸用針の市場分析と予測
12.1. はじめに
12.1.1. 主な調査結果
12.2. 市場価値予測、タイプ別、2017-2031年
12.2.1. 使い捨て
12.2.2. リユーザブル
12.3. 市場価値予測、素材別、2017-2031年
12.3.1. シルバー
12.3.2. 銅
12.3.3. 錫メッキ亜鉛メッキ鉄
12.3.4. ステンレススチール
12.3.5. その他
12.4. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
12.4.1. 関節炎
12.4.2. 腰痛、首痛、筋肉痛
12.4.3. 頭痛、偏頭痛
12.4.4. 膝の痛み
12.4.5. 月経時の痛み
12.4.6. スポーツ傷害
12.4.7. その他
12.5. 市場価値予測、エンドユーザー別、2017-2031年
12.5.1. 病院
12.5.2. クリニック
12.5.3. その他
12.6. 市場価値予測(国・サブリージョン別、2017-2031年
12.6.1. ドイツ
12.6.2. イギリス
12.6.3. フランス
12.6.4. スペイン
12.6.5. イタリア
12.6.6. その他のヨーロッパ諸国
12.7. 市場魅力度分析
12.7.1. タイプ別
12.7.2. 材料別
12.7.3. アプリケーション別
12.7.4. エンドユーザー別
12.7.5. 国・地域別
13. アジア太平洋地域の鍼灸用針市場の分析と予測
13.1. はじめに
13.1.1. 主な調査結果
13.2. 市場価値予測、タイプ別、2017-2031年
13.2.1. 使い捨て
13.2.2. 再使用型
13.3. 市場価値予測、素材別、2017-2031年
13.3.1. シルバー
13.3.2. 銅
13.3.3. 錫メッキ亜鉛メッキ鉄
13.3.4. ステンレススチール
13.3.5. その他
13.4. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
13.4.1. 関節炎
13.4.2. 腰痛、首痛、筋肉痛
13.4.3. 頭痛、偏頭痛
13.4.4. 膝の痛み
13.4.5. 月経時の痛み
13.4.6. スポーツ傷害
13.4.7. その他
13.5. 市場価値予測(エンドユーザー別、2017-2031年
13.5.1. 病院
13.5.2. クリニック
13.5.3. その他
13.6. 市場価値予測(国・サブリージョン別、2017-2031年
13.6.1. 中国
13.6.2. 日本
13.6.3. インド
13.6.4. オーストラリアおよびニュージーランド
13.6.5. その他のアジア太平洋地域
13.7. 市場魅力度分析
13.7.1. タイプ別
13.7.2. 材料別
13.7.3. アプリケーション別
13.7.4. エンドユーザー別
13.7.5. 国・地域別
14. ラテンアメリカの鍼灸用針の市場分析と予測
14.1. はじめに
14.1.1. 主な調査結果
14.2. 市場価値予測、タイプ別、2017-2031年
14.2.1. 使い捨て
14.2.2. リユーザブル
14.3. 市場価値予測、素材別、2017-2031年
14.3.1. シルバー
14.3.2. 銅
14.3.3. 錫メッキ亜鉛メッキ鉄
14.3.4. ステンレススチール
14.3.5. その他
14.4. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
14.4.1. 関節炎
14.4.2. 腰痛、首痛、筋肉痛
14.4.3. 頭痛、偏頭痛
14.4.4. 膝の痛み
14.4.5. 月経時の痛み
14.4.6. スポーツ傷害
14.4.7. その他
14.5. 市場価値予測(エンドユーザー別、2017-2031年
14.5.1. 病院
14.5.2. クリニック
14.5.3. その他
14.6. 市場価値予測(国・サブリージョン別、2017-2031年
14.6.1. ブラジル
14.6.2. メキシコ
14.6.3. その他のラテンアメリカ
14.7. 市場魅力度分析
14.7.1. タイプ別
14.7.2. 材料別
14.7.3. アプリケーション別
14.7.4. エンドユーザー別
14.7.5. 国・地域別
15. 中東・アフリカの鍼灸用針の市場分析と予測
15.1. はじめに
15.1.1. 主な調査結果
15.2. 市場価値予測、タイプ別、2017-2031年
15.2.1. 使い捨て
15.2.2. リユーザブル
15.3. 市場価値予測、素材別、2017-2031年
15.3.1. シルバー
15.3.2. 銅
15.3.3. 錫メッキ亜鉛メッキ鉄
15.3.4. ステンレススチール
15.3.5. その他
15.4. 市場価値予測、アプリケーション別、2017-2031年
15.4.1. 関節炎
15.4.2. 腰痛、首痛、筋肉痛
15.4.3. 頭痛、偏頭痛
15.4.4. 膝の痛み
15.4.5. 月経時の痛み
15.4.6. スポーツ外傷
15.4.7. その他
15.5. 市場価値予測、エンドユーザー別、2017-2031年
15.5.1. 病院
15.5.2. クリニック
15.5.3. その他
15.6. 市場価値予測、国・サブリージョン別、2017-2031年
15.6.1. GCC諸国
15.6.2. 南アフリカ共和国
15.6.3. その他の中近東・アフリカ地域
15.7. 市場魅力度分析
15.7.1. タイプ別
15.7.2. 材料別
15.7.3. アプリケーション別
15.7.4. エンドユーザー別
15.7.5. 国・地域別
16. 競争状況
16.1. 市場シェア分析、企業別、2020年
16.2. 企業プロファイル
16.2.1. 3Bサイエンティフィック
16.2.1.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.1.2. 製品ポートフォリオ
16.2.1.3. SWOT分析
16.2.1.4. 戦略的概要
16.2.2. アキュメディック
16.2.2.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.2.2. 製品ポートフォリオ
16.2.2.3. SWOT分析
16.2.2.4. 戦略的概要
16.2.3. アシアメド社
16.2.3.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.3.2. 製品ポートフォリオ
16.2.3.3. SWOT分析
16.2.3.4. 戦略的概要
16.2.4. ダナ・メディカル株式会社(Dana Medical Co.
16.2.4.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.4.2. 製品ポートフォリオ
16.2.4.3. SWOT分析
16.2.4.4. 戦略的概要
16.2.5. ボエン・ヘルスケア株式会社(Boen Healthcare Co.
16.2.5.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.5.2. 製品ポートフォリオ
16.2.5.3. SWOT分析
16.2.5.4. 戦略的概要
16.2.6. 蘇州華潤医療器械有限公司(Suzhou Hualun Medical Appliance Co.
16.2.6.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.6.2. 製品ポートフォリオ
16.2.6.3. SWOT分析
16.2.6.4. 戦略的概要
16.2.7. 無錫佳佳医療器有限公司(Wuxi Jiajian Medical Devices Co.
16.2.7.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.7.2. 製品ポートフォリオ
16.2.7.3. SWOT分析
16.2.7.4. 戦略的概要
16.2.8. 蘇州中井生命科学技術有限公司(Suzhou Zhongjing Life & Science Technology Co., Ltd.
16.2.8.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.8.2. 製品ポートフォリオ
16.2.8.3. SWOT分析
16.2.8.4. 戦略的概要
16.2.9. シャイニーリンク(上海)工業有限公司
16.2.9.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.9.2. 製品ポートフォリオ
16.2.9.3. SWOT分析
16.2.9.4. 戦略的概要
16.2.10. 長春愛康医療器有限公司(Changchun Aikang Medical Devices Co.
16.2.10.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.10.2. 製品ポートフォリオ
16.2.10.3. SWOT分析
16.2.10.4. 戦略的概要
16.2.11. MeyerDC
16.2.11.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.11.2. 製品ポートフォリオ
16.2.11.3. SWOT分析
16.2.11.4. 戦略的概要
16.2.12. 東邦AcuPrime
16.2.12.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)。
16.2.12.2. 製品ポートフォリオ
16.2.12.3. SWOT分析
16.2.12.4. 戦略的概要
16.2.13. その他
16.2.13.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
16.2.13.2. 製品ポートフォリオ
16.2.13.3. SWOT分析
16.2.13.4. 戦略的概要

表の一覧

表01: 鍼灸用針の世界市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年

表02: 鍼灸用針の世界市場価値(US$ Mn)予測、素材別、2017-2031年

表03: 鍼灸用針の世界市場価値(US$ Mn)予測、用途別、2017-2031年

表04: 鍼灸針の世界市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年

表05: 鍼灸針の世界市場価値(US$ Mn)予測、地域別、2017-2031年

表06: 北米の鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、国・地域別、2017-2031年

表07: 北米の鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年

表08: 北米の鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、素材別、2017-2031年

表09: 北米の鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、用途別、2017-2031年

表10: 北米の鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2017-2031年

表11: 欧州の鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、国・サブリージョン別、2017-2031年

表12: ヨーロッパの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年

表13: ヨーロッパの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、素材別、2017-2031年

表14:ヨーロッパの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、用途別、2017-2031年

表15:ヨーロッパの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2017-2031年

表16:アジア太平洋地域の鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2017-2031年

表17: アジア太平洋地域の鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年

表18: アジア太平洋地域の鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、素材別、2017-2031年

表19:アジア太平洋地域の鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、用途別、2017-2031年

表20: アジア太平洋地域の鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2017-2031年

表21: ラテンアメリカの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2017-2031年

表22: ラテンアメリカの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年

表23: ラテンアメリカの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、素材別、2017-2031年

表24: ラテンアメリカの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、用途別、2017-2031年

表25: ラテンアメリカの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2017-2031年

表26: 中東・アフリカの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2017-2031年

表27: 中東・アフリカの鍼灸用針市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年

表28: 中東・アフリカの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、素材別、2017-2031年

表29: 中東・アフリカの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、用途別、2017-2031年

表30: 中東・アフリカの鍼灸針市場価値(US$ Mn)予測、エンドユーザー別、2017-2031年

https://www.marketresearchcenter.net/mrc2111a046-acupuncture-needles-market-application-arthritis/




※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様