X線検出器の世界市場:タイプ別(フラットパネルディテクタ、CR(計算されたX線撮影)ディテクタ、ラインスキャンディテクタ、CCD(電荷結合デバイス )ディテクタ)、用途別(医療、産業、セキュリティ、獣医、歯科、その他)、パネル別(大型、小型)-産業分析、サイズ、シェア、成長、トレンド、予測、2021年~2031年

LINEで送る

X線検出器市場 – レポートの範囲

TMRのレポート「X線検出器の世界市場」は、2021年から2031年までの予測期間における市場の指標に関する貴重な洞察を得るために、過去だけでなく現在の成長傾向と機会を研究しています。当レポートでは、2020年を基準年、2031年を予測年として、2017年から2031年までの世界のX線検出器市場の全体的な収益を算出しています。また、予測期間における世界のX線検出器市場の複合年間成長率(CAGR)を提供しています。

本レポートは、広範な調査を経て作成されています。一次調査では、アナリストが業界のリーダーやオピニオンメーカーにインタビューを行うなど、大規模な調査を行いました。二次調査では、世界のX線検出器市場を理解するために、主要企業の文献、年次報告書、プレスリリース、および関連文書を参照しました。

二次調査には、インターネット上の情報源、政府機関やウェブサイト、業界団体の統計データも含まれます。アナリストは、世界のX線検出器市場のさまざまな現象を調べるために、トップダウンとボトムアップのアプローチを組み合わせて調査を行いました。

本レポートは、調査対象に含まれる様々なセグメントの成長挙動のスナップショットとともに、精緻なエグゼクティブサマリーで構成されています。さらに、世界のX線検出器市場における競争力の変化についても明らかにしています。これらの指標は、既存の市場関係者だけでなく、世界のX線検出器市場への参入に関心を持つ企業にとっても貴重なツールとなります。次のセクションでは、COVID-19パンデミックの業界への影響、技術の進歩、主要な業界イベント、画像診断の概要、X線検出器の価格分析などのUSPを紹介しています。

このレポートでは、世界のX線検出器市場の競合状況を掘り下げています。世界のX線検出器市場で活動している主要企業を特定し、それぞれの企業の特徴を明らかにしています。会社概要、財務状況、最近の開発状況、SWOTなどは、X線検出器の世界市場レポートで紹介されているプレイヤーの属性の一部です。

X線検出器市場レポートで回答された重要な質問

X線検出器の予測期間における世界全体の売上/収益は?
X線検出器の世界市場における主要なトレンドは何か?
市場の主要なドライバー、拘束力、機会、脅威は何か?
2031年までに最も高い収益を上げるのはどのセグメントで、予測期間中に最も高いCAGRで成長するのはどのセグメントですか?
2020年における主要プレーヤーの強みと弱み
2020年における主要プレーヤーの競合分析

X線検出器市場 – 調査目的とリサーチアプローチ

X線検出器の世界市場に関する包括的なレポートでは、まず市場の概要を説明し、続いて調査の範囲と目的を説明しています。続いて、X線検出器の世界市場における調査の目的と、認定機関が定めた医療コンプライアンスについて詳しく説明しています。続いて、市場の紹介、市場力学、X線検出器の世界市場の概要を説明し、市場の成長に影響を与える市場の推進要因、抑制要因、動向に関するTMR分析を行っています。さらに、世界のX線検出器市場のY-o-Yトレンドを理解するために、精緻な洞察に基づくY-o-Y分析も提供しています。

本レポートは、分かりやすくするために、各セクションをより細かく分けて、章立てでまとめています。レポートには、グラフや表が適切に散りばめられており、網羅的にまとめられています。主要セグメントの実績値と予測値を絵で表現することで、読者に視覚的に訴えかけています。また、過去と予測期間終了時の主要セグメントの市場シェアを比較することができます。

主要メーカーの収益をマッピングし、X線検出器の世界市場を金額ベースで把握しています。今回の予測では、世界のX線検出器市場で生み出される総収益を評価しています。正確な予測を行うために、まず、現在のX線検出器の世界市場を親市場の助けを借りてサイズアップしました。

レポートでは、世界のX線検出器市場をタイプ別、アプリケーション別、パネル別、地域別に分析しています。それぞれの基準で主要なセグメントをじっくりと調査し、2031年末時点での各セグメントの市場シェアを示しています。これらの貴重な洞察は、市場の利害関係者が世界のX線検出器市場への投資のために情報に基づいたビジネス上の意思決定を行う際に役立つでしょう。

https://www.marketresearchcenter.net/mrc2111a064-xray-detectors-market-type-flat/

1. はじめに
1.1. 市場の定義と範囲
1.2. 市場のセグメント化
1.3. 主要な研究目的
1.4. リサーチハイライト
2. 前提条件と調査方法
3. エグゼクティブサマリー:X線検出器の世界市場
4. 市場の概要
4.1. イントロダクション
4.1.1. 市場の定義
4.1.2. 業界の進化・発展
4.2. 概要
4.3. 市場力学
4.3.1. ドライバー
4.3.2. 阻害要因
4.3.3. 機会
4.4. X線検出器の世界市場分析と予測、2017-2031年
4.4.1. 市場収益予測(US$ Mn)
5. キーインサイト
5.1. COVID-19パンデミックの業界への影響(バリューチェーンと短期・中期・長期の影響)
5.2. 技術の進歩
5.3. 主要な業界イベント
5.4. 概要 – 画像診断
5.5. 価格分析
6. X線検出器の世界市場分析・予測(タイプ別
6.1. 導入と定義
6.2. 主な調査結果/開発状況
6.3. X線検出器の世界市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年
6.3.1. フラットパネル検出器
6.3.2. X線CT(Computed Radiography)検出器
6.3.3. ラインスキャンディテクタ
6.3.4. 電荷結合素子(CCD)検出器
6.4. 世界のX線検出器市場の魅力分析、タイプ別
7. X線検出器の世界市場分析・予測、アプリケーション別、2017-2031年
7.1. 導入と定義
7.2. 主な調査結果/開発状況
7.3. X線検出器の世界市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年
7.3.1. 医療用
7.3.2. 産業用
7.3.3. セキュリティ
7.3.4. 獣医学
7.3.5. 歯科
7.3.6. その他
7.4. X線検出器の世界市場におけるアプリケーション別魅力度分析
8. X線検出器の世界市場分析・予測:パネル別
8.1. 導入と定義
8.2. 主な調査結果/開発状況
8.3. X線検出器の世界市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017-2031年
8.3.1. 大型
8.3.2. 小型
8.4. X線検出器の世界市場の魅力分析、パネル別
9. X線検出器の世界市場分析と予測:地域別
9.1. 主な調査結果
9.2. X線検出器の世界市場価値(US$ Mn)予測、地域別
9.2.1. 北アメリカ
9.2.2. 欧州
9.2.3. アジア・パシフィック
9.2.4. ラテンアメリカ
9.2.5. 中近東・アフリカ
9.3. 世界のX線検出器市場の魅力度分析、地域別
10. 北米のX線検出器市場の分析と予測
10.1. はじめに
10.1.1. 主な調査結果
10.2. 北米X線検出器市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年
10.2.1. フラットパネル検出器
10.2.2. X線CT(Computed Radiography)検出器
10.2.3. ラインスキャンディテクタ
10.2.4. 電荷結合素子(CCD)検出器
10.3. 北米X線検出器市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年
10.3.1. 医療用
10.3.2. 産業用
10.3.3. セキュリティ
10.3.4. 獣医
10.3.5. 歯科
10.3.6. その他
10.4. 北米X線検出器市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017-2031年
10.4.1. 大型
10.4.2. 小型
10.5. 北米X線検出器市場価値(US$ Mn)予測、国別、2017-2031年
10.5.1. 米国(U.S.
10.5.2. カナダ
10.6. 北米のX線検出器市場の魅力度分析、2017-2031年
11. 欧州X線検出器市場の分析と予測
11.1. イントロダクション
11.1.1. 主な調査結果
11.2. 欧州X線検出器市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年
11.2.1. フラットパネルディテクタ
11.2.2. X線CT(Computed Radiography)検出器
11.2.3. ラインスキャンディテクタ
11.2.4. 電荷結合素子(CCD)検出器
11.3. 欧州X線検出器市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年
11.3.1. 医療用
11.3.2. 産業用
11.3.3. セキュリティ
11.3.4. 獣医
11.3.5. 歯科
11.3.6. その他
11.4. 欧州X線検出器市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017-2031年
11.4.1. 大型
11.4.2. 小型
11.5. 欧州X線検出器市場価値(US$ Mn)予測、国・サブリージョン別、2017-2031年
11.5.1. ドイツ
11.5.2. 英国11.5.2.
11.5.3. フランス
11.5.4. スペイン
11.5.5. イタリア
11.5.6. その他のヨーロッパ諸国
11.6. 欧州のX線検出器市場の魅力度分析、2017-2031年
12. アジア太平洋地域のX線検出器市場の分析と予測
12.1. イントロダクション
12.1.1. 主な調査結果
12.2. アジア太平洋地域のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年
12.2.1. フラットパネル検出器
12.2.2. X線CT(Computed Radiography)検出器
12.2.3. ラインスキャンディテクタ
12.2.4. 電荷結合素子(CCD)検出器
12.3. アジア太平洋地域のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年
12.3.1. 医療用
12.3.2. 産業用
12.3.3. セキュリティ
12.3.4. 獣医
12.3.5. 歯科
12.3.6. その他
12.4. アジア太平洋地域のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017-2031年
12.4.1. 大型
12.4.2. 小型
12.5. アジア太平洋地域のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、国・サブリージョン別、2017-2031年
12.5.1. 日本
12.5.2. 中国
12.5.3. インド
12.5.4. オーストラリア・ニュージーランド
12.5.5. その他のアジア太平洋地域
12.6. アジア太平洋地域のX線検出器市場の魅力度分析、2017-2031年
13. ラテンアメリカのX線検出器市場の分析と予測
13.1. はじめに
13.1.1. 主な調査結果
13.2. ラテンアメリカのX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年
13.2.1. フラットパネル検出器
13.2.2. X線CT(Computed Radiography)検出器
13.2.3. ラインスキャンディテクタ
13.2.4. 電荷結合素子(CCD)検出器
13.3. ラテンアメリカX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年
13.3.1. 医療用
13.3.2. 産業用
13.3.3. セキュリティ
13.3.4. 獣医
13.3.5. 歯科
13.3.6. その他
13.4. ラテンアメリカX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017-2031年
13.4.1. 大型
13.4.2. 小型
13.5. ラテンアメリカX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、国/サブリージョン別、2017-2031年
13.5.1. ブラジル
13.5.2. メキシコ
13.5.3. その他のラテンアメリカ
13.6. ラテンアメリカのX線検出器市場の魅力度分析、2017-2031年
14. 中東・アフリカのX線検出器市場の分析と予測
14.1. はじめに
14.1.1. 主な調査結果
14.2. 中東・アフリカのX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年
14.2.1. フラットパネル検出器
14.2.2. X線CT(Computed Radiography)検出器
14.2.3. ラインスキャンディテクタ
14.2.4. 電荷結合素子(CCD)検出器
14.3. 中東・アフリカX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年
14.3.1. 医療用
14.3.2. 産業用
14.3.3. セキュリティ
14.3.4. 獣医
14.3.5. 歯科
14.3.6. その他
14.4. 中東・アフリカX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017-2031年
14.4.1. 大型
14.4.2. 小型
14.5. 中東・アフリカX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2017-2031年
14.5.1. GCC諸国
14.5.2. 南アフリカ共和国
14.5.3. その他の中東・アフリカ地域
14.6. 中東・アフリカのX線検出器市場の魅力度分析、2017-2031年
15. 競争状況
15.1. 市場プレーヤー-競争マトリックス(企業の階層別、規模別)
15.2. 市場シェア分析、企業別、2020年
15.3. 会社概要
15.3.1. 浜松ホトニクス(株)
15.3.1.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員数) 15.3.1.1.
15.3.1.2. 製品ポートフォリオ
15.3.1.3. 財務概要
15.3.1.4. 戦略的概要
15.3.1.5. SWOT分析
15.3.2. ミリオン・テクノロジーズ社
15.3.2.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み) 15.3.2.2.
15.3.2.2. 製品ポートフォリオ
15.3.2.3. 戦略的概要
15.3.2.4. SWOT分析
15.3.3. ヴァレックス・イメージング社
15.3.3.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
15.3.3.2. 製品ポートフォリオ
15.3.3.3. 財務概要
15.3.3.4. 戦略的概要
15.3.3.5. SWOT分析
15.3.4. アナロジックス株式会社
15.3.4.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
15.3.4.2. 製品ポートフォリオ
15.3.4.3. 戦略的概要
15.3.4.4. SWOT分析
15.3.5. キヤノンメディカルシステムズ株式会社
15.3.5.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
15.3.5.2. 製品ポートフォリオ
15.3.5.3. 財務概要
15.3.5.4. 戦略的概要
15.3.5.5. SWOT分析
15.3.6. Agfa-Gevaertグループ
15.3.6.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
15.3.6.2. 製品ポートフォリオ
15.3.6.3. 財務概要
15.3.6.4. 戦略的概要
15.3.6.5. SWOT分析
15.3.7. バリアンメディカルシステムズ
15.3.7.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
15.3.7.2. 製品ポートフォリオ
15.3.7.3. 財務概要
15.3.7.4. 戦略的概要
15.3.7.5. SWOT分析
15.3.8. コニカミノルタ株式会社
15.3.8.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み) 15.3.8.2.
15.3.8.2. 製品ポートフォリオ
15.3.8.3. 財務概要
15.3.8.4. 戦略的概要
15.3.8.5. SWOT分析
15.3.9. タレスグループ
15.3.9.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
15.3.9.2. 製品ポートフォリオ
15.3.9.3. 財務概要
15.3.9.4. 戦略的概要
15.3.9.5. SWOT分析
15.3.10. 富士フイルムホールディングス株式会社
15.3.10.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み) 15.3.10.2.
15.3.10.2. 製品ポートフォリオ
15.3.10.3. 財務概要
15.3.10.4. 戦略的概要
15.3.10.5. SWOT分析
15.3.11. テレダイン・テクノロジーズ・インコーポレイテッド
15.3.11.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み)
15.3.11.2. 製品ポートフォリオ
15.3.11.3. 財務概要
15.3.11.4. 戦略的概要
15.3.11.5. SWOT分析
15.3.12. ORテクノロジー – Oehm und Rehbein GmbH
15.3.12.1. 会社概要(本社、事業セグメント、従業員の強み) 15.3.12.2.
15.3.12.2. 製品ポートフォリオ
15.3.12.3. 戦略的概要
15.3.12.4. SWOT分析

表の一覧

表01: X線検出器の世界市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017年~2031年

表02: X線検出器の世界市場数量(単位)予測、タイプ別、2017年~2031年

表03:X線検出器の世界市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年

表04:X線検出器の世界市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017-2031年

表05:X線検出器の世界市場価値(US$ Mn)予測、地域別、2017-2031年

表06: 北米のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、国別、2017-2031年

表07:北米のX線検出器の市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年

表08: 北米のX線検出器市場数量(単位)予測、タイプ別、2017-2031年

表09: 北米のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年

表10:北米のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017-2031年

表11: 欧州のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、国・サブリージョン別、2017-2031年

表12:ヨーロッパのX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年

表13: 欧州のX線検出器市場の数量(単位)予測、タイプ別、2017-2031年

表14:欧州のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、用途別、2017-2031年

表15:欧州のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017-2031年

表16:アジア太平洋地域のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、国・サブリージョン別、2017-2031年

表17:アジア太平洋地域のX線検出器の市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年

表18: アジア太平洋地域のX線検出器市場数量(単位)予測、タイプ別、2017年~2031年

表19:アジア太平洋地域のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、用途別、2017年~2031年

表20:アジア太平洋地域のX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017年~2031年

表21:ラテンアメリカのX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2017-2031年

表22:ラテンアメリカのX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年

表23: ラテンアメリカX線検出器市場数量(単位)予測、タイプ別、2017年~2031年

表24: ラテンアメリカのX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年

表25: ラテンアメリカのX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017-2031年

表26: 中東・アフリカのX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、国・サブ地域別、2017-2031年

表27: 中東・アフリカのX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、タイプ別、2017-2031年

表28: 中東・アフリカのX線検出器市場数量(単位)予測、タイプ別、2017-2031年

表29: 中東・アフリカのX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、アプリケーション別、2017-2031年

表30: 中東・アフリカのX線検出器市場価値(US$ Mn)予測、パネル別、2017-2031年

https://www.marketresearchcenter.net/mrc2111a064-xray-detectors-market-type-flat/



  • 催眠剤・鎮静剤の世界市場2021年:メーカー別、地域別、タイプ別、用途別、2026年までの予測
  • ポリアミド市場規模・シェア・動向分析レポート:製品別(ポリアミド6、ポリアミド66、バイオベースポリアミド、スペシャルティポリアミド)、用途別(エンジニアリングプラスチック、繊維)、地域別、セグメント別予測、2021年~2028年
  • 世界の電気バス市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の電気バス市場が2018年361.2憶ドルから2027年2256.5憶ドルまで年平均22.6%成長すると予測しています。当資料では、電気バスについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、技術別(パラレルハイブリッドバス、ピュアエレクトリックバス、ピュアエレクトリックバスシリーズハ …
  • 世界のライフサイエンス業界における産業オートメーション市場予測・分析2020-2024
    「ライフサイエンス業界における産業オートメーションの世界市場2020-2024」は、ライフサイエンス業界における産業オートメーションについて市場概要、市場規模、製品別(DCS、SCADA、PLC、MES)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 …
  • 世界の皮膚灌流圧力試験装置市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • 遺伝子パネルの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、遺伝子パネルの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(小パネルテスト、大パネルテスト)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 …
  • 自動車衝突修理の世界市場2019 – 2025:製品タイプ別、車両タイプ別、サービスチャネル別、セグメント予測
    本レポートでは、自動車衝突修理の世界市場について調査手法および範囲、エグゼクティブサマリ-、産業概要、傾向分析、製品タイプ別(塗料とコーティング、消耗品、スペアパーツ)分析、サービスチャネル別(DIY、DIFM、OE)分析、用途別(土木、商業、防衛)分析、地域別分析、競合状況などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・調査手法および範囲 ・エグゼクティブサ …
  • 弾性床材の世界市場:製品別(LVT、ビニールシート、VCT、グラスファイバー、リノリウム)、用途別(住宅、商業、産業)
    Grand View Research社は、 弾性床材の世界市場規模が年平均5.0%成長して2025年まで104億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、弾性床材の世界市場について調査・分析し、弾性床材の世界市場動向、弾性床材の世界市場規模、市場予測、製品別(LVT、ビニールシート、VCT、グラスファイバー、リノリウム)分析、主要地域別市場規模、競 …
  • 2,5-ジアミノトルエンサルフェートの世界市場、洞察2021年、分析および2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • フラットパネルディスプレイの世界市場:技術別、用途別、業種別
    当調査レポートでは、フラットパネルディスプレイの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、技術別分析、用途別分析、業種別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・フラットパネルディスプレイの世界市場:技術別(OLED、量子ド …
  • フォトニクス(光工学)の世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、フォトニクス(光工学)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品種類別(LED及びレーザー、検出器、センサー及びイメージングデバイス)分析、用途別(ICT・生産技術)分析、エンドユーズ産業別(メディア、放送&電気通信、消費者&ビジネスオートメーション)分析、フォトニクス(光工学)の世界 …
  • ミリ波技術の世界市場:製品別、周波数帯域別、ライセンスタイプ別、用途別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではミリ波技術について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、製品別(スキャナーシステム、レーダーおよび衛星通信システム、通信機器)分析、周波数帯域別(24 GHz〜57 GHzの帯域、57 GHz〜86 GHzの帯域、86 GHzと300 GHzの間の帯域幅)分析、ライセンスタイプ別(ライトライセンス周波数ミリ波、無ライ …
  • 交通分析の世界市場予測:記述分析、予測分析、規範的分析
    当調査レポートでは、交通分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(記述分析、予測分析、規範的分析)分析、モード別(道路、鉄道、航空路、水路)分析、交通分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、交通分析の世界市場 …
  • 世界のテレハンドラー市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 4G機器の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、4G機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(インフラ機器および試験機器)分析、技術別(LTEおよびWi-Max)分析、地域別分析など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・4G機器の世界市場:コンポーネント別(インフラ機器および試験機器) ・4G機器の世界市 …
  • DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場について調べ、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(直販、小売)、サービス別、)と地域別(グローバル、ア …
  • 大人用おむつの世界市場2019-2026:機会分析・産業予測
    本調査レポートでは、大人用おむつの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(パンツタイプ、パッドタイプ、テープタイプ、その他)分析、流通経路別(オフライン&オンライン)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・大人用おむつの世 …
  • 倉庫管理システムの世界市場:展開別
    Technavio社の本調査レポートでは、倉庫管理システムの世界市場について調べ、倉庫管理システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、倉庫管理システムの市場規模をセグメンテーション別(展開別(クラウドベース、オンプレミス)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は倉庫 …
  • 世界のガス絶縁電力機器市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のガス絶縁電力機器市場が2017年170憶ドルから2026年400.8億ドルまで年平均10.0%成長すると予測しています。当資料ではガス絶縁電力機器について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、用途別(HVAC(高電圧交流)、HVDC(高電圧直流))分析、種類別(ガス絶縁送電線、 …
  • 成形木製パレットの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、成形木製パレットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリ-、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、製品別(ネスト可能パレット、積み重ね可能パレット、ラックマウント可能パレット)分析、サイズ別(クォーターパレット、ハーフパレット、大型パレット)分析、最終用途別(製造業、倉庫業)分析、地域別分析、市場構造分析 …
  • 過活動膀胱治療法の世界市場:抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬
    Technavio社の本調査レポートでは、過活動膀胱治療法の世界市場について調べ、過活動膀胱治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、過活動膀胱治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨ …
  • がん悪液質治療法の世界市場予測・分析:プロゲストゲン、コルチコステロイド、併用療法
    Technavio社の本調査レポートでは、がん悪液質治療法の世界市場について調べ、がん悪液質治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、がん悪液質治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(プロゲストゲン、コルチコステロイド、併用療法、その他の治療薬)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しま …
  • 自動車用LED照明の世界市場予測・分析:用途別、車種別
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用LED照明の世界市場について調べ、自動車用LED照明の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用LED照明の市場規模をセグメンテーション別(用途別(室外照明、室内照明)、車種別(乗用車、商用車)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Te …
  • 予測遺伝子検査&消費者/ウェルネスゲノミクスの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、予測遺伝子検査&消費者/ウェルネスゲノミクスの世界市場について調査・分析し、市場動向、検査種類別(予測検査、消費者ゲノミクス、ウェルネス遺伝学)分析、用途別(乳がんおよび卵巣がんのスクリーニング、心臓血管のスクリーニング、糖尿病のスクリーニングおよびモニタリング、結腸がんのスクリーニング、パーキンソニズム/アルツハイマー病、泌尿器科スクリ …
  • 熱変色性材料の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、熱変色性材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別(ロイコ染料、液晶、顔料)分析、エンドユーズ産業別(包装、印刷およびコーティング、医療、繊維)分析、熱変色性材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarket …
  • 自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの世界市場:ABS、EPB
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの世界市場について調べ、自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用ABS及びEPBセンサーケーブルの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ABS、EPB)、)と地域別(グ …
  • ブロックチェーンID管理の世界市場:機会分析及び産業予測2019-2026
    本市場調査レポートではブロックチェーンID管理について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ブロックチェーンID管理の世界市場:コンポ …
  • シリコンEPIウェーハの世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートではシリコンEPIウェーハについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(ヘテロエピタキシー、ホモエピタキシー)分析、ウエハーサイズ別(6インチ、8インチ、12インチ、その他)分析、用途別(LED、パワー半導体、MEMSベースのデバイス)分析、業種別(コンシューマーエレクトロニクス、自動車、ヘルスケア、 産業、その他 …
  • 3Dプリントウェアラブルの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、3Dプリントウェアラブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、需要分析、市場背景、価格分析、製品タイプ別(衣服、時計、履物、ジュエリー、スポーツ用品、その他の製品)分析、価格別(マス、プレミアム)分析、消費者志向別(男性用、女性用、子供用、ユニセックス)分析、販売チャンネル別(オンライン、オフライン) …
  • 世界の自動車用プレミアムオーディオシステム市場2020-2024
    「自動車用プレミアムオーディオシステムの世界市場2020-2024」は、自動車用プレミアムオーディオシステムについて市場概要、市場規模、用途別(高級車、中型乗用車)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ …
  • 麻酔ガス用マスクの世界市場:使い捨て麻酔ガスマスク、再利用可能麻酔ガスマスク
    Technavio社の本調査レポートでは、麻酔ガス用マスクの世界市場について調べ、麻酔ガス用マスクの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、麻酔ガス用マスクの市場規模をセグメンテーション別(製品別(使い捨て麻酔ガスマスク、再利用可能麻酔ガスマスク)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北 …
  • 産業用ガスタービン点火システムの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、産業用ガスタービン点火システムの世界市場について調べ、産業用ガスタービン点火システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、産業用ガスタービン点火システムの市場規模をセグメンテーション別(用途別(発電、機械駆動)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました …
  • 世界のミリ流体チップ市場 – 展望・2021-2027年の予測
  • 照明制御システムの世界市場2019-2026:構成要素別、技術別、用途別
    本調査レポートでは、照明制御システムの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、技術別(PLC、POE、Wi-fi、Bluetooth、Zigbee、その他)分析、用途別(住宅、商業、鉄道、高速道路、その他)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・ …
  • ICP-AESの世界市場2021年:メーカー別、地域別、種類・用途別、2026年までの予測
  • 泌尿器科レーザー手術装置の世界市場:ポータブルレーザー手術装置、テーブルトップレーザー手術装置
    Technavio社の本調査レポートでは、泌尿器科レーザー手術装置の世界市場について調べ、泌尿器科レーザー手術装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、泌尿器科レーザー手術装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ポータブルレーザー手術装置、テーブルトップレーザー手術装置)、)と地域別(グロー …
  • ゴム系接着剤の世界市場2019-2026:タイプ別、用途別
    本調査レポートでは、ゴム系接着剤の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、タイプ別(スチレン系接着剤、アクリロニトリル系接着剤、天然ゴム系接着剤など)分析、用途別(建築・建設、航空宇宙、電気&電子、自動車など)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 ・市場動 …
  • インビジブル歯列矯正製品の北米市場予測・分析:クリアアライナー、セラミックブレース、リンガルブレース
    Technavio社はインビジブル歯列矯正製品の北米市場規模が2020-2024期間中に年平均12%成長すると予測しています。
  • 世界の燃料電池用コンプレッサ市場展望、2021-2027年の予測
  • 熱交換器の世界市場2019–2026
    当調査レポートでは、熱交換器の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(シェル&チューブ、プレート&フレーム、空冷式、マイクロチャネルなど)分析、エンドユーザー産業別(化学、石油化学、石油、ガス、HVACR、食品、飲料、発電、その他)分析、構成材料別(炭素鋼、ステンレス鋼、ニッケルなど)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 …
  • 工業用バルブの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、工業用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場紹介、市場背景、成功要因、需要分析、バルブ素材別(鋳鋼、 炭素鋼、ステンレス鋼、ブロンズ、その他の合金)分析、バルブタイプ別(ゲート、グローブ、ボール、バタフライ、プラグ、チェック、安全リリーフ、その他のカスタマイズ)分析、最終用途産業別(石油ガス、化学、水と廃水、発 …
  • ペット用食品の世界市場2014-2025
    当調査レポートでは、ペット用食品の世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(ドライフード、ウェット/缶詰、高栄養価食品、スナック/おやつ、その他)分析、用途別(犬、猫、その他)分析、地域別分析、競合動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・ペット用食品の世界市場:製品別(ドライフード、ウェット …
  • 世界のバイアル市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCによると、世界のバイアル市場は年平均7%で成長しています。当資料では、バイアルについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、製品別(滅菌ガラスバイアル、ねじ付きガラスバイアル、血清/特殊ガラスバイアル、その他)分析、技術別(ロータリーフィラー、正味重量フィラー、体積フィラー、その他)分 …
  • 世界の電子棚ラベル市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の電子棚ラベル市場が2017年4.3593憶ドルから2026年27.2170憶ドルまで年平均22.6%成長すると予測しています。当資料では電子棚ラベルについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コンポーネン別(バッテリー、ディスプレイ、マイクロプロセッサ、ハードウェア、サービス …
  • 世界の移動・携帯型分光計市場 – 展望・2021-2027年の予測
  • 世界のリチウムイオン電池用銅箔市場展望、2021-2027年の予測
  • 自転車カーボンフレームの世界市場予測・分析:用途別
    Technavio社の本調査レポートでは、自転車カーボンフレームの世界市場について調べ、自転車カーボンフレームの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自転車カーボンフレームの市場規模をセグメンテーション別(用途別(手動自転車、電動自転車)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technav …
  • 世界の精密農業ソフトウェア市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の精密農業ソフトウェア市場が2018年6.8768憶ドルから2027年25.9501憶ドルまで年平均15.9%成長すると予測しています。当資料では、精密農業ソフトウェアについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、デリバリーモード別(ローカル/ウェブベース、クラウドベース、リモー …
  • 世界の加速度計およびジャイロスコープ市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の加速度計およびジャイロスコープ市場が2017年17.1憶ドルから2026年27.6憶ドルまで年平均4.9%成長すると予測しています。当資料では加速度計およびジャイロスコープについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、寸法別(1軸、2軸、 3軸)分析、種類別(DTG、FOG、H …
  • 振動式超音波クリーナーの世界市場の洞察・予測(~2027年)

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様