qPCR装置の世界市場規模・シェア・動向分析レポート:装置別(GeneXpert、バイオファイアフィルムアレイシステム、BMSマイクシステム)、地域別(北米、欧州、APAC、中南米、中東・アフリカ)、セグメント別予測、2021年~2028年

LINEで送る

qPCR装置市場の成長と動向

Grand View Research, Inc.の最新レポートによると、世界のqPCR機器市場規模は2028年までに13億9000万米ドルに達する見込みです。2021年から2028年までのCAGRは3.4%で拡大すると予想されています。市場を牽引しているのは、新規の先進的な製品の導入と、高効率な診断機器の需要の増加です。

qPCR機器および消耗品の需要は、世界的にSARS-CoV-2感染症の発生率が急増していることが背景にあります。罹患率の上昇は、予防的なスクリーニングの数を増加させると予想されます。これは、各国がスクリーニングを行わなければCOVID-19の患者数を把握できないことに起因しています。

3つの基本的な分子アッセイの小型化により、診断結果の精度と特異性が向上し、その結果、分子診断製品の需要が増加することが予想されます。これらの改善により、POC分子診断検査の可用性が向上し、迅速かつ効果的な検査結果が得られるようになると予想されます。例えば、バイオモレキュラーシステムズ社のMic qPCRシステムは、重さがわずか2キログラムしかないため、携帯性に優れ、取り扱いが容易です。

QuantStudio 5 Dx Real-Time PCR Systemなどの新製品は、ワークフローを改善し、大量の検査を行うことで、より迅速な検査結果を提供します。費用対効果やソフトウェアの簡素化により、さらなるメリットが得られます。さらに、50カ国以上で承認されていることも、市場の成長を後押ししています。また、研究用のコンパニオン診断のための施策が搭載されていることも、この機器の競争力を高めています。

この市場は、高機能でより正確なデジタルPCR装置の存在により、外部からの代替品の脅威が高いと言えます。内部代替の脅威が高いのは、市場に数多くの製品が存在することに起因します。しかし、これらの機器の価格が高いため、全体的な脅威は減少し、中程度のレベルにとどまると予想されます。

COVID-19は、診断機器の機会を増やしています。しかし、dPCRのような高度なPCR技術は、偽陽性率の低減に役立つため、先進国ではより好まれています。効率的なqPCR装置の開発研究は、装置の代替の脅威を減らし、市場の成長を改善することができます。

近年、PCRは、感度、精度、効率、費用対効果の面で技術的進歩を遂げています。主要プレイヤーは、競争力を維持するために新しい技術を導入しています。

qPCR装置市場レポートのハイライト

- 機器別では、GeneXpertセグメントが2021年から2028年にかけて最も速いCAGRを示すと予想される

- アジア太平洋地域は、診断インフラの改善を目的とした投資の増加や、感染症の流行により、予測期間中に最も急速な成長が見込まれている

- 市場のアンメットニーズは高い。例えば、手頃な価格のqPCR装置がないため、市場の潜在力を十分に発揮できていない

- QuantStudio 5 Dx Real-Time PCR Systemなどの新発売の製品は、消費者のワークフローを改善し、大量の検査を行うことで、より迅速な結果を提供します。費用対効果とソフトウェアの簡素化により、さらなる利点が得られる

- 北米は2020年に最大の収益シェアを獲得し、予測期間中もそのリードを維持すると予想されています。規制当局のサポートが改善され、新製品の発売が増加していることが、市場の成長を促進すると予想されます。

https://www.marketreport.jp/qpcr-instruments-market-size-share-gv21oc022

 

https://www.marketreport.jp/qpcr-instruments-market-size-share-gv21oc022




※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様