動物用超音波の世界市場規模・シェア・トレンド分析レポート:タイプ別(2D、3D/4D)、スキャナタイプ別(カートベース、ハンドヘルド)、技術別、動物種類別、エンドユース別、用途別、セグメント予測、2021年~2028年

LINEで送る

動物用超音波市場の成長と動向

Grand View Research, Inc.の最新レポートによると、世界の動物用超音波市場規模は2028年までに488.93百万米ドルに達すると予測されています。この市場は、2021年から2028年にかけて、11.0%の有利なCAGRで拡大すると予想されています。市場の成長を促進する主な要因は、様々な人獣共通感染症の有病率の増加と、この分野における技術の進歩です。さらに、ペット保険の普及や、コンパニオンアニマルや家畜の人口増加も、動物・獣医用超音波診断市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

COVID-19パンデミックでは、施設の閉鎖により獣医学的な検査・診断能力が低下しました。これにより、動物の病気を検査する能力が制限されました。さらに、獣医学研究機関や研究所の閉鎖やロックダウンにより、動物の病気の検査や研究が中断されました。また、パンデミック時には、農場へのアクセスや獣医による超音波検査へのアクセスが制限・制約されるなど、物流上の問題から、アウトブレイク調査や疾病報告などの動物疾病監視・報告活動が中断されました。これらの要因は、市場にマイナスの影響を与えました。

超音波検査は、多くの手術の診断や、ほとんどの獣医外科手術の前に実施する必要があります。そのため、獣医外科手術の件数の増加と獣医師の数の増加は、市場の成長を後押しすると予想されます。Canadian Veterinary Medical Associationの調査によると、2020年のカナダの獣医師数は12,921人、動物病院数は3,301軒となっています。世界的にコンパニオンアニマルや家畜の人口が増加しており、それに伴い、動物の様々な慢性疾患を診断するための製品需要が高まっています。

米国ペット製品協会の2021-2022年の調査によると、米国では約70%の世帯がペットを飼っています。これは9,050万世帯に相当します。同じ資料によると、2020年の米国のペット支出は1,036億米ドル。したがって、ペットケアのための支出が多いことも、市場の成長を後押しすると予想されます。市場のプレーヤーは、競争力を維持するために、買収、合併、パートナーシップ、製品の発売など、多くの戦略的イニシアティブに投資しています。例えば、2021年1月、Heska Corp.は、ポイントオブケア(POC)診断会社であるLacuna Diagnosticsを買収しました。これにより、Heska社の製品ポートフォリオが強化されることが期待されます。

動物用超音波市場レポートのハイライト

- ペット・家畜人口の増加、ペット保険の普及、POC診断への需要の高まりが市場の成長を後押しすると予想される

- 2020年には、2次元超音波イメージング分野が広範な使用法により市場をリードし、3次元/4次元超音波イメージング分野が予測期間中に最も速いCAGRで成長すると予想される

- ペット人口の増加に伴い、2020年にはコンパニオンアニマル(小動物)分野が市場を独占

- ハンディタイプの超音波スキャナーは、POC診断の需要が高まっているため、最も速いCAGRを記録すると予想される

- 2020年の動物・獣医用超音波市場では、大手企業の存在する北米が最大の収益シェアを占めています。

- 2021年から2028年にかけて、ペット保険の普及を背景に、アジア太平洋地域が最も急速に成長すると予測されている

https://www.marketreport.jp/animal-ultrasound-market-size-share-gv21oc041

 

https://www.marketreport.jp/animal-ultrasound-market-size-share-gv21oc041




※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様