体外毒性試験の世界市場規模調査:製品別(アッセイ(ウェスタンブロット、組織培養)、装置、アッセイ試薬、ソフトウェア)、毒性エンドポイント別(ADME、皮膚刺激性、腐食)、産業別(医薬品、化粧品)、地域別、予測2021-2027年

LINEで送る

体外毒性試験の世界市場は、2020年には約91億米ドルとなり、2021年から2027年の予測期間には10.1%以上の健全な成長率が見込まれています。体外毒性試験とは、毒性のある化学物質が培養されたバクテリアや細胞に及ぼす影響を調べるものです。体外毒性試験の世界市場は、体外試験を必要とする研究開発手順の増加、動物実験の禁止、環境問題への意識の高まりなどにより、レビュー期間中に著しい成長が見込まれています。さらに、遺伝学や遺伝子スクリーニング手法の進歩、3D細胞培養の新たな手法の登場などが、体外毒性試験の市場を牽引する可能性があります。

大手企業は、研究者の特定のニーズを満たすために新製品の導入に注力しています。2019年9月、Covanceは中国・上海に新しいR&Dセンターを開設しました。2018年5月、ユーロフィンズは蘇州に新しい食品試験所を開設しました。しかし、メソッドの開発、バリデーション、運用、トラブルシューティングの活動に必要な高度なスキルを持った人材の不足が、2021-2027年の予測期間における市場の成長を妨げています。また、体外法を用いた創薬や個別化医療への注目が高まっていることも、予測期間中の市場成長を後押しすると考えられます。

世界の体外毒性試験市場の地域分析では、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域といった主要地域について考察しています。北米は、インフラ投資の増加、政府機関による創薬への注力、医療費の増加などにより、市場シェアの点で世界の主要地域となっています。一方、アジア太平洋地域は、2021年から2027年の予測期間中、最も高い成長率を示すと予想されています。医療インフラの充実や、政府による学術機関や民間企業の研究に対するインセンティブの増加などの要因により、アジア太平洋地域の体外毒性試験市場は有利な成長が見込まれます。

このレポートに含まれる主な市場関係者は以下の通りです。
Merck KGaA
チャールズ・リバー
Bio-Rad Laboratories, Inc.
アボット
サーモフィッシャーサイエンティフィック社
キャタレント社(Catalent, Inc.
GEヘルスケア
クエスト・ダイアグノスティックス社
ユーロフィンス・サイエンティフィック
ラボラトリー・コーポレーション・オブ・アメリカ・ホールディングス

この調査の目的は、近年の異なるセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の市場規模を予測することです。本レポートは、調査対象の各地域・国における業界の質的・量的側面を取り込むように設計されています。さらに、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、競合状況や主要企業の製品提供に関する詳細な分析とともに、利害関係者が投資するミクロ市場での利用可能な機会についても記載しています。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントについては、以下のように説明しています。

製品別。
消耗品
アッセイ
機器
ソフトウェア
サービス

方法別
セルラーアッセイ
生化学的アッセイ
インシリコモデル
Ex Vivoモデル

毒性のエンドポイントとテスト別
ADME
皮膚刺激性、腐食性、感作性
遺伝子毒性試験
細胞毒性試験
眼粘膜毒性
臓器毒性
光毒性試験
経皮毒性
その他の毒性エンドポイントと試験

産業別
医薬品・バイオ医薬品
化粧品・日用品
食品
化学品

テクノロジー別
細胞培養技術
High-throughput技術
トキシコゲノミクス

地域別
北アメリカ
アメリカ
カナダ
ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ROE
アジアパシフィック
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
世界のその他の地域

さらに、本調査で考慮した年は以下の通りです。

歴史年 – 2018年、2019年
基準年 – 2020年
予測期間 – 2021年から2027年

体外毒性試験の世界市場調査のターゲットオーディエンス

主要なコンサルティング会社・アドバイザー
大企業、中堅企業、中小企業
ベンチャーキャピタリスト
付加価値再販業者(VAR)
サードパーティのナレッジプロバイダー
投資銀行家
投資家

https://www.globalresearch.jp/global-vitro-toxicity-testing-market-bzw21no114

第1章 エグゼクティブ・サマリー
1.1. マーケットスナップショット
1.2. 世界およびセグメント別市場推定・予測、2019-2027年(10億米ドル)
1.2.1. 体外毒性試験市場、地域別、2019-2027年(10億米ドル)
1.2.2. 体外毒性試験市場、製品別、2019-2027年 (USD Billion)
1.2.3. 体外毒性試験市場、方法別、2019年~2027年 (10億米ドル)
1.2.4. 体外毒性試験市場:毒性エンドポイント・試験別、2019年~2027年(10億米ドル)
1.2.5. 体外毒性試験市場、産業別、2019年~2027年 (10億米ドル)
1.2.6. 体外毒性試験市場、技術別、2019年~2027年 (10億米ドル)
1.3. 主要動向
1.4. 見積もり方法
1.5. 調査の前提条件
第2章 体外毒性試験の世界市場の定義と範囲
2.1. 調査の目的
2.2. 市場の定義と範囲
2.2.1. 調査の範囲
2.2.2. 業界の発展
2.3. 調査の対象年
2.4. 通貨換算レート
第3章 体外毒性試験の世界市場のダイナミクス
3.1. 体外毒性試験の市場インパクト分析(2019年~2027年)
3.1.1. 市場ドライバー
3.1.1.1. 動物実験への反発
3.1.1.2. 毒性を検出するための研究開発費の増加
3.1.2. 市場の課題
3.1.2.1. 熟練した専門家の不足
3.1.3. 市場の機会
3.1.3.1. 創薬への関心の高まり
第4章 体外毒性試験の世界市場の産業分析
4.1. ポーターの5フォースモデル
4.1.1. サプライヤーのバーゲニングパワー
4.1.2. バイヤーの交渉力(Bargaining Power of Buyers
4.1.3. 新規参入者の脅威
4.1.4. 代替品の脅威
4.1.5. 競合他社との競争
4.1.6. ポーターの5フォースモデルの未来的アプローチ(2018-2027年)
4.2. PEST分析
4.2.1. 政治的要因
4.2.2. 経済的側面
4.2.3. 社会的
4.2.4. 技術的
4.3. 投資家の採用モデル
4.4. アナリストの推薦と結論
第5章 体外毒性試験の世界市場:製品別
5.1. 市場スナップショット
5.2. 体外毒性試験の世界市場:製品別パフォーマンス-ポテンシャル分析
5.3. 体外毒性試験の世界市場推定・予測:製品別 2018-2027年(10億米ドル)
5.4. 体外毒性試験市場、サブセグメント分析

5.4.1. 消耗品
5.4.2. アッセイ
5.4.3. 装置
5.4.4. ソフトウェア
5.4.5. サービス
第6章 体外毒性試験の世界市場:方法別
6.1. 市場スナップショット
6.2. 体外毒性試験の方法別世界市場、パフォーマンス-ポテンシャル分析
6.3. 体外毒性試験の世界市場推定・予測(方法別) 2018-2027年(10億米ドル
6.4. 体外毒性試験市場、サブセグメント分析
6.4.1. セルラーアッセイ
6.4.2. 生化学的アッセイ
6.4.3. インシリコモデル
6.4.4. Ex Vivoモデル
第7章 体外毒性試験の世界市場:毒性エンドポイント・試験別
7.1. 市場スナップショット
7.2. 体外毒性試験の世界市場:毒性エンドポイント・検査別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
7.3. 毒性エンドポイント・検査別の体外毒性検査世界市場推定・予測 2018-2027年(10億米ドル)
7.4. 体外毒性試験市場、サブセグメント分析
7.4.1. ADME
7.4.2. 皮膚刺激性、腐食性、感作性
7.4.3. 遺伝毒性試験
7.4.4. 細胞毒性試験
7.4.5. 眼粘膜毒性
7.4.6. 臓器毒性
7.4.7. 光毒性試験
7.4.8. 経皮毒性
7.4.9. その他の毒性エンドポイント及び試験
第8章. 体外毒性試験の世界市場:産業別
8.1. 市場スナップショット
8.2. 体外毒性試験の世界市場:産業別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
8.3. 世界の体外毒性試験市場の産業別推定・予測 2018-2027年(10億米ドル)
8.4. 体外毒性試験市場、サブセグメント分析
8.5. 医薬品・バイオ医薬品
8.6. 化粧品・家庭用品
8.7. 食品
8.8. 化学品
第9章. 体外毒性試験の世界市場:技術別
9.1. 市場スナップショット
9.2. 体外毒性試験の世界市場:技術別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
9.3. 体外毒性試験の世界市場推定・予測:技術別 2018-2027年(10億米ドル)
9.4. 体外毒性試験市場、サブセグメント分析
9.5. 細胞培養技術
9.6. High-throughput技術
9.7. トキシコゲノミクス

第10章 体外毒性試験の世界市場、地域別分析
10.1. 体外診断用医薬品市場、地域別市場スナップショット
10.2. 北米の体外診断用医薬品市場
10.2.1. 米国の体外毒性試験市場
10.2.1.1. 製品の内訳推定・予測、2018-2027年
10.2.1.2. 方法の内訳の推定と予測、2018-2027年
10.2.1.3. 毒性エンドポイントと試験の内訳の推定と予測、2018-2027年
10.2.1.4. 産業の内訳の推定と予測、2018-2027年

10.2.2. カナダの体外毒性試験市場
10.3. 欧州体外毒性試験市場スナップショット
10.3.1. 英国の体外毒性試験市場
10.3.2. ドイツの体外診断用医薬品市場
10.3.3. フランスの体外診断用医薬品市場
10.3.4. スペインの体外毒性試験の市場
10.3.5. イタリアの体外診断用医薬品市場
10.3.6. その他のヨーロッパ諸国の試験管内毒性試験市場
10.4. アジア太平洋地域の体外毒性試験市場スナップショット
10.4.1. 中国の体外毒性試験市場
10.4.2. インドの体外毒性試験市場
10.4.3. 日本の体外毒性試験市場
10.4.4. オーストラリアの体外診断用医薬品市場
10.4.5. 韓国の体外毒性試験市場
10.4.6. その他のアジア太平洋地域の試験管内毒性試験市場
10.5. ラテンアメリカの体外毒性試験市場スナップショット
10.5.1. ブラジルの体外毒性試験市場
10.5.2. メキシコの体外診断用医薬品市場
10.6. 世界のその他の地域における体外毒性試験の市場

第11章. 競合他社の情報
11.1. トップマーケットの戦略
11.2. 企業プロファイル
11.2.1. Merck KGaA
11.2.1.1. 主要情報
11.2.1.2. 概要
11.2.1.3. 財務(データ提供を条件とする)
11.2.1.4. 製品概要
11.2.1.5. 最近の開発状況
11.2.2. チャールズ・リバー
11.2.3. バイオ・ラッド・ラボラトリーズ・インク
11.2.4. アボット
11.2.5. サーモフィッシャーサイエンティフィック社 11.2.5.
11.2.6. キャタレント社 11.2.7.
11.2.7. GEヘルスケア
11.2.8. クエスト・ダイアグノスティックス社
11.2.9. ユーロフィンス・サイエンティフィック
11.2.10. ラボラトリー・コーポレーション・オブ・アメリカ・ホールディングス
第12章. 研究プロセス
12.1. リサーチプロセス
12.1.1. データマイニング
12.1.2. 分析
12.1.3. 市場推定
12.1.4. バリデーション
12.1.5. 出版
12.2. 研究属性
12.3. 研究の前提条件

表のリスト
表1. 体外毒性試験の世界市場、レポート範囲
表2. 世界の体外用毒性試験市場の地域別推定・予測 2018-2027年(10億米ドル)
表3. 世界の体外診断用医薬品市場の推定・予測:製品別2018-2027年(10億米ドル)
表4. 世界の体外診断用医薬品市場の推定・予測:方法別2018-2027年(10億米ドル)
表5. 世界の体外毒性試験市場の推定・予測:毒性エンドポイント・検査別 2018-2027 (USD Billion)
表6:ローバル体外毒性試験市場の推定・予測:産業別2018-2027年(10億米ドル)
表7: ローバルの体外毒性試験市場の推定・予測:技術別2018-2027年 (10億米ドル)
表8. 世界の体外毒性試験市場のセグメント別推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表9. 世界の体外毒性試験市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表10. 体外毒性試験の世界市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表11. 体外毒性試験の世界市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表12. 体外毒性試験の世界市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表13. 体外毒性試験の世界市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表14. 体外毒性試験の世界市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表15. 体外毒性試験の世界市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表16. 体外毒性試験の世界市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表17. 体外毒性試験の世界市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表18. 米国の体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表19. 米国の試験管内毒性検査市場の推定・予測、2018-2027年、セグメント別(10億米ドル)
表20. 米国の試験管内毒性検査市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表21. カナダの体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表22: カナダの体外毒性試験市場の推定・予測: 2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表23. カナダの体外毒性試験市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表24. イギリスの体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表25. 英国の体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表26. イギリスの体外毒性試験市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
テーブル 27. ドイツの体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表28. ドイツの体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表29. ドイツ体外毒性試験市場の推定・予測:2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表30. 大洋州の体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表31. 大洋州の体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表 32. 大洋州の体外毒性試験市場の推定・予測:2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表33. 中国の体外毒性試験市場の推定・予測(2018-2027年) (10億米ドル)
表34. 中国の体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表35. 中国体外毒性試験市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表36. インドの体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表37. インドの体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表38. インド体外毒性試験市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表39. 日本の体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
テーブル 40. 日本の体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表 41. 日本の試験管内毒性検査市場の推定・予測:2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表42. RoAPACの体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表 43. RoAPACの体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表44. RoAPACの体外毒性試験市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表45. ブラジルの体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表46. ブラジルの体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表47. ブラジルの試験管内毒性検査市場の推定・予測:2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表48. メキシコの体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表49. メキシコの体外毒性試験市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表50. メキシコの体外毒性試験市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表51. アラブ首長国連邦の体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表52. アラブ首長国連邦の体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年セグメント別 (10億米ドル)
表53. 中華人民共和国の体外毒性試験市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表54. 列国の体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表55. 体外毒性試験市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表56. 列島 体外毒性試験市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別(10億米ドル)
表57. 世界の体外毒性試験市場の調査に使用された二次資料のリスト
表58. 世界の体外毒性試験市場の調査に使用された一次資料のリスト
TABLE 59. 研究に考慮した年数
表60. 考慮した為替レート

図のリスト
FIG 1. 体外毒性試験の世界市場、調査方法
FIG 2. 体外毒性試験の世界市場、市場推定技術
FIG 3. 世界の市場規模の推定と予測方法
FIG 4. 体外毒性試験の世界市場、2020年の主要動向
FIG 5. 体外毒性試験の世界市場、成長見通し2021-2027年
図6. 体外毒性試験の世界市場、ポーターズ5フォースモデル
FIG 7. 体外毒性試験の世界市場、害虫駆除分析
FIG 8. 体外毒性試験の世界市場、バリューチェーン分析
図9.世界の体外毒性試験市場のセグメント別、2018年および2027年(10億米ドル)
FIG 10. 体外毒性試験の世界市場:2018年・2027年、セグメント別(10億米ドル)
FIG 11. 体外毒性試験の世界市場:2018年&2027年、セグメント別(10億米ドル)
FIG 12. 体外毒性試験の世界市場:2018年&2027年、セグメント別(10億米ドル)
FIG 13. 体外毒性試験の世界市場:2018年・2027年、セグメント別(10億米ドル)
FIG 14. 体外毒性試験の世界市場、地域別スナップショット 2018年・2027年
FIG 15. 北米の体外毒性試験市場 2018年・2027年(10億米ドル)
FIG 16. 欧州体外毒性試験市場 2018年・2027年(10億米ドル)
FIG 17. アジア太平洋地域の体外毒性試験市場 2018年・2027年 (10億米ドル)
FIG 18. ラテンアメリカの体外毒性試験市場2018年・2027年(10億米ドル)
FIG 19. 体外毒性試験の世界市場、企業市場シェア分析(2020年)

https://www.globalresearch.jp/global-vitro-toxicity-testing-market-bzw21no114



  • マイクロ電池の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、マイクロ電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(薄膜、印刷済み、固体チップ電池)分析、容量別分析、再充電性別分析、用途別(スマートカード、スマートパッケージ、医療機器、ウェアラブルデバイス)分析、マイクロ電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報を …
  • 世界の鋼線ロープ&プラスチックロープ市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の鋼線ロープ&プラスチックロープ市場が2018年106.1憶ドルから2027年187憶ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。当資料では、鋼線ロープ&プラスチックロープについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、材料別(高弾性率ポリエチレン(HMPE)、ナイロン、ポリエ …
  • 世界のPTFEファブリック市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のPTFEファブリック市場が2018年7億3,080万ドルから2027年13億4,936万ドルまで年平均7.5%成長すると予測しています。当資料では、PTFEファブリックについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(非多孔質PTFEガラスファブリック、不織布、多孔質PTF …
  • 世界の自動車用HUD市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • カプロラクタムの世界市場:用途別、地域別
    世界のカプロラクタム市場は2018年に約131億米ドル、2019年から2026年の予測期間にわたって3.59%以上の健全な成長率で成長すると予想されています。カプロラクタムは有機化合物であり、基本的に無色の固体であり、カプロン酸のラクタムです。当調査レポートでは、カプロラクタムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、定義と範囲、動向、業界分析 …
  • 危険警告サインの世界市場2021年:メーカー別、地域別、タイプ別、用途別、2026年予測
  • 実験室能力試験の世界市場2019-2026:技術別、産業別、地域別
    当調査レポートでは、実験室能力試験の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリ-、定義・範囲、市場動向、市場分析、技術別(ポリメラーゼ連鎖反応、細胞培養、イムノアッセイ、クロマトグラフィー、分光分析、その他)分析、産業別(臨床診断、食品および動物飼料、微生物学、医薬品、大麻、栄養補助食品および化粧品、その他)分析、地域別分析、競合状況、調査プロセスな …
  • 血圧監視装置の世界市場:デバイス別(血圧計、自動血圧計、外来血圧計、血圧トランスデューサ)、エンドユーザー別(病院・診療所、外来手術センター、在宅ケア施設)、その他-工業分析、規模、シェア、成長、トレンド、予測、2021-2031年
  • アンチセンス&RNAi治療薬の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、アンチセンス&RNAi治療薬の世界市場について調査・分析し、市場動向、技術別(RNA干渉、アンチセンスRNA)分析、用途別(腫瘍学、心血管疾患、呼吸器疾患、腎疾患、神経変性疾患、遺伝性疾患、感染症、その他の疾患)分析、投与経路別(肺への送達、静脈内注射、皮内注射、腹腔内注射、局所送達、その他の投与経路)分析、地域別分析、企業動向などを含め …
  • 食品用酵素の世界市場:種類別(カルボヒドラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼ、その他)、用途別(ベーカリー製品、飲料、乳製品、その他)、由来別(微生物、動物、植物)
    本資料は、食品用酵素の世界市場について調べ、食品用酵素の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、種類別(カルボヒドラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼ、その他)分析、由来別(微生物、動物、植物)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティ …
  • レーザー切断機の世界市場:ファイバ、固体状態、ダイオード、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、レーザー切断機の世界市場について調べ、レーザー切断機の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、レーザー切断機の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ファイバ、固体状態、ダイオード、その他)、エンドユーザ別(自動車、航空宇宙および防衛、電気および電子機器、産業 …
  • 石油・ガス継手の世界市場:産業分析2014-2018・機会分析2019-2029
    当調査レポートでは、石油・ガス継手の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場ビューポイント、タイプ別(ポータブル発電機、固定発電機)分析、電力出力別(1.0 KW未満、1.0から3.0 KW、3.0から5.0 KW、5.0 KW以上)分析、用途別(スタンバイバックアップ電源、連続電力)分析、最終用途別(商業用、 居住用、産業用、産 …
  • 超音波式流量計の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、超音波式流量計の世界市場規模が2017年11.7億ドルから2026年25.7億ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、超音波式流量計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、超音波式流量計市場規模、測定技術別(ハイブリッド、通過時間 - マルチパス、ドップラー、通過時間 - シングル/ …
  • 手術用イメージングの世界市場:モダリティ種類別(モバイルCアーム、ミニCアーム、その他)、技術種類別(イメージインテンシファイアCアーム、フラットパネル検出器Cアーム(FPD Cアーム))、用途別(神経外科、整形外科および外傷外科、心臓血管外科、一般外科、その他の手術)
    本資料は、手術用イメージングの世界市場について調べ、手術用イメージングの世界規模、市場動向、市場環境、モダリティ種類別(モバイルCアーム、ミニCアーム、その他)分析、用途別(神経外科、整形外科および外傷外科、心臓血管外科、一般外科、その他の手術)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた …
  • 世界のホワイトスピリッツ市場予測2024年:種類別、引火点別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ホワイトスピリッツの世界市場規模が2019年67億ドルから2024年81億ドルまで年平均4.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のホワイトスピリッツ市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(タイプ0、タイプ1、タイプ2、タイプ3)分析、引火点別(低引火点、中引火点、高引火点)分析、用途別(塗料&コーテ …
  • マスク検査装置の世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、マスク検査装置の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術別(光学、電子ビーム)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフ …
  • 世界のスマートフォン市場予測・分析2020-2024
    「スマートフォンの世界市場2020-2024」は、スマートフォンについて市場概要、市場規模、技術別(Android、iOS、その他)分析、価格別(150ドル〜800ドル、150ドル未満、800ドル以上)分析、スクリーンサイズ別(5〜6インチの間、6インチ以上、5インチ未満)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合 …
  • ウェットティッシュ及びワイプの世界市場予測・分析:用途別、流通チャンネル別、技術別
    Technavio社の本調査レポートでは、ウェットティッシュ及びワイプの世界市場について調べ、ウェットティッシュ及びワイプの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウェットティッシュ及びワイプの市場規模をセグメンテーション別(用途別(パーソナルケア、家庭、産業、商業、制度)、流通チャンネル別(オフライ …
  • 構内用ケーブルの世界市場:タイプ別、用途別
    当調査レポートでは、構内用ケーブルの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・構内用ケーブルの世界市場:タイプ別(銅ケーブルおよび光ファイバーケーブル) ・構内用 …
  • ベビーフードの米国市場:機会分析及び産業予測2019–2026
  • アルミニウムの世界市場2019-2026:機会分析・産業
    本調査レポートでは、アルミニウムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、エンドユーザー別(輸送、建築&建設、電気工学、消費財、箔&包装、機械&装置、その他)分析、加工方法別(圧延、鋳物、押出成形、鍛造、顔料&粉末、ロッド&バー)分析、シリーズ別(シリーズ1、シリーズ2、シリーズ3、シリーズ4、シリーズ5、シリーズ6、シリ …
  • 凍結乾燥装置及びサービスの世界市場予測・分析:サービス別、製品別、エンドユーザー別
    Technavio社の本調査レポートでは、凍結乾燥装置及びサービスの世界市場について調べ、凍結乾燥装置及びサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、凍結乾燥装置及びサービスの市場規模をセグメンテーション別(サービス別、製品別(トレイ式凍結乾燥機、マニホールド凍結乾燥機、回転凍結乾燥機)、エンド …
  • グラフ分析の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、グラフ分析の世界市場規模が2019年584百万ドルから2024年2522百万ドルまで年平均34.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、グラフ分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別分析、組織規模別分析、用途別(ルート最適化&不正検出)分 …
  • 地盤計測・モニタリングの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、地盤計測・モニタリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(ハードウェア・ソフトウェア、およびサービス)分析、技術別(有線、無線)分析、構造別(トンネル・橋梁、建物・ユーティリティ、ダム)分析、用途別分析、地盤計測・モニタリングの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企 …
  • 世界の拡張現実市場予測2024年:提供別、デバイス種類別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、拡張現実の世界市場規模が2019年107億ドルから2024年727億ドルまで年平均46.6%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の拡張現実市場を広く調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェアコンポーネント、ソフトウェア)分析、装置種類別(ヘッドマウントディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ)分析、種類別 …
  • 世界の真空エバポレーター市場予測2024年:技術種類別、用途別、最終用途産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、真空エバポレーターの世界市場規模が2019年22億ドルから2024年31億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の真空エバポレーター市場を広く調査・分析し、市場概要、技術種類別(ヒートポンプ真空蒸発器、機械式蒸気再圧縮真空蒸発器、熱真空蒸発器)分析、用途別(排水処理、製品加工、その他) …
  • 世界の非通気性フィルム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCによると、世界の非通気性フィルム市場は予測期間中に年平均8.9%で成長しています。当資料では、非通気性フィルムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、生産方法別(ブローウン、キャスト)分析、材料別(無機酸化物、二軸延伸ポリエチレンテレフタレート(BOPET)、ポリアミド、ポリエチ …
  • 世界のデカルトロボット市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のデカルトロボット市場が2017年75.4065憶ドルから2026年212.4929憶まで年平均12.2%成長すると予測しています。当資料ではデカルトロボットについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(2X-2Y-Zシリーズ、2X-Y-Zシリーズ、XY-Xシリーズ)分析 …
  • 世界のヘルスケアBPO市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のヘルスケアBPO市場が2018年2112.3憶ドルから2027年5764.1憶ドルまで年平均11.8%成長すると予測しています。当資料ではヘルスケアBPOについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、ペイヤーサービス別(クレーム管理サービス、統合されたフロントエンドサービスとバ …
  • ベータラクタム及びベータラクタマーゼ阻害剤の世界市場2019–2028
    当調査レポートでは、ベータラクタム及びベータラクタマーゼ阻害剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、薬物クラス別(ペニシリン、セファロスポリン、カルバペネム、モノバクタム、組み合わせ)分析、疾患別(尿路感染症、呼吸器感染症、皮膚感染症、合併症のある尿路感染症(cUTI)、合併症のある腹腔内感染症(cIAI)、院内肺炎、血流感染症、その他の疾患)分析、投与 …
  • 産業用冷凍の世界市場2019-2026:機会分析・産業予測
    本調査レポートでは、産業用冷凍の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、提供品別(産業用冷却装置&構成要素)分析、構成要素別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、その他)分析、冷媒種類別(アンモニア、二酸化炭素、ハイドロフルオロカーボン(HFC)、その他)分析、用途別(フレッシュフルーツ&野菜、肉、 …
  • 超高性能コンクリートの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、超高性能コンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、用途別(住宅、商業、インフラ、その他(ヘルスケア、制度、軍事、ホスピタリティ、および爆発防止工事))分析、超高性能コンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。 …
  • 世界の循環器情報システム(CIS)市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の循環器情報システム(CIS)市場が2018年3,207万ドルから2027年7,876万ドルまで年平均10.5%成長すると予測しています。当資料では、循環器情報システム(CIS)について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス) …
  • ST2バイオマーカーの世界市場2021年:企業別、地域別、タイプ別、用途別、2026年予測
  • 世界のスマートドアベルカメラ市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートはスマートドアベルカメラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(独立型、統合型)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 …
  • 英国のデジタルトランスフォーメーション市場規模、シェア、トレンド分析レポート:ソリューション別(アナリティクス、クラウドコンピューティング、モビリティ、ソーシャルメディア)、展開別、企業規模別、エンドユース別、セグメント予測、2021年~2028年
  • 顕微鏡下手術器具の世界市場予測:手術用顕微鏡、マイクロ縫合糸(非吸収性および吸収性)、鉗子、針ホルダー
    当調査レポートでは、顕微鏡下手術器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(手術用顕微鏡、マイクロ縫合糸(非吸収性および吸収性)、鉗子、針ホルダー)分析、顕微手術別(プラスチック、眼科、耳鼻咽喉科、整形外科、GYN)分析、エンドユーザー別(病院、ASC、学界)分析、顕微鏡下手術器具の …
  • ウェアラブルインジェクターの世界市場予測・分析:オンボディ型インジェクター、オフボディ型インジェクター
    Technavio社の本調査レポートでは、ウェアラブルインジェクターの世界市場について調べ、ウェアラブルインジェクターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウェアラブルインジェクターの市場規模をセグメンテーション別(製品別(オンボディ型インジェクター、オフボディ型インジェクター)、)と地域別(グロ …
  • 世界のアイスクリーム加工装置市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 買掛金自動化の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、買掛金自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション及びサービス)分析、組織規模別分析、展開タイプ別分析、業種別(消費財及び小売、BFSI、IT及びテレコム、および製造)分析、買掛金自動化の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業 …
  • 過活動膀胱治療法の世界市場:抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬
    Technavio社の本調査レポートでは、過活動膀胱治療法の世界市場について調べ、過活動膀胱治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、過活動膀胱治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(抗コリン薬、ベータ3アドレナリン作動薬、その他のOAB治療薬)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨ …
  • 非在来型ガスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、非在来型ガスの世界市場規模が2017年から2026年まで年平均10.61%成長すると予測しています。当調査レポートでは、非在来型ガスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、非在来型ガス市場規模、種類別(タイトガス、シェールガス、炭層メタン(CBM)、その他の種類)分析、用途別(家庭用、交通手段、産業用、燃料産業 …
  • 皮膚裂傷治療の世界市場2019-2029
    本調査は皮膚裂傷治療の現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、ボリューム分析、価格分析、市場背景、製品種類別(保湿ドレッシング、バリアフィルム、ヒアルロン酸創傷デバイス、コンタクトレイヤードレッシング、2-オクチルシアノアクロレート局所包帯)分析、皮膚裂傷のタイプ別(タイプ1皮膚裂傷、タイプ2皮膚裂傷、タイプ3皮膚裂 …
  • 機能性炭水化物の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、機能性炭水化物の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(イソマルト、パラチノース、シクロデキストリン、カードランなど)分析、用途別(食品、飲料、化粧品、パーソナルケア、医薬品/栄養補助食品、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 …
  • エアフライヤーの世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートではエアフライヤーについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、エンドユーザー別(住宅、商業)分析、販売経路別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、専門店、オンライン販売チャネル)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・エアフライヤーの世界市場 …
  • モバイルフォトプリンターの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、モバイルフォトプリンターの世界市場について調べ、モバイルフォトプリンターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、モバイルフォトプリンターの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロ …
  • 世界のファイバレーザ市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートはファイバレーザの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(材料加工、アドバンストアプリケーション、ヘルスケア、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼ …
  • 瀝青コーティング剤の世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界のデータセンターラックサーバー市場予測2024年:フォームファクター別、サービス別、層タイプ別、データセンター種類別、産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、データセンターラックサーバーの世界市場規模が2019年521億ドルから2024年1025億ドルまで年平均14.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のデータセンターラックサーバー市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、フォームファクタ別(1U、2U、4U、その他)分析、サービス別(設計&コンサル …
  • ソーラーカプセル化の世界市場2019-2026:材料別、技術別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、ソーラーカプセル化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリ-、定義・範囲、市場動向、市場分析、材料別(EVA、PVB、PDMS、Iオノマー、TPU、ポリオレフィン)分析、技術別(単結晶、薄膜ソーラー技術)分析、用途別(建設、エレクトロニクス、自動車)分析、地域別分析、競合状況、調査プロセスなどを含め以下の構成でお届けします。 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様