世界のIoTノード・ゲートウェイ市場規模調査:ハードウェア別(プロセッサ、コネクティビティIC、センサー、メモリデバイス、ロジックデバイス)、エンドユーザー別(産業用、消費者用)、地域別、予測 2021年~2027年

LINEで送る

世界のIoTノード・ゲートウェイ市場は、2027年に5,664億米ドルに達する見込み。

世界のIoTノード・ゲートウェイ市場は、2020年には約3,871億米ドルとなり、2021年から2027年の予測期間には6.7%以上の健全な成長率が見込まれています。先進地域では、インターネットの普及率が非常に高くなっています。また、5Gの導入が進んでいることも、市場の重要な牽引役となるでしょう。IoTノードおよびゲートウェイ市場は、防衛、航空宇宙、小売などへの応用により、著しい成長を遂げるでしょう。また、IPアドレス空間の拡大、IPv6によるセキュリティの強化、グローバルなインターネット接続性の向上なども、IoTノードおよびゲートウェイの世界市場の成長を促進する要因となっています。例えば、2020年10月、NXP Semiconductors N.V.は、NXPのeIQ Machine Learning(ML)の拡張のためにAu-Zone Technologies(カナダ)と協業しました。

Huawei TechnologiesとChina Mobileは、2021年2月、中国・上海で世界初の4.9GHz商用LampSiteネットワークを展開しました。しかし、データのプライバシーやセキュリティに関する懸念が、この市場の大きな阻害要因となっています。プロトコルの変換により、IoTゲートウェイがデータのプライバシーを維持することが難しく、これが2021-2027年の予測期間における市場の成長を阻害しています。また、発展途上国のITインフラに対する政府の取り組みは、予測期間中の市場成長を高める可能性があります。

世界のIoTノード・ゲートウェイ市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域といった主要地域を対象にしています。北米は、消費者の間でスマート家電の需要が高まっていることや、ハイテク企業のイニシアティブが高まっていることから、市場シェアの点で世界の主要地域となっています。一方、アジア太平洋地域は、2021年から2027年までの予測期間中、最も高い成長率を示すと予想されています。アジア太平洋地域のIoTノードおよびゲートウェイ市場は、商業施設や住宅へのインターネットの普及、幅広い消費者層、可処分所得の増加、ITインフラの整備などの要因により、有利な成長が見込まれています。

このレポートに含まれる主な市場参加者は以下の通りです。
インテル株式会社
ファーウェイ・テクノロジーズ社..,
NXPセミコンダクターN.V,
テキサス・インスツルメンツ・インコーポレーテッド
シスコシステムズ
ヒューレット・パッカード・エンタープライズ
TE Connectivity Ltd.,
デルテクノロジー
マイクロチップテクノロジー社
ヘリウム・システムズ社

この調査の目的は、近年の異なるセグメント&国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。本レポートは、調査対象となる各地域・国における業界の質的・量的側面を取り込むように設計されています。さらに、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、競合状況や主要企業の製品提供に関する詳細な分析とともに、利害関係者が投資するミクロ市場での利用可能な機会についても記載しています。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントについては、以下のように説明しています。

ハードウェア別。
プロセッサ
コネクティビティIC。
センサ。
メモリーデバイス
ロジックデバイス

エンドユーズアプリケーション別
産業用
民生用

地域別
北アメリカ
U.S.
カナダ
ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ROE
アジアパシフィック
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
世界のその他の地域

さらに、本調査で考慮した年は以下の通りです。

歴史年 – 2018年、2019年
基準年 – 2020年
予測期間 – 2021年から2027年

世界のIoTノードおよびゲートウェイ市場の市場調査におけるターゲットオーディエンス。

主要なコンサルティング会社およびアドバイザー
大企業、中堅企業、中小企業
ベンチャー企業
付加価値再販業者(VAR)
サードパーティのナレッジプロバイダー
投資銀行家
投資家

https://www.globalresearch.jp/global-iot-node-gateway-market-bzw21no123

 

第1章 エグゼクティブ・サマリー
1.1. マーケットスナップショット
1.2. 世界およびセグメント別市場推定・予測、2019-2027年(10億米ドル)
1.2.1. IoTノードおよびゲートウェイ市場、地域別、2019年~2027年(10億米ドル)
1.2.2. IoTノードおよびゲートウェイ市場、ハードウェア別、2019年~2027年(10億米ドル)
1.2.3. IoTノード・ゲートウェイ市場、エンドユースアプリケーション別、2019年~2027年(10億米ドル)
1.3. 主要動向
1.4. 見積もり方法
1.5. 調査の前提条件
第2章 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場の定義と範囲
2.1. 調査の目的
2.2. 市場の定義と範囲
2.2.1. 調査の範囲
2.2.2. 業界の発展
2.3. 調査の対象年
2.4. 通貨換算レート
第3章 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場のダイナミクス
3.1. IoTノードとゲートウェイの市場インパクト分析(2019-2027年)
3.1.1. 市場ドライバー
3.1.1.1. 5G技術の登場
3.1.1.2. ワイヤレス・スマート・センサーの利用拡大
3.1.1.3. コネクテッドデバイス市場の拡大
3.1.2. 市場の課題
3.1.2.1. ユーザーデータのセキュリティとプライバシーへの懸念
3.1.3. 市場の機会
3.1.3.1. IoT技術の研究・開発に対する政府の支援
第4章 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場の産業分析
4.1. ポーターの5フォースモデル
4.1.1. サプライヤーのバーゲニング・パワー
4.1.2. バイヤーの交渉力(Bargaining Power of Buyers
4.1.3. 新規参入者の脅威
4.1.4. 代替品の脅威
4.1.5. 競合他社との競争
4.1.6. ポーターの5フォースモデルの未来的アプローチ(2018-2027年)
4.2. PEST分析
4.2.1. 政治的要因
4.2.2. 経済的側面
4.2.3. 社会的
4.2.4. 技術的
4.3. 投資家の採用モデル
4.4. アナリストの推薦と結論
第5章 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場(ハードウェア別
5.1. 市場スナップショット
5.2. IoTノードおよびゲートウェイの世界市場:ハードウェア別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
5.3. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場のハードウェア別推定・予測 2018-2027年(10億米ドル)
5.4. IoTノード・ゲートウェイ市場、サブセグメント分析
5.4.1. プロセッサー
5.4.2. コネクティビティIC
5.4.3. センサー
5.4.4. メモリデバイス
5.4.5. ロジックデバイス
第6章 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場:エンドユースアプリケーション別
6.1. 市場スナップショット
6.2. IoTノードおよびゲートウェイの世界市場:エンドユースアプリケーション別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
6.3. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場推定・予測:エンドユースアプリケーション別 2018-2027年(10億米ドル)
6.4. IoTノード・ゲートウェイ市場、サブセグメント分析
6.4.1. 産業用
6.4.2. コンシューマー
第7章 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場、地域別分析
7.1. IoTノード・ゲートウェイ市場、地域別市場スナップショット
7.2. 北米のIoTノード・ゲートウェイ市場
7.2.1. 米国のIoTノード・ゲートウェイ市場
7.2.1.1. ハードウェアの内訳推定・予測、2018-2027年
7.2.1.2. エンドユースアプリケーションの内訳推定・予測、2018-2027年
7.2.2. カナダIoTノード・ゲートウェイ市場
7.3. 欧州IoTノード・ゲートウェイ市場スナップショット
7.3.1. イギリスのIoTノード/ゲートウェイ市場
7.3.2. ドイツのIoTノード・ゲートウェイ市場
7.3.3. フランスのIoTノード・ゲートウェイ市場
7.3.4. スペインのIoTノード・ゲートウェイ市場
7.3.5. イタリアのIoTノード・ゲートウェイ市場
7.3.6. その他のヨーロッパ諸国のIoTノード/ゲートウェイ市場
7.4. アジア太平洋地域のIoTノード・ゲートウェイ市場スナップショット
7.4.1. 中国のIoTノード・ゲートウェイ市場
7.4.2. インドのIoTノード・ゲートウェイ市場
7.4.3. 日本のIoTノード・ゲートウェイ市場
7.4.4. オーストラリアのIoTノード・ゲートウェイ市場
7.4.5. 韓国のIoTノード・ゲートウェイ市場
7.4.6. その他のアジア太平洋地域のIoTノード・ゲートウェイ市場
7.5. ラテンアメリカのIoTノード・ゲートウェイ市場スナップショット
7.5.1. ブラジルのIoTノード・ゲートウェイ市場
7.5.2. メキシコのIoTノード・ゲートウェイ市場
7.6. 世界の残りの地域のIoTノードとゲートウェイの市場

第8章 競合他社の情報
8.1. トップの市場戦略
8.2. 会社概要
8.2.1. インテル コーポレーション

8.2.1.1. 主要情報
8.2.1.2. 概要
8.2.1.3. 財務(データ提供を前提とする)
8.2.1.4. 製品概要
8.2.1.5. 最近の開発状況
8.2.2. インテル・コーポレーション
8.2.3. ファーウェイ・テクノロジーズ社..,
8.2.4. NXPセミコンダクターN.V,
8.2.5. テキサス・インスツルメンツ社
8.2.6. シスコシステムズ
8.2.7. ヒューレット・パッカード・エンタープライズ
8.2.8. TEコネクティビティ社..,
8.2.9. デルテクノロジーズ
8.2.10. マイクロチップテクノロジー社
第9章. リサーチプロセス
9.1. リサーチプロセス
9.1.1. データマイニング
9.1.2. 分析
9.1.3. 市場推定
9.1.4. バリデーション
9.1.5. 出版
9.2. 研究属性
9.3. 研究の前提条件

表1. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場、レポート範囲
表2. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場の地域別推計・予測 2018-2027年(10億米ドル)
表3. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場のハードウェア別推定・予測:2018-2027年(10億米ドル)
表4. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:エンドユースアプリケーション別 2018-2027年 (10億米ドル)
表5. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場のセグメント別推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表6. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表7. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表8. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表9. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表10. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表11. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表12. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表13. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表14. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表15. 米国のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表16. 米国のIoTノード・ゲートウェイ市場のセグメント別推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表17. 米国のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表18. カナダのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
テーブル 19. カナダのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表20. カナダのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表21. イギリスのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表22: 英国のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年セグメント別 (10億米ドル)
表23. イギリスのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表24. ドイツ IoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表25. ドイツのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表26. ドイツのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表 27. RoE IoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
テーブル 28. アラブ首長国連邦のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年、セグメント別(10億米ドル)
表29. RoE IoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表30. 中国のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表31. 中国のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年セグメント別 (10億米ドル)
表32. 中国IoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表33. インド IoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表34. インドのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年、セグメント別(10億米ドル)
表35. インドIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表36. 日本のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表37. 日本のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定&予測、2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表38. 日本IoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表39. RoAPAC IoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
テーブル 40. RoAPAC IoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表 41. RoAPAC IoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表42. ブラジルのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年(10億米ドル)
表43. ブラジルのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年セグメント別 (10億米ドル)
表44. ブラジルのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表45. メキシコのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表46. メキシコのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年セグメント別 (10億米ドル)
表47. メキシコのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表48. アラブ首長国連邦のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
テーブル 49. RoLAのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表49. RoLAのIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表51. 列島のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表52. 列島のIoTノード・ゲートウェイ市場の推定・予測、2018-2027年セグメント別 (10億米ドル)
表 53. 列島のIoTノードおよびゲートウェイ市場の推定と予測:2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表54. IoTノードとゲートウェイの世界市場の調査に使用した二次資料のリスト
表55. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場の調査に使用された一次資料のリスト
表56. 研究に考慮した年数
表57. 考慮した為替レート

FIG 1. IoTノードおよびゲートウェイの世界市場、調査方法
FIG 2. IoTノードおよびゲートウェイの世界市場、市場推定技術
FIG 3. 世界の市場規模の推定と予測方法
FIG 4. IoTノードとゲートウェイの世界市場、主要トレンド2020年
FIG 5. IoTノードおよびゲートウェイの世界市場、成長見通し2021-2027年
図6. 世界のIoTノードおよびゲートウェイ市場、ポーターズ5フォースモデル
FIG 7. IoTノードおよびゲートウェイの世界市場、害虫駆除分析
FIG 8. IoTノードとゲートウェイの世界市場、バリューチェーン分析
図9.世界のIoTノード・ゲートウェイ市場のセグメント別、2018年および2027年(10億米ドル)
FIG 10. 世界のIoTノードおよびゲートウェイ市場のセグメント別、2018年および2027年(10億米ドル)
FIG 11. 世界のIoTノードおよびゲートウェイ市場のセグメント別、2018年および2027年(10億米ドル)
FIG 12. 世界のIoTノードおよびゲートウェイ市場のセグメント別、2018年および2027年(10億米ドル)
FIG 13. 世界のIoTノードおよびゲートウェイ市場のセグメント別、2018年および2027年(10億米ドル)
FIG 14. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場、地域別スナップショット 2018年・2027年
FIG 15. 北米IoTノード・ゲートウェイ市場2018年・2027年(10億米ドル)
FIG 16. 欧州IoTノード・ゲートウェイ市場2018年・2027年(10億米ドル)
FIG 17. アジア太平洋地域のIoTノード・ゲートウェイ市場2018年・2027年(10億米ドル)
FIG 18. ラテンアメリカIoTノード・ゲートウェイ市場2018年・2027年(10億米ドル)
FIG 19. 世界のIoTノード・ゲートウェイ市場、企業市場シェア分析(2020年)

https://www.globalresearch.jp/global-iot-node-gateway-market-bzw21no123



  • 世界の微生物燃料電池(MFC)市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の微生物燃料電池(MFC)市場が2017年860万ドルから2026年2,238万ドルまで年平均 11.2%成長すると予測しています。当資料では微生物燃料電池(MFC)について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(調停済み、光合成バイオフィルム、土壌ベース、その他)分析、デ …
  • IT資産管理ソフトウェアの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、IT資産管理ソフトウェアの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、展開別(オンプロミス、クラウドベース)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・ …
  • 獣医整形外科の世界市場:製品別(機器、インプラント)、用途別(膝関節全置換、外傷固定)、エンドユーズ別
    Grand View Research社は、獣医整形外科の世界市場規模が年平均8.4%成長して2026年まで752.96百万ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、獣医整形外科の世界市場について調査・分析し、獣医整形外科の世界市場動向、獣医整形外科の世界市場規模、市場予測、製品別(機器、インプラント)分析、エンドユーズ別分析、主要地域別市場規模、競 …
  • プロバイオティクス成分の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、プロバイオティクス成分の世界市場について調査・分析し、市場動向、成分別(細菌、酵母、胞子形成剤)分析、用途別(プロバイオティクス食品および飲料、プロバイオティクス栄養補助食品、動物飼料プロバイオティクス)分析、エンドユーズ別(ヒトプロバイオティクス、動物プロバイオティクス)分析、フォーム別(乾燥フォーム、液体フォーム)分析、地域別分析、競 …
  • 防音カーテンの世界市場2019-2026:タイプ別、素材別、最終用途別、地域別
    当調査レポートでは、防音カーテンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリ-、定義・範囲、市場動向、市場分析、タイプ別(遮音、防音、遮音)分析、素材別(ガラスウール、ロックウール、発泡プラスチック、天然繊維)分析、最終用途(商業、住宅、工業)分析、地域別分析、競合状況、調査プロセスなどを含め以下の構成でお届けします。 ・エグゼクティブサマリ- ・防 …
  • 自動車用ターボチャージャーの世界市場予測:VGT、ウェイストゲート、電気
    MarketsandMarkets社は、自動車用ターボチャージャーの世界市場規模が2019年125億ドルから2027年264億ドルまで年平均9.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用ターボチャージャーの世界市場について調査・分析し、市場概要、車種別(乗用車、小型商用車、トラック、バス)分析、燃料別(ディーゼル、ガソリン、代替燃料/ CNG …
  • 車体制御モジュールの世界市場予測:ハイエンド、ローエンド
    当調査レポートでは、車体制御モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、機能別(ハイエンドおよびローエンド)分析、コンポーネント別(ハードウェア&ソフトウェア)分析、MCUビットサイズ別(8ビット、16ビット、32ビット)分析、通信プロトコル別分析、車体制御モジュールの世界市場規模及び予測、市場動向、 …
  • 昆虫タンパク質の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、昆虫タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、昆虫種類別(コオロギ、黒兵のハエ、コナカイガラムシ、アリ、およびバッタ)分析、用途別(食品および飲料、動物栄養(アクアフィード、ペットフード、および家禽用飼料)、医薬品および化粧品)分析、昆虫タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向 …
  • 世界の電気自動車通信コントローラー市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の電気自動車通信コントローラー市場が2018年4,113万ドルから2027年4億9,369万ドルまで年平均31.8%成長すると予測しています。当資料では、電気自動車通信コントローラーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、充電タイプ別(有線充電(プラグイン)、ワイヤレス充電 …
  • ベトナムの半導体市場2020-2024
  • テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:性質別、用途別
    当調査レポートでは、テクスチャード大豆タンパク質の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、性質別分析、用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:性質別(有機、従来、非GMO) ・テクスチ …
  • 世界のストリーミング分析市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のストリーミング分析市場が2018年81.4憶ドルから2027年675.4憶ドルまで年平均26.5%成長すると予測しています。当資料では、ストリーミング分析について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、種類別(サービス、ソフトウェア)分析、展開 …
  • 世界の低電圧DCサーキットブレーカー市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の低電圧DCサーキットブレーカーが2018年11.4億ドルから2027年20.3憶ドルまで年平均6.6%成長すると予測しています。当資料では、低電圧DCサーキットブレーカーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(成形ケースサーキットブレーカー、空気遮断器、半高速ブレ …
  • 木製・ラミネートフローリングの世界市場2019 – 2025:製品別、用途別、地域別、セグメント予測
    本レポートでは、木製・ラミネートフローリングの世界市場について、調査手法・範囲、エグゼクティブサマリ-、市場変数・傾向、製品別(木製フローリング、ラミネートフローリング)分析、地域別分析、競合状況、企業概要などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・調査手法・範囲 ・エグゼクティブサマリ- ・木製・ラミネートフローリング市場:市場変数・傾向 ・木製・ラミネ …
  • 世界の屋外3Dレーザースキャナー市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の屋外3Dレーザースキャナー市場は予測期間中に年平均9.4%で成長しています。当資料では屋外3Dレーザースキャナーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(三脚マウント、ハンドヘルド、デスクトップおよび固定、自動化CMMベース)分析、用途別(医療およびヘルスケ …
  • グラフデータベースの世界市場予測:RDF、プロパティグラフ
    当調査レポートでは、グラフデータベースの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(RDFおよびプロパティグラフ)分析、用途別(推奨エンジン、不正検出、リスクおよびコンプライアンス管理)分析、コンポーネント別(ツール及びサービス)分析、展開モード別分析、グラフデータベースの世界市場規模及び予測、市場動向、 …
  • 乳房組織エキスパンダーの世界市場予測・分析:生理食塩水型乳房組織エキスパンダー、空気型乳房組織エキスパンダー
    Technavio社の本調査レポートでは、乳房組織エキスパンダーの世界市場について調べ、乳房組織エキスパンダーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、乳房組織エキスパンダーの市場規模をセグメンテーション別(製品別(生理食塩水型乳房組織エキスパンダー、空気型乳房組織エキスパンダー)、)と地域別(グロー …
  • 世界のおむつかぶれクリーム市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場規模が2017年23.0億ドルから2026年33.6億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤市場規模、家畜別(水生動物、ウマ、ペッ …
  • 空気圧式止血帯の世界市場規模、シェア、トレンド分析レポート:タイプ別(シングルブラダー、ダブルブラダー)、用途別(整形外科、IVRA)、地域別、セグメント別予測、2021年~2028年
  • エアフライヤーの世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートではエアフライヤーについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、エンドユーザー別(住宅、商業)分析、販売経路別(ハイパーマーケット、スーパーマーケット、専門店、オンライン販売チャネル)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・エアフライヤーの世界市場 …
  • 鏡・防食用ミラーコーティング市場:樹脂タイプ別(ポリウレタン、エポキシ、アクリル、その他)技術別(溶剤型、水性型)、基材別(銀、アルミニウム、その他)、VOCタイプ別(低VOC、無VOC)、コーティングタイプ別(塗装型、鉛・銅含有、鉛・銅非含有)、用途別(建築、自動車・輸送、太陽光発電、装飾、その他)-産業分析、サイズ、シェア、成長、トレンド、および予測、2016-2025年
  • 結腸ステントのアメリカ市場2018-2026
  • 飼料プレミックスの世界市場:成分別、家畜別、フォーム別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは飼料プレミックスについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、成分別(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、抗生物質、その他)分析、家畜別(家禽、反芻動物、豚、その他)分析、フォーム別(乾燥、液体)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリー ・定義および範囲 …
  • 自動車用LED照明の世界市場予測・分析:用途別、車種別
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用LED照明の世界市場について調べ、自動車用LED照明の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用LED照明の市場規模をセグメンテーション別(用途別(室外照明、室内照明)、車種別(乗用車、商用車)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Te …
  • 世界の固定燃料電池市場見通し2017-2026
    tratistics MRCによると、世界の固定燃料電池市場は予測期間中に年平均20.0%成長すると予測しています。当資料では固定燃料電池について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(0-1 KW、1-4 KW、> 4 KW)分析、技術別(溶融炭酸塩燃料電池(MCFC)、リン酸燃料電池(PAFC)、高分子電 …
  • 世界のポータブルホイールジャック市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 配電自動化ソリューションの世界市場:フィールド機器、通信システム、ソフトウェア及びサービス
    Technavio社の本調査レポートでは、配電自動化ソリューションの世界市場について調べ、配電自動化ソリューションの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、配電自動化ソリューションの市場規模をセグメンテーション別(ソリューション別(フィールド機器、通信システム、ソフトウェア及びサービス)、展開別(シス …
  • プリンターの世界市場予測・分析:多機能プリンター、単機能プリンター
    Technavio社の本調査レポートでは、プリンターの世界市場について調べ、プリンターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、プリンターの市場規模をセグメンテーション別(種類別(多機能プリンター、単機能プリンター)、技術別(レーザー、インクジェット、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しま …
  • プレミアム化粧品の世界市場2019-2026:製品別、流通経路別
    本調査レポートでは、プレミアム化粧品の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、製品別(スキンケア、ヘアケア、メイクアップ、フレグランス、その他)分析、流通経路別(オンライン&オフライン)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 ・市場動向 ・産業分析 ・プレミ …
  • プロアントシアニジンの世界市場2019-2026
    本資料は、プロアントシアニジンの世界市場について調べ、プロアントシアニジンの世界規模、市場動向、市場環境、由来別(クランベリー、ブドウ種、松樹皮など)分析、未加工用途別(医薬品及び栄養補助食品、機能性食品及び飲料、パーソナルケア及び化粧品)分析、タイプ別(タイプA及びタイプB)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場 …
  • 世界のパッチ管理市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のパッチ管理市場が2018年5.2262憶ドルから2027年15.3287憶ドルまで年平均12.7%成長すると予測しています。当資料では、パッチ管理について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、サービス別(トレーニングと教育、サポートと統合、コンサルティング)分析、コンポーネント …
  • 世界の溶媒蒸発市場予測2024年:蒸発器種類別、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、溶媒蒸発の世界市場規模が2019年487百万ドルから2024年694百万ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。本書は、世界の溶媒蒸発市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ロータリー蒸発器、窒素ブローダウン蒸発器、遠心蒸発器)分析、エンドユーザー別(医薬&バイオ医薬品、診断研究所、研究所&学術研究所)分析 …
  • 繊維薬品の世界市場:製品別(着色剤および助剤、仕上げ剤、コーティングおよびサイジング、界面活性剤)、用途別(アパレル、ホームファニシング)
    Grand View Research社は、繊維薬品の世界市場規模が年平均4.5%成長して2025年まで322.3億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、繊維薬品の世界市場について調査・分析し、繊維薬品の世界市場動向、繊維薬品の世界市場規模、市場予測、製品別(着色剤および助剤、仕上げ剤、コーティングおよびサイジング、界面活性剤)分析、主要地域別市 …
  • ハイブリッドバルブの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ハイブリッドバルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、材料別(スチール、タングステンカーバイド、合金、チタン、二相ニッケル)分析、バルブサイズ別分析、エンドユーズ産業別(石油及びガス、水及び廃水、エネルギー及び電力、化学薬品など)分析、ハイブリッドバルブの世界市場規模 …
  • 世界の教育用ロボット市場2020-2024
    「教育用ロボットの世界市場2020-2024」は、教育用ロボットについて市場概要、市場規模、ボリューム製品別(事前設定済み教育用ロボット、再設定可能教育用ロボット、人型教育用ロボット)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファ …
  • ベビーカーシートの世界市場:幼児用カーシート、コンバーチブルカーシート、ブースターカーシート
    Technavio社の本調査レポートでは、ベビーカーシートの世界市場について調べ、ベビーカーシートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ベビーカーシートの市場規模をセグメンテーション別(製品別(幼児用カーシート、コンバーチブルカーシート、ブースターカーシート)、流通チャンネル別(オフライン、オンラ …
  • 世界のセキュリティスクリーニング市場2013-2017及び市場予測2018-2028
  • スピリッツ包装の世界市場2019-2026
    本資料は、スピリッツ包装の世界市場について調べ、スピリッツ包装の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(有機、無機)分析、用途別(消費者製品、食品及び飲料、プラスチック産業、鉱業及び建設、石油及びガス産業、建設資材)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロ …
  • 血液製剤の世界市場:製品別(全血、血液成分、血液誘導体)、抗血栓薬・抗凝固薬種類別、用途別
    Grand View Research社は、血液製剤の世界市場規模が年平均5.6%成長して2026年まで567.8億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、血液製剤の世界市場について調査・分析し、血液製剤の世界市場動向、血液製剤の世界市場規模、市場予測、製品別(全血、血液成分、血液誘導体)分析、用途別分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報 …
  • 世界のマイクロラーニング市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のマイクロラーニングが2018年13億ドルから2027年46.5憶ドルまで年平均15.2%成長すると予測しています。当資料では、マイクロラーニングについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展 …
  • 産業用潤滑剤の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、産業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(プロセスオイル、一般産業用オイル、金属加工油、産業用エンジンオイル、その他の産業用潤滑剤)分析、用途別(金属加工、繊維、エネルギー、化学製造、食品加工、油圧、その他の産業用途)分析などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・ …
  • 美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場:製品別、技術別、用途別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、美容レーザーおよびエネルギーデバイスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別分析、技術別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、企業概要、などを含め、以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・美容レーザーおよびエネルギーデバイス …
  • 航空・防衛用スプリングの世界市場2019 – 2025:種類別、地域別、セグメント予測
    本レポートでは、航空・防衛用スプリングの世界市場について調査・分析し、調査手法および範囲、エグゼクティブサマリ-、産業概要、種類別(フラットスパイラル/パワー、コイル)分析、地域別分析、競合状況などを含め以下の構成でお届けします。 ・調査手法および範囲 ・エグゼクティブサマリ- ・航空・防衛用スプリング市場:産業概要 ・航空・防衛用スプリングの世界市場:種類 …
  • 世界の小売り業界におけるデジタルトランスフォーメーション市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは小売り業界におけるデジタルトランスフォーメーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、技術別(IoT、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、AI、AR/VR)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを …
  • ブロックチェーン技術の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、ブロックチェーン技術の世界市場について調査・分析し、市場動向、種類別(パブリック、プライベート、ハイブリッド)分析、コンポーネント別(アプリケーション&ソリューション、インフラストラクチャ&プロトコル、ミドルウェア)分析、用途別(デジタルアイデンティティ、取引所、支払い、スマートコントラクト、サプライチェーンマネジメント、その他)分析、企 …
  • ハンター症候群治療の世界市場2019 – 2026:治療別、地域別、セグメント予測
    本レポートでは、ハンター症候群治療の世界市場について、調査手法および範囲、エグゼクティブサマリ-、傾向、競合分析、治療別(酵素補充療法、造血幹細胞移植)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・調査手法および範囲 ・エグゼクティブサマリ- ・ハンター症候群治療市場:傾向 ・ハンター症候群治療の世界市場:競合分析 ・ハンター症候群 …
  • ゲーミフィケーションの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ゲーミフィケーションの世界市場について調べ、ゲーミフィケーションの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ゲーミフィケーションの市場規模をセグメンテーション別(用途別(消費者主導型アプリケーション、エンタープライズ駆動型アプリケーション)、エンドユーザー別(健 …
  • リグノスルホン酸塩の世界市場:リグノスルホン酸ナトリウム、リグニンスルホン酸カルシウム、リグニンスルホン酸マグネシウム
    Technavio社の本調査レポートでは、リグノスルホン酸塩の世界市場について調べ、リグノスルホン酸塩の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、リグノスルホン酸塩の市場規模をセグメンテーション別(製品別(リグノスルホン酸ナトリウム、リグニンスルホン酸カルシウム、リグニンスルホン酸マグネシウム、その他) …
  • オプトジェネティクス(光遺伝学)アクチュエーターおよびセンサーの世界市場2019-2026:製品タイプ別、疾患タイプ別、地域別
    当調査レポートでは、オプトジェネティクス(光遺伝学)アクチュエーターおよびセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリ-、定義・範囲、市場動向、市場分析、製品タイプ別(アクチュエーター、センサー)分析、疾患タイプ別(網膜疾患、パーキンソン病、自閉症、その他)分析、地域別分析、競合状況、調査プロセスなどを含め以下の構成でお届けします。 ・エグゼ …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様