世界の冷凍ゲージ市場規模調査:出力タイプ別(アナログ、デジタル)、販売チャネル別(OEM、アフターマーケット)、用途別(産業、医療、小売、その他)、地域別予測2021-2027年

LINEで送る

世界の冷凍ゲージ市場は、2020年に約XX億米ドルと評価され、2021年から2027年の予測期間に4.5%以上の健全な成長率で推移すると予想されています。冷凍ゲージは、冷凍システムの状態を正確に測定するため、屠殺場、小売店、工業用冷蔵倉庫などでの使用に最適です。冷蔵ゲージ市場の成長の主な要因は、冷蔵装置による作業温度の定期的な維持と、専門的なトラブルシューティングの問題であると予測されています。

Statista社によると、2020年の冷蔵保存容量の上位国は、インド、中国、米国となっています。同年の冷蔵倉庫容量は1億5,600万立方メートルで、米国が世界最高の容量を保持しています。2020年、世界の冷蔵倉庫容量は7億1900万立方メートル。しかし、冷蔵庫のゲージが高額であることや、偽造品が出回っていることが市場の成長を阻害すると予想されています。食品・飲料業界からの需要の高まりは、市場成長のための有利な機会を生み出すと予想されます。

世界の冷凍ゲージ市場の地理的分析では、アジア太平洋地域、北米、欧州、ラテンアメリカ、その他の地域などの主要地域が考慮されています。アジア太平洋地域は、市場シェアの点で世界をリードしており、2021年から2027年の予測期間中、最も高いCAGRを示すと予想されています。

このレポートに含まれる主な市場参加者は以下の通りです。
アルファコントロールズ&インストルメンテーション社
ウィンターズインストルメント
オムガ・エンジニアリング・インク
パーカー・ハニフイン社
fjc社
アクトロール・パーツ・ピーティー・リミテッド
株式会社ブラメック
マーシュ・グループ・オブ・カンパニーズ
ウィーカ・アレキサンダー・ウィーガンド・セー・アンド・コー・ケー
ジャヴァック・リミテッド
WILHELMSEN

この調査の目的は、近年の異なるセグメント&国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。本レポートは、各地域・国における輸送モードの質的・量的側面を盛り込んでいます。さらに、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、主要企業の競合状況や出力タイプの詳細な分析とともに、ステークホルダーが投資できるミクロ市場での機会についても記載しています。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

出力タイプ別
アナログ
デジタル

販売チャネル別
OEM
アフターマーケット

アプリケーション別
産業用
ヘルスケア
小売
その他

地域別
北アメリカ
アメリカ
カナダ
ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ROE
アジアパシフィック
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
世界のその他の地域

さらに、本調査で考慮した年は以下の通りです。

歴史年 – 2018年、2019年
基準年 – 2020年
予測期間 – 2021年から2027年

世界の冷凍ゲージ市場の市場調査におけるターゲットオーディエンス

主要コンサルティング会社およびアドバイザー
大企業、中堅企業、中小企業
ベンチャーキャピタリスト
付加価値再販業者(VAR)
サードパーティのナレッジプロバイダー
投資銀行家
投資家

https://www.globalresearch.jp/global-refrigeration-gauge-market-size-bzw21no177

第1章 エグゼクティブ・サマリー
1.1. マーケットスナップショット
1.2. 世界およびセグメント別市場推定・予測、2019-2027年(10億米ドル
1.2.1. 冷凍ゲージ市場、地域別、2019-2027年(10億米ドル
1.2.2. 冷凍ゲージ市場、出力タイプ別、2019年~2027年(10億米ドル
1.2.3. 冷凍ゲージ市場、販売チャネル別、2019年~2027年(10億米ドル
1.2.4. 冷凍ゲージ市場、アプリケーション別、2019年~2027年(10億米ドル
1.3. 主要動向
1.4. 見積もり方法
1.5. 調査の前提条件
第2章 冷凍機用ゲージの世界市場の定義と範囲
2.1. 調査の目的
2.2. 市場の定義と範囲
2.2.1. 調査の範囲
2.2.2. 業界の発展
2.3. 調査の対象年
2.4. 通貨換算レート
第3章 世界の冷凍機ゲージ市場のダイナミクス
3.1. 冷凍ゲージ市場のインパクト分析(2019年~2027年
3.1.1. 市場ドライバー
3.1.1.1. 工業化の進展と低温貯蔵施設の拡大
3.1.1.2. 有利な政府規範
3.1.2. 市場の課題
3.1.2.1. 模造品の存在
3.1.3. 市場の機会
3.1.3.1. 食品・飲料業界の需要拡大
第4章 冷凍機用ゲージの世界市場。産業分析
4.1. ポーターの5フォースモデル
4.1.1. サプライヤーのバーゲニングパワー
4.1.2. バイヤーの交渉力(Bargaining Power of Buyers
4.1.3. 新規参入者の脅威
4.1.4. 代替品の脅威
4.1.5. 競合他社との競争
4.1.6. ポーターの5フォースモデルの未来的アプローチ(2018-2027年
4.2. PEST分析
4.2.1. 政治的要因
4.2.2. 経済的側面
4.2.3. 社会的
4.2.4. 技術的
4.3. 投資家の採用モデル
4.4. アナリストの推薦と結論
第5章 冷凍機用ゲージの世界市場:出力タイプ別
5.1. 市場スナップショット
5.2. 冷凍ゲージの世界市場:出力タイプ別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
5.3. 世界の冷凍ゲージ市場推定・予測(出力タイプ別)2018-2027年(10億米ドル
5.4. 冷凍ゲージ市場、サブセグメント分析
5.4.1. アナログ
5.4.2. デジタル
第6章 冷凍機用ゲージの世界市場:販売チャネル別
6.1. 市場スナップショット
6.2. 冷凍ゲージの世界市場:販売チャネル別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
6.3. 冷凍ゲージの世界市場推定・予測(販売チャネル別)2018-2027年(USD Billion
6.4. 冷凍ゲージ市場、サブセグメント分析
6.4.1. OEM
6.4.2. アフターマーケット
第7章 冷凍機用ゲージの世界市場:アプリケーション別
7.1. 市場スナップショット
7.2. 世界の冷凍ゲージ市場:アプリケーション別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
7.3. 世界の冷凍ゲージ市場のアプリケーション別推定・予測 2018-2027年(10億米ドル
7.4. 冷凍ゲージ市場、サブセグメント分析
7.4.1. 工業用
7.4.2. ヘルスケア
7.4.3. 小売
7.4.4. その他
第8章 冷凍機用ゲージの世界市場、地域別分析
8.1. 冷凍機用ゲージ市場、地域別市場スナップショット
8.2. 北米の冷凍ゲージ市場
8.2.1. 米国の冷凍機用ゲージ市場
8.2.1.1. 出力タイプの内訳推定・予測、2018-2027年
8.2.1.2. 販売チャネルの内訳推定・予測、2018-2027年
8.2.1.3. アプリケーションの内訳推定と予測、2018-2027年
8.2.2. カナダの冷凍機用ゲージ市場
8.3. 欧州冷凍ゲージ市場スナップショット
8.3.1. イギリスの冷凍機用ゲージ市場
8.3.2. ドイツの冷凍機用ゲージ市場
8.3.3. フランスの冷凍機用ゲージ市場
8.3.4. スペインの冷凍機用ゲージ市場
8.3.5. イタリアの冷蔵庫用ゲージ市場
8.3.6. 欧州のその他の地域の冷凍ゲージ市場
8.4. アジア太平洋地域の冷凍機用ゲージ市場の概要
8.4.1. 中国の冷凍機用ゲージ市場
8.4.2. インドの冷凍機用ゲージ市場
8.4.3. 日本の冷凍機用ゲージ市場
8.4.4. オーストラリアの冷凍機市場
8.4.5. 韓国の冷凍機用ゲージ市場
8.4.6. その他のアジア太平洋地域の冷凍機用ゲージ市場
8.5. ラテンアメリカの冷凍ゲージ市場スナップショット
8.5.1. ブラジルの冷凍機用ゲージ市場
8.5.2. メキシコの冷凍機用ゲージ市場
8.6. 世界各国の冷凍ゲージ市場

第9章 競合他社の情報
9.1. トップマーケットの戦略
9.2. 会社概要
9.2.1. Alpha Controls & Instrumentation Inc.
9.2.1.1. 主要情報
9.2.1.2. 概要
9.2.1.3. 財務(データ提供を前提とする
9.2.1.4. 製品概要
9.2.1.5. 最近の開発状況
9.2.2. ウィンターズ・インストゥルメンツ
9.2.3. オメガエンジニアリング株式会社
9.2.4. パーカー・ハニフイン社
9.2.5. FJC社
9.2.6. アクトロール・パーツ Pty Ltd.
9.2.7. Bramec Corporation
9.2.8. マーシュグループオブカンパニーズ
9.2.9. WIKA Alexander Wiegand SE & Co. KG
9.2.10. ジャヴァック・リミテッド
9.2.11. ウィルヘルムセン
第10章 研究プロセス
10.1. 研究プロセス
10.1.1. データマイニング
10.1.2. 分析
10.1.3. 市場推定
10.1.4. バリデーション
10.1.5. 出版
10.2. 研究属性
10.3. 研究の前提条件

表のリスト
表1.冷凍機用ゲージの世界市場、レポート範囲
表2. 世界の冷凍ゲージ市場の地域別推定・予測 2018-2027年 (10億米ドル)
表3. 世界の冷凍ゲージ市場の推定・予測:出力タイプ別 2018-2027年(10億米ドル
表4. 世界の冷凍ゲージ市場の推定・予測:販売チャネル別2018-2027年(10億米ドル
表5. 世界の冷凍ゲージ市場の推定・予測:アプリケーション別 2018-2027年 (10億米ドル)
表6. 世界の冷凍ゲージ市場のセグメント別推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表7. 世界の冷凍ゲージ市場:地域別、推計・予測、2018-2027年(10億米ドル
表8. 冷凍ゲージの世界市場:セグメント別、推計・予測、2018-2027年(10億米ドル
表9. 冷凍ゲージの世界市場:地域別、推計・予測、2018-2027年(10億米ドル
表10. 冷凍ゲージの世界市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル
表11. 冷凍ゲージの世界市場:地域別、推計・予測、2018-2027年(10億米ドル
表12. 冷凍ゲージの世界市場:セグメント別、推計・予測、2018-2027年(10億米ドル
表13. 冷凍ゲージの世界市場:地域別、推計・予測、2018-2027年(10億米ドル
表14. 冷凍ゲージの世界市場:セグメント別、推計・予測、2018-2027年(10億米ドル
表15. 冷凍ゲージの世界市場:地域別、推計・予測、2018-2027年(10億米ドル
表16. 米国の冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表17. 米国の冷凍ゲージ市場の推定&予測、2018-2027年、セグメント別(10億米ドル)
表18. 米国の冷凍ゲージ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表19. カナダの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表20. カナダの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年セグメント別 (10億米ドル)
表21. カナダの冷凍ゲージ市場の推定・予測:2018-2027年、セグメント別(10億米ドル
表22: イギリスの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表23. イギリスの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表24. イギリスの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル
表25. ドイツの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表26. ドイツの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表27. ドイツ 冷凍ゲージ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表28. RoE 冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表29. 欧州連合(RoE)の冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (USD Billion)
表 30. RoE 冷凍ゲージ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表31. 中国の冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表32. 中国の冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表33. 中国の冷凍ゲージ市場の推定&予測、2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表34. インドの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表35. インドの冷凍ゲージ市場の推定&予測、2018-2027年セグメント別(10億米ドル)
表36. インドの冷凍ゲージ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表37. 日本の冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表38. 日本の冷凍ゲージ市場の推定&予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表39. 日本の冷凍ゲージ市場の推定&予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表40. RoAPAC 冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表41. RoAPAC 冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年セグメント別 (10億米ドル)
表42. RoAPAC 冷凍ゲージ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表 43. ブラジルの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表44. ブラジルの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表 45. ブラジルの冷凍ゲージ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (USD Billion)
表46. メキシコの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表47. メキシコの冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年セグメント別 (10億米ドル)
表48. メキシコの冷凍ゲージ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (USD Billion)
表49. LA 冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表50. RoLA 冷凍ゲージ市場の推定・予測: 2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表51.RoLAの冷凍ゲージ市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表52. 列国の冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表53. 冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年セグメント別 (10億米ドル)
表 54. 冷凍ゲージ市場の推定・予測、2018-2027年、セグメント別(10億米ドル
表55. 世界のゲージ式冷凍機市場の調査に使用された二次製品のリスト
表56. 世界の冷凍ゲージ市場の調査に使用された一次産品のリスト
表57. 研究に考慮した年数
表58. 考慮した為替レート
図のリスト
FIG 1. 冷凍機用ゲージの世界市場、調査方法
FIG 2. 冷凍機用ゲージの世界市場、市場推定技術
FIG 3. 世界の市場規模の推定と予測方法
FIG 4. 冷凍ゲージの世界市場、2020年の主要トレンド
FIG 5. 冷凍ゲージの世界市場、成長見通し2021-2027年
図6:冷蔵庫用ゲージの世界市場、ポーターズ5フォースモデル
FIG 7. 冷凍ゲージの世界市場、有害物質分析
FIG 8. 冷凍ゲージの世界市場、バリューチェーン分析
図9.世界の冷凍ゲージ市場、セグメント別、2018年および2027年(10億米ドル
FIG 10. 冷凍ゲージの世界市場、セグメント別、2018年および2027年(10億米ドル
FIG 11. 世界の冷凍ゲージ市場、セグメント別、2018年および2027年(10億米ドル
FIG 12. 世界の冷凍ゲージ市場のセグメント別、2018年および2027年(10億米ドル
FIG 13. 世界の冷凍ゲージ市場のセグメント別、2018年および2027年(10億米ドル
FIG 14. 冷凍ゲージの世界市場、地域別スナップショット 2018年・2027年
FIG 15. 北米の冷凍ゲージ市場2018年・2027年(10億米ドル
FIG 16. ヨーロッパの冷凍ゲージ市場2018年・2027年(10億米ドル
FIG 17. アジア太平洋地域の冷凍ゲージ市場2018年・2027年(10億米ドル
図18. ラテンアメリカの冷凍ゲージ市場2018年・2027年(10億米ドル
FIG 19. 世界の冷凍ゲージ市場、企業市場シェア分析(2020年

https://www.globalresearch.jp/global-refrigeration-gauge-market-size-bzw21no177



  • 導電性繊維の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、導電性繊維の世界市場について調査・分析し、市場動向、ファブリック別(綿、ナイロン、ポリエステル、ウール)分析、製品別(織物、不織布、編物)分析、用途別(軍事、防衛、ヘルスケア、スポーツ、フィットネス、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 …
  • システム統合の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、システム統合の世界市場について調査・分析し、市場動向、サービス別(インフラ統合、アプリケーション統合、コンサルティング)分析、エンドユーズ別(ITおよび通信、防衛およびセキュリティ、BFSI、オイルおよびガス、ヘルスケア、輸送、小売、その他)分析、地域別分析、競合動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティ …
  • 次世代メモリの世界市場2019-2026:技術別、用途別
    本調査レポートでは、次世代メモリの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、技術別(不揮発性メモリ、揮発性メモリ)分析、用途別(家庭用電子製品、企業用ストレージ、自動車&輸送、軍事&航空宇宙、産業、通信、エネルギー&電力、ヘルスケア、農業、小売)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマ …
  • 新生児蘇生装置の世界市場の洞察・予測(~2027年)
  • 高純度アルミニウム粉末の世界市場2021年:メーカー別、地域別、種類・用途別、2026年予測
  • 内視鏡カメラシステムの世界市場:製品別(デバイス、付属品)、センサータイプ別、CMOS(相補型金属酸化膜半導体)、CCD(電荷結合デバイス)、用途別、胃腸病学、呼吸器学、整形外科、心臓病学、耳鼻咽喉科外科、婦人科、神経学、泌尿器科、エンドユーザー別(病院、診断センター、その他)-産業分析、サイズ、シェア、成長、トレンド、予測、2021-2031年
  • ダンネージ包装の世界市場予測:波形プラスチック、成形プラスチック、スチール、アルミニウム、発泡体、段ボール紙、木材、布製ダンネージ
    当調査レポートでは、ダンネージ包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、材料別(波形プラスチック、成形プラスチック、スチール、アルミニウム、発泡体、段ボール紙、木材、布製ダンネージ)分析、エンドユーズ産業別分析、ダンネージ包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報 …
  • 世界のサーマルセラミックス市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のサーマルセラミックス市場が2018年33.7憶ドルから2027年82.1憶ドルまで年平均10.4%成長すると予測しています。当資料ではサーマルセラミックスについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、温度範囲別(650-1,000°C、1,000-1,400°C、1,400-1 …
  • 世界のスターターカルチャー市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のスターターカルチャー市場が2018年8億9,925万ドルから2027年16億8,126万ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。当資料では、スターターカルチャーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、微生物別(酵母、カビ、バクテリア)分析、組成別(単一株、多系統、 …
  • ネブライザーの世界市場:種類別(空気圧、超音波、メッシュ)
    Grand View Research社は、ネブライザーの世界市場規模が年平均6.5%成長して2026年まで14.4億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、ネブライザーの世界市場について調査・分析し、ネブライザーの世界市場動向、ネブライザーの世界市場規模、市場予測、種類別(空気圧、超音波、メッシュ)分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報 …
  • 害虫駆除の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、害虫駆除の世界市場規模が2017年178.7億ドルから2026年331.3億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、害虫駆除の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、害虫駆除市場規模、種類別(機械的、化学的、生物学的)分析、作物種類別(芝・観賞用、園芸作物、畑作物、その他の作物種類)分 …
  • 3Dバイオプリントの世界市場予測:コンポーネント別、材料別、用途別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、3Dバイオプリントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、コンポーネント(3Dバイオプリンター(マイクロ押出、インクジェット、レーザー)、バイオインク(ナチュラル、合成、ハイブリッド))分析、材料別(ハイドロゲル、生細胞)分析、用途別(皮膚、薬物研究)分析、エン …
  • テーブルトップキッチン用品の世界市場2019-2026:タイプ別、用途別
    本調査レポートでは、テーブルトップキッチン用品の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、タイプ別(ドリンクウェア、食器類、白物家電、食器、その他)分析、用途別(住宅、商業)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 ・市場動向 ・産業分析 ・テーブルトップキッチ …
  • 世界のアウトドアアパレル市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートはアウトドアアパレルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート …
  • 脂肪アミンの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、脂肪アミンの世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(一次脂肪アミン、二次脂肪アミン、三次脂肪アミン)分析、用途別(農薬、油田化学、アスファルト添加剤、固化防止、水処理、化学合成、パーソナルケア、家庭、その他)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市 …
  • 脂肪アミンの世界市場 2021-2025
  • 3Dセンサーの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、3Dセンサーの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(家電、産業、自動車、ヘルスケア、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市 …
  • ナノセンサーの世界市場:タイプ別、用途別
    当調査レポートでは、ナノセンサーセンサーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・ナノセンサーの世界市場:タイプ別(光学、化学、物理、バイオセンサーなど) ・ナ …
  • 世界の建設足場レンタル市場予測・分析2020-2024
    「建設足場レンタルの世界市場2020-2024」は、建設足場レンタルについて市場概要、市場規模、製品別(サポート、モバイル、サスペンド)分析、用途別(新築、改修、解体)分析、エンドユーザー別(非居住、住宅)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概 …
  • 世界の精密ステンレス鋼市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • バッテリ式電動工具の世界市場:機会分析及び産業予測2019-2026
    本市場調査レポートではバッテリ式電動工具について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、モータータイプ別(ブラシ付きモーター、ブラシレスモーター)分析、道具別(ドリル、のこぎり、芝刈り機、インパクトレンチ、その他)分析、用途別(産業用、DIY)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー …
  • 5Gインフラストラクチャのヨーロッパ市場2019-2026
  • 乾燥ブルーベリーの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、乾燥ブルーベリーの世界市場規模が2017年3580.8億ドルから2026年7039.7億ドルまで年平均7.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、乾燥ブルーベリーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、乾燥ブルーベリー市場規模、製品種類別(凍結乾燥、天日干し、その他の製品タイプ)分析、由来別(従来、オ …
  • 自動車用バックアップカメラの世界市場2019-2026:位置別、車両タイプ別、販売経路別
    本調査レポートでは、自動車用バックアップカメラの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、位置別(表面実装、フラッシュ実装、ライセンス実装)分析、車両タイプ別(乗用車&商用車)分析、販売経路別(OEM及びアフターマーケット)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範 …
  • UPSの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、UPSの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(非居住、居住)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 …
  • 世界のコマンド及び制御システム市場予測2025年:用途別、ソリューション別、プラットフォーム別、設置タイプ別、設置ベース別、地域別
    MarketsandMarkets社は、コマンド及び制御システムの世界市場規模が2019年330億ドルから2025年439億ドルまで年平均4.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のコマンド及び制御システム市場を広く調査・分析し、市場概要、業界トレンド、設置ベース別(固定型コマンドセンター、展開可能なコマンドセンター)分析、用途別(政府&防衛 …
  • オレオレジンの世界市場2019-2026
    本資料は、オレオレジンの世界市場について調べ、オレオレジンの世界規模、市場動向、市場環境、由来別(パプリカ、トウガラシ、種子スパイス、ウコン、ハーブ、ジンジャー、シナモン&カッシアなど)分析、用途別(食品及び飲料、医薬品及び栄養補助食品、パーソナルケア製品及び飼料)分析、抽出プロセス別(オレオレジン市場、サブセグメント分析、溶媒抽出、超臨界流体抽出プロセス) …
  • 世界の小口径コネクタ市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 自己導尿カテーテルの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、自己導尿カテーテルの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(断続的カテーテルおよび外部カテーテル)分析、種類別(男性型カテーテルおよび女性型カテーテル)分析、用途別(良性前立腺過形成、尿失禁、脊髄損傷、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマ …
  • ヒト微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)の世界市場予測:プレバイオティクス、プロバイオティクス、食品、医療食品、医薬品
    当調査レポートでは、ヒト微生物叢(ヒトマイクロバイオーム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(プレバイオティクス、プロバイオティクス、食品、医療食品、医薬品)分析、用途別(治療薬)分析、疾患別(感染性、代謝/内分泌、がん、血液、神経)分析、研究技術別(プロテオミクス、メタボロミクス)分析、ヒト微 …
  • 自動車用ドライブシャフトの世界市場:種類別、車両別、位置別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは自動車用ドライブシャフトについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(リジッドサイドシャフト、中空サイドシャフト)分析、車両別(乗用車、小型商用車(LCV))分析、位置別(フロントアクスルシャフト、リアアクスルシャフト)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグ …
  • 世界の3Dプロジェクター市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の3Dプロジェクター市場が2018年28.4憶ドルから2027年62.2憶ドルまで年平均9.1%成長すると予測しています。当資料では3Dプロジェクターについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、光源別(LED、メタルハライド、ハイブリッド、レーザー、電球、その他)分析、技術別( …
  • 世界の宝石市場2013-2017及び機会分析2018-2026
  • 協調ロボットの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、協調ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、ボリューム分析、価格分析、市場背景、ペイロード容量別(最大5 Kg、5 Kgから10 Kg、10 Kg以上)分析、用途別(溶接、マテリアルハンドリング、品質試験/検査、塗装/スプレー、 その他(手術、クリーナー、施設)分析、最終用途産業別(自 …
  • 世界のPチャンネルMOSFET市場 – 展望・2021-2027年の予測
  • RFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界市場について調べ、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場規模をセグメンテーション別(用途別(病院および診断センター、血液バンク、その他)、製品別、)と地域別(グ …
  • 使い捨てバイオプロセスシステムの世界市場:バッグ&ミキサー、バイオリアクター&発酵槽、ろ過装置&サンプリングシステム、バイオプロセス容器
    Technavio社の本調査レポートでは、使い捨てバイオプロセスシステムの世界市場について調べ、使い捨てバイオプロセスシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、使い捨てバイオプロセスシステムの市場規模をセグメンテーション別(製品別(バッグ&ミキサー、バイオリアクター&発酵槽、ろ過装置&サンプリ …
  • コールドチェーン物流の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、コールドチェーン物流の世界市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーズ産業別(果物&野菜、パン&菓子、乳製品&冷凍デザート、肉、魚&シーフード、薬&医薬品、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・コールドチェーン物流の世界市場:エンドユーズ …
  • 世界のアンチエイジング栄養補助食品成分市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界のアンチエイジング栄養補助食品市場は年平均6.8%で成長しています。当資料ではアンチエイジング栄養補助食品成分について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、形態別(液体、乾燥)分析、ソース別(プロバイオティクス、プレバイオティクス、繊維と特殊炭水化物、植物化学物質および植 …
  • 世界のEラーニング市場2020-2024
    「Eラーニングの世界市場2020-2024」は、Eラーニングについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・Eラーニング …
  • ボディードライヤーの世界市場:種類別(壁掛け式、床置き式)、エンドユーズ別(住宅、商業)
    本資料は、ボディードライヤーの世界市場について調べ、ボディードライヤーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、種類別(壁掛け式、床置き式)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ボディードライヤーの世界市場概要 …
  • DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場について調べ、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(直販、小売)、サービス別、)と地域別(グローバル、ア …
  • 交通分析の世界市場予測:記述分析、予測分析、規範的分析
    当調査レポートでは、交通分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(記述分析、予測分析、規範的分析)分析、モード別(道路、鉄道、航空路、水路)分析、交通分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、交通分析の世界市場 …
  • 自動灌漑装置の世界市場:自動灌漑コントローラー、自動灌漑センサー、自動灌漑バルブ、自動灌漑インジェクター、自動灌漑流量計
    Technavio社の本調査レポートでは、自動灌漑装置の世界市場について調べ、自動灌漑装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動灌漑装置の市場規模をセグメンテーション別(製品別(自動灌漑コントローラー、自動灌漑センサー、自動灌漑バルブ、自動灌漑インジェクター、自動灌漑流量計)、エンドユーザ別( …
  • 世界のアフェクティブコンピューティング市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のアフェクティブコンピューティング市場が2018年170.6憶ドルから2027年1,182憶ドルまで年平均30.1%成長すると予測しています。当資料では、アフェクティブコンピューティングについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分 …
  • 仮想リハビリテーション・遠隔リハビリテーションシステムの世界市場:種類別(仮想リハビリテーション、遠隔リハビリテーション)、エンドユーザー別(住宅、介護施設、病院、その他)、地域別予測
    本資料は、仮想リハビリテーション・遠隔リハビリテーションシステムの世界市場について調べ、仮想リハビリテーション・遠隔リハビリテーションシステムの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(仮想リハビリテーション、遠隔リハビリテーション)分析、エンドユーザー別(住宅、介護施設、病院、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中 …
  • PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場予測:PEK、PEEK、PEKK
    当調査レポートでは、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(PEK、PEEK、PEKK)分析、フィラー別(ガラス充填、カーボン充填、未充填)分析、用途別(オイル&ガス、電気&エレクトロニクス、自動車、医療、航空宇宙)分析、PAEK(ポリアリールエ …
  • ST2バイオマーカーの世界市場2021年:企業別、地域別、タイプ別、用途別、2026年予測
  • ジオスミンの世界市場2021年:メーカー別、地域別、タイプ別、用途別、2026年までの予測
  • 獣医用疼痛管理の世界市場:薬、デバイス
    Technavio社の本調査レポートでは、獣医用疼痛管理の世界市場について調べ、獣医用疼痛管理の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、獣医用疼痛管理の市場規模をセグメンテーション別(製品別(薬、デバイス)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は獣医用疼痛管理の世界市場規 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様