世界の特定用途向け集積回路(ASIC)市場規模調査:製品タイプ別(フルカスタム、セミカスタム、プログラマブル)、用途別(通信、工業、自動車、家電、その他)、地域別予測 2021-2027年

LINEで送る

世界の特定用途向け集積回路(Application Specific Integrated Circuit)市場は、2020年に約3,000億米ドルと評価され、2021年から2027年の予測期間にXX%以上の健全な成長率で成長すると予想されています。ASICは、主にスマートウォッチ、スマートフォン、タブレットなどのスマートガジェットに使用されるプロセッサです。製品の動作効率を測定したり、自動車、工業、商業など様々なエンドユーザーからの需要が増加していることや、スマートフォン、スマートウォッチ、タブレットなどのスマートガジェットの使用が増加していることなどが、市場成長の要因となっています。これらのガジェットにはASIC(特定用途向け集積回路)が搭載されているため、近い将来、ラップトップと比較して、これらのガジェットの需要が増加すると考えられます。例えば、Statista社によると、ノートPCの需要は2021年の2億7700万台から2025年には2億7200万台に減少すると予想されています。これは、タブレット端末の需要が増加しているためです。タブレット端末の需要は、2020年には英国で52%、米国で57%に増加しています。しかし、製造コストの巨大な関与が、2021年から2027年の予測期間における市場の成長を妨げています。また、技術の急速な進歩と可処分所得の増加は、予測期間における市場の成長を促進すると考えられます。

世界の特定用途向け集積回路市場の地域別分析では、アジア太平洋地域、北米、欧州、中南米、その他の地域を分析・予測しています。北米は、電子機器の需要が増加していることから、世界最大の市場シェアを誇る重要な地域です。技術の進歩などの要因により、アジア太平洋地域の特定用途向け集積回路市場は有利な成長が見込まれます。

このレポートに含まれる主な市場参加者は以下の通りです。
STマイクロエレクトロニクスN.V.
インフィニオン・テクノロジーズAG
セミコンダクター・コンポーネント・インダストリーズLLC
オムニヴィジョン・テクノロジーズ
Tekmos inc.
セイコーエプソン株式会社
ソシオネクスト・アメリカ社
インテル株式会社
サムスン電子
LGエレクトロニクス

この調査の目的は、近年の異なるセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。本レポートは、調査対象となる各地域・国における産業の質的・量的側面を取り込むように設計されています。さらに、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供しています。さらに、競合状況や主要企業の製品提供に関する詳細な分析とともに、利害関係者が投資するミクロ市場での利用可能な機会についても記載しています。市場の詳細なセグメントとサブセグメントを以下に説明します。

製品タイプ別。
フルカスタム
セミカスタム
プログラマブル

アプリケーション別
通信機器
産業機器
オートモーティブ
民生用電子機器
その他

地域別
北アメリカ
U.S.
カナダ
ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
スペイン
イタリア
ROE
アジアパシフィック
中国
インド
日本
オーストラリア
韓国
RoAPAC
ラテンアメリカ
ブラジル
メキシコ
世界のその他の地域

さらに、本調査で考慮した年は以下の通りです。
歴史年 – 2018年、2019年
基準年 – 2020年
予測期間 – 2021年から2027年

世界のアプリケーション特化型集積回路市場の市場調査におけるターゲットオーディエンス。
主要なコンサルティング会社およびアドバイザー
大企業、中堅企業、中小企業
ベンチャーキャピタリスト
付加価値再販業者(VAR)
サードパーティのナレッジプロバイダー
投資銀行家
投資家

https://www.globalresearch.jp/global-application-specific-integrated-circuit-bzw21no024

第1章 エグゼクティブ・サマリー
1.1. マーケットスナップショット
1.2. 世界およびセグメント別市場推定・予測、2019-2027年(10億米ドル
1.2.1. アプリケーション特化型集積回路市場、地域別、2019-2027年(10億米ドル
1.2.2. 特定用途向け集積回路市場、製品タイプ別、2019年~2027年(10億米ドル
1.2.3. 特定用途向け集積回路市場、アプリケーション別、2019年~2027年 (10億米ドル)
1.3. 主要動向
1.4. 推計方法
1.5. 調査の前提条件
第2章 世界の特定用途向け集積回路市場の定義と範囲
2.1. 調査の目的
2.2. 市場の定義と範囲
2.2.1. 調査の範囲
2.2.2. 業界の発展
2.3. 調査の対象年
2.4. 通貨換算レート
第3章 世界の特定用途向け集積回路市場のダイナミクス
3.1. アプリケーション特化型集積回路の市場インパクト分析(2019-2027年
3.1.1. 市場ドライバー
3.1.1.1. 様々なエンドユーザー産業からの需要の増加
3.1.1.2. スマートガジェットの増加
3.1.2. 市場の課題
3.1.2.1. 製造コストの大幅な増加
3.1.3. 市場の機会
3.1.3.1. 急速な技術進歩
3.1.3.2. 可処分所得の増加
第4章 特定用途向け集積回路の世界市場。産業分析
4.1. ポーターの5フォースモデル
4.1.1. サプライヤーのバーゲニング・パワー
4.1.2. バイヤーの交渉力(Bargaining Power of Buyers
4.1.3. 新規参入者の脅威
4.1.4. 代替品の脅威
4.1.5. 競合他社との競争
4.1.6. ポーターの5フォースモデルの未来的アプローチ(2018-2027年
4.2. PEST分析
4.2.1. 政治的要因
4.2.2. 経済的側面
4.2.3. 社会
4.2.4. 技術的
4.3. 投資家の採用モデル
4.4. アナリストの推薦と結論
第5章 特定用途向け集積回路の世界市場:製品タイプ別
5.1. 市場スナップショット
5.2. 特定用途向け集積回路の世界市場、製品タイプ別、パフォーマンス-ポテンシャル分析
5.3. 製品タイプ別のアプリケーション専用集積回路の世界市場推定・予測 2018-2027年(10億米ドル
5.4. アプリケーション特化型集積回路市場、サブセグメント分析
5.4.1. フルカスタム
5.4.2. セミカスタム
5.4.3. プログラム可能
第6章 特定用途向け集積回路の世界市場:用途別
6.1. 市場スナップショット
6.2. アプリケーション別の特定用途向け集積回路の世界市場、パフォーマンス-ポテンシャル分析
6.3. アプリケーション別専用集積回路の世界市場推定・予測 2018-2027年(10億米ドル
6.4. 特定用途向け集積回路市場、サブセグメント分析
6.4.1. テレコミュニケーション
6.4.2. 産業用
6.4.3. 自動車
6.4.4. 家電製品
6.4.5. その他
第7章 世界の特定用途向け集積回路市場、地域別分析
7.1. 特定用途向け集積回路の世界市場、地域別スナップショット
7.2. 北米の特定用途向け集積回路市場
7.2.1. 米国の特定用途向け集積回路市場
7.2.1.1. 製品タイプ別内訳推定・予測、2018-2027年
7.2.1.2. アプリケーションの内訳推定と予測、2018-2027年
7.2.2. カナダの特定用途向け集積回路市場
7.3. 欧州の特定用途向け集積回路市場スナップショット
7.3.1. イギリスの特定用途向け集積回路市場
7.3.2. ドイツの特定用途向けIC市場
7.3.3. フランスの特定用途向けIC市場
7.3.4. スペインの特定用途向けIC市場
7.3.5. イタリアの特定用途向けIC市場
7.3.6. その他のヨーロッパ地域の特定用途向けIC市場
7.4. アジア太平洋地域の特定用途向け集積回路市場スナップショット
7.4.1. 中国の特定用途向けIC(集積回路)市場
7.4.2. インドの特定用途向けIC市場
7.4.3. 日本の特定用途向けIC市場
7.4.4. オーストラリアの特定用途向けIC市場
7.4.5. 韓国の特定用途向け集積回路市場
7.4.6. その他のアジア太平洋地域の特定用途向け集積回路市場
7.5. ラテンアメリカの特定用途向け集積回路市場スナップショット
7.5.1. ブラジルの特定用途向けIC(集積回路)市場
7.5.2. メキシコの特定用途向けIC(集積回路)市場
7.6. その他の国の特定用途向け集積回路市場

第8章. 競合他社の情報
8.1. トップマーケットの戦略
8.2. 会社概要
8.2.1. STマイクロエレクトロニクス N.V
8.2.1.1. 主要情報
8.2.1.2. 概要
8.2.1.3. 財務(データ提供を前提とする
8.2.1.4. 製品概要
8.2.1.5. 最近の開発状況
8.2.2. インフィニオン・テクノロジーズ社
8.2.3. セミコンダクター・コンポーネント・インダストリーズ LLC
8.2.4. Omnivision Technologies
8.2.5. 株式会社テクモス
8.2.6. セイコーエプソン株式会社
8.2.7. ソシオネクスト・アメリカ社
8.2.8. インテル株式会社
8.2.9. サムスン電子
8.2.10. LGエレクトロニクス
第9章. リサーチプロセス
9.1. リサーチプロセス
9.1.1. データマイニング
9.1.2. 分析
9.1.3. 市場推定
9.1.4. バリデーション
9.1.5. 出版
9.2. 研究属性
9.3. 研究の前提条件

表のリスト
表1. 世界の特定用途向け集積回路市場のレポート範囲
表2. 世界のアプリケーション特化型集積回路市場の地域別推定・予測 2018-2027年(10億米ドル
表3. 世界の特定用途向け集積回路市場の推定・予測:製品タイプ別2018-2027年(10億米ドル
表4. アプリケーション別世界の特定用途向け集積回路市場の推定・予測:2018-2027年 (10億米ドル)
表5. 世界のアプリケーション特化型集積回路市場のセグメント別推定・予測、2018-2027年(10億米ドル
表6. 世界のアプリケーション特化型集積回路市場の地域別推定・予測、2018-2027年(10億米ドル
表7. 世界の特定用途向け集積回路市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル
表8. 世界の特定用途向け集積回路市場:地域別、推計・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表9. 世界の特定用途向け集積回路市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル
表10. 世界の特定用途向け集積回路市場:地域別、推計・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表11. 世界の特定用途向け集積回路市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル
表12. 世界の特定用途向け集積回路市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル
表13. 世界の特定用途向け集積回路市場:セグメント別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル
表14. 世界の特定用途向け集積回路市場:地域別、推定・予測、2018-2027年(10億米ドル
表15. 米国の特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表16. 米国のアプリケーション特化型集積回路市場の推定&予測、2018-2027年、セグメント別(10億米ドル)
表17. 米国の特定用途向け集積回路市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表18. カナダの特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表19. カナダの特定用途向け集積回路市場の推定&予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表20. カナダの特定用途向け集積回路市場の推定・予測:2018-2027年、セグメント別(10億米ドル
表21. イギリスの特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表22: 英国の特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表23. イギリスの特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年、セグメント別(10億米ドル
表24. ドイツ アプリケーション特化型集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表25. ドイツの特定用途向け集積回路市場の推定・予測:2018-2027年、セグメント別(10億米ドル
表26. ドイツ アプリケーション特化型集積回路市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表27. アラブ首長国連邦(RoE)の特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表28. アラブ首長国連邦の特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表29. アラブ首長国連邦の特定用途向け集積回路市場の推定と予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル
表30. 中国の特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表31. 中国の特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表32. 中国の特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル
表33. インドの特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表34. インドの特定用途向け集積回路市場の推定&予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表35. インドの特定用途向け集積回路市場の推定・予測:2018-2027年、セグメント別(10億米ドル
表36. 日本 アプリケーション特化型集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表37. 日本の特定用途向け集積回路市場の推定&予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表38. 日本の特定用途向け集積回路市場の推定と予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル
表39. RoAPAC アプリケーション特化型集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表40. RoAPAC アプリケーション特化型集積回路市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表 41. RoAPAC アプリケーション特化型集積回路市場の推定と予測: 2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表42. ブラジルの特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表43. ブラジルの特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表44. ブラジルの特定用途向け集積回路市場の推定・予測:2018-2027年、セグメント別(10億米ドル
表 45. メキシコの特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表46. メキシコの特定用途向け集積回路市場の推定&予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表47. メキシコの特定用途向け集積回路市場の推定・予測:2018-2027年 (10億米ドル)
表48. アラブ首長国連邦の特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表49. アラブ首長国連邦の特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル)
表49. RoLA アプリケーション特化型集積回路市場の推定・予測:2018-2027年 セグメント別 (10億米ドル)
表51. 列島の特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年 (10億米ドル)
表52.列島の特定用途向け集積回路市場の推定・予測、2018-2027年のセグメント別 (10億米ドル)
表 53. 列島の特定用途向け集積回路市場の推定値と予測、2018-2027年のセグメント別(10億米ドル
表54. 世界の特定用途向け集積回路市場の調査に使用された二次資料のリスト
表55. アプリケーション特化型集積回路市場の調査に使用された一次資料のリスト
表56. 研究に考慮した年数
表57. 考慮した為替レート

図のリスト
FIG 1. 特定用途向け集積回路の世界市場、調査方法
FIG 2. 特定用途向け集積回路の世界市場、市場推定技術
FIG 3. 世界の市場規模の推定および予測方法
FIG 4. 特定用途向け集積回路の世界市場、主要トレンド2020
FIG 5. 特定用途向け集積回路の世界市場、成長見通し2021-2027年
図6:特定用途向け集積回路の世界市場、ポーターズ5フォースモデル
FIG 7. 特定用途向け集積回路の世界市場、有害物質の分析
FIG 8. 特定用途向け集積回路の世界市場、バリューチェーン分析
図9.特定用途向け集積回路の世界市場、セグメント別、2018年および2027年(10億米ドル
FIG 10. 世界の特定用途向け集積回路市場のセグメント別、2018年および2027年(10億米ドル
FIG 11. 世界の特定用途向け集積回路市場、2018年および2027年、セグメント別(10億米ドル
FIG 12. 世界の特定用途向け集積回路市場のセグメント別、2018年および2027年(10億米ドル
FIG 13. 世界の特定用途向け集積回路市場のセグメント別、2018年および2027年(10億米ドル
FIG 14. 世界の特定用途向け集積回路市場、地域別スナップショット 2018年・2027年
FIG 15. 北米の特定用途向け集積回路市場 2018年・2027年(10億米ドル
FIG 16. ヨーロッパの特定用途向け集積回路市場2018年・2027年(10億米ドル
FIG 17. アジア太平洋地域の特定用途向け集積回路市場2018年および2027年(10億米ドル
図18. ラテンアメリカの特定用途向け集積回路市場2018年・2027年(10億米ドル
FIG 19. 世界の特定用途向け集積回路市場、企業市場シェア分析(2020年

https://www.globalresearch.jp/global-application-specific-integrated-circuit-bzw21no024



  • 世界のカイトボーディング用品市場予測・分析2020-2024
    「カイトボーディング用品の世界市場2020-2024」は、カイトボーディング用品について市場概要、市場規模、製品別(カイト、アクセサリー、ボード)分析、流通チャンネル別(小売、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファ …
  • 手術止血帯の世界市場:タイプ別、エンドユーザー別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは手術止血帯について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、タイプ別(止血帯システム、止血帯カフ、止血帯付属品)分析、用途別(下肢手術、上肢手術)分析、エンドユーザー別(病院および外傷センター、外来手術センター、軍隊、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクテ …
  • 手術器具トラッキングシステムの世界市場予測:バーコード、RFID
    当調査レポートでは、手術器具トラッキングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別(バーコード、RFID)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア[スキャナー]、サービス)分析、エンドユーザー別(病院[パブリック、プライベート])分析、手術器具トラッキングシステムの世界 …
  • 電気自動車(EV)ポリマーの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、電気自動車(EV)ポリマーの世界市場規模が2017年14.8億ドルから2026年1235.8億ドルまで年平均61.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電気自動車(EV)ポリマーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電気自動車(EV)ポリマー市場規模、コンポネント別(外装、内装、パワートレインシス …
  • ベーチェット病治療法の世界市場:小分子、生物製剤
    Technavio社の本調査レポートでは、ベーチェット病治療法の世界市場について調べ、ベーチェット病治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ベーチェット病治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(小分子、生物製剤)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて …
  • 世界の次亜リン酸ナトリウム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の次亜リン酸ナトリウムが2018年5.8236憶ドルから2027年10.5128憶ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。当資料では、次亜リン酸ナトリウムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、グレード別(産業用、電気、その他)分析、純度別(< 99%、≥ 99%) …
  • 世界のアイスクリーム加工装置市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 偽造防止医薬品包装の世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、偽造防止医薬品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場背景、市場予測、パッケージング形式別(小袋とポーチ、ボトル&ジャー、バイアルおよびアンプル、ブリスター、トレイ、その他)分析、技術別(RFID、ホログラム、大量エンコード、セキュリティインクとコーティング剤、セキュリティ印刷とグラフィックス、その他)分 …
  • 世界の堆肥化可能フードサービス包装市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の堆肥化可能フードサービス包装市場が2018年1,670万ドルから2027年3,096万ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。当資料では、堆肥化可能フードサービス包装について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、包装種類別(トレイ、カップ、カップ、プレート、カトラリー) …
  • 自動芝刈り機の世界市場:製品別、用途別
    当調査レポートでは、自動芝刈り機の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動芝刈り機の世界市場:製品別(ロール芝刈り機、スラブ芝刈り機) ・自動芝刈り機の世界 …
  • 世界のビジネスジェット市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のビジネスジェット市場が2018年238.4憶ドルから2027年389.3憶ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。当資料では、ビジネスジェットについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、航空機別(旅客機、大型、小型、中型)分析、システム別(OEMシステム、アフターマー …
  • 特殊照明の世界市場予測:LED、ハロゲンランプ、キセノン電球、白熱灯
    当調査レポートでは、特殊照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、光源別(LED、ハロゲンランプ、キセノン電球、白熱灯)分析、用途別(エンターテイメント、医療、UVランプ)分析、特殊照明の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets …
  • 超小型衛星(ナノサテライト)・小型衛星(マイクロサテライト)の世界市場:マス別、エンドユーズ別(防衛、セキュリティ)、用途別(通信・ナビゲーション、科学研究)
    Grand View Research社は、超小型衛星(ナノサテライト)・小型衛星(マイクロサテライト)の世界市場規模が年平均22.2%成長して2025年まで49.5億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、超小型衛星(ナノサテライト)・小型衛星(マイクロサテライト)の世界市場について調査・分析し、超小型衛星(ナノサテライト)・小型衛星(マイクロサ …
  • オンライン言語サブスクリプションコースの世界市場予測・分析:エンドユーザー別、種類別
    Technavio社の本調査レポートでは、オンライン言語サブスクリプションコースの世界市場について調べ、オンライン言語サブスクリプションコースの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オンライン言語サブスクリプションコースの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(個人学習者、機関学習者)、種 …
  • 世界のマグネシウム・マグネシウム合金市場2021、分析および2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界の患者血液管理市場予測2024年:製品別、コンポーネント別、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、患者血液管理の世界市場規模が2019年107億ドルから2024年153億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の患者血液管理市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(機器、アクセサリー、試薬&キット、ソフトウェア)分析、コンポーネント別(全血&赤血球、プラズマ)分析、エンドユーザー別( …
  • モジュールチラーの世界市場:タイプ別、用途別
    世界のモジュールチラー市場は2018年に約25億米ドルに達し、2019-2026年の予測期間にわたって6%以上の成長率で成長すると予想されています。 モジュールチラーは、塩水と水を冷却し、工業プロセスや建物の空気を除湿するために使用されます。当調査レポートでは、モジュールチラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、定義と範囲、動向、業界分析 …
  • 世界の自動車エンジニアリングサービス市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の自動車エンジニアリングサービス市場が2018年1346.5憶ドルから2027年4276.2憶ドルまで年平均13.7%成長すると予測しています。当資料では、自動車エンジニアリングサービスについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、サービス別(コンセプト/研究、設計、プロトタイピ …
  • 193nmスキャナーの世界市場の洞察・予測(~2027年)
  • 触媒再生の世界市場2019-2026:技術別、用途別
    本調査レポートでは、触媒再生の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、技術別(オンサイト再生&オフサイト再生)分析、用途別(製油所、化学薬品&石油化学製品など)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 ・市場動向 ・産業分析 ・触媒再生の世界市場:技術別(オン …
  • 世界のマイクロボーンドリルマシン市場展望、2021-2027年の予測
  • ガラス充填ナイロンの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ガラス充填ナイロンの世界市場について調べ、ガラス充填ナイロンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ガラス充填ナイロンの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(自動車、産業用、電気および電子機器、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨー …
  • 自動パーキングシステムの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、自動パーキングシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、自動化レベル別(半自動、完全自動)分析、エンドユーザー別(商業、住宅、混合使用)分析、システム別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、プラットフォーム別分析、自動パーキングシステムの世界市場規模及び予測、市場動向 …
  • 酢酸セルロースの市場:タイプ別(繊維、プラスチック)、用途別(たばこフィルター、繊維・アパレル、写真フィルム、テープ・ラベル)、地域別(北米、欧州、APAC、MEA、南米) – 2026年までの世界予測
  • タイルグラウトシーラーの世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界のデータセンターラックサーバー市場予測2024年:フォームファクター別、サービス別、層タイプ別、データセンター種類別、産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、データセンターラックサーバーの世界市場規模が2019年521億ドルから2024年1025億ドルまで年平均14.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のデータセンターラックサーバー市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、フォームファクタ別(1U、2U、4U、その他)分析、サービス別(設計&コンサル …
  • ココナッツ製品の世界市場:機会分析及び産業予測2019-2026
    本市場調査レポートではココナッツ製品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(ココナッツ水、ココナッツオイル、ココナッツミルク、乾燥ココナッツ製品、その他)分析、用途別(食品、飲料、化粧品、その他)分析、形態別(固体、液体)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市 …
  • 油田掘削デリック及びマストの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、油田掘削デリック及びマストの世界市場について調べ、油田掘削デリック及びマストの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油田掘削デリック及びマストの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ …
  • 酸化亜鉛の世界市場予測:プロセス別、グレード別、用途別
    MarketsandMarkets社は、酸化亜鉛の世界市場規模が2019年44億ドルから2024年57億ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、酸化亜鉛の世界市場について調査・分析し、市場概要、プロセス別(直接プロセス(アメリカプロセス)、間接プロセス(フランスプロセス)、湿式化学プロセス)分析、グレード別(標準グレード、処理グレ …
  • 弾性床材の世界市場:製品別(LVT、ビニールシート、VCT、グラスファイバー、リノリウム)、用途別(住宅、商業、産業)
    Grand View Research社は、 弾性床材の世界市場規模が年平均5.0%成長して2025年まで104億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、弾性床材の世界市場について調査・分析し、弾性床材の世界市場動向、弾性床材の世界市場規模、市場予測、製品別(LVT、ビニールシート、VCT、グラスファイバー、リノリウム)分析、主要地域別市場規模、競 …
  • モーターソフトスターターの世界市場予測:電圧別、定格電力別、用途別、産業別
    当調査レポートでは、モーターソフトスターターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電圧別(低および中)分析、定格電力別(最大750 W、751 W〜75 kW、75 kW以上)分析、用途別(ポンプ、ファン、コンプレッサー)分析、産業別(石油&ガス、上下水道、発電、鉱業)分析、モーターソフトスターターの世界 …
  • 局所はんだ付け装置の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、局所はんだ付け装置の世界市場について調べ、局所はんだ付け装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、局所はんだ付け装置の市場規模をセグメンテーション別(用途別(ネットワーキング及び通信、家電、自動車、医療・産業・計装、航空宇宙および防衛)、)と地域別(グロー …
  • ポリイミドチューブの世界市場:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別、2021年の洞察、分析、2026年までの予測
  • 医薬品包装の世界市場予測:プラスチックボトル、ブリスターパック、ラベル及びアクセサリー、キャップ及びクロージャー、充填済みシリンジ、バイアル、アンプル
    当調査レポートでは、医薬品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(プラスチックボトル、ブリスターパック、ラベル及びアクセサリー、キャップ及びクロージャー、充填済みシリンジ、バイアル、アンプル)分析、原材料別分析、ドラッグデリバリーモード別(経口薬、注射剤、点滴薬)分析、医薬品包装の世界市場規模及 …
  • 周辺ガイドワイヤーの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、周辺ガイドワイヤーの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(インターベンショナル、診断)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 …
  • 世界のナッツ製品市場の洞察・予測(~2027年)
  • 産業用電池の世界市場2019-2026
    本資料は、産業用電池の世界市場について調べ、産業用電池の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(鉛酸、ニッケルベース、リチウムベース、その他)分析、エンドユーザー産業別(通信及びデータ通信、無停電電源装置(UPS)/バックアップ、グリッドレベルエネルギー貯蔵、産業機器、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場 …
  • CBDスキンケアの世界市場2019-2026:ソース別、タイプ別
    本調査レポートでは、CBDスキンケアの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、ソース別(ヘンプ、マリファナ)分析、タイプ別(オイル、クリーム、保湿剤、マスク&血清、クレンザー)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 ・市場動向 ・産業分析 ・CBDスキンケア …
  • 占有センサーの世界市場2019-2026:ネットワークタイプ別、建物タイプ別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、占有センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリ-、定義・範囲、市場動向、市場分析、ネットワークタイプ別(有線、無線)分析、技術別(超音波、受動赤外線、マイクロ波)分析、建物タイプ別(住宅、商業)分析、用途別(照明制御、HVAC、セキュリティ、監視)分析、地域別分析、競合状況、調査プロセスなどを含め以下の構成でお届けします …
  • 照明制御システムの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、照明制御システムの世界市場規模が2019年195億ドルから2024年390億ドルまで年平均14.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、照明制御システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、インストール種類別(新規およびレトロフィット)分析、提供別(ハード …
  • 犬用コンディショナーの世界市場 2021年:メーカー別、地域別、種類・用途別
  • リチウムおよびリチウムイオン電池の電解液の世界市場2019-2029
    本調査はリチウムおよびリチウムイオン電池の電解液について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、形態別(液体、固体、ゲル)分析、製品種類別(リチウムベース、硫化物ベース、ポリマーベース、酸化物ベース、その他)分析、最終用途別(自動車、家電、電力とエネルギー、一般産業)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分析、調査 …
  • レーダ装置の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、レーダ装置の世界市場規模が2017年192.5億ドルから2026年367.8億ドルまで年平均7.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、レーダ装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーダ装置市場規模、コンポネント別(送信機、受信機、アンテナ、その他のコンポネント)分析、技術別(連続波(CW)レー …
  • 咽頭癌治療法の世界市場:標的療法、化学療法
    Technavio社の本調査レポートでは、咽頭癌治療法の世界市場について調べ、咽頭癌治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、咽頭癌治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(標的療法、化学療法)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は咽頭癌治療法の世界市場規模 …
  • 自動車用クランクケース換気システムの世界市場予測・分析:乗用車、小型商用車、大型商用車、バス&コーチ
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用クランクケース換気システムの世界市場について調べ、自動車用クランクケース換気システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用クランクケース換気システムの市場規模をセグメンテーション別(車種別(乗用車、小型商用車、大型商用車、バス&コーチ)、) …
  • がん悪液質治療法の世界市場予測・分析:プロゲストゲン、コルチコステロイド、併用療法
    Technavio社の本調査レポートでは、がん悪液質治療法の世界市場について調べ、がん悪液質治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、がん悪液質治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(プロゲストゲン、コルチコステロイド、併用療法、その他の治療薬)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しま …
  • デジタルプリント壁紙の世界市場:電子写真、インクジェット
    Technavio社の本調査レポートでは、デジタルプリント壁紙の世界市場について調べ、デジタルプリント壁紙の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、デジタルプリント壁紙の市場規模をセグメンテーション別(技術別(電子写真、インクジェット)、基板別(不織布、ビニール、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨ …
  • 世界の石油およびガスクラウドアプリケーション市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の石油およびガスクラウドアプリケーション市場が2018年38.6憶ドルから2027年146.7憶ドルまで年平均16%成長すると予測しています。当資料では、石油およびガスクラウドアプリケーションについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、操作別(ダウンストリーム、ミッドストリーム …
  • 世界のナノシルバー市場 – 展望・2021-2027年の予測
  • 世界の3D細胞培養市場予測2024年:製品別、用途別、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、3D細胞培養の世界市場規模が2019年892百万ドルから2024年1846百万ドルまで年平均15.7%成長すると予測しています。本書は、世界の3D細胞培養市場について調査・分析し、市場概要、製品別(足場ベース3D細胞培養、非足場3D細胞培養、マイクロフルイディクスベース3D細胞培養、磁気およびバイオプリント3D細胞培養 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様