ラマン分光法市場(COVID-19インパクト分析付き):装置別(顕微鏡ラマン、ハンドヘルド&ポータブルラマン)、サンプリング技術別(表面増強ラマン散乱)、用途別(製薬、ライフサイエンス)、地域別 – 2026年までの世界予測

LINEで送る

“ラマン分光法の世界市場は、2021年の推定6億200万米ドルから、2026年までに8億6100万米ドルに達すると予測され、2021年から2026年までのCAGRは7.4%となります。” 臨床用途でのラマン分光法の採用の増加や、触媒や触媒反応へのラマン分光法の利用の進展などが、ラマン分光法市場の成長を促進する要因となっています。

“ハンドヘルド&ポータブルラマン分野の市場は、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されます。”
ハンドヘルド&ポータブルラマンセグメントの市場は、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されています。この成長は、ハンドヘルド&ポータブルラマン分光器の導入が進んでいることに起因しています。これは、人間工学に基づいたデザインで、シンプルなポイント&シュートフォーマットと完全なポータブルテストを提供できることによります。そのため、統合されたデジタルライブラリや既存のメソッドデータを用いて、未知の特性評価に迅速に対応することができます。さらに、これらの分光法は、製薬、ライフサイエンス、材料科学などの用途で、原材料の分子指紋を取得するために、熟練した技術者でなくても簡単に実施・操作することができます。

“2020年のラマン分光法市場では、表面増強ラマン散乱(SERS)分野が主要なシェアを占めており、この傾向は予測期間中も継続すると予想されます。”
2020年のラマン分光法市場では、表面増強ラマン散乱(SERS)が最大の規模を占めており、予測期間中も同様の傾向が見られると考えられています。この成長は、ナノテクノロジーの継続的な技術開発と広範な理論的・実験的研究により、SERSの適用範囲が大幅に拡大し、製薬、ライフサイエンス、材料科学の研究で需要が増加したことに起因しています。また,SERSサンプリング技術は,弱いラマン信号を増幅するために使用することができます。特に,信号が可視光で励起されており,検出できる散乱光子の数が少ない場合には,SERSサンプリング技術を使用することができます。そのため、SERSは、ドラッグデリバリー、微量の化学・生物学的脅威物質の検出、POC(Point-of-Care)医療診断機器、法医学分野の検査などに応用されています。

“2020年のラマン分光法市場では、医薬品用途が最大のシェアを占めており、この傾向は予測期間中も続くと予想されています。”
2020年のラマン分光法市場では、医薬品用途が最大の規模を占めており、予測期間中も同様の傾向が見られると考えられます。このセグメントの成長は、産業界と学術界の両方で固体の医薬品の使用が急増していることに起因しています。現在の医薬品用途は、多形体の同定、リアルタイムプロセスのモニタリング、偽造・混入医薬品の検出、固形製剤のイメージングなど、医薬品の発見から製造までの幅広い範囲に及んでいます。ラマン分光法は、錠剤、クリーム、軟膏などの医薬品製剤中の薬剤や賦形剤の分布を可視化することができるため、医薬品業界では大きな需要があります。

“地域別では、APACが2026年までにラマン分光法市場の最も高いCAGRを占めると予想されています。”
2026年、APAC地域のラマン分光法市場は、予測期間中に最も高いCAGRを記録すると予想されています。この成長は、中国、日本、韓国、インドなどの国で、製薬、ライフサイエンス、材料科学のアプリケーションからの需要が増加していることに起因しています。さらに、多くの製薬会社やライフサイエンス企業、CMO(製造受託機関)が存在することも、APAC地域のラマン分光法市場の成長を後押ししています。さらに、政府機関による医療費支出の増加や、先進的な医療技術への取り組みも、この地域のラマン分光法市場の成長の大きな要因となっています。

ラマン分光法市場で活動している様々な主要組織のCEO(最高経営責任者)、マーケティングマネージャー、その他の幹部への綿密なインタビューを実施しました。

- 企業タイプ別に見ると ティア1-25%、ティア2-35%、ティア3-40
- 呼称別 Cレベルエグゼクティブ – 35%, マネージャー – 30%, その他 – 35
- 地域別 北米:37%、欧州:15%、APAC:40%、RoW:8
サーモフィッシャーサイエンティフィック社(米国 (米国)、Agilent Technologies, Inc. (米国)、Bruker Corporation(米国)、Mettler-Toledo International, Inc. (スイス); Renishaw PLC (英国); Horiba, Ltd. (日本); Metrohm AG (日本) (日本)、Metrohm AG (スイス)、Kaiser Optical Systems, Inc. (米国)、リガク(日本)、パーキンエルマー(米国)などがあります。(米国)などがラマン分光法市場の主要プレイヤーです。

本調査では、これらのラマン分光器市場の主要プレイヤーの会社概要、最近の開発状況、主要な市場戦略など、詳細な競合分析を行っています。

調査範囲
本レポートでは、装置、サンプリング技術、アプリケーション、地域に基づいて、ラマン分光法市場を定義、説明、予測しています。ラマン分光法市場の成長に影響を与えるドライバー、抑制要因、機会、課題などの要因に関する詳細情報を提供しています。また、市場での成長のために主要企業が実施した製品の発売、拡張、パートナーシップ、協力、契約、M&Aなどについても分析しています。

本レポートを購入する主なメリット
本レポートは、この業界の市場リーダー/新規参入者が、ラマン分光法市場全体およびサブセグメントの収益数値の最も近い近似値に関する情報を得るのに役立ちます。このレポートは、利害関係者が競争状況を理解し、ビジネスをより良く位置づけ、適切な市場参入戦略を計画するためのより多くの洞察を得るのに役立ちます。また、本レポートは、ステークホルダーが市場の脈動を理解するのに役立ち、主要な市場推進要因、阻害要因、課題、および機会に関する情報を提供します。

https://www.marketreport.jp/raman-spectroscopy-market-covid19-impact-se7974

1 導入 28
1.1 調査の目的 28
1.2 市場の定義と範囲 28
1.2.1 除外項目と包括項目 29
1.3 SCOPE 30
1.3.1 対象となる市場 30
図1 ラマン分光法の市場区分 30
1.3.2年の検討 30
1.4通貨 31
1.5 ステークホルダー 31
2 研究方法 32
2.1 調査データ 32
図2 ラマン分光法市場:リサーチデザイン 32
2.1.1 二次データ 33
2.1.1.1 主要な二次資料のリスト 33
2.1.1.2 二次資料 34
2.1.2 一次データ 34
2.1.2.1 プライマリーの内訳 34
2.1.2.2 一次資料からの主要データ 35
2.1.2.3 主要な業界の洞察 35
2.2 因子分析 36
図3 市場規模の推定方法:アプローチ1-トップダウン(供給側):企業がラマン分光法の販売によって得た収入 36
図4 市場規模の推定方法:アプローチ2-トップダウン(供給側):ラマン分光法市場における1社の収益推定の例示 37
図5 市場規模の推定方法:アプローチ3-ボトムアップ(需要側):様々なアプリケーションにおけるラマン分光法の需要 38
2.3 市場規模の推定 39
2.3.1 ボトムアップ・アプローチ 39
2.3.1.1 ボトムアップ分析(需要側)による市場シェア獲得のアプローチ 39
図6 市場規模の推定方法:ボトムアップ・アプローチ 39
2.3.2 トップダウン・アプローチ 39
2.3.2.1 トップダウン分析による市場シェア獲得のアプローチ
(供給側) 40
図7 市場規模の推定方法:トップダウン・アプローチ 40

2.4 市場の内訳とデータの三角測量 41
図8 データの三角測量 41
2.5 リサーチの仮定と限界 42
2.5.1 前提条件 42
2.5.2 制限事項 42
3 エグゼクティブ・サマリー 43
3.1 ラマン分光法市場におけるCovid-19の影響 44
図9 covid-19の世界的な普及状況 45
表1 世界経済の回復シナリオ 45
図10 現実的、悲観的、楽観的なシナリオでのラマン分光法市場の成長予測 46
3.2 現実的なシナリオ 46
3.3 悲観的なシナリオ 47
3.4 楽観的シナリオ 47
図11 ラマン分光法市場のコビド19前と後のシナリオ 47
図12 2021年、携帯型ラマンがラマン分光器市場の最大の規模を占める 48
図13 表面増強ラマン散乱が2021年のラマン分光器市場で最大の規模を占める 48
図14 2021年から2026年の間、医薬品用途がラマン分光法市場で最も高い成長率を示す 49
図15 予測期間中、ラマン分光法の市場はアジア太平洋地域で最も急速に成長する 50
4 プレミアムインサイト 51
4.1 ラマン分光法市場における魅力的な成長機会 51
図16 予測期間中にラマン分光法市場の成長を促進するのは、ヘルスケア分野における薬剤開発への注目の高まり 51
4.2 ラマン分光法市場、装置別 51
図17 2021年~2026年のラマン分光器市場では、携帯型ラマンが最大のシェアを占める 51
4.3 ラマン分光法市場:サンプリング手法別 52
図18 表面増強ラマン散乱法がラマン分光法市場で最大のシェアを獲得(2021年~2026年) 52
4.4 ラマン分光法市場、アプリケーション別 52
図19 2026年には医薬品がラマン分光法市場の最大の規模を占める 52
4.5 ラマン分光法市場、地域別 53
図20 2026年にラマン分光器市場で最大のシェアを占めるアジア諸国 53
4.6 ラマン分光法市場、国別 53
図21 予測期間中、中国がラマン分光器市場で最高のCAGRを記録 53

5 市場の概要 54
5.1 導入 54
5.2 マーケット・ダイナミクス 54
図22 ラマン分光法市場:推進要因、抑制要因、機会、および課題 54
5.2.1 ドライバー 55
5.2.1.1 ヘルスケア分野における医薬品開発への関心の高まり 55
図23 医薬品の研究開発への投資(2015-2020年)(10億米ドル) 55
5.2.1.2 臨床アプリケーションにおけるラマン分光法の採用の増加 56
5.2.1.3 触媒や触媒反応へのラマン分光技術の利用が進む 56
図24 ラマン分光法の市場促進要因とその影響 57
5.2.2 阻害要因 57
5.2.2.1 高い所有コスト 57
5.2.2.2 ラマン分光法の進歩に対応するための高度な技術を持つ人材の必要性 57
図25 ラマン分光法市場の阻害要因とその影響 58
5.2.3 機会 58
5.2.3.1 クラウドベースの分光法に対する需要の高まり 58
5.2.3.2 医薬品分野におけるプロセス分析技術(PAT)の需要の急増 58
図26 ラマン分光法の市場機会とその影響 59
5.2.4 課題 59
5.2.4.1 分光器の設計における改良の欠如 59
図 27 ラマン分光法市場の課題とその影響 60
5.3 サプライチェーン分析 60
図28 ラマン分光法市場のサプライチェーン 60
5.4 市場参加者および原材料供給者のビジネスに影響を与えるトレンド/混乱 62
5.4.1 ラマン分光法市場のプレーヤーの収益シフトと新たな収益ポケット 62
図29 ラマン分光法市場における収益の変化 62
5.5 ラマン分光法のエコシステム 63
図30 ラマン分光法のエコシステム 63
表2 ラマン分光法の製造業者、供給業者、販売業者の一覧 64
5.6 ポーターズファイブフォース分析 65
表3 ラマン分光法市場:ポーターズ・ファイブフォース分析 65
図31 ポーターズファイブフォース分析 66
5.6.1 新規参入者の脅威 66
5.6.2 代替品の脅威 67
5.6.3 サプライヤーのバーゲニング・パワー 67
5.6.4 バイヤーのバーゲニング・パワー 67
5.6.5 競合他社との競争の激化 67
5.7 ケーススタディ 68
5.7.1 ポリマーの相分布を画像化できる新しいラマン分光法の開発 68
5.7.2 早期がん診断のための画期的なバイオセンサー・プラットフォームの研究開発 68
5.7.3 高速コンテンツの均一性テストのための透過型ラマン分光法の導入 69
5.8 技術分析 69
5.8.1 補完的な技術 69
5.8.1.1 中性子非弾性散乱(INS) 69
5.8.2 隣接する技術 69
5.8.2.1 蛍光分光法 69
5.8.2.2 赤外分光法 70
5.9 平均販売価格の分析 70
表4 ラマン分光法の平均販売価格 70
5.10 トレード分析 71
5.10.1 輸入シナリオ 71
表5 国別の輸入データ(2016年~2020年)(百万米ドル) 71
5.10.2 輸出シナリオ 72
表6 国別の輸出データ(2016年~2020年)(百万米ドル) 72
5.11 特許分析(2015年~2020年) 73
図32 2011年から2021年までに全世界で取得された特許 78
表7 2011年から2021年までの特許所有者上位20社 78
図33 2011年から2021年にかけて、特許出願件数の多い上位10社 79
5.12 関税と規制 79
5.12.1 タリフ 79
5.12.2 法令遵守 79
5.12.2.1 規則 80
5.12.2.2 規格 80
6 ラマン分光法の種類 81
6.1 はじめに 81
図34 ラマン分光法の種類 81
6.2 ベンチトップ 81
6.2.1 ベンチトップ型ラマン分光法は、法医学、薬学、宝石学、ナノテクノロジー、学術研究などの分野で幅広く利用されています 81
6.3 ポータブル 82
6.3.1 その場で判断できる携帯型ラマン分光器 82
表8 ベンチトップ型ラマン分光法とポータブル型ラマン分光法の仕様比較 83

7 ラマン分光法市場:装置別 84
7.1 導入 85
図 35 ラマン分光法市場:装置別 85
図 36 予測期間中、ラマン分光器市場ではハンドヘルド/ポータブルラマン分野が最高のCAGRを記録 85
表9 ラマン分光法市場、金額・数量別、2017年~2020年 86
表10 ラマン分光法市場、金額・数量ベース、2021-2026年 86
表11:ラマン分光法市場:装置別
2017-2020年(百万米ドル) 86
表12 ラマン分光法市場:装置別
2021-2026 (US$100) 86
7.2 ラマン分光法 87
7.2.1 顕微鏡ラマンは、サンプルの前処理が少なくて済み、低濃度のサンプルでも分析が可能です。
7.3フィート ラマン87
7.3.1 ft ラマン分光器は特殊なサンプル前処理を必要とせず、あらゆる物理的状態のサンプルから良質な信号をほぼ確実に収集することができます。
7.4 ハンドヘルド/ポータブルラマン 88
7.4.1 2020年のラマン分光器市場では、携帯型・ポータブル型が最大のシェアを占める 88
7.5 OTHERS 89
7.5.1 分散型ラマン 89
表13 ftラマン分光器と分散型ラマン分光器の仕様比較 89
7.5.2 非分散型ラマン 89
7.5.3 プローブラマン 89
8 ラマン分光法市場:サンプリング手法別 90
8.1 導入 91
図 37 ラマン分光法の市場:サンプリング手法別 91
図38 2021年から2026年まで、ラマン分光法市場では表面増強ラマン散乱分野が最高のCAGRを記録 91
表14 ラマン分光法市場:サンプリング手法別
2017-2020年 (US$百万) 92
表15 ラマン分光法市場:サンプリング手法別
2021-2026 (US$100) 92
8.2 表面増強ラマン散乱 92
8.2.1 サーは、分子からのラマン信号を数桁増幅し、より高い効率で散乱を起こすことができる 92
8.3 チップ強化ラマン散乱 93
8.3.1 他のラマン技術とは異なり、TERSは水性媒体中の試料の調査に適している 93
8.4 OTHERS 94
9 ラマン分光法市場:アプリケーション別 95
9.1 導入 96
図39 アプリケーション別の市場区分 96
図40 ラマン分光法市場では、医薬品用途が2021年から2026年まで最高のCAGRを記録 96
表16 アプリケーション別のラマン分光法市場
2017-2020年 (US$百万) 97
表17 アプリケーション別のラマン分光法市場
2021-2026 (US$100) 97
9.2 医薬品 98
9.2.1 固体医薬品におけるラマン分光法の利用拡大が市場の成長を牽引 98
図41 医薬品用途のラマン分光法市場は2021年から2026年までアジアが優勢 98
表18 医薬品用途のラマン分光法市場
地域別, 2017-2020 (US$100) 99
表19 医薬品用途のラマン分光法市場
地域別, 2021-2026 (US$100) 99
表20 北アメリカの医薬品用途向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(百万米ドル) 99
表21 北米の医薬品向けラマン分光法市場:国別、2021年~2026年(単位:百万米ドル) 100
表22 ヨーロッパの医薬品用途向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(US$100万) 100
表23 ヨーロッパの医薬品用途向けラマン分光法市場:国別、2021年~2026年(百万米ドル) 100
表24 アジア太平洋地域の医薬品用途向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(百万米ドル) 101
表25 アジア太平洋地域の医薬品用ラマン分光法市場:国別、2021年~2026年(百万米ドル) 101
表26:医薬品用途におけるラマン分光法の市場規模(地域別)、2017年~2020年(米ドル/億円) 101
表27:医薬品用途におけるラマン分光法の市場規模(地域別)、2021年~2026年(米ドル) 102
9.3 材料科学 102
9.3.1 ラマン分光法は、材料の物理的・化学的情報を抽出する最も強力な技術の一つである 102
表28 材料科学アプリケーション向けラマン分光法市場:地域別、2017年~2020年(米ドル) 102
表29 材料科学アプリケーション向けラマン分光法市場:地域別、2021-2026年(米ドル) 103
表30 北米の材料科学アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(単位:百万米ドル) 103
表31 北米の材料科学アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2021年~2026年(単位:百万米ドル) 103
表32 ヨーロッパの材料科学アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(USD 100万) 104
表33 ヨーロッパの材料科学アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2021-2026年(米ドル) 104
表34 アラブ首長国連邦の材料科学アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(米ドル) 104
表35 アジア太平洋地域の材料科学アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2021年~2026年(百万米ドル) 105
表36 材料科学アプリケーション用のラマン分光法市場(ロウ):地域別、2017年~2020年(米ドル) 105
表37:材料科学アプリケーション向けラマン分光法市場(ロウ):地域別、2021-2026年(米ドル) 105
9.4 ライフサイエンス 106
9.4.1 ラマン分光法は、様々なライフサイエンス材料の特性スペクトルの貴重な洞察を提供する 106
図42 予測期間中、ライフサイエンス分野のラマン分光法市場はアジアが優勢 106
表38 生命科学アプリケーション向けラマン分光法市場:地域別、2017年~2020年(米ドル) 107
表39 生命科学アプリケーション向けラマン分光法市場:地域別、2021-2026年(米ドル) 107
表40 北アメリカのライフサイエンスアプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(百万米ドル) 107
表41 北米のライフサイエンスアプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2021年~2026年(単位:百万米ドル) 108
表42 ヨーロッパのライフサイエンスアプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(百万米ドル) 108
表43 ヨーロッパのライフサイエンスアプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2021年~2026年(百万米ドル) 108
表44 アジア太平洋地域のライフサイエンスアプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(単位:百万米ドル) 109
表45 アジア太平洋地域のライフサイエンスアプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2021年~2026年(百万米ドル) 109
表46 生命科学アプリケーション向けラマン分光法市場(ロウ):地域別、2017年~2020年(百万米ドル) 109
表47 生命科学アプリケーション向けラマン分光法市場(ロウ):地域別、2021-2026年(百万米ドル) 110
9.5 カーボン素材 110
9.5.1 ラマン分光法は炭素材料の研究、開発、品質管理に用いられる 110
表48 炭素材料用途のラマン分光法市場
地域別、2017-2020年(百万米ドル) 110
表49 炭素材料用途のラマン分光法市場
地域別, 2021-2026 (US$100) 111
表50 北米の炭素材料用途向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(単位:百万米ドル) 111
表51 北米の炭素材料用途向けラマン分光法市場:国別、2021-2026年(百万米ドル) 111
表52 ヨーロッパの炭素材料用途向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(百万米ドル) 112
表53 ヨーロッパの炭素材料用途向けラマン分光法市場:国別、2021年~2026年(百万米ドル) 112
表54 apacの炭素材料用途のラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(米ドル) 112
表55 apacの炭素材料用途のラマン分光法市場:国別、2021-2026年(百万米ドル) 113
表56 列島の炭素材料用途向けラマン分光法市場、地域別、2017年~2020年(US$100万) 113
表57 列島の炭素材料アプリケーション用ラマン分光法市場:地域別、2021-2026年(米ドル) 113
9.6 半導体 114
9.6.1 ラマン分光法はすべての半導体の特性評価と画像化に利用できる 114
図43 2021年から2026年まで、半導体用途のラマン分光法市場はアジアが優勢 114
表58 半導体用途のラマン分光法市場
地域別、2017-2020年(百万米ドル) 115
表59:半導体アプリケーション向けラマン分光法市場
地域別, 2021-2026 (US$100) 115
表60 北米の半導体アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(単位:百万米ドル) 115
表61 北アメリカの半導体アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2021-2026年(百万米ドル) 116
表62 ヨーロッパの半導体アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(単位:百万米ドル) 116
表63 ヨーロッパの半導体アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2021-2026年(百万米ドル) 116
表64 アジア太平洋地域の半導体アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(USD 100万) 117
表65 アジア太平洋地域の半導体アプリケーション向けラマン分光法市場:国別、2021-2026年(百万米ドル) 117
表66 列島の半導体アプリケーション向けラマン分光法市場:地域別、2017年~2020年(米ドル) 117
表67 列島の半導体アプリケーション向けラマン分光法市場:地域別、2021年~2026年(USD 100万) 118
9.7 OTHERS 118
9.7.1 ラマン分光法市場のその他の用途には、農業、化学、法医学、化粧品などがある 118
9.7.2 農業 118
9.7.3 ケミカル 118
9.7.4 フォレンジック 118
9.7.5 化粧品 118
表68 その他の用途のラマン分光法市場、地域別、2017-2020年(米ドル) 119
表69 その他の用途におけるラマン分光法の市場:地域別、2021-2026年(USD 100万) 119
表70 北アメリカのその他の用途向けラマン分光法市場:国別、2017年~2020年(単位:百万米ドル) 119
表71 北アメリカのその他の用途向けラマン分光法市場:国別、2021-2026年(USD 100万) 120
表72 ヨーロッパのその他のアプリケーションにおけるラマン分光法市場
国別、2017-2020年(百万米ドル) 120
表73 ヨーロッパのその他のアプリケーションにおけるラマン分光法市場
国別, 2021-2026 (US$100) 120
表74 apacのその他のアプリケーションにおけるラマン分光法市場
国別、2017-2020年(百万米ドル) 121
表75 apacのその他のアプリケーションにおけるラマン分光法市場
国別, 2021-2026 (US$100) 121
表76 ラマン分光法のその他の用途における市場規模(単位:億円
地域別、2017-2020年(百万米ドル) 121
表77:米国におけるその他のアプリケーション用ラマン分光法市場
地域別, 2021-2026 (US$100) 122
10 地理的分析 123
10.1 導入 124
図44 ラマン分光法市場の地域別構成 124
図45 アジアのラマン分光器市場は予測期間中に最も高い成長率を示す 124
表78 ラマン分光法市場、地域別、2017-2020年(米ドル) 125
表79 ラマン分光法の市場:地域別、2021-2026年(単位:百万米ドル) 125
10.2 北アメリカ 125
図46 北アメリカのラマン分光法市場のスナップショット 126
表80 北アメリカのラマン分光法市場、アプリケーション別、2017年~2020年(米ドル) 126
表81 北アメリカのラマン分光法市場:アプリケーション別、2021-2026年(USD 100万) 127
図47 北アメリカのラマン分光器市場は、予測期間中、米国がリードする 127
表82 北アメリカのラマン分光法市場:国別
2017-2020年 (US$100) 127
表83 北アメリカのラマン分光法市場:国別
2021-2026 (US$100) 128
10.2.1 米国 128
10.2.1.1 米国ではラマン分光器の製造会社の存在が市場成長を後押し 128
表84 米国のラマン分光法市場:用途別
2017-2020年 (US$百万) 129
表85 米国のラマン分光法市場:用途別
2021-2026 (US$100) 129
10.2.2 カナダ 129
10.2.2.1 政府および非政府組織による研究開発への多額の投資がカナダの市場成長を促進する 129
表86 カナダのラマン分光法市場:用途別
2017-2020年 (US$百万) 130
表87 カナダのラマン分光法市場:用途別
2021-2026 (US$100) 130
10.2.3 メキシコ 130
10.2.3.1 メキシコではヘルスケア分野への投資が増加し、市場の成長を促進 130
表88 メキシコのラマン分光法市場:用途別
2017-2020年(百万米ドル) 131
表89 メキシコのラマン分光法市場:用途別
2021-2026 (US$100) 131
10.3 ヨーロッパ 132
図48 ヨーロッパのラマン分光器市場のスナップショット 132
Table 90 ヨーロッパのラマン分光法市場:アプリケーション別
2017-2020年(百万米ドル) 133
表91 ヨーロッパのラマン分光法市場:アプリケーション別
2021-2026 (US$100) 133
図 49 予測期間中、欧州のラマン分光器市場では英国が最高の CGR を記録する見込み 134
表92 ヨーロッパのラマン分光法市場:国別
2017-2020年(百万米ドル) 134
表93 ヨーロッパのラマン分光法市場:国別
2021-2026 (US$100) 134
10.3.1 英国 135
10.3.1.1 ラマン分光法市場の主要プレーヤーは、英国の研究開発センターの促進に投資している 135
表94 英国のラマン分光法市場:用途別
2017-2020年 (US$100) 135
表95 英国のラマン分光法市場:用途別
2021-2026 (US$100) 136
10.3.2 ドイツ 136
10.3.2.1 ライフサイエンス分野におけるラマン分光法の需要急増がドイツの市場成長を促進 136
表96 ドイツのラマン分光法市場:用途別
2017-2020年(百万米ドル) 137
表97 ドイツのラマン分光法市場:用途別
2021-2026 (US$100) 137
10.3.3 フランス 137
10.3.3.1 ラマン分光法を専門とする数多くの研究所が存在することがフランスの市場成長の要因 137
表98 フランスのラマン分光法市場:用途別
2017-2020年 (US$100) 138
表99 フランスのラマン分光法市場:用途別
2021-2026 (US$100) 138
10.3.4 その他のヨーロッパ諸国(ROE) 139
表100 ヨーロッパ南部のラマン分光法市場:用途別、2017年~2020年(百万米ドル) 139
表101 ヨーロッパのその他の地域におけるラマン分光法のアプリケーション別市場規模、2021-2026年(単位:百万米ドル) 139

10.4 APAC 140
図50:アジアにおけるラマン分光法市場のスナップショット 140
表102 アラブ首長国連邦のラマン分光法市場:用途別
2017-2020年 (US$100) 141
表103 アラブ首長国連邦のラマン分光法市場:用途別
2021-2026 (US$100) 141
図51 予測期間中、アジア太平洋地域では中国がラマン分光法市場を支配する 141
表104 アラブ首長国連邦のラマン分光器市場:国別
2017-2020年(米ドル) 142
表105 アラブ首長国連邦のラマン分光器市場:国別
2021-2026 (US$ million) 142
10.4.1 中国 142
10.4.1.1 アジア太平洋地域におけるラマン分光法の市場は中国が最も成長する可能性が高い 142
表106 中国のラマン分光法市場:用途別
2017-2020年(百万米ドル) 143
表107 中国のラマン分光法市場:用途別
2021-2026 (US$100) 143
10.4.2 日本 144
10.4.2.1 日本では医療費の増加がラマン分光法の需要増につながる 144
表108 日本のラマン分光法市場:用途別
2017-2020年(百万米ドル) 144
TABLE 109 日本のラマン分光法市場:アプリケーション別
2021-2026 (US$100) 144
10.4.3 韓国 145
10.4.3.1 ラマン分光法を採用する大学や研究機関の存在が韓国の市場成長に拍車をかける 145
table 110 韓国のラマン分光法市場:用途別
2017-2020年(百万米ドル) 145
table 111 韓国のラマン分光法市場:用途別
2021-2026 (US$100) 145
10.4.4 インド 146
10.4.4.1 インドにおけるラマン分光法市場の成長を促す医薬品産業の拡大 146
表112 インドのラマン分光法市場:用途別
2017-2020年(百万米ドル) 146
表113 インドのラマン分光法市場:用途別
2021-2026 (US$100) 146
10.4.5 その他のアジア諸国 147
表114 アラブ首長国連邦のラマン分光器市場:用途別
2017-2020年(百万米ドル) 147
表115 アジアのその他の地域におけるアプリケーション別のラマン分光法市場
2021-2026 (US$100) 147

10.5 ROW 148
表116 列島のラマン分光法市場:用途別
2017-2020年(百万米ドル) 148
表117 列島のラマン分光法市場:用途別
2021-2026 (US$100) 148
図52 中近東・アフリカが2021年にラマン分光法市場で大きなシェアを占める 149
表118 列島のラマン分光器市場:国別
2017-2020年(百万米ドル) 149
表119 ラマン分光法の列国別市場
2021-2026 (US$百万) 149
10.5.1 中近東・アフリカ 150
10.5.1.1 研究機関、流通業者、大学によるラマン分光計の導入が進んでいることがMEAの市場成長を支えている 150
表120 中近東・アフリカのラマン分光法市場
アプリケーション別、2017-2020年(百万米ドル) 150
表121 中近東・アフリカのラマン分光法市場
アプリケーション別, 2021-2026 (US$100) 150
10.5.2 南米 151
10.5.2.1 製薬およびライフサイエンス研究への投資の増加が市場成長の機会となる 151
表122 南米のラマン分光法市場:用途別、2017年~2020年(USD 100万) 151
表123 南米のラマン分光法市場:アプリケーション別、2021-2026年(USD 100万) 151
10.6 様々な地域におけるラマン分光法市場へのCovid-19の影響 152
10.6.1 最も影響を受けた地域 152
10.6.1.1 北アメリカ 152
図53 ラマン分光法市場におけるCovid-19の影響
北アメリカ 152
10.6.2 最も影響を受けていない地域 152
10.6.2.1 APAC 152
図54 apacのラマン分光法市場におけるCovid-19の影響 153
11 競争状況 154
11.1 概要 154
11.2 市場評価フレームワーク 154
表124 主要なラマン分光法製造企業の戦略の概要 154
11.2.1 製品ポートフォリオ 155
11.2.2 地域別フォーカス 155
11.2.3 マニュファクチャリング・フットプリント 155
11.2.4 オーガニック/インオーガニック戦略 155
11.3 市場シェア分析(2020年) 156
表125 ラマン分光法市場:市場シェア分析(2020年) 156

11.4 5年間の企業収益分析 157
図55 トップ5プレーヤーの5年間の収益分析
ラマン分光法市場、2016-2020年 157
11.5 企業の評価基準 158
11.5.1 スター 158
11.5.2 エマージング・リーダー 158
11.5.3 パーベイシブ 158
11.5.4 参加者 158
図56 ラマン分光法市場:2020年における企業評価クワドラント 159
11.6 会社のフットプリント 160
表126 会社のフットプリント 160
表127 会社のアプリケーション・フットプリント 161
表128 会社の地域別フットプリント 162
11.7 競争状況とトレンド 163
11.7.1 製品の発売 163
表129 製品の発売(2018年1月~2021年12月) 163
11.7.2 お得な情報 167
表130 取引事例(2018年1月~2021年12月) 167
11.7.3 その他 169
表131 投資と拡張(2018年1月~2021年12月) 169
12 会社概要 170
(事業概要、提供する製品/ソリューション、最近の開発状況、MnMビュー(主な強み/勝算、戦略的選択、弱みと競争上の脅威)など)*。
12.1 キープレイヤー 170
12.1.1 サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック社 170
表 132 サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック社:事業概要 170
図57 サーモ・フィッシャー・サイエンティフィック社:会社概要
12.1.2 アジレント・テクノロジー株式会社 174
表 133 アジレント・テクノロジー株式会社:事業概要 174
図58 アジレント・テクノロジー株式会社:企業スナップショット 175
12.1.3 ブルカー・コーポレーション 179
表 134 ブルカー・コーポレーション:事業概要 179
図59 Bruker Corporation:会社のスナップショット 180
12.1.4 メトラー・トレド・インターナショナル社 183
表135 メトラー・トレド・インターナショナル社:事業概要 183
図60 メトラー・トレド・インターナショナル社:会社概要 184
12.1.5 レニショー・ピーエルシー 186
表 136 レニショー・ピーエルシー:事業概要 186
図61 レニショー・ピーエルシー 会社のスナップショット 187
12.1.6 株式会社ホリバ 190
表137 株式会社ホリバ:事業概要 190
図62 堀場製作所 会社のスナップショット 191
12.1.7 metrohm ag 196
table 138 metrohm ag: 事業概要 196
12.1.8 Kaiser Optical Systems, Inc. 199
表139 カイザー・オプティカル・システムズ・インコーポレーテッド:事業概要 199
12.1.9 株式会社リガク 201
表 140 リガク株式会社:事業概要 201
12.1.10 パーキンエルマー社 205
表141 パーキネルマー社:事業概要 205
図63 パーキネルマー社:会社のスナップショット 206
12.2 その他の主要プレーヤー 208
12.2.1 アントン・パアー・ジーエムビー 208
12.2.2 トルネード・スペクトル・システムズ社 209
12.2.3 ウィテック・ジンバブエ 210
12.2.4 オーシャンインサイト 211
12.2.5 HAMAMATSU PHOTONICS K.K. 212
12.2.6 B&W TEK, INC. 213
12.2.7 エンハンスト・スペクトロメトリー社 213
12.2.8 フォトン・システムズ 214
12.2.9 レーザー検知システム 214
12.2.10 ostec 215
*事業概要、提供している製品・ソリューション、最近の開発状況、MnM View(主要な強み・Right to Win、戦略的選択、弱み・競争上の脅威)などの詳細については、未掲載の企業の場合、把握できない場合があります。
13 付録 216
13.1 ディスカッション・ガイド 216
13.2 ナレッジストア marketsandmarketsのサブスクリプション・ポータル 219
13.3 利用可能なカスタマイズ 221
13.4 関連レポート 221
13.5 著者の詳細情報 222

https://www.marketreport.jp/raman-spectroscopy-market-covid19-impact-se7974



  • ライトフィールド市場:技術別(ハードウェア(画像ソリューション、ライトフィールドディスプレイ)、ソフトウェア)、業種別(メディア&エンターテインメント、医療、建築、産業、防衛)、地域別(北米、APAC、欧州、RoW) – 2026年までの世界予測
  • 感情分析の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、感情分析の世界市場について調べ、感情分析の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、感情分析の市場規模をセグメンテーション別(用途別(顧客体験管理、販売およびマーケティング管理、競争力インテリジェンス、公安および法執行機関、その他)、)と地域別(グローバル)に分 …
  • 世界のボルト/ VAr管理市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のボルト/ VAr管理市場が2018年4.968憶ドルから2027年7.9206憶ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。当資料では、ボルト/ VAr管理について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コンポーネント別(ソフトウェアとサービス、ハードウェア)分析、用途別(デ …
  • コンパクトホイールローダーの世界市場2019-2029
    本調査はコンパクトホイールローダーの現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、製品別(コンパクトトラックローダー、スキッドステアローダー、バックホーローダー、ホイールローダー)分析、用途別(建設、農林業、産業、公益事業)分析、地域別分析、市場構造分析、競争分析、調査手法に区分して掲載してい …
  • クラウドストレージサービスの世界市場予測・分析:エンドユーザー別
    Technavio社の本調査レポートでは、クラウドストレージサービスの世界市場について調べ、クラウドストレージサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、クラウドストレージサービスの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(大企業、中小企業)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました …
  • 膜ろ過の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、膜ろ過の世界市場規模が2017年114.8億ドルから2026年237.4億ドルまで年平均8.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、膜ろ過の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、膜ろ過市場規模、モジュールデザイン別(中空糸、管状システム、プレート&フレームおよび中空糸、らせん状の傷)分析、膜材料別(ポ …
  • 徐放性コーティング剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、徐放性コーティング剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(In Vitro、In Vivo)分析、基材種類別(錠剤、カプセル、ピル)分析、ポリマー材料種類別(エチル&メチルセルロース、ポリビニル&セルロースアセテート、メタクリル酸、PEG)分析、徐放性コーティング剤の世界市場規 …
  • ベビー&妊娠用スキンケア製品の世界市場:製品タイプ別(妊娠用スキンケア、ベビー用スキンケア)、流通チャネル別、産業分析、サイズ、シェア、成長、トレンド、予測、2021年~2031年
  • 無水マレイン酸の世界市場:用途別(1,4-BDO、UPR、添加剤、共重合体)
    Grand View Research社は、無水マレイン酸の世界市場規模が年平均6.7%成長して2025年まで43.8億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、無水マレイン酸の世界市場について調査・分析し、無水マレイン酸の世界市場動向、無水マレイン酸の世界市場規模、市場予測、用途別(1,4-BDO、UPR、添加剤、共重合体)分析、主要地域別市場規模 …
  • 一般外科用器具の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、一般外科用器具の世界市場について調査・分析し、市場動向、種類別(使い捨て手術用品、オープン手術器具、エネルギーベースおよび電動器具、低侵襲手術器具、癒着防止製品、医療ロボットおよびコンピューター支援手術器具)分析、用途別(整形外科、心臓病学、眼科、創傷ケア、聴覚学、胸部外科、泌尿器科婦人科外科、形成外科、神経外科、その他)分析、地域別分析 …
  • スケール防止剤の世界市場:種類別、用途別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではスケール防止剤について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(ホスホネート、カルボキシレート/アクリル系スケール防止剤)分析、用途別(電力および建設、鉱業、石油およびガス、水および廃水処理、食品および飲料)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリ …
  • 世界のコーポレートリーダーシップトレーニング市場2020-2024
    「コーポレートリーダーシップトレーニングの世界市場2020-2024」は、コーポレートリーダーシップトレーニングについて市場概要、市場規模、用途別(ILT、ブレンドトレーニング、オンライントレーニング)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 …
  • 世界のスマートマテリアル市場2020-2024
    「スマートマテリアルの世界市場2020-2024」は、スマートマテリアルについて市場概要、市場規模、材料別(圧電材料、形状記憶合金、熱電材料、レオロジー流体、磁歪材料、その他の材料)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 …
  • トランスオイルクーラーの世界市場、洞察と2027年までの予測
  • 座標測定機の世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートでは座標測定機について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、提供別(製品、サービス)分析、製品タイプ別(固定、ポータブル)分析、用途別(検査、リバースエンジニアリング)分析、エンドユーザー別(自動車、航空宇宙および防衛、エネルギーおよび電力、電子機器、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 …
  • ケーブルトレイの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ケーブルトレイの世界市場について調べ、ケーブルトレイの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ケーブルトレイの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(商業、産業、家庭)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はケーブルトレ …
  • 骨内固定用ネイルの世界市場、洞察と2027年までの予測
  • 解剖病理学の世界市場2019-2026:製品&サービス別、用途別、エンドユーザー別
    本調査レポートでは、解剖病理学の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、製品&サービス別(機器、消耗品、サービス)分析、用途別(病気診断、創薬&開発、その他)分析、エンドユーザー別(病院、病理学研究所、研究所、その他)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 …
  • 世界の食品&食料雑貨小売市場規模調査:製品別(包装食品、非包装食品、飲料、タバコ、家庭用品)、用途別(ベーカリー・菓子、肉・鶏肉・魚介類、乳製品、飲料、その他)、地域別予測 2021-2027年
  • コールドプラズマの世界市場:産業別、用途別、レジーム別
    世界のコールドプラズマ市場は2018年に約13億米ドル、2019年から2026年の予測期間にわたって15.6%以上の成長率で成長すると予想されます。 非平衡プラズマまたは弱電離プラズマとも呼ばれるコールドプラズマは、プラズマの分類であり、物質の第4の状態と見なされます。当調査レポートでは、コールドプラズマの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー …
  • プラスチック無菌包装の世界市場、洞察 2021年、分析、2026年までの予測:企業別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • にきび対策用化粧品の世界市場:クレンザー、エマルジョン、マスク
    Technavio社の本調査レポートでは、にきび対策用化粧品の世界市場について調べ、にきび対策用化粧品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、にきび対策用化粧品の市場規模をセグメンテーション別(製品別(クレンザー、エマルジョン、マスク)、)と地域別(アジア太平洋、EMEA、米州)に分けて算出しました …
  • 世界の次亜リン酸ナトリウム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の次亜リン酸ナトリウムが2018年5.8236憶ドルから2027年10.5128憶ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。当資料では、次亜リン酸ナトリウムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、グレード別(産業用、電気、その他)分析、純度別(< 99%、≥ 99%) …
  • 世界の音声認識API市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の音声認識API市場が2018年13.2憶ドルから2027年66.3憶ドルまで年平均20%成長すると予測しています。当資料では、音声認識APIについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア、その他)分析、展開モード別(オンプロミス、クラウド …
  • 世界の装具型フットインソール市場2020-2024
    「装具型フットインソールの世界市場2020-2024」は、装具型フットインソールについて市場概要、市場規模、用途別(医療、スポーツ)分析、流通チャンネル別(小売店、オンライン小売)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブ …
  • 世界のグローライト市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のグローライト市場が2018年30.5憶ドルから2027年97.2億ドルまで年平均13.7%成長すると予測しています。当資料では、グローライトについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、スペクトラム別(部分スペクトル、フルスペクトル)分析、光源別(高圧ナトリウム(HPS)、蛍光 …
  • 世界のLiDARドローン市場予測2025年:コンポーネント別、種類別、範囲別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、LiDARドローンの世界市場規模が2020年133百万ドルから2025年392百万ドルまで年平均24.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のLiDARドローン市場を広く調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(LiDARレーザー、ナビゲーションおよびポジショニングシステム、UAVカメラ、その他)分析、 …
  • 臭素の世界市場予測:誘導体別、用途別
    MarketsandMarkets社は、臭素の世界市場規模が2019年33億ドルから2024年44億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、市場概要、誘導体別(有機臭素、透明ブライン液、臭化水素(HBR))分析、用途別(難燃剤、水処理、水銀放出制御、石油&ガス掘削、HBRフロー電池、Pta合成、 …
  • 胸骨閉鎖の世界市場2019 – 2026:製品別、材料別、手順別、セグメント予測
    本レポートでは、胸骨閉鎖の世界市場について、調査手法・範囲、エグゼクティブサマリ-、市場変数・傾向、競合分析、製品別(クロージャーデバイス、骨セメント)分析、材料別(ステンレス、PEEK、チタン)分析、手順別(胸骨正中切開、片側切開、両側胸骨切開)分析、地域別分析、競合状況などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・調査手法・範囲 ・エグゼクティブサマリ- …
  • 加水分解コラーゲンの世界市場:フォーム別、用途別
    当調査レポートでは、加水分解コラーゲンの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、フォーム別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・加水分解コラーゲンの世界市場:フォーム別(液体、粉末、カプセル) ・加水分解コ …
  • 世界のセラミックファイバー市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のセラミックファイバー市場が2018年17.9憶ドルから2027年49.1億ドルまで年平均11.9%成長すると予測しています。当資料では、セラミックファイバーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、形態別(モジュール、紙、ブランケット、ボード、ガスケット、バルク繊維)分析、 …
  • ジェリー缶の世界市場2019-2029
    本調査はジェリー缶の現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、需要分析、価格分析、成功背景、材料別(プラスチック、メタル)分析、容量別(10リットル未満、10-25リットル、25リットル以上)分析、最終用途別(食品および飲料、農薬、工業薬品)分析、地域別分析、市場構造分析、競争分析、調査手法に区分して掲載しています。 ・エグゼクティブサマ …
  • 医療用データストレージの世界市場予測:配信別、構成別、種類別、システム別
    当調査レポートでは、医療用データストレージの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、配信別(リモート、ハイブリッド、オンプレミス)分析、構成別(ファイル、ブロック、オブジェクト)分析、種類別(テープ、フラッシュ、ソリッド)分析、システム別(直接、ネットワーク)分析、医療用データストレージの世界市場規模及び予測 …
  • 自転車・スクーターレンタルの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、自転車・スクーターレンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別(従量制およびサブスクリプションベース)、分析、推進力別(ペダル、電気、ガソリン)分析、運用モデル別(ドックレスおよびステーションベース)分析、乗り物別(自転車、スクーター)分析、自転車・スクーターレンタルの世界 …
  • 世界の賞味期限試験市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の賞味期限試験市場は予測期間中に年平均8.8%成長すると予測しています。当資料では賞味期限試験について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(早期、リアルタイム)分析、用途別(動物飼料、ペットフード、人間の食べ物、栄養補助食品)分析、地域別分析、主要動向、企業概要に …
  • 世界のインタラクティブフィットネス市場2020-2024
    「インタラクティブフィットネスの世界市場2020-2024」は、インタラクティブフィットネスについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(オンロード、オフロード)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・調査手法 ・市場概要 ・市場規 …
  • 世界の画像処理ユニット市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の画像処理ユニット市場が2018年10.8憶ドルから2027年55.1憶ドルまで年平均19.8%成長すると予測しています。当資料では画像処理ユニットについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、製作プロセス別(= 16 NMノード、> 16–28 NMノード)分析、用途別(監視カ …
  • 抗ニキビセラムの世界市場2019-2026:製品タイプ別、最終用途別
    本調査レポートでは、抗ニキビセラムの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、製品タイプ別(マスク、クリーム&ローション、クレンザー&トナーなど)分析、最終用途別(女性&男性)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 ・市場動向 ・産業分析 ・抗ニキビセラムの世 …
  • ハラール成分の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、ハラール成分の世界市場規模が2017年401.7億ドルから2026年774.7億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ハラール成分の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ハラール成分市場規模、成分種類別(製薬産業用成分、化粧品産業用成分、食品・飲料産業用成分)分析、エンドユーザー別 …
  • 世界の神経血管ガイドワイヤー市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • 局所疼痛緩和のアメリカ市場
  • スポーツアナリティクスの世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートではスポーツアナリティクスについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、用途別(マーケティング/販売、ビデオ分析、ファンエンゲージメント、チームパフォーマンスとトレーニングスポーツ、プレーヤー分析と健康評価)分析、地域別分析、競争 …
  • 合成ポリイソプレンゴムの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、合成ポリイソプレンゴムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、用途別(医療用手袋、コンドーム、医療用バルーン、カテーテル、接着剤)分析、最終用途別(医療、消費財、産業用)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分析などを含め、以下の構成でお届けします。 ・エグゼクティ …
  • オーガニックスパイスの世界市場:製品種類別(ジンジャー、ウコン、クローブ、コショウ、シナモン、ナツメグ、マスタードシード、その他)、フォーム別(粉末、粒状、抽出物、生)、流通チャンネル別(直接、間接)
    本資料は、オーガニックスパイスの世界市場について調べ、オーガニックスパイスの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品種類別(ジンジャー、ウコン、クローブ、コショウ、シナモン、ナツメグ、マスタードシード、その他)分析、流通チャンネル別(直接、間接)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポ …
  • インドのプレースクール市場予測・分析2020-2024
  • 衛生陶器・浴室用アクセサリのベトナム市場
  • 世界のデニムジーンズ市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートはデニムジーンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範 …
  • リン酸二水素カリウムの世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界の自動車用ワイヤーハーネス市場予測2027年:用途別、伝送種類別、カテゴリ別、ICE&電気自動車別、コンポーネント別、材料別、地域別
    MarketsandMarkets社は、自動車用ワイヤーハーネスの世界市場規模が2019年433億ドルから2027年554億ドルまで年平均3.1%成長すると予測しています。本書は、世界の自動車用ワイヤーハーネス市場について調査・分析し、市場概要、カテゴリー別(一般ワイヤ、耐熱ワイヤ、シールドワイヤ、チューブワイヤ)分析、用途別(エンジンハーネス、シャーシワイ …
  • フラットガラスの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、フラットガラスの世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(ベーシック/焼鈍、焼き戻し、ラミネート、絶縁、その他)分析、用途別(建築、自動車、その他の用途)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・フラットガラスの世界市場:製品別(ベーシック/ …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様