世界の赤外線検出器市場予測2025年:種類別、技術別、波長別、用途別、業種別、地域別

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Geographic Scope
1.3.3 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at Market Size By Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for Research Study
3 Executive Summary (Page No. – 32)
4 Premium Insights (Page No. – 36)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Market
4.2 Market, By Wavelength
4.3 Market in North America, By Country and Application
4.4 Market, By Type
4.5 Market, By Country (2019)
5 Market Overview (Page No. – 39)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Significant Adoption of Infrared Detectors in Motion and People Sensing Solutions
5.2.1.2 High Penetration of Infrared Detectors in Gas Analysis, Fire Detection, and Non-Contact Temperature Measurement Applications
5.2.1.3 Remarkable Popularity of Uncooled Infrared Detectors
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Stringent Import and Export Regulations for Infrared Cameras
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Rising Demand for Infrared Detectors From Emerging Countries
5.2.3.2 Growing Application Areas of Infrared Spectroscopy Technique
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Decrease in Data Accuracy With Increasing Distance Between Detector and Object
5.2.4.2 Availability of Substitute Technologies
5.3 Value Chain Analysis
6 Infrared Detector Market, By Type (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Mercury Cadmium Telluride (MCT)
6.2.1 North America to Continue to Dominate Market for Mercury Cadmium Telluride Infrared Detectors During 2020–2025
6.3 Indium Gallium Arsenide (InGaAs)
6.3.1 InGaAs Infrared Detectors Operate Mainly in Short-Wave Infrared Wavelength
6.4 Pyroelectric
6.4.1 People and Motion Sensing Application Drives Demand for Pyroelectric Infrared Detectors
6.5 Thermopile
6.5.1 Temperature Monitoring, Gas Monitoring, and Presence Detection are Key Applications of Thermopile Infrared Detectors
6.6 Microbolometer
6.6.1 Security and Surveillance Application is Expected to Drive Microbolometer Market During Forecast Period
6.7 Others
7 Market, By Technology (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Cooled Infrared Detector
7.2.1 Security and Surveillance Application Contributes Most to Growth of Market for Cooled Infrared Detectors
7.3 Uncooled Infrared Detector
7.3.1 Pyroelectric, Thermopiles, and Microbolometers are Most Commonly Used Uncooled Infrared Detectors
8 Market, By Wavelength (Page No. – 64)
8.1 Introduction
8.2 Near Infrared and Short-Wave Infrared
8.2.1 Indium Gallium Arsenide and Mercury Cadmium Telluride Detectors are Popular Infrared Detectors That are Sensitive in NIR and SWIR Wavelengths
8.3 Mid-Wave Infrared
8.3.1 Security and Surveillance is Key Application Area of MWIR Detectors
8.4 Long-Wave Infrared
8.4.1 Pyroelectric, Thermopiles, and Microbolometers are Most Commonly Used Infrared Detectors in LWIR Wavelength
9 Infrared Detector Market, By Application (Page No. – 70)
9.1 Introduction
9.2 People and Motion Sensing
9.2.1 Advanced People Detection and Counting
9.2.1.1 Commercial Infrastructure Segment Generates High Demand for Infrared Detectors for Advanced People Detection and Counting
9.2.2 People/Motion Detection for Security Systems
9.2.2.1 Pyroelectric Sensors are Commonly Used in Security Systems for People and Motion Detection
9.3 Temperature Measurement
9.3.1 Non-Contact Temperature Measurement
9.3.1.1 Industrial Vertical Witnesses Significant Demand for Infrared Thermometers for Non-Contact Temperature Measurement Application
9.3.2 Contact-Based Temperature Measurement
9.3.2.1 Thermocouples are Highly Adopted in Contact-Based Temperature Measurement Applications Owing to Their Low Cost and Capacity to Measure Wide Range of Temperatures
9.4 Security and Surveillance
9.4.1 Military & Defense Vertical Contributes Significantly to Growth of Market for Security and Surveillance Application
9.5 Gas and Fire Detection
9.5.1 Infrared Technology is Being Used to Detect Gases Including Methane, Ammonia, Carbon Monoxide, and Carbon Dioxide
9.5.2 Non-Dispersive Infrared Gas Detection
9.6 Spectroscopy and Biomedical Imaging
9.6.1 APAC is Likely to Witness Increasing Adoption of Infrared Detectors for Spectroscopy and Biomedical Imaging Application During Forecast Period
9.7 Scientific Applications
9.7.1 North America to Dominate Market, in Terms of Size, for Scientific Applications During Forecast Period
10 Market, By Vertical (Page No. – 97)
10.1 Introduction
10.2 Industrial
10.2.1 Automotive
10.2.1.1 Driver Vision Enhancement—Key Application Area for Infrared Detectors in Automotive Vertical
10.2.2 Aerospace
10.2.2.1 Security and Surveillance, Quality Inspection, and Vision Enhancement are Common Applications of Infrared Detectors in Aerospace Vertical
10.2.3 Semiconductor & Electronics
10.2.3.1 PCB Inspection, Wafer Inspection, and Machine Condition Monitoring are Key Applications for Which Infrared Detector-Enabled Devices are Used in Semiconductor & Electronics Vertical
10.2.4 Oil & Gas
10.2.4.1 Gas and Fire Detection is Critical Application Area for Infrared Detectors in Oil & Gas Industry
10.2.5 Others
10.3 Nonindustrial
10.3.1 Military & Defense
10.3.1.1 Vision Enhancement is Crucial Application Area of Infrared Detectors in Military & Defense Vertical
10.3.2 Residential & Commercial
10.3.2.1 People and Motion Sensing, Temperature Measurement, and Security and Surveillance are Primary Applications of Infrared Detectors in Residential & Commercial Vertical
10.3.3 Medical
10.3.3.1 Infrared Detectors are Primarily Adopted for Temperature Measurement Applications in Medical Segment
10.3.4 Scientific Research
10.3.4.1 Spectroscopy is Critical Application for Which Infrared Detectors are Used in Scientific Research
11 Geographic Analysis (Page No. – 104)
11.1 Introduction
11.2 North America
11.2.1 US
11.2.1.1 US to Continue to Account for Largest Share of North American Market During 2020–2025
11.2.2 Canada
11.2.2.1 Canada Would Demand Infrared Detectors for use in Security and Surveillance Application During Forecast Period
11.2.3 Mexico
11.2.3.1 Structural Reforms in Mexico to Have Positive Impact on Market Growth
11.3 Europe
11.3.1 UK
11.3.1.1 UK to Continue to Capture Largest Share of Market in Europe From 2020 to 2025
11.3.2 Germany
11.3.2.1 People and Motion Sensing is Major Application for Which Infrared Detectors are Adopted in Germany
11.3.3 France
11.3.3.1 Market Growth in France is Primarily Driven By People and Motion Sensing Application
11.3.4 Italy
11.3.4.1 Temperature Measurement, and People and Motion Sensing Applications are Key Contributors to Growth of Market in Italy
11.3.5 Rest of Europe
11.4 APAC
11.4.1 Japan
11.4.1.1 Japan is Home to Various Prominent Infrared Detector Manufacturers
11.4.2 China
11.4.2.1 China Holds Immense Potential Market Growth in Industrial Vertical
11.4.3 Taiwan
11.4.3.1 People and Motion Sensing Application to Command Market in Taiwan During 2020–2025
11.4.4 Rest of APAC
11.5 RoW
11.5.1 South America
11.5.1.1 Brazil, Chile, and Argentina Fuel Market Growth in South America
11.5.2 Middle East
11.5.2.1 Oil & Gas Industry Boosts Demand for Infrared Detectors in Middle Eastern Market
11.5.3 Africa
11.5.3.1 Market Growth in Africa is Supported By People and Motion Sensing Application
12 Competitive Landscape (Page No. – 127)
12.1 Overview
12.2 Market Ranking Analysis: Infrared Detector Market
12.3 Competitive Leadership Mapping
12.3.1 Visionary Leaders
12.3.2 Innovators
12.3.3 Dynamic Differentiators
12.3.4 Emerging Companies
12.4 Strength of Product Portfolio
12.5 Business Strategy Excellence
12.6 Competitive Situations and Trends
12.6.1 Product Launches
12.6.2 Expansions and Acquisitions
12.6.3 Partnerships and Contracts
13 Company Profiles (Page No. – 135)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
13.1 Key Players
13.1.1 Excelitas Technologies
13.1.2 Nippon Ceramic
13.1.3 Hamamatsu Photonics
13.1.4 Murata Manufacturing
13.1.5 FLIR Systems
13.1.6 Texas Instruments
13.1.7 OMRON Corporation
13.1.8 InfraTec
13.1.9 Lynred
13.1.10 TE Connectivity
13.2 Right to Win
13.3 Other Companies
13.3.1 Honeywell International
13.3.2 Raytheon Company
13.3.3 Laser Components
13.3.4 Dräger
13.3.5 Vigo System
13.3.6 Xenics
13.3.7 Melexis
13.3.8 Fagus Grecon
13.3.9 Thorlabs
13.3.10 Semitec Corporation
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not be Captured in Case of Unlisted Companies.
14 Appendix (Page No. – 164)
14.1 Insights of Industry Experts
14.2 Discussion Guide
14.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
14.4 Available Customizations
14.5 Related Reports
14.6 Author Details



  • 臭素の世界市場予測:誘導体別、用途別
    MarketsandMarkets社は、臭素の世界市場規模が2019年33億ドルから2024年44億ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、臭素の世界市場について調査・分析し、市場概要、誘導体別(有機臭素、透明ブライン液、臭化水素(HBR))分析、用途別(難燃剤、水処理、水銀放出制御、石油&ガス掘削、HBRフロー電池、Pta合成、 …
  • ルーフィングの北米市場
  • 世界のDNAシーケンス市場2020-2024
    「DNAシーケンスの世界市場2020-2024」は、DNAシーケンスについて市場概要、市場規模、ソリューション別(製品、サービス)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・DNAシーケン …
  • ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場2018-2026
    当調査レポートでは、ナチュラルキラー細胞治療法の世界市場について調査・分析し、市場概要、治療法別(NK細胞療法およびNK細胞指向性抗体)分析、用途別(がん、消化器疾患、免疫増殖性疾患、その他)分析、エンドユーザー別(研究センター&研究所、病院、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマ …
  • 咽頭癌治療法の世界市場:標的療法、化学療法
    Technavio社の本調査レポートでは、咽頭癌治療法の世界市場について調べ、咽頭癌治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、咽頭癌治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(標的療法、化学療法)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は咽頭癌治療法の世界市場規模 …
  • 石油及びガスにおけるデジタル変革の世界市場予測・分析:IoT、E&Pソフトウェア、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、HPC、AI、AR / VR、データ収益化
    Technavio社の本調査レポートでは、石油及びガスにおけるデジタル変革の世界市場について調べ、石油及びガスにおけるデジタル変革の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、石油及びガスにおけるデジタル変革の市場規模をセグメンテーション別(技術別(IoT、E&Pソフトウェア、ビッグデータ、クラウドコンピ …
  • 世界のNPK(窒素、リン、カリウム)肥料市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のNPK(窒素、リン、カリウム)肥料市場が2018年23憶ドルから2027年39.2憶ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。当資料では、NPK(窒素、リン、カリウム)肥料について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(塩素ベースの複合肥料、ニトロベースの複合肥料、 …
  • 脂肪アミンの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、脂肪アミンの世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(一次脂肪アミン、二次脂肪アミン、三次脂肪アミン)分析、用途別(農薬、油田化学、アスファルト添加剤、固化防止、水処理、化学合成、パーソナルケア、家庭、その他)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市 …
  • 太陽光発電の世界市場2019–2026
    当調査レポートでは、太陽光発電の世界市場について調査・分析し、市場概要、技術別(薄膜、モノラルSi、マルチSi)分析、システム別(高濃度太陽光発電(HCPV)、低濃度太陽光発電(LCPV))分析、用途別(産業、住宅、商業)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ …
  • 医療用冷却システムの世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートでは医療用冷却システムについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(液体ベースの冷却、空気ベースの冷却)分析、用途別(医療用画像システム、医療用レーザー、分析および実験装置、その他)分析、エンドユーザー別(OEM、病院および診療所、診断画像センター、 その他)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・ …
  • シームテープの世界市場:PU、PVC
    Technavio社の本調査レポートでは、シームテープの世界市場について調べ、シームテープの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、シームテープの市場規模をセグメンテーション別(材料別(PU、PVC)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算出 …
  • マイクロニードルダーマローラーの世界市場の洞察・予測(~2027年)
  • 世界の電動工具ビット市場 – 展望・2021-2027年の予測
  • 人工心臓弁の世界市場:弁の種類別、地域別
    世界の人工心臓弁市場は2018年に約55億米ドル、2019-2026年の予測期間にわたって12.90%以上の成長率で成長すると予想されています。 人工心臓弁は、心臓関連障害に苦しむ患者への人工心臓の移植を扱っています。当調査レポートでは、人工心臓弁の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、定義と範囲、動向、業界分析、弁の種類別分析、地域別分析、 …
  • 世界のアルミニウムフリー消臭剤2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 世界のDDI市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • 世界のハイブリッドバルブ市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のハイブリッドバルブ市場が2018年9.3憶ドルから2027年18.4憶ドルまで年平均7.9%成長すると予測しています。当資料では、ハイブリッドバルブについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、素材別(合金、二重ニッケル、スチール、チタン、炭化タングステン)分析、サイズ別分析、 …
  • オフショアデコミッショニングの世界市場予測:ウェルプラグ&放棄、プラットフォーム削除、その他
    当調査レポートでは、オフショアデコミッショニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、サービス別(ウェルプラグ&放棄、プラットフォーム削除、その他)分析、深さ別(浅い、深海)分析、構造別(上部、下部構造)分析、取り外し別(所定場所、部分的、完全)分析、オフショアデコミッショニングの世界市場規模及び予測、市 …
  • 世界のペットフード市場規模調査:製品別(ドライフード、ウェット/缶詰、栄養価の高いフード、スナック/トリーツ、その他)、用途別(犬、猫、その他)、地域別予測 2021-2027年
  • 癌補助療法薬剤の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、癌補助療法薬剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、薬物クラス別(G-CSF、エリスロポエチン刺激剤(ESA)、制吐剤、ビスホスホネート、オピオイド、NSAIDおよびその他)分析、地域別分析、競合分析などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・癌補助療法薬剤の世界市場:薬物クラス別 …
  • 世界のバルブポジショナー市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のバルブポジショナー市場が2018年15.9憶ドルから2027年29.6憶ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。当資料ではバルブポジショナーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、作動別(複動ポジショナー、単動ポジショナー、その他)分析、種類別(デジタルポジショナ …
  • eGRCの世界市場2019-2026:機会分析・産業予測
    本調査レポートでは、eGRCの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、構成要素別(ソリューション、サービス)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、ビジネス機能別(金融、情報技術、法務、運用)分析、種類別(方針管理、コンプライアンス管理、監査管理、インシデント管理、リスク管理、 …
  • 留出油試験サービスの世界市場2019-2029
    本調査は留出油試験サービスの現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、試験タイプ別(灰分試験、流動点試験、引火点試験、酸化安定性、その他)分析、サービスタイプ別(オフサイト、オンサイト)分析、サンプルタイプ別(燃料油、潤滑油、真空軽油、バンカー燃料、残留燃料)分析、最終用途別(製油所、ケミカル、 研 …
  • 世界のアイスクリーム加工装置市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • グレープフルーツ種子エキスの世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 複合材料製ドア・窓の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、複合材料製ドア・窓の世界市場規模が2017年7766億ドルから2026年1兆4641.8億ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、複合材料製ドア・窓の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、複合材料製ドア・窓市場規模、種類別(繊維強化プラスチック(FOR)、木質プラスチック複合材(WP …
  • マグネットの世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界のスパンメル不織布市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のスパンメル不織布市場が2017年223憶ドルから2026年474.8憶ドルまで年平均8.7%成長すると予測しています。当資料ではスパンメル不織布について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(非使い捨て、使い捨て)分析、用途別(室内装飾品、建設、自動車、衛星、ろ過)分析、 …
  • 世界の炭化カルシウム市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは炭化カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(アセチレン生産、還元剤及び脱水剤、製鋼、カルシウムシアナミド生産、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたしま …
  • 検査ロボットの世界市場予測・分析:ROV、自律型ロボット
    Technavio社の本調査レポートでは、検査ロボットの世界市場について調べ、検査ロボットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、検査ロボットの市場規模をセグメンテーション別(種類別(ROV、自律型ロボット)、エンドユーザー別(石油&ガス、石油化学製品、食品&飲料、その他)、)と地域別(グローバル) …
  • スマートミラーの世界市場:用途別(自動車、ホスピタリティおよび小売、その他(スマートホームおよびヘルスケア))、地域別予測
    本資料は、スマートミラーの世界市場について調べ、スマートミラーの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(自動車、ホスピタリティおよび小売、その他(スマートホームおよびヘルスケア))分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー …
  • ローズオイルの世界市場:従来型ローズオイル、オーガニックローズオイル
    Technavio社の本調査レポートでは、ローズオイルの世界市場について調べ、ローズオイルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ローズオイルの市場規模をセグメンテーション別(製品別(従来型ローズオイル、オーガニックローズオイル)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は …
  • 頭蓋装具の世界市場:アクティブヘルメット、パッシブヘルメット
    Technavio社の本調査レポートでは、頭蓋装具の世界市場について調べ、頭蓋装具の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、頭蓋装具の市場規模をセグメンテーション別(種類別(アクティブヘルメット、パッシブヘルメット)、用途別(斜頭症、舟状頭症、短頭症)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その …
  • 言語学習ゲームの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、言語学習ゲームの世界市場について調べ、言語学習ゲームの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、言語学習ゲームの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(子供、大人)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は言語学習ゲームの世 …
  • 磁気センサーの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、磁気センサーの世界市場について調査・分析し、市場動向、技術別(ホール効果、AMR、GMR、TMR、その他)分析、用途別(自動車、家電、産業、その他)分析、地域別分析、競合動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・磁気センサーの世界市場:技術別(ホール効果、AMR、GMR、TMR、 …
  • 無水マレイン酸の世界市場:用途別(1,4-BDO、UPR、添加剤、共重合体)
    Grand View Research社は、無水マレイン酸の世界市場規模が年平均6.7%成長して2025年まで43.8億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、無水マレイン酸の世界市場について調査・分析し、無水マレイン酸の世界市場動向、無水マレイン酸の世界市場規模、市場予測、用途別(1,4-BDO、UPR、添加剤、共重合体)分析、主要地域別市場規模 …
  • 世界の飼料コクシジウム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の飼料コクシジウム市場が2018年3.1256憶ドルから2027年5.2360憶ドルまで年平均5.9%成長すると予測しています。当資料では、飼料コクシジウムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、形態別(乾燥、液体)分析、ソース別(ケミカル、ナチュラル)分析、摂取モード別( …
  • ユニファイドコミュニケーションの世界市場:製品別(ホステッド、オンプレミス)、用途別(企業、政府)、組織規模別、ソリューション別
    Grand View Research社は、ユニファイドコミュニケーションの世界市場規模が年平均16.8%成長して2025年まで1671億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、ユニファイドコミュニケーションの世界市場について調査・分析し、ユニファイドコミュニケーションの世界市場動向、ユニファイドコミュニケーションの世界市場規模、市場予測、製品別( …
  • 眼感染症治療の世界市場:結膜炎、角膜炎、眼瞼炎
    Technavio社の本調査レポートでは、眼感染症治療の世界市場について調べ、眼感染症治療の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、眼感染症治療の市場規模をセグメンテーション別(種類別(結膜炎、角膜炎、眼瞼炎、その他の眼感染症)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は眼感 …
  • エステル類のアメリカ市場2019-2025
  • コンパニオン診断の世界市場予測:アッセイ、キット、ソフトウェア及びサービス
    当調査レポートでは、コンパニオン診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品及びサービス別(アッセイ、キット、ソフトウェア及びサービス)分析、技術別(PCR、NGS、ISH、IHC)分析、疾患別(乳がん、肺がん、結腸直腸がん、心血管疾患)分析、エンドユーザー別(製薬会社、CRO)分析、コ …
  • インタラクティブキオスクの世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートではインタラクティブキオスクについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(銀行キオスク、セルフサービスキオスク、自動販売機キオスク)分析、業種別(小売、ヘルスケア、BFSI、政府、輸送、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 …
  • 世界の神経診断市場予測2024年:製品別、疾患病理学別、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、神経診断の世界市場規模が2019年59億ドルから2024年84億ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。当資料では、世界の神経診断市場を統合的に調査・分析し、市場概要、製品別(画像診断システム、臨床診断機器、試薬および消耗品)分析、状態別(神経変性疾患、脳卒中、てんかん、頭痛障害、睡眠障害)分析、エンドユーザー …
  • 世界のサシェ包装市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 昆虫タンパク質の世界市場:昆虫種類別(コオロギ、黒兵ハエ、コナカイガラムシ、アリ、およびバッタ)、用途別(食品・飲料、動物栄養(アクアフィード、ペットフード、および家禽用飼料)、医薬品・化粧品)、地域別予測
    本資料は、昆虫タンパク質の世界市場について調べ、昆虫タンパク質の世界規模、市場動向、市場環境、昆虫種類別(コオロギ、黒兵ハエ、コナカイガラムシ、アリ、およびバッタ)分析、用途別(食品・飲料、動物栄養(アクアフィード、ペットフード、および家禽用飼料)、医薬品・化粧品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企 …
  • 世界の限外ろ過市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは限外ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(都市用、産業用)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・ …
  • 世界の錠剤圧縮ツール製品市場展望、2021-2027年の予測
  • クリーンルーム用照明の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、クリーンルーム用照明の世界市場規模が2017年6672.2億ドルから2026年1兆1563.0億ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、クリーンルーム用照明の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クリーンルーム用照明市場規模、取付タイプ別(表面取付、埋込取付)分析、提供別(ソフトウェ …
  • 紙・パルプ用酵素の世界市場2021年:メーカー別、地域別、タイプ別、用途別、2026年までの予測
  • 世界のエンジニアリングプラスチック市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のエンジニアリングプラスチック市場が2018年824憶ドルから2027年1834.4憶ドルまで年平均9.3%成長すると予測しています。当資料では、エンジニアリングプラスチックについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(ポリカーボネート、アクリロニトリルブタジエンスチレン …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様