"世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場予測2024年:製品別、用途別、種類別、エンドユーザー別、地域別" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場予測2024年:製品別、用途別、種類別、エンドユーザー別、地域別...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Estimation Methodology
2.2.1 Disease-Based Market Estimation Approach
2.2.2 MnM-Know Approach
2.2.3 Application-Based Market Estimation Approach
2.2.4 Primary Research Validation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market Overview
4.2 North America: Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market Share, By Product & Country (2019)
4.3 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By End User
4.4 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Application
4.5 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Type
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Prevalence of Infectious Diseases and the Introduction of Newer Pathogens
5.2.1.2 Need for Prompt Diagnosis and Rapid Treatment
5.2.1.3 Increasing Blood Transfusion and Donations
5.2.1.4 Cost-Benefits
5.2.2 Restraint
5.2.2.1 Dominance of Pcr
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Technology Optimization and Development
5.2.3.2 Emerging Economies
6 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Product (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Assays, Kits, and Reagents
6.2.1 Assays, Kits, & Reagents Accounted for the Largest Share of the Market in 2018
6.3 Systems
6.3.1 Market for Systems to Witness Steady Growth Due to Moderate Requirement in Hospitals and Clinical Laboratories
7 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Type (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Transcription-Mediated Amplification
7.2.1 Tma Accounts for the Largest Share of the Market
7.3 Loop-Mediated Isothermal Amplification
7.3.1 Rapidity, Stability, and Sensitivity Have Driven the Use of Lamp
7.4 Strand Displacement Amplification
7.4.1 Mirna Amplification for Cancer Diagnosis is the Major Application of Sda
7.5 Helicase-Dependent Amplification
7.5.1 Compatibility With Microfluidic Technologies & Development of Lab-On-Chip Devices Support Market Growth in Hda
7.6 Nucleic Acid Sequence-Based Amplification
7.6.1 Advantages of Nasba Over Pcr has Enhanced Its Adoption in Clinical Settings
7.7 Other Technologies
8 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Application (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Infectious Disease Diagnosis
8.2.1 Hepatitis
8.2.1.1 Need to Combat the High Prevalence of Hepatitis has Raised the Demand for INAAT Assays
8.2.2 Ct/Ng
8.2.2.1 Adoption of INAAT for Ct/Ng Diagnosis is Growing Owing to Its Advantages Over Traditional Diagnostic Techniques
8.2.3 Hiv
8.2.3.1 New Product Development Will Provide Considerable Potential for Growth in the Near Future
8.2.4 Influenza
8.2.4.1 Nasba, Lamp, and Samba are Considered Highly Efficient and Reliable Methods of Influenza Diagnosis
8.2.5 Other Infectious Diseases
8.3 Blood Screening
8.3.1 Increasing Number of Blood Donations and Transfusions Have Driven the Use of INAAT in Blood Screening Applications
8.4 Other Applications
9 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By End User (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Hospitals
9.2.1 Hospitals Formed the Largest End-User Segment in the INAAT Market in 2018
9.3 Reference Laboratories
9.3.1 Outsourcing of Tests From Small Hospitals, Physicians’ Offices, and Clinics to Support the Growth of This End-User Segment
9.4 Academic & Research Institutes
9.4.1 Industry-Academia Collaborations Supporting the Adoption of INAAT
9.5 Other End Users
10 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Region (Page No. – 74)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US is A Well-Developed Market for Genome Analysis Techniques
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Investments for Genomic Research and Development of Diagnostics are Supporting Market Growth in Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany Dominated the European INAAT Market in 2018
10.3.2 France
10.3.2.1 Supportive Government Policies That Aim to Ease Public Access to Diagnostic Assay Procedures to Drive Growth in the INAAT Market
10.3.3 UK
10.3.3.1 Adoption of INAAT Products is Expected to Increase in the UK as A Result of the Growing Focus of Public and Private Organizations on Genomics Research
10.3.4 RoE
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Asia Pacific to Offer Significant Growth Opportunities for INAAT Market Players
10.5 RoW
10.5.1 The RoW INAAT Market is Significantly Smaller Than Other Markets
11 Competitive Landscape (Page No. – 99)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking Analysis, 2018
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 Key Product Launches
11.4.2 Key Acquisitions
11.4.3 Key Partnerships, Agreements, Contracts, and Collaborations
11.4.4 Key Expansions
12 Company Profiles (Page No. – 103)
12.1 Grifols, S.A.
12.1.1 Business Overview
12.1.2 Products Offered
12.1.3 Recent Developments
12.1.4 MnM View
12.2 Hologic, Inc.
12.2.1 Business Overview
12.2.2 Products Offered
12.2.3 Recent Developments
12.2.4 MnM View
12.3 Abbott Laboratories, Inc.
12.3.1 Business Overview
12.3.2 Products Offered
12.3.3 Recent Developments
12.3.4 MnM View
12.4 Becton, Dickinson and Company
12.4.1 Business Overview
12.4.2 Products Offered
12.5 Meridian Bioscience
12.5.1 Business Overview
12.5.2 Products Offered
12.5.3 Recent Developments
12.6 EIKEN CHEMICALS Co., Ltd.
12.6.1 Business Overview
12.6.2 Products Offered
12.6.3 Recent Developments
12.7 Quidel Corporation
12.7.1 Business Overview
12.7.2 Products Offered
12.7.3 Recent Developments
12.8 Tecan Trading AG
12.8.1 Business Overview
12.8.2 Products Offered
12.8.3 Recent Developments
12.9 Diasorin Group S.P.A
12.9.1 Business Overview
12.9.2 Products Offered
12.10 Qiagen
12.10.1 Business Overview
12.10.2 Products Offered
12.11 Illumina, Inc.
12.11.1 Business Overview
12.11.2 Products Offered
12.12 Thermo Fisher Scientific, Inc.
12.12.1 Business Overview
12.12.2 Products Offered
12.13 Biomérieux SA
12.13.1 Business Overview
12.13.2 Products Offered
12.14 GE Healthcare
12.14.1 Business Overview
12.14.2 Products Offered
12.15 Other Companies
12.15.1 New England Biolabs, Inc.
12.15.2 Lucigen Corporation
12.15.3 Ustar Biotechnologies Ltd.
12.15.4 TwistDx Limited
12.15.5 Mast Group Ltd.
12.15.6 Genomtec SA
13 Appendix (Page No. – 134)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details


■ 説 明 ■

“The rising prevalence of infectious diseases and the introduction of newer pathogens, and the cost-benefits of INAAT is expected to drive the overall growth of the INAAT market”
The global isothermal nucleic acid amplification technology (INAAT) market size is expected to grow from USD 1.9 billion in 2019 to USD 3.3 billion by 2024, at a CAGR of 11.0% during the forecast period. The major factors driving the growth of this market include the rising prevalence of infectious diseases and the introduction of newer pathogens, the need for prompt diagnosis, the increasing number of blood transfusions and donations, and the cost-benefits of INAAT. However, the extensive usage and reliance on PCR are expected to limit the adoption of INAAT.

“Assay, kits and reagents segment is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Based on the product, the market is segmented broadly into assay, kits, and reagents, and systems. The assay, kits, and reagents segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The increasing number of infectious disease diagnostic tests carried out; the rising prevalence of infectious diseases; the continuous launch of newer, faster, and more reliable POC products; increasing approvals of CLIA-waived tests; accessibility to a wide range of reagents; repeated purchase of reagents; and the increasing use of reagents in therapeutics, basic research, and assay development.

“TMA is expected to grow at CAGR during the forecast period”
Based on type, the INAAT market is segmented into TMA, LAMP, SDA, HDA, NASBA, and other INAAT technologies. The TMA segment is expected to be the fastest-growing segment during the forecast period due to the growing reliance on POC diagnosis in hospitals and blood banks.

“Infectious disease diagnosis segment to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
The INAAT market, by the applications, has been categorized into infectious disease diagnosis, blood screening, and other applications (cancer diagnosis, cancer research, and laboratory research, which encompass cDNA preparation, whole-genome amplification (WGA), single-nucleotide polymorphism (SNP), and mutation analysis). Infectious disease diagnosis segment to grow at the highest CAGR during the forecast period owing to the increasing number of infectious disease diagnostic tests carried out and rising prevalence of infectious diseases, among others.

“Asia Pacific region to account for the largest share of the global INAAT market in 2019.”
Asia Pacific is expected to be the fastest-growing segment during the forecast period. Factors such as the sustained economic growth in several Asia Pacific countries, the rising disposable income, healthcare infrastructure modernization, increasing penetration of cutting-edge diagnostic technologies (including INAAT) for research and clinical applications, high infectious disease burden, availability of low-cost POC INAAT assays, and growing awareness among physicians and healthcare professionals about the benefits of gene-based disease diagnosis and treatment in Asia Pacific countries are expected to support market growth in this region during the forecast period.

In-depth interviews were conducted with Chief Executive Officers (CEOs), marketing directors, other innovation and technology directors, and executives from various key organizations operating in the INAAT market.
• By Respondent Type: Supply Side: 80%, Demand Side: 20%
• By Designation: C-level Executives: 25%, Directors: 18%, and Others: 57%
• By Region: North America: 50%, Europe: 20%, APAC: 20%, and RoW: 10%
The INAAT market comprises major players such as Grifols S.A. (Spain), Hologic, Inc. (US), Abbott Laboratories, Inc. (US), Becton, Dickinson & Company (US), and Meridian Bioscience (US). The study includes an in-depth competitive analysis of these key players in the INAAT market, along with their company profiles, recent developments, and key market strategies.

Research Coverage:
The study covers the INAAT market across various segments. It aims at estimating the market size and the growth potential of this market across different segments based on the product, type, application, end user, and region. The study also includes an in-depth competitive analysis of the key players in the market, along with their company profiles, key observations related to their product and business offerings, recent developments, and key market strategies.

Key Benefits of Buying the Report:
The report will help market leaders/new entrants in this market and provide information on the closest approximations of the revenue numbers for the overall INAAT market and its subsegments. This report will help the stakeholders to understand the competitive landscape, to gain more insights to better position their businesses, and to plan suitable go-to-market strategies. The report will also help the stakeholders to understand the pulse of the market and provide information on key market drivers, restraints, and opportunities


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場予測2024年:製品別、用途別、種類別、エンドユーザー別、地域別
【英語】Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology/INAAT Market by Product (Assay & Kit, System), Application (Infectious disease [HIV, Influenza], Blood Screening), Type (LAMP, SDA, NASBA, HDA), End User, Region - Global Forecast to 2024

【発行日】2020年1月
【発行会社】MarketsandMarkets
【商品コード】BT 2491
【調査対象地域】グローバル
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場予測2024年:製品別、用途別、種類別、エンドユーザー別、地域別...市場動向/規模/将来展望...


  • エアナイフの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、エアナイフの世界市場について調査・分析し、エアナイフの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別エアナイフシェア、市場規模推移、市場規模予測、エアナイフ種類別分析(アルミニウム製エアナイフ、ステンレススティール製エアナイフ、エレクトロニックエアナイフ、その他)、エアナイフ用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなど …
  • クラウドEDAの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、クラウドEDAの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラウドEDAの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 製薬ロボットの世界市場2019-2026:タイプ別、用途別
    本調査レポートでは、製薬ロボットの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、タイプ別(従来型ロボット、協調型ロボット)分析、用途別(ピッキング&包装、研究室用)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 ・市場動向 ・産業分析 ・製薬ロボットの世界市場:タイプ別( …
  • ICE/EV/自動運転車向けバイオメトリック認証の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ICE/EV/自動運転車向けバイオメトリック認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、認証プロセス別分析、センサ別分析、構成要素別分析、地域別分析、ICE/EV/自動運転車向けバイオメトリック認証の世界市場規模及び予測、市場動向 …
  • スライド式ジッパー付き保存袋の世界市場
    当調査レポートでは、スライド式ジッパー付き保存袋の世界市場について調査・分析し、スライド式ジッパー付き保存袋の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スライド式ジッパー付き保存袋の世界市場:市場動向分析 - スライド式ジッパー付き保存袋の世界市場:競争要因分析 - スライド式ジ …
  • 二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、二軸延伸ポリアミドフィルムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、二軸延伸ポリアミドフィルム市場規模、用途別(飲食料品、医療・医薬品、電子、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手 …
  • インテリジェントパワーモジュールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、インテリジェントパワーモジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、インテリジェントパワーモジュールの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 加齢性黄斑変性の遺伝子治療-パイプライン分析レポート
  • チップアンテナの世界市場予測(~2022年):誘電体チップアンテナ、LTCCチップ(低温同時焼成セラミックス)
    当調査レポートでは、チップアンテナの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、製品種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、チップアンテナの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 加工鶏肉のインド市場見通し2022
  • 世界の米ぬか油市場2015
    本調査レポートでは、世界の米ぬか油市場2015について調査・分析し、米ぬか油の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット式トータルステーションの世界市場2017-2021:測量用、土木・建築用、掘削用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ロボット式トータルステーションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ロボット式トータルステーションの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Techna …
  • フレキシブルパッケージングのアジア市場
    本調査レポートでは、フレキシブルパッケージングのアジア市場について調査・分析し、フレキシブルパッケージングのアジア市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • フレキシブル電池の世界市場予測(~2022):種類別(薄膜(リチウムイオン、リチウムポリマー)、プリンテッド、曲面)、充電性別、用途別
    当調査レポートでは、フレキシブル電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、充電性別分析、用途別分析、地域別分析、フレキシブル電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 酸化ベリリウム(BeO)粉体の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、酸化ベリリウム(BeO)粉体の世界市場について調査・分析し、酸化ベリリウム(BeO)粉体の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別酸化ベリリウム(BeO)粉体シェア、市場規模推移、市場規模予測、酸化ベリリウム(BeO)粉体種類別分析(工業グレード、高純度グレード)、酸化ベリリウム(BeO)粉体用途別分析(ベリリウム銅合金、ベリリアセラミック …
  • 香味料と香料の世界市場分析:製品別(ナチュラル、アロマ)、用途別(香味料、香料)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカ、中南米)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、香味料と香料の世界市場について調査・分析し、香味料と香料の世界市場動向、香味料と香料の世界市場規模、市場予測、セグメント別香味料と香料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • アーチェリー用品の世界市場
    当調査レポートでは、アーチェリー用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アーチェリー用品の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 2-メチルアジリジンの世界市場2016
    当調査レポートでは、2-メチルアジリジンの世界市場について調査・分析し、2-メチルアジリジンの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域における2-メチルアジリジンのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・2-メチルアジリジンの用途 ・2-メチルアジリジンの製 …
  • 慢性心不全(Chronic Heart Failure):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における慢性心不全(Chronic Heart Failure)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、慢性心不全(Chronic Heart Failur …
  • アブレーション技術の世界市場予測2017-2027
    当調査レポートでは、アブレーション技術の世界市場について調査・分析し、アブレーション技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・アブレーション技術の世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・アブレーション技術の世界市場:技術種類別市場分 …
  • 自動車用ドア制御ユニット(DCU)の世界市場2017-2021:乗用車、商用車
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用ドア制御ユニット(DCU)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用ドア制御ユニット(DCU)の世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届 …
  • 4,4-(ヘキサフルオロイソプロピリデン)ジフェノールの世界市場2016
    当調査レポートでは、4,4-(ヘキサフルオロイソプロピリデン)ジフェノールの世界市場について調査・分析し、4,4-(ヘキサフルオロイソプロピリデン)ジフェノールの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域における4,4-(ヘキサフルオロイソプロピリデン)ジフェノールのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要 …
  • 世界の空気清浄器市場2020-2024
    「空気清浄器の世界市場2020-2024」は、空気清浄器について市場概要、市場規模、技術別(HEPA、静電集塵機、イオナイザーおよびオゾン発生器、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォー …
  • 2,5-ビス[(1,3-ジオキソブチル)アミノ]ベンゼンスルホン酸の世界市場2016
    当調査レポートでは、2,5-ビス[(1,3-ジオキソブチル)アミノ]ベンゼンスルホン酸の世界市場について調査・分析し、2,5-ビス[(1,3-ジオキソブチル)アミノ]ベンゼンスルホン酸の用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域における2,5-ビス[(1,3-ジオキソブチル)アミノ]ベンゼンスルホン酸のメーカー及びサプライヤー動向 …
  • 使い捨て型ろ過アセンブリの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、使い捨て型ろ過アセンブリの世界市場について調査・分析し、市場動向、種類別(膜ろ過、深層ろ過、遠心分離、その他)分析、製品別(フィルター、ろ過カートリッジ、ろ過膜、マニホールド、カセット、シリンジ、その他)分析、用途別(ラボ用、医薬品製造)分析、地域別分析、競合分析などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサ …
  • 窒素置換装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、窒素置換装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、窒素置換装置の世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は窒素置換装置の世界市場が20 …
  • 抗菌プラスチックの世界市場:商品プラスチック、エンジニアリングプラスチック、高機能プラスチック
    Technavio社の本調査レポートでは、抗菌プラスチックの世界市場について調べ、抗菌プラスチックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、抗菌プラスチックの市場規模をセグメンテーション別(種類別(商品プラスチック、エンジニアリングプラスチック、高機能プラスチック)、)と地域別(グローバル)に分けて算 …
  • 警告ラベルおよびシールの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、警告ラベルおよびシールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、警告ラベルおよびシールの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ミーティング・インセンティブ・コンベンション・エキシビション(MICE)の世界市場2017-2021:ホスピタリティ、輸送、小売、エンターテインメント
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ミーティング・インセンティブ・コンベンション・エキシビション(MICE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ミーティング・インセンティブ・コンベンション・エキシビション(MICE)の世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、サービス別分析、地域別分析 …
  • アルゼンチンのポリスチレン市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • 二輪車用ABSの世界市場
    当調査レポートでは、二輪車用ABSの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、二輪車用ABSの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ドローンソフトウェアの世界市場:用途別、構造別、提供別、プラットフォーム別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではドローンソフトウェアについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、用途別(コントロールおよびデータキャプチャ、画像処理および分析)分析、構造別(オープンソース、クローズドソース)分析、提供別(デスクトップソフトウェア、アプリベースのソフトウェア)分析、プラットフォーム別(軍事、商用)分析、地域別分析、競争状況、調査プ …
  • 世界及び米国の血漿分画市場2017-2022
  • クリプトコッカス症(Cryptococcosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるクリプトコッカス症(Cryptococcosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、クリプトコッカス症(Cryptococcosis)治療薬開 …
  • イベント(行事)の世界市場2019–2026
    当調査レポートでは、イベント(行事)の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(音楽コンサート、フェスティバル、スポーツ、展示会&会議、企業イベント&セミナー、その他)分析、収入源別(チケット販売、スポンサーシップ、その他)分析、主催者別(企業、スポーツ、教育、エンターテイメント、その他)分析、年齢グループ別(20歳未満、21〜40歳、41歳以上)分析 …
  • 電動歯ブラシの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、電動歯ブラシの世界市場について調査・分析し、電動歯ブラシの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別電動歯ブラシシェア、市場規模推移、市場規模予測、電動歯ブラシ種類別分析(充電式、電池式)、電動歯ブラシ用途別分析(大人向け、子供向け)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・電動歯ブラシ …
  • 次世代セキュリティソリューションの世界市場2018-2022:オンプレミス、クラウド
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、次世代セキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、次世代セキュリティソリューションの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio …
  • フィンランドの整形外科装置市場見通し
  • 絶縁体の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、絶縁体の世界市場について調査・分析し、絶縁体の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別絶縁体シェア、市場規模推移、市場規模予測、絶縁体種類別分析(磁器碍子、複合碍子、ガラス碍子)、絶縁体用途別分析(低圧線、高圧線、発電所、変電所、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・絶縁体 …
  • 世界のプリントラベル市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のプリントラベル市場が2017年380.2憶ドルから2026年670.2憶ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。当資料ではプリントラベルについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(インモールドラベル、ライナーレスラベル、マルチパートバーコードラベル、感圧または …
  • シリコーンシーラント剤の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、シリコーンシーラント剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、技術別(常温加硫、熱硬化または熱硬化、放射線硬化、感圧性)分析、用途別(建設、断熱ガラス、自動車、産業、その他)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・シリコーンシーラント剤の世界市 …
  • ベビー用暖房装置の世界市場:光線療法ユニット、放射暖房器、新生児保育器
    当調査レポートでは、ベビー用暖房装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ベビー用暖房装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イメージセンサーの世界市場予測(~2023年):技術別(CMOS、CCD)プロセス別(2D、3D)、領域別(可視、不可視)、配列別(リニア、エリア)、垂直別(自動車、消費者家電、産業)、地理別
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、イメージセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、イメージセンサーの世界市場規模及び予測、セグメント別市場規模、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・ …
  • ワイヤレスコネクティビティの世界市場見通し2016-2022:ヘルスケア、産業、農業、通信、ビルオートメーション、自動車&輸送、家電、ウェアラブルデバイス
    当調査レポートでは、ワイヤレスコネクティビティの世界市場について調査・分析し、ワイヤレスコネクティビティの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・ワイヤレスコネクティビティの世界市場:市場動向分析 ・ワイヤレスコネクティビティの世界市場:競争要因分析 ・ワイヤレスコネクティビティの世 …
  • ポリオレフィンエラストマー(POE)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ポリオレフィンエラストマー(POE)の世界市場について調査・分析し、ポリオレフィンエラストマー(POE)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ポリオレフィンエラストマー(POE)シェア、市場規模推移、市場規模予測、ポリオレフィンエラストマー(POE)種類別分析(噴射グレード、一般グレード、押出グレード)、ポリオレフィンエラストマー(PO …
  • クロストリジウム診断の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、クロストリジウム診断の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クロストリジウム診断の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は …
  • 屋根材システムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、屋根材システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、屋根材システムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は屋根材 …
  • ヒドラジン水和物の世界市場2016
    当調査レポートでは、ヒドラジン水和物の世界市場について調査・分析し、ヒドラジン水和物の用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるヒドラジン水和物のメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・ヒドラジン水和物の用途 ・ヒドラジン水和物の製造プロセス ・ヒドラ …
  • 世界のクエン酸ナトリウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のクエン酸ナトリウム市場2015について調査・分析し、クエン酸ナトリウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお …
  • 転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・転移性脳腫瘍(Metastatic Brain Tumor):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国な …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場予測2024年:製品別、用途別、種類別、エンドユーザー別、地域別、市場動向、市場規模、将来展望