世界の等温核酸増幅技術/INAAT市場予測2024年:製品別、用途別、種類別、エンドユーザー別、地域別

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 18)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.2 Market Estimation Methodology
2.2.1 Disease-Based Market Estimation Approach
2.2.2 MnM-Know Approach
2.2.3 Application-Based Market Estimation Approach
2.2.4 Primary Research Validation
2.3 Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 26)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market Overview
4.2 North America: Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market Share, By Product & Country (2019)
4.3 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By End User
4.4 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Application
4.5 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Type
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rising Prevalence of Infectious Diseases and the Introduction of Newer Pathogens
5.2.1.2 Need for Prompt Diagnosis and Rapid Treatment
5.2.1.3 Increasing Blood Transfusion and Donations
5.2.1.4 Cost-Benefits
5.2.2 Restraint
5.2.2.1 Dominance of Pcr
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Technology Optimization and Development
5.2.3.2 Emerging Economies
6 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Product (Page No. – 39)
6.1 Introduction
6.2 Assays, Kits, and Reagents
6.2.1 Assays, Kits, & Reagents Accounted for the Largest Share of the Market in 2018
6.3 Systems
6.3.1 Market for Systems to Witness Steady Growth Due to Moderate Requirement in Hospitals and Clinical Laboratories
7 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Type (Page No. – 44)
7.1 Introduction
7.2 Transcription-Mediated Amplification
7.2.1 Tma Accounts for the Largest Share of the Market
7.3 Loop-Mediated Isothermal Amplification
7.3.1 Rapidity, Stability, and Sensitivity Have Driven the Use of Lamp
7.4 Strand Displacement Amplification
7.4.1 Mirna Amplification for Cancer Diagnosis is the Major Application of Sda
7.5 Helicase-Dependent Amplification
7.5.1 Compatibility With Microfluidic Technologies & Development of Lab-On-Chip Devices Support Market Growth in Hda
7.6 Nucleic Acid Sequence-Based Amplification
7.6.1 Advantages of Nasba Over Pcr has Enhanced Its Adoption in Clinical Settings
7.7 Other Technologies
8 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Application (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Infectious Disease Diagnosis
8.2.1 Hepatitis
8.2.1.1 Need to Combat the High Prevalence of Hepatitis has Raised the Demand for INAAT Assays
8.2.2 Ct/Ng
8.2.2.1 Adoption of INAAT for Ct/Ng Diagnosis is Growing Owing to Its Advantages Over Traditional Diagnostic Techniques
8.2.3 Hiv
8.2.3.1 New Product Development Will Provide Considerable Potential for Growth in the Near Future
8.2.4 Influenza
8.2.4.1 Nasba, Lamp, and Samba are Considered Highly Efficient and Reliable Methods of Influenza Diagnosis
8.2.5 Other Infectious Diseases
8.3 Blood Screening
8.3.1 Increasing Number of Blood Donations and Transfusions Have Driven the Use of INAAT in Blood Screening Applications
8.4 Other Applications
9 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By End User (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Hospitals
9.2.1 Hospitals Formed the Largest End-User Segment in the INAAT Market in 2018
9.3 Reference Laboratories
9.3.1 Outsourcing of Tests From Small Hospitals, Physicians’ Offices, and Clinics to Support the Growth of This End-User Segment
9.4 Academic & Research Institutes
9.4.1 Industry-Academia Collaborations Supporting the Adoption of INAAT
9.5 Other End Users
10 Isothermal Nucleic Acid Amplification Technology Market, By Region (Page No. – 74)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US is A Well-Developed Market for Genome Analysis Techniques
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Investments for Genomic Research and Development of Diagnostics are Supporting Market Growth in Canada
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany Dominated the European INAAT Market in 2018
10.3.2 France
10.3.2.1 Supportive Government Policies That Aim to Ease Public Access to Diagnostic Assay Procedures to Drive Growth in the INAAT Market
10.3.3 UK
10.3.3.1 Adoption of INAAT Products is Expected to Increase in the UK as A Result of the Growing Focus of Public and Private Organizations on Genomics Research
10.3.4 RoE
10.4 Asia Pacific
10.4.1 Asia Pacific to Offer Significant Growth Opportunities for INAAT Market Players
10.5 RoW
10.5.1 The RoW INAAT Market is Significantly Smaller Than Other Markets
11 Competitive Landscape (Page No. – 99)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking Analysis, 2018
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Competitive Scenario
11.4.1 Key Product Launches
11.4.2 Key Acquisitions
11.4.3 Key Partnerships, Agreements, Contracts, and Collaborations
11.4.4 Key Expansions
12 Company Profiles (Page No. – 103)
12.1 Grifols, S.A.
12.1.1 Business Overview
12.1.2 Products Offered
12.1.3 Recent Developments
12.1.4 MnM View
12.2 Hologic, Inc.
12.2.1 Business Overview
12.2.2 Products Offered
12.2.3 Recent Developments
12.2.4 MnM View
12.3 Abbott Laboratories, Inc.
12.3.1 Business Overview
12.3.2 Products Offered
12.3.3 Recent Developments
12.3.4 MnM View
12.4 Becton, Dickinson and Company
12.4.1 Business Overview
12.4.2 Products Offered
12.5 Meridian Bioscience
12.5.1 Business Overview
12.5.2 Products Offered
12.5.3 Recent Developments
12.6 EIKEN CHEMICALS Co., Ltd.
12.6.1 Business Overview
12.6.2 Products Offered
12.6.3 Recent Developments
12.7 Quidel Corporation
12.7.1 Business Overview
12.7.2 Products Offered
12.7.3 Recent Developments
12.8 Tecan Trading AG
12.8.1 Business Overview
12.8.2 Products Offered
12.8.3 Recent Developments
12.9 Diasorin Group S.P.A
12.9.1 Business Overview
12.9.2 Products Offered
12.10 Qiagen
12.10.1 Business Overview
12.10.2 Products Offered
12.11 Illumina, Inc.
12.11.1 Business Overview
12.11.2 Products Offered
12.12 Thermo Fisher Scientific, Inc.
12.12.1 Business Overview
12.12.2 Products Offered
12.13 Biomérieux SA
12.13.1 Business Overview
12.13.2 Products Offered
12.14 GE Healthcare
12.14.1 Business Overview
12.14.2 Products Offered
12.15 Other Companies
12.15.1 New England Biolabs, Inc.
12.15.2 Lucigen Corporation
12.15.3 Ustar Biotechnologies Ltd.
12.15.4 TwistDx Limited
12.15.5 Mast Group Ltd.
12.15.6 Genomtec SA
13 Appendix (Page No. – 134)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details



  • 医療用プラスチックの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、医療用プラスチックの世界市場について調査・分析し、市場動向、用途別(医療機器包装、医療部品、整形外科インプラント包装、整形外科ソフトグッズ、創傷ケア、クリーンルーム用品、バイオ医薬品デバイス、可動補助具、滅菌および感染防止、歯インプラント、義歯ベース材料、その他のインプラント、その他)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成 …
  • 世界のアレルギー治療市場規模調査:タイプ別(目のアレルギー、鼻炎、喘息、皮膚アレルギー、食物アレルギー、その他のアレルギー)、治療法別(抗アレルギー薬、免疫療法)、地域別予測 2021-2027年
  • 屋上緑化の世界市場2019-2026:タイプ別、用途別、地域別
    当調査レポートでは、屋上緑化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリ-、定義・範囲、市場動向、市場分析、タイプ別(拡張屋根、集中屋根)分析、用途別(住宅、商業、工業)分析、地域別分析、競合状況、調査プロセスなどを含め以下の構成でお届けします。 ・エグゼクティブサマリ- ・屋上緑化の定義・範囲 ・屋上緑化市場動向 ・屋上緑化市場分析 ・屋上緑化の世 …
  • 世界の水&廃水処理装置市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは水&廃水処理装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(都市用、工業用)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場 …
  • 世界の屋外3Dレーザースキャナー市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の屋外3Dレーザースキャナー市場は予測期間中に年平均9.4%で成長しています。当資料では屋外3Dレーザースキャナーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(三脚マウント、ハンドヘルド、デスクトップおよび固定、自動化CMMベース)分析、用途別(医療およびヘルスケ …
  • 自動料金徴収の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、自動料金徴収の世界市場について調査・分析し、市場動向、規制力及び政治環境、競合分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、技術別(スマートカード、磁気ストライプ、近距離無線通信(NFC)、光学式文字認識(OCR))分析、システム別(券売機(TVM)、券売機(TOM)、運賃ゲート、ICカード)分析、用途別(鉄道、交通、駐車場、 …
  • 世界の医薬品包装市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 製品ライフサイクル管理(PLM)の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、製品ライフサイクル管理(PLM)の世界市場規模が2019年507億ドルから2024年737億ドルまで年平均7.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、製品ライフサイクル管理(PLM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア別(共同製品定義管理(c …
  • 5Gインフラストラクチャの世界市場予測:スモールセル&マクロセル
    当調査レポートでは、5Gインフラストラクチャの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、通信インフラ別(スモールセル&マクロセル)分析、コアネットワーク別(SDN、NFV)分析、ネットワークアーキテクチャ別(スタンドアロン、非スタンドアロン)分析、動作周波数別(サブ6GHz、6GHz以上)分析、5Gインフラスト …
  • ダイボンダー設備の世界市場予測:半自動ダイボンダー、全自動ダイボンダー
    MarketsandMarkets社は、ダイボンダー設備の世界市場規模が2019年820百万ドルから2024年972百万ドルまで年平均3.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ダイボンダー設備の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(手動ダイボンダー、半自動ダイボンダー、全自動ダイボンダー)分析、技術別(エポキシ、共融、軟はんだ、その他) …
  • 生分解性プラスチックの世界市場:タイプ別、用途別
    当調査レポートでは、生分解性プラスチックの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・生分解性プラスチックの世界市場:タイプ別(PLA、PBAT、PBS、PHA、澱 …
  • 自動車使用量ベース保険の世界市場予測・分析:価格体系別、用途別
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車使用量ベース保険の世界市場について調べ、自動車使用量ベース保険の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車使用量ベース保険の市場規模をセグメンテーション別(価格体系別(従量課金制(PHYD)、従量課金制(PAYD)、従量課金制(MHYD) )、用途別 …
  • インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場規模が2017年8028億ドルから2026年1兆5009億ドルまで年平均7.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、インテリジェントアシスタント組み込み型消費者機器の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、インテリジェントアシスタント組み込み型消 …
  • 世界の自動車用ピストン市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは自動車用ピストンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場 …
  • コーディング及びマーキング装置の世界市場:CIJ印刷およびコーディング、レーザーコーディング及びマーキング、TIJ印刷、DOD印刷
    Technavio社の本調査レポートでは、コーディング及びマーキング装置の世界市場について調べ、コーディング及びマーキング装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、コーディング及びマーキング装置の市場規模をセグメンテーション別(技術別(CIJ印刷およびコーディング、レーザーコーディング及びマーキン …
  • 世界の帯鋸機市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCによると、世界の帯鋸機市場は予測期間中に年平均6%に達すると予想されています。当資料では、帯鋸機について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、機械別(横型、縦型)分析、技術別(全自動、ハイテクバンドソー、手動、半自動)分析、切断タイプ別(円形切断、マイターカット、リング切断、ストレート …
  • 熱可塑性粉体塗装の世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界の有機飼料市場予測2025年:種類別、フォーム別、家畜別、添加物別、地域別
    MarketsandMarkets社は、有機飼料の世界市場規模が2019年68億ドルから2025年101億ドルまで年平均6.8%成長すると予測しています。当資料では、世界の有機飼料市場を統合的に調査・分析し、市場概要、種類別(シリアル&穀物、油料種子、その他)分析、家畜別(家禽、豚、反すう動物、水生動物、その他の家畜)分析、フォーム別(ペレット、クランブル、 …
  • ゲーミフィケーションの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ゲーミフィケーションの世界市場について調べ、ゲーミフィケーションの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ゲーミフィケーションの市場規模をセグメンテーション別(用途別(消費者主導型アプリケーション、エンタープライズ駆動型アプリケーション)、エンドユーザー別(健 …
  • 自動車用ラベリング機械の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、自動車用ラベリング機械の世界市場規模が2017年21.5億ドルから2026年31.7億ドルまで年平均4.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用ラベリング機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ラベリング機械市場規模、種類別(シュリンクスリーブ/ストレッチスリーブラベラー、接着剤ベ …
  • 世界の接線流ろ過市場予測2024年:製品別、用途別、技術別、材料種類別、地域別
    MarketsandMarkets社は、接線流ろ過の世界市場規模が2019年944百万ドルから2024年1590百万ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。当資料では、世界の接線流ろ過市場を統合的に調査・分析し、市場概要、製品別(システム、メンブレンフィルター、アクセサリー)分析、材料別(PES / PS、再生セルロース、その他の材料)分析、技術別 …
  • ヨット用エポキシコーティング剤の世界市場の洞察・予測(~2027年)
  • 世界の防衛通信システム市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 電気自動車(EV)充電インフラの世界市場:充電器タイプ別(低速、高速充電器)、コネクタ別(CCS、CHAdeMO)、用途別(商業、住宅)
    Grand View Research社は、電気自動車(EV)充電インフラの世界市場規模が年平均32.6%成長して2025年まで639億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、電気自動車(EV)充電インフラの世界市場について調査・分析し、電気自動車(EV)充電インフラの世界市場動向、電気自動車(EV)充電インフラの世界市場規模、市場予測、充電器タイ …
  • 世界の燃料電池用コンプレッサ市場 – 展望・2021-2027年の予測
  • グリーン及びバイオポリオールの世界市場2019-2026
    本資料は、グリーン及びバイオポリオールの世界市場について調べ、グリーン及びバイオポリオールの世界規模、市場動向、市場環境、原材料タイプ別(天然油&その誘導体、ショ糖、二酸化炭素、リサイクルポリマー)分析、タイプ別(ポリエーテルポリオール、ポリエステルポリオール)分析、用途別(ポリウレタン硬質フォーム、ポリウレタン軟質フォーム、コーティング、接着剤、シーラント …
  • 世界の建設足場レンタル市場予測・分析2020-2024
    「建設足場レンタルの世界市場2020-2024」は、建設足場レンタルについて市場概要、市場規模、製品別(サポート、モバイル、サスペンド)分析、用途別(新築、改修、解体)分析、エンドユーザー別(非居住、住宅)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概 …
  • 家庭用AVケーブルの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、家庭用AVケーブルの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(HDMI、RCA、DVI、VGA、その他)分析、コンポーネント別(コネクタ、アダプタ)分析、ケーブルカテゴリ別(銅ケーブル、光ファイバー、同軸ケーブル)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場 …
  • オピオイドの世界市場:製品別、用途別
    当調査レポートでは、オピオイドの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、製品別分析、用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・オピオイドの世界市場:製品別(コデイン、フェンタニル、メタドン、オキシコドン、モルヒネ、ヒドロコドン …
  • CTスキャナーの世界市場予測・分析:スタンドアロン、ポータブル
    Technavio社の本調査レポートでは、CTスキャナーの世界市場について調べ、CTスキャナーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、CTスキャナーの市場規模をセグメンテーション別(製品別(スタンドアロン、ポータブル)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はCTスキャナ …
  • リテールオートメーションの世界市場:機会分析及び産業予測2019-2026
    本市場調査レポートではリテールオートメーションについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、タイプ別(POS、バーコードとRFID、電子棚ラベル(ESL)、カメラ、自律走行車(AGV)、その他)分析、実装別(店舗、倉庫)分析、エンドユーザー別(ハイパーマーケット 、スーパーマーケット、単品店、燃料ステーション、小売薬局)分析、地域別分析、競 …
  • 経口臨床栄養補助食品の世界市場2019-2029
    本調査は経口臨床栄養補助食品の現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場分析シナリオ、市場動向、価格分析、製品別(標準フォーミュラ、特殊フォーミュラ)分析、疾患別(腎障害、肝障害、腫瘍学栄養、糖尿病、嚥下障害)分析、形態別(液体、半固体、パウダー)分析、エンドユーザー別(大人、高齢者)分析、フレーバー別(レギュラー、フレーバーあり)分 …
  • 高級ビニールタイルの世界市場2019-2026:タイプ別、最終用途別、地域別
    当調査レポートでは、高級ビニールタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリ-、定義・範囲、市場動向、市場分析、タイプ別(リジッド、フレキシブル)分析、最終用途別(住宅、非居住)分析、地域別分析、競合状況、調査プロセスなどを含め以下の構成でお届けします。 ・エグゼクティブサマリ- ・高級ビニールタイルの定義・範囲 ・高級ビニールタイル市場動向 …
  • 使い捨て医療用手袋の世界市場:種類別(天然ゴム手袋、ニトリル手袋、ビニール手袋、ネオプレン手袋、ポリエチレン手袋、その他)、フォーム別(粉末、非粉末)、用途別(検査、手術)
    本資料は、使い捨て医療用手袋の世界市場について調べ、使い捨て医療用手袋の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(天然ゴム手袋、ニトリル手袋、ビニール手袋、ネオプレン手袋、ポリエチレン手袋、その他)分析、用途別(検査、手術)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イン …
  • 世界のワイヤレスセキュリティカメラ市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界のワイヤレスセキュリティカメラ市場は予測期間中に年平均9.6%成長すると予測しています。当資料ではワイヤレスセキュリティカメラについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、視角別(60視野角、 72視野角、90視野角、100視野角)分析、使用別(屋外、屋内)分析、種類別( …
  • 世界の固定翼VTOL UAV市場予測2030年:業種別、推進力別、動作モード別、持久力別、範囲別、MTOW別、地域別
    MarketsandMarkets社は、固定翼VTOL UAVの世界市場規模が2019年498百万ドルから2030年3583百万ドルまで年平均19.7%成長すると予測しています。本書は、世界の固定翼VTOL UAV市場について調査・分析し、市場概要、業種別(軍隊、政府および法執行機関、商業)分析、範囲別(視線固定翼VTOL UAV、拡張視線UAV、視線固定翼 …
  • 水軟化システムの世界市場2019-2029
    本調査は水軟化システムの現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場背景、操作別(電気式、非電気式)分析、用途別(家庭用、商業用、産業用)分析、デザイン別(モノシリンダー、ツインシリンダー、マルチシリンダー)分析、地域別分析、競合分析に区分して掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場背景 ・水軟化システムの世界市場 …
  • 防虫剤の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、防虫剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、昆虫種類別(蚊、虫、ハエ忌避剤、およびその他)分析、製品種類別(気化器、スプレー、クリーム、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・防虫剤の世界市場:昆虫種類別(蚊、虫、ハエ忌避剤、およ …
  • 世界の窒素・ゼロジェネレータ市場-展望・予測2021-2027
  • 世界の方解石予測2024年:種類別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、方解石の世界市場規模が2019年101億ドルから2024年130億ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の方解石市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(粉砕炭酸カルシウム(GCC)、沈殿炭酸カルシウム(PCC)))分析、用途別(紙、塗料&コーティング、建設、プラスチックその他)分析、 …
  • ガラス充填ナイロンの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ガラス充填ナイロンの世界市場について調べ、ガラス充填ナイロンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ガラス充填ナイロンの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(自動車、産業用、電気および電子機器、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨー …
  • 船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の世界市場:AC駆動、DC駆動
    Technavio社の本調査レポートでは、船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の世界市場について調べ、船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、船舶用VFD(可変周波数ドライブ)の市場規模をセグメンテーション別(種類別(AC駆動、DC駆動)、)と地域別(グローバル)に分 …
  • 世界の製薬用温度制御パッケージングソリューション市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • 融資処理ソフトウェアの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、融資処理ソフトウェアの世界市場について調べ、融資処理ソフトウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、融資処理ソフトウェアの市場規模をセグメンテーション別(展開別(クラウドベース、オンプレミス)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technav …
  • 世界の培養乳製品市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の培養乳製品市場は、予測期間中に年平均8.7%成長すると予測しています。当資料では培養乳製品について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、流通経路別(フードスペシャリスト、ハイパーマーケットとスーパーマーケット、独立小売業者およびコンビニエンスストア、オンライン小売業者) …
  • EPM (企業業績管理) アプリケーションの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、EPM (企業業績管理) アプリケーションの世界市場について調べ、EPM (企業業績管理) アプリケーションの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、EPM (企業業績管理) アプリケーションの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(金融、テレコム及 …
  • 高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの世界市場について調べ、高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、高密度ポリエチレン(HDPE)パイプの市場規模をセグメンテーション別(用途別(水供給、農業灌漑、下水道、石油及びガス、その …
  • 理学療法機器の世界市場2019-2026
    本資料は、理学療法機器の世界市場について調べ、理学療法機器の世界規模、市場動向、市場環境、製品別(機器及び付属品)分析、用途別(筋骨格、婦人科、小児、心臓血管、神経など)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・理学療 …
  • モジュールチラーの世界市場:タイプ別、用途別
    世界のモジュールチラー市場は2018年に約25億米ドルに達し、2019-2026年の予測期間にわたって6%以上の成長率で成長すると予想されています。 モジュールチラーは、塩水と水を冷却し、工業プロセスや建物の空気を除湿するために使用されます。当調査レポートでは、モジュールチラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、定義と範囲、動向、業界分析 …
  • 感情分析の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、感情分析の世界市場について調べ、感情分析の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、感情分析の市場規模をセグメンテーション別(用途別(顧客体験管理、販売およびマーケティング管理、競争力インテリジェンス、公安および法執行機関、その他)、)と地域別(グローバル)に分 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様