"世界のパーティクルカウンター市場予測2024年:種類別、用途別、エンドユーザー別、地域別" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のパーティクルカウンター市場予測2024年:種類別、用途別、エンドユーザー別、地域別...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Approach
2.1.1 Secondary Research
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Research
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation Approach
2.4 Market Share Analysis
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Research Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Market Overview
4.2 North America: Market, By Type, 2018
4.3 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Robust Growth in Applied Markets
5.2.1.1.1 Pharmaceutical & Biotechnology Industries
5.2.1.1.2 Semiconductor & Automotive Industries
5.2.1.1.3 Medical Device Industry
5.2.1.2 Favorable Regulatory Scenario
5.2.1.2.1 Supportive Government Regulations for Effective Air Pollution Monitoring and Control
5.2.1.2.2 Regulations and Standards for Cleanrooms and Manufacturing
5.2.1.3 Growing Focus on the Quality of Food Products
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Particle Counters
5.2.2.2 Technical Limitations of Particle Counters
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Markets
6 Market, By Type (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Airborne Particle Counters
6.2.1 Portable Particle Counters
6.2.1.1 Widespread Adoption of Portable Air Particle Counters is Expected to Drive the Market
6.2.2 Remote Particle Counters
6.2.2.1 Low Cost of Remote Particle Counters in Comparison to Handheld and Portable Counters is A Key Driver
6.2.3 Handheld Particle Counters
6.2.3.1 Rising Awareness of Indoor Air Quality Monitoring Will Drive Market Growth
6.2.4 Condensation/Ultrafine Particle Counters
6.2.4.1 High Costs Limiting the Adoption of Condensation/Ultrafine Particle Counters
6.3 Liquid Particle Counters
6.3.1 Online/Inline Liquid Particle Counters
6.3.1.1 Growth in the Pharmaceutical & Semiconductor Industries is Likely to Drive Market Growth
6.3.2 Offline Liquid Particle Counters
6.3.2.1 Disadvantages of Offline Liquid Particle Counters to Restrain Market Growth
7 Market, By Application (Page No. – 66)
7.1 Introduction
7.2 Cleanroom Monitoring
7.2.1 Cleanroom Monitoring Held the Largest Market Share in 2018
7.3 Contamination Monitoring of Liquids
7.3.1 Rising Activity in End-Use Industries Will Ensure the Growth of This Application Segment
7.4 Indoor Air Quality Monitoring
7.4.1 Increasing Measures to Reduce Indoor Air Pollution are Likely to Drive Market Growth
7.5 Aerosol Monitoring and Research
7.5.1 Increasing Research on Aerosols and Growing Pollution Levels Have Supported the Adoption of Particle Counters in This Segment
7.6 Chemical Contamination Monitoring
7.6.1 Need for High-Purity Chemicals in Semiconductor and Electronics Manufacturing is Driving Market Growth
7.7 Drinking Water Contamination Monitoring
7.7.1 Favorable Initiatives and the Growing Need for Checking Water Contamination are Likely to Support Market Growth
7.8 Other Applications
8 Market, By End User (Page No. – 87)
8.1 Introduction
8.2 Life Sciences & Medical Device Industry
8.2.1 Need to Maintain Regulatory Compliance and Ensure Product Quality Have Driven Reliance on Particle Counters in This Industry
8.3 Semiconductor Industry
8.3.1 Technological Advancements in Semiconductors Will Drive Market Growth
8.4 Automotive Industry
8.4.1 Enforcement of Stringent Cleanliness Regulations for Automotive Manufacturing is Fueling the Demand for Particle Counters
8.5 Aerospace Industry
8.5.1 Growth in the Aerospace Industry to Support Market Growth
8.6 Food & Beverage Industry
8.6.1 Growing Food Safety Concerns Will Support Market Growth
8.7 Other End Users
9 Market, By Region (Page No. – 105)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Particle Counters Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Stringent Guidelines for Pharmaceuticals and Food Products to Drive the Demand for Particle Counters in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is the Largest Market for Particle Counters in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Amendments of Policies and Regulations for Contamination Control to Support Market Growth in the UK
9.3.3 France
9.3.3.1 Growth in the Applied Markets to Drive the Market for Particle Counters in France
9.3.4 Italy
9.3.4.1 High Volume of Exports and Stringent Regulations are Expected to Drive the Adoption of Particle Counters in Italy
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Spain is One of the Major Producers of Pharmaceutical and Biological Products in Europe
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 China
9.4.1.1 Stringent Regulations on High-Pollution Sectors—A Key Factor Driving Market Growth
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Growing Food Safety Concerns to Drive the Adoption of Particle Counters in Japan
9.4.3 India
9.4.3.1 Growth in the Manufacturing and Pharmaceutical Industries are Supporting Market Growth in India
9.4.4 Rest of Asia Pacific
9.5 Rest of the World
9.5.1 Latin America
9.5.1.1 Growing Biotechnology and Pharmaceutical Industries to Support Market Growth in Latin America
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Increasing R&D in the Pharmaceutical Sector-A Key Driver for Market Growth
10 Competitive Landscape (Page No. – 160)
10.1 Introduction
10.2 Market Share Analysis (2018)
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Scenario
11 Company Profiles (Page No. – 166)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Particle Measuring Systems, Inc. (A Spectris Company)
11.2 Beckman Coulter (A Danaher Corporation Company)
11.3 Rion Co., Ltd.
11.4 Lighthouse Worldwide Solutions, Inc.
11.5 TSI Incorporated
11.6 Climet Instruments Company
11.7 Kanomax Usa, Inc.
11.8 Met One Instruments, Inc.
11.9 Particle Plus, Inc.
11.10 Setra Systems
11.11 Pamas
11.12 Chemtrac, Inc.
11.13 HAL Technology
11.14 Veltek Associates, Inc.
11.15 PCE Instruments UK Ltd.
11.16 Other Companies
11.16.1 Graywolf Sensing Solutions
11.16.2 Extech Instruments
11.16.3 Palas GmbH
11.16.4 HYDAC International
11.16.5 Fluke Corporation
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 189)
12.1 Discussion Guide: Particle Counters Market
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details


■ 説 明 ■

“The particle counters market is projected to grow at a CAGR of 11.0% during the forecast period (2019–2024).”
The particle counters market is projected to grow at a CAGR of 11.0% during the forecast period, to reach USD 580 million by 2024 from USD 340 million in 2019. The growth in this market is driven by the robust growth in applied markets, the favorable regulatory scenario, and growing focus on the quality of food products. In addition, emerging economies (such as Brazil, Russia, India, South Korea, and China) are expected to offer lucrative growth opportunities for market players. However, the high cost and technical limitations of particle counters are adversely impacting the growth of this market.

“The portable particle counters segment accounted for the larger share of the airborne particle counters market, by type, in 2018”
On the basis of type, the market is segmented into portable particle counters, handheld particle counters, remote particle counters, and condensation particle counters. The portable particle counters segment is estimated to command the largest share of the airborne particle counters market in 2018; it is also expected to register the highest CAGR during the forecast period. The advantages associated with portable particle counters, such as high sensitivity and flow rate, are driving the demand for portable particle counters.

“By type, the online/inline particle counters segment accounted for the largest market share in 2018”
Liquid particle counters are further segmented into online/inline particle counters and offline particle counters. Online/inline particle counters commanded the largest share of the liquid particle counters market in 2018; this segment is also expected to register the highest CAGR during the forecast period. The large share of this segment can be attributed to the advantages associated with these devices, such as online sampling and continuous condition monitoring. Furthermore, growth in the pharmaceutical and semiconductor industries, which require continuous monitoring of fluids, is also expected to support growth in this market segment.

“By end user, the life sciences & medical device industry segment accounted for the largest market share in 2018”
On the basis of end user, the market is segmented into the life sciences & medical device industry, semiconductor industry, automotive industry, aerospace industry, food & beverage industry, and other end users. In 2018, the life sciences & medical device industry segment accounted for the largest share of the particle counters market. Market growth is largely driven by the growing volume of compounds to be detected for the presence of impurities in pharmaceutical samples, increasing production of pharmaceutical formulations, stringent safety regulations, and increased R&D expenditure. The increase in pharmaceutical manufacturing outsourcing from the Asian region and the establishment of new manufacturing facilities by global pharmaceutical giants in newer geographies are also propelling the demand for particle counters in this end-user segment.

“The market in the APAC region is expected to witness the highest growth during the forecast period.”
The particle counters market in the APAC is expected to witness the highest CAGR during the forecast period. This can be attributed to the tremendous growth in the pharmaceutical, food & beverage testing, and medical device industries; increasing R&D funding; growing number of CROs; favorable government initiatives to promote the pharmaceutical and biopharmaceutical industries; and growing concerns about environmental monitoring & food safety.

A breakdown of the primary participants referred to for this report is provided below:
• By Company Type: Tier 1: 21%, Tier 2: 26%, and Tier 3: 53%
• By Designation: C-level: 32%, Director-level: 26%, and Others: 42%
• By Region: North America: 35%, Europe: 30%, Asia Pacific: 15%, Latin America: 10%, and the Middle East & Africa: 10%

The prominent players in the particle counters market are Particle Measuring Systems (US), Beckman Coulter (US), RION Co., Ltd. (Japan), Lighthouse Worldwide Solutions (US), TSI (US), Climet Instruments Company (US), Met One Instruments, Inc. (US), Particle Plus (US), Setra Systems (US), PAMAS (Germany), Chemtrac (US), Hal Technology (US), Konamax (US), Veltek Associates (US), PCE Instruments (UK), GrayWolf Sensing Solutions (US), Extech Instruments (US), Palas GmbH (Germany), HYDAC International (Australia), and Fluke Corporation (US).

Research Coverage:
The report analyzes the particle counters market and aims at estimating the market size and future growth potential of the market and the different application segments, such as cleanroom monitoring, indoor air quality monitoring, contamination monitoring of liquids, drinking water contamination monitoring, aerosol monitoring & research, chemical contamination monitoring, and other applications. The report also includes an in-depth competitive analysis of the key players in this market, along with their company profiles, product offerings, and recent developments.

Reasons to Buy the Report
The report will enrich established firms as well as new entrants/smaller firms to gauge the pulse of the market, which, in turn, would help them to garner a greater share. Firms purchasing the report could use one, or a combination of the below mentioned five strategies for strengthening their market presence.

This report provides insights on the following pointers:
• Market Penetration: Comprehensive information on the product portfolios offered by the top players in the particle counters market.
• Product Development/Innovation: Detailed insights on the upcoming trends, R&D activities, and product launches in the particle counter market.
• Market Development: Comprehensive information on lucrative emerging regions.
• Market Diversification: Exhaustive information about new products, growing geographies, and recent developments in the global particle counters market.
• Competitive Assessment: In-depth assessment of market shares, growth strategies, revenue analysis, and products of the leading players in the particle counters market.


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】世界のパーティクルカウンター市場予測2024年:種類別、用途別、エンドユーザー別、地域別
【英語】Particle Counter Market by Type (Airborne, Liquid), Application (Cleanroom Monitoring, Contamination Monitoring of Liquids, IAQM), End User (Life Sciences & Medical Devices, Semiconductor, Automotive), Region - Global Forecast to 2024

【発行日】2020年1月
【発行会社】MarketsandMarkets
【商品コード】AST 5018
【調査対象地域】グローバル
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のパーティクルカウンター市場予測2024年:種類別、用途別、エンドユーザー別、地域別...市場動向/規模/将来展望...


  • 試験/検査/認証(TIC)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、試験/検査/認証(TIC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、調達別分析、産業別分析、地域別分析、試験/検査/認証(TIC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 接着フィルムの世界市場
    当調査レポートでは、接着フィルムの世界市場について調査・分析し、接着フィルムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • チェコの整形外科用骨セメントおよび鋳造材料市場見通し
  • コンデンシングユニットの世界市場:タイプ別、用途別、機能別
    世界のコンデンシングユニット市場は2018年に約237億米ドルの価値に達し、2019-2026年の予測期間にわたって8.20%以上の成長率で成長すると予想されています。 冷却とは、冷却、圧縮、凝縮、膨張、それに続く蒸発といった多くの周期的な状態を経るプロセスです。当調査レポートでは、コンデンシングユニットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー …
  • プロバイオティクス化粧品の世界市場2018-2022:基礎化粧品、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、プロバイオティクス化粧品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロバイオティクス化粧品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届け …
  • 石油増進回収法(EOR)の世界市場
    当調査レポートでは、石油増進回収法(EOR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、石油増進回収法(EOR)の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電動搾乳器のグローバル市場
    当調査レポートでは、電動搾乳器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動搾乳器の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は電動搾乳器の世界市場が2017-2021年期間 …
  • 次世代生物学的製剤の世界市場2016-2026
  • 可変バルブタイミング(VVT)の世界市場見通し2016-2022:バルブトレーン、カム位相変化、カム位相変化+切り替え
    当調査レポートでは、可変バルブタイミング(VVT)の世界市場について調査・分析し、可変バルブタイミング(VVT)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・可変バルブタイミング(VVT)の世界市場:市場動向分析 ・可変バルブタイミング(VVT)の世界市場:競争要因分析 ・可変バルブタイ …
  • 連続生産の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、連続生産の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、連続生産の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 腫瘍切除の世界市場の規模と予測:技術別(高周波、マイクロ波、凍結融解)、治療別(外科的、腹腔鏡的、経皮的)、用途別(肝臓がん、乳がん、肺がん、前立腺がん)、セグメント予測、2015-2022
    本調査レポートでは、腫瘍切除の世界市場について調査・分析し、腫瘍切除の世界市場動向、腫瘍切除の世界市場規模、市場予測、セグメント別腫瘍切除市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ACドライブの世界市場予測(~2021年):低電圧ACドライブ、中電圧ACドライブ
    当調査レポートでは、ACドライブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、電圧別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、ACドライブの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 台湾のトルエンジイソシアネート(TDI)市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • 自動車用外部エアバッグの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用外部エアバッグの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用外部エアバッグの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 車載インフォテインメントシステムの世界市場見通し2016-2022:組み込み型テレマティクスエレクトロニックコントロールユニット(ECU)、コネクティビティエレクトロニックコントロールユニット(ECU)、ヘッドユニットシステム、その他インフォテインメントシステム
    当調査レポートでは、車載インフォテインメントシステムの世界市場について調査・分析し、車載インフォテインメントシステムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・車載インフォテインメントシステムの世界市場:市場動向分析 ・車載インフォテインメントシステムの世界市場:競争要因分析 ・車載イ …
  • ポリエチレン(PE)パッケージングの世界市場2016-2020:LDPEパッケージング、HDPEパッケージング
    当調査レポートでは、ポリエチレン(PE)パッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポリエチレン(PE)パッケージングの世界市場規模及び予測、材料別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デジタルサイネージ用ソフトウェアの世界市場予測(~2023年)
    当調査レポートでは、デジタルサイネージ用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、ソフトウェア種類別分析、サービス別分析、用途別分析、地域別分析、デジタルサイネージ用ソフトウェアの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の鉄道貨物輸送市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の鉄道貨物輸送市場が2017年2940.8憶ドルから2026年4149.6憶ドルまで年平均3.9%成長すると予測しています。当資料では鉄道貨物輸送について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、サービス別(輸送に関連するサービス、輸送)分析、貨物の種類別(非コンテナ化、液体バルク、 …
  • 紫外線安定剤の世界市場分析:用途別(家具・インテリア、デッキ及びフローリング)、セグメント予測
    本調査レポートでは、紫外線安定剤の世界市場について調査・分析し、紫外線安定剤の世界市場動向、紫外線安定剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別紫外線安定剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エジプトの市場見通し(~2021年)
  • オートバイ用スリップオン排気装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用スリップオン排気装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、オートバイ用スリップオン排気装置の世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • クラウドロボティクスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、クラウドロボティクスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、クラウドロボティクス市場規模、用途別(工業用、サービス用)分析、実施別分析、製品別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼク …
  • 3D及び4D技術の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、3D及び4D技術の世界市場について調査・分析し、3D及び4D技術の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別3D及び4D技術シェア、市場規模推移、市場規模予測、3D及び4D技術種類別分析(3D/4D出力機器、3D画像ソリューション、3D入力機器、3D/4Dアプリケーション )、3D及び4D技術用途別分析(エンタテインメント、家電、自動車、建設 …
  • 産業用バルブカバーガスケットの世界市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用バルブカバーガスケットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用バルブカバーガスケットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 …
  • 給油所用タンクゲージシステムの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、給油所用タンクゲージシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、給油所用タンクゲージシステムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 …
  • ブタクサアレルギー(Ragweed Allergy):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるブタクサアレルギー(Ragweed Allergy)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ブタクサアレルギー(Ragweed Allergy)治療 …
  • 消化管/GIステントの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、消化管/GIステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、疾患別分析、需要先別分析、消化管/GIステントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • リン酸鉄リチウム(LFP)電池の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リン酸鉄リチウム(LFP)電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リン酸鉄リチウム(LFP)電池の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ハプティック技術の世界市場
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、ハプティック技術の世界市場について調査・分析し、ハプティック技術の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 民間航空機用電気システムの世界市場2017-2021:狭胴機、広胴機、小型ジェット機
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、民間航空機用電気システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機用電気システムの世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は民間航空機用電気 …
  • 次世代エネルギー貯蔵技術(EST)の世界市場展望2016
    当調査レポートでは、次世代エネルギー貯蔵技術(EST)の世界市場について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 1. 概要 2. 既存および新興のエネルギー貯蔵技術の概要 3. 次世代エネルギー貯蔵技術の促進要因と制約要因 4. 次世代機械的エネルギー貯蔵技術 5. 次世代化学エネルギー貯蔵技術 6. 次世代電気エネルギー貯蔵技術 7. 次世代電気化学 …
  • 廃水処理サービスの世界市場予測:設計およびエンジニアリングコンサルティング、構築および設置、運用およびプロセス制御、メンテナンスおよび修理
    当調査レポートでは、廃水処理サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別(設計およびエンジニアリングコンサルティング、構築および設置、運用およびプロセス制御、メンテナンスおよび修理)分析、エンドユーザー別(市、工業)分析、廃水処理サービスの世界市場規模及び予測、市場動向、 …
  • 食品着色料の世界市場予測(~2023年):天然、合成、ネイチャーアイデンティカル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、食品着色料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別(天然、合成、ネイチャーアイデンティカル)分析、用途別(飲料、加工食品、ベーカリー・製菓製品、油脂、乳製品、肉、鶏肉、シーフード)分析、形態別分析、溶解性別分析、食品着色料の世界 …
  • トラック隊列走行(プラトーニング)の世界市場:タイプ別(自律型、運転支援型)、システム別(車線維持支援、後側方車両検知警報、アダプティブクルーズコントロール、全地球測位システム、自動緊急ブレーキ、前方車接近警報、ヒューマンマシンインターフェイス)、センサー別、サービス別(テレマティクスベース、プラトーニング型)、地域別予測
    本資料は、トラック隊列走行(プラトーニング)の世界市場について調べ、トラック隊列走行(プラトーニング)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(自律型、運転支援型)分析、システム別(車線維持支援、後側方車両検知警報、アダプティブクルーズコントロール、全地球測位システム、自動緊急ブレーキ、前方車接近警報、ヒューマンマシンインターフェイス)分析、センサー別分析、 …
  • 超音波プローブ消毒の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、超音波プローブ消毒の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品(装置、サービス、消耗品)分析、消費財(高水準消毒、消毒用ワイプ・スプレー、酵素系洗剤)分析、プローブタイプ(リニア、endocavityトランスデューサー …
  • シリコンフォトニクスの世界市場:光導波路、光変調器、光検出器、WDM(波長分割多重)、レーザ、トランシーバー、アクティブ光ケーブル、マルチプレクサ、減衰器
    当調査レポートでは、シリコンフォトニクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成品別分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アセトフェノンの世界市場2016
    当調査レポートでは、アセトフェノンの世界市場について調査・分析し、アセトフェノンの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるアセトフェノンのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・アセトフェノンの用途 ・アセトフェノンの製造プロセス ・アセトフェノンの …
  • 自動車エネルギー回収システムの世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、自動車エネルギー回収システムの世界市場について調査・分析し、自動車エネルギー回収システムの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・自動車エネルギー回収システムの世界市場:市場動向分析 ・自動車エネルギー回収システムの世界市場:競争要因分析 ・自動車エネルギー回収シ …
  • アメリカのSSL証明書市場2016-2020
    当調査レポートでは、アメリカのSSL証明書市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アメリカのSSL証明書市場規模及び予測、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 金属AM(付加製造)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、金属AM(付加製造)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属AM(付加製造)の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用画像分析ソフトウェアの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、医療用画像分析ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、イメージ別分析、モダリティ別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 胆管腫瘍(Biliary Tumor):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胆管腫瘍(Biliary Tumor)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胆管腫瘍(Biliary Tumor)治療薬開発に取り組んでいる企業情 …
  • 海底処理システムの世界市場2018-2022:ブースティング 、セパレーション、インジェクション、圧縮
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、海底処理システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、海底処理システムの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は海底処理システム …
  • 元素分析の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、元素分析の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、元素分析市場規模、エンドユーザ―別(製薬・バイオテクノロジー企業、研究・学術機関、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Agilent Technologies …
  • 酒さ(Rosacea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における酒さ(Rosacea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、酒さ(Rosacea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・酒さ(R …
  • 使い捨て食器の世界市場2019-2026
    本資料は、使い捨て食器の世界市場について調べ、使い捨て食器の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(紙製品(紙皿、紙皿、及び紙ボウル)、プラスチック製品、竹製品、その他(銀製品))分析、用途別(レストラン、家庭、学校、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 …
  • 世界の移植機市場2015
    本調査レポートでは、世界の移植機市場2015について調査・分析し、移植機の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • 感圧テープの世界市場分析:バッキング材別(ポリプロピレン、紙、PVC)、製品別(カートンシーリングテープ、マスキングテープ、両面テープ、電気テープ)、用途別(梱包、建築・建設、電気・電子、自動車、健康・衛生)、セグメント予測
    本調査レポートでは、感圧テープの世界市場について調査・分析し、感圧テープの世界市場動向、感圧テープの世界市場規模、市場予測、セグメント別感圧テープ市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 帯電防止剤の世界市場2017-2021:電子、工業用包装、塗料、自動車、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、帯電防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、帯電防止剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は帯電防止剤の世界 …
  • 自己免疫疾患検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自己免疫疾患検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自己免疫疾患検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

世界のパーティクルカウンター市場予測2024年:種類別、用途別、エンドユーザー別、地域別、市場動向、市場規模、将来展望