"世界のグラフェン電池市場予測2030年:種類別、最終用途産業別、地域別" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のグラフェン電池市場予測2030年:種類別、最終用途産業別、地域別...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Opportunities in Graphene Battery Market
4.2 Graphene Battery Market, By Region
4.3 Asia Pacific Graphene Battery Market, By Type & Country
4.4 Graphene Battery Market, By Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 31)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Advantages Over Other Battery Materials
5.2.1.2 Increasing Focus on R&D Activities
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Incapability of Mass Production
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increasing Patents
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 High Production Cost
5.3 Economic Indicators
5.3.1 Industry Outlook
5.3.1.1 Electric Vehicles
5.4 Graphene Battery Patent Analysis
5.4.1 Publication Trends – 2015–2019
5.4.2 Insight
5.4.3 Trend Analysis and Geographical Representation
5.4.4 Top Assignees
6 Graphene Battery Market, By Type (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Lithium-Ion Graphene Battery
6.3 Graphene Supercapacitor
6.4 Lithium-Sulfur Graphene Battery
6.5 Others
7 Graphene Battery Market, By End-Use Industry (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Automotive
7.2.1 Battery Electric Vehicles
7.2.1.1 Graphene Batteries Provide High Thermal Stability and are Safe for Use in Electric Vehicles
7.2.2 Plug-In Hybrid Electric Vehicles
7.2.2.1 Low Self-Discharge Rate, High Output, and High Energy Density are Driving the Adoption of Graphene Batteries in Hybrid Electric Vehicles
7.3 Consumer Electronics
7.3.1 Smartphones
7.3.2 UPS
7.3.3 Laptops
7.4 Industrial
7.4.1 Mining Equipment
7.4.2 Construction Equipment
7.5 Power
7.6 Others
8 Regional Analysis (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 Asia Pacific
8.3 North America
8.4 Europe
8.5 Rest of the World (RoW)
9 Competitive Landscape (Page No. – 61)
9.1 Introduction
9.2 Overview
9.3 Competitive Situations & Trends
9.3.1 Product Launches
9.3.2 Partnerships
9.3.3 Contracts
9.3.4 Agreements
9.3.5 Expansions
9.3.6 Collaborations
9.3.7 Product Developments
9.3.8 Investments
10 Company Profiles (Page No. – 67)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 Graphenano Nanotechnologies
10.2 Nanograf Technologies
10.3 Global Graphene Group
10.4 XG Sciences
10.5 Graphene 3D Lab, Inc.
10.6 Samsung SDI
10.7 Huawei
10.8 Hybrid Kinetic Group Ltd.
10.9 Vorbeck Materials
10.10 Elcora Advanced Materials Corp.
10.11 Nanotek Instruments, Inc.
10.12 Graphene Batteries AS
10.13 Nanotech Energy, Inc.
10.14 ZEN Graphene Solutions Ltd.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 88)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details


■ 説 明 ■

“The global graphene battery market is projected to grow at a CAGR of 23.9% from 2024 to 2030, in terms of value.”
The global graphene battery market size is projected to grow from USD 168 million in 2024 to USD 609 million by 2030, at a CAGR of 23.9% from 2024 to 2030. The increasing demand for graphene batteries in consumer electronics and automotive industries is expected to drive the graphene battery industry.

“The lithium-ion graphene battery type segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on type, the lithium-ion graphene battery segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The demand for graphene lithium-ion batteries is expected to increase from various end-use industries, such as consumer electronics, automotive, industrial, and power, among others due, due to their lightweight, durability and suitability for high capacity energy storage, as well as short charging cycles. This is expected to result in the lithium-ion graphene battery segment exhibiting the highest growth rate.

“The automotive end-use industry segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period.”
Based on the end-use industry, the battery-grade segment is projected to grow at the highest CAGR during the forecast period. The need for high power and energy density has created a demand for reliable and safe batteries for industries such as automotive and consumer electronics, ultimately driving the growth of the graphene battery market. The automotive segment is forecasted to show the highest growth rate owing to the rise in the demand for electric vehicles due to environmental concerns and awareness about clean and sustainable fuel.

“Asia Pacific is projected to grow the highest CAGR in the graphene battery market during the forecast period.”
Asia Pacific is projected to grow at the highest CAGR in the graphene battery industry from 2024 to 2030. The growing economies of the countries such as China, Japan, Thailand, Taiwan, Malaysia, among others, coupled with the expansion and development of the manufacturing sector is expected to play a vital role in driving the demand for various products including batteries. Apart from electronic gadgets, the graphene battery is also used in electric vehicles and the demand for electric vehicles is increasing in the Asia Pacific region.

Profile break-up of primary participants for the report:
• By Company Type: Tier 1 – 45%, Tier 2 – 22%, and Tier 3 – 33%
• By Designation: C-level Executives – 50%, Directors – 10%, and Others – 40%
• By Region: North America – 33%, Europe – 22%, Asia Pacific – 38%, South America – 5%, Middle East & Africa- 2%

Furthermore, as a part of the qualitative analysis of the graphene battery market, the research provides a comprehensive review of drivers, restraints, opportunities, and challenges influencing the growth of the market across the globe. It also discusses competitive strategies adopted by the leading market players such as Samsung SDI (South Korea), Huawei Technologies Co., Ltd. (China), Log 9 Materials Scientific Private Limited (India), Cabot Corporation (US), Grabat Graphenano Energy (Spain), Nanotech Energy (US), Nanotek Instruments, Inc. (US), XG Sciences, Inc. (US), ZEN Graphene Solutions Ltd. (Canada), Graphene NanoChem (Malaysia), Global Graphene Group (US), Vorbeck Materials Corp. (US), Graphenea Group (Spain), Hybrid Kinetic Group Ltd. (Hong Kong) and Targray Group (Canada).

Research Coverage:
The report defines, segments, and projects the size of the graphene battery market based on type, end-use industry, grade, and region. It strategically profiles the key players and comprehensively analyzes their market share and core competencies. It also tracks and analyzes competitive developments, such as expansions, and joint-ventures undertaken by them in the market.

Reasons to Buy the Report:
This report is expected to help the market leaders/new entrants in the market by providing them the closest approximations of revenue numbers of the graphene battery market and its segments. The report is also expected to help stakeholders obtain an improved understanding of the competitive landscape of the market, gain insights to improve the position of their businesses, and make suitable go-to-market strategies. It also enables stakeholders to understand the pulse of the market and provide them information on key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】世界のグラフェン電池市場予測2030年:種類別、最終用途産業別、地域別
【英語】Graphene Battery Market by Type (Lithium-Ion Graphene Battery, Lithium-Sulfur Graphene Battery, Graphene Supercapacitor), End-Use Industry (Consumer Electronics, Automotive, Industrial, Power), Region - Global Forecast to 2030

【発行日】2020年1月
【発行会社】MarketsandMarkets
【商品コード】CH 7504
【調査対象地域】グローバル
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界のグラフェン電池市場予測2030年:種類別、最終用途産業別、地域別...市場動向/規模/将来展望...


  • アサイーベリーの世界市場2017-2021:食品・飲料向け、機能性食品向け、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、アサイーベリーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アサイーベリーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はアサイーベリーの世界市場が20 …
  • モバイル決済の世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 卵管がん治療法の世界市場:標的療法、化学療法
    Technavio社の本調査レポートでは、卵管がん治療法の世界市場について調べ、卵管がん治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、卵管がん治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(標的療法、化学療法)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technav …
  • ボイラー制御の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ボイラー制御の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ボイラータイプ別(水管ボイラー、煙管ボイラー)分析、制御タイプ別(調節制御、オン・オフ制御)分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、エンドユーザー別(工業、商業)分析、ボイラ …
  • 世界の神経科学用抗体及びアッセイ市場2020-2024
    「神経科学用抗体及びアッセイの世界市場2020-2024」は、神経科学用抗体及びアッセイについて市場概要、市場規模、製品別(消耗品、機器)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・神経科 …
  • FM放送送信機の世界市場2017-2021:20kW超、2~20kW、5W~5kW
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、FM放送送信機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、FM放送送信機の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 9-デカン酸メチルエステルの世界市場分析:用途別(香味料・香料、医薬品)、セグメント予測
    本調査レポートでは、9-デカン酸メチルエステルの世界市場について調査・分析し、9-デカン酸メチルエステルの世界市場動向、9-デカン酸メチルエステルの世界市場規模、市場予測、セグメント別9-デカン酸メチルエステル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界の航空サイバーセキュリティ市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の航空サイバーセキュリティ市場が2017年27.9463憶ドルから2026年64.8254憶ドルまで年平均9.8%成長すると予測しています。当資料では航空サイバーセキュリティについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、展開別(ホスティング、オンプレミス)分析、製品別(サイバー脅 …
  • 消泡剤の世界市場分析:製品別(水ベース、油ベース、シリコンベース)、用途別(パルプ・紙、コーティング、農薬、水処理、食品・飲料)、地域別、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、消泡剤の世界市場について調査・分析し、消泡剤の世界市場動向、消泡剤の世界市場規模、市場予測、セグメント別消泡剤市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • チーズパウダーの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、チーズパウダーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、チーズパウダーの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお …
  • 農業(および食品サプライチェーン)におけるブロックチェーンの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、農業(および食品サプライチェーン)におけるブロックチェーンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別(製品トレーサビリティ、支払い・決済、スマートコントラクト、ガバナンス・リスク・コンプライアンス管理)分析、プロバイダー別分析、組 …
  • ヘリコプター用シートの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、ヘリコプター用シートの世界市場について調査・分析し、ヘリコプター用シートの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ヘリコプター用シートの世界市場:市場動向分析 - ヘリコプター用シートの世界市場:競争要因分析 - ヘリコプター用シートの世界市場:用途別 ・V …
  • 電気自動車モータコントローラの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電気自動車モータコントローラの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車モータコントローラの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリビニルブチラールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポリビニルブチラールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポリビニルブチラール市場規模、用途別(フィルム・シート、塗料・コーティング剤、接着剤、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・ …
  • 粘着防止剤の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、粘着防止剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品種類別分析、高分子種類別分析、用途別分析、地域別分析、粘着防止剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 防弾ガラスの世界市場予測(~2022年):自動車用、軍事用、金融用、建設用
    当調査レポートでは、防弾ガラスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、需要先別分析、用途別分析、地域別分析、防弾ガラスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • クラッベ病治療薬の世界市場2018-2022:抗痙攣薬、筋弛緩薬、HSCT、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、クラッベ病治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、クラッベ病治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はクラッ …
  • テレプレゼンス(テレビ会議)の世界市場:装置、ソフトウェア、サービス、没入型、パーソナル型、ホログラフィック、ロボット型テレプレゼンス
    当調査レポートでは、テレプレゼンス(テレビ会議)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、構成要素別分析、システム種類別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術用ドレープのグローバル市場
    当調査レポートでは、手術用ドレープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術用ドレープの世界市場規模及び予測、需要先別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は手術用ドレープの世界市場が2017-2021年期 …
  • ペン型注射器の世界市場予測(~2022年):タイプ別(使い捨て、再使用可能)、治療別(糖尿病(インスリン、グルカゴン様ペプチド-1 )、ホルモン補充、骨粗鬆症、不妊治療)、エンドユーザー別(ホームケア、病院)、地域別
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ペン型注射器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ペン型注射器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミアムイン …
  • 化学療法誘発性悪心・嘔吐:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、化学療法誘発性悪心・嘔吐治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・化学療法誘発性悪心・嘔吐:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・化学療法誘発性悪心・嘔吐のフェーズ3治験薬の状況 ・化学療法誘発 …
  • 量子カスケードレーザ(QCL)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、量子カスケードレーザ(QCL)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、包装種類別分析、運用モード別分析、製造技術別分析、地域別分析、量子カスケードレーザ(QCL)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたし …
  • アルツハイマー病に伴う認知症:治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるアルツハイマー病に伴う認知症の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、アルツハイマー病に伴う認知症治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 …
  • オランダの脊椎手術装置市場見通し
  • 次世代生物学的製剤の世界市場2016-2020:再生医療、次世代抗体、次世代インスリン製品、次世代組み換え凝固因子
    当調査レポートでは、次世代生物学的製剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、次世代生物学的製剤の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 電気自動車用ECUの世界市場2017-2021:ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、電気自動車
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、電気自動車用ECUの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電気自動車用ECUの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社 …
  • 精液バンクの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、精液バンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、精液バンクの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は精液バンクの …
  • メラノーマ (Melanoma):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、メラノーマ (Melanoma)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・メラノーマ (Melanoma):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・メラノーマ (Melanoma)のフェーズ3治験 …
  • 航空機フライトコントロールシステム(操縦装置)の世界市場予測2021
    当調査レポートでは、航空機フライトコントロールシステム(操縦装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、種類別分析、用途別分析、航空機種類別分析、技術別分析、航空機フライトコントロールシステム(操縦装置)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のHIV・HBV・HCVテストキット市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 装着式防虫剤の世界市場
    当調査レポートでは、装着式防虫剤の世界市場について調査・分析し、装着式防虫剤の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 産業制御システムセキュリティの世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、産業制御システムセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、セキュリティタイプ別分析、地域別分析、産業制御システムセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット掘削の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ロボット掘削の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ロボット掘削市場規模、製品別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、用途別(オンショア、オフショア)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Huisman Equipme …
  • ヒト化マウスモデルのグローバル市場
    当調査レポートでは、ヒト化マウスモデルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ヒト化マウスモデルの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はヒト化マウスモデルの世界市場が2017 …
  • 航空機タービンブレード・翼の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機タービンブレード・翼の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機タービンブレード・翼の世界市場規模及び予測、航空機サイズ別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 石炭供給装置の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、石炭供給装置の世界市場について調査・分析し、石炭供給装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・石炭供給装置の世界市場:市場動向分析 ・石炭供給装置の世界市場:競争要因分析 ・石炭供給装置の世界市場:用途別分析/市場規模 ・石炭供給装置の世界市場:種類別分析/市 …
  • 量子暗号の世界市場予測(~2022年):ハードウェア、ソフトウェア
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、量子暗号の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、アプリケーション別分析、企業規模別分析、産業別分析、量子暗号の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、ポリフェニレンサルファイド(PPS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 交通安全用品の世界市場
    当調査レポートでは、交通安全用品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、交通安全用品の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のタービン市場2015
    本調査レポートでは、世界のタービン市場2015について調査・分析し、タービンの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたします。
  • パスタおよび麺の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、パスタおよび麺の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パスタおよび麺の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 病院用物流ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、病院用物流ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、病院用物流ロボット市場規模、用途別(薬局・実験室・無菌物配達、食料配達、洗濯物配送、廃棄物輸送)分析、ソリューション別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブ …
  • 世界のPoC診断装置市場
  • 世界の赤外線検知装置市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤外線検知装置市場2015について調査・分析し、赤外線検知装置の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいた …
  • ゴム・プラスチック産業用ロボットの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ゴム・プラスチック産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ゴム・プラスチック産業用ロボットの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 金属化フィルムの世界市場:金属別(アルミニウム、その他)、材料別(ポリプロピレン(PP)、ポリエチレンテレフタレート(PET))、エンドユーザー産業別、地域別予測
    本資料は、金属化フィルムの世界市場について調べ、金属化フィルムの世界規模、市場動向、市場環境、金属別(アルミニウム、その他)分析、材料別(ポリプロピレン(PP)、ポリエチレンテレフタレート(PET))分析、エンドユーザー産業別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 …
  • 無針薬物送達技術の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、無針薬物送達技術の世界市場について調査・分析し、無針薬物送達技術の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 無針薬物送達技術の概要 3. 無針薬物送達技術の世界市場2016-2026 4. ジェット式注射器技術市場2016-2026 5. …
  • オーストラリアの心臓人工弁市場(~2021)
  • UAEの医療市場展望
  • 自動車用アクティブサスペンションシステムの世界市場2017-2021:油圧アクチュエータ―、空気圧式アクチュエータ、電磁アクチュエータ
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用アクティブサスペンションシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用アクティブサスペンションシステムの世界市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Techna …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

世界のグラフェン電池市場予測2030年:種類別、最終用途産業別、地域別、市場動向、市場規模、将来展望