"腫瘍アブレーションの世界市場2019-2026:技術別、治療方法別、用途別" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
腫瘍アブレーションの世界市場2019-2026:技術別、治療方法別、用途別...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

Chapter 1. Executive Summary
1.1. Market Snapshot
1.2. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2017-2026 (USD Million)
1.2.1. Tumor Ablation Market, by Technology, 2017-2026 (USD Million)
1.2.2. Tumor Ablation Market, by Mode of Treatment, 2017-2026 (USD Million)
1.2.3. Tumor Ablation Market, by Application, 2017-2026 (USD Million)
1.2.4. Tumor Ablation Market, by Region, 2017-2026 (USD Million)
1.3. Key Trends
1.4. Estimation Methodology
1.5. Research Assumption
Chapter 2. Global Tumor Ablation Market Definition and Scope
2.1. Objective of the Study
2.2. Market Definition & Scope
2.2.1. Scope of the Study
2.2.2. Industry Evolution
2.3. Years Considered for the Study
2.4. Currency Conversion Rates
Chapter 3. Global Tumor Ablation Market Dynamics
3.1. Tumor Ablation Market Impact Analysis (2018-2026)
3.1.1. Market Drivers
3.1.2. Market Challenges
3.1.3. Market Opportunities
Chapter 4. Global Tumor Ablation Market: Industry Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Suppliers
4.1.2. Bargaining Power of Buyers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.1.6. Futuristic Approach to Porter’s 5 Force Model (2016-2026)
4.2. PEST Analysis
4.2.1. Political
4.2.2. Economical
4.2.3. Social
4.2.4. Technological
4.3. Investment Adoption Model
4.4. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Global Tumor Ablation Market, by Technology
5.1. Market Snapshot
5.2. Global Tumor Ablation Market by Technology, Performance – Potential Analysis
5.3. Global Tumor Ablation Market Estimates & Forecasts by Technology 2016-2026 (USD Million)
5.4. Tumor Ablation Market, Sub Segment Analysis
5.4.1. Radiofrequency
5.4.2. Microwave
5.4.3. Cryoablation
5.4.4. Others
Chapter 6. Global Tumor Ablation Market, by Mode of Treatment
6.1. Market Snapshot
6.2. Global Tumor Ablation Market by Mode of Treatment, Performance – Potential Analysis
6.3. Global Tumor Ablation Market Estimates & Forecasts by Mode of Treatment, 2016-2026 (USD Million)
6.4. Tumor Ablation Market, Sub Segment Analysis
6.4.1. Surgical Ablation
6.4.2. Laparoscopic Ablation
6.4.3. Percutaneous Ablation
Chapter 7. Global Tumor Ablation Market, by Application
7.1. Market Snapshot
7.2. Global Tumor Ablation Market by Application, Performance – Potential Analysis
7.3. Global Tumor Ablation Market Estimates & Forecasts by Application, 2016-2026 (USD Million)
7.4. Tumor Ablation Market, Sub Segment Analysis
7.4.1. Liver Cancer
7.4.2. Lung Cancer
7.4.3. Kidney Cancer
7.4.4. Others
Chapter 8. Global Tumor Ablation Market, Regional Analysis
8.1. Tumor Ablation Market, Regional Market Snapshot
8.2. North America Tumor Ablation Market
8.2.1. U.S. Tumor Ablation Market
8.2.1.1. Technology breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
8.2.1.2. Mode of Treatment breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
8.2.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
8.2.2. Canada Tumor Ablation Market
8.3. Europe Tumor Ablation Market Snapshot
8.3.1. U.K. Tumor Ablation Market
8.3.2. Rest of Europe Tumor Ablation Market
8.4. Asia-Pacific Tumor Ablation Market Snapshot
8.4.1. China Tumor Ablation Market
8.4.2. India Tumor Ablation Market
8.4.3. Japan Tumor Ablation Market
8.4.4. Rest of Asia Pacific Tumor Ablation Market
8.5. Latin America Tumor Ablation Market Snapshot
8.5.1. Brazil Tumor Ablation Market
8.5.2. Mexico Tumor Ablation Market
8.6. Rest of The World Tumor Ablation Market
Chapter 9. Competitive Intelligence
9.1. Top Market Strategies
9.2. Company Profiles
9.2.1. Medtronic, PLC.
9.2.1.1. Key Information
9.2.1.2. Overview
9.2.1.3. Financial (Subject To Data Availability)
9.2.1.4. Product Summary
9.2.1.5. Recent Developments
9.2.2. Angiodynamics, Inc.
9.2.3. Healthtronics, Inc.
9.2.4. Galil Medical, Inc.
9.2.5. Boston Scientific Corporation
9.2.6. Neuwave Medical, Inc.
9.2.7. Edap Tms S.A.
9.2.8. Mermaid Medical A/S
9.2.9. Sonacare Medical, LLC
9.2.10. Misonix, Inc.
Chapter 10. Research Process
10.1. Research Process
10.1.1. Data Mining
10.1.2. Analysis
10.1.3. Market Estimation
10.1.4. Validation
10.1.5. Publishing
10.2. Research Attributes
10.3. Research Assumption


■ 説 明 ■

Global Tumor Ablation Market is valued approximately at USD 407.42 million in 2018 and is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than 12.5% over the forecast period 2019-2026. Tumor ablation is a minimally invasive technique which is usually used in the treatment of tumors of the bone, kidneys, liver and lungs. At the time of tumor ablation, thermal energy is used to cool or heat tissue to cytotoxic levels (below −40°C or over 60°C). It is a vital option for the people who have failed chemotherapy or radiotherapy or are not surgical candidates. Ablation is also being observed as a potential first-line treatment in many patients with small hepatocellular carcinomas or benign tumors in the liver. Increasing incidences of cancer, growing geriatric population, technological advancements in ablation devices and surging government programs to reduce the cancer incidence are the few factors responsible for high CAGR of the market over the forecast period. For instance, in 2018, it was estimated that there were 17.0 million new cancer cases and 9.5 million deaths due to cancer worldwide. The global burden of cancer is expected to grow to 27.5 million new cancer cases and 16.3 million cancer deaths by 2040 due to the growth and aging of the population, according to the International Agency for Research on Cancer (IARC). Moreover, growing awareness about ablation procedures over conventional therapeutic and surgical procedures is another the major factor which creates lucrative growth opportunities to the growth of market in the upcoming years. However, cost containment measures taken by various governments and long approval time for the product launch are the few factors anticipated to restrain the growth of global Tumor Ablation market during the forecast period.

The regional analysis of global Tumor Ablation Market is considered for the key regions such as Asia Pacific, North America, Europe, Latin America and Rest of the World. North America is the leading/significant region across the world in terms of market share owing to the increasing acceptance of tumor ablation products due to rising prevalence of cancer, surging inclination of patients towards minimally invasive procedures and increasing government funding for cancer research in the region. However, Asia-Pacific is anticipated to exhibit highest growth rate / CAGR over the forecast period 2019-2026. Factors such as improving healthcare infrastructure, increasing number of cancer patients and growing government assistance programs to reduce cancer incidence would fuel-up the adoption of Tumor Ablation in the Asia-Pacific region.

Major market player included in this report are:
Medtronic, PLC.
Angiodynamics, Inc.
Healthtronics, Inc.
Galil Medical, Inc.
Boston Scientific Corporation
Neuwave Medical, Inc.
Edap Tms S.A.
Mermaid Medical A/S
Sonacare Medical, LLC
Misonix, Inc.

The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Technology:
Radiofrequency
Microwave
Cryoablation
Others

By Mode of Treatment:
Surgical Ablation
Laparoscopic Ablation
Percutaneous Ablation

By Application:
Liver Cancer
Lung Cancer
Kidney Cancer
Others

By Region:
North America
U.S.
Canada
Europe
UK
Germany
Asia Pacific
China
India
Japan
Latin America
Brazil
Mexico
Rest of the World

Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2016, 2017
Base year – 2018
Forecast period – 2019 to 2026

Target Audience of the Global Tumor Ablation Market in Market Study:

Key Consulting Companies & Advisors
Large, medium-sized, and small enterprises
Venture capitalists
Value-Added Resellers (VARs)
Third-party knowledge providers
Investment bankers
Investors


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】腫瘍アブレーションの世界市場2019-2026:技術別、治療方法別、用途別
【英語】Global Tumor Ablation Market Size study, by Technology (Radiofrequency, Microwave, Cryoablation, Others), by Mode of Treatment (Surgical Ablation, Laparoscopic Ablation, Percutaneous Ablation), by Application (Liver Cancer, Lung Cancer, Kidney Cancer, Others) and Regional Forecasts 2019-2026

【発行日】2020年1月
【発行会社】Bizwit Research & Consulting
【商品コード】BZW20FB167
【調査対象地域】グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
腫瘍アブレーションの世界市場2019-2026:技術別、治療方法別、用途別...市場動向/規模/将来展望...


  • インスリン製剤バイオ後続品の世界市場見通し:持続型バイオシミラー、プリミックスバイオシミラー、速効型バイオシミラー
    当調査レポートでは、インスリン製剤バイオ後続品の世界市場について調査・分析し、インスリン製剤バイオ後続品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・インスリン製剤バイオ後続品の世界市場:市場動向分析 ・インスリン製剤バイオ後続品の世界市場:競争要因分析 ・インスリン製剤バイオ後続品の世 …
  • グリーンテクノロジーおよびサステナビリティの世界市場:技術別、用途別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではグリーンテクノロジーおよびサステナビリティについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、技術別(モノのインターネット、人工知能と分析、デジタルツイン、クラウドコンピューティング)分析、用途別(カーボンフットプリント管理、グリーンビルディング、浄水、漏水検知、火災検知)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合 …
  • ブラジルの無水フタル酸市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • 心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における心血管危険因子(Cardiovascular Risk Factors)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、心血管危険因子(Cardiovasc …
  • MMOゲームの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、MMOゲームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、MMOゲームの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はMMOゲームの世界市場が2017-2 …
  • エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エクスフォリエーターおよびスクラブの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします …
  • 特大貨物輸送の世界市場
    当調査レポートでは、特大貨物輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、特大貨物輸送の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 欧州のEラーニング市場2016-2020
    当調査レポートでは、欧州のEラーニング市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、欧州のEラーニング市場規模及び予測、需要先別分析、構成要素別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 建設用化学品の世界市場2016-2020:保護コーティング、接着剤、シーラント、コンクリート混和剤、アスファルト添加剤、難燃剤
    当調査レポートでは、建設用化学品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、建設用化学品の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タンパク質結合アッセイの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、タンパク質結合アッセイの世界市場について調査・分析し、市場動向、技術別(超遠心分離、平衡透析、限外ろ過、表面プラズモン共鳴、その他の技術)分析、製品&サービス別(器具、キット&試薬、サービス)分析、エンドユーズ別(受託研究機関、製薬・バイオテクノロジー企業、その他のエンドユーズ)分析、地域別分析、競合動向などを含め次の構成でお届け致します …
  • 作物保護用農薬のヨーロッパ市場
    本調査レポートでは、作物保護用農薬のヨーロッパ市場について調査・分析し、作物保護用農薬のヨーロッパ市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 歯科消耗品の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、歯科消耗品の世界市場について調査・分析し、歯科消耗品の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • シリアルバーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、シリアルバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シリアルバーの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界のインテリジェント企業データキャプチャソフトウェア市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 工業用コーヒーグラインダーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、工業用コーヒーグラインダーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、工業用コーヒーグラインダー市場規模、製品別(ローラー型、バー型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・工業用コーヒ …
  • イスラエルのオーソバイオロジクス市場見通し
  • 主要10細胞分析法の世界市場予測(~2021):技術別(イメージング、PCR、フローサイトメトリー、ハイコンテントスクリーニング(HCS)、ブロッティング、分光測光法)、用途別、需要先別
    当調査レポートでは、主要10細胞分析法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、LED別分析、OLED別分析、バーチャル網膜ディスプレイ別分析、量子ドット別分析、主要10細胞分析法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場2018-2022:エポキシ、ポリウレタン、シリコン、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空宇宙用接着剤・シーラントの世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、樹脂別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • バイオ潤滑油の世界市場予測(~2022年):植物油、動物油脂
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、バイオ潤滑油の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、基油種類別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、バイオ潤滑油の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情 …
  • 先進相変化材料(PCM)の世界市場2017-2021:建物・建設、HVAC、包装・輸送、繊維、電子、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、先進相変化材料(PCM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、先進相変化材料(PCM)の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Techn …
  • 人工採油の世界市場予測:ロッドリフト、電気式水中ポンプ、プログレッシブキャビティポンプ、ガスリフト
  • 粘着性フィルムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、粘着性フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、フィルム材料別(ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリエチレン)分析、用途別(テープ、グラフィックフィルム、ラベル)分析、最終用途産業別(パッケージング、輸送、電 …
  • 臨床化学用分析装置の世界市場
    当調査レポートでは、臨床化学用分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、臨床化学用分析装置の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場動向および予測(~2021年)
    当調査レポートでは、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、分子生物学用酵素・キット・試薬の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の超音波装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、超音波装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・超音波装置の概要 ・超音波装置の開発動向:開発段階別分析 ・超音波装置の開発動向:セグメント別分析 ・超音波装置の開発動向:領域別分析 ・超音波装置の開発動向:規制Path別分析 ・超音波装置の開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別超音波装 …
  • コンクリート冷却の世界市場予測(~2026):種類別(水冷、氷冷、風冷、液体窒素冷却)、用途別、地域別
    当調査レポートでは、コンクリート冷却の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、コンクリート冷却の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • マレーシアのスチレン市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • 世界のランジェリー市場2015
    本調査レポートでは、世界のランジェリー市場2015について調査・分析し、ランジェリーの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたしま …
  • 世界のベンチレーター(人工呼吸器)市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、ベンチレーター(人工呼吸器)のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・ベンチレーター(人工呼吸器)の概要 ・ベンチレーター(人工呼吸器)の開発動向:開発段階別分析 ・ベンチレーター(人工呼吸器)の開発動向:セグメント別分析 ・ベンチレーター(人工呼吸器)の開発動向:領域別分析 ・ベンチレーター …
  • 防衛産業向け燃料電池の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、防衛産業向け燃料電池の世界市場について調査・分析し、防衛産業向け燃料電池の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 防衛産業向け燃料電池の世界市場:市場動向分析 - 防衛産業向け燃料電池の世界市場:競争要因分析 - 防衛産業向燃料電池の世界市場:技術別 ・固体 …
  • 放射線毒性(放射線障害、急性放射線症候群):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における放射線毒性(放射線障害、急性放射線症候群)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、放射線毒性(放射線障害、急性放射線症候群)治療薬開発に取り組んでい …
  • 肥料用固化防止剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、肥料用固化防止剤の世界市場について調査・分析し、肥料用固化防止剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別肥料用固化防止剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、肥料用固化防止剤種類別分析(固化防止剤パウダー、固化防止剤ペースト、水溶性固化防止剤)、肥料用固化防止剤用途別分析(複合肥料、尿素、カリ肥料、その他 )、主要地域分析(北米、欧州、アジ …
  • キャビアの世界市場
    当調査レポートでは、キャビアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キャビアの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • デンマークの体外式除細動器市場見通し
  • データベースセキュリティの世界市場予測(~2022年):ソフトウェア、サービス、業務機能、導入、企業規模、産業
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、データベースセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア別分析、サービス別分析、業務機能別分析、地域別分析、データベースセキュリティの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本の末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • スマートシューズの世界市場:製品別(スマートウォーキングシューズ、スマートランニングシューズ、スマートスポーツシューズ)、エンドユーザー別(男性、女性)、流通チャンネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア)
    本資料は、スマートシューズの世界市場について調べ、スマートシューズの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(スマートウォーキングシューズ、スマートランニングシューズ、スマートスポーツシューズ)分析、流通チャンネル別(スーパーマーケット/ハイパーマーケット、専門店、オンラインストア)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場 …
  • バイオチャー(バイオ炭)の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、バイオチャー(バイオ炭)の世界市場について調査・分析し、バイオチャー(バイオ炭)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・バイオチャー(バイオ炭)の世界市場:市場動向分析 ・バイオチャー(バイオ炭)の世界市場:競争要因分析 ・バイオチャー(バイオ炭)の世界市場:用 …
  • 経皮的冠動脈インターベンション(Percutaneous Coronary Intervention):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における経皮的冠動脈インターベンション(Percutaneous Coronary Intervention)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、経皮的 …
  • HVAC空気フィルターの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、HVAC空気フィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HVAC空気フィルターの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 香味料と香料の世界市場分析:製品別(ナチュラル、アロマ)、用途別(香味料、香料)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカ、中南米)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、香味料と香料の世界市場について調査・分析し、香味料と香料の世界市場動向、香味料と香料の世界市場規模、市場予測、セグメント別香味料と香料市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 世界のタイヤ加硫プレス市場2015
    本調査レポートでは、世界のタイヤ加硫プレス市場2015について調査・分析し、タイヤ加硫プレスの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届け …
  • トリフルオロメタンスルホン酸の世界市場2016
    当調査レポートでは、トリフルオロメタンスルホン酸の世界市場について調査・分析し、トリフルオロメタンスルホン酸の用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるトリフルオロメタンスルホン酸のメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・トリフルオロメタンスルホン酸の …
  • クラウド型マイクログリッドサービス(MaaS)の世界市場予測2022
    当調査レポートでは、クラウド型マイクログリッドサービス(MaaS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、グリッド種類別分析、サービス種類別分析、産業別分析、地域別分析、クラウド型マイクログリッドサービス(MaaS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関 …
  • 持続末梢神経ブロックカテーテルの世界市場
    当調査レポートでは、持続末梢神経ブロックカテーテルの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・持続末梢神経ブロックカテーテルの世界市場:製品種類別分析/市場規模 ・持続末梢神経ブロックカテーテルの世 …
  • バイオPETの世界市場2017-2021:ボトル、技術用、消費財、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、バイオPETの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオPETの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバイオPET …
  • メチルエチルケトン(MEK)の世界市場分析:用途別(塗料・塗料、印刷インキ、接着剤)、競争戦略、セグメント予測
    本調査レポートでは、メチルエチルケトン(MEK)の世界市場について調査・分析し、メチルエチルケトン(MEK)の世界市場動向、メチルエチルケトン(MEK)の世界市場規模、市場予測、セグメント別メチルエチルケトン(MEK)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • ラベリング装置の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ラベリング装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ラベリング装置市場規模、製品別(感圧ラベル、回転ラベル、スリーブラベル、ロールラベル、コンビネーションラベル)分析、最終用途別(飲料、食品、医薬品・パーソナルケア用品、化学品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業 …
  • 包装用樹脂の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、包装用樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、包装用樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラスブロックの世界市場2018-2022:商業用、家庭用、工業用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ガラスブロックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ガラスブロックの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

腫瘍アブレーションの世界市場2019-2026:技術別、治療方法別、用途別、市場動向、市場規模、将来展望