"ファーティゲーション&ケミゲーションの世界市場2019-2026:農業投入物別、用途別、作物タイプ別、灌漑システム別" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ファーティゲーション&ケミゲーションの世界市場2019-2026:農業投入物別、用途別、作物タイプ別、灌漑システム別...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

Chapter 1. Executive Summary
1.1. Market Snapshot
1.2. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.1. Fertigation & Chemigation Market, by Region, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.2. Fertigation & Chemigation Market, by Crop Type, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.3. Fertigation & Chemigation Market, by Agricultural Input, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.4. Fertigation & Chemigation Market, by Application, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.5. Fertigation & Chemigation Market, by Irrigation Systems 2017-2026 (USD Billion)
1.3. Key Trends
1.4. Estimation Methodology
1.5. Research Assumption
Chapter 2. Global Fertigation & Chemigation Market Definition and Scope
2.1. Objective of the Study
2.2. Market Definition & Scope
2.2.1. Scope of the Study
2.2.2. Industry Evolution
2.3. Years Considered for the Study
2.4. Currency Conversion Rates
Chapter 3. Global Fertigation & Chemigation Market Dynamics
3.1. Fertigation & Chemigation Market Impact Analysis (2018-2026)
3.1.1. Market Drivers
3.1.2. Market Challenges
3.1.3. Market Opportunities
Chapter 4. Global Fertigation & Chemigation Market Industry Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Suppliers
4.1.2. Bargaining Power of Buyers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.1.6. Futuristic Approach to Porter’s 5 Force Model (2016-2026)
4.2. PEST Analysis
4.2.1. Political
4.2.2. Economical
4.2.3. Social
4.2.4. Technological
4.3. Investment Adoption Model
4.4. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Global Fertigation & Chemigation Market, by Crop Type
5.1. Market Snapshot
5.2. Global Fertigation & Chemigation Market by Crop Type, Performance – Potential Analysis
5.3. Global Fertigation & Chemigation Market Estimates & Forecasts by Crop Type 2016-2026 (USD Billion)
5.4. Fertigation & Chemigation Market, Sub Segment Analysis
5.4.1. Field crops
5.4.2. Plantation crops
5.4.3. Orchard crops
5.4.4. Forage & Turf grasses
Chapter 6. Global Fertigation & Chemigation Market, by Agricultural Input
6.1. Market Snapshot
6.2. Global Fertigation & Chemigation Market by Agricultural Input, Performance – Potential Analysis
6.3. Global Fertigation & Chemigation Market Estimates & Forecasts by Agricultural Input 2016-2026 (USD Billion)
6.4. Fertigation & Chemigation Market, Sub Segment Analysis
6.4.1. Fertilizers
6.4.2. Insecticides
6.4.3. Fungicides
6.4.4. Herbicides
6.4.5. Others
Chapter 7. Global Fertigation & Chemigation Market, by Application
7.1. Market Snapshot
7.2. Global Fertigation & Chemigation Market by Application , Performance – Potential Analysis
7.3. Global Fertigation & Chemigation Market Estimates & Forecasts by Application 2016-2026 (USD Billion)
7.4. Fertigation & Chemigation Market, Sub Segment Analysis
7.4.1. Agriculture irrigation
7.4.2. Landscape irrigation
7.4.3. Greenhouse irrigation
7.4.4. Others
Chapter 8. Global Fertigation & Chemigation Market, by Irrigation Systems
8.1. Market Snapshot
8.2. Global Fertigation & Chemigation Market by Irrigation Systems , Performance – Potential Analysis
8.3. Global Fertigation & Chemigation Market Estimates & Forecasts by Irrigation Systems 2016-2026 (USD Billion)
8.4. Fertigation & Chemigation Market, Sub Segment Analysis
8.4.1. Drip
8.4.2. Sprinkler
Chapter 9. Global Fertigation & Chemigation Market, Regional Analysis
9.1. Fertigation & Chemigation Market, Regional Market Snapshot
9.2. North America Fertigation & Chemigation Market
9.2.1. U.S. Fertigation & Chemigation Market
9.2.1.1. Crop Type breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
9.2.1.2. Agricultural Input breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
9.2.1.3. Application breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
9.2.1.4. Irrigation Systems breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
9.2.2. Canada Fertigation & Chemigation Market
9.3. Europe Fertigation & Chemigation Market Snapshot
9.3.1. U.K. Fertigation & Chemigation Market
9.3.2. Germany Fertigation & Chemigation Market
9.3.3. Rest of Europe Fertigation & Chemigation Market
9.4. Asia-Pacific Fertigation & Chemigation Market Snapshot
9.4.1. China Fertigation & Chemigation Market
9.4.2. India Fertigation & Chemigation Market
9.4.3. Japan Fertigation & Chemigation Market
9.4.4. Rest of Asia Pacific Fertigation & Chemigation Market
9.5. Latin America Fertigation & Chemigation Market Snapshot
9.5.1. Brazil Fertigation & Chemigation Market
9.5.2. Mexico Fertigation & Chemigation Market
9.6. Rest of The World Fertigation & Chemigation Market

Chapter 10. Competitive Intelligence
10.1. Top Market Strategies
10.2. Company Profiles
10.2.1. The Toro Company (US)
10.2.1.1. Key Information
10.2.1.2. Overview
10.2.1.3. Financial (Subject to Data Availability)
10.2.1.4. Product Summary
10.2.1.5. Recent Developments
10.2.2. Jain Irrigation Systems Ltd. (India)
10.2.3. Lindsay Corporation (US)
10.2.4. Valmont Industries Inc. (US)
10.2.5. Rain Bird Corporation (US)
10.2.6. EPC Industries Limited (India)
10.2.7. Netafim (Israel)
10.2.8. Nelson Irrigation Corporation (US)
10.2.9. Rivulis Irrigation (Israel)
10.2.10. T-L Irrigation Co. (US)
Chapter 11. Research Process
11.1. Research Process
11.1.1. Data Mining
11.1.2. Analysis
11.1.3. Market Estimation
11.1.4. Validation
11.1.5. Publishing
11.2. Research Attributes
11.3. Research Assumption


■ 説 明 ■

Global Fertigation & Chemigation Market is valued approximately at USD 37.73 billion in 2018 and is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than 6.7 % over the forecast period. Fertigation & Chemigation refers to the sluggish application of nutrients and water on or below the surface of the soil applying surface drip, subsurface drip, bubbler and micro-sprinkler systems. These offer benefits such as minimum wastage of water, minimal labor necessity and protection against drought situations. The rising water scarcity and increasing government initiatives for water replenishment has led the adoption of Fertigation & Chemigation across the forecast period. As per United Nations 2018 report, 2 billion people in the world live in high water stress countries. Also, UNICEF 2017, stated by 2040 one in four children under 18 amounting to 600 million in total will be living in areas of extremely highwater stress. Also, minimum nutrient losses, improved plant growth and demand for quality food products is expected to fuel the demand for Fertigation & Chemigations. Although, the critical nutrient application doses and high initial investments hinders the market growth. However, the rising population and increasing awareness for quality food products presents a wide opportunity for the market.

The regional analysis of global Fertigation & Chemigation market is considered for the key regions such as Asia Pacific, North America, Europe, Latin America and Rest of the World. North America is the leading/significant region across the world in terms of market share owing to the presence of major market players in the region and high penetration of Drip irrigation systems in the region. Whereas, Europe is also anticipated to exhibit highest growth rate / CAGR over the forecast period. Factors such as increasing population along with their demand for a better quality of crops and rising awareness about the benefits of using this technique would create lucrative growth prospects for the Fertigation & Chemigation market across European region.

Major market player included in this report are:
The Toro Company (US)
Jain Irrigation Systems Ltd. (India)
Lindsay Corporation (US)
Valmont Industries Inc. (US)
Rain Bird Corporation (US)
EPC Industries Limited (India)
Netafim (Israel)
Nelson Irrigation Corporation (US)
Rivulis Irrigation (Israel)
T-L Irrigation Co. (US)

The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Crop Type:
Field crops
Plantation crops
Orchard crops
Forage & Turf grasses

By Agricultural Input:
Fertilizers
Insecticides
Fungicides
Herbicides
Others (includes acaricides, nematicides, and micronutrients)

By Application:
Agriculture irrigation
Landscape irrigation
Greenhouse irrigation
Others (includes soilless culture)

By Irrigation System:
Drip
Sprinkler

By Region:
North America
U.S.
Canada
Europe
UK
Germany
Asia Pacific
China
India
Japan
Latin America
Brazil
Mexico
Rest of the World

Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2016, 2017
Base year – 2018
Forecast period – 2019 to 2026

Target Audience of the Global Fertigation & Chemigation Market in Market Study:

Key Consulting Companies & Advisors
Large, medium-sized, and small enterprises
Venture capitalists
Value-Added Resellers (VARs)
Third-party knowledge providers
Investment bankers
Investor


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】ファーティゲーション&ケミゲーションの世界市場2019-2026:農業投入物別、用途別、作物タイプ別、灌漑システム別
【英語】Global Fertigation & Chemigation Market Size study, by Agricultural Inputs (Fertilizers, Herbicides, Insecticides, & Fungicides), by Application (Agriculture, Landscape, & Greenhouse), by Crop Type (Field, Plantation, Orchard, Forage & turf grasses), by Irrigation Systems (Drip, Sprinkler) and Regional Forecasts 2019-2026

【発行日】2020年1月
【発行会社】Bizwit Research & Consulting
【商品コード】BZW20FB120
【調査対象地域】グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ファーティゲーション&ケミゲーションの世界市場2019-2026:農業投入物別、用途別、作物タイプ別、灌漑システム別...市場動向/規模/将来展望...


  • 可変周波数ドライブの世界市場2017-2021:1000kw未満、1000kw以上
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、可変周波数ドライブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、可変周波数ドライブの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社 …
  • 建物用断熱材の世界市場予測(~2022年):グラスウール、ストーンウール、ポリスチレン
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、建物用断熱材の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、材料別分析、用途別分析、建物種類別分析、地域別分析、建物用断熱材の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場について調査・分析し、アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. アレルギー性鼻炎治療薬の概要 3. アレルギー性鼻炎治療薬の世界市場2016-2026 4. 経口抗ヒスタミン薬市場:市場分析・予測2016-20 …
  • 自動車用シートマッサージシステムの世界市場2017-2021:乗用車、商用車
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、自動車用シートマッサージシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、自動車用シートマッサージシステムの世界市場規模及び予測、車両種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分 …
  • ネットワーク機能仮想化(NFV)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ネットワーク機能仮想化(NFV)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ネットワーク機能仮想化(NFV)の世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 洗濯物乾燥キャビネットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、洗濯物乾燥キャビネットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、洗濯物乾燥キャビネット市場規模、技術別(通気乾燥型、ヒートポンプ乾燥型)分析、最終用途別(商業用、家庭用)分析、流通経路別(実店舗販売、オンライン販売)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構 …
  • ギリシャの風力発電市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • DevOps:市場機会及び予測2015-2020
  • 建物情報モデリング(BIM)の世界市場2019-2026:タイプ別、用途別、エンドユーザー別、地域別
    当調査レポートでは、建物情報モデリング(BIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリ-、定義・範囲、市場動向、市場分析、タイプ別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(建物、産業、市民インフラ、石油およびガス、その他)分析、エンドユーザー別(建築/エンジニア、請負業者、その他)分析、地域別分析、競合状況、調査プロセスなどを含め以下の構成でお届 …
  • 天然界面活性剤の世界市場2019-2026
    本資料は、天然界面活性剤の世界市場について調べ、天然界面活性剤の世界規模、市場動向、市場環境、製品タイプ別(アニオン、非イオン、カチオン、両性)分析、用途別(洗剤、パーソナルケア、産業及び施設清掃、油田用化学薬品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダ …
  • サツマイモでんぷんの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、サツマイモでんぷんの世界市場について調査・分析し、サツマイモでんぷんの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別サツマイモでんぷんシェア、市場規模推移、市場規模予測、サツマイモでんぷん種類別分析(生、乾燥)、サツマイモでんぷん用途別分析(さつまいも麺、料理、工業用、その他)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下 …
  • 下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、下垂体ACTH過剰分泌(クッシング病)治療薬開発に取り組んでいる企業情 …
  • マイクロ流体力学の世界市場予測(~2023年):マイクロ流体チップ、マイクロ流体ポンプ、マイクロ流体ニードル
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マイクロ流体力学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、用途別分析、構成品別分析、材料別分析、地域別分析、マイクロ流体力学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • HPDA(高性能データ分析)の世界市場予測:ハードウェア、ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、HPDA(高性能データ分析)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、データ種類別分析、導入方式別分析、地域別分析、HPDA(高性能データ分析)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたしま …
  • ストラテジーコンサルティングの世界市場:製品別(運用コンサルタント、ビジネス戦略コンサルタント、投資コンサルタント、販売およびマーケティングコンサルタント、技術コンサルタント)、用途別(金融、IT&テレコム、化学産業、小売業、製造業、自動車産業、ヘルスケア産業、教育産業、その他)、地域別予測
    本資料は、ストラテジーコンサルティングの世界市場について調べ、ストラテジーコンサルティングの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(運用コンサルタント、ビジネス戦略コンサルタント、投資コンサルタント、販売およびマーケティングコンサルタント、技術コンサルタント)分析、用途別(金融、IT&テレコム、化学産業、小売業、製造業、自動車産業、ヘルスケア産業、教育産業、そ …
  • プレフィルドシリンジの世界市場:プラスチック製プレフィルドシリンジ、ペン型注射器、オートインジェクター、ガラス製プレフィルドシリンジ
  • 介護付き住宅管理ソフトウェアの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、介護付き住宅管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、介護付き住宅管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • オーストリアの心臓人工弁市場見通し
  • 電圧レギュレーターの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、電圧レギュレーターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電圧レギュレーターの世界市場規模及び予測、種類別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 電動アシスト自転車の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、電動アシスト自転車の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電動アシスト自転車市場規模、製品種類別(従来型、S型)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・電動アシスト自転車の世界市場概 …
  • 物理的セキュリティの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、物理的セキュリティの世界市場について調査・分析し、市場動向、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、ハードウェア別(ビデオ監視、侵入検知、アクセス制御、その他)分析、サービス別(システム統合、リモート監視、その他)分析、エンドユーズ別(交通、政府、銀行&金融、ユーティリティ&エネルギー、住宅、製造&産業、小売、商業、 …
  • メチルシクロペンタジエンの世界市場2016
    当調査レポートでは、メチルシクロペンタジエンの世界市場について調査・分析し、メチルシクロペンタジエンの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるメチルシクロペンタジエンのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・メチルシクロペンタジエンの用途 ・メチルシ …
  • ハース(暖房装置)の世界市場予測(~2022年):暖炉、ストーブ、インサート
    当調査レポートでは、ハース(暖房装置)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、燃料種類別分析、製品種類別分析、デザイン別分析、場所別分析、ハース(暖房装置)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • バイオPETの世界市場2017-2021:ボトル、技術用、消費財、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、バイオPETの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バイオPETの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社はバイオPET …
  • GCLEの世界市場2016
    当調査レポートでは、GCLEの世界市場について調査・分析し、GCLEの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるGCLEのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・GCLEの用途 ・GCLEの製造プロセス ・GCLEの関連特許 ・GCLEの世界市場  - …
  • オートバイ用イモビライザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、オートバイ用イモビライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、オートバイ用イモビライザーの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • m-キシレンジアミンの世界市場2016
    当調査レポートでは、m-キシレンジアミンの世界市場について調査・分析し、m-キシレンジアミンの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるm-キシレンジアミンのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・m-キシレンジアミンの用途 ・m-キシレンジアミンの製 …
  • 可食包装の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、可食包装の世界市場について調査・分析し、可食包装の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 可食包装の世界市場:市場動向分析 - 可食包装の世界市場:競争要因分析 - 可食包装の世界市場:材料別 合成フィルム 液体 ポリサッカライド タンパクフィルム 界面活性 …
  • 航空機用避難器具の世界市場予測(~2022年):ライフベスト、避難スライド、射出座席、緊急用フロート
    当調査レポートでは、航空機用避難器具の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、器具種類別分析、航空機種類別分析、地域別分析、航空機用避難器具の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 体外式膜型人工肺(ECMO)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、体外式膜型人工肺(ECMO)の世界市場について調査・分析し、体外式膜型人工肺(ECMO)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別体外式膜型人工肺(ECMO)シェア、市場規模推移、市場規模予測、体外式膜型人工肺(ECMO)種類別分析(VV ECMO、VA ECMO )、体外式膜型人工肺(ECMO)用途別分析(新生児、小児、成人)、主要地域分 …
  • 産業用チェーンドライブの世界市場2018-2022:産業用、農業用
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用チェーンドライブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用チェーンドライブの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フレーバー・フレグランスの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、フレーバー・フレグランスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、フレーバー・フレグランス市場規模、機能性別(フレグランス、フレーバー)分析、成分別(配合フレーバー・フレグランス、エッセンシャルオイル、香料)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届 …
  • リクライニングソファの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、リクライニングソファの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、リクライニングソファの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • クリーンラベル小麦粉の世界市場2019-2029
    本調査はクリーンラベル小麦粉について、エグゼクティブサマリー、市場概要、主要トレンド、製品イノベーション、製品指向のマーケットバズ、開発動向、市場動向、成功要因、顧客行動分析、価格分析、ソース別(小麦、コーン、米、ココナッツ、ライ麦)分析、用途別(ベーカリー製品、パスタと麺、ベビーフード、スープ、ソース、グレービー)分析、エンドユーザー別(食品業界、HoRe …
  • 世界の3D磁気センサー市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の3D磁気センサー市場は予測期間中に年平均19.7%成長すると予測しています。当資料では3D磁気センサーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、センサータイプ別(リニア3D磁気センサー、回転式3D磁気センサー)分析、技術別(異方性磁気抵抗(AMR)センサー、巨大磁気 …
  • メチオニンの世界市場
    当調査レポートでは、メチオニンの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・メチオニンの世界市場:原料別分析/市場規模 ・メチオニンの世界市場:用途別分析/市場規模 ・メチオニンの世界市場:産業別分析 …
  • 変形性関節症(Osteoarthritis):世界の治験レビュー(2016年上半期版)
    当調査レポートでは、世界における変形性関節症(Osteoarthritis) 治療の臨床試験動向について調査・分析し、アジア太平洋/欧州/北米/中南米の主要国における治験件数、段階(フェーズ)別の治験件数、進捗状況別の治験件数、治験目標の達成状況、有望な薬剤、治験関連の最新ニュース、代表的な企業・大学・研究機関における治験概要、代表的な治験のプロファイルなど …
  • UV(紫外線)安定剤の世界市場:HALS(光安定剤)、UVA(紫外線吸収剤)、消光剤
    当調査レポートでは、UV(紫外線)安定剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、種類別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 果物・野菜加工の世界市場
    当調査レポートでは、果物・野菜加工の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・果物・野菜加工の世界市場:製品別分析/市場規模 ・果物・野菜加工の世界市場:加工製品別分析/市場規模 ・果物・野菜加工の …
  • 自動車用圧力センサの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用圧力センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用圧力センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • LTCC基板の世界市場
    当調査レポートでは、LTCC基板の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、LTCC基板の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の経皮的血管形成術用バルーン市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、経皮的血管形成術用バルーンのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・経皮的血管形成術用バルーンの概要 ・経皮的血管形成術用バルーンの開発動向:開発段階別分析 ・経皮的血管形成術用バルーンの開発動向:セグメント別分析 ・経皮的血管形成術用バルーンの開発動向:領域別分析 ・経皮的血管形成術用バルー …
  • ポテトチップスの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、ポテトチップスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ポテトチップスの世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はポテトチップスの世界市 …
  • スマートグリッドサイバーセキュリティの世界市場2017-2021:消費、発電、配電・制御
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、スマートグリッドサイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマートグリッドサイバーセキュリティの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届 …
  • 精巣がん(Testicular Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、精巣がん(Testicular Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・精巣がん(Testicular Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・精巣がん(Testi …
  • フマギリンの世界市場2016
    当調査レポートでは、フマギリンの世界市場について調査・分析し、フマギリンの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるフマギリンのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・フマギリンの用途 ・フマギリンの製造プロセス ・フマギリンの関連特許 ・フマギリンの …
  • 医療用警報システム/パーソナル緊急応答システムの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、医療用警報システム/パーソナル緊急応答システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、医療用警報システム/パーソナル緊急応答システムの世界市場規模及び予測、市 …
  • モリブデン・ダイシリサイド(MoSi2)発熱体の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、モリブデン・ダイシリサイド(MoSi2)発熱体の世界市場について調査・分析し、モリブデン・ダイシリサイド(MoSi2)発熱体の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別モリブデン・ダイシリサイド(MoSi2)発熱体シェア、市場規模推移、市場規模予測、モリブデン・ダイシリサイド(MoSi2)発熱体種類別分析(1700°Cグレード、1800°Cグ …
  • 放射線防護服の世界市場
    当調査レポートでは、放射線防護服の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、放射線防護服の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アルツハイマー病に伴う認知症:治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、アルツハイマー病に伴う認知症治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・アルツハイマー病に伴う認知症:適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・アルツハイマー病に伴う認知症のフェーズ3治験薬の状況 ・ …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

ファーティゲーション&ケミゲーションの世界市場2019-2026:農業投入物別、用途別、作物タイプ別、灌漑システム別、市場動向、市場規模、将来展望