"公共安全におけるデジタル支出の世界市場2019-2026:構成要素別、エンドユーザー別" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
公共安全におけるデジタル支出の世界市場2019-2026:構成要素別、エンドユーザー別...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

Chapter 1. Executive Summary
1.1. Market Snapshot
1.2. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.1. Digital Spending in Public Safety Market, by Component, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.2. Digital Spending in Public Safety Market, by End-User, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.3. Digital Spending in Public Safety Market, by Region, 2017-2026 (USD Billion)
1.3. Key Trends
1.4. Estimation Methodology
1.5. Research Assumption
Chapter 2. Global Digital Spending in Public Safety Market Definition and Scope
2.1. Objective of the Study
2.2. Market Definition & Scope
2.2.1. Scope of the Study
2.3. Years Considered for the Study
2.4. Currency Conversion Rates
Chapter 3. Global Digital Spending in Public Safety Market Dynamics
3.1. Digital Spending in Public Safety Market Impact Analysis (2018-2026)
3.1.1. Market Drivers
3.1.2. Market Challenges
3.1.3. Market Opportunities
Chapter 4. Global Digital Spending in Public Safety Market Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Suppliers
4.1.2. Bargaining Power of Buyers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.1.6. Futuristic Approach to Porter’s 5 Force Model (2016-2026)
4.2. PEST Analysis
4.2.1. Political
4.2.2. Economical
4.2.3. Social
4.2.4. Technological
4.3. Investment Adoption Model
4.4. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Global Digital Spending in Public Safety Market, by Component
5.1. Market Snapshot
5.2. Global Digital Spending in Public Safety Market by Component, Performance – Potential Analysis
5.3. Global Digital Spending in Public Safety Market Estimates & Forecasts by Component 2016-2026 (USD Billion)
5.4. Digital Spending in Public Safety Market, Sub Segment Analysis
5.4.1. Solution
5.4.2. Services
Chapter 6. Global Digital Spending in Public Safety Market, by End-User
6.1. Market Snapshot
6.2. Global Digital Spending in Public Safety Market by End-User Industry, Performance – Potential Analysis
6.3. Global Digital Spending in Public Safety Market Estimates & Forecasts by End-User Industry, 2016-2026 (USD Billion)
6.4. Digital Spending in Public Safety Market, Sub Segment Analysis
6.4.1. Homeland security
6.4.2. Defence
6.4.3. Fire protection security
6.4.4. Legal
Chapter 7. Global Digital Spending in Public Safety Market, Regional Analysis
7.1. Digital Spending in Public Safety Market, Regional Market Snapshot
7.2. North America Digital Spending in Public Safety Market
7.2.1. U.S. Digital Spending in Public Safety Market
7.2.1.1. Component breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
7.2.1.2. End-User Industry breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
7.2.2. Canada Digital Spending in Public Safety Market
7.3. Europe Digital Spending in Public Safety Market Snapshot
7.3.1. U.K. Digital Spending in Public Safety Market
7.3.2. Germany Digital Spending in Public Safety Market
7.3.3. Rest of Europe Digital Spending in Public Safety Market
7.4. Asia-Pacific Digital Spending in Public Safety Market Snapshot
7.4.1. China Digital Spending in Public Safety Market
7.4.2. India Digital Spending in Public Safety Market
7.4.3. Japan Digital Spending in Public Safety Market
7.4.4. Rest of Asia Pacific Digital Spending in Public Safety Market
7.5. Latin America Digital Spending in Public Safety Market Snapshot
7.5.1. Brazil Digital Spending in Public Safety Market
7.5.2. Mexico Digital Spending in Public Safety Market
7.6. Rest of The World Digital Spending in Public Safety Market
Chapter 8. Competitive Intelligence
8.1. Top Market Strategies
8.2. Company Profiles
8.2.1. Samsung Electronics Co., Ltd.
8.2.1.1. Key Information
8.2.1.2. Overview
8.2.1.3. Financial (Subject To Data Availability)
8.2.1.4. Sensor Type Summary
8.2.1.5. Recent Developments
8.2.2.Motorola Solutions, Inc.
8.2.3.Microsoft Corporation
8.2.4.Nokia Corporation
8.2.5.Cisco Systems, Inc.
8.2.6.Huawei Technologies Co., Ltd.
8.2.7.Esri
8.2.8.Telefonaktiebolaget LM Ericsson
8.2.9.IBM Corporation
8.2.10.Google Inc.
Chapter 9. Research Process
9.1. Research Process
9.1.1. Data Mining
9.1.2. Analysis
9.1.3. Market Estimation
9.1.4. Validation
9.1.5. Publishing
9.2. Research Attributes
9.3. Research Assumption


■ 説 明 ■

Global Digital Spending in Public Safety Market is valued approximately at USD 129.01 billion in 2018 and is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than 5.05% over the forecast period 2019-2026. Digital spending in public safety refers to the funds spent in procuring solutions and services including electric components, ads, electronic devices and active surveillance solutions for public safety. Governments across globe are increasing capabilities for digital spending in public safety, most of the which are focused on creating safer road transportation. Automated systems along with anti-collision sensors and smart topographs are amongst the priority for companies dealing with digital spending in public safety market. Further, advancements in autonomous driving vehicles, emergence of flying taxis and urban air mobility are the key factors contributing to the market growth. According to Statista, the global autonomous car market is projected to reach USD 60 billion by 2030 i.e. about 956% growth when compared to 2018. Moreover, high risk in public safety, growing incidents of terrorist attacks, increasing investments in defense and adoption of AI (artificial intelligence)-driven facial recognition software are the factors anticipated to contribute to the digital spending in public safety market over the forecast period. However, there is need to solve problems pertaining to road transportation safety and key players should innovate in-vehicle technology to make processes cost and time efficient.

The regional analysis of global Digital Spending in Public Safety Market is considered for the key regions such as Asia Pacific, North America, Europe, Latin America and Rest of the World. North America is the leading/significant region across the world in terms of market share owing to the presence of well-established players across the region. However, Asia-Pacific is anticipated to exhibit highest growth rate / CAGR over the forecast period 2019-2026 owing to the increasing number of smart city projects across the region.

Major market player included in this report are:
Samsung Electronics Co., Ltd.
Motorola Solutions, Inc.
Microsoft Corporation
Nokia Corporation
Cisco Systems, Inc.
Huawei Technologies Co., Ltd.
Esri
Telefonaktiebolaget LM Ericsson
IBM Corporation
Google Inc.

The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Component:
Solution
Services

By End-User:
Homeland security
Defense
Fire protection security
Legal

By Region:
North America
U.S.
Canada
Europe
UK
Germany
Asia Pacific
China
India
Japan
Latin America
Brazil
Mexico
Rest of the World

Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2016, 2017
Base year – 2018
Forecast period – 2019 to 2026

Target Audience of the Global Digital Spending in Public Safety Market in Market Study:

Key Consulting Companies & Advisors
Large, medium-sized, and small enterprises
Venture capitalists
Value-Added Resellers (VARs)
Third-party knowledge providers
Investment bankers
Investors


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】公共安全におけるデジタル支出の世界市場2019-2026:構成要素別、エンドユーザー別
【英語】Global Digital Spending in Public Safety Market Size study, by Component (Solution, Services), by End-user (Homeland security, Defense, Fire protection security, Legal) and Regional Forecasts 2019-2026

【発行日】2020年1月
【発行会社】Bizwit Research & Consulting
【商品コード】BZW20FB114
【調査対象地域】グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
公共安全におけるデジタル支出の世界市場2019-2026:構成要素別、エンドユーザー別...市場動向/規模/将来展望...


  • 潜水艦の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、潜水艦の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、潜水艦の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の使い捨て式脊椎器具市場2014-2018及び予測2019-2029
  • 世界のメタラキシル市場2015
    本調査レポートでは、世界のメタラキシル市場2015について調査・分析し、メタラキシルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたしま …
  • 磁気センサーの世界市場分析:技術別(ホールエフェクトセンシング、AMR、GMR)、用途別(自動車、家電、産業用)、セグメント予測
    本調査レポートでは、磁気センサーの世界市場について調査・分析し、磁気センサーの世界市場動向、磁気センサーの世界市場規模、市場予測、セグメント別磁気センサー市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 低摩擦型塗料の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、低摩擦型塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、低摩擦型塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 地理空間分析の世界市場:地表面分析、ネットワーク分析、ジオビジュアライゼーション
    当調査レポートでは、地理空間分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、技術別分析、用途別分析、産業別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界及び欧州の炭素繊維テープ市場-分析及び展望(~2022年)
  • 有限要素解析(FEA)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、有限要素解析(FEA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、有限要素解析(FEA)の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 従業員スケジューリング用ソフトウェアの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、従業員スケジューリング用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、従業員スケジューリング用ソフトウェアの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別従業員スケジューリング用ソフトウェアシェア、市場規模推移、市場規模予測、従業員スケジューリング用ソフトウェア種類別分析(クラウド、SaaS、ウェブ、携帯端末(アンドロイド)、携帯端末(iOS)、そ …
  • マイクロ保険の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、マイクロ保険の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、マイクロ保険の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 容積式ポンプの世界市場:往復ポンプ、ロータリーポンプ
    Technavioが発行した当調査レポートでは、容積式ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、容積式ポンプの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は容積 …
  • アーク閃絡保護装置の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、アーク閃絡保護装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アーク閃絡保護装置の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 民間航空機用健全性監視システム(AHMS)の世界市場
    当調査レポートでは、民間航空機用健全性監視システム(AHMS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、民間航空機用健全性監視システム(AHMS)の世界市場規模及び予測、航空機種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 動物飼料用プロバイオティクスの世界市場:乳酸菌、サーモフィラス菌、ビフィズス菌
    当調査レポートでは、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、家畜別分析、形状別分析、機能別分析、動物飼料用プロバイオティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたしま …
  • 眼薬の世界市場予測2016-2026
    当調査レポートでは、眼薬の世界市場について調査・分析し、眼薬の世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 眼薬の概要 3. 眼薬の世界市場 4. 網膜障害治療薬市場:市場分析・予測 5. アレルギー、炎症、感染症治療薬市場:市場分析・予測 6. 緑内障治療薬市 …
  • 世界のIgEアレルギー血液検査市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、IgEアレルギー血液検査のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・IgEアレルギー血液検査の概要 ・IgEアレルギー血液検査の開発動向:開発段階別分析 ・IgEアレルギー血液検査の開発動向:セグメント別分析 ・IgEアレルギー血液検査の開発動向:領域別分析 ・IgEアレルギー血液検査の開発動向 …
  • 肝硬変(Liver Cirrhosis):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、肝硬変(Liver Cirrhosis)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・肝硬変(Liver Cirrhosis):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・肝硬変(Liver Cirrho …
  • 硫酸亜鉛一水和物の世界市場2016
    当調査レポートでは、硫酸亜鉛一水和物の世界市場について調査・分析し、硫酸亜鉛一水和物の用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域における硫酸亜鉛一水和物のメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・硫酸亜鉛一水和物の用途 ・硫酸亜鉛一水和物の製造プロセス ・硫酸亜 …
  • 種子粉衣材料の世界市場
    当調査レポートでは、種子粉衣材料の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・種子粉衣材料の世界市場:作物種類別分析/市場規模 ・種子粉衣材料の世界市場:添加剤種類別分析/市場規模 ・種子粉衣材料の世 …
  • 直鎖アルキルベンゼンの世界市場
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、直鎖アルキルベンゼンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、直鎖アルキルベンゼンの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio …
  • マレーシアの二塩化エチレン(EDC)市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • 繊維ガラスフローリングの世界市場分析:用途別(住宅、商業、工業用)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、APAC、LATAM、MEA)、国別(米国、ドイツ、フランス、中国、ブラジル)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、繊維ガラスフローリングの世界市場について調査・分析し、繊維ガラスフローリングの世界市場動向、繊維ガラスフローリングの世界市場規模、市場予測、セグメント別繊維ガラスフローリング市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 高密度マルチプレックス診断検査の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、高密度マルチプレックス診断検査の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高密度マルチプレックス診断検査の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の拡張現実(AR)市場予測・分析2020-2024
    「拡張現実(AR)の世界市場2020-2024」は、拡張現実(AR)について市場概要、市場規模、用途別(エンタープライズ、小売、ヘルスケア、メディアとエンターテイメント、教育、その他の用途)分析、顧客状況、地域状況、決定フレームワーク、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー …
  • 酸化マグネシウムナノ粒子の世界市場分析:用途別(石油製品、コーティング、建設&セラミック、先進電子技術、航空宇宙、炉の裏張)、セグメント予測、-2020
    本調査レポートでは、酸化マグネシウムナノ粒子の世界市場について調査・分析し、酸化マグネシウムナノ粒子の世界市場動向、酸化マグネシウムナノ粒子の世界市場規模、市場予測、セグメント別酸化マグネシウムナノ粒子市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • エンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるエンテロウイルス感染症(Enterovirus Infections)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、エンテロウイルス感染症(Enterov …
  • 南アフリカの市場見通し(~2021年)
  • アンチエイジング製品の世界市場2016-2020:アンチエイジング用スキンケア、アンチエイジング用ヘアケア
    当調査レポートでは、アンチエイジング製品の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンチエイジング製品の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • タービン監視・制御の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、タービン監視・制御の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、タービン監視・制御市場規模、用途別(ガスタービン、風力タービン、蒸気タービン、水力タービン)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、ABB, Emerson E …
  • 自動車用マルチカメラシステムの世界市場予測(~2025年):パーキング、ADAS、ディスプレイ、自動運転、車両、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、自動車用マルチカメラシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、機能別分析、自動運転レベル別分析、車両タイプ別分析、地域別分析、自動車用マルチカメラシステムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報を …
  • マリンオーディオシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、マリンオーディオシステムの世界市場について調査・分析し、マリンオーディオシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別マリンオーディオシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、マリンオーディオシステム種類別分析()、マリンオーディオシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届 …
  • 内視鏡検査機器の世界市場動向・予測(~2021):内視鏡(フレキシブル内視鏡、硬性内視鏡、カプセル内視鏡)、可視化装置、その他装置、付属品
    当調査レポートでは、内視鏡検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、需要先別分析、地域別分析、内視鏡検査機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • サンドボックスの世界市場予測(~2022年):ソリューション、サービス
    当調査レポートでは、サンドボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、導入形式別分析、企業規模別分析、産業別分析、サンドボックスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ウェアラブル機器の世界市場予測(~2023年):ヘッドセット、ヘッドホン、補聴器
    当調査レポートでは、ウェアラブル機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、製品別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、ウェアラブル機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データセンター構築の北欧市場2017-2021
    当調査レポートでは、データセンター構築の北欧市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データセンター構築の北欧市場規模及び予測、市場の成長要因、市場の課題、コスト分析、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 Technavio社はデータセンター構築の北欧市場が2017-2021年期間中に年平均16.72% …
  • イタリアのジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • 拡声器の世界市場分析:タイプ別(サテライト/サブウーファー、サウンドバー、サブウーファー、インウォール、屋外、マルチメディア)、地域別(北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、MEA)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、拡声器の世界市場について調査・分析し、拡声器の世界市場動向、拡声器の世界市場規模、市場予測、セグメント別拡声器市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 性器疣贅(尖圭コンジローム):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、性器疣贅(尖圭コンジローム)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・性器疣贅(尖圭コンジローム):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・性器疣贅(尖圭コンジローム)のフェーズ3治験薬の状況 ・ …
  • 人工知能(AI)に基づくパーソナライゼーションの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、人工知能(AI)に基づくパーソナライゼーションの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、人工知能(AI)に基づくパーソナライゼーション市場規模、用途別(ウェブサイト、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア、Eメール、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以 …
  • ポルフィリン症(骨髄性プロトポルフィリア):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるポルフィリン症(骨髄性プロトポルフィリア)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ポルフィリン症(骨髄性プロトポルフィリア)治療薬開発に取り組んでい …
  • ジベンジリデンソルビトールの世界市場2016
    当調査レポートでは、ジベンジリデンソルビトールの世界市場について調査・分析し、ジベンジリデンソルビトールの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるジベンジリデンソルビトールのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・ジベンジリデンソルビトールの用途 ・ …
  • 木質ペレットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、木質ペレットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、木質ペレット市場規模、エンドユーザー別(住宅用、工業用)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・木質ペレットの世界市場概要 ・木質 …
  • ミサイル誘導システムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ミサイル誘導システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ミサイル誘導システムの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のセルフクリーニングガラス市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のセルフクリーニングガラス市場が2018年99.08百万ドルから2027年1.6457憶ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。当資料では、セルフクリーニングガラスについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コーティングタイプ別(疎水性、親水性)分析、用途別(自動車の窓 …
  • 電動式船舶の世界市場予測:全電動、ハイブリッド、プラグインハイブリッド
    MarketsandMarkets社は、電動式船舶の世界市場規模が2019年52億ドルから2030年156億ドルまで年平均13.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電動式船舶の世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向,種類別(完全電動、ハイブリッド)分析、システム別(エネルギー貯蔵システム、電力変換、発電、配電)分析、動作モード別(有人 …
  • 自動車用フロントガラスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用フロントガラスの世界市場について調査・分析し、自動車用フロントガラスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用フロントガラスの世界市場:市場動向分析 - 自動車用フロントガラスの世界市場:競争要因分析 - 自動車用フロントガラスの世界市場:車 …
  • 世界の植物ゲノム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の植物ゲノム市場が2018年61.8憶ドルから2027年144.9憶ドルまで年平均9.9%成長すると予測しています。当資料では植物ゲノムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(遺伝子工学、分子工学、ゲノム編集、その他)分析、目的別(ジェノタイピング、デオキシリボ核酸 …
  • 遺伝子治療の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、遺伝子治療の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、遺伝子治療市場規模、治療領域別(腫瘍科、CNS、眼科学、希少疾患、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Biogen, Gilead, Novartis, O …
  • 哺乳瓶の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、哺乳瓶の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、哺乳瓶の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 栄養補助食品成分の世界市場予測2022:プレバイオティクス、プロバイオティクス、タンパク質、ミネラル、ビタミン、カロテノイド、繊維、植物性化学物質
    当調査レポートでは、栄養補助食品成分の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、形状別分析、健康効果別分析、栄養補助食品成分の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

公共安全におけるデジタル支出の世界市場2019-2026:構成要素別、エンドユーザー別、市場動向、市場規模、将来展望