"臭素の世界市場2019-2026:誘導体別、用途別" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
臭素の世界市場2019-2026:誘導体別、用途別...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

Chapter 1. Executive Summary
1.1. Market Snapshot
1.2. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.1. Bromine Market, by Region, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.2. Bromine Market, by Derivative, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.3. Bromine Market, by Application, 2017-2026 (USD Billion)
1.3. Key Trends
1.4. Estimation Methodology
1.5. Research Assumption
Chapter 2. Global Bromine Market Definition and Scope
2.1. Objective of the Study
2.2. Market Definition & Scope
2.2.1. Scope of the Study
2.2.2. Industry Evolution
2.3. Years Considered for the Study
2.4. Currency Conversion Rates
Chapter 3. Global Bromine Market Dynamics
3.1. Bromine Market Impact Analysis (2018-2026)
3.1.1. Market Drivers
3.1.2. Market Challenges
3.1.3. Market Opportunities
Chapter 4. Global Bromine Market Industry Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Suppliers
4.1.2. Bargaining Power of Buyers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.1.6. Futuristic Approach to Porter’s 5 Force Model (2016-2026)
4.2. PEST Analysis
4.2.1. Political
4.2.2. Economical
4.2.3. Social
4.2.4. Technological
4.3. Investment Adoption Model
4.4. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Global Bromine Market, by Derivative
5.1. Market Snapshot
5.2. Global Bromine Market by Derivative, Performance – Potential Analysis
5.3. Global Bromine Market Estimates & Forecasts by Derivative 2016-2026 (USD Billion)
5.4. Bromine Market, Sub Segment Analysis
5.4.1. Organobromine
5.4.2. Clear Brine Fluids
5.4.3. Hydrogen Bromide (HBR)
Chapter 6. Global Bromine Market, by Application
6.1. Market Snapshot
6.2. Global Bromine Market by Application, Performance – Potential Analysis
6.3. Global Bromine Market Estimates & Forecasts by Application 2016-2026 (USD Billion)
6.4. Bromine Market, Sub Segment Analysis
6.4.1. Flame Retardants
6.4.2. Oil & Gas Drilling
6.4.3. PTA Synthesis
6.4.4. Water Treatment
6.4.5. Mercury Emission Control
6.4.6. Pesticides
6.4.7. HBR Flow Batteries
6.4.8. Plasma Etching
6.4.9. Pharmaceuticals
6.4.10. Others
Chapter 7. Global Bromine Market, Regional Analysis
7.1. Bromine Market, Regional Market Snapshot
7.2. North America Bromine Market
7.2.1. U.S. Bromine Market
7.2.1.1. Derivative breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
7.2.1.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
7.2.2. Canada Bromine Market
7.3. Europe Bromine Market Snapshot
7.3.1. U.K. Bromine Market
7.3.2. Germany Bromine Market
7.3.3. Rest of Europe Bromine Market
7.4. Asia-Pacific Bromine Market Snapshot
7.4.1. China Bromine Market
7.4.2. India Bromine Market
7.4.3. Japan Bromine Market
7.4.4. Rest of Asia Pacific Bromine Market
7.5. Latin America Bromine Market Snapshot
7.5.1. Brazil Bromine Market
7.5.2. Mexico Bromine Market
7.6. Rest of The World Bromine Market

Chapter 8. Competitive Intelligence
8.1. Top Market Strategies
8.2. Company Profiles
8.2.1. Israel Chemicals Limited (Israel)
8.2.1.1. Key Information
8.2.1.2. Overview
8.2.1.3. Financial (Subject to Data Availability)
8.2.1.4. Product Summary
8.2.1.5. Recent Developments
8.2.2. Albemarle Corporation (US)
8.2.3. LANXESS Corporation (Germany)
8.2.4. Tosoh Corporation (Japan)
8.2.5. Tata Chemicals Limited (India)
8.2.6. Gulf Resources Inc. (China)
8.2.7. TETRA Technologies, Inc. (US)
8.2.8. Hindustan Salts Limited (India)
8.2.9. Honeywell International Inc. (US)
8.2.10. Perekop Bromine (Republic of Crimea)
Chapter 9. Research Process
9.1. Research Process
9.1.1. Data Mining
9.1.2. Analysis
9.1.3. Market Estimation
9.1.4. Validation
9.1.5. Publishing
9.2. Research Attributes
9.3. Research Assumption


■ 説 明 ■

Global Bromine Market is valued approximately at USD 3.12 billion in 2018 and is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than 5.8 % over the forecast period . Bromine market uses Bromine a naturally occurring element which is found seas, lakes and underground wells. It is colorless soluble crystalline mineral halide salt derived from the brine pools. The element is majorly used for manufacturing products like biocides, agrochemicals, pharmaceutical intermediates, flame retardants, dyes, water disinfectants, completion fluids, and photographic chemicals. The richest resource of bromine is the dead sea with a concentration of 10-12 gram per liter. Further, the increasing demand for bromine in flame retardants, mercury emission control, water treatment, and oil & gas drilling has led the adoption of Bromine across the forecast period. BFRs are utilized to prevent fires in electronics and electrical equipment, which accounts for more than 50% of their applications. However, stringent governmental measures regarding the application of brominated flame-retardants in textile and electronic equipment have hindered the market growth.

The regional analysis of global Bromine market is considered for the key regions such as Asia Pacific, North America, Europe, Latin America and Rest of the World. Asia Pacific is the leading/significant region across the world in terms of market share owing to the enormous demand for Organobromines which is due to the growing need for Zinc-bromine flow batteries and increase in consumption of flame-retardant products. Whereas, Asia-Pacific is also anticipated to exhibit highest growth rate / CAGR over the forecast period . Factors such as China being the fourth-largest producer of bromine, after Israel, Jordan, and the United States will drive the market. China accounts for more than 10% of the global bromine production while India produces about 3% of bromine of global production.

Major market player included in this report are:
Israel Chemicals Limited (Israel)
Albemarle Corporation (US)
LANXESS Corporation (Germany)
Tosoh Corporation (Japan)
Tata Chemicals Limited (India)
Gulf Resources Inc. (China)
TETRA Technologies, Inc. (US)
Hindustan Salts Limited (India)
Honeywell International Inc. (US)
Perekop Bromine (Republic of Crimea)

The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Application:
Flame Retardants
Oil & Gas Drilling
PTA Synthesis
Water Treatment
Mercury Emission Control
Pesticides
HBR Flow Batteries
Plasma Etching
Pharmaceuticals
Others (Photography, Chemical Intermediates Synthesis, Adhesive Tapes, Rubbers, and Elastomers)

By Derivative:
Organobromine
Clear Brine Fluids
Hydrogen Bromide (HBR)

By Region:
North America
U.S.
Canada
Europe
UK
Germany
Asia Pacific
China
India
Japan
Latin America
Brazil
Mexico
Rest of the World

Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2016, 2017
Base year – 2018
Forecast period – 2019 to 2026

Target Audience of the Global Bromine Market in Market Study:

Key Consulting Companies & Advisors
Large, medium-sized, and small enterprises
Venture capitalists
Value-Added Resellers (VARs)
Third-party knowledge providers
Investment bankers
Investor


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】臭素の世界市場2019-2026:誘導体別、用途別
【英語】Global Bromine Market Size study, by Derivative (Organobromine, Clear Brine Fluids, Hydrogen Bromide), by Application (Flame Retardants, Water Treatment, HBR Flow Batteries, Mercury Emission Control, PTA Synthesis, Oil & Gas Drilling, Pesticides, Plasma Etching, Pharmaceuticals, Others) and Regional Forecasts 2019-2026

【発行日】2020年1月
【発行会社】Bizwit Research & Consulting
【商品コード】BZW20FB102
【調査対象地域】グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
臭素の世界市場2019-2026:誘導体別、用途別...市場動向/規模/将来展望...


  • 油田デガッサの世界市場予測・分析:用途別
    Technavio社の本調査レポートでは、油田デガッサの世界市場について調べ、油田デガッサの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、油田デガッサの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オンショア、オフショア)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は油田デガッサの世界市場 …
  • ATCA CPUブレードの世界市場2016-2020:通信・ネットワークインフラ分野、輸送・軍事・航空宇宙分野、産業・医療機器分野
    当調査レポートでは、ATCA CPUブレードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ATCA CPUブレードの世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 生分解性プラスチックの世界市場
    当調査レポートでは、生分解性プラスチックの世界市場について調査・分析し、生分解性プラスチックの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 生分解性プラスチックの世界市場:市場動向分析 - 生分解性プラスチックの世界市場:競争要因分析 - 生分解性プラスチックの世界市場:用途別 ・農 …
  • スマートコーティング剤(塗料)の世界市場2016-2025
  • 人工授精の世界市場
    当調査レポートでは、人工授精の世界市場について調査・分析し、人工授精の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 人工授精の世界市場:市場動向分析 - 人工授精の世界市場:競争要因分析 - 人工授精の世界市場:技術別 ・子宮頸管内授精(ICI) ・卵管内授精(ITI) ・子宮腔内授 …
  • 動物飼料用有機微量ミネラルの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、動物飼料用有機微量ミネラルの世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(亜鉛、鉄、銅、セレン、その他)分析、用途別(乳牛、家禽、馬、豚、その他)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・動物飼料用有機微量ミネラルの世界市場:製品別(亜鉛、鉄、銅 …
  • 風力タービン検査用ドローンの世界市場
    当調査レポートでは、風力タービン検査用ドローンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、風力タービン検査用ドローンの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における胎児性アルコール症候群(Fetal Alcohol Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、胎児性アルコール症候群(Fetal A …
  • イオン液体の世界市場:溶媒・触媒、加工液・処理液、プラスチック、電池・電気化学、バイオリファイナリー
    当調査レポートでは、イオン液体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エアケアの世界市場
    当調査レポートでは、エアケアの世界市場について調査・分析し、エアケアの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 軍事用電子光学/赤外線(EO/IR)システムの世界市場予測2022:プラットフォーム、装置、技術、センサー技術、画像技術、地域別分析
    当調査レポートでは、軍事用電子光学/赤外線(EO/IR)システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、プラットフォーム別分析、システム別分析、技術別分析、地域別分析、軍事用電子光学/赤外線(EO/IR)システムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用クラウドコンピューティングの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、医療用クラウドコンピューティングの世界市場について調査・分析し、市場動向、用途別(臨床情報システム、非臨床情報システム)分析、展開方法別(プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド)分析、価格モデル別(従量課金、スポット価格)分析、サービスモデル別(ソフトウェアとしてのサービス、インフラストラクチャとしてのサービス、プ …
  • 世界のマタニティ下着市場2015
    本調査レポートでは、世界のマタニティ下着市場2015について調査・分析し、マタニティ下着の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいた …
  • コーディング・マーキング機器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、コーディング・マーキング機器の世界市場について調査・分析し、コーディング・マーキング機器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別コーディング・マーキング機器シェア、市場規模推移、市場規模予測、コーディング・マーキング機器種類別分析(インクジェット印刷、レーザー印刷、サーマルインクジェット印刷、熱転写オーバープリンタ印刷、その他)、コーディ …
  • タイのエチルベンゼン市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • 沈降炭酸カルシウム(PCC) の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、沈降炭酸カルシウム(PCC) の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、沈降炭酸カルシウム(PCC) の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 沈降炭酸カルシウム(PC …
  • 透析装置の世界市場                 
    当調査レポートでは、透析装置の世界市場について調査・分析し、透析装置の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 透析装置の世界市場:市場動向分析 - 透析装置の世界市場:競争要因分析 - 透析装置の世界市場:種類別 ・腹膜透析 ・血液透析 - 腹膜透析の世界市場:種類別 ・製品 …
  • エンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスのアメリカ市場2019-2026
  • エッジ・アナリティクスの世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、エッジ・アナリティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、構成要素別分析、業務機能別分析、導入形態別分析、産業別分析、エッジ・アナリティクスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガラス繊維管の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ガラス繊維管の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ガラス繊維管市場規模、最終用途別(石油・ガス、化学品、灌漑・下水、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ガラス繊維管の世 …
  • 産業用スキャナーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、産業用スキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用スキャナーの世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • アンカーハンドリング引支援船(AHTS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、アンカーハンドリング引支援船(AHTS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、アンカーハンドリング引支援船(AHTS)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • メキシコの手術室用装置市場見通し(~2021)
  • 水性エポキシ樹脂の世界市場予測(~2022年):高分子量、低分子量
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、水性エポキシ樹脂の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、用途別分析、産業別分析、地域別分析、水性エポキシ樹脂の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • セリアック病(Celiac Disease):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるセリアック病(Celiac Disease)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、セリアック病(Celiac Disease)治療薬開発に取り組ん …
  • ライナーレスラベルの世界市場予測(~2020)
    当調査レポートでは、ライナーレスラベルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、構成要素別分析、印刷インク別分析、印刷技術別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の宇宙ゴミ監視及び除去市場予測・分析2020-2024
    「宇宙ゴミ監視及び除去の世界市場2020-2024」は、宇宙ゴミ監視及び除去について市場概要、市場規模、用途別(スペースデブリ除去技術、スペースデブリ監視技術)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・宇宙 …
  • 精液バンクの世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、精液バンクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、精液バンクの世界市場規模及び予測、サービス別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は精液バンクの …
  • 肥料添加剤の世界市場:固化防止剤、脱塵剤、消泡剤、疎水剤、腐食抑制剤
    当調査レポートでは、肥料添加剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、機能別分析、用途別分析、形状別分析、地域別分析、肥料添加剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ガリウム砒素(GaAs)ウエハの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ガリウム砒素(GaAs)ウエハの世界市場について調査・分析し、ガリウム砒素(GaAs)ウエハの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ガリウム砒素(GaAs)ウエハシェア、市場規模推移、市場規模予測、ガリウム砒素(GaAs)ウエハ種類別分析(LEC法GaAs、VGF法GaAs)、ガリウム砒素(GaAs)ウエハ用途別分析(ワイヤレス通信、光電 …
  • 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場
    当調査レポートでは、冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場について調査・分析し、冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:市場動向分析 - 冠動脈バイパス術(CABG)の世界市場:競争要因分析 - 冠動脈バイパ …
  • インターネットセキュリティの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、インターネットセキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、インターネットセキュリティの世界市場規模及び予測などの情報をお届けいたします。
  • 浄水器の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、浄水器の世界市場について調査・分析し、浄水器の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別浄水器シェア、市場規模推移、市場規模予測、浄水器種類別分析(逆浸透膜式浄水器、限外濾過膜浄水器、その他)、浄水器用途別分析(家庭用、商業用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・浄水器の市場概観 …
  • エネルギー部門におけるIT支出の世界市場2016-2020:ITサービス、ソフトウェア、ハードウェア
    当調査レポートでは、エネルギー部門におけるIT支出の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、エネルギー部門におけるIT支出の世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・転移性乳がん(Metastatic Breast Cancer):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ …
  • インドのエチレン市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • プラスチゾルの世界市場予測(~2022年):用途、需要産業、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、プラスチゾルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、用途別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、プラスチゾルの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経内分泌腫瘍(Neuroendocrine Tumors):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国な …
  • 計器用変成器の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、計器用変成器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、計器用変成器の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • パイプ塗装の世界市場予測(~2021年)
    当調査レポートでは、パイプ塗装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、形状別分析、種類別分析、産業別分析、地域別分析、パイプ塗装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • カナダのジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • 微生物検査/臨床微生物学の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、微生物検査/臨床微生物学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、製品別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ピックアップトラックの米国市場2018-2022
  • ワイヤーラインサービスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、ワイヤーラインサービスの世界市場について調査・分析し、ワイヤーラインサービスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - ワイヤーラインサービスの世界市場:市場動向分析 - ワイヤーラインサービスの世界市場:競争要因分析 - ワイヤーラインサービスの世界市場:サ …
  • 水素化ホウ素ナトリウムの世界市場2016
    当調査レポートでは、水素化ホウ素ナトリウムの世界市場について調査・分析し、水素化ホウ素ナトリウムの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域における水素化ホウ素ナトリウムのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・水素化ホウ素ナトリウムの用途 ・水素化ホウ素ナト …
  • HLA(ヒト白血球抗原)判定・移植の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、HLA(ヒト白血球抗原)判定・移植の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HLA(ヒト白血球抗原)判定・移植の世界市場規模及び予測、技術別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたし …
  • ナノエマルジョンの世界市場:機会分析及び産業予測2019-2026
    本市場調査レポートではナノエマルジョンの代替品について、イントロダクション、市場概要、種類別(小分子界面活性剤、タンパク質安定化エマルジョン、多糖類)分析、用途別(飲料、乳製品、ベーカリー)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・市場概要 ・ナノエマルジョンの世界市場:種類別(小分子界面活性剤、タンパク質安定化 …
  • 皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneous T-Cell Lymphoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、皮膚T細胞リンパ腫(Cutaneou …
  • アスレジャーの世界市場:製品別、性別、流通経路別
    当調査レポートでは、アスレジャーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、性別分析、製品別分析、流通経路別分析、企業概要、などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・アスレジャーの世界市場:性別(男性用、女性用) ・アスレジャーの世界市場:製品別(スニーカー、 …
  • CRISPR/Cas9の世界市場見通し2022:細胞株エンジニアリング、遺伝子工学、CRISPRプラスミド、遺伝子ライブラリー、ヒト幹細胞、遺伝子組換え(GM)生物/作物
    当調査レポートはCRISPR/Cas9の世界市場について調査・分析し、CRISPR/Cas9の世界市場規模、CRISPR/Cas9の世界市場動向、関連企業分析などを含め以下の構成でお届けします。1. アナリストの見解 2. 調査方法 3. CRISPR/Cas9ゲノム編集の概要 4. 市場動向 5. CRISPR/Cas9世界市場見通し2022 6. 用途別 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

臭素の世界市場2019-2026:誘導体別、用途別、市場動向、市場規模、将来展望