"解剖病理学の世界市場2019-2026:製品&サービス別、用途別、エンドユーザー別" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
解剖病理学の世界市場2019-2026:製品&サービス別、用途別、エンドユーザー別...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

Chapter 1. Executive Summary
1.1. Market Snapshot
1.2. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.1. Anatomic Pathology Market, by Product & Services, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.2. Anatomic Pathology Market, by Application, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.3. Anatomic Pathology Market, by End-User, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.4. Anatomic Pathology Market, by Region, 2017-2026 (USD Billion)
1.3. Key Trends
1.4. Estimation Methodology
1.5. Research Assumption
Chapter 2. Global Anatomic Pathology Market Definition and Scope
2.1. Objective of the Study
2.2. Market Definition & Scope
2.2.1. Scope of the Study
2.2.2. Industry Evolution
2.3. Years Considered for the Study
2.4. Currency Conversion Rates
Chapter 3. Global Anatomic Pathology Market Dynamics
3.1. Anatomic Pathology Market Impact Analysis (2018-2026)
3.1.1. Market Drivers
3.1.2. Market Challenges
3.1.3. Market Opportunities
Chapter 4. Global Anatomic Pathology Industry Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Suppliers
4.1.2. Bargaining Power of Buyers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.1.6. Futuristic Approach to Porter’s 5 Force Model (2016-2026)
4.2. PEST Analysis
4.2.1. Political
4.2.2. Economical
4.2.3. Social
4.2.4. Technological
4.3. Investment Adoption Model
4.4. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Global Anatomic Pathology Market, by Product & Services
5.1. Market Snapshot
5.2. Global Anatomic Pathology Market by Product & Services, Performance – Potential Analysis
5.3. Global Anatomic Pathology Market Estimates & Forecasts by Product & Services 2016-2026 (USD Billion)
5.4. Anatomic Pathology Market, Sub Segment Analysis
5.4.1. Instruments
5.4.2. Consumables
5.4.3. Services
Chapter 6. Global Anatomic Pathology Market, by Application
6.1. Market Snapshot
6.2. Global Anatomic Pathology Market by Application, Performance – Potential Analysis
6.3. Global Anatomic Pathology Market Estimates & Forecasts by Application, 2016-2026 (USD Billion)
6.4. Anatomic Pathology Market, Sub Segment Analysis
6.4.1. Diseases Diagnosis
6.4.2. Drug Discovery & Development
6.4.3. Others
Chapter 7. Global Anatomic Pathology Market, by End-User
7.1. Market Snapshot
7.2. Global Anatomic Pathology Market by End-User, Performance – Potential Analysis
7.3. Global Anatomic Pathology Market Estimates & Forecasts by End-User, 2016-2026 (USD Billion)
7.4. Anatomic Pathology Market, Sub Segment Analysis
7.4.1. Hospitals
7.4.2. Pathology Labs
7.4.3. Research Institutes
7.4.4. Others
Chapter 8. Global Anatomic Pathology Market, Regional Analysis
8.1. Anatomic Pathology Market, Regional Market Snapshot
8.2. North America Anatomic Pathology Market
8.2.1. U.S. Anatomic Pathology Market
8.2.1.1. Product & Services breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
8.2.1.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
8.2.1.3. End-User breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
8.2.2. Canada Anatomic Pathology Market
8.3. Europe Anatomic Pathology Market Snapshot
8.3.1. U.K. Anatomic Pathology Market
8.3.2. Rest of Europe Anatomic Pathology Market
8.4. Asia-Pacific Anatomic Pathology Market Snapshot
8.4.1. China Anatomic Pathology Market
8.4.2. India Anatomic Pathology Market
8.4.3. Japan Anatomic Pathology Market
8.4.4. Rest of Asia Pacific Anatomic Pathology Market
8.5. Latin America Anatomic Pathology Market Snapshot
8.5.1. Brazil Anatomic Pathology Market
8.5.2. Mexico Anatomic Pathology Market
8.6. Rest of The World Anatomic Pathology Market
Chapter 9. Competitive Intelligence
9.1. Top Market Strategies
9.2. Company Profiles
9.2.1. F. Hoffman-La Roche Ltd.
9.2.1.1. Key Information
9.2.1.2. Overview
9.2.1.3. Financial (Subject To Data Availability)
9.2.1.4. Product Summary
9.2.1.5. Recent Developments
9.2.2. Danaher
9.2.3. Thermo Fisher Scientific
9.2.4. Abcam PLC.
9.2.5. Hologic, Inc.
9.2.6. Agilent Technologies
9.2.7. Becton, Dickinson and Company
9.2.8. Merck KGaA
9.2.9. Sakura Finetek USA Inc.
Chapter 10. Research Process
10.1. Research Process
10.1.1. Data Mining
10.1.2. Analysis
10.1.3. Market Estimation
10.1.4. Validation
10.1.5. Publishing
10.2. Research Attributes
10.3. Research Assumption


■ 説 明 ■

Global Anatomic Pathology Market is valued approximately at USD 31.13 billion in 2018 and is anticipated to grow with a healthy growth rate of more than 6% over the forecast period 2019-2026. Anatomic pathology is a branch of medical specialty which is concerned with the diagnosis of disease based on macroscopic, microscopic, biochemical, immunologic and molecular examination of organs and tissues. The main role of anatomic pathology is to ascertain abnormalities which can help to diagnose disease and manage medication. Although one of the common uses of anatomic pathology is to help in identification and manage various types of cancers or tumors, it is also important in assessing other conditions, including infections, kidney and liver diseases, and autoimmune disorders. Further, anatomic pathologists are also involved in performing post-mortem examinations (autopsies). High prevalence of chronic diseases such as cancer, increasing emphasis on personalized medicine, implementation of biomarker-based disease assessments and substantial number of supporting programs and training modules by government are the few factors responsible for high CAGR of the market over the forecast period. For instance, In 2018, it was estimated that there were 17.0 million new cancer cases and 9.5 million cancer deaths worldwide. The global burden of cancer is expected to grow up to 27.5 million new cancer cases and 16.3 million cancer deaths by 2040 due to the growth and aging of the population, according to the International Agency for Research on Cancer (IARC). Moreover, increased medical tourism along with rising demand from emerging economies are the major factors likely to create lucrative growth opportunity to the market in the upcoming years. However, lack of skilled professionals, lack of financial support from healthcare insurance provider along with inability of underdeveloped countries to adopt digital anatomic pathology are the few factors anticipated to restrain the growth of global anatomic pathology market during the forecast period.

The regional analysis of global Anatomic Pathology Market is considered for the key regions such as Asia Pacific, North America, Europe, Latin America and Rest of the World. North America is the leading/significant region across the world in terms of market share owing to the easy accessibility to advanced technologies, favorable reimbursement scenario for anatomic pathology diagnostic tests, government initiatives for screening cancer patients and increasing healthcare expenditures across the region. However, Asia-Pacific is anticipated to exhibit highest growth rate / CAGR over the forecast period 2019-2026. Factors such as surging demand for advanced imaging modalities, increase in better patient care facilities and presence of public agencies such as Pathology Branch of the Chinese Medical Association in China, would fuel-up the demand for anatomic pathology across the Asia-Pacific region.

Major market player included in this report are:
F. Hoffman-La Roche Ltd.
Danaher
Thermo Fisher Scientific
Abcam PLC.
Hologic, Inc.
Agilent Technologies
Becton, Dickinson and Company
Merck KGaA
Sakura Finetek USA Inc.

The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Product & Services:
Instruments
Consumables
Services

By Application:
Diseases Diagnosis
Drug Discovery & Development
Others

By End-User:
Hospitals
Pathology Labs
Research Institutes
Others

By Region:
North America
U.S.
Canada
Europe
UK
Germany
Asia Pacific
China
India
Japan
Latin America
Brazil
Mexico
Rest of the World

Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2016, 2017
Base year – 2018
Forecast period – 2019 to 2026

Target Audience of the Global Anatomic Pathology Market in Market Study:

Key Consulting Companies & Advisors
Large, medium-sized, and small enterprises
Venture capitalists
Value-Added Resellers (VARs)
Third-party knowledge providers
Investment bankers
Investors


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】解剖病理学の世界市場2019-2026:製品&サービス別、用途別、エンドユーザー別
【英語】Global Anatomic Pathology Market Size study, by Product & Services (Instruments, Consumables, Services), by Application (Diseases Diagnosis, Drug Discovery & Development, Others), by End-User (Hospitals, Pathology Labs, Research Institutes, Others) and Regional Forecasts 2019-2026

【発行日】2020年1月21日
【発行会社】Bizwit Research & Consulting
【商品コード】BZW20FB006
【調査対象地域】グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
解剖病理学の世界市場2019-2026:製品&サービス別、用途別、エンドユーザー別...市場動向/規模/将来展望...


  • 車内エンターテインメントの世界市場
    当調査レポートでは、車内エンターテインメントの世界市場について調査・分析し、車内エンターテインメントの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 車内エンターテインメントの世界市場:市場動向分析 - 車内エンターテインメントの世界市場:競争要因分析 - 車内エンターテインメントの世 …
  • 豚肉の世界市場:生豚肉、加工豚肉
    Technavioが発行した当調査レポートでは、豚肉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、豚肉の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は豚肉の世界市場が201 …
  • 金属3Dプリントの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、金属3Dプリントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、形態別(粉末、フィラメント)分析、タイプ別(チタン、ニッケル、ステンレス、アルミニウム)分析、最終用途産業別(航空宇宙・防衛、自動車、医療・歯 …
  • 温水循環式システムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、温水循環式システムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、温水循環式システム市場規模、用途別(住居、非住居)分析、技術別(暖房、冷却)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・温水循環 …
  • ヘルスケア市場におけるビッグデータの世界市場予測
  • スウェーデンのバイオ発電(バイオマス・バイオガス)市場2016:発電能力、生産、均等化発電原価(LCOE)、投資動向、規制、企業分析
  • DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場について調べ、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(直販、小売)、サービス別、)と地域別(グローバル、ア …
  • スマートカードの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートカードの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、通信(接触型、非接触型)別分析、コンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)別分析、用途(BFSI、政府機関・ヘルスケア、運輸、小売、その他)別分析、スマート …
  • 家庭・園芸用品向けB2C Eコマースの世界市場:室内装飾用品、住宅リフォーム用品、その他
    当調査レポートでは、家庭・園芸用品向けB2C Eコマースの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家庭・園芸用品向けB2C Eコマース市場規模、製品別(室内装飾用品、住宅リフォーム用品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Ama …
  • アイルランドの装具市場見通し
  • 液体塗布メンブレンの世界市場分析:製品別(セメント質、ビチューメン、ポリウレタン)、用途別(屋根、壁、建築物、埋立地およびトンネル)、エンドユーザー別(住宅、商業、工業、公共インフラ)、セグメント予測
    本調査レポートでは、液体塗布メンブレンの世界市場について調査・分析し、液体塗布メンブレンの世界市場動向、液体塗布メンブレンの世界市場規模、市場予測、セグメント別液体塗布メンブレン市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 幹細胞の世界市場予測
    Inkwood Research社が出版した本調査レポートでは、幹細胞の世界市場について調査・分析し、幹細胞の世界市場動向、市場予測、セグメント別分析、主要地域別分析(アメリカ市場、ヨーロッパ市場、アジア市場)、世界市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の木質ペレット市場2015
    本調査レポートでは、世界の木質ペレット市場2015について調査・分析し、木質ペレットの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたしま …
  • 世界のセイボリー・スナック菓子市場2015
    本調査レポートでは、世界のセイボリー・スナック菓子市場2015について調査・分析し、セイボリー・スナック菓子の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析な …
  • エラストマーの世界市場2017-2026
    当調査レポートでは、エラストマーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、エラストマー市場規模、車両別(商用車、乗用車、その他)分析、種類別(熱可塑性エラストマー、熱硬化性エラストマー)分析、用途別(医療、接着剤、自動車、消費財、産業、家電製品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報な …
  • バイオエネルギーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、バイオエネルギーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、バイオエネルギー市場規模、用途別(輸送、オフグリッド電力、調理、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・バイオエネルギ …
  • 作動液の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、作動液の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、作動液市場規模、用途別(建設機械、輸送機械、農業機械、鉱山機械、石油・ガス機械、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、BP, Chevron, China Pet …
  • クライド請求の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、クライド請求の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、種類別分析、プロバイダー別分析、アプリケーション別分析、地域別分析、クライド請求の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ルーマニアの水力発電市場2016:発電能力、生産、投資動向、制度、企業
  • 産業用油の世界市場:インプリメンテーション由来別(大豆、ヤシ、ナタネ、ヒマワリ、トウモロコシ、綿実、その他)、種類別(グレードI、グレードII、グレードIII)、エンドユーズ別(バイオ燃料、塗料・コーティング、化粧品・パーソナルケア、医薬品、その他)、地域別予測
    本資料は、産業用油の世界市場について調べ、産業用油の世界規模、市場動向、市場環境、インプリメンテーション由来別(大豆、ヤシ、ナタネ、ヒマワリ、トウモロコシ、綿実、その他)分析、種類別(グレードI、グレードII、グレードIII)分析、エンドユーズ別(バイオ燃料、塗料・コーティング、化粧品・パーソナルケア、医薬品、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規 …
  • 世界の骨セメント市場:医療機器パイプライン分析2016
    当調査レポートでは、骨セメントのグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・骨セメントの概要 ・骨セメントの開発動向:開発段階別分析 ・骨セメントの開発動向:セグメント別分析 ・骨セメントの開発動向:領域別分析 ・骨セメントの開発動向:規制Path別分析 ・骨セメントの開発動向:承認日(推定)別分析 ・企業別骨セメン …
  • ナースコールシステムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ナースコールシステムの世界市場について調査・分析し、ナースコールシステムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ナースコールシステムシェア、市場規模推移、市場規模予測、ナースコールシステム種類別分析()、ナースコールシステム用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・ナー …
  • 繊維強化ポリマ(FRP)パネル&シートの世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、繊維強化ポリマ(FRP)パネル&シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、市場環境分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場:コンポーネント別、技術別、用途別、最終用途別
    当調査レポートでは、地上から空へのオンボードコネクティビティの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、コンポーネント別分析、用途別分析、最終用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・地上から空へのオンボードコネクティビティの世 …
  • 世界の自動車用ピストン市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは自動車用ピストンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場 …
  • FLNGの世界市場予測
    当調査レポートでは、FLNGの世界市場について調査・分析し、FLNGの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・FLNGの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・FLNGの世界市場:セグメント別市場分析 ・FLNGの世界市場:地域別市場分 …
  • CRO(医薬品開発業務受託機関)の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、CRO(医薬品開発業務受託機関)の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、CRO(医薬品開発業務受託機関)市場規模、用途別(創薬アウトソーシング、医療機器製造アウトソーシング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサ …
  • メキシコの末梢血管用デバイス市場(~2021)
  • 蓄膿(Empyema):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、蓄膿(Empyema)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・蓄膿(Empyema):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・蓄膿(Empyema)のフェーズ3治験薬の状況 ・蓄膿(Empyem …
  • トランスフルトリンの世界市場2016
    当調査レポートでは、トランスフルトリンの世界市場について調査・分析し、トランスフルトリンの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるトランスフルトリンのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・トランスフルトリンの用途 ・トランスフルトリンの製造プロセス …
  • 金属製キャップ・クロージャの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、金属製キャップ・クロージャの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、金属製キャップ・クロージャの世界市場規模及び予測、需要先別分析、材料別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ヒドロキシ酢酸(グリコール酸)の世界市場2016
    当調査レポートでは、ヒドロキシ酢酸(グリコール酸)の世界市場について調査・分析し、ヒドロキシ酢酸(グリコール酸)の用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるヒドロキシ酢酸(グリコール酸)のメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・ヒドロキシ酢酸(グリコー …
  • 弾性接着剤&シーラント剤の世界市場予測:ポリウレタン、シリコン、SMP
    当調査レポートでは、弾性接着剤&シーラント剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、樹脂種類別(ポリウレタン、シリコン、SMP)分析、エンドユーズ産業別(建設、産業、自動車、輸送)分析、弾性接着剤&シーラント剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届 …
  • BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の世界市場:併用療法、単独療法
    Technavio社の本調査レポートでは、BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の世界市場について調べ、BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(併用療法、単独療法)、)と地域別(アジア太平 …
  • スポーツ医学の世界市場予測(~2022年):移植片、関節鏡検査、人工装具、オーソバイオロジクス、ブレース、コンプレッションウェア、物理療法
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スポーツ医学の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、用途別分析、地域別分析、スポーツ医学の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 燃料電池の世界市場:PEMFC、SOFC、MCFC、DMFC
    当調査レポートでは、燃料電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、燃料電池の世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 空港保安の世界市場分析:技術別(出入管理、サイバーセキュリティ、境界セキュリティ、スクリーニング、監視)、セグメント予測 -2022
    本調査レポートでは、空港保安の世界市場について調査・分析し、空港保安の世界市場動向、空港保安の世界市場規模、市場予測、セグメント別空港保安市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 圧力軽減マットレスの世界市場2017-2021:空気充填、液体充填、固形物充填
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、圧力軽減マットレスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、圧力軽減マットレスの世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。T …
  • 坑井介入の北米市場予測:ログ&底穴調査、チューブ/パッカー故障&修理、刺激
    MarketsandMarkets社は、坑井介入の北米市場規模が2019年30億ドルから2024年42億ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。
  • ベルギーの心臓律動管理装置市場見通し
  • 感圧形接着剤(PSA)の世界市場予測:アクリル感圧形接着剤、ゴム系感圧形接着剤、EVA感圧形接着剤
    当調査レポートでは、感圧形接着剤(PSA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、市場環境分析、成分別分析、技術別分析、用途別分析、産業別分析、感圧形接着剤(PSA)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • スペシャリティケミカルズの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、スペシャリティケミカルズの世界市場について調査・分析し、スペシャリティケミカルズの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - スペシャリティケミカルズの世界市場:市場動向分析 - スペシャリティケミカルズの世界市場:競争要因分析 - スペシャリティケミカルズの世 …
  • アミノ酸の世界市場
    当調査レポートでは、アミノ酸の世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・アミノ酸の世界市場:製品別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:ソース別分析/市場規模 ・アミノ酸の世界市場:用途別分析/市場 …
  • 世界のヘルスケアサイバーセキュリティ市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のヘルスケアサイバーセキュリティ市場が2017年68.8憶ドルから2026年368.8憶ドルまで年平均20.5%成長すると予測しています。当資料ではヘルスケアサイバーセキュリティについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、セキュリティ対策別(アプリケーションのセキュリティ、ネッ …
  • キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、キラルクロマトグラフィーカラムの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ソフトウェアテストサービスの世界市場:アプリケーションテスト、製品テスト
    Technavio社の本調査レポートでは、ソフトウェアテストサービスの世界市場について調べ、ソフトウェアテストサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ソフトウェアテストサービスの市場規模をセグメンテーション別(製品別(アプリケーションテスト、製品テスト)、エンドユーザー別(金融、テレコム及び …
  • 放送用スイッチャーの北米市場
    本調査レポートでは、放送用スイッチャーの北米市場について調査・分析し、放送用スイッチャーの北米市場動向、市場予測、セグメント別分析、市場規模、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。
  • 世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場
    当調査レポートでは、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、世界の自動車産業におけるPLM(製品ライフサイクル管理)市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届け …
  • 血液検査の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、血液検査の世界市場について調査・分析し、血液検査の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 血液検査の世界市場:市場動向分析 - 血液検査の世界市場:競争要因分析 - 血液検査の世界市場:技術別 ・次世代シーケンシング(NGS) ・迅速試験 ・ウエスタンブロッ …
  • ポータブルクーラーの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、ポータブルクーラーの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、ポータブルクーラー市場規模、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・ポータブルクーラーの世界市場概要 ・ポータブルクーラーの世界市 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

解剖病理学の世界市場2019-2026:製品&サービス別、用途別、エンドユーザー別、市場動向、市場規模、将来展望