世界の農業用ロボット市場予測2025年:提供別、種類別、農業環境別、農産物別、用途別、地域別

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 21)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Market Projections
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions and Limitations
2.4.1 Assumptions
2.4.2 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 36)
4 Premium Insights (Page No. – 40)
4.1 Attractive Opportunities in Agricultural Robots Market
4.2 Agricultural Robots Market, By Type
4.3 Agricultural Robots Market, By Offering
4.4 Agricultural Robots Market, By Farm Produce
4.5 Agricultural Robots Market in APAC, By Industry and By Country
4.6 Agricultural Robots Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 44)
5.1 Market Evolution
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Growing Population and Increasing Labor Shortage Encouraging Automation
5.2.1.2 Maturing IoT and Navigation Technologies are Driving Down Cost of Automation
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Automation for Small Farms (10–1,000 Acres)
5.2.2.2 Technological Barriers Pertaining to Fully Autonomous Robots
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Untapped Scope and Market Potential for Automation in Agriculture
5.2.3.2 Use of Real-Time Multimodal Robot Systems in Field
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Concerns Over Data Privacy and Regulations
5.2.4.2 High Cost and Complexity of Fully Autonomous Robots
6 Industry Trends (Page No. – 51)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.2.1 Major Players in Agricultural Robots Market
6.2.1.1 Robot OEMs
6.2.1.2 Suppliers
6.2.1.3 IT/Big Data Companies
6.2.1.4 Software Solution Providers
6.2.1.5 Startups
6.2.1.6 Research Centers
6.3 Technology Roadmap
6.4 Pestle Analysis
6.4.1 Political Factors
6.4.2 Economic Factors
6.4.3 Social Factors
6.4.4 Technological Factors
6.4.4.1 Agricultural IoT
6.4.4.2 AI in Agriculture
6.4.5 Legal Factors
6.4.6 Environmental Factors
7 Agricultural Robots Market, By Offering (Page No. – 58)
7.1 Introduction
7.2 Hardware
7.2.1 Automation & Control Systems
7.2.1.1 Displays
7.2.1.1.1 Farmers Can View Location, Fuel, and Steering Angle of Tractors Through Displays
7.2.1.2 Guidance & Steering
7.2.1.2.1 Many Tractors That Operate in Large Fields Utilize Automated Steering Or Auto-Steering
7.2.1.3 GPS/GNSS Systems
7.2.1.3.1 GPS/GNSS Systems are Used in Tractors and Autonomous Vehicles at Farms
7.2.1.4 Cameras
7.2.1.4.1 Spectral Imaging Allows Extraction of Information That Human Eyes Fail to Capture
7.2.1.4.2 Accumulation of Pests and Changes in Plant Color Appear in Infrared Frequencies Long Before They are Seen in Visible Spectrum
7.2.1.4.3 Thermal Cameras Can Identify Stress Caused in Crops Due to Improper Water Supply
7.2.1.4.4 Main Benefit of Lidar Cameras in Agriculture is 3D Mapping of Ground Elevation
7.2.1.4.5 High-Resolution Cameras Capture Detailed and Colored Photographs of Crops That Help in Studying Plant Health
7.2.1.5 Mobile Devices/Handheld Computers
7.2.1.5.1 Handheld Displays are Used to Guide Operators By Providing Real-Time Information on Various Inputs Such as Fertilizers, Pesticides, and Seeding
7.2.1.6 Flow & Application Control Devices
7.2.1.6.1 Flow & Application Control Devices Operate on Variable Rate Technology (VRT)
7.2.1.7 Others
7.2.2 Sensing & Monitoring Devices
7.2.2.1 Yield Monitors
7.2.2.1.1 Yield Monitoring Systems Can Detect Weed Levels in Crops
7.2.2.2 Soil Sensors
7.2.2.2.1 Electrochemical Sensors are Used to Measure Soil Nutrient Levels and Ph Concentrations
7.2.2.2.2 Moisture Sensors are Used to Manage Irrigation Systems Optimally
7.2.2.2.3 Thermistors, Thermocouples, Thermocouple Wires, and Averaging Thermocouples are Standard Soil Temperature Sensors
7.2.2.3 Water Sensors
7.2.2.3.1 Flow Sensors are Used for Water Sensing and Detecting Flow
7.2.2.4 Climate Sensors
7.2.2.4.1 Climate Sensors are Mostly Used for Indoor Applications in Greenhouses and Vertical Farms
7.2.2.5 Others
7.2.3 Software
7.2.3.1 Local/Web-Based Software
7.2.3.1.1 Web-Based Software are Popular Because They are Easy to Maintain and Update
7.2.3.2 Cloud-Based Software
7.2.3.2.1 Advantages Offered By Cloud-Based Farm Management Solutions Include Optimized Performance and Ease of Access
7.3 Services
7.3.1 System Integration & Consulting
7.3.1.1 System Integrators are Involved in Troubleshooting and Diagnosing Farm Management Solutions
7.3.2 Managed Services
7.3.2.1 Farm Operation Services
7.3.2.1.1 Farm Operation Services Help Generate Records and Integrate Unstructured Data
7.3.2.2 Data Services
7.3.2.2.1 Data Services Provide A Common Platform and Integrate Demand and Supply Side Participants
7.3.2.3 Analytics Services
7.3.2.3.1 Analytics Services Help Analyze Acquired Farm Data and Provide Real-Time Information
7.3.3 Connectivity Services
7.3.3.1 Connectivity Service Providers Provide Proper Connectivity Between Device Domain and End User Through Network Channel
7.3.4 Assisted Professional Services
7.3.4.1 Supply Chain Management Services
7.3.4.1.1 Service Providers Can Help Optimize Agricultural Supply Chain Facilities and Transportation
7.3.4.2 Climate Information Services
7.3.4.2.1 Climate Information Service Providers Keep Farmers Updated About Weather Condition
7.3.4.3 Others
7.3.5 Maintenance & Support Services
7.3.5.1 Maintenance & Support Services Include Troubleshooting Problems Related to Farming Software Solutions
8 Agricultural Robots Market, By Type (Page No. – 78)
8.1 Introduction
8.2 Unmanned Aerial Vehicles (UAVS)/Drones
8.2.1 Fixed-Wing Drones
8.2.1.1 Advantages of Fixed-Wing Drones Include Maximum Flying Time, Long Distance Coverage, and High Speed
8.2.2 Rotary Blade Drones
8.2.2.1 Rotary Blade Drones are Comparatively Smaller in Size and Cheaper Than Fixed-Wing Drones
8.2.3 Hybrid Drones
8.2.3.1 Hybrid Drones Can Hover, Fly at Fast Speed, and Remain Steady
8.3 Milking Robots
8.3.1 Milking Robots are Also Known as Voluntary Milking Systems
8.4 Driverless Tractors
8.4.1 Driverless Tractors Can Perform Seeding and Planting Autonomously
8.5 Automated Harvesting Systems
8.5.1 Automated Harvesting Systems Use A Combination of Cameras, Sensors, and Machine Vision to Harvest
8.6 Others
9 Agricultural Robots Market, By Farming Environment (Page No. – 104)
9.1 Introduction
9.2 Outdoor
9.2.1 UAVS Dominate Outdoor Farming Market as They Were Commercialized Earlier Than Other Robots
9.3 Indoor
9.3.1 Milking Robots are Expected to have Leading Share in Indoor Farming
10 Agricultural Robots Market, By Farm Produce (Page No. – 109)
10.1 Introduction
10.2 Fruits & Vegetables
10.2.1 Automated Harvesting Systems Dominate Agricultural Robots Market for Fruits & Vegetables
10.3 Field Crops
10.3.1 Driverless Tractors Dominate Agricultural Robots Market for Field Crops
10.4 Dairy & Livestock
10.4.1 Milking Robots are the Most Used Robots in Dairy & Livestock Produce Segment
10.5 Others
11 Agricultural Robots Market, By Application (Page No. – 117)
11.1 Introduction
11.2 Harvest Management
11.2.1 Harvest Management Applications Utilize UAVS and Automated Harvesting Systems
11.3 Field Farming
11.3.1 Crop Monitoring
11.3.1.1 Crop Monitoring is Performed Aerially Using Agricultural Drones
11.3.2 Plant Scouting
11.3.2.1 Agv Platforms are Used for Crop Scouting in Indoor and Outdoor Environments
11.3.3 Crop Scouting
11.3.3.1 Robots for Crop Scouting Application Monitor Plants in Real Time
11.4 Dairy & Livestock Management
11.4.1 Dairy Farm Management
11.4.1.1 Milking Robots Automate Manual Processes in Dairy Farms
11.4.2 Livestock Monitoring
11.4.2.1 Smart Tags Placed in Farm Animals Continuously Transmit Data for Remote Monitoring
11.4.3 Precision Fish Farming
11.4.3.1 Precision Fish Farming Leverages Ai-Based Image Processing to Perform Various Farm Operations
11.5 Soil Management
11.5.1 Moisture Monitoring
11.5.1.1 Moisture Monitoring Systems are Fitted With IoT Sensors for Data Transmission
11.5.2 Nutrient Monitoring
11.5.2.1 Nutrient Monitoring Systems are Mostly Used in Hydroponic Farming
11.6 Irrigation Management
11.6.1 Irrigation Management is Performed Using Drones Flying at Regular Intervals
11.7 Pruning Management
11.7.1 Pruning Management is Performed Mainly By Processing Data From Vision Systems
11.8 Weather Tracking & Monitoring
11.8.1 Drones are Mainly Adopted for Weather Tracking & Monitoring Applications
11.9 Inventory Management
11.9.1 Inventory Management is Mainly Performed Through Software Applications
11.10 Others
12 Geographic Analysis (Page No. – 134)
12.1 Introduction
12.2 Americas
12.2.1 North America
12.2.1.1 US
12.2.1.1.1 US is One of the Largest Markets for Agricultural Automation in North America
12.2.1.2 Canada
12.2.1.2.1 Drones are Increasingly Being Used in Canada for Agricultural Applications
12.2.1.3 Mexico
12.2.1.3.1 Crop Mapping Using Drones is Gaining Popularity in Mexico
12.2.2 South America
12.2.2.1 Brazil
12.2.2.1.1 Brazil is an Important Market for Automated Harvesting Systems
12.2.2.2 Argentina
12.2.2.2.1 Small Drones are Expected to Be Used in Small and Medium-Sized Farms in Argentina
12.2.2.3 Rest of South America
12.3 Europe
12.3.1 UK
12.3.1.1 Universities in UK are Involved in Development of Various Agricultural Robots
12.3.2 Germany
12.3.2.1 Germany is Largest Market for Agricultural Robots in Europe
12.3.3 France
12.3.3.1 French Agricultural Robots Market Expected to have Highest Growth Among Other European Countries
12.3.4 Italy
12.3.4.1 Increase in Agricultural Activities Leading to Adoption and Acceptance of Agricultural Robots
12.3.5 Netherlands
12.3.5.1 Netherlands Represents One of the Largest Markets for Milking Robots
12.3.6 Rest of Europe
12.4 APAC
12.4.1 China
12.4.1.1 Pesticide and Herbicide Spraying are Popular Applications for Agriculture Drones in China
12.4.2 Japan
12.4.2.1 Japan Expected to Be One of the First Markets to Commercialize Driverless Tractors in APAC
12.4.3 Australia
12.4.3.1 Australia Expected to Be the Largest Market for Agricultural Robots During Forecast Period
12.4.4 India
12.4.4.1 India has Very Low Penetration of Agricultural Robots at Present
12.4.5 South Korea
12.4.5.1 South Korean Government is Subsidizing Milking Robots to Make Them Affordable to Farmers
12.4.6 Rest of APAC
12.5 RoW
12.5.1 Africa
12.5.1.1 South Africa has Been Recently Granted Clearance to Fly Agricultural Drones
12.5.2 Middle East
12.5.2.1 Feasibility of Drones in Middle East is Being Studied
12.5.3 Russia
12.5.3.1 Russia is A Growing Market for Various Agricultural Robots
13 Adoption of Agricultural Robots Based on Farm Size (Page No. – 158)
13.1 Introduction
13.2 Small Farms
13.3 Medium-Sized Farms
13.4 Large Farms
14 Competitive Landscape (Page No. – 160)
14.1 Overview
14.2 Market Share Analysis: Agricultural Robots Market, 2019
14.3 Competitive Leadership Mapping
14.3.1 Visionary Leaders
14.3.2 Dynamic Differentiators
14.3.3 Innovators
14.3.4 Emerging Companies
14.3.5 Strength of Product Portfolio (25 Players)
14.3.6 Business Strategy Excellence (25 Players)
14.4 Startup Scenario
14.4.1 Startup Categorization Based on Solutions Provided
14.4.1.1 Hardware Providers
14.4.1.2 Software and Service Providers
14.5 Competitive Situations and Trends
14.5.1 Product Launches
14.5.2 Partnerships and Collaborations
14.5.3 Expansions
14.5.4 Acquisitions
14.5.5 Contracts and Agreements
15 Company Profiles (Page No. – 173)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
15.1 Key Players
15.1.1 Deere & Company
15.1.2 Trimble
15.1.3 Agco Corporation
15.1.4 Delaval
15.1.5 DJI
15.1.6 Boumatic Robotics
15.1.7 Lely
15.1.8 Agjunction
15.1.9 Topcon Positioning System
15.1.10 Ageagle Aerial Systems
15.2 Right to Win
15.2.1 Deere & Company
15.2.2 DJI
15.2.3 Trimble
15.2.4 Agco Corporation
15.2.5 Delaval
15.3 Other Key Players
15.3.1 Yanmar Co.
15.3.2 Deepfield Robotics
15.3.3 Ecorobotix
15.3.4 Harvest Automation
15.3.5 Naïo Technologies
15.3.6 Robotics Plus
15.3.7 Cnh Industrial N.V.
15.3.8 Kubota Corporation
15.3.9 Harvest Croo
15.3.10 Autonomous Tractor Corporation
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
16 Appendix (Page No. – 205)
16.1 Discussion Guide
16.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.3 Available Customizations
16.4 Related Reports
16.5 Author Details



  • 世界の二塩化エチレン市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • インフルエンザワクチンの世界市場:ワクチンタイプ別、タイプ別、技術別、年齢別、投与経路別
    当調査レポートでは、インフルエンザワクチンの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、ワクチンタイプ別分析、技術別分析、年齢別分析、投与経路別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・インフルエンザワクチンの世界市場:ワクチンタイプ別 …
  • プレチスモグラフの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、プレチスモグラフの世界市場について調べ、プレチスモグラフの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、プレチスモグラフの市場規模をセグメンテーション別(用途別(大人、子供)、エンドユーザー別(病院、クリニック、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、 …
  • 世界のマリンテレマティクス市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のマリンテレマティクス市場が2018年729万ドルから2027年3573万ドルまで年平均19.3%成長すると予測しています。当資料では、マリンテレマティクスについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、構成別(ソフトウェア、サービス。ハードウェア)分析、種類別(会話システム、デー …
  • ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、ワイヤレスメッシュネットワークの世界市場について調査・分析し、市場動向、無線周波数別(サブ1 GHz帯、2.4 GHz帯、4.9 GHz帯、5 GHz帯)分析、用途別(ホームネットワーキング、ビデオ監視、災害管理および救助活動、医療機器の接続性、トラフィック管理)分析、エンドユーズ別(教育、政府、ヘルスケア、ホスピタリティ、採掘、石油&ガ …
  • タイヤ由来燃料(TDF)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、タイヤ由来燃料(TDF)の世界市場について調べ、タイヤ由来燃料(TDF)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、タイヤ由来燃料(TDF)の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(セメントキルン、パルプ・製紙工場、ユーティリティ・産業用ボイラー)、) …
  • RFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の世界市場について調べ、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、RFID血液保冷庫及び冷凍庫の市場規模をセグメンテーション別(用途別(病院および診断センター、血液バンク、その他)、製品別、)と地域別(グ …
  • 消火器の世界市場2019-2029
    本調査は消火器について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場背景、市場シナリオ分析、製品別(水、フォーム、ウェットケミカル、乾燥粉末、二酸化炭素)分析、ファイアータイプ別(クラスA、クラスB、クラスC、クラスD、クラスK)分析、最終用途別(家庭用、商業用、産業用、公共エリア、その他)分析、地域別分析、競合分析、調査手法に区分して掲載しています。 ・エグゼク …
  • 骨密度計の世界市場予測:DEXA、周辺機器(X線、定量吸収計)
    MarketsandMarkets社は、骨密度計の世界市場規模が2019年247百万ドルから2024年311百万ドルまで年平均4.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、骨密度計の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(デュアルエネルギーX線吸収法スキャナー、末梢骨密度計)分析、用途別(骨粗鬆症及び骨減少症診断、嚢胞性線維症診断、慢性腎疾患 …
  • 世界のオンボード磁気センサー市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のオンボード磁気センサー市場が2017年11.6憶ドルから2026年26.4憶ドルまで年平均9.6%成長すると予測しています。当資料ではオンボード磁気センサーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(SQUIDセンサ、磁気抵抗センサー、ホール効果センサー、その他)分析 …
  • 世界の宝石市場2013-2017及び機会分析2018-2026
  • パッケージ型ココナッツウォーターの世界市場予測・分析:パッケージ型フレーバーココナッツウォーター、パッケージ型プレーンココナッツウォーター
    Technavio社の本調査レポートでは、パッケージ型ココナッツウォーターの世界市場について調べ、パッケージ型ココナッツウォーターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、パッケージ型ココナッツウォーターの市場規模をセグメンテーション別(種類別(パッケージ型フレーバーココナッツウォーター、パッケージ型 …
  • 世界の空気圧管システム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の空気圧管システム市場が2018年17.8憶ドルから2027年34.1憶ドルまで年平均7.5%成長すると予測しています。当資料では、空気圧管システムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、システムタイプ別(三相、単相)分析、機能別(半自動、全自動)分析、システム・サービス別 …
  • 食物繊維の世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、食物繊維の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、タイプ別(溶性、不溶性)分析、用途別(不織布、織物、編物)分析、ソース別(シリアルと穀物、果物と野菜、その他の作物)分析、用途別(機能性食品および飲料、 動物飼料、 ペットフード、医薬品)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分 …
  • 世界のタンパク質加水分解物市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のタンパク質加水分解物市場が2018年5.86憶ドルから2027年13.5931憶ドルまで年平均9.8%成長すると予測しています。当資料では、タンパク質加水分解物について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(動物タンパク質加水分解物、肉、卵タンパク質加水分解物、酵母タンパ …
  • MRIコイルの世界市場予測・分析:患者種類別
    Technavio社の本調査レポートでは、MRIコイルの世界市場について調べ、MRIコイルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、MRIコイルの市場規模をセグメンテーション別(患者種類別(大人、小児)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はMRIコイルの世界市場規模が2 …
  • 世界の肉エキス市場規模調査:種類別(鶏肉、豚肉、牛肉、魚、トルコ、その他)、形態別(粉末、ペースト、液体、顆粒)、用途別(工業用、業務用)、地域別予測 2021-2027年
  • コンフォーマルコーティングの世界市場:アクリル、シリコーン、エポキシ、ウレタン、パラキシレン
    Technavio社の本調査レポートでは、コンフォーマルコーティングの世界市場について調べ、コンフォーマルコーティングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、コンフォーマルコーティングの市場規模をセグメンテーション別(種類別(アクリル、シリコーン、エポキシ、ウレタン、パラキシレン、その他の種類)、用 …
  • 世界の統合エンドポイント管理市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは統合エンドポイント管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、展開別(クラウドベース、オンプレミス、ハイブリッド)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブ …
  • 航空機用装飾ラミネートの世界市場:フィルムラミネート、強化ラミネート
    Technavio社の本調査レポートでは、航空機用装飾ラミネートの世界市場について調べ、航空機用装飾ラミネートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、航空機用装飾ラミネートの市場規模をセグメンテーション別(種類別(フィルムラミネート、強化ラミネート)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ …
  • バッテリ式電動工具の世界市場:機会分析及び産業予測2019-2026
    本市場調査レポートではバッテリ式電動工具について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、モータータイプ別(ブラシ付きモーター、ブラシレスモーター)分析、道具別(ドリル、のこぎり、芝刈り機、インパクトレンチ、その他)分析、用途別(産業用、DIY)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー …
  • 電動工具用バッテリーの世界市場 2021-2025
  • 世界のセルフクリーニングガラス市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のセルフクリーニングガラス市場が2018年99.08百万ドルから2027年1.6457憶ドルまで年平均5.8%成長すると予測しています。当資料では、セルフクリーニングガラスについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コーティングタイプ別(疎水性、親水性)分析、用途別(自動車の窓 …
  • コンクリート混和剤の世界市場:用途別
    Technavio社の本調査レポートでは、コンクリート混和剤の世界市場について調べ、コンクリート混和剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、コンクリート混和剤の市場規模をセグメンテーション別(用途別(家庭、商業、インフラ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はコンク …
  • 耐熱鋼の世界市場、洞察 2021年、分析、2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 予測車両テクノロジーの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、予測車両テクノロジーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(予防的アラート、安全性及びセキュリティ)分析、ハードウェア別(ADASコンポーネント、OBDおよびテレマティクス)分析、展開別(オンプレミス及びクラウド)分析、エンドユーザー別分析、予測車両テクノロジーの世界市場規模及び …
  • 虹彩認識の世界市場2019-2026:構成要素別、産業別、製品別、用途別
    本調査レポートでは、虹彩認識の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、構成要素別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、産業別(政府、軍事、防衛、医療、銀行、金融、家庭用電気製品、旅行、移民、自動車、その他)分析、製品別(スマートフォン、ウェアラブル、タブレット&ノートブック、パーソナルコンピューター/ラップトップ、ス …
  • コンタクトセンター用ソフトウェアの世界市場:ソリューション別、サービス別、展開別、企業サイズ別、エンドユーズ別
    Grand View Research社は、コンタクトセンター用ソフトウェアの世界市場規模が2025年まで477.6億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、コンタクトセンター用ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、コンタクトセンター用ソフトウェアの世界市場動向、コンタクトセンター用ソフトウェアの世界市場規模、市場予測、ソリューション別分析、 …
  • 出会い系サービスの世界市場2019-2026:機会分析・産業予測
    本調査レポートでは、出会い系サービスの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(オンライン、従来型)分析、サービス別(マッチメイキング、ソーシャルデート、アダルトデート、ニッチデート)分析、人口統計別(アダルト&ジェネレーションX)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクショ …
  • 世界の心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬市場2020-2024
    「心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬の世界市場2020-2024」は、心的外傷後ストレス障害(PTSD)治療薬について市場概要、市場規模、製品別(抗うつ薬、抗不安薬、その他のPTSD治療薬)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場 …
  • 心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の世界市場:心調律管理デバイス、心臓監視装置
    Technavio社の本調査レポートでは、心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の世界市場について調べ、心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、心臓モニタリング (CM) &心調律管理 (CRM) 装置の市場規模をセグメン …
  • シリコーン界面活性剤の世界市場2019-2026
    本資料は、シリコーン界面活性剤の世界市場について調べ、シリコーン界面活性剤の世界規模、市場動向、市場環境、用途別(乳化剤、発泡剤、消泡剤、湿潤剤、分散剤)分析、エンドユーズ産業別(パーソナルケア、建設、繊維、塗料及びコーティング、農業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポー …
  • 医薬品包装機器の世界市場2019 – 2025:マシンタイプ別、地域別、セグメント予測
    本レポートでは、医薬品包装機器の世界市場について、調査手法および範囲、エグゼクティブサマリ-、変数・傾向、マシンタイプ別(充填、ラベリング、フォームフィルシール、包装、パレタイジング、クリーニング)分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・調査手法および範囲 ・エグゼクティブサマリ- ・医薬品包装機器市場:変数・傾向 …
  • ミラーコーティング剤の世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界のトウプリプレグ市場予測2024年:繊維種類別、樹脂種類別、用途別、エンドユーズ産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、トウプリプレグの世界市場規模が2019年305百万ドルから2024年492百万ドルまで年平均10.0%成長すると予測しています。当資料では、世界のトウプリプレグ市場を統合的に調査・分析し、市場概要、樹脂種類別(エポキシ樹脂、フェノール樹脂、その他)分析、ファイバー種類別(炭素繊維、ガラス、その他)分析、用途別(圧力容器 …
  • 世界の使い捨てカトラリー市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • 飼料用酵母の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、飼料用酵母の世界市場規模が2017年16.1億ドルから2026年31.0億ドルまで年平均7.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、飼料用酵母の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飼料用酵母市場規模、フォーム別(インスタント、フレッシュ、ドライ)分析、属別(クリュイベロミセス種、サッカロミセス種、そ …
  • 時計の世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、時計の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイブフ …
  • 保護包装の世界市場2019-2029
    本調査は保護包装について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場背景、材料別(発泡プラスチック、紙、プラスチック)分析、製品タイプ別(フォーム保護包装、フレキシブル保護パッケージ、硬質保護パッケージ)分析、機能別(ラッピング、ボイドフィル、絶縁、クッション性、ブロッキングとブレーシング)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分析、調査手法に区分して掲載していま …
  • 公開鍵基盤(PKI)市場:コンポーネント別(HSM、ソリューション、サービス)、導入形態別(オンプレミス、クラウド)、組織規模別(中小企業、大企業)、業種別(金融、医療、IT・通信)、地域別 – 2026年までの世界予測
  • 切り替え可能スマートグラスの世界市場:種類別(強化スマートガラス、ラミネートスマートガラス、二重ガラススマートガラス)、用途別(建築、輸送、発電所(ソーラー)、家電、その他)、地域別予測
    本資料は、切り替え可能スマートグラスの世界市場について調べ、切り替え可能スマートグラスの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(強化スマートガラス、ラミネートスマートガラス、二重ガラススマートガラス)分析、用途別(建築、輸送、発電所(ソーラー)、家電、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報な …
  • スキー用品の世界市場予測・分析:タイプII、タイプI、タイプIII
    Technavio社の本調査レポートでは、スキー用品の世界市場について調べ、スキー用品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スキー用品の市場規模をセグメンテーション別(製品別(スキー及びポール、スキーブーツ、スキービンディング、スキー保護具など)、流通チャンネル別、)と地域別(グローバル)に分けて …
  • 熱電発電機の世界市場予測:用途別、ワット数別、温度別、材料別
    当調査レポートでは、熱電発電機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(廃熱回収、環境発電、直接発電、コジェネレーション)分析、ワット数別( 1kW)分析、温度別( 500°C)分析、材料別分析、熱電発電機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。Marke …
  • メタゲノムシーケンシングの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、メタゲノムシーケンシングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ワークフロー別(サンプル準備、データ分析)分析、製品&サービス別(試薬、消耗品、機器)分析、技術別(ショットガン、16代Rrna、全ゲノム)分析、用途別(診断、土壌微生物叢)分析、メタゲノムシーケンシングの世 …
  • 世界の人乳オリゴ糖市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の人乳オリゴ糖市場が2018年1790万ドルから2027年9805万ドルまで年平均21%成長すると予測しています。当資料では、人乳オリゴ糖について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、製品別(シアリルラクトース(6’SL)、シアリルラクトース(3’SL)、ラクト-N-テトラオース …
  • 誘導モーターの世界市場:種類別、用途別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは誘導モーターについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(単相誘導モーター、三相誘導モーター)分析、用途別(住宅、産業、商業)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリー ・定義および範囲 ・市場動向 ・産業分析 ・誘導モーターの世界市場:種類別 …
  • 世界のスマート水管理市場予測2024年:水道メーター別、ソリューション別、サービス別、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、スマート水管理の世界市場規模が2019年117憶ドルから2024年214億ドルまで年平均12.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のスマート水管理市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、提供別(水道メーター、ソリューション、サービス)分析、エンドユーザー別(商業および産業、住宅)分析、地域別分 …
  • ヒアルロニダーゼの世界市場2019 – 2026:タイプ別、用途別、地域別、セグメント予測
    本レポートでは、ヒアルロニダーゼの世界市場について、エグゼクティブサマリ-、調査手法、市場変数、傾向、範囲、タイプ別(動物由来、合成)分析、用途別(皮膚科、化学療法、眼科、形成外科)分析、地域別分析、競合分析などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリ- ・調査手法 ・ヒアルロニダーゼ市場:変数、傾向、範囲 ・ヒアルロニダーゼの世界市場 …
  • 世界の痔疾用ステープラー市場展望、2021-2027年の予測
  • 自動ラストマイルデリバリーの世界市場2019-2026:機会分析・産業予測
    本調査レポートでは、自動ラストマイルデリバリーの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(ロジスティクス、ヘルスケア&医薬品、食品&飲料小売、その他)分析、ソリューション別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、範囲別(短距離(20km))分析、車両タイプ別(空中配達ドローン、地上配達車両、自動運転トラック&バ …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様