世界のウェーハ洗浄装置市場予測2025年:装置種類別、用途別、技術別、動作モード別、ウェーハサイズ別、地域別

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition and Scope
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.1.1 Wafer Market Segmentation
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Package Size
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 24)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 31)
4 Premium Insights (Page No. – 35)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Wafer Cleaning Equipment Market
4.2 Wafer Cleaning Equipment Market, By Application
4.3 Wafer Cleaning Equipment Market in APAC, By Equipment Type
4.4 Wafer Market, By Wafer Size
4.5 Wafer Cleaning Equipment Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 38)
5.1 Introduction
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Growing Adoption of MEMS Technology in Conventional and Modern Applications
5.1.1.2 Increasing Number of Critical Steps in Wafer Cleaning Sequence
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 Environmental Concerns Owing to Emission of Hazardous Chemicals and Gases During Wafer Cleaning Process
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Increasing Adoption of Silicon-Based Sensors, Chips, and Diodes in IoT Applications
5.1.3.2 Rising Demand for Wafers in 3D Structure
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Complexities Related to Miniaturized Structures of Circuits
5.1.4.2 Lack of Investments By Wafer Manufacturers for Capacity Expansion
6 Industry Trends (Page No. – 43)
6.1 Introduction
6.2 Value Chain Analysis
6.3 Emerging Trends
6.3.1 Necessity to Increase Wafer Size
6.3.2 Use of Analytics to Optimize Semiconductor Manufacturing Processes
7 Technologies and Processes Used in Wafer Cleaning Equipment Market (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Wet Chemical Cleaning Process
7.2.1 Hf Acid Solution
7.2.2 Sulfuric Acid Solution
7.2.3 Rca Cleaning Process
7.2.4 Alternative Cleaning Solutions
7.3 Vapor Dry Cleaning Process
7.3.1 Vapor Phase Cleaning Process
7.3.2 Plasma Stripping and Cleaning Process
7.4 Aqueous Cleaning Process
7.4.1 Aqueous Feol Cleaning Process
7.4.2 Aqueous Beol Cleaning Process
7.5 Cryogenic Aerosols and Super-Critical Fluid Cleaning Process
7.6 Emerging Technologies
7.6.1 Laser Cleaning
7.6.1.1 Dry Laser Cleaning
7.6.1.2 Steam Laser Cleaning
7.6.2 Aqueous-Based Emerging Technologies
7.6.2.1 Foam/Bubble Cleaning
7.6.2.2 Immersion Pressure Pulsation Cleaning
7.6.2.3 Spray Pressure Pulsation Cleaning
7.6.3 Chemical-Based Emerging Technologies
7.6.4 Dry Particle Removal
7.6.4.1 Liquid Clusters
7.6.4.2 Nanoprobe Cleaning
8 Wafer Cleaning Equipment Market, By Equipment Type (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 Single Wafer Spray System
8.2.1 Single Wafer Spray System is Effective Tool to Remove Impurities From Wafer Surface
8.3 Single Wafer Cryogenic System
8.3.1 Single Wafer Cryogenic System is Useful in Post-Chemical Mechanical Polishing (CMP) Cleaning Process
8.4 Batch Immersion Cleaning System
8.4.1 Batch Immersion Cleaning is Cost-Effective and Time-Saving Technique
8.5 Batch Spray Cleaning System
8.5.1 Batch Spray Cleaning System Can Process Large Batches With High Throughput Or Small Batches With Short Cycle Times
8.6 Scrubbers
8.6.1 Scrubbers are Mechanical Tools Used to Clean Surface of Wafers
9 Wafer Market, By Size (Page No. – 71)
9.1 Introduction
9.2 =150 mm
9.2.1 Market for =150 mm Will Be Impacted Due to Increasing Adoption of Large-Sized Wafers By Semiconductor Manufacturers
9.3 200 mm
9.3.1 Demand for 200 mm Wafers is Expected to Increase Significantly During Forecast Period
9.4 300 mm
9.4.1 300 mm Wafer Market is Expected to Witness Highest Growth Rate During Forecast Period
10 Operating Modes of Wafer Cleaning Equipment (Page No. – 77)
10.1 Introduction
10.2 Automatic Equipment
10.3 Semiautomatic Equipment
10.4 Manual Equipment
11 Wafer Cleaning Equipment Market, By Application (Page No. – 79)
11.1 Introduction
11.2 MEMS
11.2.1 Growth of MEMS is Attributed to High Demand From Consumer Electronics Manufacturers
11.3 Cis
11.3.1 Growth of Cis Market is Due to Increasing Demand From Medical and Aerospace Verticals
11.4 Memory
11.4.1 Wide Adoption of Nand Flash Memory Chipsin Consumer Electronics Expected to Surge Demand for Advanced Semiconductor Manufacturing Equipment
11.5 RF Device
11.5.1 Growing Adoption of RF Devices in Smartphones to Augment Market Growth During Forecast Period
11.6 LED
11.6.1 Deployment of LED in Smart Lighting Systems to Foster Market Growth During Forecast Period
11.7 Interposer
11.7.1 Wafer Cleaning Equipment Market to Witness Significant Growth for Interposer Application During 2019–2025
11.8 Logic
11.8.1 Logic Devices to have Significant Market Share Due to Their Various End-Use Applications
11.9 Others
12 Impurities in Wafer Cleaning Equipment (Page No. – 110)
12.1 Introduction
12.2 Metallic Impurities
12.3 Particle Impurities
12.4 Chemical Impurities
13 Geographic Analysis (Page No. – 113)
13.1 Introduction
13.2 Americas
13.2.1 US
13.2.1.1 US Would Lead Wafer Cleaning Equipment Market in Americas During Forecast Period
13.2.2 Canada
13.2.2.1 Government Support to Promote Use of Electric Vehicles and Growth of Telecommunications Industry to Boost Canadian Wafer Cleaning Equipment Market Growth
13.2.3 Rest of Americas
13.2.3.1 Increasing Demand for Semiconductor Devices From Telecommunications and Energy Industries Fuels Wafer Cleaning Equipment Market Growth in Rest of Americas
13.3 EMEA
13.3.1 Germany
13.3.1.1 Focus of Semiconductor Manufacturers on Expanding Their Production Capacity to Drive Market Growth in Germany
13.3.2 France
13.3.2.1 Developed Communication Network has Prompted Market Growth in France
13.3.3 Italy
13.3.3.1 Presence of Fabrication Plants of Stmicroelectronics Drives Italian Market Growth
13.3.4 UK
13.3.4.1 Growing Semiconductor Industry in UK to Spur Demand for Wafer Cleaning Equipment
13.3.5 Ireland
13.3.5.1 Presence of Intel Fab Facility Boosts Wafer Cleaning Equipment Market Growth in Ireland
13.3.6 Rest of EMEA
13.3.6.1 Increased Demand for Wafers From Semiconductor Manufacturers in Belgium and Israel Would Drive Wafer Cleaning Equipment Market Growth in Rest of EMEA
13.4 APAC
13.4.1 Taiwan
13.4.1.1 Presence of Many Key Osat Companies Drives Market Growth in Taiwan
13.4.2 China
13.4.2.1 Wafer Cleaning Equipment Market in China to Grow at Significant Rate in APAC
13.4.3 Japan
13.4.3.1 Presence of Major Market Players and Related Ecosystems Drive Japanese Wafer Cleaning Equipment Market Growth
13.4.4 South Korea
13.4.4.1 Increasing Focus of Semiconductor Manufacturers on Adoption of Cutting-Edge Technologies and Modification of Their Facilities Accelerates South Korean Market Growth
13.4.5 Rest of APAC
13.4.5.1 Presence of Fabrication Plants to Drive Wafer Cleaning Equipment Market in Rest of APAC
14 Competitive Landscape (Page No. – 143)
14.1 Overview
14.2 Key Players in Wafer Cleaning Equipment Market
14.3 Competitive Leadership Mapping
14.3.1 Visionary Leaders
14.3.2 Dynamic Differentiators
14.3.3 Innovators
14.3.4 Emerging Companies
14.4 Strength of Product Portfolio (25 Companies)
14.5 Business Strategy Excellence (For 25 Companies)
14.6 Competitive Scenario
14.6.1 Product Launches and Developments
14.6.2 Partnerships and Agreements
14.6.3 Mergers and Acquisitions
14.6.4 Expansions
14.6.5 Collaboration and Agreements
15 Company Profiles (Page No. – 152)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
15.1 Key Players
15.1.1 Screen Holdings Co., LTD.
15.1.2 Tokyo Electron Limited
15.1.3 LAM Research Corporation
15.1.4 Applied Materials, Inc.
15.1.5 Shibaura Mechatronics Corporation
15.1.6 Semes Co., LTD.
15.1.7 Modutek Corporation
15.1.8 PVA Tepla AG
15.1.9 Entegris, Inc.
15.1.10 Veeco Instruments Inc.
15.2 Right to Win
15.3 Other Players
15.3.1 Naura Akrion
15.3.2 Schmid Group
15.3.3 Toho Technology
15.3.4 Ultron Systems
15.3.5 Cleaning Technologies Group
15.3.6 Semtek Corporation
15.3.7 Semsysco GmbH
15.3.8 Ap&S International GmbH
15.3.9 Speedline Technologies, Inc.
15.3.10 Met Wet Processing Systems & Services LLC
15.3.11 Onboard Solutions Pty LTD.
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
16 Appendix (Page No. – 181)
16.1 Insights From Industry Experts
16.2 Discussion Guide
16.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.4 Available Customizations
16.5 Related Reports
16.6 Author Details



  • 世界の深層学習市場2020-2024
    「深層学習の世界市場2020-2024」は、深層学習について市場概要、市場規模、種類別(ソフトウェア、サービス、ハードウェア)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・深層学習の世界市場 …
  • デジタル病理学の世界市場2018-2026
    当調査レポートでは、デジタル病理学の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(スキャナー、ソフトウェア、ストレージ&通信システム)分析、用途別(電話相談、疾病診断、創薬、トレーニング、教育)分析、エンドユーザー別(教育、臨床、製薬、バイオテクノロジー企業)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション …
  • 屋外動力装置の世界市場:装置種類別(芝刈り機、のこぎり、トリマー・エッジャー、ブロワー、耕うん機・耕運機、除雪機、その他)、電源別(燃料、電気)、用途別(商業、住宅/ DIY)、地域別予測
    本資料は、屋外動力装置の世界市場について調べ、屋外動力装置の世界規模、市場動向、市場環境、装置種類別(芝刈り機、のこぎり、トリマー・エッジャー、ブロワー、耕うん機・耕運機、除雪機、その他)分析、電源別(燃料、電気)分析、用途別(商業、住宅/ DIY)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまと …
  • 障害者用車両の世界市場2019-2026:車両別、メーカータイプ別、運転オプション別、地域別
    当調査レポートでは、障害者用車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリ-、定義・範囲、市場動向、市場分析、車両別(乗用車、Mpv / Suv、ピックアップ、モビリティスクーター)分析、メーカータイプ別(Oem製造、サードパーティのカスタマイズ)分析、運転オプション別(回転席での運転、車椅子での運転、通常の座席での運転)分析、地域別分析、競合状況 …
  • ビジネスジェットの世界市場2019 – 2025:タイプ別、ビジネスモデル別、地域別、セグメント予測
    本レポートでは、ビジネスジェットの世界市場について調査手法および範囲、エグゼクティブサマリ-、産業概要、傾向分析、タイプ別(ライト、ミディアム、ラージ)分析、ビジネスモデル別(オンデマンドサービス、所有権)分析、地域別分析、競合状況などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・調査手法および範囲 ・エグゼクティブサマリ- ・ビジネスジェット:産業概要 ・ビジ …
  • 民間用・軍用パラシュートの世界市場:円形、ラムエアー、正方形・十字形、ドローグ
    Technavio社の本調査レポートでは、民間用・軍用パラシュートの世界市場について調べ、民間用・軍用パラシュートの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、民間用・軍用パラシュートの市場規模をセグメンテーション別(種類別(円形、ラムエアー、正方形・十字形、ドローグ)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッ …
  • 臭素誘導体の世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、臭素誘導体の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、ソリューション別(臭化ナトリウム、臭化カルシウム、臭化亜鉛、TBBPA、DBDPE、その他)分析、用途別(難燃剤、有機中間体、石油およびガス掘削、殺生物剤、PTA合成、その他)分析、最終用途別(化学薬品、石油ガス、 …
  • SCARAロボットの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、SCARAロボットの世界市場規模が2019年64億ドルから2024年104億ドルまで年平均10.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、SCARAロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ペイロード容量別(最大5.00 kg、5.01〜15.00 kg …
  • 発泡剤の世界市場予測:HC、HFC、HCFC
    当調査レポートでは、発泡剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(HC、HFC、HCFC)分析、フォーム別(ポリウレタンフォーム、ポリスチレンフォーム、フェノールフォーム、ポリオレフィンフォーム)分析、発泡剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けい …
  • 支援技術の世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、支援技術の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(植物ベースの牛肉、植物ベースの鶏肉、植物ベースの豚肉)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場 …
  • 世界の電気自動車用ワイヤレス充電市場予測2027年:電源別、用途別、流通チャンネル別、コンポーネント別、充電システム別、推進別、車両種類別、地域別
    MarketsandMarkets社は、電気自動車用ワイヤレス充電の世界市場規模が2020年16百万ドルから2027年234百万ドルまで年平均46.8%成長すると予測しています。当資料では、世界の電気自動車用ワイヤレス充電市場を統合的に調査・分析し、市場概要、用途別(商用充電ステーション、家庭用充電ユニット)分析、コンポーネント別(ベース充電パッド、電源制御 …
  • ニードルコークスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ニードルコークスの世界市場について調べ、ニードルコークスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ニードルコークスの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(グラファイト産業、電池産業、その他)、)と地域別(米州、アジア、ヨーロッパ、中東・アフリカ)に …
  • ナノ ワイヤー電池の世界市場予測(~2026年)
    当調査レポートでは、ナノ ワイヤー電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、材料種類別(シリコン、ゲルマニウム、遷移金属酸化物、金)分析、産業別(家電、自動車、航空、エネルギー、医療機器)分析、ナノ ワイヤー電池の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届 …
  • 紫外線(UV)分析装置の世界市場予測:液体、ガス
    当調査レポートでは、紫外線(UV)分析装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、処理種類別(液体、ガス)分析、デバイス種類別(オンライン、フィールド)分析、産業別(石油&ガス、化学品&医薬品、環境、食品&飲料)分析、用途別分析、紫外線(UV)分析装置の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状 …
  • 産業用廃水処理サービスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、産業用廃水処理サービスの世界市場規模が2017年182.2億ドルから2026年352.2億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、産業用廃水処理サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用廃水処理サービス市場規模、サービス種類別(操作・プロセス制御、メンテナンス・修理、構築 …
  • 超音波流量計の世界市場2019-2026
    本資料は、超音波流量計の世界市場について調べ、超音波流量計の世界規模、市場動向、市場環境、実装タイプ別(クランプオン、インライン、その他の実装タイプ)分析、測定技術別(通過時間、ドップラー、ハイブリッド)分析、パス数別(パス通過時間、上記パス通過時間)分析、エンドユーザー別(石油&ガス、発電、水&廃水、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジ …
  • 飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場規模が2017年23.0億ドルから2026年33.6億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、飼料用マイコトキシン結合剤・改質剤市場規模、家畜別(水生動物、ウマ、ペッ …
  • ミネラル化粧品の世界市場:製品種類別(フェイス化粧品、リップ化粧品、アイ化粧品)、流通チャンネル別(小売流通、Eコマース、ビューティーセンター&スパ)
    本資料は、ミネラル化粧品の世界市場について調べ、ミネラル化粧品の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品種類別(フェイス化粧品、リップ化粧品、アイ化粧品)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・ミネラル化粧品の …
  • 太陽光発電ガラスの世界市場:機会分析及び産業予測2019-2026
    本市場調査レポートでは太陽光発電ガラスの代替品について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(反射防止コーティングガラス、強化ガラス、TCOガラス、その他)分析、最終用途産業別(住宅、商業、実用規模)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・太陽光発電 …
  • 高度道路交通システム(ITS)の世界市場:種類別(ATIS、ATMS、ATPS、APTS、EMS)、用途別(交通安全、公共交通機関)
    Grand View Research社は、高度道路交通システム(ITS)の世界市場規模が年平均10.5%成長して2025年まで510.9億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、高度道路交通システム(ITS)の世界市場について調査・分析し、高度道路交通システム(ITS)の世界市場動向、高度道路交通システム(ITS)の世界市場規模、市場予測、種類別 …
  • カーペット・ラグの世界市場:種類別(タフテッド、ウーブン、ニードルパンチ、ノット、その他)、材料別(ナイロン、ポリエステル、ポリプロピレン、その他)、エンドユーズセクター別(住宅、非住宅、自動車および輸送)、地域別予測
    本資料は、カーペット・ラグの世界市場について調べ、カーペット・ラグの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(タフテッド、ウーブン、ニードルパンチ、ノット、その他)分析、材料別(ナイロン、ポリエステル、ポリプロピレン、その他)分析、エンドユーズセクター別(住宅、非住宅、自動車および輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中 …
  • 公開鍵基盤(PKI)の世界市場:組織規模別(大企業、中小企業)、展開種類別(オンプレミス、クラウド)、業種別(銀行、金融サービス・保険、政府・防衛、通信・IT、ヘルスケア・ライフサイエンス、小売・eコマース、製造・自動車、教育、その他)、地域別予測
    本資料は、公開鍵基盤(PKI)の世界市場について調べ、公開鍵基盤(PKI)の世界規模、市場動向、市場環境、組織規模別(大企業、中小企業)分析、展開種類別(オンプレミス、クラウド)分析、業種別(銀行、金融サービス・保険、政府・防衛、通信・IT、ヘルスケア・ライフサイエンス、小売・eコマース、製造・自動車、教育、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模 …
  • 世界の心電計(ECG)市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の心電計(ECG)市場が2018年51.2179憶ドルから2027年97.3780憶ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。当資料では心電計(ECG)について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、製品別(歩行心電図モニタリング装置、ストレス心電図検査装置、心電図検査装置の …
  • 燃料電池技術の世界市場:エンドユーザー別、用途別、種類別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは燃料電池技術について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、エンドユーザー別(燃料電池車、ユーティリティ、防衛)分析、用途別(ポータブル、ステーショナリー、移動)分析、種類別(プロトン交換膜燃料電池、リン酸燃料電池、アルカリ燃料電池、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しまし …
  • 可溶性繊維の世界市場2019-2029
    本調査は可溶性繊維の現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品種類別(イヌリン、ポリデキストロース、ペクチンとガム、ベータグルカン)分析、ソース別(オーツ麦、大麦、亜麻の種子、乾燥豆とエンドウ豆、シトラスフルーツ)分析、用途別(ベーカリー、飲料、シリアル、乳製品、栄養補助食品と健康補助食品)分析、最終用途(食品、飲料、製薬会社、ドメス …
  • 世界の消火器市場予測・分析2020-2024
    「消火器の世界市場2020-2024」は、消火器について市場概要、市場規模、製品別(ポータブル、ナップザック、ホイール付き)分析、エンドユーザー別(産業用、商業用、住宅用)分析、消火剤別(ドライケミカル、フォーム、二酸化炭素、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・ …
  • 原子間力顕微鏡(AFM)の世界市場予測:提供別、グレード別、用途別
    当調査レポートでは、原子間力顕微鏡(AFM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、提供別(AFM、プローブ、ソフトウェア)分析、グレード別(工業用、研究用)分析、用途別(材料科学、生命科学、半導体&エレクトロニクス、学術)分析、原子間力顕微鏡(AFM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分 …
  • リン酸鉄リチウム電池の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、リン酸鉄リチウム電池の世界市場規模が2019年83億ドルから2024年106億ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、リン酸鉄リチウム電池の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、電源容量別(0–16,250 mAh、16,251–50,00 …
  • コグニティブコンピューティングの世界市場:技術別、エンドユーザー別、展開モデル別、業種別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではコグニティブコンピューティングについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、技術別(自然言語処理、機械学習、自動推論)分析、エンドユーザー別(中小企業(SMBS)大企業)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、業種別(BFSI、消費財、小売、 航空宇宙と防衛、通信とIT)分析、地域別分析、競争状況、調査プロ …
  • ヒアルロニダーゼの世界市場2019 – 2026:タイプ別、用途別、地域別、セグメント予測
    本レポートでは、ヒアルロニダーゼの世界市場について、エグゼクティブサマリ-、調査手法、市場変数、傾向、範囲、タイプ別(動物由来、合成)分析、用途別(皮膚科、化学療法、眼科、形成外科)分析、地域別分析、競合分析などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリ- ・調査手法 ・ヒアルロニダーゼ市場:変数、傾向、範囲 ・ヒアルロニダーゼの世界市場 …
  • 皮膚裂傷治療の世界市場2019-2029
    本調査は皮膚裂傷治療の現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、ボリューム分析、価格分析、市場背景、製品種類別(保湿ドレッシング、バリアフィルム、ヒアルロン酸創傷デバイス、コンタクトレイヤードレッシング、2-オクチルシアノアクロレート局所包帯)分析、皮膚裂傷のタイプ別(タイプ1皮膚裂傷、タイプ2皮膚裂傷、タイプ3皮膚裂 …
  • 世界の航空機用スイッチ市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の航空機用スイッチ市場が2018年21.3憶ドルから2027年32憶ドルまで年平均4.6%成長すると予測しています。当資料では航空機用スイッチについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(手動、自動、その他)分析、プラットフォーム別(回転翼、固定翼)分析、用途別(油圧シス …
  • レーザ刻印機械の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、レーザ刻印機械の世界市場規模が2017年21.0億ドルから2026年40.9億ドルまで年平均7.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、レーザ刻印機械の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、レーザ刻印機械市場規模、レーザー種類別(YVO4レーザー、イットリウムアルミニウムガーネットレーザー、紫外線レー …
  • オメガ3製品の世界市場予測・分析:機能性食品&サプリメント、乳児栄養、医薬品、ペットフード&飼料
    Technavio社の本調査レポートでは、オメガ3製品の世界市場について調べ、オメガ3製品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オメガ3製品の市場規模をセグメンテーション別(製品別(機能性食品&サプリメント、乳児栄養、医薬品、ペットフード&飼料)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Te …
  • MEK阻害剤の世界市場:メキニスト、コテリック、メクトビ
    Technavio社の本調査レポートでは、MEK阻害剤の世界市場について調べ、MEK阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、MEK阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(メキニスト、コテリック、メクトビ)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Tec …
  • 非導電性インクの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、非導電性インクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、基材別(ガラス、セラミック、アクリル)分析、用途別(PCBパネル、PVパネル、LEDパッケージ)分析、非導電性インクの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandM …
  • 自動重量選別機の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、自動重量選別機の世界市場規模が2019年238百万ドルから2024年289百万ドルまで年平均4.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動重量選別機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(スタンドアロンシステム、組み合わせシステム) …
  • アルミニウムの世界市場2019-2026:機会分析・産業
    本調査レポートでは、アルミニウムの世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、エンドユーザー別(輸送、建築&建設、電気工学、消費財、箔&包装、機械&装置、その他)分析、加工方法別(圧延、鋳物、押出成形、鍛造、顔料&粉末、ロッド&バー)分析、シリーズ別(シリーズ1、シリーズ2、シリーズ3、シリーズ4、シリーズ5、シリーズ6、シリ …
  • 頸部カラーの世界市場:剛性及び半剛性頸部カラー、柔らかい頸部カラー
    Technavio社の本調査レポートでは、頸部カラーの世界市場について調べ、頸部カラーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、頸部カラーの市場規模をセグメンテーション別(製品別(剛性及び半剛性頸部カラー、柔らかい頸部カラー)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は頸部カ …
  • 航空における5Gの世界市場予測(~2026年)
    当調査レポートでは、航空における5Gの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、エンドユーズ別(航空機および空港用5Gインフラストラクチャ)分析、技術別(eMBB、FWA、URLLC / MMTC)分析、通信インフラ別(スモールセル、DAS)分析、5Gサービス別(航空機オペレーション、空港オペレ …
  • 手動蘇生器の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、手動蘇生器の世界市場について調査・分析し、市場動向、種類別(自己膨張、フロー膨張)分析、モダリティ別(使い捨て、再利用可能)分析、材料別(シリコン、PVC、ゴム)分析、技術別(ポップオフバルブ、ピープバルブ、その他)分析、患者種類別(大人、小児、その他(新生児、乳児))分析、用途別(慢性閉塞性肺疾患(Copd)、心肺停止、その他(麻酔、喘 …
  • ポリメタクリル酸メチルの世界市場:製品種類別(押出シート、ペレット、アクリルビーズ)、エンドユーズ別(サイン・ディスプレイ、建設、電子機器、自動車)
    Grand View Research社は、ポリメタクリル酸メチルの世界市場規模が年平均8.4%成長して2025年まで81.6億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、ポリメタクリル酸メチルの世界市場について調査・分析し、ポリメタクリル酸メチルの世界市場動向、ポリメタクリル酸メチルの世界市場規模、市場予測、製品種類別(押出シート、ペレット、アクリル …
  • ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートではラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(感染症、妊娠と生殖能力、毒性学、その他)分析、技術別(競合アッセイ、サンドイッチアッセイ、多重検出アッセイ)分析、エンドユーザー別(病院&クリニック、診断研究所、在宅ケア、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業 …
  • 二輪エンジンの世界市場予測・分析:用途別
    Technavio社の本調査レポートでは、二輪エンジンの世界市場について調べ、二輪エンジンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、二輪エンジンの市場規模をセグメンテーション別(用途別(オートバイ、スクーター)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は二輪エンジンの世界市場 …
  • グルコサミンの世界市場予測・分析:用途別
    Technavio社の本調査レポートでは、グルコサミンの世界市場について調べ、グルコサミンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、グルコサミンの市場規模をセグメンテーション別(用途別(関節炎、その他の用途)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はグルコサミンの世界市場規 …
  • ケーブル障害ロケーターの世界市場2019-2029
    本調査はケーブル障害ロケーターについて、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、バリュー分析、市場背景、ポータビリティ別(移動式、手持ち式)分析、製品別(ケーブルシースフォルトロケーター、ケーブルルートトレーサー、時間領域反射率計、ピンポインター、電圧サージ発生器)分析、最終用途別(石油、電気電子、テレコミュニケーション、発 …
  • ソーラーカーの世界市場:EV別(BEV、HEV、PHEV)、車両タイプ別(PCおよびCV)、電池別(リチウムイオン、鉛酸、および鉛カーボン)、ソーラーパネル別(単結晶および多結晶)、近隣車両別、地域別予測
    本資料は、ソーラーカーの世界市場について調べ、ソーラーカーの世界規模、市場動向、市場環境、EV別(BEV、HEV、PHEV)分析、車両タイプ別(PCおよびCV)分析、電池別(リチウムイオン、鉛酸、および鉛カーボン)分析、ソーラーパネル別(単結晶および多結晶)分析、近隣車両別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模 …
  • 業務用冷凍装置の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、業務用冷凍装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(ディープフリーザー、ボトルクーラー、ストレージウォータークーラー、業務用キッチン冷凍、医療冷凍、チェスト冷凍、その他)分析、エンドユーザー別(フルサービスレストラン&ホテル、食品加工産業、病院、小売薬局、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、コンビニ、クイックサービスレ …
  • 世界の品質管理ソフトウェア市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の品質管理ソフトウェア市場が2017年66.5憶ドルから2026年178.5憶ドルまで年平均11.6%成長すると予測しています。当資料では品質管理ソフトウェアについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、展開別(クラウドベース、オンプロミス)分析、ソリューション別(監査管理、キャ …
  • 世界のHUDヘルメット市場予測2030年:接続性別、コンポーネント別、ディスプレイ別、外殻材料別、技術別、エンドユーザー別、機能別、電源別、地域別
    MarketsandMarkets社は、HUDヘルメットの世界市場規模が2022年129百万ドルから2030年1047百万ドルまで年平均30.0%成長すると予測しています。本書は、世界のHUDヘルメット市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、外殻材料種類別(炭素繊維、プラスチックおよびガラス繊維、ケブラー)分析 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様