"世界の気中回路遮断器(ACB)市場予測2024年:電圧別、種類別、用途別、地域別" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の気中回路遮断器(ACB)市場予測2024年:電圧別、種類別、用途別、地域別...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

1 Introduction
2 Research Methodology
3 Executive Summary
4 Premium Insights
4.1. Attractive Opportunities in the Air Circuit Breaker Market
4.2. Air Circuit Breaker Market, By Region
4.3. Air Circuit Breaker Market, By Voltage
4.4. Air Circuit Breaker Market, By Type
4.5. Air Circuit Breaker Market, By Application
5 Market Overview
5.1. Introduction
5.2. Market Dynamics
5.2.1. Drivers
5.2.2. Restraints
5.2.3. Opportunities
5.2.4. Challenges
6 Air Circuit Breaker Market, By Voltage
6.1. Introduction
6.2. Low Voltage (<1 Kv) 6.3. Medium Voltage (1-15 Kv) 7 Air Circuit Breaker Market, By Type 7.1. Introduction 7.2. Air Blast Circuit Breaker 7.3. Plain Air Circuit Breaker 8 Air Circuit Breaker Market, By Application 8.1. Introduction 8.2. Industrial 8.3. Commercial 8.4. Residential 9 Air Circuit Breaker Market, By Region (USD Million – 2017, 2018, 2019-E, 2024-P) 9.1 Introduction 9.2 North America 9.2.1 By Voltage 9.2.2 By Type 9.2.3 By Application 9.2.4 By Country 9.2.4.1 US 9.2.4.2 Canada 9.2.4.3 Mexico 9.3 Europe 9.3.1 By Voltage 9.3.2 By Type 9.3.3 By Application 9.3.4 By Country 9.3.4.1 Germany 9.3.4.2 UK 9.3.4.3 France 9.3.4.4 Italy 9.3.4.5 Rest of Europe 9.4 Asia-Pacific 9.4.1 By Voltage 9.4.2 By Type 9.4.3 By Application 9.4.4 By Country 9.4.4.1 China 9.4.4.2 Japan 9.4.4.3 India 9.4.4.4 South Korea 9.4.4.5 Rest of Asia Pacific 9.5 South America 9.5.1 By Voltage 9.5.2 By Type 9.5.3 By Application 9.5.4 By Country 9.5.4.1 Brazil 9.5.4.2 Chile 9.5.4.3 Argentina 9.5.4.4 Rest of South America 9.6 Middle East & Africa 9.6.1 By Voltage 9.6.2 By Type 9.6.3 By Application 9.6.4 By Country 9.6.4.1 UAE 9.6.4.2 Saudi Arabia 9.6.4.3 Qatar 9.6.4.4 South Africa 9.6.4.5 Rest of Middle East & Africa 10 Competitive Landscape 10.1 Overview 10.2 Market Share, 2018 10.3 Competitive Landscape Mapping, 2018 10.4 Competitive Scenario 10.4.1 New Product Developments 10.4.2 Investments & Expansions 10.4.3 Contracts & Agreements 10.4.4 Mergers & Acquisitions 10.4.5 Joint Venture/Partnerships/Collobarations/Strategic Alliance 10.4.6 Others 11 Company Profiles 11.1 Introduction 11.2 ABB 11.3 WEG Industries 11.4 Hyundai Electric 11.5 Eaton 11.6 Hitachi 11.7 Schneider Electric 11.8 Mitshubishi Electric 11.9 Siemens 11.10 Larsen & Toubro 11.11 Fuji Electric 11.12 Benergy 11.13 Resa Power 11.14 CG Power and Industrial Solutions 11.15 Legrand 11.16 Energypac 11.17 Romac Electrical Power Equipment 11.18 Havells 11.19 Federal Electric 11.20 LS Industrial Systems 11.21 C&S Electric 12 Appendix 12.1 Insights of Industry Experts 12.2 Discussion Guide 12.3 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal 12.4 Available Customisation 12.5 Releated Report 12.6 Author Details


■ 説 明 ■

The market is expected to reach USD 3.9 billion by 2024, at a CAGR of 5.2% from 2019 to 2024
The global air circuit breaker market size is projected to reach USD 3.9 billion by 2024 from an estimated USD 3.0 billion in 2019, at a CAGR of 5.2% during the forecast period. The factors driving the market growth include the rising need for reliable & secure power supply and increasing share of renewable power in the electricity portfolio mix.

“Medium voltage segment dominates the global market”
The medium voltage segment is expected to be the largest air circuit breaker market, by voltage during the forecast period. This growth is evident owing to the rising demand for air circuit breakers from power distribution utilities as well as the favorable government policies to support renewable generation.

The medium-voltage air circuit breaker finds application in industrial power & distribution, renewables, and transportation to protect & control the power distribution network. According to the Indian Credit Rating Agency (ICRA), the domestic solar power capacity addition is expected at 7–7.5 GW (including about 1 GW of rooftop solar capacity) by 2020, based on tendering and awarding of projects. The increasing number of renewable integration projects and infrastructure developments are some of the factors responsible for augmenting the growth of the medium-voltage air circuit breaker industry.

“Residential applications dominate the global air circuit breaker market “
Although residential applications account for the smallest share of the global air circuit market, the segment is anticipated to witness the fastest growth during the forecast period due to the rising investments in residential construction. Upcoming technologies such as artificial intelligence and the Internet of Things use a sizable number of sensors and automation devices, which will be needed in the future for ease of operations and safety as well as reliability. Also, the support from government and banks through a low-interest rate for buying new properties has encouraged residential construction.

“Middle East & Africa in the air circuit breaker industry is expected to grow at the highest CAGR during the forecast period”
Asia Pacific accounted for majority of the global air circuit breaker market share, followed by North America. The Middle East & Africa market is projected to be the fastest-growing market during the forecast period, owing to rising investments towards renewable energy grid infrastructure development.

The government of Saudi Arabia is planning to restructure the country’s electricity network and has proposed to increase its electricity generating capacity to 120 GW by 2032 to meet the rapidly growing electricity demand. Additionally, Saudi Arabia is planning to add 41 GW from solar power, 18 GW from nuclear power, and 4 GW from other renewable sources to increase its power generation capacity. The Nigerian government aims to achieve the electrification rate of 75% by 2020 by connecting households through grid extensions as well as non-grid solutions such as renewables.
The governments of countries in the Middle East & African region are also investing heavily in infrastructure projects. As per the African Union’s Development Agency, plans are on track for a high-speed rail network connecting Africa from border to border by 2063.

Breakdown of Primaries:
In-depth interviews have been conducted with various key industry participants, subject-matter experts, C-level executives of key air circuit breaker market players, and industry consultants, among other experts, to obtain and verify critical qualitative and quantitative information, as well as to assess future market prospects. The distribution of primary interviews is as follows:
By Company Type: Tier I–60%, Tier II–20%, and Tier III–20%
By Designation: C-Level–55%, Director Level–30%, and Others–15%
By Region: North America- 30%, Europe- 30%, Asia-Pacific 20%, Middle East & Africa- 10%, South America- 10%
Note: Others include sales managers, marketing managers, product managers, and product engineers.
The tier of the companies is defined on the basis of their total revenue as of 2017; Tier 1: USD 1 billion, Tier 2: from USD 1 billion to USD 500 million, and Tier 3:


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】世界の気中回路遮断器(ACB)市場予測2024年:電圧別、種類別、用途別、地域別
【英語】Air Circuit Breaker Market by Voltage (Low Voltage, and Medium Voltage), Type (Air Blast Circuit Breaker, and Plain Air Circuit Breaker), Application (Industrial, Commercial, and Residential), and Region - Global Forecast to 2024

【発行日】2019年12月23日
【発行会社】MarketsandMarkets
【商品コード】EP 7458
【調査対象地域】グローバル
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
世界の気中回路遮断器(ACB)市場予測2024年:電圧別、種類別、用途別、地域別...市場動向/規模/将来展望...


  • 疲労試験機の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、疲労試験機の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、疲労試験機市場規模、用途別(自動車、航空宇宙、複合材料、医療)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・疲労試験機の世界市場概要 ・疲 …
  • スマートスピーカーの世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スマートスピーカーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、IVA別分析、構成要素別分析、用途別分析、地域別分析、スマートスピーカーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けい …
  • セキュリティソリューションの世界市場予測(~2022):防火、ビデオ監視、アクセス制御
    当調査レポートでは、セキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、セキュリティソリューションの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • データ品質ツールの世界市場2017-2021:オンプレミス、クラウド
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、データ品質ツールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、データ品質ツールの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 掘削廃棄物管理の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、掘削廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、掘削廃棄物管理市場規模、サービス種類別(ソリッドコントロール、処理・リサイクル・回収・廃棄、封じ込め処理・ハンドリング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は、Ba …
  • 4K2Kテレビの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、4K2Kテレビの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、4K2Kテレビの世界市場規模及び予測、ディスプレイ別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 飲料用プラスチック包装のグローバル市場
    当調査レポートでは、飲料用プラスチック包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、飲料用プラスチック包装の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は飲料用プラスチック包装の世界市場 …
  • 牧草用機械・飼料用機械の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、牧草用機械・飼料用機械の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、牧草用機械・飼料用機械の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • FRP(繊維強化プラスチック)製橋の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、FRP(繊維強化プラスチック)製橋の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、繊維種類別分析、樹脂別分析、製造工程別分析、橋種類別分析、FRP(繊維強化プラスチック)製橋の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • ポリカーボネートフィルムの世界市場予測(~2022年):光学フィルム、難燃性フィルム、耐候性フィルム
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、ポリカーボネートフィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先(産業)別分析、地域別分析、ポリカーボネートフィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • メカニカルキーボードの世界市場2019-2029
    本調査はメカニカルキーボードについて、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、市場背景、製品種類別(非触覚リニアスイッチ、触覚ノンクリックスイッチ、タクタイルクリックスイッチ)分析、接続タイプ別(有線接続、無線接続)分析、用途別(ゲーム、オフィス/産業)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分析、調査手法に区分して掲載しています。 ・エ …
  • 個人用緊急対応システム(PERS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、個人用緊急対応システム(PERS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、個人用緊急対応システム(PERS)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の静脈内カテーテル市場2015
    本調査レポートでは、世界の静脈内カテーテル市場2015について調査・分析し、静脈内カテーテルの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届け …
  • 産業用ロボット視覚システムの世界市場2017-2021:マテリアルハンドリング、溶接・ろう接、調剤、組立・分解、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、産業用ロボット視覚システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、産業用ロボット視覚システムの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社 …
  • アジア太平洋の眼科用レンズ&精密光学製造装置市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは眼科用レンズ&精密光学製造装置のアジア太平洋市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(眼科用レンズ、精密光学系)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサ …
  • IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、IPIN(屋内ポジショニング・屋内ナビゲーション)の世界市場規模及び予測、用途別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クロロギ酸ビニルの世界市場2016
    当調査レポートでは、クロロギ酸ビニルの世界市場について調査・分析し、クロロギ酸ビニルの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるクロロギ酸ビニルのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・クロロギ酸ビニルの用途 ・クロロギ酸ビニルの製造プロセス ・クロロ …
  • マイクロ灌漑システムの世界市場
    当調査レポートでは、マイクロ灌漑システムの世界市場について調査・分析し、マイクロ灌漑システムの世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 電動式・スマートオーニングの世界市場2017-2021:ドア用オーニング、窓用オーニング、パティオ・オープンスペース用オーニング
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、電動式・スマートオーニングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、電動式・スマートオーニングの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、材料別分析、販売チャネル別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたし …
  • 木材・プラスチック複合材の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、木材・プラスチック複合材の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、木材・プラスチック複合材市場規模、製品別(ポリエチレン、ポリ塩化ビニル、ポリプロピレン、その他)分析、最終用途別(建築・建設、自動車、工業製品・消費財、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め …
  • 脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ワニスメーカー・ペインターズナフサ、ミネラルスピリット、ヘキサン、ヘプタン)分析、用途別(塗料・コーティング、クリーニング・脱脂、接着剤、エアロゾル、ゴム・ポリマー)分析、脂肪族炭化水素溶剤・希釈剤 …
  • データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場分析:製品別(基本配電ユニット、計量配電ユニット、インテリジェント配電ユニット)、セグメント予測、2014-2025
    本調査レポートでは、データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場について調査・分析し、データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場動向、データセンターラック配電ユニット(PDU)の世界市場規模、市場予測、セグメント別データセンターラック配電ユニット(PDU)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致し …
  • アジアのエチレングリコール市場
  • 自動車用グローブボックスの世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、自動車用グローブボックスの世界市場について調査・分析し、自動車用グローブボックスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 自動車用グローブボックスの世界市場:市場動向分析 - 自動車用グローブボックスの世界市場:競争要因分析 - 自動車用グローブボックスの世 …
  • 生物学用安全キャビネットの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、生物学用安全キャビネットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、生物学用安全キャビネットの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 家電産業における産業用ロボットの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、家電産業における産業用ロボットの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、家電産業における産業用ロボット市場規模、用途別(マテリアルハンドリング、組立ライン、塗装・仕上げ、溶接・シーリング、機械加工・スタンピング、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下 …
  • SaaS型セキュリティの世界市場2018-2022:IAM認証、電子メールセキュリティ、Webセキュリティ、SIEM、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、SaaS型セキュリティの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、SaaS型セキュリティの世界市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界の神経インターベンション装置開発動向:医療機器パイプライン分析2015
    当調査レポートでは、神経インターベンション装置のグローバル製品パイプライン動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・神経インターベンション装置の概要 ・神経インターベンション装置の開発動向:開発段階別分析 ・神経インターベンション装置の開発動向:セグメント別分析 ・神経インターベンション装置の開発動向:領域別分析 ・神経インターベンション装 …
  • 中国の歯科サービス市場2016-2020
    当調査レポートでは、中国の歯科サービス市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、中国の歯科サービス市場規模及び予測、サービス別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 脳出血(Brain Hemorrhage):治療薬市場2016(世界市場規模、APIメーカー、市販薬、フェーズ3治験薬)
    ※当調査レポートでは、脳出血(Brain Hemorrhage)治療薬の世界市場動向について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・脳出血(Brain Hemorrhage):適応症(疾患)の概要 ・市販医薬品の状況 ・世界のAPI(医薬品原薬)メーカー分析 ・地域別APIメーカー状況(アメリカ、ヨーロッパ、中国など) ・脳出血(Brain Hemo …
  • 廃棄物系バイオマスの世界市場2016-2022
    当調査レポートでは、廃棄物系バイオマスの世界市場について調査・分析し、廃棄物系バイオマスの世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:市場動向分析 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:競争要因分析 - 廃棄物系バイオマスの世界市場:エンドユーザー別 ・自 …
  • 教育用顕微鏡の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、教育用顕微鏡の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、教育用顕微鏡市場規模、用途別(ライフサイエンス、マテリアルサイエンス、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・教育用顕微鏡 …
  • セルフレベリングコンクリートの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、セルフレベリングコンクリートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、セルフレベリングコンクリートの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 感情検知・認識の世界市場予測(~2021):技術別(バイオセンサー、NLP、機械学習)、ソフトウェアツール別(表情、音声認識)、サービス別、用途分野別、需要先別、地域別
    当調査レポートでは、感情検知・認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、技術別分析、ソフトウェアツール別分析、サービス別分析、用途分野別分析、感情検知・認識の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 結晶セルロース(MCC)の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、結晶セルロース(MCC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、用途別(食品・飲料、医薬品、化粧品・パーソナルケア用品)分析、原材料別(木材系、非木材系)分析、結晶セルロース(MCC)の世界市場規模及び予測、 …
  • カーレンタルの世界市場分析:車両別(高級車、超高級車、エコノミーカー、SUV、MUV)、用途別(現地使用、空港輸送、郊外)、セグメント予測
    本調査レポートでは、カーレンタルの世界市場について調査・分析し、カーレンタルの世界市場動向、カーレンタルの世界市場規模、市場予測、セグメント別カーレンタル市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 衛生ベース自動船舶識別装置(S-AIS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、衛生ベース自動船舶識別装置(S-AIS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、衛生ベース自動船舶識別装置(S-AIS)の世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたし …
  • 消化管/GIステントの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、消化管/GIステントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、疾患別分析、需要先別分析、消化管/GIステントの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 医療用放射線検出・監視・安全の世界市場:ガス封入検出器、ガイガー・ミュラー、線量計、固体検出器
    当調査レポートでは、医療用放射線検出・監視・安全の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、検出種類別分析、製品別分析、安全製品別分析、需要先別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 健康・ウェルネス食品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、健康・ウェルネス食品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、健康・ウェルネス食品市場規模、流通経路別(小売店、オンラインストア)分析、製品別(自然健康食品、機能性食品、BFY食品、オーガニックフード、食物不耐性用製品)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構 …
  • 髄膜炎菌ワクチンの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、髄膜炎菌ワクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、髄膜炎菌ワクチンの世界市場規模及び予測、構成別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 木工塗料の世界市場2017-2021:着色剤・ワニス、木材防腐剤、シェラック、撥水剤、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、木工塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、木工塗料の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社は木工塗料の世界市場が2017-2 …
  • EEGおよびEMGの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、EEGおよびEMGの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(EEGデバイス、EMGデバイス)分析、顧客状況、地域別状況、エンドユーザー別(病院およびクリニック、ASC、その他)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 …
  • バンキングのアルメニア市場2019-2026:機会分析・産業予測
    本調査レポートでは、バンキングのアルメニア市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、セクター別(リテールバンキング、コーポレートバンキング、投資バンキング)分析、種類別(閉鎖型株式会社[CJSC]、開放型株式会社[OJSC])分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- …
  • 韓国の病院用品市場(~2021)
  • 医療産業向け分析・試験サービスの世界市場:安定性試験、原材料試験、方式検証、微生物試験、環境モニタリング、生物分析サービス
    当調査レポートでは、医療産業向け分析・試験サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 手術用メスの世界市場2018-2022:一般外科、肥満外科手術、心臓手術、整形外科、その他
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、手術用メスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、手術用メスの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 近接センサの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、近接センサの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、近接センサの世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • ダイアライザーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ダイアライザーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ダイアライザーの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本のカプロラクタム市場(~2019):市場規模、シェア、動向

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

世界の気中回路遮断器(ACB)市場予測2024年:電圧別、種類別、用途別、地域別、市場動向、市場規模、将来展望