世界のコンクリート混和剤市場予測2024年:製品種類別、エンドユーズセクター別、地域別

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.2.2 Years Considered for the Study
1.3 Currency
1.4 Units Considered
1.5 Stakeholders
1.6 Limitations
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
2.5 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 34)
4.1 Attractive Opportunities in the Concrete Admixtures Market
4.2 Concrete Admixtures Market, By Product Type
4.3 Concrete Admixtures Market, Developed vs Developing Countries
4.4 APAC: Concrete Admixtures Market, By Product Type and End-Use Sectors
4.5 Concrete Admixtures Market: By Country
5 Market Overview (Page No. – 37)
5.1 Introduction
5.1.1 Market Dynamics
5.1.2 Drivers
5.1.2.1 Emerging Construction Industry With Huge Growth Potential in the Developing Countries
5.1.2.2 Growing Urbanization Trend
5.1.2.3 Improved Quality and Economics of Construction
5.1.3 Restraints
5.1.3.1 Established Infrastructure in Developed Countries
5.1.3.2 Unstable Economic Cycles
5.1.4 Opportunities
5.1.4.1 Utilization of Ready-Mix Concrete (RMC) in Developing Countries
5.1.5 Challenges
5.1.5.1 Lack of Technical Guidance and R&D
5.1.5.2 Unstable Cost of Raw Materials and Energy
5.1.5.3 Stricter Environmental Regulations
5.1.5.4 Lack of Awareness Among End Users
5.1.5.5 Substandard Products
5.2 Porter’s Five Forces Analysis
5.2.1 Threat of New Entrants
5.2.2 Threat of Substitutes
5.2.3 Bargaining Power of Buyers
5.2.4 Bargaining Power of Suppliers
5.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.3 Macroeconomic Indicators
5.3.1 Introduction
5.3.2 Trends and Forecast of GDP
5.3.3 Trends and Forecast in the Construction Industry
6 Concrete Admixtures Market, By Product Type (Page No. – 48)
6.1 Introduction
6.2 Mineral Admixtures
6.2.1 Fly Ash
6.2.1.1 Low Calcium Fly Ash is Preferred Due to Low Reactivity
6.2.2 Granulated Blast Furnace Slag
6.2.2.1 Improved Workability and Water Reduction are the Prominent Properties of This Cementitious Material
6.2.3 Silica Fume
6.2.3.1 Use of Silica Fume Increases the Weight of Cement By 15%
6.2.4 Rice Husk Ash
6.2.4.1 Apart From Using Rice Husk Ash as Admixture in Concrete, It is Also Used to Make Bricks
6.3 Chemical Admixtures
6.3.1 Superplasticizers
6.3.1.1 Improves Workability of the Concrete to A Great Extent Compared to Other Conventional Admixtures
6.3.2 Normal Plasticizers
6.3.2.1 Reduces 15-20% Water Usage, Provides Strength, and Improves Workability of Concrete
6.3.3 Accelerating Admixtures
6.3.3.1 Reduces Segregation, Increases Density & Strength, Improves the Curing Rate of Cement By Providing Uniform Curing During Summer and Winter
6.3.4 Retarding Admixtures
6.3.4.1 Used to Obtain Architectural Finish in the Interior Surface of the Structure to Delay the Hardening of the Cement/Concrete Layer
6.3.5 Air-Entraining Admixtures
6.3.5.1 Uniform Dispersion of Air in the Concrete Restricts Water Flow Between Cement Particles and Formation of Capillaries
6.3.6 Water-Proofing Admixtures
6.3.6.1 Used in Construction of Reservoirs, Sewage, Tanks, Tunnels, Manholes and Other Water Retaining Structures/Floors to Prevent Water Leakages
6.3.7 Other Concrete Admixtures
7 Concrete Admixtures Market, By End-Use Sector (Page No. – 60)
7.1 Introduction
7.2 Residential
7.2.1 Rise in Population and Rapid Urbanization have Increased the Development of Residential Sector in Urban Areas
7.3 Commercial
7.3.1 Higher Costs and Greater Complexity of Commercial Buildings have Resulted in Less Competitors in Commercial Sector
7.4 Infrastructure
7.4.1 Growth and Development in the Infrastructure Sector Boosts the Global Economy
8 Concrete Admixtures Market Size, By Region (Page No. – 67)
8.1 Introduction
8.2 APAC
8.2.1 China
8.2.1.1 China’s Construction Industry to Expand By 5.9% in 2019 and 6.1% By 2020, Driven By the Railway Construction Projects
8.2.2 India
8.2.2.1 Cement Demand in India is Expected to Reach 550-600 Million Tonnes Per Annum (MTPA) By 2025, Supported By the Government’s Infrastructure Projects
8.2.3 Japan
8.2.3.1 Superplasticizers and Normal Plasticizers are Used in Most Concretes in Japan to Endure Natural Calamities
8.2.4 South Korea
8.2.4.1 The Government’s Increased Investment on the Healthcare and Education Sectors are Expected to Boost the Concrete Admixtures Market
8.2.5 Rest of APAC
8.3 The Middle East & Africa
8.3.1 Egypt
8.3.1.1 Increasing Demand for Housing to Accommodate the Increasing Population Will Boost the Concrete Admixtures Market
8.3.2 Iran
8.3.2.1 Country Aims to Increase Its Annual Cement Production Capacity to Accommodate 20-Year Vision Plan (2025)
8.3.3 Saudi Arabia
8.3.3.1 Government has Made Huge Investments in Infrastructure Development to Boost Tourism
8.3.4 United Arab Emirates (UAE)
8.3.4.1 Increased Crude Oil Production Helps to Drive Investment in Construction Industry
8.3.5 Rest of Middle East & Africa
8.4 Europe
8.4.1 Turkey
8.4.1.1 Cement Sector Contributes to the Growth of Turkey’s Economy
8.4.2 Italy
8.4.2.1 The Production of Cement in Italy is Expected to Remain Stable in the Near Future
8.4.3 Poland
8.4.3.1 Poland is the Fastest Growing-Economy in the European Union (EU)
8.4.4 Spain
8.4.4.1 Transport Infrastructure and Increase in Housing Units Boost the Concrete Admixtures Market
8.4.5 Germany
8.4.5.1 Implementation of Increasing Stringent Environmental Regulations have Increased the Production of Cement and Concrete Admixtures in the Country
8.4.6 France
8.4.6.1 Government’s Focus on the Development of Affordable Houses as Well as Renewable Energy Infrastructure Will Contribute to the Demand for Concrete Admixtures
8.4.7 UK
8.4.7.1 Government of UK has Invested USD 764 Billion Under National Infrastructure and Construction Pipeline (NICP) for the Next 10 Years to Improve the Infrastructure in Energy, Transport, and Other Sectors
8.4.8 Rest of Europe
8.5 North America
8.5.1 US
8.5.1.1 Positive Trends in the Residential Market are Boosting the Construction Industry Growth
8.5.2 Mexico
8.5.2.1 Government’s Promise to Increase the Growth of GDP By 4% in 2019, Through Infrastructure Development Will Increase the Demand for Concrete Admixtures
8.5.3 Canada
8.5.3.1 Government Plans to Provide Financial Help to First-Time Home Buyers and Development of the Country’s Transport Infrastructure Under the Transportation 2030 Program Will Boost the Demand for Concrete Admixtures
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Investment Partnership Program has Promoted the Private Sector Participation in Infrastructure Development
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 China-Built Projects in the Country have Improved the Livelihood and Created Employment Opportunities
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 120)
9.1 Overview
9.2 Competitive Leadership Mapping, 2018
9.2.1 Visionary Leaders
9.2.2 Innovators
9.2.3 Dynamic Differentiators
9.2.4 Emerging Companies
9.3 Strength of Product Portfolio
9.4 Business Strategy Excellence
9.5 Market Ranking Analysis
9.5.1 BASF SE
9.5.2 SIKA AG
9.5.3 GCP Applied Technologies
9.5.4 RPM International Inc.
9.5.5 Fosroc International Ltd.
9.6 Competitive Scenario
9.6.1 New Product Development/Launch
9.6.2 Merger & Acquisition
9.6.3 Investment & Expansion
9.6.4 Partnership & Collaboration
10 Company Profiles (Page No. – 133)
10.1 BASF SE
10.1.1 Business Overview
10.1.2 Functional Materials & Solutions Segment
10.1.3 Products, Customers, and Applications
10.1.4 Products Offered
10.1.5 Recent Developments
10.1.6 SWOT Analysis
10.1.7 BASF SE’s Right to Win
10.2 SIKA AG
10.2.1 Business Overview
10.2.2 Products Offered
10.2.3 Recent Developments
10.2.4 SWOT Analysis
10.2.5 SIKA Ag’s Right to Win
10.3 GCP Applied Technologies Inc.
10.3.1 Business Overview
10.3.2 Specialty Construction Chemicals Segment
10.3.3 The Specialty Construction Chemicals Product Portfolio
10.3.4 Products Offered
10.3.5 Recent Development
10.3.6 GCP Applied Technologies’ Right to Win
10.4 RPM International Inc.
10.4.1 Business Overview
10.4.2 Products Offered
10.4.3 RPM International Inc.’S Right to Win
10.5 Fosroc International Ltd
10.5.1 Business Overview
10.5.2 Products Offered
10.5.3 Recent Developments
10.5.4 Fosroc International Ltd’s Right to Win
10.6 Mapei S.P.A
10.6.1 Overview
10.6.2 Products Offered
10.6.3 Mapei S.P.A’s Right to Win
10.7 CICO Technologies Ltd
10.7.1 Business Overview
10.7.2 Products Offered
10.7.3 CICO Technologies Ltd’s Right to Win
10.8 CHRYSO S.A.S.
10.8.1 Overview
10.8.2 Products Offered
10.8.3 Recent Developments
10.8.4 CHRYSO S.A.S’s Right to Win
10.9 Concrete Additives and Chemicals Pvt. Ltd.
10.9.1 Business Overview
10.9.2 Products Offered
10.9.3 Concrete Additives and Chemicals Pvt. Ltd. Right to Win
10.10 Rhein-Chemotechnik GmbH
10.10.1 Business Overview
10.10.2 Products Offered
10.10.3 Rhein-Chemotechnik GmbH’s Right to Win
10.11 Other Companies
10.11.1 Weber Saint-Gobain
10.11.2 Polisan Kimya San. A.S.
10.11.3 Shandong Wanshan Chemical Co. Ltd.
10.11.4 Sakshi Chem Sciences Pvt. Ltd.
10.11.5 Fritz-Pak Corporation
10.11.6 Fuclear Technologies Inc.
10.11.7 Ha-Be Betonchemie
10.11.8 Lanya Concrete Admixtures
10.11.9 Muhu (China) Construction Materials Co., Ltd.
10.11.10 Cormix International Limited
11 Appendix (Page No. – 165)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details



  • マイクロ複合熱&電力(マイクロCHP)の世界市場2019-2026:タイプ別、技術別、用途別
    本調査レポートでは、マイクロ複合熱&電力(マイクロCHP)の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、タイプ別(エンジンベース&燃料電池ベース)分析、技術別(内燃機関、PEMFC、ランキンサイクルエンジン、スターリングエンジン&SOFC)分析、用途別(住宅用&商用)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 …
  • 塗料保護フィルムの世界市場予測:熱可塑性ポリウレタン、ポリ塩化ビニル
    当調査レポートでは、塗料保護フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、材料別(熱可塑性ポリウレタン、ポリ塩化ビニル)分析、エンドユーズ産業別(自動車、電子、建設)分析、塗料保護フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。Mar …
  • クレンジングローションの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、クレンジングローションの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場 …
  • アプリケーションゲートウェイの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、アプリケーションゲートウェイの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション及びサービス)分析、サービス(コンサルティング、統合、展開)分析、組織規模別(大企業およびSMES)分析、業種別(BFSIおよびITおよび通信)分析、アプリケーションゲート …
  • 位置情報サービス(LBS)及びリアルタイム位置情報システム(RTLS)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、位置情報サービス(LBS)及びリアルタイム位置情報システム(RTLS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス)分析、ロケーションタイプ別(屋内および屋外)分析、業種別分析、位置情報サービス(LBS)及びリアルタ …
  • 商業用ドローンの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、商業用ドローンの世界市場について調査・分析し、市場動向、規制及び政治環境、産業見通し、用途別(撮影&写真、検査&メンテナンス、マッピング&測量、精密農業、監視&モニタリング、その他)分析、製品別(固定翼、回転刃、ハイブリッド)分析、エンドユーズ別(農業、配送&物流、エネルギー、メディア&エンターテイメント、不動産&建設、セキュリティ&法執 …
  • 世界のテンシオメーター市場予測2024年:製品別、産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、テンシオメーターの世界市場規模が2019年103百万ドルから2024年151百万ドルまで年平均7.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のテンシオメーター市場を広く調査・分析し、市場概要、製品別(光学式テンシオメーター、力式テンシオメーター、容積式テンシオメーター、気泡圧式テンシオメーター、アクセサリー …
  • 冠血流予備比の世界市場:技術別、用途別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは冠血流予備比について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、技術別(侵襲的モニタリング、非侵襲的モニタリング)分析、用途別(単一血管疾患、複数血管疾患)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリー ・定義および範囲 ・市場動向 ・産業分析 ・冠血流予備比の …
  • 自動車照明の世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、自動車照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、市場背景、需要分析、価格分析、用途別(フロントヘッドライト、フォグランプ、リアライト、サイドライト、インテリアライト)分析、車両別(乗用車、 軽商用車、大型商用車、電気自動車、二輪車)分析、ライトソースタイプ別(ハロゲン、LED、キセノン)分析 …
  • マットレスの世界市場:インナースプリングマットレス、低反発マットレス、ラテックスマットレス
    Technavio社の本調査レポートでは、マットレスの世界市場について調べ、マットレスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、マットレスの市場規模をセグメンテーション別(製品別(インナースプリングマットレス、低反発マットレス、ラテックスマットレス、その他のマットレス)、流通チャンネル別(オフライン、 …
  • マルチプレックスアッセイの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、マルチプレックスアッセイの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(核酸ベースマルチプレックスアッセイ、タンパク質ベースマルチプレックスアッセイ、およびその他)分析、製品別(マルチプレックスアッセイ試薬&消耗品、マルチプレックスアッセイアクセサリ&機器、マルチプレックスアッセイソフトウェア&サービス)分析、技術別(マルチプレックスP …
  • 気管切開製品の世界市場2019-2026
    本資料は、気管切開製品の世界市場について調べ、気管切開製品の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(気管切開チューブ、気管切開換気アクセサリー、気管切開クリーン&ケアキット、その他のアクセサリー)分析、技術別(手術的気管切開、経皮的拡張気管切開)分析、エンドユーザー別(病院及び外科センター、外来診療センター、在宅ケア設定、研究所及び学術機関)分析、アメリカ市 …
  • 世界の保護ケース市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の保護ケース市場が2018年1,044万ドルから2027年1,648万ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。当資料では、保護ケースについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、装置別(タブレット、スマートフォン)分析、価格帯別(プレミアム、ミディアム、ロー)分析、ケース …
  • 高圧シールの世界市場2019-2026
    本資料は、高圧シールの世界市場について調べ、高圧シールの世界規模、市場動向、市場環境、材料別(金属、熱可塑性ポリウレタン、水素化ニトリルブタジエンゴム(HNBR)、フッ素エラストマー、エチレンプロピレンジエンモノマー、その他)分析、エンドユーズ産業別(石油&ガス、化学品&石油化学、発電、航空宇宙&防衛、鉱業、製造業、医薬品&その他の最終用途産業)分析、アメリ …
  • 臨床検査情報システム(LIS)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、臨床検査情報システム(LIS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別(スタンドアロン、統合)分析、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア)分析、エンドユーザー別(病院ラボ、独立ラボ、Pols)分析、配信モード別(オンプレミス、クラウドベース)分析、臨床 …
  • 神経外科用デバイスの世界市場2019-2026
    本資料は、神経外科用デバイスの世界市場について調べ、神経外科用デバイスの世界規模、市場動向、市場環境、製品別(神経変調デバイス、神経内視鏡デバイス)分析、用途別(脊髄刺激、脳深部刺激、神経内視鏡検査)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エ …
  • フライホイールエネルギー貯蔵の世界市場:用途別(UPS、分散型エネルギー生成、輸送、データセンター)
    Grand View Research社は、フライホイールエネルギー貯蔵の世界市場規模が年平均8.9%成長して2025年まで479.3百万ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、フライホイールエネルギー貯蔵の世界市場について調査・分析し、フライホイールエネルギー貯蔵の世界市場動向、フライホイールエネルギー貯蔵の世界市場規模、市場予測、用途別(UPS …
  • ダンネージ包装の世界市場予測:波形プラスチック、成形プラスチック、スチール、アルミニウム、発泡体、段ボール紙、木材、布製ダンネージ
    当調査レポートでは、ダンネージ包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、材料別(波形プラスチック、成形プラスチック、スチール、アルミニウム、発泡体、段ボール紙、木材、布製ダンネージ)分析、エンドユーズ産業別分析、ダンネージ包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報 …
  • 熱電モジュールの世界市場予測:モデル別、種類別、機能別、提供別
    当調査レポートでは、熱電モジュールの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、モデル別(シングルステージ、マルチステージ)分析、種類別(バルク熱電モジュール、マイクロ熱電モジュール、薄膜熱電モジュール)分析、機能別分析、提供別分析、熱電モジュールの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企 …
  • 世界の装具型フットインソール市場2020-2024
    「装具型フットインソールの世界市場2020-2024」は、装具型フットインソールについて市場概要、市場規模、用途別(医療、スポーツ)分析、流通チャンネル別(小売店、オンライン小売)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブ …
  • 使い捨て型ろ過アセンブリの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、使い捨て型ろ過アセンブリの世界市場について調査・分析し、市場動向、種類別(膜ろ過、深層ろ過、遠心分離、その他)分析、製品別(フィルター、ろ過カートリッジ、ろ過膜、マニホールド、カセット、シリンジ、その他)分析、用途別(ラボ用、医薬品製造)分析、地域別分析、競合分析などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサ …
  • 医薬品開発のアジア太平洋市場2019-2026
  • 契約ライフサイクル管理の世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、契約ライフサイクルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、市場背景、ソリューション別(契約ライフサイクル管理ソフトウェア、サービス)分析、ビジネス機能別(法律、金融、調達、人事、IT)分析、産業別(BFSI、IT&テレコム、エネルギーとユーティリティ、製造業、ヘルスケアおよび製薬、生 …
  • 自動車OEMテレマティクスの中国・インド・東南アジア市場2019–2026
  • 塞栓療法の世界市場予測:塞栓剤(ミクロスフィア、取り外し可能コイル、プッシュ可能コイル)、ガイドワイヤー
    当調査レポートでは、塞栓療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別(塞栓剤(ミクロスフィア、取り外し可能コイル、プッシュ可能コイル)、ガイドワイヤー)分析、疾患別(腫瘍学、動脈瘤、末梢血管)分析、処置別分析、エンドユーザー別(病院、診療所、ASC、学界)分析、塞栓療法の世界 …
  • 世界の冷蔵輸送市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の冷蔵輸送が2018年146.5億ドルから2027年280憶ドルまで年平均7.8%成長すると予測しています。当資料では、冷蔵輸送について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、温度別(単一温度、多温度)分析、交通手段別(冷蔵道路輸送、冷蔵鉄道輸送、冷蔵海上輸送、冷蔵航空輸送)分析、 …
  • 世界の基礎修理サービス市場2013-2017及び市場予測2018-2027
  • 世界のアイデンティティ・アクセス管理市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • 世界のEラーニング市場2020-2024
    「Eラーニングの世界市場2020-2024」は、Eラーニングについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(高等教育、企業、K-12)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・Eラーニング …
  • ヘルスケアチャットボットの世界市場:機会分析及び産業予測2018–2026
    本市場調査レポートではヘルスケアチャットボットについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(症状チェック、医療および医薬品情報支援、予定のスケジューリングと監視、その他)分析、エンドユーザー別(ヘルスケアプロバイダー、ヘルスケア支払者、患者、その他)分析、展開別(クラウドベース、オンプレミス)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録 …
  • 交通分析の世界市場予測:記述分析、予測分析、規範的分析
    当調査レポートでは、交通分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(記述分析、予測分析、規範的分析)分析、モード別(道路、鉄道、航空路、水路)分析、交通分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarkets社は、交通分析の世界市場 …
  • 感染対策の世界市場予測・分析:治療薬、非治療薬
    Technavio社の本調査レポートでは、感染対策の世界市場について調べ、感染対策の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、感染対策の市場規模をセグメンテーション別(種類別(治療薬、非治療薬)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は感染対策の世界市場規模が2020-202 …
  • 世界の石炭市場予測・分析2020-2024
    「石炭の世界市場2020-2024」は、石炭について市場概要、市場規模、種類別(瀝青および亜瀝青、無煙炭、亜炭)分析、顧客状況、地域状況、決定フレームワーク、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・石炭の世界市 …
  • 世界のアプリケーションゲートウェイ市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のアプリケーションゲートウェイ市場が2018年14.5憶ドルから2027年39.1憶ドルまで年平均11.7%成長すると予測しています。当資料では、アプリケーションゲートウェイについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、サービス別(相談サービス、統合と展開、運用と保守)分析、コン …
  • スチール繊維の世界市場:種類別(フックスチールファイバー、ストレートスチールファイバー、クリンプスチールファイバー、変形スチールファイバー、その他)、製造プロセス別(カットワイヤー/冷間引抜き、スリットシート、溶融抽出物、その他)、用途別(コンクリート補強、複合補強、耐火物、その他)、地域別予測
    本資料は、スチール繊維の世界市場について調べ、スチール繊維の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(フックスチールファイバー、ストレートスチールファイバー、クリンプスチールファイバー、変形スチールファイバー、その他)分析、製造プロセス別(カットワイヤー/冷間引抜き、スリットシート、溶融抽出物、その他)分析、用途別(コンクリート補強、複合補強、耐火物、その他)分 …
  • 世界のチェリーシードオイル市場2020-2024
    「チェリーシードオイルの世界市場2020-2024」は、チェリーシードオイルについて市場概要、市場規模、製品別(従来型チェリーシードオイル、有機チェリーシードオイル)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・フ …
  • 世界のスマート水道メーター市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のスマート水道メーター市場が2018年53.5憶ドルから2027年149.6憶ドルまで年平均12.1%成長すると予測しています。当資料ではスマート水道メーターについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、機能別(超音波メーター、機械式メーター、電磁メーター)分析、メータータイプ別 …
  • 世界のソーラー充電コントローラー市場2013-2017及び予測2018-2028
  • 食品酵素の世界市場:種類別、用途別、製剤別、ソース別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは食品酵素について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(カルボヒドラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、その他)分析、用途別(飲料、菓子製品、乳製品、ベーカリー製品、食肉加工、その他)分析、製剤別(凍結乾燥粉末、液体、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼ …
  • 小水力発電の世界市場:容量別、種類別、コンポーネント別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは小水力発電について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、容量別(最大1 MW、1〜10 MW)分析、種類別(マイクロ水力、ミニ水力)分析、コンポーネント別(電気機械装置、電気インフラ、土木工事、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリー ・定義 …
  • 一般外科用器具の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、一般外科用器具の世界市場について調査・分析し、市場動向、種類別(使い捨て手術用品、オープン手術器具、エネルギーベースおよび電動器具、低侵襲手術器具、癒着防止製品、医療ロボットおよびコンピューター支援手術器具)分析、用途別(整形外科、心臓病学、眼科、創傷ケア、聴覚学、胸部外科、泌尿器科婦人科外科、形成外科、神経外科、その他)分析、地域別分析 …
  • ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場予測2024年:種類別、基材別、用途別、国家別
    MarketsandMarkets社は、押出コーティング用生分解性ポリマーのヨーロッパ市場規模が2019年403百万ドルから2024年829百万ドルまで年平均15.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、ヨーロッパの押出コーティング用生分解性ポリマー市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(PLA、澱粉、PBS、PHA、その他)分析、基板別(紙・板 …
  • 建設用接着剤の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、建設用接着剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、樹脂別(アクリル、ポリウレタン、ポリ酢酸ビニル、エポキシ、その他)分析、技術別(水ベース、溶剤ベース、反応性、その他)分析、用途別(住宅、商業、産業)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・建 …
  • 世界の都市農業-市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の都市農業市場が2017年2100憶ドルから2026年2887.1憶ドルまで年平均3.6%成長すると予測しています。当資料では都市農業について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、農業の種類別(ホームガーデン、コーポレート、コミュニティ、その他)分析、育成培地別(エアロポニクス、 …
  • 自動車用クラッチの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、自動車用クラッチの世界市場規模が2017年9兆1191.4億ドルから2026年18兆5352.9億ドルまで年平均8.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、自動車用クラッチの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用クラッチ市場規模、クラッチディスクサイズ別(10〜11インチディスク、11インチ以 …
  • 水産養殖の主要5か国市場2018-2025
    当調査レポートでは、水産養殖の主要5か国について調査・分析し、市場概要、魚種類別(ポンパノ、スナッパー、サーモン、ミルクフィッシュ、マグロ、ティラピア、ナマズ、シーバス、その他)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・水産養殖の主要5か国:魚種類別(ポンパノ、スナッパー、 …
  • 可変冷媒流量制御(VRF)システムの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、可変冷媒流量制御(VRF)システムの世界市場について調べ、可変冷媒流量制御(VRF)システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、可変冷媒流量制御(VRF)システムの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(商業、家庭、その他)、)と地域別(グロー …
  • 電気ヒューズの世界市場2019-2026
    本資料は、電気ヒューズの世界市場について調べ、電気ヒューズの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(電源ヒューズ及びヒューズリンク、配電用カットアウト、カートリッジ及びプラグヒューズ)分析、電圧範囲別(低電圧及び中電圧)分析、エンドユーザー別(ユーティリティ、住宅、商業、産業、輸送)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中 …
  • ヨーロッパのEV充電ステーション市場予測・分析2020-2024
  • ロールフォーミングマシンの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ロールフォーミングマシンの世界市場について調べ、ロールフォーミングマシンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ロールフォーミングマシンの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(自動車産業、製造産業、建設産業)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様