"ハイブリッド鉄道車両の世界市場2019-2026:推進タイプ、用途別、地域別" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ハイブリッド鉄道車両の世界市場2019-2026:推進タイプ、用途別、地域別...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

Chapter 1. Executive Summary
1.1. Market Snapshot
1.2. Global & Segmental Market Estimates & Forecasts, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.1. Hybrid Train Market, by Region, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.2. Hybrid Train Market, by Propulsion Type, 2017-2026 (USD Billion)
1.2.3. Hybrid Train Market, by Application, 2017-2026 (USD Billion)
1.3. Key Trends
1.4. Estimation Methodology
1.5. Research Assumption
Chapter 2. Global Hybrid Train Market Definition and Scope
2.1. Objective of the Study
2.2. Market Definition & Scope
2.2.1. Scope of the Study
2.2.2. Industry Evolution
2.3. Years Considered for the Study
2.4. Currency Conversion Rates
Chapter 3. Global Hybrid Train Market Dynamics
3.1. Hybrid Train Market Impact Analysis (2018-2026)
3.1.1. Market Drivers
3.1.2. Market Challenges
3.1.3. Market Opportunities
Chapter 4. Global Hybrid Train Market Industry Analysis
4.1. Porter’s 5 Force Model
4.1.1. Bargaining Power of Suppliers
4.1.2. Bargaining Power of Buyers
4.1.3. Threat of New Entrants
4.1.4. Threat of Substitutes
4.1.5. Competitive Rivalry
4.1.6. Futuristic Approach to Porter’s 5 Force Model (2016-2026)
4.2. PEST Analysis
4.2.1. Political
4.2.2. Economical
4.2.3. Social
4.2.4. Technological
4.3. Investment Adoption Model
4.4. Analyst Recommendation & Conclusion
Chapter 5. Global Hybrid Train Market, by Propulsion Type
5.1. Market Snapshot
5.2. Global Hybrid Train Market by Propulsion Type, Performance – Potential Analysis
5.3. Global Hybrid Train Market Estimates & Forecasts by Propulsion Type 2016-2026 (USD Billion)
5.4. Hybrid Train Market, Sub Segment Analysis
5.4.1. Battery powered
5.4.2. Electro Diesel
5.4.3. CNG
5.4.4. Solar powered
5.4.5. Hydrogen powered
Chapter 6. Global Hybrid Train Market, by Application
6.1. Market Snapshot
6.2. Global Hybrid Train Market by Application, Performance – Potential Analysis
6.3. Global Hybrid Train Market Estimates & Forecasts by Application 2016-2026 (USD Billion)
6.4. Hybrid Train Market, Sub Segment Analysis
6.4.1. Passenger
6.4.2. Freight
Chapter 7. Global Hybrid Train Market, Regional Analysis
7.1. Hybrid Train Market, Regional Market Snapshot
7.2. North America Hybrid Train Market
7.2.1. U.S. Hybrid Train Market
7.2.1.1. Propulsion Type breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
7.2.1.2. Application breakdown estimates & forecasts, 2016-2026
7.2.2. Canada Hybrid Train Market
7.3. Europe Hybrid Train Market Snapshot
7.3.1. U.K. Hybrid Train Market
7.3.2. Germany Hybrid Train Market
7.3.3. Rest of Europe Hybrid Train Market
7.4. Asia-Pacific Hybrid Train Market Snapshot
7.4.1. China Hybrid Train Market
7.4.2. India Hybrid Train Market
7.4.3. Japan Hybrid Train Market
7.4.4. Rest of Asia Pacific Hybrid Train Market
7.5. Latin America Hybrid Train Market Snapshot
7.5.1. Brazil Hybrid Train Market
7.5.2. Mexico Hybrid Train Market
7.6. Rest of The World Hybrid Train Market

Chapter 8. Competitive Intelligence
8.1. Top Market Strategies
8.2. Company Profiles
8.2.1. CRRC
8.2.1.1. Key Information
8.2.1.2. Overview
8.2.1.3. Financial (Subject to Data Availability)
8.2.1.4. Product Summary
8.2.1.5. Recent Developments
8.2.2. Kawasaki heavy industries
8.2.3. Siemens
8.2.4. General Electric
8.2.5. Hyundai Rotem
8.2.6. Toshiba
8.2.7. Hitachi
8.2.8. Toyota
8.2.9. Cummins
8.2.10. Alstom
Chapter 9. Research Process
9.1. Research Process
9.1.1. Data Mining
9.1.2. Analysis
9.1.3. Market Estimation
9.1.4. Validation
9.1.5. Publishing
9.2. Research Attributes
9.3. Research Assumption


■ 説 明 ■

Global Hybrid Train market is valued approximately 5180 units in 2018 and is anticipated to grow with a growth rate of more than 4.8% over the forecast period 2019-2026. A hybrid train are said as locomotive, railcar or train that takes an onboard Rechargeable Energy Storage System (RESS) and it is kept in between the traction transmission system and power source that is directly connect to the wheels. The increasing demand for comfort and safety, rising demand for the energy efficient transport and public transport as a means of reducing traffic congestion are the factors that driving the growth of market over the forecast years. However, refurbishment of existing trains and capital-intensive nature of trains hinder the growth of market over the upcoming years. Whereas, big data application in the train industry and rise in industrial and mining activity is a lucrative growth opportunity for the market growth. The hydrogen trains that works on hydrogen fuel cells are consider as true eco-friendly train. Hydrogen trains doesn’t work on the duel fuel system that helps in providing complete pollution-free and noise free operation helps in achieving emission free train. For instance: Alstom coupled with Eversholt rail has launched the first ever hydrogen fuel cell powered train in the Germany. Thus, the stringent regulations regarding use of energy efficient transport propel the growth of market over the forecast years. Additionally, the use of big data in rail transport enables data capture by contact-less readers, based on RFID technology and detect the position of the passengers. The number of passengers travelling in the train, their routes and distribution time are detected through big data analytics. Also, use of big data in railway safety includes collection of data with automatic systems and enables ad-hoc monitoring activities that includes audits, human observation and manual reporting etc. thus, the implementation of big data analytics in the railways for safety purpose and keeping check on passengers information is expected as lucrative growth opportunity for the growth of market.

The regional analysis of global Hybrid Train market is considered for the key regions such as Asia Pacific, North America, Europe, Latin America and Rest of the World. The Asia-pacific region is dominating the market of hybrid train market owing to the rising demand of ecofriendly train for the purpose of reducing pollution and increasing adoption of energy efficient train are the factors propel the growth of market over the forecast years. Additionally, the rapid growth of China’s economy to rise the expansion of the train network in improving the transportation system propel the growth of market. Europe is second largest market sharer in the hybrid train market followed by the Asia pacific owing to the increasing concern of government toward carbon emission.

Market player included in this report are:
CRRC
Kawasaki heavy industries
Siemens
General Electric
Hyundai Rotem
Toshiba
Hitachi
Toyota
Cummins
Alstom

The objective of the study is to define market sizes of different segments & countries in recent years and to forecast the values to the coming eight years. The report is designed to incorporate both qualitative and quantitative aspects of the industry within each of the regions and countries involved in the study. Furthermore, the report also caters the detailed information about the crucial aspects such as driving factors & challenges which will define the future growth of the market. Additionally, the report shall also incorporate available opportunities in micro markets for stakeholders to invest along with the detailed analysis of competitive landscape and product offerings of key players. The detailed segments and sub-segment of the market are explained below:

By Propulsion type:

Battery powered
Electro diesel
CNG
Solar Powered
Hydrogen powered

By Application:

Passenger
Freight

By Regions:
North America
U.S.
Canada
Europe
UK
Germany
Asia Pacific
China
India
Japan
Latin America
Brazil
Mexico
Rest of the World

Furthermore, years considered for the study are as follows:

Historical year – 2016, 2017
Base year – 2018
Forecast period – 2019 to 2026

Target Audience of the Global Hybrid Train Market in Market Study:

Key Consulting Companies & Advisors
Large, medium-sized, and small enterprises
Venture capitalists
Value-Added Resellers (VARs)
Third-party knowledge providers
Investment bankers
Investors


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】ハイブリッド鉄道車両の世界市場2019-2026:推進タイプ、用途別、地域別
【英語】Global Hybrid Train Market Size study, by Propulsion type (Battery powered, Electro diesel, CNG, Solar Powered and Hydrogen powered), Application (Passenger and Freight) and Regional Forecasts 2019-2026

【発行日】2019年11月28日
【発行会社】Bizwit Research & Consulting
【商品コード】BZW9DC024
【調査対象地域】グローバル、日本、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、中国、インド、ブラジル、メキシコ
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
ハイブリッド鉄道車両の世界市場2019-2026:推進タイプ、用途別、地域別...市場動向/規模/将来展望...


  • 複合絶縁パネルの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、複合絶縁パネルの世界市場について調査・分析し、複合絶縁パネルの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別複合絶縁パネルシェア、市場規模推移、市場規模予測、複合絶縁パネル種類別分析(EPSパネル、PUR/PIRパネル、ミネラル/ガラスウールパネル、その他)、複合絶縁パネル用途別分析(壁建設、屋根建設、冷蔵、その他)、主要地域分析(北米、欧州、ア …
  • ポリカーボネートジオールの世界市場予測:フォーム別、分子量別、用途別
    MarketsandMarkets社は、ポリカーボネートジオールの世界市場規模が2019年200百万ドルから2024年255百万ドルまで年平均5.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、ポリカーボネートジオールの世界市場について調査・分析し、市場概要、業界動向、分子量別(1,000 G / Mol未満、1000 G / Mol – 2,000 G …
  • 世界の植物ゲノム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の植物ゲノム市場が2018年61.8憶ドルから2027年144.9憶ドルまで年平均9.9%成長すると予測しています。当資料では植物ゲノムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(遺伝子工学、分子工学、ゲノム編集、その他)分析、目的別(ジェノタイピング、デオキシリボ核酸 …
  • モバイルマーケティングの世界市場2019-2026:ソリューション別、企業規模別、エンドユーザー別
    本調査レポートでは、モバイルマーケティングの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、ソリューション別(モバイルウェブ、SMS、ロケーションベースマーケティング、QRコード、その他)分析、企業規模別(中小企業、大企業)分析、エンドユーザー別(小売、メディア&エンターテイメント、自動車、ヘルスケア、その他)分析、地域別 …
  • 拡張現実(AR)の世界市場分析:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、ディスプレイ別(頭部装着型ディスプレイ、ヘッドアップディスプレイ、スマートグラス)、用途別(航空宇宙/防衛、医療、ゲーム、産業、自動車、Eコマース、小売)、セグメント予測
    本調査レポートでは、拡張現実(AR)の世界市場について調査・分析し、拡張現実(AR)の世界市場動向、拡張現実(AR)の世界市場規模、市場予測、セグメント別拡張現実(AR)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 産業用冷凍装置の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、産業用冷凍装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、装置(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター)分析、冷媒タイプ(アンモニア、CO2、HFC)分析、産業(果物・野菜加工、飲料、冷凍倉庫)分析、産業用冷凍装置の世界市場規 …
  • ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場:タイプ別(ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上)、用途別(整形外科、歯科、形成外科、その他)、地域別予測
    本資料は、ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界市場について調べ、ヒドロキシアパタイト(HAp)の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ナノサイズ、マイクロサイズ、マイクロメートル以上)分析、用途別(整形外科、歯科、形成外科、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、企業別市場シェア(入手可能な場合)、バ …
  • ワークスペース・デリバリ・ネットワークの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、ワークスペース・デリバリ・ネットワークの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ワークスペース・デリバリ・ネットワークの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 酢酸セルロースの世界市場2019-2026
    本資料は、酢酸セルロースの世界市場について調べ、酢酸セルロースの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(繊維及びプラスチック)分析、用途別(たばこフィルター、テキスタイル及びアパレル、写真フィルム及びテープ及びラベル)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イント …
  • 施設管理サービスの北米市場2018-2022
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、施設管理サービスの北米市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、施設管理サービスの北米市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • Eコマースパッケージングのアジア市場
    当調査レポートでは、Eコマースパッケージングのアジア市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Eコマースパッケージングのアジア市場規模及び予測、種類別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • フランスの二塩化エチレン(EDC)市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • 車載情報機器の世界市場予測(~2022年):情報ユニット、コントロールパネル、HUD、TCU
    当調査レポートでは、車載情報機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、構成品別分析、種類別分析、サービス別分析、地域別分析、車載情報機器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • エンタープライズ製造インテリジェンス(EMI)の世界市場予測(~ 2022)
    当調査レポートでは、エンタープライズ製造インテリジェンス(EMI)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、導入形態別分析、提供形態別分析、需要先別分析、地域別分析、エンタープライズ製造インテリジェンス(EMI)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業 …
  • 世界のeClinicalソリューション市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のeClinicalソリューション市場が2018年50.6憶ドルから2027年175.1憶ドルまで年平均14.8%成長すると予測しています。当資料では、eClinicalソリューションについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、デリバリーモデル別(クラウドベース(SaaS)ソリ …
  • コルヒチンの世界市場2016
    当調査レポートでは、コルヒチンの世界市場について調査・分析し、コルヒチンの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるコルヒチンのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・コルヒチンの用途 ・コルヒチンの製造プロセス ・コルヒチンの関連特許 ・コルヒチンの …
  • データセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの世界市場:データセンターオペレーター、通信サービスプロバイダー、インターネットコンテンツプロバイダー、政府、金融サービスプロバイダー、他のオペレーター種類
    Technavio社の本調査レポートでは、データセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの世界市場について調べ、データセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、データセンターバックアップ・リカバリソフトウェアの市場規模をセグメンテーション別(オペレーター種類 …
  • タブレットPCの世界市場分析・予測
  • デジタルテキスタイル印刷の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、デジタルテキスタイル印刷の世界市場について調査・分析し、デジタルテキスタイル印刷の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別デジタルテキスタイル印刷シェア、市場規模推移、市場規模予測、デジタルテキスタイル印刷種類別分析(反応染料インク、酸性インク、塗料インク、分散・昇華型インク)、デジタルテキスタイル印刷用途別分析(アパレル産業、テキスタイル …
  • 再生不良性貧血(Aplastic Anemia):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における再生不良性貧血(Aplastic Anemia)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、再生不良性貧血(Aplastic Anemia)治療薬開発に …
  • 航空機用射出座席の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、航空機用射出座席の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、航空機用射出座席の世界市場規模及び予測、用途別分析、製品別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • カルボヒドラーゼの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、カルボヒドラーゼの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、カルボヒドラーゼ市場規模、用途別(飲食料品、動物用飼料、医薬品、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・カルボヒドラー …
  • 膿痂疹(Impetigo):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における膿痂疹(Impetigo)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、膿痂疹(Impetigo)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供しています。 ・ …
  • テキスト読み上げ(TTS)の世界市場予測(~2022年)
    当調査レポートでは、テキスト読み上げ(TTS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、産業別分析、地域別分析、テキスト読み上げ(TTS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 断熱コンクリートフォームの世界市場:タイプ別(ポスト・リンテルシステム、フラットウォールシステム、グリッドウォールシステム)、材料別(ポリウレタン、発泡ポリスチレン)、産業別(非住宅、住宅)、地域別予測
    本資料は、断熱コンクリートフォームの世界市場について調べ、断熱コンクリートフォームの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(ポスト・リンテルシステム、フラットウォールシステム、グリッドウォールシステム)分析、材料別(ポリウレタン、発泡ポリスチレン)分析、産業別(非住宅、住宅)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規 …
  • 持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:インサイト、市場機会、市場シェア、市場予測
    本調査レポートでは、持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場について調査・分析し、市場インサイト、市場機会、市場シェア、市場規模予測などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:イントロダクション ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:市場概観 ・持続的腎機能代替療法(CRRT)の世界市場:市場動向(促進 …
  • マーケティング分野におけるAI(人工知能)の世界市場予測(~2025年):提供品別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、技術別(機械学習、コンテキスト・アウェア・コンピューティング、NLP、コンピュータビジョン)、展開タイプ別、用途別、エンドユーザー産業別、地域別
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、マーケティング用AIの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別分析、セグメント別分析、地域別分析、マーケティング用AIの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。 ・イントロダクション ・調査手法 …
  • ストレス・テストの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、ストレス・テストの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、ストレス・テストの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 合成生物学(構成生物学)の世界市場予測(~2022年):ツール、技術、用途、産業
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、合成生物学(構成生物学)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、ツール別分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、合成生物学(構成生物学)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • LEDビルボードの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、LEDビルボードの世界市場について調査・分析し、LEDビルボードの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別LEDビルボードシェア、市場規模推移、市場規模予測、LEDビルボード種類別分析(単色ベースカラー、二色ベースカラー、フルカラー)、LEDビルボード用途別分析(室内用、室外用)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含 …
  • 特殊水処理薬品の世界市場見通し2016-2022
    当調査レポートでは、特殊水処理薬品の世界市場について調査・分析し、特殊水処理薬品の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・特殊水処理薬品の世界市場:市場動向分析 ・特殊水処理薬品の世界市場:競争要因分析 ・特殊水処理薬品の世界市場:用途別分析/市場規模 ・特殊水処理薬品の世界市場:種 …
  • 自動車用電子制御制動力配分システム(EBD)の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用電子制御制動力配分システム(EBD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用電子制御制動力配分システム(EBD)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場
    当調査レポートでは、エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場について調査・分析し、エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場:市場動向分析 - エレクトロクロミックガラスおよび機器の世界市場 …
  • 重質炭酸カルシウムの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、重質炭酸カルシウムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、重質炭酸カルシウムの世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 炭酸カルシウムは、無機化合物です。炭酸カルシウムは …
  • 子宮内膜症の疫学的予測
    当調査レポートでは、子宮内膜症の疫学的市場予測について調査・分析し、以下の構成でお届けいたします。 ・イントロダクション ・子宮内膜症の概要 ・リスク要因及び併存症 ・主要地域の動向 ・疫学的予測方法 ・子宮内膜症の疫学的予測結果(有病率など) ・考察(結論、分析の限界・強み)
  • オンデマンドオンライン食品配達サービスの世界市場2017-2021:注文中心、物流中心
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、オンデマンドオンライン食品配達サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オンデマンドオンライン食品配達サービスの世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報 …
  • 自動車サイバーセキュリティーの世界市場2016-2021
    当調査レポートでは、自動車サイバーセキュリティーの世界市場について調査・分析し、自動車サイバーセキュリティーの世界市場規模、市場動向、市場予測、市場環境分析、専門家の見解、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 1. レポート概要 2. 自動車サイバーセキュリティ市場の概要 3. 自動車サイバーセキュリティの世界市場2016-2021 4. …
  • 再生プラスチックの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、再生プラスチックの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、再生プラスチック市場規模、製品種類別(PET (ポリエチレンテレフタレート)、再生HDPE (高密度ポリエチレン)、再生PP (ポリプロピレン)、再生LDPE (低密度ポリエチレン) 、その他)分析、最終用途別(非食品用接触包装、食品用接触包装、建設、自動車、その他)分析 …
  • スタジアム照明の世界市場予測(~2023年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、スタジアム照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、光源別(LED、HID、HPS、インダクション)分析、提供別(ランプ・照明器具、制御システム、サービス)分析、ソリューションセットアップ別(屋内、屋外)分析、 …
  • HDPEパッケージングの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、HDPEパッケージングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、HDPEパッケージングの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 骨壊死症(Osteonecrosis):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における骨壊死症(Osteonecrosis)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、骨壊死症(Osteonecrosis)治療薬開発に取り組んでいる企業情 …
  • 着色剤の世界市場予測(~2022年):種類(染料、色素、マスターバッチ、カラーコンセントレート )、産業(包装、建築・建設、自動車、テキスタイル、紙・印刷)、地域別分析
    当調査レポートでは、着色剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、着色剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 日本のスチレン市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • Epedigreeソフトウェアの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、Epedigreeソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、Epedigreeソフトウェアの世界市場規模及び予測、技術別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 農薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、農薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、農薬の世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。 農薬は、農作物の成長を促進し、病気や害虫から農作物を守る …
  • 世界の赤外線式モーションセンサ市場2015
    本調査レポートでは、世界の赤外線式モーションセンサ市場2015について調査・分析し、赤外線式モーションセンサの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析な …
  • リアルタイム位置測位システム(RTLS)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、リアルタイム位置測位システム(RTLS)の世界市場について調査・分析し、リアルタイム位置測位システム(RTLS)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別リアルタイム位置測位システム(RTLS)シェア、市場規模推移、市場規模予測、リアルタイム位置測位システム(RTLS)種類別分析(RFID、Wi-Fi、超音波、赤外線、ZigBee、超広帯域 …
  • 減塩加工包装食品の世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、減塩加工包装食品の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、減塩加工包装食品市場規模、製品別(スナック、肉、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・減塩加工包装食品の世界市場概要 …
  • ビデオ監視の世界市場:システム(アナログ、IP)、構成品(カメラ、モニター、サーバー、ストレージデバイス、ソフトウェア)、サービス(VSaaS、メンテナンス)、用途、地域別分析
    当調査レポートでは、ビデオ監視の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、システム別分析、構成要素別分析、サービス別分析、用途別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IT監視ツールの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、IT監視ツールの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、IT監視ツール市場規模、製品別(ITOA、ITIM、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査手法 ・IT監視ツールの世界市場概要 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

ハイブリッド鉄道車両の世界市場2019-2026:推進タイプ、用途別、地域別、市場動向、市場規模、将来展望