"酸化亜鉛の世界市場予測:プロセス別、グレード別、用途別" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
酸化亜鉛の世界市場予測:プロセス別、グレード別、用途別...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 15)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Zinc Oxide Market Segmentation
2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Supply-Side Analysis
2.2.2 Demand-Side Analysis
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 23)
4 Premium Insights (Page No. – 26)
4.1 Attractive Opportunities in the Zinc Oxide Market
4.2 Zinc Oxide Market in APAC
4.3 Zinc Oxide Market, By Country
5 Market Overview (Page No. – 28)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Large Scale and Growing Demand From the Rubber Industry
5.2.1.2 Lack of Suitable Alternative in the Critical Application Areas of Zinc Oxide
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 The Slowdown in the Global Automotive Production
5.2.2.2 Fluctuation in the Price of Zinc
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Growing Demand for Zinc Oxide Nanoparticles
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Ban on the Usage of Zinc Oxide in Various Applications
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Suppliers
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Threat of Substitutes
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 YC, YCC Drivers
5.5 Zinc Oxide Patent Analysis
5.5.1 Inferences
5.5.2 Top Assignees
6 Zinc Oxide Market, By Process (Page No. – 36)
6.1 Introduction
6.2 Direct Process (American Process)
6.2.1 Limitations on Product Purity are Hampering the Growth of This Process in the Zinc Oxide Market
6.3 Indirect Process (French Process)
6.3.1 The French Process to Dominate the Global Zinc Oxide Market During the Forecast Period
6.4 Wet-Chemical Process
6.4.1 Zinc Oxide Manufactured By This Process is Expected to Witness A Higher Growth During the Forecast Period Due to Its Enhanced Properties
7 Zinc Oxide Market, By Grade (Page No. – 40)
7.1 Introduction
7.2 Standard Grade
7.2.1 Standard Grade Accounted for the Largest Share of the Global Zinc Oxide Market
7.3 Treated Grade
7.3.1 Treated Grade Zinc Oxide is Projected to Grow at A Relatively Slower Rate During the Forecast Period
7.4 United States Pharmacopeia (USP) Grade
7.4.1 Stringent Regulations on the Heavy Metal Content to Drive This Product Grade in the Global Market
7.5 Food and Chemical Codex (FCC) Grade
7.5.1 Regulations to Hamper the Growth of the FCC Grade in the Coming Years
7.6 Others
7.6.1 The Middle East and Africa is Expected to Be the Fastest-Growing Market for Other Grades of Zinc Oxide, in Terms of Value
8 Zinc Oxide Market, By Application (Page No. – 46)
8.1 Introduction
8.2 Rubber
8.2.1 Rubber is Expected to Be the Largest Application of Zinc Oxide
8.3 Ceramics
8.3.1 APAC is Expected to Be the Largest Market for the Ceramics Application
8.4 Chemicals
8.4.1 Growing Demand From End-Use Industries of Zinc Oxide-Based Chemicals is Expected to Drive the Market for This Application
8.5 Agriculture
8.5.1 South America is Expected to Be the Fastest-Growing Region for the Agriculture Application
8.6 Pharmaceuticals
8.6.1 Growing Awareness About the Advantages of the Use of Zinc Oxide is Expected to Drive the Market
8.7 Cosmetics and Personal Care
8.7.1 The Middle East and Africa is Expected to Be the Fastest-Growing Market for This Application During the Forecast Period
8.8 Others
8.8.1 Electrical & Electronics Application is Expected to Be the Major Driver in This Segment
9 Zinc Oxide Market, By Region (Page No. – 56)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US is the Largest Market for Zinc Oxide in North America
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Automotive to Be the Dominant End-Use Industry of Zinc Oxide in Canada
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Growing Tire Industry to Lead the Zinc Oxide Market in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 France
9.3.1.1 Rubber Application to Drive the Demand for Zinc Oxide in France
9.3.2 UK
9.3.2.1 The Demand for Zinc Oxide is Projected to Be Slow During the Forecast Period
9.3.3 Russia
9.3.3.1 Growing Tire Manufacturing to Drive the Demand for Zinc Oxide in the Country
9.3.4 Germany
9.3.4.1 Stagnant Demand From the Application Areas is Affecting the Growth of the Zinc Oxide Market in the Country
9.3.5 Italy
9.3.5.1 Growth of Zinc Oxide Market Will Be Driven By the Tire Industry
9.3.6 Spain
9.3.6.1 Slow Growth in the Manufacturing of Tire and Ceramic Products Will Affect the Market for Zinc Oxide
9.3.7 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 China is the Largest Market for Zinc Oxide in APAC
9.4.2 India
9.4.2.1 Increase in Demand for Tires is Expected to Drive the Market for Zinc Oxide
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Japan is the Second-Largest Market for Zinc Oxide in the Region
9.4.4 Rest of APAC
9.4.4.1 Increasing Demand From Countries in the Region Will Drive the Market
9.5 Middle East & Africa
9.5.1 South Africa
9.5.1.1 Increasing Investment to Drive the Demand for Zinc Oxide During the Forecast Period
9.5.2 Iran
9.5.2.1 Investment in Tire Manufacturing to Drive the Demand for Zinc Oxide in Iran During the Forecast Period
9.5.3 UAE
9.5.3.1 Setting Up of Greenfield Plant for Tire Production Will Drive the Market for Zinc Oxide During the Forecast Period
9.5.4 Rest of Middle East & Africa
9.5.4.1 Investment in Rubber and Ceramic Industries By the Government is Expected to Drive the Market During the Forecast Period
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 The Growing Capacity of Tire Production Will Drive the Market
9.6.2 Argentina
9.6.2.1 Economic Difficulties are Expected to Hinder the Growth of the Market
9.6.3 Rest of South America
9.6.3.1 Zinc Oxide Market in This Region is Projected to Grow at A Relatively Slow Rate During the Forecast Period
10 Company Profiles (Page No. – 94)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and Winning Imperative)*
10.1 US Zinc
10.2 Zochem
10.3 Everzinc
10.4 ZM Silesia SA
10.5 Lanxess
10.6 Akrochem Corporation
10.7 Rubamin
10.8 Pan-Continental Chemical
10.9 J.G. Chemicals
10.10 Upper India
10.11 Suraj Udyog
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, and Winning Imperative Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
10.12 Other Key Players
10.12.1 Global Chemical Company Ltd.
10.12.2 American Zinc Recycling
10.12.3 Arabian Zinc
10.12.4 Uttam Industries
10.12.5 L. Brügge­Mann GmbH
10.12.6 Silox
10.12.7 Seyang
10.12.8 Nahar Zinc Oxide
10.12.9 Weifang Longda Zinc Industry
10.12.10 Norzinco
11 Appendix (Page No. – 112)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Related Reports
11.4 Author Details


■ 説 明 ■

“The large-scale and growing demand from rubber application is driving the market, globally.”
The global zinc oxide market size is estimated to grow from USD 4.4 billion in 2019 and to USD 5.7 billion by 2024, at a CAGR of 5.4% during the forecast period. The market is driven by the large-scale and growing use of zinc oxide (ZnO) in application areas such as rubber and ceramics manufacturing. The growth of these end-use industries is expected to augment the growth of the global zinc oxide industry.

“The wet-chemical process segment is projected to register the highest CAGR during the forecast period.”
The wet-chemical process is projected to grow the fastest among the procedures used for manufacturing ZnO. Though the wet-chemical process is relatively complex in comparison with others, it enables the manufacturing of ZnO with finer particle size and active grades. The active grade helps the end-users to reduce the dosage of applications (between 40-70%). These factors are projected to boost the wet-chemical process.

“The rubber application segment is expected to be the largest application of ZnO during the forecast period.”
Rubber accounted for the majority of the global zinc oxide market share in 2018. ZnO is used as an activator in the vulcanization of rubber due to its superior properties. Vulcanization is the process of converting rubber into a more durable product. ZnO adds many features to the rubber, such as resistance against heat, and protects from ultraviolet degradation.
Tire manufacturing is the end-use industry that requires a very high amount of ZnO for durability and high heat conductivity because of the heat generated in tires during high speed. Also, there has been no substitute found to replace ZnO in the rubber application. These factors are driving the demand for ZnO in this application segment

“The Middle East & Africa is projected to be the fastest-growing market during the forecast period.”
The Middle East & Africa is projected to be the fastest-growing zinc oxide market during the forecast period. Increasing investment in aiding the establishment of new manufacturing facilities is driving the demand for ZnO in the region.
Extensive primary interviews were conducted to determine and verify the market size of several segments and subsegments and information gathered through secondary research.

The breakup of primary interviews is given below:
• By Company Type: Tier 1 – 60%, Tier 2 – 30%, and Tier 3 – 10%
• By Designation: C level –50%, Director Level – 40%, and Others – 10%
• By Region: Europe – 22%, APAC – 56%, Americas – 11%, Middle East & Africa – 11%

The leading players in the zinc oxide market are US Zinc (US), Zochem (US), EverZinc (Belgium), ZM Silesia (Poland), Akrochem (South Africa), Rubamin (India), Pan-Continental Chemical (Taiwan), J.G. Chemicals (India), Upper India (India), and Suraj Udyog (India).

Research Coverage:
This research report categorizes the zinc oxide market based on process, grade, application, and region. The report includes detailed information regarding the major factors such as drivers, restraints, challenges, and opportunities, influencing the growth of the market. A detailed analysis of the key industry players has been done to provide insights into business overviews, products, and key strategies associated with the market.

Key Benefits of Buying the Report
The report will help leaders/new entrants in this market in the following ways:
1. This report segments the zinc oxide market comprehensively and provides the closest approximations of market sizes for the overall market and subsegments across verticals and regions.

2. The report will help stakeholders understand the pulse of the market and provide them with information on the key market drivers, restraints, challenges, and opportunities.

3. This report will help stakeholders understand the major competitors and gain insights to enhance their position in the business.


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】酸化亜鉛の世界市場予測:プロセス別、グレード別、用途別
【英語】Zinc Oxide Market by Process (French Process, Wet Process, American Process), Grade (Standard, Treated, USP, FCC), Application (Rubber, Ceramics, Chemicals, Agriculture, Cosmetics & Personal Care, Pharmaceuticals), Region - Global Forecast to 2024

【発行日】2019年11月20日
【発行会社】MarketsandMarkets
【商品コード】CH 3664
【調査対象地域】グローバル
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
酸化亜鉛の世界市場予測:プロセス別、グレード別、用途別...市場動向/規模/将来展望...


  • 時間計測器の世界市場予測(~2022):振動子、共振器、クロック発生器、クロックバッファ、ジッタアッテネータ
    当調査レポートでは、時間計測器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、種類別分析、材料別分析、応用分野別分析、地域別分析、時間計測器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 整形外科用副子の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、整形外科用副子の世界市場について調査・分析し、整形外科用副子の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別整形外科用副子シェア、市場規模推移、市場規模予測、整形外科用副子種類別分析(繊維ガラス、ポリエステル、その他)、整形外科用副子用途別分析(病院、整形外科クリニック)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成 …
  • 薬剤注入ポンプの世界市場予測(~2023年):製品、用途、エンドユーザー、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、薬剤注入ポンプの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、製品別分析、用途別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、薬剤注入ポンプの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 呼気検査機の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、呼気検査機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、呼気検査機の世界市場規模及び予測、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • タンクコンテナ輸送の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、タンクコンテナ輸送の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、タンクコンテナ輸送の世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はタンクコンテナ輸送の世界市場が2017-202 …
  • WaaS(ワークスペース・サービス)の世界市場
    当調査レポートでは、WaaS(ワークスペース・サービス)の世界市場について調査・分析し、WaaS(ワークスペース・サービス)の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • 脂肪酸エステルの世界市場:モノステアリン酸グリセリン、パルミチン酸イソプロピル、中鎖脂肪酸トリグリセリド
    当調査レポートでは、脂肪酸エステルの世界市場について調査・分析し、市場動向、市場規模、市場予測、企業動向などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・市場動向分析 ・ファイブフォース分析(市場環境分析) ・脂肪酸エステルの世界市場:製品別分析/市場規模 ・脂肪酸エステルの世界市場:用途別分析/市場規模 ・脂肪酸エステルの世界 …
  • チェコの心臓血管補綴装置市場見通し
  • 網膜手術装置の世界市場
    当調査レポートでは、網膜手術装置の世界市場について調査・分析し、網膜手術装置の世界市場概要、市場動向、市場規模、主要地域別分析、関連企業情報などをお届けいたします。
  • トール油脂肪酸の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、トール油脂肪酸の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、トール油脂肪酸の世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。Technavio社はトール油脂肪酸の世 …
  • プロバイオティクス材料の南米アメリカ市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、プロバイオティクス材料の南米アメリカ市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、プロバイオティクス材料の南米アメリカ市場規模及び予測、用途別分析、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。Technavio社はプロバイオティクス材 …
  • 狙撃探知システムの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、狙撃探知システムの世界市場について調査・分析し、狙撃探知システムの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別狙撃探知システムシェア、市場規模推移、市場規模予測、狙撃探知システム種類別分析(音響センサ、光センサー)、狙撃探知システム用途別分析(車両、固定/地上設置、ヘリコプター、軍人)、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを …
  • 多要素認証(MFA)の世界市場見通し2016-2022:2要素認証、3要素認証、4要素認証、5要素認証
    当調査レポートでは、多要素認証(MFA)の世界市場について調査・分析し、多要素認証(MFA)の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・序文 ・多要素認証(MFA)の世界市場:市場動向分析 ・多要素認証(MFA)の世界市場:競争要因分析 ・多要素認証(MFA)の世界市場:モデル別分析/市場規模 …
  • 顔認証の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、顔認証の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、顔認証の世界市場規模及び予測、用途別分析、技術別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、購買基準、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。 顔認証技術は、個人を識別するために使用される技術です、顔認証シス …
  • ギラン・バレー症候群(Guillain-Barre Syndrome):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界におけるギラン・バレー症候群(Guillain-Barre Syndrome)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、ギラン・バレー症候群(Guillain …
  • 協働ロボットの世界市場:ペイロード容量別、用途別(アセンブリ、ハンドリング、パッケージング、品質テスト)、業種別
    Grand View Research社は、協働ロボットの世界市場規模が年平均44.5%成長して2025年まで101.4億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、協働ロボットの世界市場について調査・分析し、協働ロボットの世界市場動向、協働ロボットの世界市場規模、市場予測、ペイロード容量別分析、業種別分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報な …
  • オーストリアの心臓補助装置市場見通し
  • 顧客経験管理(CEM)の世界市場予測(~2022年):タッチポイント(企業ウェブサイト、店、ウェブ、コールセンター)、産業、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、顧客経験管理(CEM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、タッチポイント別分析、産業別分析、地域別分析、顧客経験管理(CEM)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の主要な先進運転支援システム(ADAS)企業分析2016
  • エトキシレートの世界市場2019-2026:タイプ別、最終用途産業別
    本調査レポートでは、エトキシレートの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、タイプ別(アルコールエトキシレート、脂肪族アミンエトキシレート、メチルエステルエトキシレート&グリセライドエトキシレート)分析、最終用途産業別(家庭用品、パーソナルケア、医薬品、農薬、油田化学品など)分析、地域別分析、競争状況などで構成され …
  • NANDフラッシュメモリの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、NANDフラッシュメモリの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、NANDフラッシュメモリの世界市場規模及び予測、種類別分析、用途別分析、技術別分析、市場シェア、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • パイプライン管理用IoTの世界市場2017-2021:資産モニタリング、予知保全、漏出探知、遠隔モニタリング
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、パイプライン管理用IoTの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、パイプライン管理用IoTの世界市場規模及び予測、用途別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたしま …
  • 分散型温度センシング(DTS)の世界市場予測(~2022)
    当調査レポートでは、分散型温度センシング(DTS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、ファイバー種類別分析、用途別分析、地域別分析、分散型温度センシング(DTS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします …
  • チケットの世界市場予測・分析:由来別、イベント種類別
    Technavio社の本調査レポートでは、チケットの世界市場について調べ、チケットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、チケットの市場規模をセグメンテーション別(由来別(一番目、二番目)、イベント種類別(スポーツイベント、映画、コンサート、舞台芸術)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。 …
  • 湿疹治療薬の世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、湿疹治療薬の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、疾患別(アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、その他)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規 …
  • オピオイド誘発性便秘治療薬のアジア太平洋市場
  • カナダのカプロラクタム市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • 世界のクラウンクロージャー市場2014-2018及び機会分析2019-2027
  • チオジグリコールの世界市場2016
    当調査レポートでは、チオジグリコールの世界市場について調査・分析し、チオジグリコールの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるチオジグリコールのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・チオジグリコールの用途 ・チオジグリコールの製造プロセス ・チオジ …
  • 高温計の世界市場
    当調査レポートでは、高温計の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、高温計の世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • クラウドコンピューティングの世界市場:インサイト、機会分析、市場シェア、予測
  • 世界のデジタルホログラフィ市場予測2024年:提供別、用途別、業種別、技術別、プロセス別、地域別
    MarketsandMarkets社は、デジタルホログラフィの世界市場規模が2019年22億ドルから2024年54億ドルまで年平均19.8%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のデジタルホログラフィ市場を広く調査・分析し、市場概要、業界分析、プロセス種類別(軸外ホログラフィ、インライン(ガボール)ホログラフィ、その他)分析、提供別(ハードウェア …
  • 断熱ガラス(複層ガラス)の世界市場2017-2021
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、断熱ガラス(複層ガラス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、断熱ガラス(複層ガラス)の世界市場規模及び予測、用途別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたしま …
  • ウシ胎児血清(FMS)の世界市場:用途別(バイオ医薬品、細胞培養、ヒト・動物用ワクチン生産、その他)、エンドユーザー別(バイオテクノロジー&製薬会社、学術研究所、研究所)
    本資料は、ウシ胎児血清(FMS)の世界市場について調べ、ウシ胎児血清(FMS)の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、用途別(バイオ医薬品、細胞培養、ヒト・動物用ワクチン生産、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブ …
  • 世界の組換ペプチド市場2015
    本調査レポートでは、世界の組換ペプチド市場2015について調査・分析し、組換ペプチドの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたしま …
  • 世界のグルコン酸マグネシウム市場2015
    本調査レポートでは、世界のグルコン酸マグネシウム市場2015について調査・分析し、グルコン酸マグネシウムの世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの …
  • 吉草酸ペンチルの世界市場2016
    当調査レポートでは、吉草酸ペンチルの世界市場について調査・分析し、吉草酸ペンチルの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域における吉草酸ペンチルのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・吉草酸ペンチルの用途 ・吉草酸ペンチルの製造プロセス ・吉草酸ペンチルの …
  • 出張・経費管理ソフトウェアの世界市場2017-2021:出張管理ソフトウェア、経費管理ソフトウェア
    Technavio社が発行した当調査レポートでは、出張・経費管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、出張・経費管理ソフトウェアの世界市場規模及び予測、構成要素別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • スタイリング剤(ヘアケア)の世界市場:市場規模、成長、予測分析
  • スマート・ロックの世界市場
    当調査レポートでは、スマート・ロックの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スマート・ロックの世界市場規模及び予測、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 世界のアスコルビン酸市場2020-2024
    「アスコルビン酸の世界市場2020-2024」は、アスコルビン酸について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(医薬品、食品&飲料、パーソナルケア、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォー …
  • 動物飼料用有機微量ミネラルの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、動物飼料用有機微量ミネラルの世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(亜鉛、鉄、銅、セレン、その他)分析、用途別(乳牛、家禽、馬、豚、その他)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・動物飼料用有機微量ミネラルの世界市場:製品別(亜鉛、鉄、銅 …
  • タイの市場見通し(~2021年)
  • 医療機器アウトソーシングの世界市場:サービス別、用途別、地域別予測
    本資料は、医療機器アウトソーシングの世界市場について調べ、医療機器アウトソーシングの世界規模、市場動向、市場環境、サービス別分析、用途別分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・医療機器アウトソーシングの世界市場概要 …
  • 自動車用自動防眩ミラーの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、自動車用自動防眩ミラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、自動車用自動防眩ミラーの世界市場規模及び予測、製品別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ナトリウムブチルキサンテートの世界市場2016
    当調査レポートでは、ナトリウムブチルキサンテートの世界市場について調査・分析し、ナトリウムブチルキサンテートの用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域におけるナトリウムブチルキサンテートのメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・ナトリウムブチルキサンテートの …
  • DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、DTC(消費者直接)遺伝子検査の世界市場について調べ、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、DTC(消費者直接)遺伝子検査の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(直販、小売)、サービス別、)と地域別(グローバル、ア …
  • 自動車用ディスプレイシステムの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、自動車用ディスプレイシステムの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、自動車用ディスプレイシステム市場規模、最終用途別(OEM、アフターマーケット)分析、ディスプレイ種類別分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリ …
  • 無線ルーターの世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、無線ルーターの世界市場について調査・分析し、無線ルーターの世界市場概観、メーカー動向、メーカー別無線ルーターシェア、市場規模推移、市場規模予測、無線ルーター種類別分析()、無線ルーター用途別分析()、主要地域分析(北米、欧州、アジア)、主要国分析データなどを含め、以下の構成でお届け致します。 ・無線ルーターの市場概観 ・無線ルーターのメー …
  • 商用車用先進運転支援システム(ADAS)の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、商用車用先進運転支援システム(ADAS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、バリューチェーン分析、商用車用先進運転支援システム(ADAS)の世界市場規模及び予測、種類別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

酸化亜鉛の世界市場予測:プロセス別、グレード別、用途別、市場動向、市場規模、将来展望