集束イオンビーム(FIB)の世界市場予測(~2024年)

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.2.1 Inclusions and Exclusions
1.3 Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Focused Ion Beam Market
4.2 Focused Ion Beam Market, By Geography
4.3 Focused Ion Beam Market, By Region
4.4 Focused Ion Beam Market, By Ion Source and Vertical
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Rise in Demand for Failure Analysis in Electronics & Semiconductor Industry
5.2.1.2 Initiatives Undertaken By Governments of Different Countries to Encourage Use of Focused Ion Beam Systems
5.2.1.3 Increase in Demand for Ion Beam Lithography Process Using Focused Ion Beam Systems for Producing Patterns Across the Surface of Samples
5.2.1.4 Increase in Adoption of Focused Ion Beam Systems in Material Science
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Costs of Focused Ion Beam Systems
5.2.2.2 Requirement for Highly Skilled Workforce to Keep Pace With Advancements in Focused Ion Beam Technology
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Use of Focused Ion Beam Systems to Study Biological Samples and Biomaterials
5.2.3.2 Adoption of Automation and Robotics in Electronic & Electrical Device Manufacturing Industry in APAC
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Gaps in Processing Time, Quality Assurance, and Planning Time for Fabrication of Components on Substrates
5.2.4.2 3D Reconstruction of Porous Materials
5.3 Value Chain Analysis
6 Focused Ion Beam Market, By Ion Source (Page No. – 46)
6.1 Introduction
6.2 Ga+ Liquid Metal
6.2.1 Rising Adoption of Ga+ Liquid Metal Focused Ion Beam Systems in Nano and Micro-Machining Applications
6.3 Gas Field
6.3.1 Increasing Use of Gas Field Focused Ion Beam Systems in Circuit Edit and Device Modification Applications
6.4 Plasma
6.4.1 Increasing Demand for Plasma Focused Ion Beam Systems in Inline Metrology, Defect Review, and Photomask Repair Applications
7 Focused Ion Beam Market, By Application (Page No. – 59)
7.1 Introduction
7.2 Failure Analysis
7.2.1 Increasing Demand for High Quality and Reliable Devices and Components is Leading to Use of Focused Ion Beam Systems for Failure Analysis
7.3 Nanofabrication
7.3.1 Growing Use of Focused Ion Beam Systems in Micro and Nanofabrication Applications Due to High Resolution Offered By Them
7.4 Device Modification
7.4.1 Increasing Demand for Reduced Manufacturing Time of Modified Integrated Circuits is Leading to Requirement for Focused Ion Beam Systems
7.5 Circuit Edit
7.5.1 Rising Adoption of Focused Ion Beam Systems to Carry Out Advanced Prototyping, Cross-Sectioning, Debugging, Etc. of Underproduction Devices
7.6 Counterfeit Detection
7.6.1 Increasing Requirement to Reduce Fraudulent Replicas of Products in Different Industries is Fueling Use of Focused Ion Beam Systems for Counterfeit Detection
8 Focused Ion Beam Market, By Vertical (Page No. – 70)
8.1 Introduction
8.2 Electronics & Semiconductor
8.2.1 Increasing Consumer Demand for Compact and Highly Power-Efficient Portable Devices is Fueling Growth of Focused Ion Beam Market for Electronics & Semiconductor
8.2.1.1 Semiconductor Manufacturing
8.2.1.1.1 Increasingly Complex Circuitry Leads to the Requirement for Failure Analysis of Different Electronic Components and Devices
8.2.1.2 Mems and Thin-Film Production
8.2.1.2.1 Rising Demand for Focused Ion Beam Systems From Mems and Nems Engineers is Expected to Spur Growth of Focused Ion Beam Market for Electronics & Semiconductor
8.3 Industrial Science
8.3.1 Increasing Demand for Focused Ion Beam Systems in Different Industries to Study Characteristics of Different Materials
8.3.1.1 Oil & Gas
8.3.1.2 Automotive & Aerospace
8.3.1.3 Chemicals
8.3.1.4 Power Generation
8.4 Bioscience
8.4.1 Growing Use of Focused Ion Beam Systems for Carrying Out Analysis of Biological Species is Contributing to Growth of Focused Ion Beam Market for Bioscience
8.4.1.1 Cellular Biology
8.4.1.2 Structural Biology
8.4.1.3 Biomedical Engineering
8.4.1.4 Neuroscience
8.5 Material Science
8.5.1 Rising Use of Focused Ion Beam Systems for Imaging, Analysis, and Characterization of Refined Materials is Contributing to Growth of Focused Ion Beam Market for Material Science
8.5.1.1 Metals & Mining
8.5.1.2 Paper & Fiber Materials
8.5.1.3 Ceramic & Glass
8.5.1.4 Polymers
9 Regional Analysis (Page No. – 89)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 North America to Lead Focused Ion Beam Market, Owing to Presence of Focused Ion Beam Manufacturers in the Region
9.2.2 US
9.2.2.1 US is Projected to Lead Focused Ion Beam Market in North America in Terms of Size From 2019 to 2024
9.2.3 Canada
9.2.3.1 Different Institutions, Research Laboratories, and Companies in Canada are Taking Initiatives for Growth of Focused Ion Beam Market in Country
9.2.4 Mexico
9.2.4.1 Economic Growth and Increased Adoption of Advanced Technologies to Drive Demand for Focused Ion Beam Systems in Mexico
9.3 Europe
9.3.1 Presence of Different Groups That Encourage Use of Focused Ion Beam Systems in the Region Fueling Growth of Focused Ion Beam Market in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Companies and Research Institutes are Key Players Fueling Growth of Focused Ion Beam Market in UK
9.3.3 Germany
9.3.3.1 Adoption of Focused Ion Beam Technology in Bioscience Vertical Creates Growth Opportunities for Focused Ion Beam Market in Germany
9.3.4 France
9.3.4.1 Presence of A Number of Laboratories Specializing in Ion Beam Analyses in France
9.3.5 Rest of Europe (RoE)
9.3.5.1 Rise in the Number of Laboratories and Research Institutes Using Focused Ion Beam Systems to Fuel Growth of Focused Ion Beam Market in Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 Increased Adoption of Robotics and Automation By Electronics & Semiconductor Manufacturing Companies to Drive Growth of Focused Ion Beam Market in APAC
9.4.2 China
9.4.2.1 Use of Focused Ion Beam Systems and Solutions to Monitor Device Failure is Contributing to Growth of Market in China
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Consistent and Increased Investments in R&D Activities By Key Players to Drive Growth of Focused Ion Beam Market in Japan
9.4.4 South Korea
9.4.4.1 Increased Adoption of Focused Ion Beam Systems and Solutions in Laboratories, Universities, and Manufacturing Companies is Contributing to Growth of Focused Ion Beam Market in South Korea
9.4.5 India
9.4.5.1 Increase in Government Initiatives to Support Growth of Electronics & Semiconductor Industry
9.4.6 Rest of APAC (RoAPAC)
9.4.6.1 Increased Adoption of Focused Ion Beam Systems and Solutions By Universities is Expected to Fuel Growth of Focused Ion Beam Market in Rest of APAC
9.5 RoW
9.5.1 Increased Base of Focused Ion Beam System Distributors and Sales Support is Fueling Growth of Focused Ion Beam Market in RoW
9.5.2 Middle East & Africa
9.5.2.1 Rise in Demand for Focused Ion Beam Systems and Solutions From Research Institutes, Distributors, and Universities Contributing to Growth of Focused Ion Beam Market in Middle East & Africa
9.5.3 South America
9.5.3.1 Increased Investments to Drive Growth of Focused Ion Beam Market in South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 113)
10.1 Introduction
10.2 Market Ranking Analysis of Players in the Focused Ion Beam Market, 2018
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Innovators
10.3.3 Dynamic Differentiators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Competitive Scenario
10.5 Product Launches
10.5.1 Partnerships, Collaborations, Joint Ventures, and Agreements
10.5.2 Mergers & Acquisitions
11 Company Profiles (Page No. – 120)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Key Players
11.1.1 Hitachi High-Technologies Corporation
11.1.2 Zeiss International
11.1.3 Thermo Fisher Scientific Inc.
11.1.4 JEOL Ltd.
11.1.5 HORIBA, Ltd.
11.1.6 Eurofins Scientific
11.1.7 Tescan
11.1.8 A&D Company Ltd.
11.1.9 Raith GmbH
11.1.10 Focus
11.2 Other Key Players
11.2.1 Fibics
11.2.2 Zerok Nanotech
11.2.3 Applied Beams LLC
11.2.4 Ionoptika Limited.
11.2.5 Leica Microsystems
11.2.6 Veeco Instruments Inc.
11.2.7 NANO-MASTER Inc
11.2.8 Oxford Instruments
11.2.9 Kratos Analytical Ltd
11.2.10 Ionpath, Inc.
11.2.11 Ic Failure Analysis Lab
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 152)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details



  • 包装印刷の世界市場2019-2026:印刷技術別、用途別
    本調査レポートでは、包装印刷の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、印刷技術別(フレキソ印刷、グラビア、デジタル)分析、用途別(食品&飲料、化粧品、医薬品など)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 ・市場動向 ・産業分析 ・包装印刷の世界市場:印刷技術別 …
  • 産業用廃水処理サービスの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、産業用廃水処理サービスの世界市場規模が2017年182.2億ドルから2026年352.2億ドルまで年平均7.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、産業用廃水処理サービスの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用廃水処理サービス市場規模、サービス種類別(操作・プロセス制御、メンテナンス・修理、構築 …
  • 保護コーティング剤の世界市場2019 – 2025:樹脂別、配合別、最終用途別、セグメント予測
    本レポートでは、保護コーティング剤の世界市場について、調査手法・範囲、エグゼクティブサマリ-、市場変数・傾向、樹脂別(アクリル、エポキシ、ポリウレタン、アルキド、ポリエステル)分析、配合別(水系、溶剤系、粉末ベース)分析、最終用途別(建設、石油・ガス、エアロスペース、産業用、船舶、自動車、発電、採鉱、その他)分析、地域別分析、競合分析、企業概用などを総合的、 …
  • スパークリング赤ワインの世界市場予測・分析:流通チャンネル別
    Technavio社の本調査レポートでは、スパークリング赤ワインの世界市場について調べ、スパークリング赤ワインの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スパークリング赤ワインの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Te …
  • 世界のHVDCコンバーターステーション市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のVDCコンバーターステーション市場が2018年87.3憶ドルから2027年214.4憶ドルまで年平均10.5%成長すると予測しています。当資料では、VDCコンバーターステーションについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、技術別(ライン整流コンバーター(LCC)、電圧源コンバ …
  • 世界の医療用サイクロトロン市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは医療用サイクロトロンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(サイクロトロン20MeV以下、サイクロトロン20-35MeV、サイクロトロン35MeV以上)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、 …
  • 食品安全性試験の世界市場予測・分析:用途別
    Technavio社の本調査レポートでは、食品安全性試験の世界市場について調べ、食品安全性試験の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、食品安全性試験の市場規模をセグメンテーション別(用途別(肉及び鶏肉、果物及び野菜、加工食品、乳製品、その他の用途)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Te …
  • スマート衣類の世界市場予測:繊維種類別、製品種類別、エンドユーザー産業別
    MarketsandMarkets社は、スマート衣類の世界市場規模が2019年16億ドルから2024年53億ドルまで年平均26.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、スマート衣類の世界市場について調査・分析し、市場概要、繊維種類別(アクティブスマート、パッシブスマート、ウルトラスマート)分析、製品別(上着、下着、インナーウェア、その他)分析、エン …
  • 世界の臭素誘導体市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の臭素誘導体市場が2018年38.5憶ドルから2027年66.3憶まで年平均6.2%成長すると予測しています。当資料では、臭素誘導体について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(建設、化学、石油およびガス、医薬品、電気および電子機器)分析、用途別(エラストマー、 …
  • ニトロセルロースの世界市場:用途別(自動車用塗料、印刷インキ、木材コーティング、革仕上げ、ネイルワニス)
    Grand View Research社は、ニトロセルロースの世界市場規模が年平均6.2%成長して2025年まで10.9億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、ニトロセルロースの世界市場について調査・分析し、ニトロセルロースの世界市場動向、ニトロセルロースの世界市場規模、市場予測、用途別(自動車用塗料、印刷インキ、木材コーティング、革仕上げ、ネイ …
  • 世界の子供用フットウェア市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは子供用フットウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート …
  • 世界のパーティクルカウンター市場予測2024年:種類別、用途別、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、パーティクルカウンターの世界市場規模が2019年340百万ドルから2024年580百万ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のパーティクルカウンター市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(浮遊粒子カウンター、液体粒子カウンター)分析、用途別(クリーンルームモニタリング、液体の汚染モ …
  • 内視鏡検査装置の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、内視鏡検査装置の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(内視鏡検査装置、機械的内視鏡機器、視覚化、文書化システム、アクセサリー、その他)分析、衛生別(使い捨て、再処理、滅菌)分析、用途別(気管支鏡検査、関節鏡検査、腹腔鏡検査、泌尿器内視鏡検査、神経内視鏡検査、消化管内視鏡検査、婦人科内視鏡検査、耳鼻咽喉科内視鏡検査など)分析、 …
  • 世界の包装用カーボンブラック市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • 小水力発電の世界市場:容量別、種類別、コンポーネント別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは小水力発電について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、容量別(最大1 MW、1〜10 MW)分析、種類別(マイクロ水力、ミニ水力)分析、コンポーネント別(電気機械装置、電気インフラ、土木工事、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリー ・定義 …
  • 世界の屋内農業市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の屋内農業市場が2017年1066憶ドルから2026年1711.2憶ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。当資料では屋内農業について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、作物別(ハーブとマイクログリーン、花と装飾品、果物と野菜、その他)分析、成長システム別(ハイブリッド …
  • 指紋センサーの世界市場予測:容量性、光学、熱、超音波
    当調査レポートでは、指紋センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(容量性、光学、熱、超音波)分析、種類別(タッチ、スワイプ)分析、用途別(家電、銀行および金融、政府および法執行機関、商業、スマートホーム)分析、指紋センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届 …
  • 世界のシリコーン市場予測2024年:種類別、エンドユーズ産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、シリコーンの世界市場規模が2019年204億ドルから2024年286億ドルまで年平均7.0%成長すると予測しています。本書は、世界のシリコーン市場について調査・分析し、市場概要、種類別(エラストマー、流体、樹脂、ゲルおよびその他の製品)分析、エンドユーズ産業別(産業プロセス、建築および建設、輸送、パーソナルケアおよび消 …
  • 高性能メッセージインフラストラクチャの世界市場2019-2029
    本調査は高性能メッセージインフラストラクチャについて、エグゼクティブサマリー、市場概要、成功要因、需要分析、市場背景、コンポーネント別(ハードウェア、ミドルウェア、マネージドサービス)分析、用途別(ハイブリッドクラウド、モノのインターネット(IoT)、iPaaS、 アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)とプロトコル)分析、産業別(エネルギー …
  • 粘着テープの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、粘着テープの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、需要分析、価格分析、市場背景、素材別(ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ペット、ポリエチレン、その他)分析、幅別(最大2.5 mm、2.6 mmから5.0 mm、5.0 mm以上)分析、最終用途別(食品、タバコ、医薬品、パーソナルケアと化粧品、電気電子、そ …
  • タイヤ由来燃料(TDF)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、タイヤ由来燃料(TDF)の世界市場について調べ、タイヤ由来燃料(TDF)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、タイヤ由来燃料(TDF)の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(セメントキルン、パルプ・製紙工場、ユーティリティ・産業用ボイラー)、) …
  • 心調律管理デバイスの世界市場2019 – 2026:製品別、セグメント予測
    本レポートでは、心調律管理デバイスの世界市場について調査手法および範囲、エグゼクティブサマリ-、傾向、製品別(ペースメーカー、除細動器、CRTデバイス)分析、地域別分析、競合状況などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・調査手法および範囲 ・エグゼクティブサマリ- ・心調律管理デバイス市場:傾向 ・心調律管理デバイスの世界市場:製品別(ペースメーカー、除 …
  • 世界のオンボード磁気センサー市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のオンボード磁気センサー市場が2017年11.6憶ドルから2026年26.4憶ドルまで年平均9.6%成長すると予測しています。当資料ではオンボード磁気センサーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(SQUIDセンサ、磁気抵抗センサー、ホール効果センサー、その他)分析 …
  • スマート製造の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、スマート製造の世界市場について調査・分析し、市場動向、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、技術別(MES、PLC、ERP、SCADA、DCS、HMI、Machine Vision、3Dプリンティング、プラントライフサイクル管理、プラント資産管理)分析、エンドユーズ別(自動車、航空宇宙&防衛、化学品&材料、ヘルスケ …
  • 世界の骨成長刺激剤市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • フードサービス包装の世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、フードサービス包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場背景、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、素材別(プラスチック、紙・板紙、その他)分析、包装タイプ別(プレート、トレイ、ボール、カップ、クラムシェル、カトラリー、ポーチ&サシェ、その他)分析、最終用途別(チェーンレストラン、ノンチェーンレストラン、 …
  • 世界のデジタル出版市場予測・分析2020-2024
    「デジタル出版の世界市場2020-2024」は、デジタル出版について市場概要、市場規模、種類別(テキストコンテンツ、ビデオコンテンツ、オーディオコンテンツ)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・デジタル …
  • セキュリティオーケストレーション自動化及び応答(SOAR)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、セキュリティオーケストレーション自動化及び応答(SOAR)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソリューション別分析、サービス別(プロフェッショナルサービス、マネージドサービス)分析、用途別分析、展開モード別(オンプレミス、クラウド)分析、セキュリティオーケストレーション自動化及び応答 …
  • 次世代シーケンシング(NGS)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、次世代シーケンシング(NGS)の世界市場について調べ、次世代シーケンシング(NGS)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、次世代シーケンシング(NGS)の市場規模をセグメンテーション別(技術別、製品別(消耗品、装置)、エンドユーザー別)と地域別(グローバル …
  • ネブライザーの世界市場:種類別(空気圧、超音波、メッシュ)
    Grand View Research社は、ネブライザーの世界市場規模が年平均6.5%成長して2026年まで14.4億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、ネブライザーの世界市場について調査・分析し、ネブライザーの世界市場動向、ネブライザーの世界市場規模、市場予測、種類別(空気圧、超音波、メッシュ)分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報 …
  • リスク分析の世界市場予測:ETL、リスク計算エンジン、スコアカード、視覚化
    当調査レポートでは、リスク分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、ソフトウェア種類別(ETL、リスク計算エンジン、スコアカード、視覚化)分析、サービス別分析、リスク種類別(戦略的リスク、運用リスク、財務リスク)分析、展開モード別分析、リスク分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析など …
  • ナノメカニカル試験の世界市場2019-2026
    本資料は、ナノメカニカル試験の世界市場について調べ、ナノメカニカル試験の世界規模、市場動向、市場環境、提供別(ソフトウェア、ハードウェア)分析、エンドユーズ用途別(ライフサイエンス、工業製造、材料開発、半導体製造)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダ …
  • 世界の溶媒蒸発市場予測2024年:蒸発器種類別、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、溶媒蒸発の世界市場規模が2019年487百万ドルから2024年694百万ドルまで年平均7.3%成長すると予測しています。本書は、世界の溶媒蒸発市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ロータリー蒸発器、窒素ブローダウン蒸発器、遠心蒸発器)分析、エンドユーザー別(医薬&バイオ医薬品、診断研究所、研究所&学術研究所)分析 …
  • 世界のビデオオンデマンド(VoD)市場予測2024年:ソリューション別、収益化モデル別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ビデオオンデマンド(VoD)の世界市場規模が2019年389億ドルから2024年871億ドルまで年平均17.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のビデオオンデマンド(VoD)市場を広く調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、収益化モデル別(トランザクションベース、サブ …
  • 生体認証システムの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、生体認証システムの世界市場規模が2019年330億ドルから2024年653億ドルまで年平均14.6%成長すると予測しています。当調査レポートでは、生体認証システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、認証種類別(単一要素:指紋、虹彩、掌紋、顔、声;多 …
  • 世界の粉体誘導および分散システム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の粉体誘導および分散システム市場が2018年8.2500憶ドルから2027年14.4860憶ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。当資料では、粉体誘導および分散システムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、プロセス別(バッチ処理、連続処理)分析、混合タイプ別(イ …
  • ベビー用トイレタリーの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ベビー用トイレタリーの世界市場について調べ、ベビー用トイレタリーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ベビー用トイレタリーの市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・ …
  • 潤滑剤の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、潤滑剤の世界市場規模が2019年1643億ドルから2024年1880億ドルまで年平均2.7%成長すると予測しています。当調査レポートでは、潤滑剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、ベース油別(鉱油、合成油、バイオベースオイル)分析、製品種 …
  • 紙パレットの世界市場2019-2029
    本調査は紙パレットの現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、市場需要、市場背景、サイズ別(42インチx 42インチ、44インチx 44インチ、48インチx 40インチ、48インチx 45インチ)分析、製品別(双方向パレット、四方パレット)分析、パレット構造別(ハニカム、波形、ハイブリッド)分析、最終用途別(食品と飲料、医薬品、 …
  • ペクチンの世界市場:機能別、原料別、種類別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではペクチンについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、機能別(増粘剤、安定剤、ゲル化剤、脂肪代替品、その他)分析、原料別(柑橘類、リンゴ、,テンサイ、その他)分析、種類別(HMペクチン、LMペクチン)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリー ・定義お …
  • 肉代用品の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、肉代用品の世界市場について調査・分析し、市場概要、製品別(豆腐ベース、テンペベース、TVPベース、セイタンベース、クオーンベースなど)分析、由来別(大豆ベース、小麦ベース、マイコプロテイン、その他)分析、カテゴリー別(冷凍、冷蔵、棚安定)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティ …
  • 磁性プラスチックの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、磁性プラスチックの世界市場について調べ、磁性プラスチックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、磁性プラスチックの市場規模をセグメンテーション別(用途別(電気および電子機器、食品包装、ヘルスケアおよび医療、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しまし …
  • 世界の鉄道管理システム市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の鉄道管理システム市場が2017年285憶ドルから2026年838.8憶ドルまで年平均12.7%成長すると予測しています。当資料では鉄道管理システムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開タイプ別(クラウドベース、オンプ …
  • テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:性質別、用途別
    当調査レポートでは、テクスチャード大豆タンパク質の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、性質別分析、用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・テクスチャード大豆タンパク質の世界市場:性質別(有機、従来、非GMO) ・テクスチ …
  • カプロラクタムの世界市場:用途別、地域別
    世界のカプロラクタム市場は2018年に約131億米ドル、2019年から2026年の予測期間にわたって3.59%以上の健全な成長率で成長すると予想されています。カプロラクタムは有機化合物であり、基本的に無色の固体であり、カプロン酸のラクタムです。当調査レポートでは、カプロラクタムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、定義と範囲、動向、業界分析 …
  • 培養肉の世界市場:材料別、用途別
    世界の培養肉市場は2018年に約75.96百万米ドル、2019-2026年の予測期間にわたって16%以上成長率で成長すると予想されています。 培養肉は、動物から多くの細胞を採取し、栄養素が豊富な培地で成長させ生産されます。当調査レポートでは、培養肉の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、定義と範囲、動向、材料別分析、用途別分析、地域別分析、競 …
  • ヘモグロビン異常症の世界市場:種類別(サラセミア、鎌状赤血球症)、治療別、診断別
    Grand View Research社は、ヘモグロビン異常症の世界市場規模が年平均10.2%成長して2026年まで126億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、ヘモグロビン異常症の世界市場について調査・分析し、ヘモグロビン異常症の世界市場動向、ヘモグロビン異常症の世界市場規模、市場予測、種類別(サラセミア、鎌状赤血球症)分析、診断別分析、主要地 …
  • 世界のコーポレートリーダーシップトレーニング市場2020-2024
    「コーポレートリーダーシップトレーニングの世界市場2020-2024」は、コーポレートリーダーシップトレーニングについて市場概要、市場規模、用途別(ILT、ブレンドトレーニング、オンライントレーニング)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 …
  • 世界の磁気式分離器市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 世界のたばこ市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のたばこ市場が2017年663.76憶ドルから2026年1兆1,219億ドルまで年平均4.8%成長すると予測しています。当資料ではたばこについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(パイプ、ニコチン補充療法、シーシャまたは水ギセルとムアサル、無煙たばこ、喫煙タバコ)分析、 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様