細胞解析の世界市場予測(~2024年)

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 23)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 27)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.3 Growth Forecast
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions for the Study
3 Executive Summary (Page No. – 34)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 Cell Analysis: Market Overview
4.2 Asia Pacific: Cell Analysis Market Share, By End User & Country (2018)
4.3 Market, By Product, 2019 vs. 2024 (USD Million)
4.4 Market, By Process, 2019 vs. 2024 (USD Million)
4.5 Market, By End User (2019–2024)
4.6 Geographical Snapshot of the Market
5 Market Overview (Page No. – 44)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Funding for Cell-Based Research
5.2.1.2 Rising Incidence of Chronic and Infectious Diseases
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 High Cost of Cell Analysis Instruments
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Emerging Economies
5.2.3.2 Applications of Cell Analysis in Personalized Medicine
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Dearth of Skilled Professionals
6 Cell Analysis Market, By Product (Page No. – 49)
6.1 Introduction
6.2 Flow Cytometry Products
6.2.1 Reagents & Consumables
6.2.1.1 Flow Cytometry Reagents & Consumables to Dominate the Flow Cytometry Products Market
6.2.2 Instruments
6.2.2.1 Development of Technologically Advanced Cell Analyzers to Drive the Flow Cytometry Instruments Market
6.2.3 Accessories
6.2.3.1 Flow Cytometry Accessories Enable End Users to Customize Flow Cytometry Instruments
6.2.4 Software
6.2.4.1 Technological Developments and the Increasing Availability of A Wide Range of Data Analysis Software to Drive the Market for Flow Cytometry Software
6.3 Qpcr Products
6.3.1 Reagents & Consumables
6.3.1.1 Qpcr Reagents & Consumables to Dominate the Qpcr Products Market During the Forecast Period
6.3.2 Instruments
6.3.2.1 the Use of Qpcr Instruments is Being Driven By Continuous Technological Advancements and the Increasing Availability of Innovative Qpcr Instruments
6.4 Cell Microarrays
6.4.1 Consumables
6.4.1.1 Growing Applications of Microarrays in Various Fields and the Regular, Repeated, & Bulk Purchase of Consumables to Support Market Growth
6.4.2 Instruments
6.4.2.1 Cell Microarray Instruments are Widely Used in Gene Expression, Functional Biology, and Drug Discovery Research
6.5 Microscopes
6.5.1 Electron Microscopes
6.5.1.1 Electron Microscopes Segment to Dominate the Microscopes Market
6.5.2 Inverted Microscopes
6.5.2.1 Inverted Microscopes Facilitate the Imaging of Live Cells Or Microorganisms in Natural Conditions
6.5.3 Stereo Microscopes
6.5.3.1 Stereo Microscopes are Low-Magnification Microscopes Often Used for Observing Large Biological Samples
6.5.4 Fluorescence & Confocal Microscopes
6.5.4.1 Fluorescence Microscopes are Essential Instruments in Live-Cell Image Analysis
6.5.5 Phase-Contrast Microscopes
6.5.5.1 Phase-Contrast Microscopy is an Illumination Technology That Enhances the Imaging of Transparent and Colorless Objects Without the Staining of Slides
6.5.6 Near-Field Scanning Optical Microscopes
6.5.6.1 Nsoms Have Wide Applications in the Life Sciences Sector
6.5.7 Other Microscopes
6.6 Spectrophotometers
6.6.1 Single-Mode Readers
6.6.1.1 Single-Mode Readers to Dominate the Spectrophotometers Market
6.6.2 Multi-Mode Readers
6.6.2.1 Multi-Mode Spectrophotometers Offer High-Throughput Capabilities in the Phenotypic Screening of Cells
6.7 Cell Counters
6.7.1 Automated Cell Counters
6.7.1.1 Automated Cell Counters Give Reliable and Quick Results as Compared to Manual Counting Methods
6.7.2 Hemocytometers & Manual Cell Counters
6.7.2.1 Many Research Laboratories and Academic Institutions Use Manual Cell Counters Due to Their Low Cost
6.8 High-Content Screening Systems
6.8.1 Increasing Studies on Cell Behavior to Drive the Growth of This Market
6.9 Other Products
7 Cell Analysis Market, By Process (Page No. – 74)
7.1 Introduction
7.2 Cell Identification
7.2.1 Cell Identification Dominates the Market, By Process
7.3 Cell Viability
7.3.1 Measurement of Cell Viability Plays A Fundamental Role in All Forms of Cell Culture Studies
7.4 Cell Signaling Pathway/Signal Transduction
7.4.1 Study of Cell Signaling is Primarily Conducted in Toxicity Tests
7.5 Cell Proliferation
7.5.1 Cell Proliferation Analysis is Used to Measure Populations From Cell Division
7.6 Cell Counting & Quality Control
7.6.1 APAC is Expected to Show the Highest Growth in the Cell Counting & Quality Control Market
7.7 Cell Interaction
7.7.1 Cell Interaction is Studied in Carcinogenesis and Organ Dysfunction
7.8 Cell Structure Study
7.8.1 Market for Cell Structure Study Will Show Highest Growth in the Asia Pacific
7.9 Target Identification & Validation
7.9.1 Target Identification is A Key Part of Drug Discovery
7.1 Single-Cell Analysis
7.10.1 Single-Cell Analysis has Wide Applications in Cancer Research, Immunology, and Stem Cell Research
8 Cell Analysis Market, By End User (Page No. – 82)
8.1 Introduction
8.2 Pharmaceutical & Biotechnology Companies and Contract Research Organizations (Cros)
8.2.1 Pharmaceutical & Biotechnology Companies and Cros are the Fastest-Growing End Users of the Market
8.3 Hospitals & Diagnostic Laboratories
8.3.1 Development of Complex & Highly Specialized Tests and Assays to Support Market Growth
8.4 Research Institutes
8.4.1 Growing Prevalence of Cancer to Drive the Market for This End-User Segment
8.5 Cell Culture Collection Repositories
8.5.1 Increasing Awareness of Preserving Cells to Drive Market Growth
8.6 Other End Users
9 Cell Analysis Market, By Region (Page No. – 89)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 The US Dominates the North American Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Availability of Public and Private Funding to Drive the Market in Canada
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is the Fastest-Growing Market for Cell Analysis in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Initiatives to Strengthen the Academic Research Infrastructure in the Country to Contribute to Market Growth
9.3.3 France
9.3.3.1 Presence of A Large Biotechnology Industry in the Country to Support Market Growth
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Increasing Research Activities and Conferences to Drive the Market for Cell Analysis in the Country
9.3.5 Spain
9.3.5.1 Growth of the Biotechnology Sector Expected to Support Market Growth in Spain
9.3.6 Rest of Europe
9.4 Asia Pacific
9.4.1 Japan
9.4.1.1 Japan to Dominate the Asia Pacific Market for Cell Analysis
9.4.2 China
9.4.2.1 Developments in the Biotechnology Sector to Support Market Growth in China
9.4.3 India
9.4.3.1 Implementation of Favorable Government Initiatives for the Development of the Biotechnology Sector to Drive Market Growth in India
9.4.4 RoAPAC
9.5 Latin America
9.5.1 Major Players are Focusing on Establishing Their Manufacturing Facilities in Latin America to Leverage the Low Labor Cost—A Key Growth Driver
9.6 Middle East & Africa
9.6.1 Shortage of Trained Professionals to Restrain the Growth of the Cell Analysis Market in Several Countries in the Middle East & Africa
10 Competitive Landscape (Page No. – 171)
10.1 Overview
10.2 Market Share Analysis, 2018
10.3 Competitive Scenario
10.3.1 Partnerships, Agreements, & Collaborations (2017–2019)
10.3.2 Product Launches (2017–2019)
10.3.3 Expansions (2017–2019)
10.3.4 Acquisitions (2017–2019)
10.4 Competitive Leadership Mapping
10.4.1 Vendor Inclusion Criteria
10.4.2 Visionary Leaders
10.4.3 Innovators
10.4.4 Dynamic Differentiators
10.4.5 Emerging Companies
11 Company Profiles (Page No. – 179)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View)*
11.1 Danaher
11.2 Thermo Fisher Scientific
11.3 Becton, Dickinson and Company
11.4 GE Healthcare (A Subsidiary of General Electric Company)
11.5 Merck KGaA
11.6 Agilent Technologies
11.7 Olympus Corporation
11.8 Promega Corporation
11.9 Perkinelmer
11.10 Tecan Trading AG
11.11 Miltenyi Biotec
11.12 Carl Zeiss
11.13 Bio-Rad Laboratories
11.14 Sysmex Corporation
11.15 Biostatus Limited
11.16 Nanocellect Biomedical
11.17 Cell Biolabs, Inc
11.18 Creative Bioarray
11.19 Meiji Techno
11.20 Cytek Biosciences
*Business Overview, Products Offered, Recent Developments, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 223)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details



  • 世界のデジタル出版市場予測・分析2020-2024
    「デジタル出版の世界市場2020-2024」は、デジタル出版について市場概要、市場規模、種類別(テキストコンテンツ、ビデオコンテンツ、オーディオコンテンツ)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・デジタル …
  • コンパニオンアニマル薬の世界市場2019-2029
    本調査はコンパニオンアニマル薬について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、市場状況、バリュー分析、製品別(抗生物質、抗炎症、寄生虫駆除剤、ハートワーム製品、行動プロダクト)分析、流通経路別(獣医病院、獣医クリニック、薬局とドラッグストア)分析、産業別(エネルギー、BFSI、政府、製造業、小売)分析、地域別分析、競合分析、調査手法に区分して掲載してい …
  • 不妊治療サービスの世界市場:手順別、サービス別
    当調査レポートでは、不妊治療サービスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、手順別分析、サービス別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・不妊治療サービスの世界市場:手順別(ICSIを伴うIVF、IUI、I …
  • 仮想プライベートサーバーの世界市場:タイプ別、オペレーティングシステム別、組織規模別、業種別
    当調査レポートでは、仮想プライベートサーバーの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、オペレーティングシステム別分析、組織規模別分析、業種別分析、地域別分析、競合分析などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・仮想プライベートサーバーの世界市場: …
  • ガス絶縁開閉装置の世界市場:種類別、電圧別、技術別、エンドユーザー別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではガス絶縁開閉装置について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(高電圧ガス絶縁開閉装置、中電圧ガス絶縁開閉装置)分析、電圧別(配電電圧、サブ伝送電圧、高電圧、超高電圧、超高電圧)分析、技術別(ハイブリッド開閉装置、統合3相、コンパクトガス絶縁開閉装置)分析、エンドユーザー別(送電ユーティリティ、発電ユーティリテ …
  • 解剖病理学の世界市場2019-2026:製品&サービス別、用途別、エンドユーザー別
    本調査レポートでは、解剖病理学の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、製品&サービス別(機器、消耗品、サービス)分析、用途別(病気診断、創薬&開発、その他)分析、エンドユーザー別(病院、病理学研究所、研究所、その他)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 …
  • 種子処理の世界市場2019-2026:用途別、機能別、作物タイプ別、塗布方法別
    本調査レポートでは、種子処理の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、用途別(化学、非化学的/生物学的)分析、機能別(種子保護、種子強化、その他)分析、作物タイプ別(穀物&シリアル、油糧種子、野菜、その他)分析、塗布方法別(種子コーティング、種子ペレット化、シードドレッシング、その他)分析、地域別分析、競争状況など …
  • BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の世界市場:併用療法、単独療法
    Technavio社の本調査レポートでは、BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の世界市場について調べ、BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、BCL-2(B細胞リンパ腫2)阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(製品別(併用療法、単独療法)、)と地域別(アジア太平 …
  • 電子楽器の世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、電子楽器の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(エレクトリックピアノとキーボード、弦楽器、ドラムと打楽器、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの …
  • BSFI(金融)における人工知能(AI)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、BSFI(金融)における人工知能(AI)の世界市場について調べ、BSFI(金融)における人工知能(AI)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、BSFI(金融)における人工知能(AI)の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(銀行、投資・証券管理)、 …
  • 世界の教室管理システム市場2020-2024
    「教室管理システムの世界市場2020-2024」は、教室管理システムについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(高等教育、K-12)分析、展開別(オンプレミス、クラウドベース)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフ …
  • 世界の航空サイバーセキュリティ市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の航空サイバーセキュリティ市場が2017年27.9463憶ドルから2026年64.8254憶ドルまで年平均9.8%成長すると予測しています。当資料では航空サイバーセキュリティについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、展開別(ホスティング、オンプレミス)分析、製品別(サイバー脅 …
  • 世界のトリプルオフセットバタフライバルブ市場予測2025年:材料別、バルブサイズ別、産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、トリプルオフセットバタフライバルブの世界市場規模が2019年28億ドルから2025年36億ドルまで年平均4.1%成長すると予測しています。当資料では、世界のトリプルオフセットバタフライバルブ市場を統合的に調査・分析し、市場概要、材料別(炭素鋼、ステンレス鋼、合金ベース、その他)分析、サイズ別(最大10インチ、> 10イ …
  • BFSI(金融)におけるブロックチェーンの世界市場2018-2026
    当調査レポートでは、BFSI(金融)におけるブロックチェーンの世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、用途別(デジタル通貨、記録保持、支払い&決済、スマート契約、コンプライアンス管理、その他)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(銀行、保険、非銀行金融会社(NBFC))分析、地域別分析、競争状況 …
  • 航空貨物サービスの世界市場予測・分析:エンドユーザー別
    Technavio社の本調査レポートでは、航空貨物サービスの世界市場について調べ、航空貨物サービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、航空貨物サービスの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(製造、小売、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は航空 …
  • エラストマーフォームの世界市場予測:断熱材、防音材
    当調査レポートでは、エラストマーフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、機能別(断熱材、防音材)分析、種類別(NBR、およびEPDM)分析、エンドユーズ産業別(HVAC、冷凍、暖房&配管、輸送)分析、エラストマーフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情 …
  • 契約ライフサイクル管理の世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、契約ライフサイクルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、市場背景、ソリューション別(契約ライフサイクル管理ソフトウェア、サービス)分析、ビジネス機能別(法律、金融、調達、人事、IT)分析、産業別(BFSI、IT&テレコム、エネルギーとユーティリティ、製造業、ヘルスケアおよび製薬、生 …
  • ロールフォーミングマシンの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ロールフォーミングマシンの世界市場について調べ、ロールフォーミングマシンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ロールフォーミングマシンの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザ別(自動車産業、製造産業、建設産業)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、 …
  • オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の世界市場:生物製剤、非生物学的製剤
    Technavio社の本調査レポートでは、オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の世界市場について調べ、オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オーファンドラッグ(希少疾患治療薬)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(生物製剤、非生物学的製剤)、)と地域別(グロ …
  • PDMS(ポリジメチルシロキサン)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、PDMS(ポリジメチルシロキサン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(LMW、HMW、UHMW)分析、フォーム別(エラストマー、流体、樹脂)分析、エンドユーズ産業別(産業プロセス、建築・建設、家庭・パーソナルケア、電気・電子、輸送、ヘルスケア)分析、PDMS(ポリジメチルシロ …
  • ストリーミング分析の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ストリーミング分析の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別分析、用途別(予測資産管理、リスク管理、ロケーションインテリジェンス、販売およびマーケティング、サプライチェーン管理)分析、業種別分析、展開モデル別分析、ストリーミング分析の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況 …
  • 世界の化粧品顔料市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の化粧品顔料市場が2018年6.4726憶ドルから2027年15.1376憶ドルまで年平均9.9%成長すると予測しています。当資料では化粧品顔料について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(ナノ顔料、特殊効果顔料、天然着色料、表面処理顔料)分析、元素組成別(無機顔料、有機 …
  • 液体用板紙の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、液体用板紙の世界市場について調べ、液体用板紙の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、液体用板紙の市場規模をセグメンテーション別(用途別(乳製品、ジュース製品、その他の飲料)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は液体用板紙の世界 …
  • クリーンルーム用使い捨て手袋の中国・日本・韓国市場:材料別、エンドユーザー別
  • オレオレジンの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、オレオレジンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、由来別(パプリカ、トウガラシ、種子スパイス、ウコン、ハーブ、ジンジャー、シナモン&カッシア)分析、用途別(食品および飲料、医薬品および栄養補助食品、パーソナルケア製品、飼料)分析、抽出プロセス別分析、オレオレジンの世界市場規模 …
  • 世界の新鮮イチジク市場2013-2017及び機会分析2018-2027
  • 世界の周波数カウンター市場2014-2018及び機会分析2019-2027
  • 内視鏡検査機器の世界市場予測:内視鏡(柔軟、剛性、カプセル)視覚化システム、内視鏡超音波、送気器
    当調査レポートでは、内視鏡検査機器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(内視鏡(柔軟、剛性、カプセル)視覚化システム、内視鏡超音波、送気器)分析、用途別(GI内視鏡検査、腹腔鏡検査、膀胱鏡検査、気管支鏡検査、大腸内視鏡検査、関節鏡検査)分析、内視鏡検査機器の世界市場規模及び予測、市 …
  • 冷凍食品の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、冷凍食品の世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(冷凍果物・野菜、冷凍ジャガイモ、冷凍調理済み食、冷凍肉、冷凍魚介類、冷凍スープ、その他)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・冷凍食品の世界市場:製品別(冷凍果物・野菜、冷凍ジャガイモ、 …
  • インテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、インテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の世界市場について調べ、インテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、インテリジェントパワーディストリビューションユニット(PDU)の市場規 …
  • 世界のソーシャルメディア分析市場予測2024年:コンポーネント別、用途別、展開モデル別、組織規模別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ソーシャルメディア分析の世界市場規模が2019年30億ドルから2024年94億ドルまで年平均25.4%成長すると予測しています。本書は、世界のソーシャルメディア分析市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(販売およびマーケティング管理、カスタマーエクスペリエンス管理、コ …
  • テレラジオロジーの世界市場:イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他)、技術別(ハードウェア、ソフトウェア、通信・ネットワーク)、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、診断センター、その他)
    本資料は、テレラジオロジーの世界市場について調べ、テレラジオロジーの世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、イメージング技術別(X線、コンピューター断層撮影(CT)、超音波、磁気共鳴イメージング(MRI)、核イメージング、蛍光透視法、マンモグラフィー、その他)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、診断センター、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨー …
  • 咽頭癌治療法の世界市場:標的療法、化学療法
    Technavio社の本調査レポートでは、咽頭癌治療法の世界市場について調べ、咽頭癌治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、咽頭癌治療法の市場規模をセグメンテーション別(製品別(標的療法、化学療法)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は咽頭癌治療法の世界市場規模 …
  • 医療教育の世界市場予測・分析:混合学習、オンライン学習
    Technavio社の本調査レポートでは、医療教育の世界市場について調べ、医療教育の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、医療教育の市場規模をセグメンテーション別(学習方法別(混合学習、オンライン学習)、コース別(大学院コース、資格及び研修、卒業後コース)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しまし …
  • 世界の産業用冷凍システム市場予測2025年:コンポーネント別、冷媒種類別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、産業用冷凍システムの世界市場規模が2019年193億ドルから2025年248億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。本書は、世界の産業用冷凍システム市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(コンプレッサー、コンデンサー、エバポレーター、コントロール、容器、ポンプ、バルブ&補助機器)分析、冷媒種類別 …
  • 世界のアイスクリーム市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートはアイスクリームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(インパルス、テイクホーム、アルティサナル)分析、顧客状況、流通経路別(スーパーマーケット&ハイパーマーケット、専門店、独立小売業者、その他)分析、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向 …
  • ブロックチェーンID管理の世界市場:機会分析及び産業予測2019-2026
    本市場調査レポートではブロックチェーンID管理について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ブロックチェーンID管理の世界市場:コンポ …
  • 世界のカーボン熱可塑性樹脂市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界のカーボン熱可塑性樹脂市場は、予測期間中に年平均25.5%で成長成長すると予測しています。当資料ではカーボン熱可塑性樹脂について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、樹脂の種類別(ポリアミド(PA)、熱可塑性ウレタン(TPU)、ポリプロピレン(PP)、ポリブチレンテレフタ …
  • モバイルマーケティングの世界市場2019-2026:ソリューション別、企業規模別、エンドユーザー別
    本調査レポートでは、モバイルマーケティングの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、ソリューション別(モバイルウェブ、SMS、ロケーションベースマーケティング、QRコード、その他)分析、企業規模別(中小企業、大企業)分析、エンドユーザー別(小売、メディア&エンターテイメント、自動車、ヘルスケア、その他)分析、地域別 …
  • 世界のBBクリーム市場及び機会分析2019-2027
  • 世界のポリマーコーティング生地市場予測2024年:製品別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ポリマーコーティング生地の世界市場規模が2019年163億ドルから2024年201億ドルまで年平均4.3%成長すると予測しています。当資料では、世界のポリマーコーティング生地市場を統合的に調査・分析し、市場概要、製品別(ビニールポリマーコーティング生地、Puポリマーコーティング生地、Peポリマーコーティング生地、その他 …
  • 世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場予測2024年:種類別、収益化モデル別、ストリーミング装置別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、オーバーザトップサービス(OTT)の世界市場規模が2019年816億ドルから2024年1569億ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。当資料では、世界のオーバーザトップサービス(OTT)市場を統合的に調査・分析し、市場概要、収益化モデル別(サブスクリプションベース、広告ベース、トランザクションベース)分析、 …
  • 3Dセンサーの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、3Dセンサーの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(家電、産業、自動車、ヘルスケア、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市 …
  • 商用車テレマティクスの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、商用車テレマティクスの世界市場について調べ、商用車テレマティクスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、商用車テレマティクスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(LCV、M&HCV)、種類別(組み込みテレマティクス、ポータブルテレマティクス、スマートフォ …
  • 宇宙用SATCOM装置の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、宇宙用SATCOM装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(トランスポンダー、トランシーバー、コンバーター、アンプ、アンテナ)分析、衛星種類別(キューブサット、小、中、大)分析、エンドユーザー別(商業、政府、軍事)分析、用途別分析、宇宙用SATCOM装置の世界市場規模 …
  • 繊維薬品の世界市場:製品別(着色剤および助剤、仕上げ剤、コーティングおよびサイジング、界面活性剤)、用途別(アパレル、ホームファニシング)
    Grand View Research社は、繊維薬品の世界市場規模が年平均4.5%成長して2025年まで322.3億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、繊維薬品の世界市場について調査・分析し、繊維薬品の世界市場動向、繊維薬品の世界市場規模、市場予測、製品別(着色剤および助剤、仕上げ剤、コーティングおよびサイジング、界面活性剤)分析、主要地域別市 …
  • 自動車用バックアップカメラの世界市場2019-2026:位置別、車両タイプ別、販売経路別
    本調査レポートでは、自動車用バックアップカメラの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、位置別(表面実装、フラッシュ実装、ライセンス実装)分析、車両タイプ別(乗用車&商用車)分析、販売経路別(OEM及びアフターマーケット)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範 …
  • 世界のDNAシーケンス市場2020-2024
    「DNAシーケンスの世界市場2020-2024」は、DNAシーケンスについて市場概要、市場規模、ソリューション別(製品、サービス)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・DNAシーケン …
  • 世界の航空機用スイッチ市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の航空機用スイッチ市場が2018年21.3憶ドルから2027年32憶ドルまで年平均4.6%成長すると予測しています。当資料では航空機用スイッチについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(手動、自動、その他)分析、プラットフォーム別(回転翼、固定翼)分析、用途別(油圧シス …
  • 世界の空気処理市場2020-2024
    「空気処理の世界市場2020-2024」は、空気処理について市場概要、市場規模、製品別(空気清浄機、除湿機、加湿器)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・空気処理の世界市場:製品別( …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様