紫外線(UV)分析装置の世界市場予測:液体、ガス

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Study Objectives
1.2 UV Analyzer Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 19)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 List of Major Secondary Sources
2.1.1.2 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.1.3.1 Key Industry Insights
2.1.3.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Arriving at the Market Share By Bottom-Up Approach
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing the Market Share By Top-Down Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Growth Opportunities in Ultraviolet Analyzer Market
4.2 UV Analyzer Market, By Treatment Type
4.3 UV Analyzer Market, By Device Type
4.4 UV Analyzer Market, By Gas Application
4.5 UV Analyzer Market in APAC, By Industry and Country
4.6 UV Analyzer Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 36)
5.1 Introduction
5.1.1 Drivers
5.1.1.1 Rising Need to Protect the Environment Would Upsurge Demand for Ultraviolet Analyzers for Emission Monitoring
5.1.1.2 Stringent Environmental Standards and Regulations
5.1.2 Restraints
5.1.2.1 High Acquisition and Maintenance Cost
5.1.2.2 Fragmented Market With Many Specialist Suppliers
5.1.3 Opportunities
5.1.3.1 Developing Ultraviolet Analyzers With Improved Capacity
5.1.3.2 Growing Demand From Emerging Economies
5.1.4 Challenges
5.1.4.1 Design Constraints Limiting Compliance With Epa Guidelines for Air Monitoring
5.1.4.2 Lack of Skilled Labor
6 Ultraviolet Analyzer Market, By Treatment Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Liquid
6.2.1 Ultraviolet Analyzers are Mostly Used to Monitor Organic Compounds in Liquids
6.3 Gas
6.3.1 Gas Applications to Dominate Ultraviolet Analyzers Market During Forecast Period
7 Ultraviolet Analyzer Market, By Device Type (Page No. – 45)
7.1 Introduction
7.2 Online Devices
7.2.1 Online Ultraviolet Analyzers to Dominate the Market During Forecast Period
7.3 Field Devices
7.3.1 Field Ultraviolet Analyzers are Majorly Used in Water Monitoring, Laboratory Testing, and Air Quality Testing
8 Ultraviolet Analyzer Market, By Application (Page No. – 50)
8.1 Introduction
8.2 Liquid Applications
8.2.1 Pure Water
8.2.1.1 Ultraviolet is One of the Prominent Technologies for Obtaining High-Purity Water
8.2.2 Process Liquid
8.2.2.1 Oil & Gas Industry to Dominate Ultraviolet Analyzer Market for Process Liquid During Forecast Period
8.2.3 Wastewater
8.2.3.1 Ultraviolet Technology-Based Analysis has Been One of the Major Water Treatment Technologies Used in Environmental Industry
8.3 Gas Applications
8.3.1 Air Quality Monitoring
8.3.1.1 Growing Need for Environmental Protection and Stringent Regulations on Sulfur Content in Light Oil and Gasoline Boost the Adoption of Ultraviolet Analyzers
8.3.2 Emission Monitoring
8.3.2.1 Ultraviolet Analyzer Market for Emission Monitoring Expected to Grow at Highest Rate During Forecast Period
8.3.3 Process Monitoring
8.3.3.1 Growing Demand for Minerals and Natural Resources Boost the Growth of UV Analyzer Market for Process Monitoring
9 Ultraviolet Analyzer Market, By Industry (Page No. – 59)
9.1 Introduction
9.2 Semiconductor
9.2.1 Growth of UV Analyzer Market for Semiconductor Industry is Attributed to the Advent and Adoption of New Technologies
9.3 Food & Beverages
9.3.1 UV Analyzer Market for Food & Beverages is Expected to Hold the Largest Market Size in Us
9.4 Chemicals & Pharmaceuticals
9.4.1 Growth of UV Analyzer Market for Chemicals & Pharmaceuticals Industry is Attributed to Stringent Environmental Regulations
9.5 Oil & Gas
9.5.1 Oil & Gas Industry to Be the Fastest-Growing Market for Ultraviolet Analyzers
9.6 Energy & Power
9.6.1 Ultraviolet Analyzers are Deployed to Monitor the Levels of Organic Contamination in Energy & Power Industry
9.7 Environmental
9.7.1 Increasing Regulations Globally Regarding Environmental Safety and Pollution Drive the UV Analyzer Market
9.8 Others
10 Geographic Analysis (Page No. – 88)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 US
10.2.1.1 US to Dominate UV Analyzer Market During Forecast Period
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Chemicals & Pharmaceuticals Industry to Dominate UV Analyzer Market in Canada
10.2.3 Mexico
10.2.3.1 Manufacturing Activities and Increase in Foreign Direct Investments (FDIS) Drive the Growth of UV Analyzer Market in Mexico
10.3 Europe
10.3.1 Germany
10.3.1.1 Germany to Dominate Ultraviolet Analyzer Market in Europe
10.3.2 UK
10.3.2.1 Highly Stringent Government Regulations Drive the UV Analyzer Market in UK
10.3.3 France
10.3.3.1 Growing Demand From Oil & Gas Industry to Boost the Growth of UV Analyzer Market in France
10.3.4 Rest of Europe
10.4 APAC
10.4.1 China
10.4.1.1 China to Be the Largest Market for Ultraviolet Analyzers in APAC During Forecast Period
10.4.2 Japan
10.4.2.1 Japanese UV Analyzer Market Growth to Be Driven By the Expansion of Off-Grid Power Generation Plants
10.4.3 India
10.4.3.1 Increasing Industrialization to Drive the UV Analyzer Market in India
10.4.4 Rest of APAC
10.5 RoW
10.5.1 South America
10.5.1.1 Developments in Manufacturing Sector in South America to Drive the Regional UV Analyzer Market
10.5.2 Middle East
10.5.2.1 Growth of Oil & Gas Industry in Middle East to Drive UV Analyzer Market in RoW
10.5.3 Africa
10.5.3.1 Rapid Urbanization is One of the Major Factors Driving the Market Growth in Africa
11 Competitive Landscape (Page No. – 111)
11.1 Overview
11.2 Market Ranking Analysis
11.3 Competitive Leadership Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
11.4 Strength of Product Portfolio (For 25 Players)
11.5 Business Strategy Excellence (For 25 Players)
11.6 Competitive Scenario
11.6.1 Product Launches and Developments
11.6.2 Acquisition, Agreements, and Business Expansions
12 Company Profiles (Page No. – 118)
12.1 Introduction
12.2 Key Players
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
12.2.1 ABB
12.2.2 Ametek
12.2.3 Emerson
12.2.4 Horiba
12.2.5 Teledyne
12.2.6 Thermo Fisher Scientific
12.2.7 Halma
12.2.8 Xylem
* Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12.3 Other Key Players
12.3.1 Siemens
12.3.2 Servomex
12.3.3 Aeroqual
12.3.4 ECDI
12.3.5 Environnment
12.3.6 Vasthi Instruments
12.3.7 Agilent Technologies
12.3.8 Hitachi High-Technologies
12.3.9 Opsis
12.3.10 Advance Uv Systems
12.3.11 Realtech
12.3.12 Envirotech Instruments
13 Appendix (Page No. – 145)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details



  • 自動車用クロスカービームの世界市場予測・分析:SUV / MPV、ハッチバック、セダン
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用クロスカービームの世界市場について調べ、自動車用クロスカービームの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用クロスカービームの市場規模をセグメンテーション別(車種別(SUV / MPV、ハッチバック、セダン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出 …
  • 防水膜の世界市場:原材料別、種類別、用途別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは防水膜について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、原材料別(修正ビチューメン、PVC、EPDM、TPO、その他)分析、種類別(液体塗布膜、シートベースの膜)分析、用途別(屋根と壁、建物の構造、水と水の管理、鉱業用途)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブ …
  • 米飴(ライスシロップ)の世界市場:従来型米飴、有機米飴
    Technavio社の本調査レポートでは、米飴(ライスシロップ)の世界市場について調べ、米飴(ライスシロップ)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、米飴(ライスシロップ)の市場規模をセグメンテーション別(製品別(従来型米飴、有機米飴)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリ …
  • 世界のDC-DCコンバーター市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のDC-DCコンバーター市場が2018年64.3憶ドルから2027年319.8憶ドルまで年平均19.5%成長すると予測しています。当資料ではDC-DCコンバーターについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(1100W、600W、300W、その他)分析、入力電圧別(>75 …
  • プロセスオートメーション&計装の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、プロセスオートメーション&計装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、機器別(フィールド機器、制御バルブ、分析機器)分析、ソリューション別(APC、DCS、HMI、MES、PLC、安全オートメーション、SCADA)分析、産業別分析、プロセスオートメーション&計装の世界市場 …
  • カプノグラフィ装置の世界市場:製品別(ハンドヘルド、スタンドアロン)、技術別(マイクロストリーム、サイドストリーム)、コンポーネント別、用途別、エンドユーズ別
    Grand View Research社は、カプノグラフィ装置の世界市場規模が年平均17.8%成長して2026年まで15.8億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、カプノグラフィ装置の世界市場について調査・分析し、カプノグラフィ装置の世界市場動向、カプノグラフィ装置の世界市場規模、市場予測、製品別(ハンドヘルド、スタンドアロン)分析、コンポーネン …
  • ニュートリゲノミクスの世界市場予測・分析:用途別
    Technavio社の本調査レポートでは、ニュートリゲノミクスの世界市場について調べ、ニュートリゲノミクスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ニュートリゲノミクスの市場規模をセグメンテーション別(用途別(肥満、心血管疾患、がん研究)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavi …
  • 世界のフルクトース市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 世界の加水分解ヒアルロン酸市場 – 展望・2021-2027年の予測
  • 中国の人工血管市場規模・シェア・動向分析レポート:製品別、用途別(腎不全、血管閉塞、冠動脈疾患)、原材料別、セグメント別予測、2021年~2028年
  • 世界の患者ケア監視システム市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の患者ケア監視システム市場が2017年174.1憶ドルから2026年339.5憶ドルまで年平均7.7%成長すると予測しています。当資料では患者ケア監視システムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、製品別(神経監視デバイス、心臓監視デバイス、マルチパラメータ監視デバイス、血 …
  • 木材ペレットの世界市場:用途別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは木材ペレットについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、用途別(発電所、住宅暖房、商業暖房、熱電併給(CHP)暖房)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリー ・定義および範囲 ・市場動向 ・産業分析 ・木材ペレットの世界市場:用途別(発電所、住宅暖 …
  • パーソナライズ型ギフトの世界市場予測・分析:パーソナライズ型非写真ギフト、パーソナライズ型写真ギフト
    Technavio社の本調査レポートでは、パーソナライズ型ギフトの世界市場について調べ、パーソナライズ型ギフトの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、パーソナライズ型ギフトの市場規模をセグメンテーション別(製品別(パーソナライズ型非写真ギフト、パーソナライズ型写真ギフト)、パーソナライズ型非写真ギフ …
  • 建設用機械レンタルの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、建設用機械レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、装置別(土木、マテリアルハンドリング、道路建設およびコンクリート)分析、製品別(バックホー、ショベル、ローダー、クローラードーザー、クレーン、コンパクター、コンクリートポンプ)分析、建設用機械レンタルの世 …
  • 手術止血帯の世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、手術止血帯の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、製品タイプ別(止血帯システム、止血帯カフ)分析、用途別(膝関節形成術、四肢の切断、形成外科、外傷症例)分析、エンドユーザー別(病院、外来手術センター、専門クリニック)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分析などを含 …
  • 世界のコルゲートグリス市場展望、2021-2027年の予測
  • オピオイドの世界市場:製品別、用途別
    当調査レポートでは、オピオイドの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、製品別分析、用途別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・オピオイドの世界市場:製品別(コデイン、フェンタニル、メタドン、オキシコドン、モルヒネ、ヒドロコドン …
  • 世界のスマートバスチケットバリデータ(スマートバス発券機)市場展望、2021-2027年の予測
  • ビリヤード及びスヌーカー用品の世界市場予測・分析:ビリヤード&スヌーカーテーブル、ビリヤード&スヌーカーキュー及びボール
    Technavio社の本調査レポートでは、ビリヤード及びスヌーカー用品の世界市場について調べ、ビリヤード及びスヌーカー用品の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ビリヤード及びスヌーカー用品の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ビリヤード&スヌーカーテーブル、ビリヤード&スヌーカーキュー及びボー …
  • 成形パルプ包装の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、成形パルプ包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、由来種類別(木材および非木材)分析、成形タイプ別(厚壁、トランスファー、熱成形、加工済み)分析、製品別(トレイ、ボウル、カップ、プレート、クラムシェル)分析、エンドユーズ別分析、成形パルプ包装の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況 …
  • キャリアスクリーニングの世界市場予測:製品&サービス別、種類別、健康状態別、技術別
    MarketsandMarkets社は、キャリアスクリーニングの世界市場規模が2019年18億ドルから2024年40億ドルまで年平均17.5%成長すると予測しています。当調査レポートでは、キャリアスクリーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品&サービス別(サービス、製品)分析、種類別(拡張型キャリアスクリーニング、標的疾患キャリアスクリーニング …
  • 医療IT統合の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、医療IT統合の世界市場規模が2019年31億ドルから2024年53億ドルまで年平均10.9%成長すると予測しています。当調査レポートでは、医療IT統合の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(インターフェースエンジン、医療機器統合、メディア統合) …
  • 植栽機器の世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、植栽機器の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(シードドリル、プランター、エアシーダー)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規 …
  • テクニカルイラストレーションソフトウェアの世界市場2019-2026
    本資料は、テクニカルイラストレーションソフトウェアの世界市場について調べ、テクニカルイラストレーションソフトウェアの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、組織規模別(大企業、中小企業(SME))分析、業種別(自動車&機械、航空宇宙&防衛、建築、エンジニアリング&建設、ハイテク&通信、エネルギー、石油&ガス、その他)分 …
  • ポリグリシトールの世界市場、洞察 2021年、分析、2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界のエチレンテトラフルオロエチレン(ETFE)市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のエチレンテトラフルオロエチレン(ETFE)市場が2018年3億8,598万ドルから2027年8億3,446万ドルまで年平均9.8%成長すると予測しています。当資料では、エチレンテトラフルオロエチレン(ETFE)について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(パウダー、ペレ …
  • 自動車用ソレノイド市場:用途別(ボディ制御&内装、エンジン制御&冷却システム、安全性、HVAC)、車両タイプ別(PC、LCV、トラック、バス)、EVタイプ別(BEV、PHEV、FCEV)、バルブデザイン別、機能別、動作別、地域別 – 2026年までの世界予測
  • ナチュラルフレグランスの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ナチュラルフレグランスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、成分別(エッセンシャルオイル、天然エキス)分析、用途別(ファインフレグランス、パーソナルケア・化粧品、家庭用ケア)分析、ナチュラルフレグランスの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析な …
  • 世界のアフェクティブコンピューティング市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のアフェクティブコンピューティング市場が2018年170.6憶ドルから2027年1,182憶ドルまで年平均30.1%成長すると予測しています。当資料では、アフェクティブコンピューティングについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分 …
  • 廃棄物管理の世界市場2018-2025
    当調査レポートでは、廃棄物管理の世界市場について調査・分析し、市場概要、廃棄物種類別(都市ごみ、産業廃棄物、有害廃棄物)分析、サービス(収集&廃棄)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・廃棄物管理の世界市場:廃棄物種類別(都市ごみ、産業廃棄物、有害廃棄物) ・廃棄物管理 …
  • エンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスの世界市場:機会分析及び産業予測2019-2026
    本市場調査レポートではエンタープライズアジャイルトランスフォーメーションサービスについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、方法別(スクラム、スクラム/ XP、スクラムバン、かんばん、カスタムハイブリッド、その他)分析、サービスタイプ別(開発サービス、コンサルティングサービス、その他)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(BF …
  • 世界の抗菌繊維市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の抗菌繊維市場が2018年88.8憶ドルから2027年162憶ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。当資料では、抗菌繊維について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、繊維別(コットン、ポリアミド、ポリエステル、その他)分析、種類別(スチレン系ブロック共重合体、スチレンブ …
  • 運用分析の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、運用分析の世界市場について調べ、運用分析の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、運用分析の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(製造業、テレコム及びIT、金融、交通手段、小売、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロ …
  • 自動パーキングシステムの世界市場2019-2026
    本資料は、自動パーキングシステムの世界市場について調べ、自動パーキングシステムの世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(自動化モード別、半自律駐車システム、全自動駐車システム)分析、技術別(センサーテクノロジー、モバイルテクノロジー、RFIDテクノロジー、その他)分析、用途別(住宅、商業)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規 …
  • クリーンルーム用使い捨て手袋のアジア太平洋市場
  • 耕運機の世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、耕運機の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(リジッドモデル、油圧折りたたみモデル)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 …
  • 中電圧ケーブルの世界市場予測・分析:インストール別
    Technavio社の本調査レポートでは、中電圧ケーブルの世界市場について調べ、中電圧ケーブルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、中電圧ケーブルの市場規模をセグメンテーション別(インストール別(オーバーヘッド、地下、潜水艦)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は中 …
  • 無線電力伝送の世界市場2019-2026:技術別、実装別、受信用途別、送信用途別
    本調査レポートでは、無線電力伝送の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、技術別(近距離技術、遠距離技術)分析、実装別(アフターマーケット、統合)分析、受信用途別(スマートフォン、タブレット、ウェアラブルエレクトロニクス、ノートブック、その他の家電製品、電気自動車充電、産業用)分析、送信用途別(スタンドアロン充電器 …
  • 世界のパーティクルカウンター市場予測2024年:種類別、用途別、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、パーティクルカウンターの世界市場規模が2019年340百万ドルから2024年580百万ドルまで年平均11.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のパーティクルカウンター市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(浮遊粒子カウンター、液体粒子カウンター)分析、用途別(クリーンルームモニタリング、液体の汚染モ …
  • スプール可能パイプの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、スプール可能パイプの世界市場について調べ、スプール可能パイプの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スプール可能パイプの市場規模をセグメンテーション別(マトリックスタイプ別(熱可塑性、熱硬化性)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavi …
  • 世界の自動車用LEDヘッドランプ市場予測・分析2020-2024
    「自動車用LEDヘッドランプの世界市場2020-2024」は、自動車用LEDヘッドランプについて市場概要、市場規模、用途別(乗用車、商用車、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・自動車用LEDヘ …
  • イベント管理ソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、イベント管理ソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソフトウェア(イベント登録および発券ソフトウェア、イベントプランニングソフトウェア、イベントマーケティングソフトウェア)およびサービス)分析、展開タイプ別分析、組織サイズ別分析、エンドユーザー別分析、イベン …
  • 中毒症治療法の世界市場:アルコール中毒治療薬、たばこ中毒治療薬、薬物中毒治療薬
    Technavio社の本調査レポートでは、中毒症治療法の世界市場について調べ、中毒症治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、中毒症治療法の市場規模をセグメンテーション別(種類別(アルコール中毒治療薬、たばこ中毒治療薬、薬物中毒治療薬)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Techna …
  • 世界の脳モニタリング市場予測2024年:製品別、病気別、エンドユーザー別
    MarketsandMarkets社は、脳モニタリングの世界市場規模が2019年87億ドルから2024年116億ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。本書は、世界の脳モニタリング市場について調査・分析し、市場概要、製品別(デバイス、アクセサリー)分析、病状別(外傷性脳損傷、脳卒中、認知症、頭痛障害、睡眠障害、パーキンソン病、てんかん、ハンチントン病 …
  • アメリシウム-241(Am-241)の世界市場の洞察・予測(~2027年)
  • ウイルスろ過の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、ウイルスろ過の世界市場について調査・分析し、市場動向、競合分析、製品別(消耗品、機器、サービス)分析、技術別(ろ過、クロマトグラフィー)分析、用途別(生物製剤、医療機器、浄水、空気浄化)分析、エンドユーズ別(バイオ医薬品&バイオテクノロジー、CRO、医療機器会社、学術機関&研究)分析、地域別分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します …
  • 世界の石油・ガス中流市場規模調査:セクター別(輸送、貯蔵、ターミナル)、地域別予測 2021-2027年
  • 自動車照明の世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、自動車照明の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、市場背景、需要分析、価格分析、用途別(フロントヘッドライト、フォグランプ、リアライト、サイドライト、インテリアライト)分析、車両別(乗用車、 軽商用車、大型商用車、電気自動車、二輪車)分析、ライトソースタイプ別(ハロゲン、LED、キセノン)分析 …
  • 世界の陸上電力市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の陸上電力市場が2018年12.4憶ドルから2027年44.5憶ドルまで年平均15.3%成長すると予測しています。当資料では、陸上電力について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、連結別(新規インストール、レトロフィット)分析、設置別(ショアーサイド、シップサイド)分析、コンポー …
  • 世界の分子育種市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の分子育種市場が2018年18.2憶ドルから2027年85.6憶ドルまで年平均18.7%成長すると予測しています。当資料では、分子育種について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、マーカー別(一塩基多型(SNP)、シンプルシーケンスリピート(SSR)、その他)分析、プロセス別(マ …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様