クラウドインフラストラクチャサービスの世界市場予測:サービスとしてのストレージ、サービスとしての計算、サービスとしての災害復旧およびバックアップ

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 20)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.2.1 Market Scope
1.3 Years Considered for the Study
1.4 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Breakup of Primary Profiles
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Breakup and Data Triangulation
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Top-Down Approach
2.3.2 Bottom-Up Approach
2.4 Market Forecast
2.5 Assumptions for the Study
2.6 Limitations of the Study
3 Executive Summary (Page No. – 30)
4 Premium Insights (Page No. – 33)
4.1 Attractive Growth Opportunities in the Cloud Infrastructure Services Market
4.2 Market By Deployment Model, 2019
4.3 North America: Market By Service Type and Country
5 Cloud Infrastructure Services Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Changing Market Trends and Agility
5.2.1.2 Increasing Iaas Benefits
5.2.1.3 Increased Cost-Savings and ROI
5.2.1.4 Edge Computing Going Mainstream
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Concern Over Data Losses
5.2.2.2 Reluctance of Employees to Upgrade Existing Skills
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Increase in the Adoption of Hybrid Cloud Services
5.2.3.2 Rise in the Number of SMEs to Create New Revenue Opportunities for Cloud Vendors
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Increased Need to Manage Regulatory and Compliance Policy Needs
5.2.4.2 Compatibility Issues With Legacy Systems
5.2.4.3 Fear of Vendor Lock-In
5.3 Industry Trends
5.3.1 Use Case 1: IBM
6 Cloud Infrastructure Services Market By Service Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Compute as a Service
6.2.1 On-Demand Billing of Computing Resource to Drive the Demand for Compute as a Service
6.3 Storage as a Service
6.3.1 Simplified Implementation, Ease of Maintenance, and Maximum Return on Investment to Drive the Demand for Storage Services
6.4 Disaster Recovery and Backup as a Service
6.4.1 Need to Protect Data From Any Disaster to Drive the Demand for Disaster Recovery and Backup as a Service
6.5 Networking as a Service
6.5.1 Network as a Service to Enable Enterprises Optimize Network Streams
6.6 Desktop as a Service
6.6.1 Freedom of Accessing Desktops From Anywhere, Anytime, and Anyhow to Drive the Adoption of Desktop as a Service
6.7 Managed Hosting
6.7.1 Need to Reduce Redundancy and Latency in Orchestrating Storage and Keeping Full Control Over Content to Drive the Demand for Managed Hosting
7 Cloud Infrastructure Services Market By Deployment Model (Page No. – 55)
7.1 Introduction
7.2 Public Cloud
7.2.1 Lower Capital Expenditure and Higher Scalability Benefits to Drive the Demand for Public Cloud
7.3 Private Cloud
7.3.1 Concerns Over Security and Privacy to Drive the Deployment of Iaas on Private Cloud
7.4 Hybrid Cloud
7.4.1 Scalability, Security, and Cost-Effectiveness to Drive the Deployment of Infrastructure as a Service on Hybrid Cloud
8 Cloud Infrastructure Services Market By Organization Size (Page No. – 63)
8.1 Introduction
8.2 Small and Medium-Sized Enterprises
8.2.1 Reduced Cost of Implementation With Flexible Pricing Models Led to Higher Adoption of Iaas Among Small and Medium-Sized Enterprises
8.3 Large Enterprises
8.3.1 Benefit of Scaling Up Or Down the Infrastructure System as Per Business Requirements to Drive the Adoption of Iaas Among Large Enterprises
9 Cloud Infrastructure Services Market By Vertical (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Banking, Financial Services and Insurance
9.2.1 Unrivaled Level of Agility, Security, and Scalability to Drive the Demand for Iaas in Banking, Financial Services and Insurance Vertical
9.3 It and Telecommunications
9.3.1 Need to Enhance Customer Satisfaction and Provide Faster Time-To-Market for Satisfying Changing Customer Needs to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in It and Telecommunications Vertical
9.4 Government and Public Sector
9.4.1 Need to Increase Citizen Engagement and Government Favourable Policies of Digital Technologies to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in Government and Public Sector
9.5 Retail and Consumer Goods
9.5.1 Growing Competition to Increase Market Shares and Profit Margins to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in the Retail and Consumer Goods Vertical
9.6 Manufacturing
9.6.1 Growing Need to Optimize Product Manufacturing and Delivery Processes to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in the Manufacturing Vertical
9.7 Energy and Utilities
9.7.1 Growing Need to Manage Complex Operations and Ensuring Reliability of Power System to Boost the Adoption of Infrastructure as a Service in the Energy and Utilities Vertical
9.8 Media and Entertainment
9.8.1 Focus of Organizations on Maintaining Large Pool of Content With Low Capex to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in the Media and Entertainment Vertical
9.9 Healthcare and Life Sciences
9.9.1 Need to Streamline Patient Health and Enhance Medical Staff Productivity to Drive the Demand for Infrastructure as a Service in the Healthcare and Life Sciences Vertical
9.10 Others
10 Cloud Infrastructure Services Market By Region (Page No. – 78)
10.1 Introduction
10.2 North America
10.2.1 United States
10.2.1.1 Deployment of Infrastructure as a Service to Improve Scalability of Storage and Networks Among Enterprises Fueling the Market Growth in the United States
10.2.2 Canada
10.2.2.1 Greater Flexibility in Resource Allocation, Agility, and Scalability to Drive the Growth of the Cloud Infrastructure Services Market in Canada
10.3 Europe
10.3.1 United Kingdom
10.3.1.1 Need to Deliver Consistent Customer Service Experience to Drive the Adoption of Infrastructure as a Service in the United Kingdom
10.3.2 Rest of Europe
10.4 Asia Pacific
10.4.1 China
10.4.1.1 Increasing Investments By Organizations Toward Implementing Cloud Technology-Based Solutions to Fuel the Adoption of Infrastructure as a Service in China
10.4.2 Rest of Asia Pacific
10.5 Middle East and Africa
10.5.1 Kingdom of Saudi Arabia
10.5.1.1 Focus of Organizations on Lowering Costs of It Service Operations and Enhance Efficiency to Drive the Growth of the Cloud Infrastructure Services Market in Kingdom of Saudi Arabia
10.5.2 Rest of Middle East and Africa
10.6 Latin America
10.6.1 Brazil
10.6.1.1 Focus of Organizations on Reducing Capex to Drive the Growth of the Cloud Infrastructure Services Market in Brazil
10.6.2 Mexico
10.6.2.1 Digital Transformation in the Telecommunication Vertical to Propel the Adoption of Infrastructure as a Service in Mexico
10.6.3 Rest of Latin America
11 Competitive Landscape (Page No. – 113)
11.1 Introduction
11.2 Competitive Scenario
11.2.1 New Product/Service Launches
11.2.2 Business Expansions
11.2.3 Acquisitions
11.2.4 Partnerships
11.3 Competitive Leader Mapping
11.3.1 Visionary Leaders
11.3.2 Innovators
11.3.3 Dynamic Differentiators
11.3.4 Emerging Companies
12 Company Profiles (Page No. – 120)
12.1 Introduction
(Business Overview, Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
12.2 AWS
12.3 Microsoft
12.4 Google
12.5 IBM
12.6 Alibaba Cloud
12.7 Rackspace
12.8 Oracle
12.9 Fujitsu
12.10 VMware
12.11 Centurylink
12.12 Dimension Data
12.13 DXC
12.14 Verizon
12.15 Tencent
12.16 AT&T
12.17 NEC
12.18 Joyent
12.19 Virtustream
12.20 Digitalocean
12.21 Skytap
12.22 OVH
12.23 Bluelock
12.24 Navisite
*Details on Business Overview, Products & Services, Key Insights, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 169)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details



  • 世界のモニタリングパッチ市場展望、2021-2027年の予測
  • 硬質フェライト磁石の世界市場:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別、2021年の洞察、分析、2026年までの予測
  • 世界の殺藻剤市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の殺藻剤市場が2018年23億ドルから2027年47.1億ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。当資料では、殺藻剤について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、形態別(液体、固体)分析、製品別(天然殺藻剤、合成殺藻剤)分析、アクションのモード別(非選択的、選択的)分析、 …
  • 世界の食品加工用シール市場規模調査:素材タイプ別(金属、フェース材、エラストマー)、用途別(ベーカリー・菓子、食肉・鶏肉・魚介類、乳製品、飲料、その他)、地域別予測 2021-2027年
  • 世界のアプリコット市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートはアプリコットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(従来型アプリコット、オーガニックアプリコット)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー …
  • セラミックマトリックス複合材料の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、セラミックマトリックス複合材料の世界市場について調査・分析し、市場概要、複合タイプ別(炭化ケイ素強化炭化ケイ素(SIC / SIC)、炭素強化炭素(C / C)、酸化物-酸化物(OX / OX)およびその他(炭化ケイ素および炭素(SIC / C))分析、繊維種類別(短繊維および連続繊維)分析、繊維材料別(アルミナ繊維、非晶質セラミック繊維 …
  • 3Dプリントヘルスケアの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、3Dプリントヘルスケアの世界市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(システム/デバイス、材料、サービス)分析、技術別(液滴堆積(DD)、光重合、レーザービーム融解、電子ビーム融解(EBM)、積層物体製造)分析、用途別(外部ウェアラブルデバイス、臨床研究デバイス、インプラント、および組織工学)分析、エンドユーザー別(医療&外科 …
  • ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の世界市場について調べ、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤の市場規模をセグメンテーション別(用途別(自己免疫障害、腫瘍学)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、 …
  • シェールガス処理装置の世界市場:コンポーネント別
    当調査レポートでは、シェールガス処理装置の世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、コンポーネント別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・シェールガス処理装置の世界市場:コンポーネント別(コンプレッサー&ポンプ、電気機械 …
  • 世界の紙ストロー市場予測2024年:材料種類、製品種類別、ストロー長さ別、ストロー直径別、エンドユーズ用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、紙ストローの世界市場規模が2019年585百万ドルから2024年1687百万ドルまで年平均23.6%成長すると予測しています。当資料では、世界の紙ストロー市場を統合的に調査・分析し、市場概要、材料種類別(バージンペーパー、再生紙)分析、製品種類別(印刷済み、非印刷)分析、ストロー長さ別( 10.5インチ)分析、ストロー …
  • 世界の真空エバポレーター市場予測2024年:技術種類別、用途別、最終用途産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、真空エバポレーターの世界市場規模が2019年22億ドルから2024年31億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の真空エバポレーター市場を広く調査・分析し、市場概要、技術種類別(ヒートポンプ真空蒸発器、機械式蒸気再圧縮真空蒸発器、熱真空蒸発器)分析、用途別(排水処理、製品加工、その他) …
  • 炭酸エチレンの世界市場予測・分析:用途別
    Technavio社の本調査レポートでは、炭酸エチレンの世界市場について調べ、炭酸エチレンの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、炭酸エチレンの市場規模をセグメンテーション別(用途別(リチウム電池電解液、溶剤、潤滑剤、調光剤、その他)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio …
  • パワーバンクの世界市場:エネルギー源別、容量別、流通経路別、エンドユーザー別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではパワーバンクについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、エネルギー源別(電気、ソーラー)分析、容量別(最大3,000 mAh、3,001 mAh – 8,000 mAh、8,001 mAh – 20,000 mAh、20,000 mAh以上)分析、流通経路別(オンライン、オフライン)分析、バッテリータイプ別(リチウ …
  • 世界のリン酸鉄リチウム電池市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のリン酸鉄リチウム電池市場が2018年79憶ドルから2027年133.5憶ドルまで年平均6%成長すると予測しています。当資料では、リン酸鉄リチウム電池について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、製品種類別(リチウムコバルト酸化物、リチウムニッケルマンガンコバルト、酸化マンガンマ …
  • 世界の患者体温管理市場2020-2024
    「患者体温管理の世界市場2020-2024」は、患者体温管理について市場概要、市場規模、製品別(患者加温装置、患者冷却装置)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・患者体温管理の世界市 …
  • 偽造防止医薬品包装の世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、偽造防止医薬品包装の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場背景、市場予測、パッケージング形式別(小袋とポーチ、ボトル&ジャー、バイアルおよびアンプル、ブリスター、トレイ、その他)分析、技術別(RFID、ホログラム、大量エンコード、セキュリティインクとコーティング剤、セキュリティ印刷とグラフィックス、その他)分 …
  • 植物性タンパク質の世界市場予測:分離物、濃縮物、タンパク質粉
    当調査レポートでは、植物性タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(分離物、濃縮物、タンパク質粉)分析、用途別(タンパク質飲料、乳製品代替品、肉代替品、プロテインバー、加工肉、家禽&シーフード、ベーカリー製品)分析、由来別分析、植物性タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連 …
  • ペクチンの世界市場予測:HMペクチン、LMペクチン
    当調査レポートでは、ペクチンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(HMペクチン、LMペクチン)分析、原料別(柑橘類、リンゴ、テンサイ)分析、機能別分析、用途別(食品および飲料、医薬品およびパーソナルケア製品、産業用途)分析、ペクチンの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企 …
  • 市民サービス向けAIの世界市場2019-2026
    本資料は、市民サービス向けAIの世界市場について調べ、市民サービス向けAIの世界規模、市場動向、市場環境、用途別(交通及び輸送管理、医療、公共安全、公益事業及び一般サービス)分析、技術別(機械学習、自然言語処理、画像処理、顔認識)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです …
  • 新交通システムの世界市場2019-2029
    本調査は新交通システムについて、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、市場背景、システム別(モノレール、デュオレール、リニアモーターカー)分析、用途別(空港、都市交通、遊園地、ショッピングセンターまたは商業センター、その他)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分析、調査手法に区分して掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場 …
  • カルボキシメチルセルロースの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、カルボキシメチルセルロースの世界市場について調査・分析し、市場概要、純度レベル別(高純度、技術用、工業用)分析、用途別(食品、飲料、石油、精製、医薬品、塗料、繊維、化粧品、パーソナルケア、紙コーティング、家庭用ケア、その他)分析、プロパティ別(増粘剤、安定剤、バインダー、アンチレポジトリ剤、潤滑剤、乳化剤、賦形剤)分析、地域別分析、企業動 …
  • 世界の自動車用アフターマーケットショックアブソーバー市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは自動車用アフターマーケットショックアブソーバーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、車両種類別(乗用車、商用車)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブ …
  • 二酸化炭素の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、二酸化炭素の世界市場について調査・分析し、市場動向、由来別(水素、エチルアルコール、酸化エチレン、代替天然ガス、その他)分析、用途別(食品・飲料、石油・ガス、医療、ゴム、消火、その他)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・二酸化炭素の世界市場: …
  • 男性用スキンケア製品の世界市場2019-2029
    本調査は男性用スキンケア製品の現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、製品種類別(クレンザーと洗顔、保湿剤とクリーム、血清、オイル、トリートメント)分析、スキンタイプ別(油性肌、乾燥肌、敏感肌、コンビネーションスキン、ノーマルスキン)分析、価格帯別(エコノミー、ミッドレンジ、プレミアム) …
  • アスタキサンチンの世界市場規模・シェア・トレンド分析レポート:製品別(オイル、ソフトジェル、液体)、供給源別(天然、合成)、用途別(水産養殖・動物飼料、栄養補助食品)、地域別、セグメント別予測、2021年~2028年
  • アメリシウム-241(Am-241)の世界市場の洞察・予測(~2027年)
  • 自動車用ブレーキホイールシリンダーの世界市場予測・分析:乗用車、商用車
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用ブレーキホイールシリンダーの世界市場について調べ、自動車用ブレーキホイールシリンダーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用ブレーキホイールシリンダーの市場規模をセグメンテーション別(車種別(乗用車、商用車)、)と地域別(グローバル)に分けて …
  • 自己導尿カテーテルの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、自己導尿カテーテルの世界市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(断続的カテーテルおよび外部カテーテル)分析、種類別(男性型カテーテルおよび女性型カテーテル)分析、用途別(良性前立腺過形成、尿失禁、脊髄損傷、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマ …
  • ファブリックフィルターの世界市場予測:液体及びエアフィルターメディア
    当調査レポートでは、ファブリックフィルターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(液体及びエアフィルターメディア)分析、エンドユーズ産業別(食品および飲料、金属および鉱業、化学、医薬品、発電)分析、ファブリックフィルターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情 …
  • トラック及びトレースソリューションの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、トラック及びトレースソリューションの世界市場について調査・分析し、市場動向、競合分析、製品別(ハードウェアシステム、ソフトウェアソリューション)分析、技術別(バーコード、RFID)分析、用途別(シリアル化ソリューション、集計ソリューション)分析、エンドユーズ別(製薬会社、医療機器会社、ヘルスケア、食品および飲料、消費者向け包装品、高級品) …
  • SAVE観光の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、SAVE観光の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(科学、学術、ボランティア、教育)分析、販売チャネル別(旅行代理店、オンライン)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・SAVE観光の世界市場:種類別(科学、学術、ボランティア、教育 …
  • 世界の油圧ステアリングシステム市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の油圧ステアリングシステム市場は予測期間中に年平均7.2%で成長すると予測しています。当資料では油圧ステアリングシステムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、車両別(大型商用車、小型商用車、乗用車)分析、ステアリングシステム別(パワーアシストステアリングシステム、 …
  • スチール繊維の世界市場:種類別(フックスチールファイバー、ストレートスチールファイバー、クリンプスチールファイバー、変形スチールファイバー、その他)、製造プロセス別(カットワイヤー/冷間引抜き、スリットシート、溶融抽出物、その他)、用途別(コンクリート補強、複合補強、耐火物、その他)、地域別予測
    本資料は、スチール繊維の世界市場について調べ、スチール繊維の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(フックスチールファイバー、ストレートスチールファイバー、クリンプスチールファイバー、変形スチールファイバー、その他)分析、製造プロセス別(カットワイヤー/冷間引抜き、スリットシート、溶融抽出物、その他)分析、用途別(コンクリート補強、複合補強、耐火物、その他)分 …
  • セールスフォースサービスの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、セールスフォースサービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場背景、サービスタイプ別(プランニング、実装、管理)分析、用途別(セールスクラウド、サービスクラウド、マーケティングクラウド、 Appクラウド、コマースクラウド)分析、業界別(BFSI、メディア&コミュニケーション、小売およびCPG、公的機関、ヘル …
  • 世界のデニムジーンズ市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートはデニムジーンズの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範 …
  • 3Dレンダリングサービスの世界市場:機会分析及び産業予測2019-2026
    本市場調査レポートでは3Dレンダリングサービスについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、サービス別(インテリアの視覚化、エクステリアの視覚化、モデリングサービス、ウォークスルーとアニメーション、フロアプラン)分析、エンドユーザー別(建築家、デザイナー、エンジニアリング会社、不動産会社)分析、プロジェクトタイプ別(商業プロジェクト、住宅プ …
  • 住宅用太陽光発電システムの世界市場:PAYG製品、キャッシュ製品
    Technavio社の本調査レポートでは、住宅用太陽光発電システムの世界市場について調べ、住宅用太陽光発電システムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、住宅用太陽光発電システムの市場規模をセグメンテーション別(種類別(PAYG製品、キャッシュ製品)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。T …
  • 触媒の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、触媒の世界市場について調査・分析し、市場動向、原材料別(化学化合物、金属、ゼオライト、その他)分析、製品別(異種、同種)分析、用途別(化学合成、石油精製、ポリマー&石油化学、環境)分析、地域別分析などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・触媒の世界市場:原材料別(化学化合物、金属、ゼ …
  • 世界の微結晶セルロース(MCC)市場予測2024年:用途別、原料由来別、地域別
    MarketsandMarkets社は、微結晶セルロース(MCC)の世界市場規模が2019年938百万ドルから2024年1315百万ドルまで年平均7.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の微結晶セルロース(MCC)市場を広く調査・分析し、市場概要、由来別(木材ベース、非木材ベース)分析、用途別(食品&飲料、医薬品、化粧品、パーソナルケア、そ …
  • 蛇口の世界市場 2021-2025
  • 世界の品質管理ソフトウェア市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の品質管理ソフトウェア市場が2017年66.5憶ドルから2026年178.5憶ドルまで年平均11.6%成長すると予測しています。当資料では品質管理ソフトウェアについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、展開別(クラウドベース、オンプロミス)分析、ソリューション別(監査管理、キャ …
  • 圧力リベットねじの世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界のXRFアナライザー市場2013-2018及び市場予測2019-2027
  • 世界の業務用冷凍コンプレッサー市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 心臓POC試験装置の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、心臓POC試験装置の世界市場について調べ、心臓POC試験装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、心臓POC試験装置の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(病院・検査室、診断センター、歩行センター・医師診療所)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロ …
  • モバイル仮想化の世界市場2019-2026:機会分析・産業予測
    本調査レポートでは、モバイル仮想化の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、技術別(ハイパーバイザー、アプリケーションコンテナー)分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、業種別(IT&テレコム、建設&製造、BFSI、ヘルスケア、公共セクター、小売、教育、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめており …
  • IDaaS(サービスとしてのアイデンティティ)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、IDaaS(サービスとしてのアイデンティティ)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(プロビジョニング、シングルサインオン、および高度認証)分析、展開タイプ別分析、組織規模別分析、業種別(BFSI、通信およびIT、ヘルスケア、および公共部門)分析、IDaaS(サービスと …
  • 航空機用ギアボックスの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空機用ギアボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(エンジン、機体)分析、ギアボックス種類別(減速、アクセサリー、作動、テールローター、APU)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、航空機タイプ別(民間、軍事)分析、航空機用ギアボックスの世界市場規模及 …
  • インターモーダル貨物輸送の世界市場 2021-2025年
  • 使い捨て酸素マスクの世界市場:大人サイズ使い捨て酸素マスク、小児サイズ使い捨て酸素マスク
    Technavio社の本調査レポートでは、使い捨て酸素マスクの世界市場について調べ、使い捨て酸素マスクの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、使い捨て酸素マスクの市場規模をセグメンテーション別(製品別(大人サイズ使い捨て酸素マスク、小児サイズ使い捨て酸素マスク)、)と地域別(グローバル)に分けて算出 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様