農業IoTの世界市場予測:提供別、用途別

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 22)
1.1 Study Objectives
1.2 Market Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 25)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Major Secondary Sources
2.1.1.2 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Primary Interviews With Experts
2.1.2.2 Key Data From Primary Sources
2.1.2.3 Breakdown of Primaries
2.1.3 Secondary and Primary Research
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach for Capturing Market Size By Bottom-Up Approach (Demand Side):
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach for Capturing Market Size By Top-Down Approach (Supply Side):
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 35)
4 Premium Insights (Page No. – 39)
4.1 Attractive Opportunities in Agriculture IoT Market
4.2 Market in APAC, By Application and Country
4.3 Market, By Offering
4.4 Market, By Agriculture Type
4.5 Market, By Region
4.6 Geographic Analysis of Market
5 Market Overview (Page No. – 43)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing Adoption of IoT and AI By Farmers and Growers
5.2.1.2 Growing Focus on Livestock Monitoring and Disease Detection
5.2.1.3 Rising Demand for Agricultural Production Output
5.2.1.4 Governments Support to Adopt Modern Agricultural Techniques
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Fragmented Agriculture Industry
5.2.2.2 High Technological Cost and Limited Technical Knowledge and Skills of Farmers
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Advent of Big Data in Agriculture Farm
5.2.3.2 Introduction of Agriculture-Specific Applications in Smartphones
5.2.3.3 Adoption of Drones in Precision Farming
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Unavailability of Simple and Standardized Data Management and Data Aggregation Tools
5.2.4.2 Lack of Standardization in Smart Agriculture Industry
5.2.5 Emerging Trends in Agriculture Industry
5.2.6 Technologies Influencing Future Precision Agriculture – A Road Map
5.2.7 Supply Chain Analysis
5.3 Value Chain Analysis
5.3.1 Major Stakeholders in Precision Farming Ecosystem
6 Agriculture IoT Market, By Offering (Page No. – 53)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Precision Farming Hardware
6.2.1.1 Automation and Control Systems
6.2.1.1.1 Drones/UAVS
6.2.1.1.1.1 Use of Drones Or Unmanned Aerial Vehicles (UAVS) in Precision Farming Enables Cost Saving
6.2.1.1.2 Irrigation Controllers
6.2.1.1.2.1 Improved Efficiency of Agricultural Irrigation Systems Substantially Contributes to Effective Management of Water
6.2.1.1.3 GPS/GNSS Systems
6.2.1.1.3.1 GPS/GNSS-Based Systems Find Applications in Farm Planning, Field Mapping, Soil Sampling, Guidance Technology, Crop Scouting, and Yield Mapping
6.2.1.1.4 Flow and Application Control Devices
6.2.1.1.4.1 Use of Flow and Application Control Devices Enables Even Application of Materials
6.2.1.1.5 Guidance and Steering
6.2.1.1.5.1 Reduced Machinery Costs and Accurate Placement of Inputs are Key Benefits Offered By Guidance and Steering Systems
6.2.1.1.6 Handheld Mobile Devices/Handheld Computers
6.2.1.1.6.1 Handheld Displays are Used to Guide Operators Regarding Variable Rate Applications of Fertilizers, Pesticides, Seeding, Etc.
6.2.1.1.7 Displays
6.2.1.1.7.1 Displays are Used to View Field Maps and Grid Alignments, as Well as Navigate Tractors and Agricultural Equipment
6.2.1.1.8 Others
6.2.1.2 Sensing and Monitoring Devices
6.2.1.2.1 Yield Monitors
6.2.1.2.1.1 Yield Maps Provide Information for Determining Effects of Fertilizers, Pesticides, and Seeding, as Well as Practices Such as Tillage and Irrigation
6.2.1.2.2 Soil Sensors
6.2.1.2.2.1 Soil Moisture Measurement is Important as It Helps Farmers Manage Their Irrigation Systems More Efficiently
6.2.1.2.3 Water Sensors
6.2.1.2.3.1 Water Sensors are Used in Fish Farming to Measure and Detect Water Flow and Control Irrigation Effectively
6.2.1.2.4 Climate Sensors
6.2.1.2.4.1 Climate Sensors are Gaining Significance in Market as Climate Change is Becoming Huge Concern
6.2.1.2.5 Others
6.2.2 Precision Forestry Hardware
6.2.2.1 Harvesters & Forwarders
6.2.2.1.1 Harvesters and Forwarders are Major Components of the Ctl System
6.2.2.2 UAVS/Drones
6.2.2.2.1 Drones are Also Used to Capture Vital Forest Data Such as Depth of Snow in Forests and Extent of Carbon Storage Within Forest
6.2.2.3 GPS
6.2.2.3.1 GPS is Used in Forests for Site-Specific Tree Management With High Precision
6.2.2.4 Cameras
6.2.2.4.1 Demand for High-Resolution Cameras has Increased in Recent Years in Forests for Tree Monitoring
6.2.2.5 RFID and Sensors
6.2.2.5.1 RFID and Sensors are Used Extensively to Track, Identify, and Monitor Trees in Forests
6.2.2.6 Variable Rate Controllers
6.2.2.6.1 Variable Rate Controllers are Integrated With Efficient Ground-Based Machines, Smart Planting Systems, and Smart Spraying Systems for Application of Herbicides and Fertilizers
6.2.2.7 Others
6.2.3 Livestock Monitoring Hardware
6.2.3.1 RFID Tags and Readers
6.2.3.1.1 Growers Can Determine Each Animal in Livestock and Track Their History and Performance Through RFID Tags
6.2.3.2 Sensors
6.2.3.2.1 Temperature Sensors, Skin Conductivity Sensors, Motion Sensors, and Environmental Humidity Sensors are Used in Livestock Monitoring Applications
6.2.3.3 Control System
6.2.3.3.1 All-Weather Wireless Transmitters and Receiver Systems Can Be Used to Send Wireless Video and Audio
6.2.3.4 GPS
6.2.3.4.1 Finding Missing Livestock is Possible With Using GPS Systems
6.2.3.5 Others
6.2.4 Fish Farm Monitoring Hardware
6.2.4.1 GPS/GNSS
6.2.4.1.1 GPS GNSS Systems are Becoming Widely Used Tools in Fish Farming for Fish Tracking and Fleet Navigation
6.2.4.2 Sensors
6.2.4.2.1 Sensors are Used to Monitor Real-Time Parameters to Control Water Quality and Prevent Diseases That Could Affect Fish
6.2.4.3 Others
6.2.5 Smart Greenhouse Hardware
6.2.5.1 HVAC Systems
6.2.5.1.1 HVAC Plays Vital Role in Maintaining Ideal Temperature for Plant Growth in Greenhouses
6.2.5.2 Led Grow Lights
6.2.5.2.1 Grow Lights are Used as Supplemental Lighting Sources Stimulating Plant Growth in Greenhouses
6.2.5.3 Sensors
6.2.5.3.1 Sensors Provide Quantitative Information to Help Guide and Automate Decision-Making Process Pertaining to Smart Greenhouses
6.2.6 Others
6.3 Software
6.3.1 Local/Web Based
6.3.2 Cloud Based
6.3.2.1 Platform as A Service (PaaS)
6.4 Services
6.4.1 System Integration and Consulting
6.4.2 Managed Services
6.4.2.1 Farm Operation Services
6.4.2.1.1 Farm Operation Services Provide Information on Traditional Farm Operations Such as Record Keeping and Farm Mapping Resources (Labor)
6.4.2.2 Data Services
6.4.2.2.1 Data Platform Services in Smart Agriculture Market are Capable of Integrating Entire Value Chain of Agribusiness
6.4.2.3 Analytics
6.4.2.3.1 Analytics Services Involve Analysis of Acquired Farm Data and Provision of Real-Time Information
6.4.3 Connectivity Services
6.4.4 Assisted Professional Services
6.4.4.1 Supply Chain Management Services
6.4.4.2 Climate Information Services
6.4.4.3 Others
6.4.5 Maintenance and Support
7 Agriculture IoT Market, By Agriculture Type (Page No. – 87)
7.1 Introduction
7.2 Precision Farming
7.3 Precision Forestry
7.4 Livestock Monitoring
7.5 Smart Greenhouse
7.6 Fish Farm Monitoring
7.7 Others
8 Agriculture IoT Market, By Application (Page No. – 100)
8.1 Introduction
8.2 Precision Farming Applications
8.2.1 Yield Monitoring
8.2.1.1 Yield Monitoring Includes Soil Monitoring and Nutrient Monitoring
8.2.2 Field Mapping
8.2.2.1 Field Mapping is Done Using Handheld Devices and Systems Equipped With GPS/GNSS
8.2.3 Crop Scouting
8.2.3.1 Crop Scouting Includes Use of Sophisticated Devices Such as GPS Receivers on Vehicles
8.2.4 Weather Tracking and Forecasting
8.2.4.1 Weather Tracking Analysis Modules Include Handheld Instruments, Software, and Sensors That Alert Farmers Even When There are Minor Changes in Weather
8.2.5 Irrigation Management
8.2.5.1 Irrigation Management Helps Enhancing Productivity of Fields and Minimizing Wastages of Water, Soil Infertility, Salinization, and Crop Water Stress
8.2.6 Inventory Management
8.2.6.1 Effective Farm Inventory Management Plays Integral Role in Managing Farm Inventories
8.2.7 Farm Labor Management
8.2.7.1 Farm Labor Management Software Helps in Applications Such as Crew Deployment and Payroll Management
8.2.8 Financial Management
8.2.8.1 Financial Management has Become Easier Due to Precision Agriculture Software
8.2.9 Others
8.3 Precision Forestry Applications
8.3.1 Genetics and Nurseries
8.3.1.1 Unmanned Aerial Vehicles/Drones are Increasingly Being Used for Tree Plantation
8.3.2 Silviculture and Fire Management
8.3.2.1 Wireless Sensor Network-Based Forest Fire Detection Systems are Adopted in Silviculture and Fire Management Applications
8.3.3 Harvesting Management
8.3.3.1 Harvesting Management to Hold Largest Market Share During Forecast Period
8.3.4 Inventory and Logistics Management
8.3.4.1 Inventory and Logistics Management to Witness Highest CAGR in Market for Precision Forestry Applications During Forecast Period
8.4 Livestock Monitoring Applications
8.4.1 Feeding Management
8.4.1.1 Hardware and Software Products Help Formulate and Update Cows’ Diets to Avoid Overfeeding and Resultant Fluctuations in Milk Production
8.4.2 Heat Stress Management
8.4.2.1 Cattle are Sensitive to Air Temperature, Radiant Temperature, Air Velocity, and Relative Humidity
8.4.3 Milk Harvesting Management
8.4.3.1 Automated Milk Harvesting Reduces Labor Cost, Increases Milking Efficiency, and Leads to Higher Yields
8.4.4 Breeding Management
8.4.4.1 Breeding Management is Highly Effective and Sustainable Approach for Increasing Animal Productivity in Long Term
8.4.5 Animal Comfort Management
8.4.5.1 High Level of Animal Comfort Results in Prominent Production Level Per Animal and Higher Product Quality
8.4.6 Behavior Monitoring and Management
8.4.6.1 Growing Use of Computerized Dairy Management Systems Creates New Opportunities for Automatic Routine Monitoring of Livestock Behavior
8.4.7 Others
8.5 Fish Farm Monitoring Applications
8.5.1 Fish Tracking and Fleet Navigation
8.5.1.1 Fleet Navigation Provides Real-Time Visibility, Location, Status, and Diagnostics
8.5.2 Feeding Management
8.5.2.1 Feeding Management Includes Choosing Right Feed, Using Correct Feeding Method, Calculating Feeding Cost, and Ensuring Cost-Effectiveness of Fish Farms
8.5.3 Water Quality Management
8.5.3.1 Fish Farms are Equipped With Sensors and Other Devices to Sense Water Quality and Take Appropriate Actions
8.5.4 Others
8.6 Smart Greenhouse Applications
8.6.1 HVAC Management
8.6.1.1 Wireless Systems and Sensors are Deployed to Meet Greenhouse Requirements
8.6.2 Yield Monitoring
8.6.2.1 Yield Monitors Can Track Temperature, Humidity, Light, and Other Factors Around Plants to Maximize Smart Greenhouse Yield
8.6.3 Water and Fertilizer Management
8.6.3.1 Advanced Technology-Based Tools Such as Ozone Water Treatment Systems, Filtration Motors, and Temperature and Humidity Sensors are Used for Water Management in Smart Greenhouses
8.7 Other Applications
9 Agriculture IoT Market, By Geography (Page No. – 118)
9.1 Introduction
9.2 Americas
9.2.1 North America
9.2.1.1 US
9.2.1.1.1 Growers in US are Using Sensing Technologies, Hardware Equipment, and Advanced Software Solutions to Efficiently Manage Their Crops, Livestock, Fish Farms, and Greenhouses
9.2.1.2 Canada
9.2.1.2.1 Most Companies in Canada Offer Customized Services to Livestock Farmers, Thereby Enabling Them to Monitor Their Livestock More Efficiently
9.2.1.3 Mexico
9.2.1.3.1 Mexican Government Provides Financial Support to Promote Use of Agriculture IoT Technologies
9.2.2 South America
9.2.2.1 Brazil
9.2.2.1.1 Brazilian Farmers Hold Large Farmlands and Adopt Smart Agriculture Technologies Such as GPS Trackers, Drones, and Sensors to Maximize Overall Farm Yield With Reduced Costs
9.2.2.2 Argentina
9.2.2.2.1 Argentina is Emphasizing on Increasing Livestock Export By Opening International Markets, Repealing Government Export Regulations, and Adopting New Methods of Production
9.2.2.3 Rest of South America
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is Pioneer in Adoption of Agriculture IoT Solutions
9.3.2 UK
9.3.2.1 UK is Focusing on Changing Its Agriculture IoT Landscape By Entering Into New Era of Technological Developments to Meet Rising Demand for Food By Growing Population
9.3.3 France
9.3.3.1 Driven By High Value of Crop and Importance of Quality, Several Precision Farming Research Projects Exist in Wine Production Areas of France
9.3.4 Italy
9.3.4.1 Start-Up Companies in Italy are Working on Agriculture IoT Solutions
9.3.5 Netherlands
9.3.5.1 Netherlands is Witnessing Steady Adoption Rate of Agriculture IoT Technologies
9.3.6 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 China Holds Huge Opportunities for Market
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Japan is Technologically Advanced Country, Specifically in Agricultural Robotics and Precision Farming Technologies
9.4.3 Australia
9.4.3.1 Agriculture IoT in Australia is Dominated By Grains Industry
9.4.4 India
9.4.4.1 Adoption Rate of Agriculture IoT Technologies in India is Increasing Considerably
9.4.5 South Korea
9.4.5.1 South Korea has Presence of Many Smart Agriculture Device Providers and Manufacturers
9.4.6 Rest of APAC
9.5 Rest of World
9.5.1 Russia
9.5.1.1 Farmers and Growers in Russia are Using Some Precision Farming Technologies, Such as Navigation on Cultivators, GPS, and GIS
9.5.2 Africa
9.5.2.1 Farming Scenario has Been Changing in Africa With Introduction of Technologies Such as GPS/GIS and Drones
9.5.3 Middle East
9.5.3.1 Rapid Technological Developments in Big Data Analytics and Cloud Computing Platforms Contribute Significantly Toward Growth of Market in Middle East
10 Competitive Landscape (Page No. – 152)
10.1 Overview
10.1.1 Market Player Ranking Analysis
10.2 Competitive Leadership Mapping
10.2.1 Visionary Leaders
10.2.2 Dynamic Differentiators
10.2.3 Innovators
10.2.4 Emerging Companies
10.3 Strength of Product Portfolio
10.4 Business Strategy Excellence
10.5 Competitive Scenario
10.5.1 Product Launches, Product Developments, and Expansions
10.5.2 Agreements, Acquisitions, Collaborations, and Partnerships
11 Company Profiles (Page No. – 161)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View)*
11.1 Introduction
11.2 Key Players
11.2.1 Deere and Company
11.2.2 Trimble Inc.
11.2.3 Agco Corporation
11.2.4 Raven Industries
11.2.5 Delaval (Subsidiary of Tetra Laval International, S.A.)
11.2.6 GEA Group
11.2.7 Agjunction
11.2.8 Antelliq (Subsidiary of Merck & Co., Inc)
11.2.9 Ponsse
11.2.10 Komatsu Forest
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis & MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11.3 Other Key Players
11.3.1 Teejet Technologies
11.3.2 Topcon Positioning Systems
11.3.3 Dickey-John
11.3.4 Cropmetrics
11.3.5 DJI
11.3.6 Precisionhawk
11.3.7 Hexagon Agriculture
11.3.8 Granular
11.3.9 Tigercat
11.3.10 Tree Metrics
11.4 Innovators
11.4.1 Descartes Labs
11.4.2 Decisive Farming
11.4.3 Cainthus
11.4.4 Autonomous Tractor Corporation
11.4.5 Skyx
11.4.6 Nileworks Inc.
11.4.7 Gamaya
12 Appendix (Page No. – 198)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Available Customizations
12.4 Related Reports
12.5 Author Details



  • 世界の鉛フリー銅張積層板市場展望、2021-2027年の予測
  • 眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場:製品種類別(粘着性眼科用粘弾性、分散性眼科用粘弾性)、用途別(白内障手術、緑内障手術、角膜移植および硝子体網膜手術)、エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、その他)
    本資料は、眼科粘弾性装置(OVD)の世界市場について調べ、眼科粘弾性装置(OVD)の世界規模、市場動向、市場環境、製品種類別(粘着性眼科用粘弾性、分散性眼科用粘弾性)分析、エンドユーザー別(病院、眼科クリニック、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イン …
  • 世界のステアリルメチコン市場、洞察と2027年までの予測
  • オーガニック乳製食品及び飲料の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、オーガニック乳製食品及び飲料の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(オーガニックミルク、オーガニックヨーグルト、オーガニックチーズ、およびその他のオーガニックデイリーフードアンドドリンク)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・オー …
  • カメラ用ハンドヘルドジンバルの世界市場、洞察と2027年までの予測
  • カテーテルの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、カテーテルの世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(心臓血管カテーテル、泌尿器カテーテル、静脈カテーテル、神経血管カテーテル、特殊カテーテル)分析、流通チャンネル別(病院、小売店、その他(オンラインストア))分析、地域別分析、競合分析、企業動向、KOLコメンタリー、推薦事項などを含め次の構成でお届け致します。 ・レポート範囲 ・調 …
  • ソリッドステートクーリングの世界市場予測:冷凍システム及び冷却システム
    当調査レポートでは、ソリッドステートクーリングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、製品別(冷凍システムおよび冷却システム)分析、種類別(シングルステージ、マルチステージ、およびサーモサイクラー)分析、エンドユーザー産業別(自動車、半導体および電子機器、ヘルスケア、消費者)分析、ソリッドステートクーリング …
  • 世界の製薬用温度制御パッケージングソリューション市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • 公共安全におけるデジタル支出の世界市場2019-2026:構成要素別、エンドユーザー別
    本調査レポートでは、公共安全におけるデジタル支出の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、構成要素別(ソリューション、サービス)分析、エンドユーザー別(国土安全保障、防衛、防火セキュリティ、法律)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の定義・範囲 ・市場動向 ・産業分析 …
  • 種子処理の世界市場2019-2026:用途別、機能別、作物タイプ別、塗布方法別
    本調査レポートでは、種子処理の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、用途別(化学、非化学的/生物学的)分析、機能別(種子保護、種子強化、その他)分析、作物タイプ別(穀物&シリアル、油糧種子、野菜、その他)分析、塗布方法別(種子コーティング、種子ペレット化、シードドレッシング、その他)分析、地域別分析、競争状況など …
  • 延伸PTFE(ePTFE)の世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、延伸PTFE(ePTFE)の世界市場規模が2019年816百万ドルから2024年1105百万ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、延伸PTFE(ePTFE)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、フォーム別(シート、テープ …
  • 世界のクラウンクロージャー市場2014-2018及び機会分析2019-2027
  • ウイルスベクターの世界市場予測・分析:用途別
    Technavio社の本調査レポートでは、ウイルスベクターの世界市場について調べ、ウイルスベクターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ウイルスベクターの市場規模をセグメンテーション別(用途別(遺伝子治療、ワクチン)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はウイルスベク …
  • 世界の集じん器市場2014-2028及び機会分析2019-2029
  • 統合職場管理システムの世界市場2019-2026:オファリング別、展開タイプ別、業種別
    本調査レポートでは、統合職場管理システムの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、オファリング別(ソリューション&サービス)分析、展開タイプ別(オンプレミス&クラウド)分析、業種別(公共部門、IT&通信、銀行、金融サービス、保険、製造、小売、ヘルスケアなど)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグ …
  • 自動車用ギアの世界市場:材料タイプ別、用途別、製品タイプ別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは自動車用ギアについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、材料タイプ別(金属歯車、非金属ギア)分析、用途別(トランスミッションシステム、ディファレンシャルシステム、ステアリングシステム、その他)分析、製品タイプ別(平歯車、はすば歯車、かさ歯車、ウォームギア、遊星歯車、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスな …
  • 世界の自動車用燃料電池市場予測2028年:コンポーネント別、出力別、H2燃料ステーション別、車両タイプ別、地域別
    MarketsandMarkets社は、自動車用燃料電池の世界市場規模が2020年13.6千台から2028年932.6千台まで年平均69.7%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の自動車用燃料電池市場を広く調査・分析し、市場概要、業界トレンド、コンポーネント別(燃料スタック、燃料プロセッサー、パワーコンディショナー、空気圧縮機、加湿器)分析、電 …
  • 超音波ジェルの世界市場2019-2026:タイプ別、製品別
    本調査レポートでは、超音波ジェルの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、タイプ別(滅菌&非滅菌)分析、製品別(超音波ジェル、ECGジェル、産科ジェルなど)分析、エンドユーザー別(病院、クリニック、診断センター、外来手術センター)分析、地域別分析、競争状況などで構成されています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場の …
  • 世界のリン酸鉄リチウム電池市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のリン酸鉄リチウム電池市場が2018年79憶ドルから2027年133.5憶ドルまで年平均6%成長すると予測しています。当資料では、リン酸鉄リチウム電池について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、製品種類別(リチウムコバルト酸化物、リチウムニッケルマンガンコバルト、酸化マンガンマ …
  • 携帯電話アクセサリーの世界市場2019-2029
    本調査は携帯電話アクセサリーについて、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場背景、価格分析、分析、製品別(パワー・バンク、電池、充電器)分析、包装タイプ別(折りたたみカートン、クリアビューボックス、ポーチ&バッグ、クラムシェル、ブリスターパック)分析、価格別(プレミアム、ミディアム、ロー)分析、販売別(ブランド別、サードパーティ、ホワイトラベル/ブランドなし …
  • 建築用ハードウェアの世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートでは建築用ハードウェアについて、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(ドア、窓、家具、シャワー)分析、エンドユーザー別(商業、産業、住宅)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・建築用ハードウェアの世界市場:用途別(ドア、窓、家具、シャワー) …
  • 生細胞イメージングの世界市場:製品およびサービス別、用途別、エンドユーザー別
    世界の生細胞セルイメージング市場は、2018年に約19.1億米ドル、2019-2026年の予測期間にわたって9.0%以上の成長率で成長すると予想されています。 生細胞イメージングは、分析システム、または細胞分析装置、顕微鏡などのハイコンテンツスクリーニングおよびイメージングシステムによる生細胞の研究として定義できます。当調査レポートでは、生細胞イメージングの …
  • メディア・エンタテインメントにおけるデジタル著作権管理の世界市場規模、シェア、トレンド分析レポート:用途別(モバイルコンテンツ、ビデオオンデマンド、モバイルゲーム、アプリ)、企業規模別、地域別、セグメント予測、2021年~2028年
  • デジタルファブリック印刷用インクの世界市場2021年:メーカー別、地域別、タイプ別、用途別、2026年までの予測
  • 指紋センサーの世界市場予測:容量性、光学、熱、超音波
    当調査レポートでは、指紋センサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(容量性、光学、熱、超音波)分析、種類別(タッチ、スワイプ)分析、用途別(家電、銀行および金融、政府および法執行機関、商業、スマートホーム)分析、指紋センサーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届 …
  • 水素電解装置の世界市場:産業分析2014-2018・機会分析2019-2029
    当調査レポートでは、水素電解装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場背景、需要分析、価格分析、容量別(低( 1mW))分析、製品タイプ別(PEM電解槽、アルカリ電解槽、固体酸化物電解装置)分析、出口圧力別(低( 40バー))分析、エンドユーザー別(アンモニア、メタノール、精製/炭化水素、エレクトロニクス、エネルギー、輸送、金 …
  • 世界の醸造設備市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の醸造設備市場が2018年158.3憶ドルから2027年319.2憶ドルまで年平均8.1%成長すると予測しています。当資料では、醸造設備について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、材料の種類別(真鍮、銅、アルミニウム、ステンレス鋼、軟鋼)分析、流通経路別(オンライン、オフライン …
  • 実験質用装置サービスの世界市場予測:修理及びメンテナンス、キャリブレーション、検証
    当調査レポートでは、実験質用装置サービスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(修理及びメンテナンス、キャリブレーション、検証)分析、契約別(標準、カスタム)分析、装置別(分析、機器、一般、サポート)分析、サービスプロバイダー別(OEM)分析、実験質用装置サービスの世界市場規模及び予 …
  • フェノール樹脂の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、フェノール樹脂の世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(ノボラック樹脂、レゾール、その他)分析、用途別(木工用接着剤、成形品、断熱材、ラミネート、紙含浸、コーティング、その他)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・フェノール樹脂の世界市 …
  • ワークフォース分析の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ワークフォース分析の世界市場について調べ、ワークフォース分析の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ワークフォース分析の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(小売、金融、テレコム及びIT、医療、製造業、その他のエンドユーザー)、)と地域別(グロー …
  • 世界の移動・携帯型分光計市場 – 展望・2021-2027年の予測
  • 世界の三脚マウント型3Dレーザースキャナー市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の三脚マウント型3Dレーザースキャナー市場は予測期間中に年平均9.2%で成長しています。当資料では三脚マウント型3Dレーザースキャナーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(屋内用、屋外用)分析、用途別(航空宇宙および防衛、アーキテクチャとエンジニアリング、 …
  • 気管切開製品の世界市場2019-2026
    本資料は、気管切開製品の世界市場について調べ、気管切開製品の世界規模、市場動向、市場環境、タイプ別(気管切開チューブ、気管切開換気アクセサリー、気管切開クリーン&ケアキット、その他のアクセサリー)分析、技術別(手術的気管切開、経皮的拡張気管切開)分析、エンドユーザー別(病院及び外科センター、外来診療センター、在宅ケア設定、研究所及び学術機関)分析、アメリカ市 …
  • 燃料電池技術の世界市場:エンドユーザー別、用途別、種類別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは燃料電池技術について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、エンドユーザー別(燃料電池車、ユーティリティ、防衛)分析、用途別(ポータブル、ステーショナリー、移動)分析、種類別(プロトン交換膜燃料電池、リン酸燃料電池、アルカリ燃料電池、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しまし …
  • 世界の微量栄養肥料市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCによると、世界の微量栄養肥料市場は2018年から2027年まで年平均10.2%で成長しています。当資料では微量栄養肥料について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、形態別(非キレート化、キレート化)分析、種類別(モリブデン、鉄、ボロン、亜鉛、マンガン)分析、機能別(葉、施肥、土壌、その …
  • 世界のドライバー安全システム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のドライバー安全システム市場が2018年19.4817憶ドルから2027年42.3122憶ドルまで年平均9.0%成長すると予測しています。当資料では、ドライバー安全システムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、技術別(アイトラッキング、表情、心拍数モニタリング、車線出発シ …
  • 世界のコグニティブコラボレーション市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のコグニティブコラボレーション市場が2018年憶8億3156万ドルから2027年24億5853万ドルまで年平均12.8%成長すると予測しています。当資料では、コグニティブコラボレーションについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、組織規模別(大企業、中小企業)分析、コンポーネン …
  • 絹タンパク質の世界市場2019-2029
    本調査は絹タンパク質について、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品イノベーション・開発動向、市場指向のマーケットバズ、リスクと機会、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、バリューチェーン分析、製品別(セリシン、フィブロイン)分析、用途別(ヘアケア、スキンケア、アイケア、カラー化粧品、リップケア)分析、形態別(パウダー、オイル)分析、地域別分析、市場構造分 …
  • 世界のキャリブレーター市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 通信料金請求アウトソーシングの世界市場予測・分析:消費者種類別
    Technavio社の本調査レポートでは、通信料金請求アウトソーシングの世界市場について調べ、通信料金請求アウトソーシングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、通信料金請求アウトソーシングの市場規模をセグメンテーション別(消費者種類別(ワイヤレス、固定回線)、)と地域別(グローバル)に分けて算出し …
  • アスベストカバーオールの世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 屋根システムの世界市場:材料別、製品別、建設種類別、最終用途セクター別
    世界の屋根システム市場は2018年に約116.40億米ドル、2019-2026年の予測期間で3%以上の成長率で成長すると予想されます。 屋根システムという用語は、空気バリアまたは蒸気抑制剤、屋根断熱材、屋根膜、フラッシングおよび付属品を指します。当調査レポートでは、屋根システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、定義と範囲、動向、業界分析 …
  • レベルセンサーの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、レベルセンサーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、アプリケーションメディア別(固体、液体)分析、テクノロジー別(超音波、キャパシタンス、導電性、空気圧、振動プローブ、光学、マイクロ波/レーダー、磁歪、静水圧、 磁気および機械プローブ、ガイド波、レーザ、核、エア …
  • 工業用バルブの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、工業用バルブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場紹介、市場背景、成功要因、需要分析、バルブ素材別(鋳鋼、 炭素鋼、ステンレス鋼、ブロンズ、その他の合金)分析、バルブタイプ別(ゲート、グローブ、ボール、バタフライ、プラグ、チェック、安全リリーフ、その他のカスタマイズ)分析、最終用途産業別(石油ガス、化学、水と廃水、発 …
  • 自動車制御ケーブルの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、自動車制御ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、製品タイプ別(ドアケーブル、フードケーブル、伝送ケーブル、トランクケーブル、ブレーキケーブル、クラッチケーブル、スロットルケーブル、燃料キャップケーブル)分析、コーティング材別(PVCケーブル、ポリエチレン …
  • 軍事航空宇宙用コーティング剤の世界市場、洞察2021年、分析、2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 出血性疾患治療法の世界市場予測・分析:血友病A、血友病B、フォンウィルブランド病
    Technavio社の本調査レポートでは、出血性疾患治療法の世界市場について調べ、出血性疾患治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、出血性疾患治療法の市場規模をセグメンテーション別(種類別(血友病A、血友病B、フォンウィルブランド病)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Techna …
  • 世界の工業用床コーティング市場予測2024年:樹脂種類別、床材別、コーティング成分別、技術別、最終用途セクター別、地域別
    MarketsandMarkets社は、工業用床コーティングの世界市場規模が2019年55億ドルから2024年68億ドルまで年平均4.6%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の工業用床コーティング市場を広く調査・分析し、市場概要、樹脂種類別(エポキシ、ポリウレタン、ハイブリッド、その他)分析、床材別(コンクリート、モルタル、テラゾ、その他)分析 …
  • 世界の免税小売市場2020-2024
    「免税小売の世界市場2020-2024」は、免税小売について市場概要、市場規模、製品別(ファッションアパレル&アクセサリー、化粧品&香水、タバコ&アルコール飲料、菓子&高級食品)分析、流通チャンネル別(空港、国境・ダウンタウン・ホテルショップ、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析した …
  • モルト成分の世界市場2019-2029

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様