半透明コンクリートの世界市場予測:コンクリート、光学素子

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 17)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.2 Secondary Data
2.2.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.2.2 Primary Data
2.2.2.1 Key Data From Primary Sources
2.2.2.2 Key Industry Insights
2.2.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.3 Market Size Estimation
2.3.1 Supply Side Analysis
2.4 Data Triangulation
2.5 Assumptions
2.6 Limitations
3 Executive Summary (Page No. – 27)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Translucent Concrete Market
4.2 Translucent Concrete Market, By Application and Region, 2018
4.3 Translucent Concrete Market, By Raw Material
4.4 Translucent Concrete Market, By End-Use Industry
4.5 Translucent Concrete Market, By Key Countries
5 Macroeconomic Indicators (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.1.1 Rising Population
5.1.2 Increase in Middle-Class Population, 2009–2030
5.2 Trends and Forecast of GDP
5.3 Contribution of the Construction Industry to the GDP, By Country
6 Market Overview (Page No. – 38)
6.1 Introduction
6.2 Market Dynamics
6.2.1 Drivers
6.2.1.1 Increasing Need for Energy Conservation
6.2.1.2 Reduced Initial Maintenance and Enhanced Aesthetical Properties
6.2.2 Restraints
6.2.2.1 High Cost of Optical Fibers
6.2.2.2 Requirement of Skilled Labor
6.2.3 Opportunities
6.2.3.1 Road Safety and Security
6.2.3.2 Good Potential in Cold Regions
6.2.4 Challenges
6.2.4.1 Reduction in Cost of Production
6.3 Porter’s Five Forces Analysis
6.3.1 Bargaining Power of Suppliers
6.3.2 Bargaining Power of Buyers
6.3.3 Threat of Substitutes
6.3.4 Threat of New Entrants
6.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
7 Translucent Concrete Market, By Raw Material (Page No. – 42)
7.1 Introduction
7.2 Concrete
7.2.1 Concrete Offers A Hoard of Advantages, Including High Durability When Used as A Raw Material
7.3 Optical Elements
7.3.1 Optical Elements Help in Energy Conservation of an Infrastructure
8 Translucent Concrete Market, By Application (Page No. – 47)
8.1 Introduction
8.2 Facades & Wall Cladding
8.2.1 Translucent Concrete Allows Natural Light to Pass Through It When Used in This Application
8.3 Flooring
8.3.1 Translucent Concrete Helps in Rendering Aesthetic Appeal
8.4 Others
9 Translucent Concrete Market, By End-Use Industry (Page No. – 53)
9.1 Introduction
9.2 Construction & Infrastructure
9.2.1 Translucent Concrete is Experiencing High Demand in This Segment Due to Properties Such as Durability, High Mechanical Strength, and Energy Saving
9.3 Others
9.3.1 Furniture
9.3.2 Ornaments
10 Translucent Concrete Market, By Region (Page No. – 59)
10.1 Introduction
10.2 MEA
10.2.1 By Raw Material
10.2.2 By Application
10.2.3 By End-Use Industry
10.2.4 By Country
10.2.5 UAE
10.2.5.1 The Construction & Infrastructure Industry is Expected to Impact the Market in the Future
10.2.5.2 By Application
10.2.6 Saudi Arabia
10.2.6.1 Government’s Focus on Non-Oil Sectors and A Significant Number of Construction Projects are Helpful for the Market Growth
10.2.6.2 By Application
10.2.7 Rest of MEA
10.2.7.1 By Application
10.3 Europe
10.3.1 By Raw Material
10.3.2 By Application
10.3.3 By End-Use Industry
10.3.4 By Country
10.3.5 Hungary
10.3.5.1 Hungary is the Most Important Market for Translucent Concrete in Europe
10.3.5.2 By Application
10.3.6 Germany
10.3.6.1 Germany has the Presence of A Few Key Market Players, Which Makes the Country A Promising Market
10.3.6.2 By Application
10.3.7 France
10.3.7.1 France is A Developed Economy With A Prominent Construction Output
10.3.7.2 By Application
10.3.8 UK
10.3.8.1 The Country has One of the Established Construction & Infrastructure Industries in the Region
10.3.8.2 By Application
10.3.9 Italy
10.3.9.1 The Presence of A Diversified Construction & Infrastructure Industry is Boosting the Market
10.3.9.2 By Application
10.3.10 Russia
10.3.10.1 Urbanization is Driving the Construction Activities Significantly in the Country
10.3.10.2 By Application
10.3.11 Spain
10.3.11.1 as Construction is One of the Key Industrial Sectors of the Country, There are Growth Opportunities for the Market
10.3.11.2 By Application
10.3.12 Switzerland
10.3.12.1 The Market is Likely to Grow at A Decent Rate in the Country
10.3.13 Austria
10.3.13.1 The Recovery of the Economy and Investments in the Infrastructural Sector is Favorable for the Market Growth in the Country
10.4 North America
10.4.1 By Raw Material
10.4.2 By Application
10.4.3 By End-Use Industry
10.4.4 By Country
10.4.5 US
10.4.5.1 The Yearly Spending in the Construction Industry in the Country is Huge, Which is Propelling the Market
10.4.5.2 By Application
10.4.6 Canada
10.4.6.1 Heat Insulation and Light-Transmitting Properties of Translucent Concrete are Driving the Market in the Country
10.4.6.2 By Application
10.5 APAC
10.5.1 By Raw Material
10.5.2 By Application
10.5.3 By End-Use Industry
10.5.4 By Country
10.5.5 China
10.5.5.1 Government’s Focus on Using Eco-Friendly Construction Products is Fueling the Market
10.5.5.2 By Application
10.5.6 Japan
10.5.6.1 The Demand for Advanced Construction Solutions is Likely to Grow in the Country, Thereby Driving the Market
10.5.6.2 By Application
10.5.7 Australia
10.5.7.1 Focus on the Construction of Energy-Efficient Buildings is Favorable for the Translucent Concrete Market
10.5.7.2 By Application
10.5.8 South Korea
10.5.8.1 Restructuring of the Construction Industry is Expected to Drive the Market in the Country
10.5.8.2 By Application
10.5.9 Singapore
10.5.9.1 There is A Demand for High-Quality Construction With A Focus on Aesthetics in Singapore
10.5.9.2 By Application
10.5.10 Thailand
10.5.10.1 As One of the Popular Travel Destinations, the Country Focuses on the Development of Attractive Infrastructure
10.5.10.2 By Application
10.6 Latin America
10.6.1 By Raw Material
10.6.2 By Application
10.6.3 By End-Use Industry
10.6.4 By Country
10.6.5 Brazil
10.6.5.1 The Country is the Leading Market for Translucent Concrete in the Region
10.6.5.2 By Application
10.6.6 Mexico
10.6.6.1 The Infrastructure and Developmental Programs of the Federal Government is Helping in the Market Growth
10.6.6.2 By Application
11 Competitive Landscape (Page No. – 100)
11.1 Introduction
11.2 Market Ranking
11.3 Competitive Scenario
11.3.1 New Product Development
11.3.2 Agreement
11.3.3 Acquisition
12 Company Profiles (Page No. – 103)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Projects Undertaken, SWOT Analysis, MnM View)*
12.1 Litracon Ltd
12.2 LUCEM GmbH
12.3 Dupont Lightstone
12.4 CRE Panel GmbH
12.5 Italcementi SPA
12.6 Pan-United Corporation Ltd
12.7 Beton Broz
12.8 Glass Block Technology Limited
12.9 Florack Bauunternehmung GmbH
12.10 Illuminart
12.11 Other Players
12.11.1 Subin Translucent Concrete
12.11.2 Rocalite
12.11.3 Van Delft Westerhof
12.11.4 Akriti Engineers
12.11.5 Fapinex
12.11.6 Socrates Architect
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, Projects Undertaken, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
13 Appendix (Page No. – 123)
13.1 Discussion Guide
13.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
13.3 Available Customizations
13.4 Related Reports
13.5 Author Details



  • 世界のヘッドライト制御モジュール市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のヘッドライト制御モジュール市場が2018年341万ドルから2027年552万ドルまで年平均5.5%成長すると予測しています。当資料ではヘッドライト制御モジュールについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、車両の種類別(軽商用車、大型商用車、乗用車、電気自動車)分析、機能別(ベ …
  • 使用済み再生プラスチックの世界市場:PET、HDPE、PP、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、使用済み再生プラスチックの世界市場について調べ、使用済み再生プラスチックの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、使用済み再生プラスチックの市場規模をセグメンテーション別(材料種類別(PET、HDPE、PP、その他)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、中東 …
  • ソフトウェアテストサービスの世界市場:アプリケーションテスト、製品テスト
    Technavio社の本調査レポートでは、ソフトウェアテストサービスの世界市場について調べ、ソフトウェアテストサービスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ソフトウェアテストサービスの市場規模をセグメンテーション別(製品別(アプリケーションテスト、製品テスト)、エンドユーザー別(金融、テレコム及び …
  • 神経筋疾患治療法の世界市場:生物製剤、小分子
    Technavio社の本調査レポートでは、神経筋疾患治療法の世界市場について調べ、神経筋疾患治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、神経筋疾患治療法の市場規模をセグメンテーション別(種類別(生物製剤、小分子)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました …
  • 世界のスマート鉄道システム市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートはスマート鉄道システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(ソリューション、構成部品、サービス)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー …
  • 機内ケータリングサービスの世界市場:航空機クラス別(エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス)、フライトタイプ別(フルサービス・低コスト)、食品種類別(食事、パン、菓子、飲料、その他)
    本資料は、機内ケータリングサービスの世界市場について調べ、機内ケータリングサービスの世界規模、市場動向、市場環境、航空機クラス別(エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス)分析、食品種類別(食事、パン、菓子、飲料、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートで …
  • 気泡緩衝シート包装の世界市場2019-2029
    本調査は気泡緩衝シート包装について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、材料別(LDPE、HDPE、LLDPE)分析、製品種類別(バブルシート/ロール、バブルバッグ/メーラー)分析、最終用途別(製造と倉庫、Eコマース、物流と輸送)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分析に区分して掲載しています。 ・エグゼクティ …
  • PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場予測:PEK、PEEK、PEKK
    当調査レポートでは、PAEK(ポリアリールエーテルケトン)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(PEK、PEEK、PEKK)分析、フィラー別(ガラス充填、カーボン充填、未充填)分析、用途別(オイル&ガス、電気&エレクトロニクス、自動車、医療、航空宇宙)分析、PAEK(ポリアリールエ …
  • 医療出版の世界市場:ジャーナル、書籍、電子書籍
    Technavio社の本調査レポートでは、医療出版の世界市場について調べ、医療出版の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、医療出版の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ジャーナル、書籍、電子書籍)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(MEA)、北米、南米)に分けて算 …
  • 世界のメタン市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のメタン市場が2017年885.5憶ドルから2026年1512.7憶ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。当資料ではメタンについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、ソース別(合成、自然)分析、種類別(ガス化、発酵)分析、用途別(燃料、天然ガス、化学原料、液化天然ガス …
  • 世界のニンニク市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートはニンニクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(ハードネックガーリック、ソフトネックガーリック)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー …
  • LTCC (低温同時焼成セラミックス)・HTCC (高温同時焼成セラミックス)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、LTCC (低温同時焼成セラミックス)・HTCC (高温同時焼成セラミックス)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、プロセス種類別(LTCC、HTCC)分析、材料種類別(ガラスセラミック、セラミック)分析、エンドユーズ産業別(自動車、通信、航空宇宙・防衛、医療)分析、LT …
  • 専門科向けPACS(医用画像保存通信システム)の世界市場予測:放射線学、整形外科、腫瘍学、病理学、内視鏡検査、女性健康
    当調査レポートでは、専門科向けPACS(医用画像保存通信システム)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(放射線学、整形外科、腫瘍学、病理学、内視鏡検査、女性健康)分析、展開モデル別(オンプレミス、クラウド)分析、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、エンドユーザー別(病院 …
  • 麻酔・呼吸装置の世界市場:製品別(麻酔機器、呼吸器)
    Grand View Research社は、麻酔・呼吸装置の世界市場規模が年平均6.6%成長して2026年まで494億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、麻酔・呼吸装置の世界市場について調査・分析し、麻酔・呼吸装置の世界市場動向、麻酔・呼吸装置の世界市場規模、市場予測、製品別(麻酔機器、呼吸器)分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報な …
  • コネクテッドカーの世界市場:サービス別、フォーム別、ネットワーク別、トランスポンダー別、ハードウェア別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではコネクテッドカーについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、サービス別(コネクテッドサービス、安全性とセキュリティ、自動運転)分析、フォーム別(埋め込み、テザー、統合)分析、ネットワーク別(DSRC、セルラー)分析、POS別(OEM、アフターマーケット)分析、トランスポンダー別(OBU、RSU)分析、最終市場別(O …
  • 水産飼料の世界市場予測:魚、甲殻類、軟体動物
    当調査レポートでは、水産飼料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種別(魚、甲殻類、および軟体動物)分析、成分別(大豆、トウモロコシ、魚粉、魚油、添加物)分析、ライフサイクル別(スターターフィード、グローワーフィード、フィニッシャーフィード、およびブルーダーフィード)分析、フォーム別分析、水産飼料の世界市 …
  • ホットランナーの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、ホットランナーの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(バルブゲートホットランナー、オープンゲートホットランナー)分析、用途別(自動車産業、電子産業、医療産業、包装産業など)分析、地域別分析、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ホットランナーの世界市場:種類 …
  • 世界の食品検査キット市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の食品検査キット市場が2018年18憶ドルから2027年39.8憶ドルまで年平均9.2%成長すると予測しています。当資料では、食品検査キットについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、食品サンプル別(穀物、穀物、豆類、乳製品、果物と野菜、肉、家禽、シーフード製品、ナッツ)分析、 …
  • 世界の分散制御システム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の分散制御システム市場が2018年169憶ドルから2027年309.5億ドルまで年平均7.0%成長すると予測しています。当資料では、分散制御システムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(非ユーティリティ、ユーティリティ)分析、ボルテージ別(高、中)分析、コンポーネ …
  • 合成ポリイソプレンゴムの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、合成ポリイソプレンゴムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、用途別(医療用手袋、コンドーム、医療用バルーン、カテーテル、接着剤)分析、最終用途別(医療、消費財、産業用)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分析などを含め、以下の構成でお届けします。 ・エグゼクティ …
  • クラウドAPIの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、クラウドAPIの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(PaaS API、SaaS API、IaaS API、クロスプラットフォームAPI)分析、企業規模別(大企業、中小企業(SME))分析、業種別(BFSI、IT、通信、製造、教育、ヘルスケア、メディア&エンターテイメント、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以 …
  • クリーンラベル小麦粉の世界市場2019-2029
    本調査はクリーンラベル小麦粉について、エグゼクティブサマリー、市場概要、主要トレンド、製品イノベーション、製品指向のマーケットバズ、開発動向、市場動向、成功要因、顧客行動分析、価格分析、ソース別(小麦、コーン、米、ココナッツ、ライ麦)分析、用途別(ベーカリー製品、パスタと麺、ベビーフード、スープ、ソース、グレービー)分析、エンドユーザー別(食品業界、HoRe …
  • 自動車用インテリジェントガラスの世界市場:加熱ガラス、調光ガラス、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用インテリジェントガラスの世界市場について調べ、自動車用インテリジェントガラスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用インテリジェントガラスの市場規模をセグメンテーション別(技術別(加熱ガラス、調光ガラス、その他)、)と地域別(グローバル、アジ …
  • 内視鏡カメラシステムの世界市場:製品別(デバイス、付属品)、センサータイプ別、CMOS(相補型金属酸化膜半導体)、CCD(電荷結合デバイス)、用途別、胃腸病学、呼吸器学、整形外科、心臓病学、耳鼻咽喉科外科、婦人科、神経学、泌尿器科、エンドユーザー別(病院、診断センター、その他)-産業分析、サイズ、シェア、成長、トレンド、予測、2021-2031年
  • 電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場予測:電子ウェアラブル注入ポンプ、自動注射器、注射ペン、電子吸入器
    当調査レポートでは、電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(電子ウェアラブル注入ポンプ、自動注射器、注射ペン、電子吸入器)分析、疾患別(糖尿病、多発性硬化症、心血管疾患、喘息&COPD)分析、電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場規模及び予測、市場動向 …
  • 自動車用調整可能ステアリングシステムの世界市場:手動調整可能ステアリング、電気的調整可能ステアリング
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用調整可能ステアリングシステムの世界市場について調べ、自動車用調整可能ステアリングシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用調整可能ステアリングシステムの市場規模をセグメンテーション別(種類別(手動調整可能ステアリング、電気的調整可能ステ …
  • 留出油試験サービスの世界市場2019-2029
    本調査は留出油試験サービスの現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、試験タイプ別(灰分試験、流動点試験、引火点試験、酸化安定性、その他)分析、サービスタイプ別(オフサイト、オンサイト)分析、サンプルタイプ別(燃料油、潤滑油、真空軽油、バンカー燃料、残留燃料)分析、最終用途別(製油所、ケミカル、 研 …
  • スケール防止剤の世界市場:種類別、用途別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではスケール防止剤について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(ホスホネート、カルボキシレート/アクリル系スケール防止剤)分析、用途別(電力および建設、鉱業、石油およびガス、水および廃水処理、食品および飲料)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリ …
  • 皮革用化学染料の世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測、メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 自動車用マイクロコントローラの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用マイクロコントローラの世界市場について調べ、自動車用マイクロコントローラの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用マイクロコントローラの市場規模をセグメンテーション別(容量別(32ビットマイクロコントローラ、16ビットマイクロコントローラ、8ビ …
  • 変形性関節症治療法の世界市場予測:解剖学別、薬物種類別、投与経路別、流通チャンネル別
    当調査レポートでは、変形性関節症治療法の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、解剖学別(膝、股関節)分析、薬物種類別(NSAID、コルチコステロイド)分析、投与経路別(非経口、局所)分析、流通チャンネル別(病院薬局)分析、変形性関節症治療法の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業 …
  • ネオジムの世界市場:用途別(永久磁石、触媒、レーザー結晶、ネオジムガラス、電気コンデンサ、冶金、蛍光体・発光体、その他)-産業分析、サイズ、シェア、成長、トレンド、予測、2021年~2031年
  • 自動車用ディスプレイシステムの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、自動車用ディスプレイシステムの世界市場について調べ、自動車用ディスプレイシステムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自動車用ディスプレイシステムの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーズ別(OEM、アフターマーケット)、種類別、)と地域別(グローバル …
  • 世界の改ざん防止パッケージ市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の改ざん防止パッケージ市場は予測期間中に年平均5.2%成長すると予測しています。当資料では改ざん防止パッケージについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、材料別(プラスチック、紙蓋、金属、ガラス、その他)分析、製品別(ブリスター/ストリップパック、バブルパック、フィルム …
  • 世界の油圧式真空トレーラー市場、洞察と2027年までの予測
  • 音声バイオメトリクスの世界市場2019-2026
    本資料は、音声バイオメトリクスの世界市場について調べ、音声バイオメトリクスの世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(ソフトウェア&サービス)分析、用途別(アクセス制御&認証、不正検出&防止、法医学的音声分析&犯罪捜査など)分析、タイプ別(アクティブ音声バイオメトリクス及びパッシブ音声バイオメトリクス)分析、展開モデル別分析、組織規模別分析、アメリカ市 …
  • プロピレンイミンの世界市場の洞察2021年、分析、2026年までの予測:企業別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界のアクリルゴム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のアクリルゴム市場が2018年681.19百万ドルから2027年1,619.42百万ドルまで年平均10.1%成長すると予測しています。当資料では、アクリルゴムについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(ジエンアクリレートゴム、活性塩素アクリレートゴム、エポキシアクリレー …
  • 角膜厚測定の世界市場:非ハンドヘルド、ハンドヘルド
    Technavio社の本調査レポートでは、角膜厚測定の世界市場について調べ、角膜厚測定の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、角膜厚測定の市場規模をセグメンテーション別(製品別(非ハンドヘルド、ハンドヘルド)、用途別(屈折矯正手術、緑内障診断)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米 …
  • 世界のスポーツ分析市場予測2024年:スポーツ種類別、コンポーネント別、用途別、展開モデル別、地域別
    MarketsandMarkets社は、スポーツ分析の世界市場規模が2019年19億ドルから2024年52億ドルまで年平均22.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のスポーツ分析市場を広く調査・分析し、市場概要&業界トレンド、スポーツ種類別(個人スポーツ、チームスポーツ)分析、用途別(パフォーマンス分析、プレーヤー&チーム評価、プレーヤーフ …
  • 自動車用ポンプの世界市場:種類別(燃料ポンプ、ウォーターポンプ、フロントガラスウォッシャーポンプ、ステアリングポンプ、トランスミッションオイルポンプ、燃料噴射ポンプ、真空ポンプ、ヘッドライトウォッシャーポンプ)、車両種類別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV))、技術別(電動ポンプ、機械式ポンプ)、排気量別(固定排気量、可変排気量)、EVタイプ別(バッテリー電気自動車、燃料電池電気自動車、ハイブリッド電気自動車、プラグイン電気自動車)、地域別予測
    本資料は、自動車用ポンプの世界市場について調べ、自動車用ポンプの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(燃料ポンプ、ウォーターポンプ、フロントガラスウォッシャーポンプ、ステアリングポンプ、トランスミッションオイルポンプ、燃料噴射ポンプ、真空ポンプ、ヘッドライトウォッシャーポンプ)分析、車両種類別(小型商用車(LCV)、大型商用車(HCV))分析、技術別(電動ポ …
  • 世界の眼科治療市場2020-2024
    「眼科治療の世界市場2020-2024」は、眼科治療について市場概要、市場規模、製品別(網膜障害治療薬、緑内障治療薬、ドライアイ疾患治療薬、眼感染症および炎症治療薬、その他の治療薬)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 …
  • 世界の教室管理システム市場2020-2024
    「教室管理システムの世界市場2020-2024」は、教室管理システムについて市場概要、市場規模、エンドユーザー別(高等教育、K-12)分析、展開別(オンプレミス、クラウドベース)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフ …
  • バイオ医薬品受託製造(CMO)・受託開発(CRO)の世界市場:由来別、サービス種類別(受託製造、受託研究)、製品別(生物製剤、バイオシミラー)
    Grand View Research社は、バイオ医薬品受託製造(CMO)・受託開発(CRO)の世界市場規模が年平均7.7%成長して2025年まで378億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、バイオ医薬品受託製造(CMO)・受託開発(CRO)の世界市場について調査・分析し、バイオ医薬品受託製造(CMO)・受託開発(CRO)の世界市場動向、バイオ医 …
  • 世界の精密養殖市場予測2024年:システム種類別、用途別、提供別、地域別
    MarketsandMarkets社は、精密養殖の世界市場規模が2019年398百万ドルから2024年764百万ドルまで年平均14.0%成長すると予測しています。当資料では、世界の精密養殖市場を統合的に調査・分析し、市場概要、提供別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、システム種類別(スマート給餌システム、監視制御システム、水中ロボットシステム、その …
  • 5Gインフラストラクチャの世界市場予測:スモールセル&マクロセル
    当調査レポートでは、5Gインフラストラクチャの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、通信インフラ別(スモールセル&マクロセル)分析、コアネットワーク別(SDN、NFV)分析、ネットワークアーキテクチャ別(スタンドアロン、非スタンドアロン)分析、動作周波数別(サブ6GHz、6GHz以上)分析、5Gインフラスト …
  • 世界の動物用消毒剤市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の動物用消毒剤市場が2018年27.1憶ドルから2027年58.4憶ドルまで年平均8.9%成長すると予測しています。当資料では、動物用消毒剤について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、形態別(液体、粉体)分析、種類別(ヨウ素とヨードフォア、乳酸、ペルオキソ一硫酸カリウム、過酸化 …
  • 世界の金属フォーム市場予測2024年:材料別、用途別、エンドユーズ産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、金属フォームの世界市場規模が2019年84百万ドルから2024年103百万ドルまで年平均4.2%成長すると予測しています。本書は、世界の金属フォーム市場について調査・分析し、市場概要、材料別(アルミニウム、ニッケル、銅)分析、用途別(侵入防止バー、熱交換器、遮音材、その他)分析、エンドユーズ産業別(自動車、建設・インフ …
  • 世界の衛星データサービス市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の衛星データサービス市場が2018年62.9億ドルから2027年307.7億ドルまで年平均19.3%%成長すると予測しています。当資料では、衛星データサービスについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、サービス別(データ分析、画像データ)分析、エンドユーザー別(防衛とセキュリテ …
  • ロボットベット犬の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、ロボットベット犬の世界市場について調べ、ロボットベット犬の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ロボットベット犬の市場規模をセグメンテーション別(流通チャンネル別(オフライン、オンライン)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東・アフリカ(M …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様