航空における拡張現実及び仮想現実(AR VR)の世界市場予測:AR、VR

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Regional Scope
1.3.2 Years Considered
1.4 Currency & Pricing
1.5 Market Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 23)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.1.3 Market Definition & Scope
2.1.4 Segment Definitions
2.1.4.1 AR VR Market in Aviation, By Application
2.1.4.2 AR VR Market in Aviation, By Product
2.1.4.3 AR VR Market in Aviation, By Vertical
2.1.4.4 AR VR Market in Aviation, By Technology
2.1.4.5 AR VR Market in Aviation, By Function
2.1.4.6 AR VR Market in Aviation, By Component
2.2 Research Approach and Methodology
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 AR VR Market in Aviation
2.2.1.2 AR VR Market in Aviation By Training Function
2.2.1.3 AR VR Market in Aviation By Operations Function
2.2.1.4 Total AR VR Market in Aviation, By Country, Application, Vertical, and Product
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 AR VR Market in Aviation, By Technology
2.3 Data Triangulation & Validation
2.3.1 Triangulation Through Secondary
2.3.2 Triangulation Through Primaries
2.4 Research Limitations
2.5 Research Assumptions
2.6 Risks
3 Executive Summary (Page No. – 35)
4 Premium Insights (Page No. – 38)
4.1 AR VR Market in Aviation, 2019–2025
4.2 AR VR Market in Aviation, By Function
4.3 AR VR Market in Aviation, By Technology
4.4 AR VR Market in Aviation, By Country
5 Market Overview (Page No. – 40)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increased Demand for Higher Efficiency and Cost Saving in Aviation
5.2.1.2 Reduced Chances of Human Error
5.2.1.3 Improved Passenger Experience
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Privacy Concerns Regarding Personal Data
5.2.2.2 Associated Health Risks
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Integration of Artificial Intelligence (AI) and Machine Learning (ML) With AR VR
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Technology Limitations
5.2.4.2 Cyber Security Issues
6 Industry Trends (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Digital Reality
6.2.1 Augmented Reality (AR) Technology Trends
6.2.1.1 360-Degree View for Pilots
6.2.1.2 3D Aircraft Inspection and Maintenance
6.2.1.3 Enhanced Aviation Manufacturing
6.2.2 Virtual Reality (VR) Technology Trends
6.2.2.1 Immersive Training
6.2.2.2 Passenger Experience
6.2.3 Mixed Reality (Mr) Technology Trends
6.2.3.1 Mr Approach Towards MRO
6.2.3.2 Mr in Aviation Training and Manufacturing
6.2.4 Futuristic Trend: Wearable Cockpits
6.3 Innovation & Patent Registrations
7 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Technology (Page No. – 53)
7.1 Introduction
7.2 Augmented Reality
7.2.1 Marker-Based
7.2.1.1 Low Memory and Processing Capacity Requirements
7.2.1.2 Passive Markers
7.2.1.3 Active Markers
7.2.2 Non-Marker-Based
7.2.2.1 Real-Time and More Interactive Augmentation
7.2.2.2 Model-Based Tracking
7.2.2.3 Image-Based Tracking
7.3 Virtual Reality
7.3.1 Immersive
7.3.1.1 Enhanced User Experience
7.3.1.2 Semi-Immersive
7.3.1.3 Fully Immersive
7.3.2 Non-Immersive
7.3.2.1 Low-Cost Solutions and Technical Ease
8 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Function (Page No. – 59)
8.1 Introduction
8.2 Training
8.2.1 Pilots
8.2.1.1 Immersive Simulator Training Essential for Pilots
8.2.2 Crew & Ground Support Staff
8.2.2.1 Well-Trained Crew & Ground Staff Ensures Smooth Functioning of Airlines
8.2.3 Engineers
8.2.3.1 Reduced Human Error Drives the Demand for AR VR Training for Engineers
8.3 Operations
8.3.1 Airlines
8.3.1.1 Need to Reduce Airline Operating Costs Drives the Demand for AR VR
8.3.2 MRO
8.3.2.1 Quick MRO Turnaround Time Drives the Use of AR VR Technology
8.3.3 Airports
8.3.3.1 Increased Need for Connected and Smart Airports Drives the Demand for AR VR Technology
8.3.4 Aircraft
8.3.4.1 Demand for VR-Based In-Flight Entertainment Drives Its Market
8.3.5 Oems
8.3.5.1 Optimizing Aviation Manufacturing and Design Made Possible With AR VR
9 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Product (Page No. – 67)
9.1 Introduction
9.2 Head-Mounted Displays
9.2.1 Easy Real-Time Access to Information and Increased Field of View for Pilots
9.3 Head-Up Displays
9.3.1 Assists Pilots With Navigational Information During Take-Off and Landing
9.4 Handheld Devices
9.4.1 Improved Efficiency of Cabin Crew Training Drives the Market
9.5 Gesture-Tracking Devices
9.5.1 Used as A Medium to Interact and Navigate in the Virtual World
10 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Component (Page No. – 72)
10.1 Introduction
10.2 Hardware
10.2.1 Sensors
10.2.1.1 Accurate Input of Physical Environment Helps Track A User’s Position
10.2.2 Processors & Controllers
10.2.2.1 Need for Better Computing Power Drives the Market
10.2.3 Displays
10.2.3.1 Demand for Next-Generation Miniature Displays Drives the Market
10.2.4 Cameras
10.2.4.1 Use of 3D Cameras Aids Growth of the AR VR Market
10.2.5 Others
10.3 Software
10.3.1 Augmented Reality
10.3.1.1 Widely Used in Crew Training Programs
10.3.2 Virtual Reality
10.3.2.1 Increasing Use of Simulators in Training Programs Drives the Market
11 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Application (Page No. – 78)
11.1 Introduction
11.2 On-Board
11.2.1 In-Flight Entertainment
11.2.1.1 Need to Upgrade Passenger Experience is Accelerating the Use of VR Devices in Aviation
11.2.2 Flight Deck Systems
11.2.2.1 Trend of Automated Pilot Assistance to Drive the Demand for AR VR in Cockpits
11.3 Off-Board
11.3.1 Increasing Efficiency and Cost Savings are Possible Using AR VR Technology
12 Augmented Reality and Virtual Reality Market in Aviation, By Vertical (Page No. – 83)
12.1 Introduction
12.2 Civil
12.3 Military
13 Regional Analysis (Page No. – 86)
13.1 Introduction
13.2 North America
13.2.1 US
13.2.1.1 Presence of Key AR VR Players is Driving Demand in the US
13.2.2 Canada
13.2.2.1 High Projected Demand is Expected to Drive the Market
13.3 Europe
13.3.1 France
13.3.1.1 Partnerships Between Aircraft Oems and AR VR Players Driving the Market
13.3.2 UK
13.3.2.1 High Passenger Traffic Driving the Need for Operational Efficiency Via AR VR Technology at Airports
13.3.3 Germany
13.3.3.1 Partnerships Between Airlines and AR VR Players Driving the Market
13.3.4 Rest of Europe
13.3.4.1 Military Fighter Procurement and Presence of Major Airports Driving the Demand for AR VR Technology
13.4 Asia Pacific
13.4.1 China
13.4.1.1 Large Aircraft Fleet and Military Spending Driving the Demand
13.4.2 India
13.4.2.1 New Airport Projects Driving the Demand for Off-Board AR VR Technology
13.4.3 Japan
13.4.3.1 Strong Capabilities in Electronics Driving the Market
13.4.4 Singapore
13.4.4.1 AR VR in MRO Training and Operations Driving the Market
13.4.5 Rest of Asia Pacific
13.4.5.1 AR VR Demand is Driven By Passenger Traffic Due to Increased Tourism
13.5 Rest of the World
13.5.1 Latin America
13.5.1.1 Presence of Aircraft Oems Driving the Market
13.5.2 Middle East
13.5.2.1 Airlines & MRO Training and Operations Driving the Demand
13.5.3 Africa
13.5.3.1 Growth in Passenger Traffic Driving the Market
14 Competitive Landscape (Page No. – 117)
14.1 Introduction
14.2 Competitive Analysis
14.2.1 AR VR Market in Aviation Competitive Leadership Mapping (Overall Market)
14.2.1.1 Visionary Leaders
14.2.1.2 Innovators
14.2.1.3 Dynamic Differentiators
14.2.1.4 Emerging Companies
14.3 Competitive Scenario
14.3.1 Contracts
14.3.2 New Product Launches
14.3.3 Collaborations and Partnerships
14.3.4 Other Strategies
15 Company Profiles (Page No. – 126)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
15.1 Microsoft Corporation
15.2 Google Inc.
15.3 Eon Reality
15.4 Aero Glass
15.5 Upskill
15.6 Sita
15.7 HTC
15.8 Bohemia Interactive Simulations
15.9 Oculus VR
15.10 Skylights Aero
15.11 Magic Leap
15.12 PTC Inc
15.13 Fountx
15.14 Future Visual
15.15 Jasoren
15.16 Atheer Air
15.17 Elbit Systems
15.18 Honey Well
15.19 Sony
15.20 IBM
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
16 Appendix (Page No. – 155)
16.1 Discussion Guide
16.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
16.3 Available Customizations
16.4 Related Reports



  • 世界の電子タバコ市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の電子タバコ市場が2017年93.9憶ドルから2026年583.2憶まで年平均22.5%成長すると予測しています。当資料では電子タバコについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、製品別(Cig-A-Like、使い捨て可能モデル)分析、アフターマーケット別(バッテリーと充電器、詰 …
  • 世界の気中回路遮断器(ACB)市場予測2024年:電圧別、種類別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、気中回路遮断器(ACB)の世界市場規模が2019年30億ドルから2024年39億ドルまで年平均5.2%成長すると予測しています。本書は、世界の気中回路遮断器(ACB)市場について調査・分析し、市場概要、電圧別(低電圧(
  • 世界の電磁クラッチ市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の電磁クラッチ市場が2017年32.7314憶ドルから2026年53.4491憶ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。当資料では電磁クラッチについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、製品タイプ別(湿式、乾式、磁性粉タイプ、その他)分析、エンドユーザー別(自動車産業、 …
  • 世界のベースオイル市場予測2024年:グループ別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ベースオイルの世界市場規模が2019年337億ドルから2024年396億ドルまで年平均3.3%成長すると予測しています。本書は、世界のベースオイル市場について調査・分析し、市場概要、種類別(グループI、グループII、グループIII、グループIV、グループV)分析、用途別(自動車用オイル、工業用オイル、金属加工液、油圧オ …
  • 小水力発電の世界市場:容量別、種類別、コンポーネント別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは小水力発電について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、容量別(最大1 MW、1〜10 MW)分析、種類別(マイクロ水力、ミニ水力)分析、コンポーネント別(電気機械装置、電気インフラ、土木工事、その他)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリー ・定義 …
  • 世界の水フロッサ市場2013-2018及び市場予測2019-2027
  • 外科用ディスプレイの世界市場 2021年:メーカー別、地域別、種類・用途別、2026年までの予測
  • 比色計の世界市場2019-2029
    本調査は比色計について、エグゼクティブサマリー、市場動向、市場概要、成功要因、価格分析、バリュー分析、市場背景、ポータビリティ別(固定式、移動式)分析、製品別(カラー濃度計、カラー測光器)分析、最終用途別(医薬品、食料と飲料、塗料と繊維、ケミカル、研究および教育機関)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分析、調査手法に区分して掲載しています。 ・エグゼクティ …
  • 船舶用シートの世界市場予測:商用、軍用
    当調査レポートでは、船舶用シートの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、船舶種類別(商用、軍用)分析、座席種類別(キャプテンシート/ヘルムシート、乗員席、助手席、一般座席)分析、コンポーネント別(ペデスタル、スイベル、スライド、シートマウント)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケッ …
  • 世界のサービスとしてのエネルギー市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のサービスとしてのエネルギー市場が2018年469.3憶ドルから2027年1260.2憶ドルまで年平均11.6%成長すると予測しています。当資料では、サービスとしてのエネルギーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コンポーネント別(サービス、ソリューション)分析、エンドユ …
  • 掘削廃棄物管理の世界市場2019-2026
    本資料は、掘削廃棄物管理の世界市場について調べ、掘削廃棄物管理の世界規模、市場動向、市場環境、サービス別(処理&廃棄、封じ込め&取り扱い、固形物管理)分析、用途別(オンショア&オフショア)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブ …
  • 世界の卵殻膜パウダー市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 飼料用プレミックスの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarkets社は、飼料用プレミックスの世界市場規模が2019年216億ドルから2025年309億ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。当調査レポートでは、飼料用プレミックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、成分種類別(ビタミン、ミネラル、アミノ酸、抗生物 …
  • 世界の包装用カーボンブラック市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • 世界の電子棚ラベル市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の電子棚ラベル市場が2017年4.3593憶ドルから2026年27.2170憶ドルまで年平均22.6%成長すると予測しています。当資料では電子棚ラベルについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コンポーネン別(バッテリー、ディスプレイ、マイクロプロセッサ、ハードウェア、サービス …
  • ポーチの世界市場予測:スタンドアップ、フラット、ロールストック
    当調査レポートでは、ポーチの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(スタンドアップ、フラット、ロールストック)分析、材料別(プラスチックフィルム、アルミ箔、紙、バイオプラスチック)分析、処理タイプ別(標準、無菌、レトルト、ホットフィル)分析、ポーチ重量別分析、ポーチの世界市場規模及び予測、市場動向、競 …
  • 防虫剤の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、防虫剤の世界市場について調査・分析し、市場概要、昆虫種類別(蚊、虫、ハエ忌避剤、およびその他)分析、製品種類別(気化器、スプレー、クリーム、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・防虫剤の世界市場:昆虫種類別(蚊、虫、ハエ忌避剤、およ …
  • コンクリート混和剤の世界市場:用途別
    Technavio社の本調査レポートでは、コンクリート混和剤の世界市場について調べ、コンクリート混和剤の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、コンクリート混和剤の市場規模をセグメンテーション別(用途別(家庭、商業、インフラ)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社はコンク …
  • 世界の子供用フットウェア市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは子供用フットウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、流通経路別(オフライン、オンライン)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート …
  • 世界の歯科生体材料市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは歯科生体材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(骨移植、膜及び組織再生製品)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 …
  • 沿岸監視の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、沿岸監視の世界市場規模が2017年306.2億ドルから2026年487.3億ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。当調査レポートでは、沿岸監視の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、沿岸監視市場規模、組織別(全国、地域、港)分析、規模別(中規模監視、大規模監視)分析、用途別(コマンド&コントロール、コ …
  • 世界の製薬用温度制御パッケージングソリューション市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • 世界のジオフォーム市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のジオフォーム市場が2018年7億3,895万ドルから2027年15億1,450万ドルまで年平均8.3%成長すると予測しています。当資料では、ジオフォームについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(押出ポリスチレン(XPS)、発泡ポリスチレン(EPS))分析、用途別(振 …
  • 熱変色性材料の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、熱変色性材料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、材料別(ロイコ染料、液晶、顔料)分析、エンドユーズ産業別(包装、印刷およびコーティング、医療、繊維)分析、熱変色性材料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。MarketsandMarket …
  • フェンスの世界市場:材料別、用途別(住宅、農業、産業)、エンドユーズ別
    Grand View Research社は、フェンスの世界市場規模が2025年まで37,414.5百万ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、フェンスの世界市場について調査・分析し、フェンスの世界市場動向、フェンスの世界市場規模、市場予測、材料別分析、エンドユーズ別分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致しま …
  • 非経口製品用包装の世界市場予測・分析:プレフィルドシリンジ、非経口バイアルおよびアンプル、ボトル、チューブ、ポーチ、プレフィルド吸入器
    Technavio社の本調査レポートでは、非経口製品用包装の世界市場について調べ、非経口製品用包装の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、非経口製品用包装の市場規模をセグメンテーション別(製品別(プレフィルドシリンジ、非経口バイアルおよびアンプル、ボトル、チューブ、ポーチ、プレフィルド吸入器)、)と …
  • 世界の原子磁力計市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の原子磁力計市場は2017年から2026年まで年平均6.9%で成長しています。当資料では原子磁力計について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、製品別(スピン交換緩和フリー(SERF)磁力計、冷原子磁気測定)分析、チャンネル別(販売代理店、直接販売)分析、エンドユーザー別 …
  • 世界のFMCGパッケージ市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のFMCGパッケージ市場が2018年5233.5憶ドルから2027年8993.2憶ドルまで年平均6.2%成長すると予測しています。当資料では、FMCGパッケージについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、パッケージの種類別(紙ベースの包装、カスタム包装、フレキシブル包装、硬質プ …
  • NANDフラッシュの世界市場予測・分析:3D NAND、2D NAND
    Technavio社の本調査レポートでは、NANDフラッシュの世界市場について調べ、NANDフラッシュの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、NANDフラッシュの市場規模をセグメンテーション別(種類別(3D NAND、2D NAND)、用途別(スマートフォン、SSD、メモリーカード、タブレット、その …
  • 買掛金 (AP) 自動化の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、買掛金 (AP) 自動化の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ソリューション及びサービス)分析、組織規模別分析、展開タイプ別分析、産業別(BFSI、IT&テレコム、製造、消費財&小売、ヘルスケア、エネルギー&ユーティリティ)分析、買掛金 (AP) 自動 …
  • バーベキュー用炭の世界市場の洞察2021年、分析、2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 先進運転支援システムの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、先進運転支援システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、市場背景、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、最終用途別(自動車OEM、ティア1サプライヤー、研究所およびその他の研究所)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分析などを含め、以下の構成でお届けします。 ・エグ …
  • 身体障害者向け車両の世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、身体障害者向け車両の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車種別(アダプティブ4輪車、モビリティスクーター)分析、製造種類別(OEM・サードパーティカスタマイズ)分析、エントリーメカニズム別分析、エントリーコンフィギュレーション別分析、身体障害者向け車両の世界市場規模及び予測、市場動向、 …
  • スプライシングテープの世界市場:アクリル、ゴム、シリコーン、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、スプライシングテープの世界市場について調べ、スプライシングテープの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、スプライシングテープの市場規模をセグメンテーション別(材料別(アクリル、ゴム、シリコーン、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東 …
  • スチール繊維の世界市場:種類別(フックスチールファイバー、ストレートスチールファイバー、クリンプスチールファイバー、変形スチールファイバー、その他)、製造プロセス別(カットワイヤー/冷間引抜き、スリットシート、溶融抽出物、その他)、用途別(コンクリート補強、複合補強、耐火物、その他)、地域別予測
    本資料は、スチール繊維の世界市場について調べ、スチール繊維の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(フックスチールファイバー、ストレートスチールファイバー、クリンプスチールファイバー、変形スチールファイバー、その他)分析、製造プロセス別(カットワイヤー/冷間引抜き、スリットシート、溶融抽出物、その他)分析、用途別(コンクリート補強、複合補強、耐火物、その他)分 …
  • 1,4-ベンゾキノンの世界市場、洞察2021年、分析・2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 世界の民間航空機用キャビンインテリア市場予測・分析2020-2024
    「民間航空機用キャビンインテリアの世界市場2020-2024」は、民間航空機用キャビンインテリアについて市場概要、市場規模、製品別(座席、洗面所モジュール、窓/キャビンパネル/収納ビン、ギャレー、照明)分析、種類別(狭胴機、広胴機、リージョナル機)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したもの …
  • 世界の脳モニタリング市場予測2024年:製品別、病気別、エンドユーザー別
    MarketsandMarkets社は、脳モニタリングの世界市場規模が2019年87億ドルから2024年116億ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。本書は、世界の脳モニタリング市場について調査・分析し、市場概要、製品別(デバイス、アクセサリー)分析、病状別(外傷性脳損傷、脳卒中、認知症、頭痛障害、睡眠障害、パーキンソン病、てんかん、ハンチントン病 …
  • ロール冷却ノズルの世界市場の洞察・予測(~2027年)
  • 世界のトンネル炉市場展望、2021-2027年の予測
  • 電動スクーター・バイクの世界市場予測(~2027年)
    当調査レポートでは、電動スクーター・バイクの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、車両タイプ別(Eスクーター/モペットおよびEモーターサイクル)分析、電池タイプ別(密閉型鉛酸およびリチウムイオン)分析、対象距離別分析、電圧別(36V、48V、60Vおよび72V)分析、電動スクーター・バイクの世界市場規模及び …
  • 世界の自然言語処理市場予測2024年:コンポーネント別、展開モード別、組織規模別、種類別、用途別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、自然言語処理の世界市場規模が2019年102億ドルから2024年264億ドルまで年平均21.0%成長すると予測しています。本書は、世界の自然言語処理市場について調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(ソリューション、サービス)分析、展開モード別(クラウド、オンプレミス)分析、組織規模別(中小企業、大企業)分析、種類別 …
  • 構内用ケーブルの世界市場:タイプ別、用途別
    当調査レポートでは、構内用ケーブルの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、用途別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・構内用ケーブルの世界市場:タイプ別(銅ケーブルおよび光ファイバーケーブル) ・構内用 …
  • 飼料用血漿タンパク質の世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、飼料用血漿タンパク質の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、由来別(ブタ、ウシ、およびその他)分析、用途別(豚用飼料、ペットフード、アクア飼料、その他(反すう動物および家禽用飼料を含む))分析、飼料用血漿タンパク質の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届け …
  • 電子ドラッグデリバリーシステムの世界市場:タイプ別、疾患別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートでは電子ドラッグデリバリーシステム市場について、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、タイプ別(電子ウェアラブル注入ポンプ、自動注射器、注射ペン、電子吸入器)分析、疾患別(糖尿病、多発性硬化症、心血管疾患、喘息、COPD)分析、地域別分析、競争状況、調査プロセスなどを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサ …
  • サイバーセキュリティの世界市場:コンポーネント別、セキュリティ種類別、ソリューション別、サービス別、展開別
    Grand View Research社は、サイバーセキュリティの世界市場規模が年平均11.0%成長して2025年まで2411億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、サイバーセキュリティの世界市場について調査・分析し、サイバーセキュリティの世界市場動向、サイバーセキュリティの世界市場規模、市場予測、コンポーネント別分析、ソリューション別分析、サー …
  • 世界の土壌試験装置市場予測2025年:エンドユーザー産業別、試験種類別、現場別、自動化程度別、地域別
    MarketsandMarkets社は、土壌試験装置の世界市場規模が2019年33億ドルから2025年62億ドルまで年平均10.8%成長すると予測しています。本書は、世界の土壌試験装置市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーズ産業別(農業、建設、その他)分析、試験種類別(物理試験、残留試験、化学試験)分析、自動化程度別(手動、自動、半自動)分析、現場別 …
  • 局所はんだ付け装置の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、局所はんだ付け装置の世界市場について調べ、局所はんだ付け装置の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、局所はんだ付け装置の市場規模をセグメンテーション別(用途別(ネットワーキング及び通信、家電、自動車、医療・産業・計装、航空宇宙および防衛)、)と地域別(グロー …
  • 低密度ポリエチレン(LDPE)の世界市場2019-2029
    本調査は低密度ポリエチレン(LDPE)について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場背景、需要分析、技術別(オートクレーブ、チューブラー)分析、用途別(フィルム&シート、押出コーティング、射出成形、その他)分析、地域別分析、競合分析に区分して掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場背景 ・需要分析 ・低密度ポリエチレン(LDPE)の世 …
  • コールドスプレー装置の世界市場2021年:メーカー別、地域別、タイプ別、用途別、2026年までの予測

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様