キャストアクリルシートの世界市場予測:セル、連続

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 18)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Cast Acrylic Sheet Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 21)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Supply-Side Analysis
2.2.2 Demand-Side Analysis
2.3 Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 29)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 at tractive Opportunities in the Cast Acrylic Sheet Market
4.2 APAC Cast Acrylic Sheet Market, By Application and Country, 2018
4.3 Cast Acrylic Sheet Market, By Process Type
4.4 Cast Acrylic Sheet Market, By Application
4.5 Cast Acrylic Sheet Market, By Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Better Chemical and Mechanical Properties as Compared to Glass
5.2.1.2 Wide Range of Applications
5.2.1.3 Growing Demand for Lightweight Materials in End-Use Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Low Melting Point and Health Hazards From Burning Or Heating of Cast Acrylic Sheet
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Replacement of Traditional Glass Screens With Cast Acrylic Sheet
5.2.3.2 Growing Retail Market in Developing Countries
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Drop in Raw Material Production
5.2.4.2 Presence of A Large Number of Substitutes
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Threat of Substitutes
5.3.2 Threat of New Entrants
5.3.3 Bargaining Power of Suppliers
5.3.4 Bargaining Power of Buyers
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
5.4 Pricing Analysis
5.5 Yc, Ycc Drivers
6 Cast Acrylic Sheet Market, By Process Type (Page No. – 45)
6.1 Introduction
6.2 Continuous Cast Acrylic Sheet
6.2.1 Less Labor-Intensive and Competitive Price of the Sheet are Expected to Boost Its Demand
6.3 Cell Cast Acrylic Sheet
6.3.1 Better Optical Clarity and Greater Surface Hardness Properties are Driving the Demand for Cell Cast Acrylic Sheet
7 Cast Acrylic Sheet Market, By Application (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Signage & Display
7.2.1 Increasing Demand for Display Screens, Cover Panels, and Touchscreens Will Drive the Market in This Segment
7.3 Sanitaryware
7.3.1 Better Combination of Properties is Driving the Demand for Cast Acrylic Sheets in This Segment
7.4 Architecture & Interior Design
7.4.1 Weather Resistance Capability Along With Lightweight and Easy Fabrication is Boosting the Demand for Cast Acrylic Sheet
7.5 Transportation
7.5.1 Increasing Focus on Reducing Vehicle Weight Will Spur the Demand for Cast Acrylic Sheet
7.6 Medical
7.6.1 Excellent Light Permeability Among All Other Substitutes is Increasing the Demand for Cast Acrylic Sheet in This Application
7.7 Food & Catering
7.7.1 Increasing Demand for Processed Food Will Drive the Market in the Segment
7.8 Others
8 Cast Acrylic Sheet Market, By Region (Page No. – 60)
8.1 Introduction
8.2 North America
8.2.1 US
8.2.1.1 Increasing Investments in Ooh Advertising Will Drive the Demand for Cast Acrylic Sheets
8.2.2 Canada
8.2.2.1 Growth in Digital Outdoor Display and Transportation Sectors Will Drive the Demand
8.2.3 Mexico
8.2.3.1 Increase in Manufacturing Activities and Digital Advertisement to Boost the Market Growth
8.3 APAC
8.3.1 China
8.3.1.1 Increasing Display Production in the Country Will Drive the Market
8.3.2 Japan
8.3.2.1 Strong Presence of High-Tech Electronic Product Manufacturing Will Fuel the Market
8.3.3 India
8.3.3.1 Growing Economy and Increasing Fdi in the Country Will Foster the Market Growth
8.3.4 South Korea
8.3.4.1 Growing Market for Lcd and Led Displays to Drive the Demand for Cast Acrylic Sheets
8.3.5 Indonesia
8.3.5.1 Booming Tourism Industry to Drive the Cast Acrylic Sheet Market
8.3.6 Thailand
8.3.7 Rest of APAC
8.4 Europe
8.4.1 UK
8.4.1.1 Increasing Popularity of High-Tech Toilets and Ultra-Modern Bathrooms Concept to Drive the Market
8.4.2 Germany
8.4.2.1 Growth in Digitalization and Automation Will Drive the Market
8.4.3 France
8.4.3.1 Increasing Demand for Aircraft and Investment in Renewable and Sustainable Energy Infrastructure Will Fuel the Growth
8.4.4 Italy
8.4.4.1 Significant Production of Sanitaryware Will Drive the Consumption of Cast Acrylic Sheet
8.4.5 Rest of Europe
8.5 Middle East & Africa
8.5.1 Saudi Arabia
8.5.1.1 Sanitaryware is the Largest and Fastest-Growing Application of Cast Acrylic Sheet in Saudi Arabia
8.5.2 UAE
8.5.2.1 Demand for Architectural Glazing and Increasing Tourism Will Fuel the Market Growth
8.5.3 Rest of Middle East & Africa
8.6 South America
8.6.1 Brazil
8.6.1.1 Modernization of Healthcare Facilities and Usage of High-Quality Equipment Spurring the Demand for Cast Acrylic Sheet
8.6.2 Argentina
8.6.2.1 Rise in Investments in Oil & Gas and Wind Power Industries to Drive the Market for Cast Acrylic Sheet
8.6.3 Rest of South America
9 Competitive Landscape (Page No. – 109)
9.1 Introduction
9.2 Competitive Scenario
9.2.1 Expansion
9.2.2 Merger & Acquisition
9.2.3 New Product Launch
10 Company Profiles (Page No. – 112)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
10.1 Mitsubishi Chemical Corporation
10.2 Altuglas International
10.3 3A Composites
10.4 Aristech Acrylics
10.5 Madreperla
10.6 Gevacril
10.7 Margacipta Wirasentosa
10.8 Astari Niagra
10.9 Spartech
10.10 Asia Poly
10.11 Other Key Players
10.11.1 Ray Chung Acrylic Enterprise
10.11.2 GRUPO IRPEN
10.11.3 Polyplastic
10.11.4 Jokema Industry
10.11.5 Acrilex
10.11.6 Shanghai Acrylic (Cast) Chemical Corporation
10.11.7 Limacryl
10.11.8 Lei Mei Acrylic (Dongguan)
10.11.9 Nitto Jushi Kogyo
10.11.10 UB Acrylics
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
11 Appendix (Page No. – 132)
11.1 Discussion Guide
11.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
11.3 Available Customizations
11.4 Related Reports
11.5 Author Details



  • ゼロウェイスト(ごみゼロ)シャンプーの世界市場:ゼロウェイストシャンプーバー、ゼロウェイストシャンプーボトル
    Technavio社の本調査レポートでは、ゼロウェイスト(ごみゼロ)シャンプーの世界市場について調べ、ゼロウェイスト(ごみゼロ)シャンプーの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、ゼロウェイスト(ごみゼロ)シャンプーの市場規模をセグメンテーション別(種類別(ゼロウェイストシャンプーバー、ゼロウェイスト …
  • 自動車制御ケーブルの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、自動車制御ケーブルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、製品タイプ別(ドアケーブル、フードケーブル、伝送ケーブル、トランクケーブル、ブレーキケーブル、クラッチケーブル、スロットルケーブル、燃料キャップケーブル)分析、コーティング材別(PVCケーブル、ポリエチレン …
  • シリコーン界面活性剤の世界市場予測:用途別、エンドユーズ産業別
    当調査レポートでは、シリコーン界面活性剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、用途別(乳化剤、発泡剤、消泡剤、湿潤剤、分散剤)分析、エンドユーズ産業別(パーソナルケア、建設、繊維、塗料およびコーティング、農業)分析、シリコーン界面活性剤の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析など …
  • 自動エンドミルマシンの世界市場、洞察と2027年までの予測
  • 世界のホスホリパーゼ酵素市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • シリコンカーバイドの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、シリコンカーバイドの世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(黒色炭化ケイ素、緑色炭化ケイ素)分析、エンドユーズ別(スチール、自動車、航空宇宙、軍事および防衛、電気および電子機器、ヘルスケア、その他のエンドユーズ)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー …
  • 5Gインフラストラクチャの世界市場予測:スモールセル&マクロセル
    当調査レポートでは、5Gインフラストラクチャの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、通信インフラ別(スモールセル&マクロセル)分析、コアネットワーク別(SDN、NFV)分析、ネットワークアーキテクチャ別(スタンドアロン、非スタンドアロン)分析、動作周波数別(サブ6GHz、6GHz以上)分析、5Gインフラスト …
  • レモンエッセンシャルオイルの世界市場:従来型、オーガニック型
    Technavio社の本調査レポートでは、レモンエッセンシャルオイルの世界市場について調べ、レモンエッセンシャルオイルの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、レモンエッセンシャルオイルの市場規模をセグメンテーション別(製品別(従来型、オーガニック型)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。T …
  • サイドビューカメラシステムの世界市場予測(~2027年)
    MarketsandMarkets社は、サイドビューカメラシステムの世界市場規模が2020年2百万ドルから2027年388百万ドルまで年平均112.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、サイドビューカメラシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、カメラ種類別(シングルカメラ、マルチカメラ) …
  • 世界のストレッチフードフィルム市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 世界のセラミックアーマー市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のセラミックアーマー市場が2018年16.5憶ドルから2027年36.7憶ドルまで年平均9.3%成長すると予測しています。当資料では、セラミックアーマーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、タイプ別(Type I、Type II、Type II-A、Type III、Ty …
  • スマート発券の世界市場:提供方式別、用途別、通信別
    世界のスマートチケット市場は、2018年に約101億米ドルに達し、2019-2026年の予測期間にわたって14.99%以上の成長率で成長すると予想されます。 スマートチケットは高度なチケットシステムであり、旅行するためのチケットが紙で発行されるではなく、チップ上で電子的に保持されます。 当調査レポートでは、スマート発券の世界市場について調査・分析し、エグゼク …
  • 心不整脈治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、心不整脈治療法の世界市場について調べ、心不整脈治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、心不整脈治療法の市場規模をセグメンテーション別(用途別(オーラル、静脈内)、)と地域別(アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Technavi …
  • 世界のホワイトスピリッツ市場予測2024年:種類別、引火点別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ホワイトスピリッツの世界市場規模が2019年67億ドルから2024年81億ドルまで年平均4.0%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のホワイトスピリッツ市場を広く調査・分析し、市場概要、種類別(タイプ0、タイプ1、タイプ2、タイプ3)分析、引火点別(低引火点、中引火点、高引火点)分析、用途別(塗料&コーテ …
  • MS樹脂(SMMA)の世界市場:射出成形グレード、押出グレード
    Technavio社の本調査レポートでは、MS樹脂(SMMA)の世界市場について調べ、MS樹脂(SMMA)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、MS樹脂(SMMA)の市場規模をセグメンテーション別(種類別(射出成形グレード、押出グレード)、用途別(自動車、電子、食品、おもちゃ及びレジャー、医療、光 …
  • 産業用潤滑剤の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、産業用潤滑剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(プロセスオイル、一般産業用オイル、金属加工油、産業用エンジンオイル、その他の産業用潤滑剤)分析、用途別(金属加工、繊維、エネルギー、化学製造、食品加工、油圧、その他の産業用途)分析などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・ …
  • 農機具の世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、農機具の市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(コンバイン、スプレーヤー、ベーラー)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ …
  • 世界のオンボード磁気センサー市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のオンボード磁気センサー市場が2017年11.6憶ドルから2026年26.4憶ドルまで年平均9.6%成長すると予測しています。当資料ではオンボード磁気センサーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(SQUIDセンサ、磁気抵抗センサー、ホール効果センサー、その他)分析 …
  • 世界の真空エバポレーター市場予測2024年:技術種類別、用途別、最終用途産業別、地域別
    MarketsandMarkets社は、真空エバポレーターの世界市場規模が2019年22億ドルから2024年31億ドルまで年平均6.9%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の真空エバポレーター市場を広く調査・分析し、市場概要、技術種類別(ヒートポンプ真空蒸発器、機械式蒸気再圧縮真空蒸発器、熱真空蒸発器)分析、用途別(排水処理、製品加工、その他) …
  • タイルグラウトシーラーの世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 塩の世界市場予測・分析:岩塩、塩水、太陽塩
    Technavio社の本調査レポートでは、塩の世界市場について調べ、塩の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、塩の市場規模をセグメンテーション別(種類別(岩塩、塩水、太陽塩、その他)、用途別(化学処理、道路除氷、食品加工、その他の用途)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavi …
  • 創傷ケアの世界市場予測:フォーム、ハイドロコロイド、アルギン酸塩、抗菌ドレッシング、評価、NPWTデバイス、代替品、縫合糸、ステープル、テープ
    当調査レポートでは、創傷ケアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別(フォーム、ハイドロコロイド、アルギン酸塩、抗菌ドレッシング、評価、NPWTデバイス、代替品、縫合糸、ステープル、テープ)分析、創傷別(外科、外傷、糖尿病性潰瘍、火傷)分析、エンドユーザー別分析、創傷ケアの世界市場規模 …
  • 世界の生分解性カップ市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の生分解性カップ市場が予測期間中に年平均6.0%成長すると予測しています。当資料では、生分解性カップについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、素材別(バイオプラスチック、紙)分析、容量別(20オンス以上、15-20オンス、8-14オンス、最大7オンス)分析、製品別(ダウブルウ …
  • CNGタンクの世界市場2019-2026
    本資料は、CNGタンクの世界市場について調べ、CNGタンクの世界規模、市場動向、市場環境、原料別(金属、ガラス繊維、炭素繊維)分析、車両タイプ別(軽負荷、中負荷、重負荷)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・CNG …
  • 導電性繊維の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、導電性繊維の世界市場について調査・分析し、市場動向、ファブリック別(綿、ナイロン、ポリエステル、ウール)分析、製品別(織物、不織布、編物)分析、用途別(軍事、防衛、ヘルスケア、スポーツ、フィットネス、その他)分析、地域別分析、競合動向、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 …
  • 密輸品探知器の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、密輸品探知器の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(X線、金属検出、分光分析、分光法)分析、スクリーニング別(人、手荷物、貨物)分析、展開別(固定、ポータブル)分析、用途別(輸送、政府、小売)分析、密輸品探知器の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお …
  • 一斉通知システムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、一斉通知システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)分析、ソリューション別(ビル内ソリューション、広域ソリューション、分散受信者ソリューション)分析、展開タイプ別分析、組織サイズ別分析、一斉通知システムの世界市場 …
  • パイプ断熱材の世界市場規模、シェア、トレンド分析レポート:製品別(セルラーガラス、エラストマーフォーム)、用途別(工業、建築・建設)、地域別、セグメント別予測、2021年~2028年
  • 医療部門における人工知能(AI)の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、医療部門における人工知能(AI)の世界市場について調べ、医療部門における人工知能(AI)の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、医療部門における人工知能(AI)の市場規模をセグメンテーション別(用途別(医療用画像及び診断、創薬、業務管理、仮想アシスタント、そ …
  • エールビールの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、エールビールの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、販売経路別(オントレード、オフトレード)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 …
  • 世界のユーティリティにおけるIoT市場予測2024年:コンポーネント別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ユーティリティにおけるIoTの世界市場規模が2019年286億ドルから2024年538億ドルまで年平均13.5%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界のユーティリティにおけるIoT市場を広く調査・分析し、市場概要、コンポーネント別(プラットフォーム、ソリューション、サービス)分析、ソリューション別(資産監視 …
  • 神経疾患治療法の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、神経疾患治療法の世界市場について調べ、神経疾患治療法の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、神経疾患治療法の市場規模をセグメンテーション別(用途別(CNS、PNS)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨーロッパ、北米、その他)に分けて算出しました。Tec …
  • 世界のアンビエントインテリジェンス市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界のアンビエントインテリジェンス市場は予測期間中に年平均7.6%で成長しています。当資料ではアンビエントインテリジェンスについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、コンポーネント別(ソフトウェア、ハードウェア、サービス)分析、技術別(周囲光センサー、Bluetooth L …
  • アルミプラスチック複合パイプの世界市場、洞察と2027年までの予測
  • 組織工学皮膚代替品の世界市場2019-2029
    本調査は組織工学皮膚代替品の現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、価格分析、市場背景、製品別(無細胞皮膚代替物、生物学的皮膚代替物、細胞性皮膚代替物、合成皮膚代替品)分析、素材別(ナチュラル、合成)分析、用途別(慢性創傷、急性創傷、その他)分析、エンドユーザー別(病院、専門クリニック、外来手術センター、研究所)分析 …
  • サードパーティ物流(3PL)の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、サードパーティ物流(3PL)の世界市場について調査・分析し、市場動向、サービス別(DCC /貨物輸送、DTM、ITM、倉庫&流通、付加価値物流サービス)分析、輸送別(道路、鉄道、水路、航空路)分析、エンドユーズ別(製造、小売、ヘルスケア、自動車、その他)分析、地域別分析、競合動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・ …
  • リチウムおよびリチウムイオン電池の電解液の世界市場2019-2029
    本調査はリチウムおよびリチウムイオン電池の電解液について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、形態別(液体、固体、ゲル)分析、製品種類別(リチウムベース、硫化物ベース、ポリマーベース、酸化物ベース、その他)分析、最終用途別(自動車、家電、電力とエネルギー、一般産業)分析、地域別分析、市場構造分析、競合分析、調査 …
  • 建設用機械レンタルの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、建設用機械レンタルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、装置別(土木、マテリアルハンドリング、道路建設およびコンクリート)分析、製品別(バックホー、ショベル、ローダー、クローラードーザー、クレーン、コンパクター、コンクリートポンプ)分析、建設用機械レンタルの世 …
  • リチウム鉄道グリスの世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 閉回路テレビ(CCTV)カメラの世界市場:ドームカメラ、PTZカメラ、弾丸カメラ、ボックスカメラ
    Technavio社の本調査レポートでは、閉回路テレビ(CCTV)カメラの世界市場について調べ、閉回路テレビ(CCTV)カメラの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、閉回路テレビ(CCTV)カメラの市場規模をセグメンテーション別(製品別(ドームカメラ、PTZカメラ、弾丸カメラ、ボックスカメラ)、)と …
  • ディスクブレーキの世界市場:種類別(固定キャリパー、フローティングキャリパー、スライドキャリパー)、用途別(乗用車、商用車)、地域別予測
    本資料は、ディスクブレーキの世界市場について調べ、ディスクブレーキの世界規模、市場動向、市場環境、種類別(固定キャリパー、フローティングキャリパー、スライドキャリパー)分析、用途別(乗用車、商用車)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグ …
  • 世界の偏向可能カテーテル市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 航空機用マウントの世界市場予測(~2025年)
    MarketsandMarkets社は、航空機用マウントの世界市場規模が2019年606百万ドルから2025年915百万ドルまで年平均57.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、航空機用マウントの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(振動/衝撃絶縁、サスペンション、エンジンマウント)分析 …
  • 世界の産業用電源市場予測2024年:種類別、出力電力別、業種別、地域別
    MarketsandMarkets社は、産業用電源の世界市場規模が2019年99億ドルから2024年128億ドルまで年平均5.4%成長すると予測しています。本書は、世界の産業用電源市場について調査・分析し、市場概要、製品種類別(AC-DCコンバーター、DC-DCコンバーター、DC-ACインバーター)分析、出力電力別(低出力(最大1,000 W)、中出力(1, …
  • ワイヤー及びケーブルの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、ワイヤー及びケーブルの世界市場について調査・分析し、市場定義、市場動向、電圧別(低電圧、中電圧、高電圧、超高電圧)分析、設置別(オーバーヘッド、地下)分析、エンドユーズ別(航空宇宙および防衛、建築および建設、石油およびガス、エネルギーおよび電力、ITおよび通信、その他)分析、地域別分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査 …
  • CIGS太陽電池の世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 個別指導のアメリカ市場予測・分析:オンライン学習、ブレンド学習
  • 脳波記録装置の世界市場2019-2026:機会分析・産業
    本調査レポートでは、脳波記録装置の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(EEG機器、EEGアクセサリー)分析、用途別(疾患診断、睡眠モニタリング、麻酔モニタリング外傷&手術、その他)分析、エンドユーザー別(病院、診断センター、外来手術センター、研究所、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面 …
  • スチールドラムおよびIBCの世界市場:産業分析・機会分析
    当調査レポートでは、スチールドラムおよびIBCの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、価格分析、市場背景、容量別(ドラム(200リットル、200リットル以外)、IBC( 最大500リットル、501-1,000リットル、 1,001-1,500リットル、 1,500リットル以上))分析、包装タイプ別(プレ …
  • マイクロ電池の世界市場:コンポーネント別(電極、電解質、基板、集電体、その他)、種類別(薄膜電池、プリント電池、固体チップ電池)、再充電性別(一次電池、二次電池)、容量別(10 mAh未満、10 mAhから100 mAhの間、100 mAh以上)、用途別(家電、医療機器、スマートパッケージ、スマートカード、ウェアラブルデバイス、ワイヤレスセンサーノード、その他)、地域別予測
    本資料は、マイクロ電池の世界市場について調べ、マイクロ電池の世界規模、市場動向、市場環境、コンポーネント別(電極、電解質、基板、集電体、その他)分析、種類別(薄膜電池、プリント電池、固体チップ電池)分析、再充電性別(一次電池、二次電池)分析、容量別(10 mAh未満、10 mAhから100 mAhの間、100 mAh以上)分析、用途別(家電、医療機器、スマー …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様