クリティカル通信の世界市場予測(~2024年)

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 16)
1.1 Study Objectives
1.2 Definition
1.3 Study Scope
1.3.1 Years Considered
1.4 Currency
1.5 Limitations
1.6 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 20)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Breakdown of Primaries
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.2.1.1 Approach to Capture Market Size By Bottom-Up Analysis
2.2.2 Top-Down Approach
2.2.2.1 Approach to Capture Market Size By Top-Down Analysis
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Research Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 32)
4.1 Attractive Opportunities in Overall Critical Communication Market
4.2 Market, By Technology
4.3 Market, By Vertical
4.4 Market in APAC, By Vertical and Country
4.5 Market, By Geography
5 Market Overview (Page No. – 35)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 High Demand for Critical Communication Solutions From Diverse Industries Such as Public Safety, Transportation, and Medical
5.2.1.2 Advanced Features of Critical Communication Networks
5.2.1.3 Increased Need to Modernize Old Equipment
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Limited Availability of Bandwidth
5.2.2.2 Increased Complexity of Networks and Systems Due to Multiple Communication Standards
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Need for Reliable and High-Quality Public Safety Communication Systems
5.2.3.2 Standardization of Infrastructure Platforms
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Budget Constraints Toward Procurement
5.2.4.2 Interoperability Issues
6 Critical Communication Market, By Offering (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Hardware
6.2.1 Command and Control Systems
6.2.1.1 APAC to Be Fastest-Growing Region in Critical Communication Market for Command and Control Systems During Forecast Period
6.2.2 Infrastructure Equipment
6.2.2.1 North America to Hold Substantial Share of Critical Communication Market for Infrastructure Equipment During Forecast Period
6.2.3 End-Use Devices
6.2.3.1 Critical Communication Market for End-Use Devices to Grow at Highest Growth Rate During Forecast Period
6.3 Services
6.3.1 Consulting Services
6.3.1.1 Consulting Services to Witness Significant Growth in Critical Communication Market During Forecast Period
6.3.2 Integration Services
6.3.2.1 Technological Advancements to Boost Demand for Integration Services During Forecast Period
6.3.3 Maintenance and Support Services
6.3.3.1 Maintenance and Support Services to Dominate the Critical Communication Market During Forecast Period
7 Critical Communication Market, By Technology (Page No. – 50)
7.1 Introduction
7.2 Land Mobile Radio (LMR)
7.2.1 LMR Technology-Based Critical Communication Solutions to Account for Larger Market Share During 2019–2024
7.2.2 Tetra/P25
7.2.2.1 Tera/P25 LMR Technology to Record Highest CAGR in Critical Communication Market During Forecast Period
7.2.3 Analog
7.2.3.1 Analog Technology Accounted for Largest Share of Market for LMR in 2018
7.2.4 Others
7.3 Long-Term Evolution (LTE)
7.3.1 LTE Technology to Witness Highest CAGR in Market During Forecast Period
8 Critical Communication Market, By Vertical (Page No. – 56)
8.1 Introduction
8.2 Public Safety
8.2.1 Public Safety Vertical to Witness Highest Demand for Critical Communication Solutions During Forecast Period
8.3 Transportation
8.3.1 Transportation Vertical to Witness Highest CAGR in Market From 2019 to 2024
8.4 Utilities
8.4.1 Need for Robust Communication in Utilities Vertical to Propel Market Growth During Forecast Period
8.5 Mining
8.5.1 APAC to Record Highest CAGR in Market for Mining Vertical During Forecast Period
8.6 Others
9 Geographic Analysis (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 US to Hold Major Share of Critical Communication Market in North America During Forecast Period
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Canadian Critical Communication Market Growth is Accelerated By Huge Investments By Government
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 LMR Technology to Capture Major Share of Critical Communication Market in Mexico During Forecast Period
9.3 Europe
9.3.1 UK
9.3.1.1 UK to Lead European Critical Communication Market During Forecast Period
9.3.2 Germany
9.3.2.1 Germany to Record Highest CAGR in Critical Communication Market in Europe During Forecast Period
9.3.3 France
9.3.3.1 LTE Technology to Witness Higher CAGR in French Critical Communication Market During 2019–2024
9.3.4 Spain
9.3.4.1 Technological Advancements and Concerns of Safety and Security to Surge Demand for Critical Communication Solutions in Spain in Coming Years
9.3.5 Rest of Europe
9.3.5.1 Strong Government Support for Development of Advanced Critical Communication Systems Boost Critical Communication Market Growth in Rest of Europe
9.4 Asia Pacific (APAC)
9.4.1 China
9.4.1.1 China to Hold Major Share of Critical Communication Market in APAC During Forecast Period
9.4.2 Japan
9.4.2.1 Critical Communication Market in Japan is Driven By Increasing Preference for Smart Home Technologies
9.4.3 India
9.4.3.1 India to Witness Highest CAGR in Market in APAC During Forecast Period
9.4.4 South Korea
9.4.4.1 LTE Technology to Register Highest CAGR in Market in South Korea During Forecast Period
9.4.5 Rest of APAC
9.4.5.1 LMR Technology to Hold Significant Share of Market in Rest of APAC During Forecast Period
9.5 Rest of the World (RoW)
9.5.1 South America
9.5.1.1 South America to Register Higher CAGR in Market in RoW During Forecast Period
9.5.2 Middle East and Africa
9.5.2.1 Middle East and Africa to Hold Major Share of Market in RoW During Forecast Period
10 Competitive Landscape (Page No. – 90)
10.1 Overview
10.2 Ranking Analysis of Key Players in Critical Communication Market
10.3 Competitive Leadership Mapping
10.3.1 Visionary Leaders
10.3.2 Dynamic Differentiators
10.3.3 Innovators
10.3.4 Emerging Companies
10.4 Strength of Product Portfolio (25 Companies)
10.5 Business Strategy Excellence (25 Companies)
10.6 Competitive Situations and Trends
10.6.1 Product Launches and Developments
10.6.2 Agreements, Partnerships, Contracts, Collaborations
10.6.3 Acquisitions
10.6.4 Expansions
11 Company Profiles (Page No. – 101)
(Business Overview, Products, Solutions, and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View)*
11.1 Introduction
11.2 Key Players
11.2.1 MotoRoLA Solutions
11.2.2 Nokia
11.2.3 Harris
11.2.4 AT&T
11.2.5 Hytera
11.2.6 Ericsson
11.2.7 ZTE
11.2.8 Huawei
11.2.9 Cobham Wireless
11.2.10 Ascom
11.3 Other Key Players
11.3.1 Leonardo
11.3.2 Mentura Group
11.3.3 Inmarsat
11.3.4 Zenitel
11.3.5 Telstra
11.3.6 Jvckenwood Corporation
11.3.7 Tait Communications
11.3.8 Secure Land Communications (Airbus)
11.3.9 Simoco Wireless Solutions
*Details on Business Overview, Products, Solutions, and Services Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, and MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 141)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets’ Subscription Portal
12.3 Related Reports
12.4 Author Details



  • 世界の医学物理学市場2013-2017及び機会分析2018-2028
  • 医療装置用ラベリングの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、医療装置用ラベリングの世界市場規模が2017年699.1億ドルから2026年1兆3759.8億ドルまで年平均7.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、医療装置用ラベリングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、医療装置用ラベリング市場規模、材料種類別(紙、プラスチック、その他の材料種類)分析、ラベル …
  • 世界のポータブル型クリーンインプレース市場予測・分析2020-2024
    「ポータブル型クリーンインプレースの世界市場2020-2024」は、ポータブル型クリーンインプレースについて市場概要、市場規模、製品別(再利用、使い捨て)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォー …
  • 世界のケトン市場予測2025年:用途別、サプリメント種類別、フォーム別、地域別
    MarketsandMarkets社は、ケトンの世界市場規模が2019年443百万ドルから2025年640百万ドルまで年平均6.3%成長すると予測しています。本書は、世界のケトン市場について調査・分析し、市場概要、用途別(サプリメント、食品&飲料、化粧品&パーソナルケア製品)分析、サプリメント種類別(ケトン塩、ケトンエステル、ケトンオイル)分析、フォーム別( …
  • IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界市場:材料種類別(銅、アルミニウム)
    本資料は、IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界市場について調べ、IGBT用ピンフィンヒートシンクの世界規模、市場動向、市場環境、材料種類別(銅、アルミニウム)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・IGBT用ピンフ …
  • マグネットの世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測:メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • 紙・板紙容器及びパッケージングの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、紙・板紙容器及びパッケージングの世界市場について調べ、紙・板紙容器及びパッケージングの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、紙・板紙容器及びパッケージングの市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(食品および飲料産業、工業製品産業、医療産業、その他の …
  • 世界のフィールド機器校正サービス市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界のフィールド機器校正サービス市場が2017年9732万ドルから2026年1.5892憶ドルまで年平均5.6%成長すると予測しています。当資料ではフィールド機器校正サービスについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、用途別(アクチュエーターとモーター、関節鏡視下手術、心臓血管手術 …
  • 吸入麻酔の世界市場:用途別(誘導、メンテナンス)、製品別(セボフルラン、イソフルラン、デスフルラン)
    Grand View Research社は、吸入麻酔の世界市場規模が年平均3.5%成長して2025年まで14.2億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、吸入麻酔の世界市場について調査・分析し、吸入麻酔の世界市場動向、吸入麻酔の世界市場規模、市場予測、用途別(誘導、メンテナンス)分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成 …
  • スチレン無水マレイン酸(SMA)共重合体の世界市場:種類別(A-SMA、R-SMA)、用途別(自動車計器、相溶媒、建築材料、その他)、地域別予測
    本資料は、スチレン無水マレイン酸(SMA)共重合体の世界市場について調べ、スチレン無水マレイン酸(SMA)共重合体の世界規模、市場動向、市場環境、種類別(A-SMA、R-SMA)分析、用途別(自動車計器、相溶媒、建築材料、その他)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです …
  • 自動車用接着剤の世界市場2019-2026
    本資料は、自動車用接着剤の世界市場について調べ、自動車用接着剤の世界規模、市場動向、市場環境、樹脂別(ポリウレタン、エポキシ、アクリル、シリコーン、SMP、MMA、その他)分析、用途別(ボディインホワイト、ペイントショップ、アセンブリ、パワートレイン)分析、ベース車両タイプ別(乗用車、LCV、トラック、バス、アフターマーケット)分析、アメリカ市場規模、ヨーロ …
  • 事前終端システムの世界市場予測(~2024年)
    MarketsandMarkets社は、事前終端システムの世界市場規模が2019年21億ドルから2024年32億ドルまで年平均9.0%成長すると予測しています。当調査レポートでは、事前終端システムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ケーブル、パッチパネル、パッチコード、コネクター、アダ …
  • クリーンラベル成分の世界市場2019-2026:機会分析・産業
    本調査レポートでは、クリーンラベル成分の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、種類別(自然色、天然香料、デンプン&甘味料、天然防腐剤、その他)分析、用途別(飲料、ベーカリー&菓子、ソース&調味料、乳製品&冷凍デザート、その他の加工食品)分析、フォーム別(粉末、液体)分析、地域別分析、競争状況、企業概要などを総合的、多面的 …
  • 世界の限外ろ過市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは限外ろ過の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、用途別(都市用、産業用)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・ …
  • 自己修復材料の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、自己修復材料の世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(コンクリート、コーティング、ポリマー、アスファルト、繊維強化複合材料、セラミック、金属)分析、技術別(リバーシブルポリマー、マイクロカプセル化、形状記憶材料、生物材料システム、その他)分析、用途別(発電、建築・建設、自動車・輸送、電子・半導体、医療、その他)分析、地域別分析、競 …
  • ラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験の世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートではラテラルフローイムノアッセイ(LFIA)ベース迅速試験について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、用途別(感染症、妊娠と生殖能力、毒性学、その他)分析、技術別(競合アッセイ、サンドイッチアッセイ、多重検出アッセイ)分析、エンドユーザー別(病院&クリニック、診断研究所、在宅ケア、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業 …
  • 世界の磁場センサー市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の磁場センサー市場が2017年30万ドルから2026年755万ドルまで年平均10.7%成長すると予測しています。当資料では磁場センサーについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、範囲別( 10ガウス(バイアス磁場センサー))分析、種類別(SQUIDセンサ、ホール効果センサー、F …
  • 航空機用ギアボックスの世界市場予測(~2025年)
    当調査レポートでは、航空機用ギアボックスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、用途別(エンジン、機体)分析、ギアボックス種類別(減速、アクセサリー、作動、テールローター、APU)分析、エンドユーザー別(OEM、アフターマーケット)分析、航空機タイプ別(民間、軍事)分析、航空機用ギアボックスの世界市場規模及 …
  • パレットのインド市場予測・分析:木材、プラスチック、金属、段ボール
  • 世界のヘルスケアクラウドコンピューティング市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のヘルスケアクラウドコンピューティング市場が2018年182.8憶ドルから2027年922.4憶ドルまで年平均19.7%成長すると予測しています。当資料では、ヘルスケアクラウドコンピューティングについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、展開別(ハイブリッドクラウド、プライベー …
  • 電子走査アレイの世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、電子走査アレイの世界市場規模が2017年66.8億ドルから2026年123.9億ドルまで年平均7.1%成長すると予測しています。当調査レポートでは、電子走査アレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、電子走査アレイ市場規模、プラットフォーム別(空中、地上、海軍)分析、アレイジオメトリ別(周波数走査アレイ、線形 …
  • 紙パレットの世界市場2019-2029
    本調査は紙パレットの現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、市場需要、市場背景、サイズ別(42インチx 42インチ、44インチx 44インチ、48インチx 40インチ、48インチx 45インチ)分析、製品別(双方向パレット、四方パレット)分析、パレット構造別(ハニカム、波形、ハイブリッド)分析、最終用途別(食品と飲料、医薬品、 …
  • ネットワークセキュリティソフトウェアの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ネットワークセキュリティソフトウェアの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソリューション(ファイアウォール、アンチウイルス/アンチマルウェア、およびSWG)およびサービス(プロフェッショナルサービスおよびマネージドサービス))分析、展開モード別分析、組織規模別分析、業 …
  • 3Dプロジェクターの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、3Dプロジェクターの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術別(DLP、LCD、LCoS)分析、光源別(レーザー、メタルハライド、ハイブリッド、LED)分析、輝度別分析、解像度別分析、3Dプロジェクターの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします …
  • 世界のアスコルビン酸市場2020-2024
    「アスコルビン酸の世界市場2020-2024」は、アスコルビン酸について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(医薬品、食品&飲料、パーソナルケア、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォー …
  • Eスポーツの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、Eスポーツの世界市場について調べ、Eスポーツの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、Eスポーツの市場規模をセグメンテーション別(収益ストリーム別(スポンサーシップ、メディア権利、広告、出版社手数料、商品・チケット販売)、ゲームジャンル別(MOBA、FPS、R …
  • 再生可能エネルギー発電用インバーターの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、再生可能エネルギー発電用インバーターの世界市場について調べ、再生可能エネルギー発電用インバーターの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、再生可能エネルギー発電用インバーターの市場規模をセグメンテーション別(用途別(太陽光発電、EV、風力)、)と地域別(グロー …
  • 無針ドラッグデリバリーデバイスの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、無針ドラッグデリバリーデバイスの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、製品別(吸入器、経皮パッチ、ジェットインジェクター)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの …
  • バレル加工消耗品の世界市場2019-2029
  • 世界の熱管理市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の熱管理市場が2018年101.4憶ドルから2027年229.4憶ドルまで年平均9.5%成長すると予測しています。当資料では、熱管理について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、デバイス別(高度な冷却装置、伝導冷却装置、対流冷却装置、ハイブリッド冷却装置、その他)分析、コンポーネ …
  • 機能性チューインガムの世界市場:口腔衛生ガム、ニコチンガム、ウエイトガム、ライフスタイルガム
    Technavio社の本調査レポートでは、機能性チューインガムの世界市場について調べ、機能性チューインガムの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、機能性チューインガムの市場規模をセグメンテーション別(製品別(口腔衛生ガム、ニコチンガム、ウエイトガム、ライフスタイルガム)、)と地域別(グローバル)に分 …
  • 臨床検査情報システム(LIS)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、臨床検査情報システム(LIS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、製品別(スタンドアロン、統合)分析、コンポーネント別(サービス、ソフトウェア)分析、エンドユーザー別(病院ラボ、独立ラボ、Pols)分析、配信モード別(オンプレミス、クラウドベース)分析、臨床 …
  • リソグラフィー計測機器の世界市場:機会分析及び産業予測2018–2026
    本市場調査レポートではリソグラフィー計測機器について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、技術別(CD-SEM、OCD、オーバーレイ制御、その他)分析、製品別(化学制御機器、ガス制御機器、その他)分析、用途別(品質管理と検査、リバースエンジニアリング、仮想シミュレーション、その他)分析、地域別分析、企業概要に区分して収録しています。 ・イン …
  • ポリアクリルアミドの世界市場:製品別(アニオン、カチオン、非イオン)、用途別(水処理、石油・ガス、製紙)
    Grand View Research社は、ポリアクリルアミドの世界市場規模が年平均6.2%成長して2025年まで68億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、ポリアクリルアミドの世界市場について調査・分析し、ポリアクリルアミドの世界市場動向、ポリアクリルアミドの世界市場規模、市場予測、製品別(アニオン、カチオン、非イオン)分析、主要地域別市場規模 …
  • ショートリードシーケンスの世界市場2019 – 2025:技術別、製品別、用途別、地域別、セグメント予測
    本レポートでは、ショートリードシーケンスの世界市場について、エグゼクティブサマリ-、調査手法、市場変数・傾向、技術別(ショートリードシーケンス、次世代シーケンス)分析、製品別(器具、消耗品、サービス)分析、用途別(腫瘍学、臨床調査、リプロダクティブ・ヘルス、HLAタイピング、メタゲノム、疫学、医薬品開発)分析、ワークフロー別(プレシーケンス、シーケンス、デー …
  • ナースコールシステムの世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、ナースコールシステムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、種類別(ボタン、統合通信システム、インターコム、モバイルシステム)分析、技術別(有線、無線)分析、用途別(アラーム・通信、ワークフロー最適化、転倒検知器)分析、エンドユーザー別分析、ナースコールシステムの世界市場 …
  • PVB中間膜の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、PVB中間膜の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(標準ポリビニルブチラール・構造ポリビニルブチラール)分析、エンドユーズ産業別(自動車、建築および建設、太陽光発電)分析、PVB中間膜の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。Marke …
  • 高級ビニールタイルの世界市場2019-2026:タイプ別、最終用途別、地域別
    当調査レポートでは、高級ビニールタイルの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリ-、定義・範囲、市場動向、市場分析、タイプ別(リジッド、フレキシブル)分析、最終用途別(住宅、非居住)分析、地域別分析、競合状況、調査プロセスなどを含め以下の構成でお届けします。 ・エグゼクティブサマリ- ・高級ビニールタイルの定義・範囲 ・高級ビニールタイル市場動向 …
  • 世界の免税小売市場2020-2024
    「免税小売の世界市場2020-2024」は、免税小売について市場概要、市場規模、製品別(ファッションアパレル&アクセサリー、化粧品&香水、タバコ&アルコール飲料、菓子&高級食品)分析、流通チャンネル別(空港、国境・ダウンタウン・ホテルショップ、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析した …
  • 世界のオフショア油田・ガス用地震探査装置・捕捉市場2020-2024
    「オフショア油田・ガス用地震探査装置・捕捉の世界市場2020-2024」は、オフショア油田・ガス用地震探査装置・捕捉について市場概要、市場規模、エンドユーザー別(製薬会社、その他の組織)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概 …
  • マーケティングオートメーション(MA)の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、マーケティングオートメーション(MA)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、組織規模別分析、用途別(リードナーチャリング&リードスコアリング、メールマーケティング、ソーシャルメディアマーケティング、分析及びレポート、キャンペーン管理)分析 …
  • ヒアルロン酸の世界市場:用途別(皮膚フィラー、変形性関節症、眼科、膀胱尿管逆流)
    Grand View Research社は、ヒアルロン酸の世界市場規模が年平均7.8%成長して2026年まで152.5億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、ヒアルロン酸の世界市場について調査・分析し、ヒアルロン酸の世界市場動向、ヒアルロン酸の世界市場規模、市場予測、用途別(皮膚フィラー、変形性関節症、眼科、膀胱尿管逆流)分析、主要地域別市場規模 …
  • 世界のコンクリート流動化剤市場予測2024年:種類別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、コンクリート流動化剤の世界市場規模が2019年51億ドルから2024年73億ドルまで年平均7.4%成長すると予測しています。本書は、世界のコンクリート流動化剤市場について調査・分析し、市場概要、種類別(スルホン化ナフタレンホルムアルデヒド(SNF)、スルホン化メラミンホルムアルデヒド(SMF)、変性リグノスルホン酸塩( …
  • 世界の医療用直線ガイドワイヤー市場展望、2021-2027年の予測
  • 世界の心臓リーダーシステム市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 虹彩認識の世界市場予測:コンポーネント別、製品別、用途別、業種別
    当調査レポートでは、虹彩認識の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)分析、製品別(スマートフォン、スキャナー)分析、用途別(ID管理&アクセス制御、時間監視、電子支払い)分析、業種別分析、虹彩認識の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企 …
  • レーザー切断機の世界市場:ファイバ、固体状態、ダイオード、その他
    Technavio社の本調査レポートでは、レーザー切断機の世界市場について調べ、レーザー切断機の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、レーザー切断機の市場規模をセグメンテーション別(製品別(ファイバ、固体状態、ダイオード、その他)、エンドユーザ別(自動車、航空宇宙および防衛、電気および電子機器、産業 …
  • 世界の無網試験市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCによると、世界の無網試験市場は予測期間中に年平均7.9%成長すると予想されます。当資料では無網試験について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(ボルテックス、超音波、タービン、ポジティブディスプレイスメント、磁気)分析、サービスプロバイダー別(サードパーティのサービスプロバイダ …
  • リーガル・リスク・コンプライアンスソリューションの世界市場2019-2029
    本調査はリーガル・リスク・コンプライアンスソリューションの現状および将来展望について、エグゼクティブサマリー、市場概要、市場動向、成功要因、需要分析、市場背景、コンポーネント別(ソフトウェア、サービス)分析、産業別(BFSI(銀行、金融サービス、保険セクター)、ヘルスケア産業、エネルギーとユーティリティ、製造業、小売および消費財)分析、地域別分析、市場構造分 …
  • レンタルHVAC機器の世界市場予測・分析:エンドユーザー別
    Technavio社の本調査レポートでは、レンタルHVAC機器の世界市場について調べ、レンタルHVAC機器の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、レンタルHVAC機器の市場規模をセグメンテーション別(エンドユーザー別(産業、商業、家庭)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavi …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様