重合開始剤の世界市場予測:過硫酸塩、過酸化物、アゾ化合物

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 19)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Polymerization Initiators: Market Segmentation
1.3.2 Years Considered for the Study
1.4 Currency
1.5 Unit Considered
1.6 Limitations
1.7 Stakeholders
2 Research Methodology (Page No. – 22)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.1.2.3 Breakdown of Primary Interviews
2.2 Market Size Estimation
2.2.1 Bottom-Up Approach
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Assumptions
3 Executive Summary (Page No. – 28)
4 Premium Insights (Page No. – 31)
4.1 Attractive Opportunities in the Polymerization Initiator Market
4.2 APAC: Polymerization Initiator Market, By Type and Country
4.3 Polymerization Initiator Market, By Type
4.4 Polymerization Initiatormarket, By Active Species
4.5 Polymerization Initiatormarket, By Application
4.6 Polymerization Initiatormarket: Major Countries
5 Market Overview (Page No. – 34)
5.1 Introduction
5.2 Market Dynamics
5.2.1 Drivers
5.2.1.1 Increasing R&D Activities to Improve the Polymerization Processes
5.2.1.2 Growing Demand From Various End-Use Industries
5.2.2 Restraints
5.2.2.1 Safety Concerns of these Initiators
5.2.2.2 Increasing Demand for the Use of Recycled Plastics
5.2.3 Opportunities
5.2.3.1 Multi-Functionality of the Polymerization Initiators
5.2.4 Challenges
5.2.4.1 Rising Prices of Raw Materials
5.3 Porter’s Five Forces Analysis
5.3.1 Bargaining Power of Buyers
5.3.2 Bargaining Power of Suppliers
5.3.3 Threat From New Entrants
5.3.4 Threat of Substitutes
5.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
6 Polymerization Initiator Market, By Type (Page No. – 40)
6.1 Introduction
6.2 Persulfate
6.2.1 High Oxidation Capability of Persulfate Initiator Increases Its Uses in Different Applications
6.3 Peroxides
6.3.1 High Usage of Peroxide Initiator in the Manufacturing of Cross–Linked Polymers is Driving the Market for the Product
6.4 Aliphatic AZO Compounds
6.4.1 Excellent Reactivity of the Initiator Helps in Improving the Processability of the Polymerization Reaction
6.5 Others
7 Polymerization Initiator Market, By Active Species (Page No. – 48)
7.1 Introduction
7.2 Free Radical
7.2.1 Non-Specific Nature of Free Radicals Toward Vinyl Monomers Helps in the Copolymerization of Various Monomers
7.3 Anionic
7.3.1 Anionic Polymerization Reaction Yields More Regular Polymer With Narrow Molecular Weight Distribution
7.4 Cationic
7.4.1 The Reactions Happening Under Cationic Polymerization Proceed at A High Rate and Low Temperature
8 Polymerization Initiator Market, By Application (Page No. – 54)
8.1 Introduction
8.2 Polyethylene
8.2.1 The Growing Packaging Industries has A Positive Impact on the Production of Polyethylene
8.3 Polypropylene
8.3.1 Low Thermal Expansion and High Chemical Resistance Increase the Demand for Polypropylene
8.4 Polyvinyl Chloride
8.4.1 The Increasing Use of Polyvinyl Chloride in Industrial Sectors, Such as Automotive, Building & Construction, and Packaging, is Driving the Market for the Polymer
8.5 Polystyrene
8.5.1 Polystyrene is Mostly Used in the Food Industry, and Applications, Such as Rigid Trays, Containers, and Disposable Utensils
8.6 ABS (Acrylonitrile Butadiene Styrene)
8.6.1 Greater Heat Stability, Ease of Processability, and Rigidity of Acrylonitrile Butadiene Styrene Drive the Demand for the Polymer
8.7 Others
9 Polymerization Initiator Market, By Region (Page No. – 64)
9.1 Introduction
9.2 North America
9.2.1 US
9.2.1.1 Growing Demand for Polymer Production From Various End-Use Industries to Drive the Polymerization Initiator Market
9.2.2 Canada
9.2.2.1 Growing Packaging Industry in the Country to Drive the Market for Polymerization Initiator
9.2.3 Mexico
9.2.3.1 Increasing Demand for Polymers in Packaging, Automotive, Aerospace, and Home Appliances to Drive the Market for Polymerization Initiator
9.3 Europe
9.3.1 Germany
9.3.1.1 Germany is Projected to Be the Largest Market for Polymerization Initiator in Europe
9.3.2 UK
9.3.2.1 Polymer Industry Likely to Be Affected By Brexit
9.3.3 France
9.3.3.1 Slower Growth of Initiators is Expected Due to Changing Government Policies
9.3.4 Russia
9.3.4.1 Growing Economy is Expected to Drive the Market of Polymerization Initiator
9.3.5 Italy
9.3.5.1 Slower Growth Rate is Expected in the Country Due to Lack of Investment
9.3.6 Rest of Europe
9.4 APAC
9.4.1 China
9.4.1.1 Developing Manufacturing Industries in the Country Have Led to the Increase in Polymer Production, Which Will Indirectly Drive the Market ForPolymerization Initiator
9.4.2 India
9.4.2.1 Growing Polymer Industry and Upcoming Government Reforms to Drive the Market in the Country
9.4.3 Japan
9.4.3.1 Sharp Decline in the Automotive Industry to Have A Negative Impact on the Polymerization Initiator Market
9.4.4 Australia
9.4.4.1 Declining Automotive Industry Will Hamper the Market for Polymerization Initiator During the Forecast Period
9.4.5 Rest of APAC
9.5 MEA
9.5.1 Saudi Arabia
9.5.1.1 Increasing Investment in the Downstream Sector to Drive the Demand for Polymerization Initiator in Saudi Arabia
9.5.2 South Africa
9.5.2.1 Growing Polymer Industry in South Africa to Drive the Demand for Polymerization Initiator in the Country
9.5.3 Rest of MEA
9.6 South America
9.6.1 Brazil
9.6.1.1 Imports of Polymers is Hampering the Domestic Polymer Manufacturing in the Country
9.6.2 Argentina
9.6.2.1 Increasing Investment Opportunities in the Oil & Gas Industry to Drive the Demand Polymerization Initiator in the Country.
9.6.3 Rest of South America
10 Competitive Landscape (Page No. – 125)
10.1 Overview
10.2 Competitive Scenario
10.2.1 Expansions
10.2.2 New Product Developments
10.2.3 Acquisitions
11 Company Profiles (Page No. – 128)
(Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View)*
11.1 Arkema S.A.
11.2 LANXESS AG
11.3 BASF SE
11.4 Lyondellbasell Industries
11.5 Akzonobel
11.6 Celanese Corporation
11.7 United Initiators
11.8 Adeka Corporation
11.9 Akkim Kimya
11.10 MPI Chemie
11.11 NOF Corporation
11.12 Peroxychem
11.13 Mitsubishi Gas Chemical Company
11.14 Pergan GmbH
*Details on Business Overview, Products Offered, Recent Developments, SWOT Analysis, MnM View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.
12 Appendix (Page No. – 149)
12.1 Discussion Guide
12.2 Knowledge Store: Marketsandmarkets Subscription Portal
12.3 Related Reports
12.4 Author Details



  • 世界の空気絶縁スイッチギア市場見通し2017-2026
    Stratistics MRCは世界の空気絶縁スイッチギア市場が2017年65.2憶ドルから2026年115.2憶ドルまで年平均6.5%成長すると予測しています。当資料では空気絶縁スイッチギアについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、設置別(屋内、屋外)分析、電圧別(低電圧AIS( 36 kV)))分析、エンド …
  • シリコンカーバイドの世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、シリコンカーバイドの世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(黒色炭化ケイ素、緑色炭化ケイ素)分析、エンドユーズ別(スチール、自動車、航空宇宙、軍事および防衛、電気および電子機器、ヘルスケア、その他のエンドユーズ)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー …
  • 抗線溶薬の世界市場2019-2026:機会分析・産業予測
    本調査レポートでは、抗線溶薬の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、疾患別(婦人科、遺伝性血管浮腫、線溶反応試験、手術、その他)分析、エンドユーザー別(病院&クリニック、外来手術センター、医療専門プロセス)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- …
  • 世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場予測2025年:電圧別、種類別、エンドユーザー別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、吸収性ガラスマット(AGM)バッテリーの世界市場規模が2019年102億ドルから2025年139億ドルまで年平均5.3%成長すると予測しています。当資料では、世界の吸収性ガラスマット(AGM)バッテリー市場を統合的に調査・分析し、市場概要、電圧別(2–4 V、6–8 V、12 V以上)分析、種類別(静止、動機)分析、エ …
  • 世界の計装チューブ市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートは計装チューブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(プロセス産業、ディスクリート産業)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー …
  • 自動車エンジンオイルの世界市場:予測及び分析 2020-2024
    本レポートは、自動車エンジンオイルの市場実態を調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、顧客状況、地域別状況、車両別(乗用車、商用車)分析、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析を掲載しています。 ・エグゼクティブサマリー ・レポートの範囲 ・市場状況 ・市場規模 ・ファイ …
  • 世界の医療機器包装市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の医療機器包装市場が2018年281.2憶ドルから2027年580.6憶ドルまで年平均8.4%成長すると予測しています。当資料では、医療機器包装について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、包装材料別(プラスチック樹脂、紙および板紙、ガラス包装、ガラス包装、フォイル)分析、製品別 …
  • 低収縮性添加物(LPA)の世界市場:製品別(PVA、PMMA、PS、HDPE)、用途別(SMC / BMC、プルトルージョン、レジントランスファー成形)
    Grand View Research社は、低収縮性添加物(LPA)の世界市場規模が年平均7.4%成長して2025年まで17.1億ドルに達すると予測しています。本調査レポートでは、低収縮性添加物(LPA)の世界市場について調査・分析し、低収縮性添加物(LPA)の世界市場動向、低収縮性添加物(LPA)の世界市場規模、市場予測、製品別(PVA、PMMA、PS、H …
  • 世界の先進的腸溶性カプセル市場展望、2021-2027年の予測
  • 世界の診断心電計(ECG)市場予測2024年:製品別、サービス別、リードタイプ別、エンドユーザー別、地域別
    MarketsandMarkets社は、診断心電計(ECG)の世界市場規模が2019年75億ドルから2024年103億ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。本調査レポートでは、世界の診断心電計(ECG)市場を広く調査・分析し、市場概要、製品&サービス別(製品、ソフトウェア&サービス)分析、リード種類別(12ピンECGデバイス、5ピンECGデバイス、 …
  • 自律バスの世界市場予測・分析:完全自律、半自律
    Technavio社の本調査レポートでは、自律バスの世界市場について調べ、自律バスの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、自律バスの市場規模をセグメンテーション別(種類別(完全自律、半自律)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は自律バスの世界市場規模が2020-202 …
  • シングルループ調節計の世界市場展望2017-2026
    Stratistics MRC社は、シングルループ調節計の世界市場規模が2017年939.8億ドルから2026年1205億ドルまで年平均2.8%成長すると予測しています。当調査レポートでは、シングルループ調節計の世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、シングルループ調節計市場規模、ディスプレイ種類別(発光ダイオード(LED)、液晶ディスプレイ(LC …
  • 包装用接着剤の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、包装用接着剤の世界市場について調査・分析し、市場動向、技術別(水系、溶剤系、ホットメルト、その他)分析、用途別(フレキシブル包装、折りたたみカートン、箱&ケース、ラベル、その他)分析、地域別分析、競合分析、企業動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・包装用接着剤の世界市場:技術 …
  • シリコーンの世界市場:タイプ別、エンドユーザー別
    当調査レポートでは、シリコーンの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリ-、市場概要、タイプ別分析、エンドユーザー別分析、地域別分析、競合分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・シリコーンの世界市場:タイプ別(エラストマー、流体、樹脂、ゲル、その他) ・シ …
  • ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場予測:ソフトウェア、サービス
    当調査レポートでは、ビルディングインフォメーションモデリング(BIM)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、種類別(ソフトウェア、サービス)分析、用途別(建物、市民インフラ、産業、石油およびガス)分析、エンドユーザー別(AEC、請負業者、施設管理者)分析、プロジェクト別分析、ビルディングインフォメーション …
  • 二次チケットの世界市場予測・分析:イベント種類別
    Technavio社の本調査レポートでは、二次チケットの世界市場について調べ、二次チケットの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、二次チケットの市場規模をセグメンテーション別(イベント種類別(スポーツイベント、コンサート、舞台芸術、映画)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technav …
  • 燃料電池の世界市場予測:プロトン交換膜燃料電池、リン酸燃料電池、アルカリ燃料電池、微生物燃料電池
    MarketsandMarkets社は、燃料電池の世界市場規模が2019年342百万ドルから2024年1059百万ドルまで年平均25.4%成長すると予測しています。当調査レポートでは、燃料電池の世界市場について調査・分析し、市場概要、エンドユーザー別(燃料電池車、ユーティリティ、防衛)分析、用途別(ポータブル型、固定型、輸送型)分析、種類別(プロトン交換膜燃 …
  • 皮革用化学染料の世界市場、洞察2021年、分析と2026年までの予測、メーカー別、地域別、技術別、用途別、製品タイプ別
  • グリーン石油コークス&煆焼石油コークスの世界市場規模調査:種類別(燃料グレード、か焼コークス)、用途別(グリーン石油コークス、か焼石油コークス)、地域別予測 2021-2027年
  • 自動車用HVACのインド市場2019-2026
  • 世界のティラピア市場予測・分析2020-2024
    「ティラピアの世界市場2020-2024」は、ティラピアについて市場概要、市場規模、製品別(ナイルティラピア、ブルーティラピア)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・ティラピアの世界市場:製品別(ナイル …
  • 世界の女性ストレス性尿失禁治療装置市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • 医薬品連続製造の世界市場2019-2026:機会分析・産業予測
    本調査レポートでは、医薬品連続製造の世界市場について調べ、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、製品別(統合連続システム、半連続システム、制御&ソフトウェア)分析、用途別(最終医薬品製造、API製造)分析、エンドユーザー別(製薬会社、受託製造組織、その他)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的にまとめております。 ・イントロダクション …
  • 世界の免税小売市場2020-2024
    「免税小売の世界市場2020-2024」は、免税小売について市場概要、市場規模、製品別(ファッションアパレル&アクセサリー、化粧品&香水、タバコ&アルコール飲料、菓子&高級食品)分析、流通チャンネル別(空港、国境・ダウンタウン・ホテルショップ、その他)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題・トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析した …
  • 世界のロジスティクス市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートはロジスティクスの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、エンドユーザー別(消費財、自動車、食品及び飲料、ヘルスケア、その他)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼ …
  • 産業用モノのインターネット(IIoT)の世界市場2019-2025
    当調査レポートでは、産業用モノのインターネット(IIoT)の世界市場について調査・分析し、市場動向、コンポーネント別(ソリューション、サービス、プラットフォーム)分析、エンドユーズ別(製造、エネルギー&電力、石油&ガス、ヘルスケア、物流&輸送、農業、その他)分析、地域別分析、競合動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサ …
  • 世界のNPK(窒素、リン、カリウム)肥料市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のNPK(窒素、リン、カリウム)肥料市場が2018年23憶ドルから2027年39.2憶ドルまで年平均6.1%成長すると予測しています。当資料では、NPK(窒素、リン、カリウム)肥料について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(塩素ベースの複合肥料、ニトロベースの複合肥料、 …
  • 冒険旅行の世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、冒険旅行の世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ハード、ソフト、その他)分析、アクティビティ別(土地ベースアクティビティ、水ベースアクティビティ、空気ベースアクティビティ)分析、旅行者種類別(一人、友人/グループ、カップル、家族)分析、年齢グループ別(30歳未満、30〜41歳、42〜49歳、50歳以上)分析、販売チャンネル別(旅 …
  • コンクリート流動化剤の世界市場2019-2026:種類別、用途別、形状別
    本調査レポートでは、コンクリート流動化剤の世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、種類別(PC誘導体、スルホン化ナフタレンホルムアルデヒド、スルホン化メラミンホルムアルデヒド&変性リグノスルホン酸塩)分析、用途別(レディミックスコンクリート、プレキャストコンクリート、高性能コンクリートなど)分析、形状別(液体形状& …
  • 世界の空気処理市場2020-2024
    「空気処理の世界市場2020-2024」は、空気処理について市場概要、市場規模、製品別(空気清浄機、除湿機、加湿器)分析、顧客状況、地域状況、市場の要因・課題、市場トレンド、企業状況、企業分析などを総合的にまとめて調査・分析したものです。 ・エグゼクティブサマリー ・レポート範囲 ・市場概要 ・市場規模 ・ファイブフォース分析 ・空気処理の世界市場:製品別( …
  • 紙幣の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、紙幣の世界市場について調べ、紙幣の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、紙幣の市場規模をセグメンテーション別(プリンター別(国有、商業用)、)と地域別(グローバル)に分けて算出しました。Technavio社は紙幣の世界市場規模が2019-2023期間中に年平 …
  • ブラインドスポットソリューションの世界市場:製品タイプ別、技術タイプ別、車両タイプ別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではブラインドスポットソリューションについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、製品タイプ別(ブラインドスポット検出システム、パークアシストシステム、バックアップカメラシステム、サラウンドビューシステム、バーチャルピラー)分析、技術タイプ別(レーダーベースシステム、超音波ベースシステム、カメラベースシステム)分析、車両 …
  • 電極イオン化の世界市場:デザイン別(プレート・フレーム構造、らせん巻き構造)、エンドユーズ産業別(発電、医薬品、エレクトロニクス、半導体)、地域別予測
    本資料は、電極イオン化の世界市場について調べ、電極イオン化の世界規模、市場動向、市場環境、デザイン別(プレート・フレーム構造、らせん巻き構造)分析、エンドユーズ産業別(発電、医薬品、エレクトロニクス、半導体)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクショ …
  • 世界の動物用消毒剤市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の動物用消毒剤市場が2018年27.1憶ドルから2027年58.4憶ドルまで年平均8.9%成長すると予測しています。当資料では、動物用消毒剤について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、形態別(液体、粉体)分析、種類別(ヨウ素とヨードフォア、乳酸、ペルオキソ一硫酸カリウム、過酸化 …
  • オートバイ用チューブレスタイヤの世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、オートバイ用チューブレスタイヤの世界市場について調べ、オートバイ用チューブレスタイヤの市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、オートバイ用チューブレスタイヤの市場規模をセグメンテーション別(用途別(ミッドプレミアムモーターサイクル、通勤用オートバイ、プレミアム …
  • ハンター症候群治療の世界市場2019 – 2026:治療別、地域別、セグメント予測
    本レポートでは、ハンター症候群治療の世界市場について、調査手法および範囲、エグゼクティブサマリ-、傾向、競合分析、治療別(酵素補充療法、造血幹細胞移植)分析、地域別分析、企業概要などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・調査手法および範囲 ・エグゼクティブサマリ- ・ハンター症候群治療市場:傾向 ・ハンター症候群治療の世界市場:競合分析 ・ハンター症候群 …
  • 自動車用接着剤の世界市場予測:ポリウレタン、エポキシ、アクリル、シリコーン、SMP、MMA
    当調査レポートでは、自動車用接着剤の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、樹脂別(ポリウレタン、エポキシ、アクリル、シリコーン、SMP、MMA)分析、用途別(ボディインホワイト、ペイントショップ、アセンブリ、パワートレイン)分析、車種別(乗用車、LCV、トラック、バス、アフターマー …
  • 医療用ディスプレイの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、医療用ディスプレイの世界市場について調査・分析し、市場概要、装置別(モバイル、デスクトップ、オールインワン製品)分析、パネルサイズ別(22.9インチ以下パネル、23.0-26.9インチパネル、27.0-41.9インチパネル、42インチ以上パネル)分析、解像度別(最大2 MP、2.1-4 MP、4.1-8 MP、8 MP以上)分析、用途別( …
  • コーティング装置の世界市場:タイプ別、最終用途別
    世界のコーティング装置市場は、2018年に約204億米ドルに達し、2019-2026年の予測期間にわたって6.3%以上の成長率で成長すると予想されています。コーティングは、審美的および実用的な特性を強化するために表面を覆うことです。当調査レポートでは、コーティング装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、定義と範囲、動向、業界分析、タイプ別 …
  • フルオロケイ酸の世界市場2019-2023
    Technavio社の本調査レポートでは、フルオロケイ酸の世界市場について調べ、フルオロケイ酸の市場状況、市場規模、市場予測、市場環境、顧客状況、市場動向、関連企業情報などをまとめました。また、フルオロケイ酸の市場規模をセグメンテーション別(用途別(水フッ化、化学製造、金属表面処理及び電気めっき、処理非表示、その他)、)と地域別(グローバル、アジア太平洋、ヨ …
  • 細胞ベースアッセイの世界市場2019-2026
    本資料は、細胞ベースアッセイの世界市場について調べ、細胞ベースアッセイの世界規模、市場動向、市場環境、製品&サービス別(消耗品、機器、サービス)分析、用途別(薬物発見、基礎研究、その他の用途)分析、エンドユーザー別(製薬及びバイオテクノロジー企業、学術及び政府機関、受託研究機関)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市 …
  • ボタン電池の世界市場2021年:メーカー別、地域別、種類・用途別、2026年までの予測
  • 世界のパイプラインストレーナー市場予測・分析2020-2024
    本調査レポートはパイプラインストレーナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、レポートの範囲、市場状況、市場規模、ファイブフォース分析、種類別(機械的抽出、化学的抽出)分析、顧客状況、地域別状況、意思決定フレームワーク、市場の要因と課題、市場動向、企業状況、企業分析などを含め、次の構成でお届けいたします。 ・エグゼクティブサマリー ・レポー …
  • 世界の電気めっき市場2014-2018及び機会分析2019-2029
  • LiDARドローンの世界市場2019-2026:構成要素別、タイプ別、範囲別、技術別、用途別
    本調査レポートでは、LiDARドローンの世界市場について調べ、エグゼクティブサマリー、市場の定義・範囲、市場動向、産業分析、構成要素別(LiDARレーザー、ナビゲーション&ポジショニングシステム、UAVカメラ)分析、タイプ別(回転翼LiDARドローン&固定翼LiDARドローン)分析、範囲別(短距離LiDARドローン、中距離LiDARドローン、長距離LiDAR …
  • 世界のエンジニアリングプラスチック市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界のエンジニアリングプラスチック市場が2018年824憶ドルから2027年1834.4憶ドルまで年平均9.3%成長すると予測しています。当資料では、エンジニアリングプラスチックについて調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、種類別(ポリカーボネート、アクリロニトリルブタジエンスチレン …
  • フローサイトメトリーの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、フローサイトメトリーの世界市場について調査・分析し、市場動向、技術別(セルベース、ビーズベース)分析、製品&サービス別(機器、試薬および消耗品、ソフトウェア、アクセサリー、サービス)分析、用途別(研究、産業、臨床)分析、エンドユーズ別(営利団体、病院、学術機関、臨床検査室)分析、地域別分析、競合動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・ …
  • 免税リキュールの世界市場2019-2026
    当調査レポートでは、免税リキュールの世界市場について調査・分析し、市場概要、種類別(ビール、ワイン、ウォッカ、コニャック、ウイスキー)分析、チャンネル別(クルーズライナー、空港、鉄道駅、国境、ダウンタウン、ホテルショップ)分析、地域別分析、競争状況、企業動向など含め、以下の構成でお届け致します。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリー ・市場概要 ・ …
  • インテリジェントビルディングオートメーションテクノロジー(IBAT)の世界市場2019 – 2025:コンポーネント別、製品別、アプリケーション別、セグメント予測
    本レポートでは、インテリジェントビルディングオートメーションテクノロジー(IBAT)の世界市場について、調査手法および範囲、エグゼクティブサマリ-、産業概要、コンポーネント別(施設管理システム、セキュリティシステム)分析、製品別(セキュリティシステム、生命安全システム、施設管理システム、ビルエネルギー管理システム)分析、用途別(住居用、商業用、工業用)分析、 …
  • 栄養補助食品の世界市場:種類別、販売経路別、ソース別、地域別予測 2019-2026
    本調査レポートではWi-Fiカメラについて、エグゼクティブサマリー、定義および範囲、市場動向、産業分析、種類別(食品、飲料、栄養補助食品)分析、販売経路別(従来の店舗、専門店、ドラッグストア、薬局)分析、ソース別(タンパク質およびアミノ酸、プロバイオティクス、植物化学物質および植物抽出物、繊維および特殊炭水化物、オメガ3脂肪)分析、地域別分析、競争状況、調査 …

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様