"医療用セラミックスの世界市場:生体不活性セラミックス、生体活性セラミックス、生体吸収性セラミックス、ピエゾセラミックス" 調査データ


▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
医療用セラミックスの世界市場:生体不活性セラミックス、生体活性セラミックス、生体吸収性セラミックス、ピエゾセラミックス...市場動向/規模/将来展望...

*** 調査レポートのコンテンツ(一部抜粋)***

LINEで送る

1 Introduction (Page No. – 13)
1.1 Objectives of the Study
1.2 Market Definition
1.3 Market Scope
1.3.1 Markets Covered
1.3.2 Years Considered in the Report
1.3.3 Currency and Pricing
1.4 Limitations
1.5 Stakeholders

2 Research Methodology (Page No. – 16)
2.1 Research Data
2.1.1 Secondary Data
2.1.1.1 Key Data From Secondary Sources
2.1.2 Primary Data
2.1.2.1 Key Data From Primary Sources
2.1.2.2 Key Industry Insights
2.2 Market Size Estimation
2.3 Market Breakdown and Data Triangulation
2.4 Market Share Estimation
2.5 Assumptions

3 Executive Summary (Page No. – 24)

4 Premium Insights (Page No. – 28)
4.1 Attractive Market Opportunities in the Medical Ceramics Market
4.2 Market: By Material
4.3 Asia-Pacific Medical Ceramics Market: By Application
4.4 Market Attractiveness
4.5 Market: Developing vs. Developed Nations
4.6 Lifecycle Analysis, By Region

5 Market Overview (Page No. – 32)
5.1 Introduction
5.2 Market Segmentation
5.2.1 By Material
5.2.2 By Application
5.3 Market Dynamics
5.3.1 Drivers
5.3.1.1 Growing Implantable Devices Market
5.3.1.2 Availability of Substitute for Metals
5.3.1.3 Growing Healthcare Sector in the Emerging Markets
5.3.2 Restraints
5.3.2.1 Stringent Clinical and Regulatory Processes
5.3.2.2 Unfavorable Healthcare Reforms in the U.S.
5.3.3 Opportunities
5.3.3.1 Growing Nanotechnology in Medical Ceramics
5.3.4 Challenges
5.3.4.1 Issues About Reparability and Recycling Process

6 Industry Trends (Page No. – 38)
6.1 Value-Chain Analysis
6.2 Raw Material Suppliers
6.3 Manufacturers and Formulators
6.4 Suppliers and Distributors
6.5 End-Use Applications
6.6 Porter’s Five Forces Analysis
6.6.1 Bargaining Power of Suppliers
6.6.2 Threat of New Entrants
6.6.3 Threat of Substitutes
6.6.4 Bargaining Power of Buyers
6.6.5 Intensity of Rivalry

7 Medical Ceramics Market, By Material (Page No. – 43)
7.1 Introduction
7.2 Market Size & Projection
7.2.1 Bio-Inert Ceramics
7.2.2 Aluminum Oxide (Al2o3)
7.3 Zirconia Oxide (ZRo2)
7.4 Bio-Active Ceramics
7.4.1 Bio Glass
7.4.2 Glass Ceramics
7.5 Bio-Resorbable Ceramics
7.6 Piezo Ceramics

8 Market, By Application (Page No. – 52)
8.1 Introduction
8.2 Dental Implants
8.3 Orthopedic Implants
8.4 Surgical Instruments
8.5 Implantable Electronic Devices
8.6 Diagnostic Instruments
8.7 Other Applications

9 Market, By Region (Page No. – 62)
9.1 Introduction
9.2 Asia-Pacific
9.2.1 China
9.2.2 Japan
9.2.3 South Korea
9.2.4 India
9.2.5 Indonesia
9.2.6 Malayasia
9.2.7 Rest of Asia-Pacific
9.3 North America
9.3.1 U.S.
9.3.2 Canada
9.3.3 Mexico
9.4 Europe
9.4.1 Germany
9.4.2 Turkey
9.4.3 France
9.4.4 U.K.
9.4.5 Italy
9.4.6 Spain
9.4.7 Rest of Europe
9.5 RoW
9.5.1 Brazil
9.5.2 Others

10 Competitive Landscape (Page No. – 94)
10.1 Introduction
10.2 Competitive Situations and Trends
10.3 Mergers & Acquisitions
10.4 New Product Launches/Developments
10.5 Expansions

11 Company Profiles (Page No. – 98)
(Overview, Products & Services, Strategies & Insights, Developments and Mnm View)*
11.1 Introduction
11.2 Coorstek Inc.
11.3 Ceramtec GmbH
11.4 Kyocera Corporation
11.5 Morgan Advanced Materials Plc
11.6 NGK Spark Plug Co., Ltd.
11.7 Saint–Gobain Ceramic Materials
11.8 Depuy Synthes
11.9 Rauschert GmbH
11.10 H.C. Starck GmbH

*Details on Overview, Products & Services, Strategies & Insights, Developments and Mnm View Might Not Be Captured in Case of Unlisted Companies.

12 Appendix (Page No. – 120)
12.1 Insights From Industry Experts
12.2 Discussion Guide
12.3 Introducing RT: Real Time Market Intelligence
12.4 Available Customizations
12.5 Related Reports


■ 説 明 ■

The global market size of medical ceramics, in terms of value, is projected to reach USD 16.3 Billion by 2020, at a CAGR of 6.4% between 2015 and 2020. The high potential from the dental & orthopedic implants and increasing global demand for implantable electronic devices along with continuous expansion and merger & acquisition activities undertaken by different companies are the key factors for the growth of the global medical ceramics market.

Bio-inert ceramics are projected to be the largest and fastest-growing type of medical ceramics between 2015 and 2020. Compared to metal and polymer materials, these ceramics are inorganic, non-metallic solids, strong in compression, and brittle. The most widely used bio-inert ceramics in the medical sector are zirconia (ZrO2) and alumina (Al2O3) as these are chemically stable. Bio-inert ceramics are used in bone tissue applications because they are biocompatible, non-toxic, non-inflammatory, non-allergic, non-carcinogenic, and bio-functional. These ceramics are the largest type of medical ceramic materials as the demand in end-use applications, such as dental and orthopedic implants, is growing rapidly.

The dental orthopedic implants application is the fastest-growing segment in the global medical ceramics market. The dental implants application is expected to grow further with the increasing awareness about dental care & oral hygiene. The growth of the dental implants market is attributed to the rising urban population and increasing consumer incomes across the globe. Moreover, the shift in medical tourism from the U.S. and the U.K. to Malaysia, China, and India is driving the overall medical ceramics market for the dental implants application.

Asia-Pacific is projected to be the fastest-growing market for medical ceramics, in terms of value, between 2015 and 2020. Accelerating demand from end-use applications such as dental implants, orthopedic implants, surgical & diagnostic instruments, implantable electronic devices, and others in Asia-Pacific is driving the growth of the medical ceramics market. Tremendous development in healthcare facilities is expected to drive the medical ceramics market in the region.

Though the medical ceramics market is gaining importance at a fast pace, few factors act as a bottleneck toward the growth of the market. The stringent clinical and regulatory process for the use of medical ceramics is the major restraint toward the growth of this market. The development of medical ceramic products involves time-consuming processes and expensive clinical trials. As these products have to be implanted inside the human body, they need to be biocompatible and have to undergo the ISO biocompatibility testing standards.

The companies such as CoorsTek Inc. (U.S.), CeramTec GmbH (Germany), DePuy Synthes (U.S.), NGK Spark Plug Co., Ltd., and Morgan Advanced Materials PLC (U.K.) are the dominant market participants in the global medical ceramics market. The diverse product portfolio & strategically positioned R&D centers, continuous adoption of development strategies, and technological advancements are few factors that are responsible for strengthening the position of these companies in the market. They have been adopting various organic and inorganic growth strategies such as expansions, mergers & acquisitions, joint ventures & collaborations, and new product launches to enhance the current market scenario of medical ceramics.


グローバル市場調査データ販売概要

【レポートタイトル】医療用セラミックスの世界市場:生体不活性セラミックス、生体活性セラミックス、生体吸収性セラミックス、ピエゾセラミックス
【英語】Medical Ceramics Market by Material (Bio-Inert Ceramics, Bio-Active Ceramics, Bio-Resorbable Ceramics, Piezo Ceramics), by Application (Dental Implants, Orthopedic Implants, Surgical Instruments, Diagnostic Instruments, Implantable Electronic Devices and Others), and by Region - Global Forecast to 2020

【発行日】2016年1月18日
【発行会社】MarketsandMarkets
【商品コード】CH-4000
【調査対象地域】グローバル
【販売サイト】GlobalResearch.jp

▼当市場調査データについて詳細内容・ご購入は下記ページへ▼
医療用セラミックスの世界市場:生体不活性セラミックス、生体活性セラミックス、生体吸収性セラミックス、ピエゾセラミックス...市場動向/規模/将来展望...


  • 生命科学解析の世界市場見通し2017-2023
    当調査レポートでは、生命科学解析の世界市場について調査・分析し、生命科学解析の世界市場規模、市場動向、関連企業分析などを含め、以下の構成でお届けいたします。 - エグゼクティブサマリー - 序文 - 生命科学解析の世界市場:市場動向分析 - 生命科学解析の世界市場:競争要因分析 - 生命科学解析の世界市場:内容別 ソフトウェア サービス - 生命科学解析の世 …
  • 動脈内バルーンポンプ(IABP)の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、動脈内バルーンポンプ(IABP)の世界市場について調査・分析し、動脈内バルーンポンプ(IABP)の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別動脈内バルーンポンプ(IABP)シェア、市場規模推移、市場規模予測、動脈内バルーンポンプ(IABP)種類別分析(光ファイバー型、従来型)、動脈内バルーンポンプ(IABP)用途別分析(病院、心臓病治療センタ …
  • エンジニアードフォームの世界市場予測(~2026):ポリウレタン、ポリスチレン、ポリオレフィン
    当調査レポートでは、エンジニアードフォームの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、市場シェア分析、材料種類別分析、形状別分析、需要先別分析、地域別分析、エンジニアードフォームの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 熱障壁コーティング(TBC)の世界市場分析:製品別(金属、セラミック、金属間化合物)、技術別(EB-PVD、HVOF、CVD、エアプラズマ)、コーティングコンビネーション別(セラミックYSZ、Al 2 O 3、MCrAlY、ムライトベース)、用途別(固定発電所、航空宇宙、自動車)、セグメント予測
    本調査レポートでは、熱障壁コーティング(TBC)の世界市場について調査・分析し、熱障壁コーティング(TBC)の世界市場動向、熱障壁コーティング(TBC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別熱障壁コーティング(TBC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • シーリング及びディスペンシング・ロボットの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、シーリング及びディスペンシング・ロボットの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、シーリング及びディスペンシング・ロボットの世界市場規模及び予測、需要先別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の合成ガス&誘導体市場予測2024年:生産技術別、ガス化装置種類別、原料別、用途別、地域別
    MarketsandMarkets社は、合成ガス&誘導体世界市場規模が2019年277,507MWthから2024年501,932MWthまで年平均12.6%成長すると予測しています。本書は、世界の合成ガス&誘導体市場について調査・分析し、市場概要、生産技術別(水蒸気改質、部分酸化、オートサーマル改質、バイオマスガス化、その他)分析、ガス化装置種類別(固定( …
  • トランスフェクション試薬・装置の世界市場分析
    Grand View Research(米国)が発行した本調査レポートでは、トランスフェクション試薬・装置の世界市場について調査・分析し、トランスフェクション試薬・装置の世界市場動向、トランスフェクション試薬・装置の世界市場規模、市場予測、セグメント別トランスフェクション試薬・装置市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお …
  • IoT接続の世界市場予測(~2024年)
    当調査レポートでは、IoT接続の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、コンポーネント別(プラットフォーム、サービス)分析、組織規模別分析、用途範囲別(ビルディング&ホームオートメーション、スマートエネルギー&ユーティリティ、スマートマニュファクチャリング、コネクテッドヘルス、スマートリテール …
  • 無月経(Amenorrhea):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における無月経(Amenorrhea)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、無月経(Amenorrhea)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供していま …
  • 肥大型心筋症(HCM)治療薬の世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、肥大型心筋症(HCM)治療薬の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、疾患概要、肥大型心筋症(HCM)治療薬の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、製品パイプライン分析、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • モノレール装置の世界市場
    当調査レポートでは、モノレール装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、モノレール装置の世界市場規模及び予測、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況などの情報をお届けいたします。
  • 防音カーテンの世界市場予測(~2022年):種類別(遮音、音低減、防音)、材料別(ガラスウール、ロックウール、天然生地、プラスチック発泡体)、エンドユーザー部門別(住居、商用、産業用)、地域別
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、防音カーテンの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、防音カーテンの世界市場規模及び予測、セグメント別市場規模、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。 ・イントロダクション ・調査手法 ・エグゼクティブサマリー ・プレミア …
  • 未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における未熟児網膜症(Retinopathy Of Prematurity)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、未熟児網膜症(Retinopathy O …
  • ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場予測(~2023年):細胞アッセイ、Lab-on-a-chip、バイオインフォマティクス
    当調査レポートでは、ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、技術(細胞アッセイ、Lab-on-a-chip、バイオインフォマティクス)別分析、用途別分析、製品別分析、需要先別分析、ハイスループットスクリーニング(HTS)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連 …
  • 原子分光装置の世界市場:原子吸光分析装置(AAS)、蛍光X線分光装置(XRF)、X線回折装置(XRD)、ICP-MS、ICP-OE、元素分析装置
    当調査レポートでは、原子分光装置の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、技術別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 水酸化カリウム(苛性カリ)の世界市場2016
    当調査レポートでは、水酸化カリウム(苛性カリ)の世界市場について調査・分析し、水酸化カリウム(苛性カリ)の用途、製造プロセス、関連特許、市場動向、欧州/アジア/北米/その他地域における水酸化カリウム(苛性カリ)のメーカー及びサプライヤー動向、世界市場予測、地域別価格動向、需要先分析などの情報をお届けいたします。 ・概要 ・水酸化カリウム(苛性カリ)の用途 ・ …
  • 物理セキュリティの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、物理セキュリティの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、物理セキュリティ市場規模、種類別(ハードウェア・ソフトウェア、サービス)分析、最終用途別(業務用、家庭用、政府機関用、その他)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼク …
  • 旅行サービスのインド市場:予測及び分析 2020-2024
  • 星細胞腫(Astrocytoma):治療薬開発パイプライン動向2016
    ※本調査レポートでは、世界における星細胞腫(Astrocytoma)の治療薬開発パイプライン動向について調査・分析し、企業別開発中の治療薬、各臨床試験段階における製品リスト及び比較分析、薬剤候補のプロファイル、治療薬の評価、開発中止又は開発休止中の薬剤リスト等をお届けしています。また、星細胞腫(Astrocytoma)治療薬開発に取り組んでいる企業情報も提供 …
  • 産業用メディアコンバーターの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、産業用メディアコンバーターの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、産業用メディアコンバーター市場規模、最終用途別(プロセス産業、ディスクリート型産業)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。 ・エグゼクティブサマリー ・調査範囲・調査 …
  • スポーツインナーの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、スポーツインナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、スポーツインナーの世界市場規模及び予測、製品別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • イタリアのジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)市場(~2019):市場規模、シェア、動向
  • 自動力率制御装置(APFC)の世界市場予測(~2022年):リレー、コンデンサ、ディスプレイ、マイクロコントローラ、スイッチ、レジスター
    当調査レポートでは、自動力率制御装置(APFC)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場環境分析、種類別分析、構成要素別分析、産業別分析、地域別分析、自動力率制御装置(APFC)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 自動車テレマティクスの世界市場:チャンネル別、車両別、用途別、接続ソリューション別
    当調査レポートでは、自動車テレマティクスの世界市場について調査・分析し、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、チャンネル別分析、車両別分析、用途別分析、接続ソリューション別分析、地域別分析、企業概要などを含め以下の構成でお届けします。 ・イントロダクション ・エグゼクティブサマリ- ・市場概要 ・自動車テレマティクスの世界市場:チャンネル別( …
  • 保護フィルムの世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、保護フィルムの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、市場環境分析、クラス別分析、種類別分析、需要先別分析、地域別分析、保護フィルムの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 座標測定機の世界市場:機会分析及び産業予測2019–2026
    本市場調査レポートでは座標測定機について、イントロダクション、エグゼクティブサマリー、市場概要、提供別(製品、サービス)分析、製品タイプ別(固定、ポータブル)分析、用途別(検査、リバースエンジニアリング)分析、エンドユーザー別(自動車、航空宇宙および防衛、エネルギーおよび電力、電子機器、その他)分析、地域別分析、競争状況、企業概要に区分して収録しています。 …
  • 硬質プラスチック包装 (RPP) 向けインク・コーティングの世界市場2017-2021
    当調査レポートでは、硬質プラスチック包装 (RPP) 向けインク・コーティングの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、硬質プラスチック包装 (RPP) 向けインク・コーティングの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、主要企業(ベンダー)分 …
  • 歯科用3Dスキャナーのグローバル市場
    当調査レポートでは、歯科用3Dスキャナーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、歯科用3Dスキャナーの世界市場規模及び予測、種類別分析、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は …
  • 企業向けリーダーシップトレーニングの世界市場2018-2022
    当調査レポートでは、企業向けリーダーシップトレーニングの世界市場について調査・分析し、市場概要、市場環境、企業向けリーダーシップトレーニング市場規模、用途別(ILT、ブレンドトレーニング、オンライントレーニング)分析、市場動向、競争環境、主要地域別市場規模(北米、ヨーロッパ、アジアなど)、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。主な分析対象企業は …
  • オートクレーブの世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、オートクレーブの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、オートクレーブの世界市場規模及び予測、製品別分析、需要先別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。
  • ロボット芝刈り機の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、ロボット芝刈り機の世界市場について調査・分析し、ロボット芝刈り機の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別ロボット芝刈り機シェア、市場規模推移、市場規模予測、ロボット芝刈り機種類別分析(芝刈可能面積0.5エーカー未満、芝刈可能面積0.5-1エーカー、芝刈可能面積1エーカー以上)、ロボット芝刈り機用途別分析(家庭用、商業用)、主要地域分析(北 …
  • 神経調節装置の世界市場:脳深部刺激、脊髄、仙椎神経、胃部用途
  • CNCコントローラーの世界市場予測(~2023年):CNCマシニングセンタ、CNCターニングセンタ
    当調査レポートでは、CNCコントローラーの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、装置別分析、機械種類別分析、産業別分析、地域別分析、CNCコントローラーの世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 北米の心臓律動管理(CRM)装置市場見通し
  • 農業バイオテクノロジーの世界市場2019 – 2025:用途別、生物別、セグメント予測
    本レポートでは、農業バイオテクノロジーの世界市場についてエグゼクティブサマリ-、調査方法、傾向・範囲、材料別(EVA、PVB、PDMS、Iオノマー、TPU、ポリオレフィン)分析、用途別(ワクチン、花の栽培、バイオ燃料)分析、地域別分析、競合状況などを総合的、多面的に調査・分析しました。 ・エグゼクティブサマリ- ・調査方法 ・農業バイオテクノロジーの傾向・範 …
  • オーストラリアの体外式除細動器市場(~2021)
  • 治験サービスの世界市場
    visiongain社が発行した当調査レポートでは、治験サービスの世界市場について調査・分析し、治験サービスの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届けいたします。 ・レポートの概要 ・イントロダクション ・治験サービスの世界市場  (市場規模予測、市場動向、市場の成長要因・阻害要因など) ・治験サービスの世界市場:セグメン …
  • コンピューター支援出動(CAD)の世界市場予測(~2022年)
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、コンピューター支援出動(CAD)の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、構成要素別分析、用途分野別分析、企業規模別分析、地域別分析、コンピューター支援出動(CAD)の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお …
  • データセンターセキュリティソリューションの世界市場:論理セキュリティ、物理セキュリティ
    当調査レポートでは、データセンターセキュリティソリューションの世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、産業動向、バリューチェーン分析、市場シェア分析、ソリューション別分析、サービス別分析、産業別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • IE4永久磁石同期電動機(PMSM)の世界市場:製品別(20kW未満、20〜200kW、200kW以上)、用途別(マテリアルハンドリング、液体ポンプ、ファン・換気、冷却コンプレッサー、空気圧縮機・真空ポンプ、ブロワー、クーラー)
    本資料は、IE4永久磁石同期電動機(PMSM)の世界市場について調べ、IE4永久磁石同期電動機(PMSM)の世界規模、市場シェア、市場動向、市場環境、製品別(20kW未満、20〜200kW、200kW以上)分析、アメリカ市場規模、ヨーロッパ市場規模、アジア市場規模、日本市場規模、中国市場規模、関連企業情報などをまとめた調査レポートです。 ・イントロダクション …
  • りんご酢の世界市場2016-2020
    当調査レポートでは、りんご酢の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、業界の構造分析、りんご酢の世界市場規模及び予測、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、主要国別分析、市場の成長要因、市場の課題、市場動向などの情報をお届けいたします。
  • 近距離無線通信(NFC)の世界市場分析:製品別(SDカード、SIMカード、NFCカバー、NFC IC、NFCタグ、NFCリーダー)、用途別(アクセス制御、発券、データ共有、医療機器、取引、製品識別)、セグメント予測
    本調査レポートでは、近距離無線通信(NFC)の世界市場について調査・分析し、近距離無線通信(NFC)の世界市場動向、近距離無線通信(NFC)の世界市場規模、市場予測、セグメント別近距離無線通信(NFC)市場分析、主要地域別市場規模、競争状況、関連企業情報などを含め、以下の構成でお届け致します。
  • 性的健康増強のグローバル市場
    当調査レポートでは、性的健康増強の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場概観、市場概観、性的健康増強の世界市場規模及び予測、製品別分析、販売チャネル別分析、地域別分析/市場規模、市場の成長要因、市場の課題、市場動向、競争状況、主要企業(ベンダー)分析などの情報をお届けいたします。Technavio社は性的健康増強の世界市場が2017-20 …
  • 酪農家畜管理の世界市場予測(~2021)
    当調査レポートでは、酪農家畜管理の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場シェア分析、製品別分析、ソフトウェア別分析、用途別分析、地域別分析、市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 発酵用消泡剤の世界市場:メーカー別、地域別、種類別、用途別、市場予測(~2022)
    本調査レポートでは、発酵用消泡剤の世界市場について調査・分析し、発酵用消泡剤の世界市場概観、メーカー動向、メーカー別発酵用消泡剤シェア、市場規模推移、市場規模予測、発酵用消泡剤種類別分析(シリコン消泡剤、ポリエーテル消泡材、ポリエーテル変性シリコン消泡材、その他)、発酵用消泡剤用途別分析(飲食料品、バイオ燃料、製薬、飼料、その他)、主要地域分析(北米、欧州、 …
  • 電動航空機の世界市場予測(~2023年):航空機種類(超軽量機、小型ジェット機)、構成品、技術、距離、地域別分析
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、電動航空機の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、航空機種類別分析、構成品別分析、技術別分析、距離別分析、電動航空機の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。
  • 世界の成形パルプ包装市場見通し2018-2027
    Stratistics MRCは世界の成形パルプ包装市場が2018年33.5憶ドルから2027年58.6憶ドルまで年平均6.4%成長すると予測しています。当資料では成形パルプ包装について調査を行い、エグゼクティブサマリー、序論、市場トレンド分析、ファイブフォース分析、ソース別(木材パルプ、非木材パルプ)分析、成形タイプ別(熱成形、処理済み、厚い壁、転送)分析 …
  • 世界の固体薄膜電池市場2015
    本調査レポートでは、世界の固体薄膜電池市場2015について調査・分析し、固体薄膜電池の世界市場概要、市場規模、市場動向、製造・コスト構造分析、技術データ及び製造工場分析、生産動向分析、価格及び売上総利益分析、販売企業(代理店)・流通企業分析、貿易動向(輸出・輸入)、市場シェア分析、主要サプライヤー、主要需要先(企業)、投資可能性分析などの情報をお届けいたしま …
  • ペット用食品の世界市場2014-2025
    当調査レポートでは、ペット用食品の世界市場について調査・分析し、市場動向、製品別(ドライフード、ウェット/缶詰、高栄養価食品、スナック/おやつ、その他)分析、用途別(犬、猫、その他)分析、地域別分析、競合動向などを含め次の構成でお届け致します。 ・調査手法及び範囲 ・エグゼクティブサマリー ・市場動向 ・ペット用食品の世界市場:製品別(ドライフード、ウェット …
  • 船舶用塗料の世界市場予測(~2022年):エポキシ、アルキド、ポリウレタン、防食塗料、防汚塗料
    MarketsandMarketsが発行した当調査レポートでは、船舶用塗料の世界市場について調査・分析し、エグゼクティブサマリー、市場インサイト、市場概観/市場動向、市場環境分析、樹脂別分析、製品種類別分析、用途別分析、地域別分析、船舶用塗料の世界市場規模及び予測、市場動向、競争状況、関連企業分析などの情報をお届けいたします。

※当サイトのレポート紹介カバレッジ
■産業:医療、IT、電子、自動車、産業機械、建設、消費財、食品、化学、材料、エネルギー、金融、サービスなど多様
■地域:世界市場、アジア市場、中国市場、欧州市場、北米市場、中南米市場、中東市場、アフリカ市場など全世界
■レポート種類:市場動向、規模、占有率、トレンド、将来展望、未来予測、業界分析、産業分析、企業分析、事業機会分析、戦略提言など多様

【キーワード】

医療用セラミックスの世界市場:生体不活性セラミックス、生体活性セラミックス、生体吸収性セラミックス、ピエゾセラミックス、医療用セラミックス、生体不活性セラミックス、生体活性セラミックス、生体吸収性セラミックス、ピエゾセラミックス、ヘルスケア、セラミック材料、歯科インプラント、整形外科インプラント、医療機器、治療機器、診断装置、市場動向、市場規模、将来展望